2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

妹とSEXしてしまいました







112 名前: 西宮雄一 ◆5ee66666 投稿日: 02/04/11 09:28
【11月3日 はれ】


せっかくの休みの日だというのに、親父に朝っぱらから起こされた。
なんか、とっとと身支度しろっていいやがる。 どこへ連れて行くつもりだろう?
俺が幼い頃から母ちゃんが死んで、あまり「親の愛情」ってもんに触れていないからって、
久しぶりに親子のコミュニケーションでも図りたいのか? 


洗面台に向かって寝癖を整えていると、玄関のチャイムが鳴った。
親父が出迎えていたのは、40くらいの清楚な感じのおばさんと、中学生か高校生か
微妙な感じの女の子だった。  
「じゃあ行こうか」と、親父は二人を連れて出かけようとし、俺の方を見て
「お前も来るんだよ」 と、強引に俺を車に押し込んだ。


わけのわからないうちに、高級な雰囲気のレストランについた。
4人で食事会? よくわからない。
席につくなり、ソムリエがワインリストを持ってくる、日本語が載ってねぇメニュー、わけわかんねぇ。
親父は不慣れなのか、照れながら「適当で。」といった。





113 名前: 西宮雄一 ◆5ee66666 投稿日: 02/04/11 09:44
【11月3日 はれ】


とりあえず自己紹介させられた。 
おばさんも女の子もなんか俺にフレンドリーな感じだ。


料理のコースが進んでいく。
親父と、おばさん、女の子は楽しそうに会話を交わす。
俺だけ蚊帳の外って感じだ。 
「早紀ちゃん、高校受かってよかったね」と親父。
「おじさんにもらったお守りのおかげだよ」と女の子。
「ふふ、早紀、もう『おじさん』じゃないでしょ?」とおばさん。
「あっ、そうか。ゴメンね、おとうさん!」と女の子…… ??


ん?俺の頭にはクエスチョンマークが20個くらい浮かんだ。
が、すぐにどういうか想像がついた。 俺は親父に問い詰めた。
「あら、善次郎さん、雄一さんに言ってなかったの?」とおばさん。
「いや、なんかコイツと二人の時に面と向かって言うのも照れくさくてよ」と親父。
都内の、フランス料理だかなんだかの高級レストランで、俺は、親父が再婚することを、
今日、初めて知った。俺は親父にちょっと怒った。 そういうことはマジでちゃんと言っておいて欲しい。
父と息子男同士、照れてる場合じゃないだろう。


「ええと、な、なんか知らされてなかったみたいね、、突然でびっくりしたでしょう。
 もう、善次郎さんったら、、」 とおばさん。


「あ、ああの、よろしく、、、」俺が新しい家族に向かって出た、精一杯の言葉だった。
「なに照れてんだオイ」と俺の背中を叩きながら親父が笑う。こいつムカツク。


そしたら、
女の子は俺に微笑みながら、言った。「よろしくね、お兄ちゃん」


・・・?なんか、その言葉を聴いて、変な感じがした。





114 名前: 西宮雄一 ◆5ee66666 投稿日: 02/04/11 23:07
【11月14日 はれ】


家に、新しくできた家族が住むようになった。
が、しかし、問題があった。
早紀という女の子、新しくできた「妹」、と同じ部屋で暮らさなければいけなくなった。
部屋がないのだ。


もともと、俺には姉がいる。そいつとはこの狭い家で、同じ部屋を共有していた。
二段ベットを置き、こっからここは俺ゾーンってな具合で境界を作っていた。
よくそれで喧嘩とかになったもんだ。
姉はもう社会人となって家を出ているが、最近音信不通になっている。


というわけで、俺の部屋を再び、今度はこの子と分けるようになった。
「今までだって姉ちゃんと使っていたんだから、平気だよな?」なんて親父はのんきに言うが
冗談じゃない。
今度は、いままでは赤の他人だった女の子なんだ。いくら義理の妹とはいっても。


ああ、しばらくは眠れそうにないな。






121 名前: 西宮雄一 ◆5ee66666 投稿日: 02/04/11 23:20
【11月15日 くもり】


早紀と二人で、部屋の真ん中に向かい合って座る。
「ええと、早紀ちゃん、とりあえずこの部屋の境界線とか作ろうか?」と俺。
「うん?別に私は気にしないけどな。」と早紀。
「でも着替えのときとか人を呼ぶときとか、なんかそういうもろもろで、
 仕切りみたいのは必要でしょ?」と俺。
「ふふ、友達とかとは外で遊ぶし、着替えるときも別に仕切りなくても平気だけどな。」と早紀。
それを聞いて一瞬、着替えシーンを想像してしまったが、すぐに自己嫌悪と共に我に返った。
なんか、ざっくばらんな子だな。 
まあこんな性格もあって、早紀とはすぐに打ち解けあった。



