2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

女性のためのドッグセックスへの招待




獣姦 − 動物と性的関係を持つこと − は、長い間禁じられてきた問題でした。

「病気」とか、非倫理的だとか、変態だとか見なされてきました。

このテキストで私は、獣姦の一種である犬とのセックスについて説明したいと思います。

私がこのテキストを書く理由は、私の知識を他の女性達と(興味があるとか、やりたいけど踏み切れていないとか、やり方が分からないとか、存在自体知らなかったとか、そういう女性達と)分かち合いたいと思ったからです。


歴史

 獣姦は決して新しい発明ではありません。

現代の堕落した人間の頭が生み出したものではありません。

信じようと信じまいと、それは、何千年も前から知られてきました。

ギリシャのヘラス帝以前に、人間と動物又は獣人との関係が神話に残っているのです。

動物が男性役で、人間の女が女性役という物語は、女にとってとても興味深く感じられます。

しばしば、物語はとても詳しく書かれていて、ほとんどの場合女性は妊娠し、神や獣人や獣のような子供を産むことになります。

これらの物語を信じる人がいるかどうか知りませんが、少なくとも、現代を迎えるずっと以前からこのような考え方があったという事は分かります。

このようなことが起こったかどうかは知る由もないですが、想像は難くありません。

 技術の進歩に従い、人間は田舎から都市へと生活圏を移してきました。

これにより私達は農村を去り、人間と動物の間の溝を広げていきました。

これで獣姦は劇的に減っていったでしょうか?実際はそう簡単ではありませんでした。

都市部の住宅に住むことにより、ペットを家の中で飼うようになりました。

そして人間とペットの親密さが増し、多くの人がペットを、特に犬を、東部風に住居の一部だと考えるようになりました。

犬は家族の一員となり、共に眠り、食べ、日々の暮らしの一部となっていったのです。

これは女性にとっては、動物とのセックスを楽しむ機会が増えたということになります。


 タブーであるが故に、動物とのセックスを楽しんでいる人の正確な数を調べるのは とても難しいことです。

しかし、1992年ドイツで出版された「ハフナーセックスリポート」によると、農村での14%の人が動物との定期的なセックスを行っているということです。

もちろんこれは、農村で見られるあらゆる動物や、動物とセックスをした男性の数も入っています。

報告によると、さらに3%の人が周辺領域(動物による自慰行為や動物の性器で遊ぶといったような)にいます。

このドイツの報告は数千件の農村においての聞き取り調査を基にしていますが、都市部でも全女性のうちの2〜3%が犬とのセックスを試した、としています。

これらの女性の8割が、定期的な犬とのセックスをしているそうです。


自分自身の経験に照らしあわせると、この調査は正しく行われたと思われます。

犬とのセックスは非常に刺激的で、もし「ちゃんとした」やり方で行えば、「普通」の男性とのセックスよりも ずっとエキサイティングなものです。


動物とのセックスをするのは とても簡単です。

多くの女性は、動物とセックスするとか、獣のように扱われたいとか、動物のように楽しみたいとかいうファンタジーを持っていたり、自分自身の中に特定の動物への欲望を感じていたりするからです。




