2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 

おすすめリンク

 
 

僕とオタと姫様の物語
(2ページ目)  最初から読む >>



171 名前:70 ◆DyYEhjFjFU   sage 投稿日:04/08/21(土) 16:32
簿ルを出た
が先りに出て、人がないこてから彼女に
招きし

場所柄んな早朝新年3日目に人がいはずもなけど制服
はやはりまい。機敏作でさーっと駆してきた彼女が、
腕をブレーキにとまる



タイミグでいか女子高が一組出てきた。
早足去りながら後ろをちらっと一瞥して
勝った。と叫び声をげた。中で。寿
になってなかった。髪のの一本まで姫様の圧倒的でまっ
たく一方的勝利。
れも金で買た勝利?と自問自したけえる意い。
くはこ性に関して殿キでてこと
かわいい姫様有頂天っているけだ



黒駅まで長きなが
「今夜もお姫様を買いたい」って
彼女は前をみ歩きだけこ向け意外。
と言いたそった。

済ませたい用事がるとかで渋谷方向の山手線ーム
に消えたタンドで乳を買っ
冷たすぎて味がわかなかったが、頭はすきりと冴えた。


ケータイり出して友にメール。
こいつ話が嫌いでコールるだけ無駄。ない。
昨夜のメールか?内容は把握できそうか?いたら


内は閑散としていさがつらくなってきので
業開ばかりのスタンドカフェへ
暖かいコヒーを注文して、うとうとしてが届いた。





172 名前70 ◆DyYEhjFjFU   sage 投稿日:04/08/21(土) 16:36
メーは彼女から

 >-今日も誘れて嬉しかっ
  家に帰りたいから、どこか婿
  予
  そはなで。
  でもホテル代は中から払ってもてい
  今夜もいしょだね。しみ


度も読みは、好きにつつあ証拠
んだろうか。コーヒーをすすりながレスる。

 >わかっ。探してるね
  それから制服じゃなくてもいい
  制服フェチは嘘。の好な服で。


信がわると登録アから
仕事柄く使うのミドルクスのホ話する
たまたま偶然にも友人本れた。
正確に友人といる仲じゃない、仕事でり合って数年
になし年も近いせいで度かいっしに遊んだこともある
嘘をつか正直にをして、予約を入れた

こうが電話を置くとき、「用しほしい」と言っ
くれた。
明日忘れという意味だと
ものは友達。





174 名前:70 ◆DyYEhjFjFU   sage 投稿日:04/08/21(土) 21:12
チェックインの時間までホテルのロビーで過ごした。
仕事を終えた友人が来てくれ、飯でも食おうということになった。
美味いチキンライスを出してくれる洋食屋があるというので、
迷わずそこへ。


しかし入れ込んだものだね。とスプーンの先をぼくに向けて友
人は言った。経験あるし分からなくもない、と。
うん。とだけ言っておいた。
まあ、本気にならないこった。


会話の内容は、いつの間にか昔行ったビリヤードのスコアの話
になりスコアが友人の勤務記録の話になり、仕事を変えたいっ
ていう愚痴になり始めた頃オタがメールしてきた。

内容は重く、あっさりとしたものだった。


 >アンフェタミン。意味わかるかい?
  詳しく知りたかったら、まずそっちの情報教えろ。
  このファイルはどこで拾った?
  なぜこの内容を知りたがる?
  とにかく全部話すこと。話はそれから。



嫌な予感がした。
友人に、部屋にPCが欲しいと頼んでみた。
構わないよ。ぼくのを使ってくれていい。
とふたつ返事で了解してくれた。
すぐに部屋に運ぶよう、誰かに頼んでおくよ。


店の前で友人と別れ、ぼくはそのままホテルに戻った。
さすがにホテルのサービスらしく、ノートPCがベッド脇のサ
イドテーブルに早速用意されてた。

彼女が来るまでに、面倒なことは済ませておこう。
メールをまとめるのに数分。
送信してからベッドに横になってすこし眠った。







175 名前:70 ◆DyYEhjFjFU   sage 投稿日:04/08/21(土) 21:19
1時間もしないでオタからメール。

 >まずエクセルファイル。
  ここに載ってるのはストリートドラッグのリスト。
  ほとんどが合法なんだけど やばいのもある。
  でも、まあそんな目くじら立てるほどじゃない。
  ほんとうにやばいのは最下行のひとつ。
  βエンドルフィン。分かりやすく言うとモルヒネ。
  たくさん地紋のようにならんでる数字は
  おそらく買い付け個数と 支払った額と残高。
  これはただの推測だけど、このファイルのみで
  考えるとこのファイルの製作者は126万の未払いがある。