意外と俺とは趣味もあった。
俺が好きな音楽、好きな映画、好きなゲーム、好きなスノボ、、、
俺が好きなものはみんな、早紀も好きだった。


新しい家族になじむために、無理して趣味を合わせているだけかもしれないけど。
それでも、結構楽しく会話とかできた。 





128 名前: 西宮雄一 ◆5ee66666 投稿日: 02/04/11 23:26
【11月15日 くもり】


とうとう、夜がきた。
俺が平常心を装って買ってきたばかりのアルバムを聴いていると、
風呂上りの早紀が、パジャマ姿で入ってきた。


「何聴いているの?」と、俺のしているヘッドホンの片側を取って
自分の耳につける早紀。 一瞬顔が近づき、湯上りの香りもあって俺は妙に興奮してしまった。
その興奮した自分にすぐにブレーキをかけて、取り繕うようにそのアルバムについて説明した。
「あー私も、リップスライム好きだよ!いいよね。この曲。」
といいながら、俺のすぐよこにちょこんと座って、一曲の間ずーっと、二人で聴いていた。


早紀は初めて見た印象ではそんなに、ブスでも美人でもなく、まぁ普通よりはちょいかわいいくらいの
感じだったけど、こうして肩が触れながら並んでいると、やっぱりかわいくみえてしまう。
ああ、この曲がもうちょっと長ければいいのに。なんて思ってしまった。





133 名前: 西宮雄一 ◆5ee66666 投稿日: 02/04/11 23:35
【11月15日 くもり】


早紀のパジャマ姿に、目のやり場が困る。
曲が終わると俺は、ヘッドホンを早紀に渡して、風呂にいってくると言い残して
部屋を出た。 やっぱりドキドキしている俺。
湯船につかりながら、平常心を取り戻そうとしていた。


風呂から戻って牛乳パック片手にリビングに行くと、おばさん、もとい新しいお母さんがいた。
さすがにいきなりお母さんとは呼びにくく、英子さんと呼んでいる。
(早紀は親父のことをもうすでに、おとうさんなんて呼んでいるが、、、、)
「早紀と仲良くしてあげてね。」と英子さん。 やさしい顔で言った。
俺は、なんか自分のやらしい部分を見透かされているような感じがして
ちょっと自分の心にカモフラージュするために、訴えた。
「いやぁ、でもちょっとヤバイっすよ、いきなり同じ部屋ですからねぇ。
 せめてカーテンかなにかで仕切れればいいんだけど、ははは。」
とさわやかに。あくまでもさわやかに頑張って言ってみた。 お互い、はははと笑っていた。
2,3会話したあと、俺は部屋へと戻った。


早紀はまだ起きていた。





140 名前: 西宮雄一 ◆5ee66666 投稿日: 02/04/11 23:46
【11月15日 くもり】


早紀は「おかえり。」とかわいい笑顔でいった。 すっごく照れくさかった。
せっかく風呂で積み上げた平常心にも早くもヒビが入った。


早紀は、荷物の整理をしていた。
自分の机の上に次々と小物を並べている。
それを横目に、髪の毛にドライヤー当てながら、今日はさっさと寝てしまおうと布団に入った。
「もう寝ちゃうの? まだ10時だよ。」
たしかに、中学生じゃないんだから10時に寝るのは早すぎるとは思うけど、
今日はなんか、妙にドキドキしてるし、ゲームやテレビ見ている場合ではなかった。
「明日早いんだ。 んじゃ、お休み。」なんて言い訳をして布団をかぶった。
「あ、電気消すね。」と気を使ってくれた。「ううん、いいよいいよ、電気つけたままで。まだ片付いていないだろ。」
なんて、言う俺のセリフ、明らかに震えていたような気がする。
今思えば、こんなに過剰にドキドキしなくてもいいと思うが。俺のアホ。


「おやすみ、お兄ちゃん。」、、、、早紀に声をかけられた今日の最後の言葉。
なんかお兄ちゃんって呼ばれるの
すごく、なんか、ムズムズする。 しばらく慣れそうにないや。
寝たふりするのはすっごく疲れる。 本当に寝れたらすごくいいんだけど。