動物とセックスしたいと言う女性は まれですが、事実はその反対です。

心理学の研究によると、女性の8割は動物のように扱われたいという秘めた願望を持っているそうです。

だから、それをやろうと決心するだけです。

もしあなたがそうしたら、あなたはとても幸せになれるでしょう。私を信じてください。



まえがき

 大事なことを一つ言い残していました。

犬とのセックス方法を紹介をする前に、私自身のことをお話ししたいと思います。

私の名前はアンナ、他の事は読者には伏せておきますが、どちらかというと社会的に尊敬されている立場です。

私はずっと犬狂いの人生を送ってきました。

そして、私は自分の知識が、これから犬とセックスしようとしている人や気持ちよくなりたくてヒントを求めている人たちへの助けになれば、と願っています。

私は、18歳の時から ずっと定期的に犬とセックスしてきました。

一番最初は16歳の時で、セックスの経験はそんなにありませんでしたが、なんでも自分の体で試してみたいと思っていたころでした。

それまで、2、3人の男の子と経験していましたが、彼らも私と同様経験不足で全然気持ちよくありませんでした。

それが、飼犬とのセックスで全てが変わりました。

私をいかせてくれたのは、私の犬が最初だったのです。それはめくるめく体験でした。


23歳の時、私はイタリアのリビエラの犬の育成所で働き始めました。

その育成所は高級なところで、純血種や質の高い混血犬が扱われていました。

この時期に、私は100匹以上の犬とセックスをしました。

違った犬とセックスするのは楽しいことでした。

もちろんお気に入りの犬とは何度もセックスしていました。

私は、ほとんど毎日、そして時には他の従業員のいない週末に、犬とセックスしていました。

結婚する前は、何度も犬とセックスしていました。

一人で横になって、次から次へと訪れるオーガズムを楽しんでいました。

このように、私は何匹もの犬とセックスするのが好きです。

特に、育成所が休みの週末には、夫と6〜7頭のお気に入りの犬達と一緒に、一日中セックスを楽しみます。

二人とも(少なくとも犬相手には嫉妬しない夫なので)すごく楽しみます。

彼は、私が次々とオーガズムを迎えるのを見るのが好きなようです。


 私には、二人の子供がいます。男の子と女の子と。

だから、外からだとあなたは私の家族を「普通」の家庭だと思うでしょう。

犬とセックスしたからといって、変わった人間になるわけではないのです。

その違いは、もっと気持ちのいいことがあると、発見したというだけなのです。


 私の願いは、あなたと分かち合うもので、あなたが犬とのセックスとその素晴らしさ楽しんでくれたと聞くことです。

このガイドでは、クンニリングス・セックス・フェラチオについて説明します。

アナルセックスは可能ですが、あなたがアナルセックス自体によほど慣れていないと難しいと思います。それで、このガイドからは省くことにしました。


クンニリングス

 クンニリングスとは、だれか(この場合犬ですが)がその舌を使って女性の性器を愛撫することをいいます。

男性もしくは女性によるクンニリングスを経験したことのある人なら、それがきわめて気持ちのいいものであることをご存じでしょう。

しかしながら、それを行う人物は非常に疲れるものだ、ということもご存じだと思います。

犬の舌は、人間の舌とは全く作りが異なります。

犬の舌は筋肉質で、そのため犬は疲れることなくずっと長い時間舌を使い続けることが出来るのです。

犬のクンニリングスが気持ちいい理由は、舌の構造の違いと犬の熱心さの両方によるものです。

 犬の舌は、おそらく皆さんご存じのように、とても大きいものです。

薄いものの、幅広く長く、非常にしなやかです。

(手などを)犬に舐められたことのある人なら、表面が人間の舌よりもざらざらしていることはご存じでしょう。

 雄犬にとってクンニリングスは自然な行為の一つです。

先に話しましたように、多くの場合女性と犬との関係は偶然始まります。

女性の性器の匂いは雄犬に雌犬を思い起こさせます。

特に月経中の女性の場合、その間性器からは強い匂いが発します。

雄犬にとってその匂いは、交尾を始める信号となります。

発情期にある雌犬の性器は、充血し、膨らみ、交尾のための匂いを発するようになるからです。

雌犬はこの時、機会があれば、他の犬に後ろを向け、その犬に自分が交尾可能であることを示します。

この時、雄犬はしばしば、雌犬の性器の匂いをかぎ、しばらくそれを舐め続けます。

犬がなぜそうするのかは知られていません。本能的なものでしょう。


そして、しばらくの後、雄犬は雌犬にマウントします。

この前戯は、女性に対しても同じように働きます。

犬が匂いを感じ取ると、彼はあなたに近づいてきて匂いをかぎ始めます。

そして舐め始めるでしょう。

幸いにも、犬がまだ若く未経験であれば、あなたの望み通りに舐めるように躾ることもできます。

なぜなら、ことセックスに関しては、犬はとても物覚えがいいのです。

犬の年齢については「犬の性についての基本的理解」の章を見て下さい。



犬にクンニリングスをさせるにはいくつかの方法があります。

一番簡単で、状況を支配しやすいのが床かベッドで行うことです。

しばしば、特に人間との性行に慣れていない若い犬は、行為の意味を理解できず欲求不満になります。

それが、雌犬との性行を思い起こさせないからでしょう。

それ故、優しく首をつかんで導いてあげれば積極的になります。

一旦、彼が匂いをかぎ舐め始めたら好きなようにさせてください。

彼は、自分の意志でそれを続けることでしょう。


 犬にクンニリングスされる感じを書くのは とても難しいです。

アソコに触る舌のざらつきやクリトリスを愛撫される感じ・・・あなた自身で経験するべきです。

脚を出来るだけ広げれば、愛犬にあなた自身のすべてをさらすことが出来ます。

脚を開けば、ヴァギナも開き、クリトリスも愛犬の舌にさらすことになります。

こうすれば、彼はあなたの膣に舌を挿入し、あなたの秘所と愛液を舐め尽くしてくれることでしょう。

あなたがするべき事は、仰向けに寝転がること、犬にこの仕事に慣れさせること、そして、楽しむことです!