目がしょぼしょぼした。
なんでぼくはいつもこうなんだろう。
関係ないことに首を突っこんで、面倒に巻きこまれる。
2通目が送信されてきた。


>テキストエディタの2通。
  こっちはよくわからん。
  とにかく一見すると英語がネイティブで使える誰かが
  その家族に宛てた手紙。
  それ以上のことは何も書いてないようにとれる。
  エクセルファイルにこじつけると
  中に書かれてある住所が特別な意味を持つとか。。。
  もちろんエクセルファイルと因果関係は
  まったく無いのかもしれない。
  たまたま同じメディアに記録しただけとか。



しかしすごいな。さすがオタ。
医大出身のひきこもりだけのことはある。
顔がキモイってだけでヲタ扱いされてた可哀想なオタ。
ぼくだけは愛してるよ。





179 名70 ◆DyYEhjFjFU   sage 投稿日:04/08/23(月) 19:25
とう。もうお腹いっぱい。それから
と追加しタにメした
と同時に、入れ替わ3通目が送られきた


>ただ盗み見したいだけ
 もう充分
 そのけ。
 おまえがモテないてる。
 だからってでもいいと言うなら、心の底から軽蔑しやろう
 その尿やめとけ。
 おまえのは負えない。
 ならいっしょに飯食ってるから。
 出の出してさっぱりし、すぐにって湿い。


りがと。オタ。
飯をいっるのは願下げけど気持うれしいよ



オタからなメにじ~~んとなって
タイが鳴った。女からール。

>-買い物してから向かいます。
 もうすこし時るかも。



またオタか


>書忘れたリス付があって
 何度かる。
 日付の変更とっしょに、数字がいくつされてる。
 在庫をしたとか?あ、どうでいか



彼女

>-ね。いグリンと白と

ール違反はわかってるけど
聴きたいからほんとうのケータ番号を
て欲しいと彼女にメーした
蹴されるだろと思てた
彼女からすぐに電かっきた

ぼくはホテル名と場所え、く会いと言
っちかっていう白かな。
って鹿出しえた
ごめんなオタ





180 名前:70 ◆DyYEhjFjFU   sage 投稿日:04/08/23(月) 19:27
フロントから連絡があり、来客とのこと。
部屋へ通してほしいと伝えると、間もなく彼女がやってきた。
たくさんの紙袋を肩から下げたまま第一声は
「綺麗なホテルだね。こんなとこはじめて」
気に入った?と尋ねると、うんうんとうなずく。
口からチュッパチャプスの白いスティックが飛び出してて
首の動きに合わせて大きく上下する。


ぼくは最初に話しておこうと考え、手をとり
ふたつあるベッドのひとつに彼女を座らせた。
この頃になると、ぼくは完全に彼女に魅了されていて
離れることが考えられなかった。

お金のことはどうでもいいとさえ思った。
貯金すべてを失うわけじゃなし、
そのうちの何割かで、美しい思い出を買うのだと自分に言い聞
かせ しかもその言い訳を本気で信じさえした。

話があると言った。
きょとんとして、ぼくを覗きこむ彼女。
チュッパチャプスのスティックの動きがぴたりと止まる。
「ぼくの休みは6日まで。あと3日だね。
その間ずっと君といっしょにいたい。
場所はこのホテルかな。
実はもう6日までキープしてあるんだ」





181 名前:70 ◆DyYEhjFjFU   sage 投稿日:04/08/23(月) 19:31
彼女の視線が宙を泳ぐ。
スティックの先を小さな指先でつまんで
紫色のキャンディーを口から引っこ抜いて彼女は言った。

「うん。いいよ。
お家に帰りたくないから、
泊まる場所探そうって思ってた。
このホテルなら最高。
ヒロともいっしょにいれるし」


ほっとするぼく。
じゃあ、そんなわけで値段交渉なんだけど…

ベッドから彼女をひきずり下ろし、後ろから抱きとめるように
してちょっとシリアスに彼女とふたりで彼女の残り3日間の値
段を決めた。
結局、ぼくが考えていた範囲の最大値で彼女はOKをくれた。
「よゆー」と言って笑ってくれた。


あと3日。
その間、全部忘れようと思った。
仕事とか、友達とか、ぼくのまわりのこと全て。
彼女のことだけ考えよう。


彼女の着ていた黒のノースリに顔をくっつけると新品の匂いがした。
買い物ってこれだったのか。
よくみると上から下まで新調したらしい。


制服はコインロッカーへ?家には帰らなかったんだね。
用事ってあのフロッピィを誰かに渡すことだったのかな。
ああ。まあいいや。考えるのはやめよう。
彼女を抱きしめていよう。






