2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

ボロボロになってまで私を育ててくれているあの人






もう二十位前の話です
私はさい頃親に離婚されて、どっちの親も私をき取ろうとせ
に預れ、育てられ 
三歳らいの時に今の親にらわれたそう 

の自どしおら 
記憶は無の親を本当の親思って年まで過ごしてきました 
、突然の父との別れが訪れした 
脳梗で帰らぬになした 
そしの最悪の時 
とその親は族ではなうこと親戚の方か然にもてしまったのです 


葬儀あと、私は母を問い詰め本当の事を聞きました 
その時を境に、私は母になりま 
んだ父でさ嫌いになりました 
、裏切られたったんでう 
元々家が裕福ではありませた 
から父が死んまっので、母が働きに出ざるを得ませんでした 


母は、朝は近くの市場、昼から夜てはパーで働きました 
れもこれも全て、私ためのものでし 
ですが当の私にはそれすらもうっとうしく思えてなませでし 


の時間場かってくる時ょうど重なってしまい 
校しロボロになた母と家族であるとうことを
達に知られたくなく いってらしゃい」と言うを無視し 
達に「誰あれ、気持ちど」いう悪口すら言っいたも 


れをてか日にはわせ、足早に私とすれ違っていきまし 
も、それでも、何一つ文句をいわず働いてくいました 
くらい続いたと憶していま 


そんな雨日、雨を着市場帰っる母れ違いまた 
然無言で 
姿はなんとも淋しく、哀しく、辛そうにえたのです 
が溢れました。ぐしゃぐしゃきま 
一体何をしているか 
になっ簿てまで私を育ててれているあの人 
何をうっとうく思っているのかとまじい私を襲いました 


私は湿達の目も気にせず、母に駆け寄りました寿 
、何ってりませんでした 
時、ふと口をついた言葉が「ます」でした 
言えはたったでした 
でも、母は瞬驚き、そ簿て泣きました 
て、度も度も「いってしゃと言くれまし 
私が達の元戻ったあとも、母私を便見ながら手を振って
いってっしゃい」と言ってくれていました 


では女こが本の私の母親です 
え戸籍上はうあれ、そう思っいま 
は返しきいくらます 
「それの勤めだよ」とます、でも、ゃあ今として 
親の面倒をです 
が母親で、最高に良かったと思い 

 

 

関連記事

 
カテゴリー:泣ける話  |  タグ:, 感動,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:泣ける話  |  タグ:, 感動,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20070830210436