1時間後、早紀の作業が終わったようで、部屋の電気が消され、早紀が2段ベットの上へ
昇っていく様子が伺えた。 


結局そのまま、さらに1時間後くらいには早紀の寝息が聞こえてきた。
なんかホッとしたような、ガッカリしたような、、、、ガッカリ?どういうことだ俺ってやつは。





148 名前: 西宮早紀 ◆5ee66666 投稿日: 02/04/12 00:16
【11月3日 はれ】


今日はお母さんと一緒に、新しいお父さんとお兄ちゃんに会いに行きます。
お母さんが再婚するって聞いて最初はビックリしたけれど
新しいお父さんはとってもいい人っていうか面白い人で、安心しました。 お兄ちゃんには今日初めて会うんだけれど
ちょっとドキドキ。 


でも、お兄ちゃんもけっこうかわいい顔していてなんかすごく仲良くなれそうです。
「お兄ちゃん」って呼んだらちょっと照れてました。
「雄一」って名前だけど、「お兄ちゃん」って呼んだほうが早く打ち解けそうです。
だから、もういきなり「お兄ちゃん」って呼ぶことにしました。
う〜ん、ちょっとまだ私も恥ずかしいな。





150 名前: 西宮早紀 ◆5ee66666 投稿日: 02/04/12 00:21
【11月14日 はれ】


今日から、新しい家に住みます。今までお母さんと二人で暮らしていたアパートはもうすっかり空っぽになりました。


それでも新しい家には部屋がなくて、お兄ちゃんといっしょの部屋を使うことになりました。
私は今まで兄弟とかがいなくて寂しかったので、けっこううれしかったりします。
お兄ちゃんはなんか気にしていたようだけど・・・
あ〜でも着替えるときとかどうしよう。 お兄ちゃんには気にしないよって言ったものの
やっぱりまずいよね。 まぁいいか。 なんとかなるかな。


お兄ちゃんとはとても話が合います。
私の好きなアーティストはほとんどアルバムそろっていたし、冬になるとよくスノボに出かけたりするそうです。
今度一緒にすべりに行きたいな。





158 名前: 西宮早紀 ◆5ee66666 投稿日: 02/04/12 00:28
【11月14日 はれ】


私がお風呂から戻ってくると、お兄ちゃんがリップスライムを聴いていました。
それで私も一つのヘッドホンで一緒に聴いていました。
なんかお兄ちゃんの横顔見てると、ちょっとドキってするけど、なんでだろう?
1曲が終わるとお兄ちゃんはすぐにお風呂へ言ってしまいました。
もう少し一緒に聴いていたかったのに。


やることがないので、私は小物の整理を始めました。
ダンボールをあけて前の家から持ってきた物を並べていました。
その中に、お兄ちゃんが好きだっていったゲームも埋まっていたので
戻ってきたら一緒にやろうと思いました。


でもお兄ちゃんは、お風呂から戻ってきてドライヤ当てたら
明日早いからとすぐに寝てしまいました。 ちょっとつまんないな。
でも私も明日は大学あるし、これ終わったらすぐ寝ようと思います。


そうそう、お兄ちゃんに「お休みお兄ちゃん。」
って声かけたら、やっぱり照れていました。 向こうも恥ずかしいのかな?ちょっと面白い。
これから毎日が楽しみです。





180 名前: 西宮雄一 ◆5ee66666 投稿日: 02/04/13 01:17
【12月5日 はれ】


最近けっこう慣れてきた。 最初の頃よりは別段、早紀を意識しなくなった。
そのかわり、かなり仲がいい。
一緒にCD買いに行ったり、その帰りに映画みたり、
夜遅くまで一緒に起きていたり、お互い会社と学校へ行っている間にメールのやりとりしたり、、、
とりあえず気持ち的には、妹っていうより友達って感じがしてきた。


でも今日、会社から帰ってきて疲れてそのまま部屋のソファーで寝てしまったのだが、
ふと目が覚めると、早紀が真横で寝ていたから
寝顔が間近にあってビックリしてしまった。 
あの頃のドキドキをまた取り戻してしまったよ、くそ。


俺が起きてびっくりした拍子に、早紀も目を覚ました。
「あ、お兄ちゃん、おはよう、、、」だってさ。 もう夜中だというのに変な気分だ。
「なんかお兄ちゃん、気持ちよさそうに寝てたから、私も眠くなっちゃったよ。あはは。」
その純な笑顔に、まだドキドキは収まらない。 なんでだ?