227 名70 ◆DyYEhjFjFU   投稿日:04/09/02(木) 04:12
いまさらこんなことを言っ信じないだろうけど、これ
体験す。当の時流れたままを小ぽくいて

ぜ、そうするかというと、照れなくな自分ゃないよう
書けるかです。

いくかはもう忘れて昧で、も


例え女の口調か。
にはもっとっぽくて、手、もっとも
可愛かった。

ぼくの筆力なんてたかが知れのでこんなまとまり
せん。メーに書た何倍もの量を、女とそし
タの間で交わしま


がとう。>>223
じゃあリスタート





228 名前:70 ◆DyYEhjFjFU   投稿日:04/09/02(木) 04:16
「お腹すいてない?」
「ぺこぺこ。何か食べないと死んじゃう」
おーけい。

ホテルからちょっと歩くけど、
すごく美味しいイタ飯がある。
あたかも詳しいそぶりで説明する。
でも実は仕事で何度か行ったことがあるだけ。


店に向かう途中、母から電話があった。
食事を作ってるのに父さんまで消えたと抗議の電話。
仕事で6日まで戻れないと手短に説明すると、
ため息と空電のノイズ。
良心がちくちくしたから、母の電話を切ったのち弟に

 >母さんが風邪。倒れたみたいだ。すぐ帰ってくれ

とメールしておいた。


弟は晦日から彼女の部屋に入り浸り。
ぼくは お金で彼女の側にいれる可哀想なやもめ。
労働と賃金は平均化されるべきなんだよ。弟よ。
ぼくと弟ではすさまじい不平等にあるからね。
彼女がニヤニヤしながら、ぼくを見てた。
それから
「いいよね。お母さん優しくてさ」と言った。





229 名前:70 ◆DyYEhjFjFU   投稿日:04/09/02(木) 04:21
ぼくと彼女のつかの間の仲じゃ当然かもしれないけれど
ぼくは彼女の家庭とかいつも暮らしてる環境を知らない。
帰りたくない。と何度か聞いた彼女のセリフをすぐに思い出した。
何かあるんだろうな、と憶測しながらも聞けないし
あれこれ考えてから
「白と緑って何だったの?」と間抜けな質問をしてしまった。

彼女は笑いながら、「うん。白と淡いグリーン」
ニヤニヤ笑いを浮かべたまま、今夜のお楽しみだと言った。
あ、なるほど、そうか。だったら緑だったのにな。


ぼくの前を走ったり、いきなり腕を組んだりせわしなく歩く彼
女を見つめる。
ローライズのデニムに小さい紙のタグが残ってるのに気づいたから
彼女の腰に手をまわして、バリっと剥ぎ取ってあげた。
ん?と訝る。
タグ残ってたよ。とぼく。
小さな紙切れには「ミスシックスティーン」と英文で書かれたロゴが
ピンクの文字で印刷されてた。
16歳ね。


彼女は実際には20くらいなのかもな。
妙に大人びてたりするけど15だったりして。
真実は闇の中。最後までぼくは彼女の年を知る機会がなかった。






231 名前70 ◆DyYEhjFjFU   投稿日:04/09/02(木) 04:24
店はも人がかった。
はぁ。予約しといて正解た。
3日だから。とう理由は都心じゃ関係ないのか。


席に案されと、コート彼女が
ヒロさ。実はごくでるでしょ」と言った。
これには笑った。


実は、彼女言ったのに見かと違ってとうニュ
スが強く含れてなのんでこなと知ってるの
と言た。

「いや、仕事でさ」に答える
も、彼女にそれが真実とは伝うな
ぼくは彼女の頭の中ょっり再構築され、彼女見る
がや改善れる

んな馬鹿げたことを想像して笑ってしまった。
ぼくは姫様が推測するままの男
食卓には高そうな分厚い刺繍のロスが2枚かけれてて
店員がんできたパンをくがいく選ぶ
スに無造に並べられた

女が奇心に溢れたい熱、給仕の手の動き
を追

食べていいの?」
」とぼく

「コーヒーとか先にもう?
「ん~。みたい

インとかあ?」
「よくわかんない」

もよく分かいから、給仕に選んでもらった
ンを切る彼女の動き子供みたいに元気
蝋燭の明りと飲めないお酒でぼんやりしながら
くは彼女の指退ら肩
華奢な鎖骨から首すじ
そし上下する様を見つめてた。
姫様。こで食べたい







>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:読み物  |  タグ:, その他, おすすめ,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:読み物  |  タグ:, その他, おすすめ,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

お世話になっているサイト様



 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 
20070827231425