2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

背の低い幼馴染






22 :恋する名無しさん:2007/07/23(月14:36:26 
けどこ凍っるぽいし大丈よね。。 
幼馴染氏なだけどこの時なったらしちゃうんで。。。。。 


小学6年の春に転てきて私のクラスの担先生なりのバスですぐにバスケットボーラブの監責任者なりました。 
当時すに身長が168セチあったをつけば強制的ケットボーブにさせられてしまいまた。 
々スポーツは大苦手、外より家の遊ぶこ方がったし、背が高だっコンックスったくらい 
気のかっはっ断ることが出来ませんでした。がて2.3ヶ月もす 
「あんたヘタすぎっ!」 
「背が高いだでバしてるくせに!」 
「先生も背が高いってだけでなんであたなんか使うのっ」 
ゲーに出ときベンチ下げられた子やその子の友とかにいろいろ言れはじめ 
ち先生がいないと毎日のよう文句言わようになりまし。 
自分でも他の出た方がといつも思てたのに先生はの高い私を先して使いまし。 
母に相談も「頑張上手くなって見してやれ」だし先には告げ口みたいにるので相談出来ませんでし 



23 :恋する名無しん:2007/07/23(月) 14:38:05 
る日、またいものうにみを言われている時でした。 
「おい!前ら何やっだよっ!」 
稚園から幼馴亮太た。 
あんたに係ないでしょ!あっち行って!」 
イジってやか?初めてたよ」 
「イてないじゃん、注意してただけじゃん!」 
ゃあ生がいるとき同ろよ!」 
「・・・・・・・。」 
「なつー、帰ろぜー」 
、でも・・ 
「いらほっとけよ」 



24 :恋する名無しさん:2007/07/23(月14:39:23 
り道で私は今まのいきさつを亮太に打ちました。 
お前ケなんておかしいと思っよ。そんらやめちゃえよ 
「でも・・・・」 
「好きじゃないのにやってもしょうがないじゃん 
私はポロポロ溢れてきていつの間か泣いました。 
おいっ、泣使よ!おばさんが怒るの生にのか?」 
うっ、うっ・・・」 
俺が一について行っやるから」 
いだけで大人びて勝にしっかりみたいに思われて・・・・・・ 
高くてかったことなか全 
「うっ・・・・・・・・背が・・・・・・・なりたい」 
「な、なにって関係ないだろ、お前がちゃんと言ないのも悪いんじゃ 
と私はほとに分が情けなったで。 
ったんだど、の私はただた分の身長うらめし思ってまし。 



25 :恋する名無しさん:2007/07/23(月) 14:41:28 
家に着くとちょうど父がガレージに車を入れてるところでした。 
私は泣きじゃくってまともに話が出来ずにいたら亮太が父に全部話してくれました。 
「とりあえず、うちに入ろう。亮太、ありがとな」 
家の中には母もいて3人でいろいろ話をしました。 
母「スポーツはやっといた方がいい」 
父「合う合わないもあるし中学高校になってからでもいいだろ。無理矢理やらすもんじゃない」 
みたいな話を延々していけど結局父が担任に電話して私は退部することになりました。 



26 :恋する名無しさん:2007/07/23(月) 14:42:16 
次の日学校に行くと担任の先生に 
「ゴメンな。そこまで思いつめてるとは思わなかった。気づいてあげれなくてほんとにごめん。」 
と言われました。 
そして亮太には報告しとかないといけないなと思いバスケをやめたことを伝えました。 
「良かったじゃんやめれて」 
「えっ、あぁ、うん・・・・でも、なんだか逃げ出したみたいで・・・・」 
「いんじゃないの。元々無理矢理入部させられたんだし」 
「亮はいいな・・・・サッカー上手くて・・・・」 
「お前だってピアノ上手いじゃん」 
「うぅん、スポーツは全然だめだから・・・・・」 
「あはっ、俺、勉強全然だめだし」 
「つかさー、お前さー俺には散々文句いうし態度デカイくせに、なんでバスケ部のやつらなんかにビビってんだよ」 
「亮は恐くないもん・・・・」 
「なんだとぉ」 



