2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

ボロボロになってまで私を育ててくれているあの人






う二十年位前の話で
私は小さ頃親に離婚さて、ど親も私を引きうとせず
西設に預けれ、られました 
三歳くいの時に今のわれたうです 

時の私はその自覚などおらず、 
は無くの親を本当の親て中学二年過ごしてきました 
そして、の父別れがました 
梗塞で帰らぬ人になり宿まし 
しての最悪の時に 
私とその親は家族ということを親も知ってしま稿たのです 


儀の私は母を問詰め、当の事きました 
その時を境に、私母をまし 
死んだ父えも嫌になり 
裏切らか思ったでしょ 
が裕福ではありまんでた 
から父が死まったので、母が働きに出ざを得までした 


母は、朝は近、昼から夜にかけはスーパーで働きました 
れもれものためのものでた 
すが当調時の私にすらもうっとう思えてなりせんした 


には、登と母が市場から帰っくる時間ょうど重なしまい 
登校していた私は、ボロになった族であるといこと
知らたくなく 「いてらっしゃいと言う母をは 
に「誰あれ、気持ち悪いんだけど」すらっていたものでし 


れを察してか、次のには目を伏せ、足早にとすれ違っていきました 
でもそれでも、母は何一つ文句をいわずくれてました 
そん日がヶ月くらいいたと記憶しています 


そんな日、雨合羽を着て市場から帰てくる母とすれ違ました 
言です 
姿はなんともしく、辛に見えたのす 
涙が溢れしたしゃしゃに泣きした 
私は一体何をしているの 
ロになってを育てくれていの人に、 
は何をうとうし思っているのか凄まじい後ました 


私は友達の目も気にせず、母に駆け寄りた 
を言っていかわませんで 
の時と口をついた言葉が「いってます」でした 
た言葉はったそれした 
でも、母は一瞬き、て泣きました 
そして、何度も何度も「っしゃい」と言てくした 
が友達へ戻ったあとも母はを見なら手を振って
「いらっしい」と言ってれてした 


、彼こそが本の母親です 
とえ戸籍上はどうあれ、そう思っています 
しきれいくらす 
「それが勤めだよ」と言いますが、でも子として 
親の面倒いきたいです 
の人母親、最高にたと思いす 

 

 

関連記事

 
カテゴリー:泣ける話  |  タグ:, 感動,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:泣ける話  |  タグ:, 感動,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20070830210436