183 名前: 西宮雄一 ◆5ee66666 投稿日: 02/04/13 01:27
【12月5日 はれ】


中途半端な時間に目を覚ましたあと、電気をつけて
早紀と深夜番組見ていた。
そのテレビで、売れなさそうな芸人がディズニーシーで大はしゃぎしていたが、
早紀はそれをみて、「ねー、今度一緒に行こうよ。ディズニーシー。」って。
普段から、ディズニーシー行ってみたいって言っていた早紀だが、
俺は、とりあえず、「うん、いいね、行きたいね。」っていつものように相槌うった。
それなのに、「じゃあ、いつ行く?来週の土曜日は?」なんて具体的にスケジュール決めてきたのだ。
早紀はなぜか、やる気だしてるな。 結局、来週の土曜日に行くことが決定してしまった。


そういえば、一緒にどこかへ出かけるのは、近所の映画館やボウリング場とか。
遠出してまでのデートってのはまだなかった。それを考えたら、ちょっと楽しみかな。


そういえば、俺今日風呂入っていなかった。
なので風呂へ行こうとしたら、「あ、私も。 一緒に入ろっか?」なんていいやがる。
俺はあからさまにあせってしまって「な、何いってんだよ。」って。みっともねぇ。
「あはは。冗談だよ。」だとさ。 ちっ。





186 名前: 西宮雄一 ◆5ee66666 投稿日: 02/04/13 01:41
【12月13日 はれ】


明日はいよいよ、早紀と二人でディズニーシーへ行く。
俺らが住んでいる千葉県の市川市からは、電車で20分くらいだけど、
今までに比べれば結構遠出だった。 
二人で一日中でかけることを両親に伝えるのはちょっと抵抗あったが、
親父や英子さん二人とも「仲がいい」くらいにしか思われていなかった。 まぁ、実際そうなんだけどさ。


舞浜駅へつくと、人出がものすごかった。
俺は、早紀が人ごみに流されそうになったので、つい反射的に手を差し伸べて、
早紀も俺の手を握って人ごみから脱出したのだが、
結局ディズニーシーに入っても、そのまま手をつないだままだった。 
門をくぐった瞬間にそのことを意識しだしてしまい、多分俺は顔がちょっと赤くなっていただろう。


そこでタイミングが悪いことに、俺の会社の同僚の三上とその彼女に出くわしてしまった。
そういえば三上も今日ディズニーシーでデートだとかいってたな。 失敗した。
三上は「おう西宮!なんだ彼女か?」とか言ってきたので、つい見栄を張ってそのまま
「彼女」ということにしてしまった。 三上一行と別れた後、ちょっと気まずかったけど
早紀は「ふふ、私彼女に見えるのかなぁ? いいのあんなこと言って?」と笑顔でフォローしてくれたのでちょっと気が楽になった。


そして、楽しいデートはあっという間に夜になった。





187 名前: 西宮雄一 ◆5ee66666 投稿日: 02/04/13 01:46
【12月13日 はれ】


そのまま疲れながら、帰りの電車に乗った。
運良く、二人ならんで座れたんだけど、早紀はすぐに眠りに入ってしまった。
そのとき、俺の方に寄りかかってきたんだけど、なんか今日はそういう系の事が多くて
もうすっかり慣れっこだった。 あ、いやいや、本当はまだドキドキしていた。


いつの間にか俺も眠り込んでしまい、そのまま、おりる駅を過ぎてしまった。


駅員に起こされたときは、なんと埼玉県にいた。
さすがにもう戻れる電車はなくなっており、携帯の着信をみると案の定家から何件も着信が。
俺は電車を寝過ごしてしまったことを、親父に言い訳して
始発までファミレスかどこかで過ごすと言っておいた。 
親父は、「早紀を襲うんじゃないぞ」とか言っていたけど、そんなつもりは、、、、ない、、たぶん。





188 名前: 西宮雄一 ◆5ee66666 投稿日: 02/04/13 02:21
【12月13日 はれ】


俺と早紀は、始発まで暇を潰せそうな場所を探したけど、
どこも見つからなかった。
早紀はとても寒そうにしていたので、近くの店先の階段下のスペースで
ホットの缶コーヒーを両手にもって、二人で小さくなっていた。
俺は、自分のコートを早紀にかけてあげたら、早紀は「二人で着よう」っていって
俺にもかぶせてくれた。 二人で一つのコートをはおいながらコーヒー飲んで
肩とか寄せ合っていた。 俺の心臓の鼓動が聞かれないか不安だ・・・


そのとき、変なおっさんが近寄ってきたので、危険を感じてその場を離れた。
せっかく風よけになるいいポジションだったのに。 あのおっさんのテリトリーだったのかもしれない。あはは。
途方にくれていたら、光々と明かりがついている建物を発見した。
喜び勇んで、駆け寄ったら、
そこは、ラブホだった。 






>>次のページへ続く


 

 

関連記事

 
カテゴリー:読み物  |  タグ:, ほのぼの, 純愛,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:読み物  |  タグ:, ほのぼの, 純愛,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20070901093136