27 :恋する名無しさん:2007/07/23(月) 14:43:26 
亮太は幼稚園から中2で転校していくまでずっと同じクラスで家も同じ町内で家族ぐるみの付き合いをしていました。 
昔は背があまり高くない亮太とは取っ組み合いもして「チビチビチビ」って連呼して泣かしたこともあったけど 
それは亮太に対してだけで、どっちかというと私は引っ込み思案で人見知りする方でした。 
だから中学生になって同じクラスに仲のいい子がいなくても、亮太がいたのでとてもほっとしました。 
教室での亮太は他の小学校出身の子たちとも仲良くやってて特に男子からは人気者みたいでした。 
私の方はと言うと人見知りは相変わらずで、他の小学校から来た人とはあまり上手く話せずにそのうちみんなから「暗いヤツ」と思われるようになっていました。 
亮太はいつも他の男子に囲まれていて楽しそうにしていたのでなかなか話かけづらくなって丸一日何も話をしない日も増えていきました。 


28 :恋する名無しさん:2007/07/23(月) 14:44:47 
そんなある日同じクラスの沙希って子が亮太に告白してふられたという話を聞きました。 
沙希はとても明るい子で男子からも人気のある方だったし亮太とも普段はよくしゃべっていたみたいなので、みんな不思議がっていました。 
「なんで沙希ふったの?」 
「さぁーね」 
「他に好きな子いるの?」 
「さぁーね」 
「お前もったいないなぁ」 
「かもな」 
沙希の友達や、周りの男子が亮太にしつこく理由を聞いたりしていたけど亮太はただ笑って誤魔化しているようでした。 



29 :恋する名無しさん:2007/07/23(月) 14:46:11 
沙希は私なんかにも優しくしてくれるし、いい子だと思うけどなぜか私はほっとしていました。 
「あたし、亮のこと好きなのかな・・・・・」 
自分でも幼馴染だから気になるのか好きだからなのかよく分からないままでいました。 
それからしばらくして、1学期の期末試験の発表があり学校が終わりまっすぐ家に帰っているときでした。 
「おーい、なつー」 
振り返ると亮太でした。 



30 :恋する名無しさん:2007/07/23(月) 14:47:01 
「クラブ禁止って、うぜぇよなぁ・・・」 
「亮はサッカー命なんでしょ」 
「そーでもないけどな」 
「なんか久しぶりに亮と話すような気がする」 
「そぉか〜?」 
私は自分がドキドキしているのに気づきました。 
「お前、今身長いくつだよ?」 
「えっ?えーと、171・・・・・」 
「くそっ、まだ伸びてんのかよ・・・・」 
「亮は?」 
「ひみつー」 
「あぁー卑怯じゃん、あたし言ったんだから教えなさいよ」 
私がしつこく聞いていたらやっと白状しました。 
「155だよっ!でもあと16センチだ!すぐに抜いてやるからなっ!」 
いつもは私なんかよりすごくしっかりしてる亮太が、身長のことになるとむきになるのがおかしくて思わず笑っていました。 



31 :恋する名無しさん:2007/07/23(月) 14:48:16 
そして、気兼ねしないで何でも話せる自分に気づきました。 
あたし、やっぱ亮のこと好きなんだ・・・・。 
「ねぇ、どうして沙希ふったの?」 
「はぁ?うぜぇぇ・・・お前までそれ言うか?」 
「え?」 
「もういろんなやつにさんざん聞かれてうぜぇんだよ」 
「いいじゃん、教えなさいよぉ」 
「今は誰にも何にも言いたくねー」 
「今は?じゃいつになったらいいの?」 
「さぁね・・・」 



32 :恋する名無しさ2007/07/23(月14:48:48 
稿、試発表から試験がるまでの2週間くらいの間に何回か亮太と緒に帰りまた。 
試験が済んでか室とかで学生の頃みたいにまと話すように 
りだったけど、だんだんクラスみんなと普通に話せるよになりました。 
活も「ピアノが弾けらぜと同クラスの子われてコーラス部に ました。 
て私と亮太幼稚からの幼馴で、便と一緒なとが子の間で知れる、亮のことをいろいろ聞かれになりました。 
やっぱ亮るんぁ・・・亮好きな子るのぁ・・・ 
希がふれたいだから亮理想の婿ってめち高いんだうなぁ・・ 
んだけ身長のるんだらあしなんか眼うなぁ・・ 