 あなたが楽しめるように犬に舐めさせるには、他にいくつかの方法があります。

一つは大きな枕をお尻の下にひくことです。

これにより犬はあなたのアソコにもっと近づくことが出来ます。


もう一つの方法は、私は ほとんどの場合こうしていますが、まずかかとをベッドに向けて立ち、そのままベッドに倒れ込み、膝から下をぶらぶらさせて舐めさせることです。

この姿勢は とても楽なうえ、犬に全面的なアクセスを与えることが出来ます。

この姿勢なら、あなたは起こっていることに対して全面的に参加できますし、快感を深めるために、行為を制御し監視することが出来ます。

同時に、犬はあなたにマウント出来ません、彼がそうしたいと思っていても。

もし、あなたにその気がないのに彼がマウントしてこようとしたら、ただ脚を閉じればいいのですから・・。


 クンニリングスを受ける際にもっと大胆で感じやすい体位は、あなたが四つん這いになって後ろから犬に舐めさせる−「わんわんスタイル」をとる時です。

これが大胆だという理由は、犬がクンニリングスのあと、おそらくマウントしようとするからです。

それは、あなたのとるその体位が、犬にとって最も親しみ慣れたものだからです。

けれどもし、彼がマウントしようとした場合、彼の情熱から逃れようとするのはとても難しくなります。あなたが本当に「最後まで行きたくない」場合は。


一つの逃げ道はひざを突いて立ち上がることです。

これで彼はマウント出来ません。

しかし大型犬の場合、あなたの力では前足を持ち上げることも出来ないかもしれません。

この体位は、もっと経験を積んだ方(何回も愛犬とセックスしていて、愛犬のことをよく知っているような方)にだけおすすめします。

ですが、この体位は とても感じます。

この体位では、あなたは足を大きく開くことができ、彼にヴァギナへのアクセスを充分に与えることが出来ます。

先に挙げた方法との違いは、アヌスへも愛撫が加えられるところにあります。

彼が、あなたのヴァギナにそのテクニックを披露しているときに、アヌスをも同じように舐めてくれます。

このときあなたの健康管理が重要になります。

行為の直前には躰をきれいに洗っておきましょう。

特にアヌスの周囲を念入りに。

それは、肛門の周囲には あらゆる種類の雑菌がついていて、犬の舌が膣の周囲にまで それを広げてしまうからです。

これは、彼の舌が2cm以上も潜り込まない場合でも、とても危険です。

しかし、あなたが注意深く自分の体を洗っておけば、あなたは膣に どんな病気も受けないでしょう。

普通は、ヴァギナを犬に舐められたくらいでは病気になりません。

病気になるのは、犬の舌が肛門の回りの雑菌をヴァギナに広げたときぐらいです。


 オス犬はしばらくクンニリングスを続け、あなたは何度もオーガズムを迎えます。

犬の舌は、体の中のあらゆるひだを舐めつくし、愛液を求めて体の奥深くまで潜り込みます。人間の男では決して味わえません。


もし彼があなたを舐めている時に問題が発生するとすると、たぶん、彼が熱中しすぎてマウントしたくなることか、そうでなければ彼が興味を失ってしまうかのどちらかでしょう。

しかし、彼のクンニリングスを改良する方法はあります。

行為の最中に、時々、粉砂糖をヴァギナに塗ってやると、もっと熱心に舐めるはずです。

さらに、砂糖と混じり合ったあなた自身の匂いが、お互いを倒錯的な興奮に誘ってくれます。

この場合、犬の舌は最初よりも深くあなたの体には潜りません。外側をもっとたくさん舐めてくれます。


もし、体の奥を舐めてもらいたいなら、別のトリックがあります。

でも、これは とても汚れるやり方ですので、大きなタオルを体の下にひき、もう一枚のタオルで、あなたの性器が愛液や犬の唾液で汚れる度に拭きとるようにするといいでしょう。


トリックは以下のようになります。

まず、あなたの陰唇のまわり、クリトリス、そして膣内に蜂蜜を塗ります。

奥の方に濡れば塗るほど、彼の舌も奥の方に入ってくるでしょう。

多く塗れば それだけ彼も舐め続けるでしょう。

蜂蜜を塗るには、指を使ってもいいですが、もっといいものがあります。

目薬の容器のようなものを使うといいです。

2cmほど容器を挿入して、そこに大量の蜂蜜を塗るのです。

液体があなたの膣内に入ってしまえば、それはきれいに広がっていきます。

そして、犬の舌がそれを探り始めると、蜂蜜は膣圧に応じて動いていきます。

だから、一定の力を加え続ければ、あなたの愛犬はもっと熱心に舐めるようになりますし、これまで味わったこともないような すばらしいオーガズムを体験することでしょう。



>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:獣姦, 性癖・プレイ, SM_調教,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

AmazonPickup

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様