2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg
 
 

 
 
 
 

新規相互RSS

 

 
 
 
 
 

|<   270   271   272   273   274   >|  
 

親のしつけ

このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマークに追加    2007-09-02 16:58:09

476 :おさかなくわえた名無しさん :2006/06/10(土) 21:27:31 ID:4SP3nq4P

先日ファミレスにて、子供が食べこぼししたか何かでひどく叱り付けている女がいた。
父親らしき男も一緒だったが、新聞読んでて妻子のことは無視。

そのうち子供が泣き出すと、父親も一緒になって子供を罵りはじめた。
(外見は別にDQN風味ではなく、普通のリーマン一家という感じだったが)
すると店の奥にいた見るからにDQNな兄ちゃんがスタスタやってきて、DQNらしい巻き舌で

 
 

妻の過去

このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマークに追加    2007-09-02 15:54:49

2006/12/19 01:46┃登録者:バタフライ┃作者:名無しの作者
夏すぎたぐらいに、妻がパソコンで旅行の写真の整理とか
ネット証券でオンライントレードとかやってみたいたいっていうので、
仕事でも使う俺のとは別に通販でノートパソコン1台買ったのよ。
そんで、俺の使っていない外付けハードディスクもくれてやってさ。
まぁ俺29で、妻27、付き合って5年、結婚して3年半。
そんで子供もまだいないし、俺の仕事(某省のノンキャリ、ドサ回りばっか)の都合で、
東京育ち(青梅だけどね)の彼女の友達もいない、
人口10万ぽっちの地方都市暮らしに付き合わせているわけなんで、


 
 

ボロボロになってまで私を育ててくれているあの人

このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマークに追加    2007-08-30 21:04:04

もう二十年位前の話です
私は小さい頃親に離婚されて、どっちの親も私を引き取ろうとせず
施設に預けられ、育てられました 
そして三歳くらいの時に今の親にもらわれたそうです 

当時の私はその自覚などしておらず、 
記憶は無く、その親を本当の親と思って中学二年まで過ごしてきました 
そして、突然の父との別れが訪れました 
脳梗塞で帰らぬ人になりました 
そして、その最悪の時に 
私とその親は家族ではないということを親戚の方から偶然にも知ってしまったのです 


 
 

この手紙を見せてあげて

このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマークに追加    2007-08-30 20:56:41

254 :素敵な旦那様 :2005/12/17(土) 21:36:37 

大学時代の同級生仲間で、1年の時から付き合ってるカップルがいました。 
仲良しで、でも二人だけの世界を作ってるわけじゃなく、みんなと仲良くしてました。 
私は女の方の一番の友達だったんだけど、彼氏とも仲良くしてたわけです。 
大学を卒業しても交流があったし、何度か会った時も二人は一緒で、 
本当に仲良しだなァって思ってたわけです。
最後に3人で会った時、「結婚しないの?」って聞いたら、「うん、まあね…。」とお茶を濁す様な返事。 

その後、彼女が病気だった事がわかって入院して、 
彼は仕事の行きと帰りに欠かさず彼女のお見舞いしてました。私も何度も行きました。 


 
 

ばあちゃんの手紙

このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマークに追加    2007-08-30 20:41:14

彼との結婚を私(25歳)の父と母は猛反対していました。 
彼は昔両親を亡くして、祖父母に育てられていました。 
そして4年前祖父が亡くなり、彼は32歳になる今まで84歳の祖母と二人暮しでした。 
それが反対の理由でした。 
「何も結婚してすぐに介護が目の前にあるような結婚をする事はない」と。 
結婚を申し込みにきた彼と彼の祖母ににもそう言い放ったんです。 
その2日後でした。 
彼の祖母が置手紙を残していなくなりました。 
仕事から帰った彼からの電話で、私達は必死で探しました。 
探して探して探して 
空が明るくなりかけた頃、彼の祖父の眠るお墓の前に座りこんでいる祖母を見つけました。 


 
 

仕事を始めた

このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマークに追加    2007-08-30 20:38:50

ヒキ歴5年。俺30.友達ナシ。 
今年で親が70歳になるので2月からバイト始めた。 
一人で黙々とできる単純作業なので俺には向いてるかも・・・ 
誰も話しかけてこないから気が楽です。 
俺の事なんか誰も見てないし、外にでるのが少しだけ楽になった。 
去年まで年金の中からわずかだが小遣いくれてた親に先週初めて 
ほか弁の「カツ重」を二つ買って帰った。 
父ちゃんも母ちゃんも泣きながら食べてた。 
そん時に気付いたんだけど父ちゃんすげー白髪増えてて、母ちゃんすげー 
小さくなってんのに気付いて、その事に泣きそうになった。 
この先絶対ヒキらないなんて言い切れない弱い俺だけど、父ちゃんや母ちゃんが 


 
 

最後の晩餐

このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマークに追加    2007-08-30 20:30:48


ちょっと泣けた夜だったんで書いてみます。

今日は結婚記念日でカミさんと外食した。

レストランはそこそこに混んでいてガヤガヤうるさかった。

特に隣の家族がうるさくって、カミさんとちょっと顔を見合わせて苦笑いをしたぐらいだった。

父親が子供にいろいろ質問しては笑い、っていうのがえんえん続いてこっちもうんざりしてた。

 
 

帰りの遅い親父

このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマークに追加    2007-08-30 20:03:42

身内の話で悪いんだけど、親父がまた夜遅くに帰ってきた。
10時には家に着けるはずなのに、あの日は12時過ぎてたかもしれない。
うちは父子家庭で家に一人でいるのつまらないから早く帰ってこないかなと思ってた。
で、嫌味みたいの言ったんだわ。「大人は夜遊びできていいよなー」って感じで。
そしたらなんか肉体労働者?ぽいひとが酔っ払って倒れてたから介抱したらしい。