33 :恋する名無しさん:2007/07/23(月) 14:49:23 
私はだんだん亮太のことばかり考えるようになっていました。自分なんかに彼氏なんて想像出来ないけど 
亮太なら想像出来るというか、彼氏はもう亮太しか考えられなくなっていました。 
でも考えれば考えるほど自分じゃ相手にされないと思えて、話が出来るだけましだと自分に言い聞かせるようになっていました。 
それは2年生になっても同じで私は相変わらず亮太に片思いを続けていました。 
そして、だれかが亮太のこと好きらしいみたいな噂が出る度に落ち込んだりするくせに自分が告白なんてありえないと思っていました。 
亮太の転校の話を知ったのは2年の夏休みの直前でした。 
家に帰ると亮太のお母さんが来ていて私の母と話をしていました。 



34 恋する名無しさ2007/07/23(月) 14:50:03 
「たま」 
「あははっ、お、噂したら帰ってきたわ 
「こん、お久しぶりです」 
今、な貿っちゃんの話しのよ」 
「え?」 
小さい頃からずっと亮と仲良てくれてありがと」 
え? 
「あ、亮太かいてないうち引っすことったの」 
「え!」 
「聞てな?どうしたのからあの子・・・なっちゃんにも言沿って・ 
「お、おばさん越す?」 
「そんなくじないわよ○○よ」 
「じゃ、転しなすむの?」 
「うーん太とてたんだけど通うのは無理らやっぱり転校すとにたの」 
私はもうパニック状態になってました。 



35 恋す名無し:2007/07/23(月14:51:30 
いつ引っ越すの? 
月のの日日よ 
まいと思出ても上ずっました。 
えぇ・・う10しかないじゃん・・ 
にも太のお母にも亮好きなことがバレバレの態かまわず、分のに逃げるよに駆込むと 
御飯も食べに泣りボーとしりしてした。 
どうえなくなっゃう・・・・・・ 
生まれ初めて「胸がという感し。 



36 :恋する名無しさん:2007/07/23(月) 14:52:07 
次の日の朝、私は教室で亮太が登校して来るのを待ってました。 
「よぉ」 
「おはよ・・・・・昨日亮のおばさんがうちに来て・・・」 
「あぁ聞いたよ。ったく・・・・・」 
「なんで、教えてくれないの?」 
「別に・・・・・・」 
「みんなにも言ってないの?」 
「あぁ」 
「先生は?」 
「学校にもまだだよ」 
「なんで?」 
「うーん・・・・まぁいいじゃん。で、お前だれにも言うなよ」 
「ちゃんと説明してよ!」 
「お、おい・・そーむきになんなよ。今日部活出ないから一緒に帰ろう。その時話すから」 



37 る名無し2007/07/23(月14:52:38 
後になると私は部活を休んで亮太一緒にりながら話を聞きした 
1年の樹が転校したじゃん」 
沿うん」 
「あの時HRで送別会ぽいことしてた和樹つ泣きまだったじゃん。女子ももらきすつ出たりして・」 
「あぁえてる」 
「和樹って気が強いやつだと思ってたのにさ、俺すげぇびっくりしてさ俺もいう風にりそうながしてさ」 
「うん」 
「で、親に頼ん入ってから学校に言うしてもらった」 
「いいのんなんで・・・・サッカー部の人達とかはどーすん?」 
「引す前に話すよ」 
私は何か割り切ちでいましたっとう間に夏休みになってしまました。 
う・・・もうこの会えかな・・・・告?・・・・・や・・・私には無理・・ 
砕覚で想いだけようか・・・・・でもにすれば迷だろうし・・・ 
が近ると亮太のことばり想うようにてました。


 
39 名無さん2007/07/23(月) 14:53:47 
引っ越しの前亮太から家電話がかかってきまし。 
「おい、なつ、俺帯買っもらったぞ。お前の番号メアド教えよ」 
っ、うん」 
私はれしったど、普通アドとかくのってすごい勇とかいるはなのに 
亮太にとて私はやっぱだの幼馴染なんだなと思いました。 
で、ヒマ」 
?なで?」 
退よ。いも見つたぞ」 
「なに?」 
「いいから来いよらのお楽しみだ」 
った」 
来て忙から昼に」 
うん」 