親父は馬鹿正直だしウソじゃないと思う。実際これまでに同じようなことが何度もあった。
だけどなんかむかついたから、
こないだ読んだ法律の本に書いてあったことの受け売りで、
「親父はその人助けなくちゃいけない法律上の義務が無いから、
その人を放置しても不作為による殺人罪には当たらないんだし、


 
 

巡る厚意

このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマークに追加    2007-08-30 09:26:06

234 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2007/08/29(水) 07:20:20 ID:VYXdz2Zj
学生時代、貧乏旅行をした。帰途、寝台列車の切符を買ったら、
残金が80円!
もう丸一日以上何も食べていない。
家に着くのは約36時間後…。
空腹をどうやり過ごすか考えつつ、
駅のホームでしょんぼりしていた。

すると、見知らぬお婆さんが
心配そうな表情で声を掛けてくれた。
わけを話すと、持っていた茹で卵を2個分けてくれた。


 
 

超お金持ちで、顔もかなりいい男

このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマークに追加    2007-08-28 21:20:50

超お金持ちで、顔もかなりいい男と3年近く付き合ってた。

ある日、大切な話があるといって呼び出され、「ついにプロポーズかな?」と胸をトキメかせたものの、
いつもは高級レストランなのに、その日はなぜかファミレス。

他愛もない話を少しして、彼が突然こう切り出してきた。
「実は事業が失敗して、かなりの額の借金を抱えてしまったんだ。」
幸せ一杯だった私の頭はパニックを起こし、それ以降の彼の言葉を全然覚えてないよ。

帰宅後、彼から電話があり、これからも変わらず付き合っていけるよね?
と聞かれたけど、私はなんだか怖くなって


 
 

ぼくが大企業のえらいおじさんたちからおしえてもらったこと。

このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマークに追加    2007-08-28 15:51:39

ぼくが大企業のえらいおじさんたちからおしえてもらったこと。

えらいおじさん達がその大企業に就職した当時は
まだ屈指の企業ではなかったこと。
いま稼ぎ頭になっている事業は影もかたちもなかったこと。
有名な大学にいってあたまをさげて優秀な人材をあつめたこと。
それでも門前払いをされたこと。
40年前に大企業といわれていた会社は今はほとんどが見る影もないこと。
鉄鋼業の話とか。
会社が大きくなるいっぽう人材が不足していたから
若くても裁量があたえられたこと。


 
 

ある大学でこんな授業があったという

このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマークに追加    2007-08-27 23:26:58


ある大学でこんな授業があったという。 

「クイズの時間だ」教授はそう言って、大きな壺を取り出し教壇に置いた。

その壺に、彼は一つ一つ岩を詰めた。

壺がいっぱいになるまで岩を詰めて、彼は学生に聞いた。

「この壺は満杯か?」教室中の学生が「はい」と答えた。

 
 

愛美

このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマークに追加    2007-08-27 23:17:38

281 えっちな21禁さん 04/07/29 02:08 ID:GfX0cHzV

もう、十数年前の話になるんだけど、4年生になるとき、俺は
父親の転勤に伴って、東京から中部地方の人口10万のある町
に引っ越した。

最初に住んだのは社宅で、敷地内には2階建てのユニットが二
つずつ組になってくっついた建物が、数軒ほど立っていた。

どういうわけか空き家が多く、うちの隣も空いたので、物置代
わりにつかわせてもらっていた。仮住まいということもあって、
荷物の多くが、ダンボール箱に入ったまま、隣のユニットに詰
め込まれていた。

大きなタンスやら、家具やら、ダンボール箱やら、とりあえず
いらないものが雑然と、詰め込まれたその空き家は、俺の格好
の遊び場になった。

社宅には、年が同じくらいの子供が何人かいた。俺は皆とすぐ
仲良くなり、学校から帰ってくると、いつも一緒に遊んだ。特
に気があってよく遊んだのが愛美ちゃんという一つ年下の女の
子で、隣の建物に住んでいた。


 
 

僕とオタと姫様の物語

このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマークに追加    2007-08-27 23:14:06

70 名前:('A`)  投稿日:04/08/16(月) 07:33

クリスマスイブにデートの娘を買ったことがある。
Hなしっていう条件。拘束時間は明け方まで。
高いなぁと感じつつ、綺麗だからまあ仕方ない。

食事して映画みて、すこし飲んで、場所を変えてまた飲んで。
話が弾んで楽しくてあっという間に明け方になった。
こういうのも悪くないと思った。
時間になったから開こうと言って、電車動いてる時間だし駅ま
で送ったら「帰りたくない」と言われた。

金ないし。延長はしないよってきっぱり告げると
じゃあわたしが出すからホテル誘って…と。
繁華街にそのまま歩いて戻り、結局ホテルでその娘に子供みた
いにしがみついて、長いことぐっすり眠った。

髪から煙草とミツコと何か甘ったるい少女系コスメの匂いがし
た。ハンドバッグに10センチくらいのピンクのクマのぬいぐる
みが入っててやけに汚れてて、イメージと随分かけ離れたもの
持ってるんだねと聞くと お守りなんだと言ってた。

翌日の頭がすっきりした感じと爽快感は今でもはっきり覚えて
る。もう長いことあの爽快感を経験してないな。



 
 

|<   270   271   272   273   274   >|  
 
 

 
 

おすすめリンク

 
 

AmazonPickup

 
 

おすすめリンク2

 
 

PageRanking

 

お世話になっているサイト様