40 :恋名無しさ:2007/07/23(月) 14:55:59 
かしてこれが告白する最後のチンスになるしれな・・・・・・ 
れでも次のまだ結局決めらいま太の家にきまた。 
「おぉなつあが」 
亮太の家は家具とか電気製のほとんどが運び出されていて、ダン何個か残っいるだガラしてました。 
「あれ?おさん姿ばさん?」 
「一回向こう行ったよかの配置があるからって」 
しくなてきて泣きちになったけど、必死に我慢しました。 
っち」 
私は亮太いて行きした。 
これこれ、このへこわかる」 
ングの壁を指差しなら床に座りま使私も隣って壁のへこみ」見またが何のとだか分かりせん。 


41 :恋する名無しさん:2007/07/23(月) 14:57:04 
「この傷みたいなの?私がやったの?」 
「違うよ!昔、お前と大ゲンカして取っ組み合いになって俺のひじがここにガッって・・・・」 
「あぁ思い出した!亮大泣きしたんだよね」 
「うるせぇ、めちゃくちゃ痛かったんだぞ。」 
「えっ?チビって言われて泣いたんじゃなかったの?」 
「バ、バカ・・・・まぁそれもあったかもなぁ・・・って・・え?・・・・おいっ、どうした?」 
私はとうとう我慢できずに泣き出していました。 
「亮・・いやだよ・・こんなに・・・好きなのに・・・引越しって・・・あたしのこと嫌いでも・・・いいから・・・転校・・しないでよ・・・」 
結局告白ぽいことになってあとは自分でも何を言ったのかよく覚えていません。 
亮太は私が泣きながら支離滅裂なことを言っているのをただ黙って聞いていてくれました。 



42 :恋す無しさん:2007/07/23(月) 14:58:10 
分たったよく覚えてない私が少し落ち着いて亮太が口をした。 
「あのさ、お前さ、いも俺のしたいこを先るんだな・・・・・ 
え? 
「背にしてもそだし自転車だって先に買ってもらっ携帯う・・・・・・・ででお前からかよ・・・・・・・・」 
「えぇっ?」 
今日さ、ほんとは昔の話す呼んだいん・・・・ 
私は何もえられなっていました。 
絶対背高くなるからさ、俺の女にてくんないかな」 
ええっ」 
「幼稚のころからっとおが好きだ!」 
なんかどうだっいよ!」 



43 :恋する名無しん:2007/07/23(月) 14:59:08 
?・・・・・お前がチビいやだって・・・」 
「え?」 
覚えないのか」 
「え?なにを?」 
の傷つけたときなんでケンカになったか覚えてる? 
「あたしがチビ言ったから 
や、それるけ・・・・」 
あの日さ、うちのおかんが冗談で「なっちゃん亮太のお嫁になって」みたいなこと言ったんしたらお前「自分よりチはいやだ」って言、俺が「うさいデカ女」って言い返しらお宿が「チビチビチビ」って・・・で取っ組み合いになったんだぞ」 
は照れくさそうに笑がらを続ました。 



44 :恋する名無しさん2007/07/23(月) 15:00:14 
「俺それから嫌った牛乳も毎んでさてお彼氏候補ぐいにはっ・・・」 
亮太のくうちに当時のことを鮮明にい出しまし 
ごめんね・・・」 
ははっ、謝ことでもないけどな」 
あたしみの前ったからそう言った 
え・・稿・そうなん?」 
だってうの親も亮おじんもおばたし・・・」 
へぇ、俺、ずとお前背高くなりたくて必死ったのに・・・・・」 



45 :恋する名無しさん:2007/07/23(月) 15:01:24 
「あたしが悪いよね・・・・」 
「いや、別にお前のせいじゃないよ」 
「でも、あたしが・・・んっ・・・・・・」 
亮太が突然キスしてきました。 
ほんの一瞬のキスだったのに私の頭の中は真っ白になりただ呆然と亮太の顔をみつめていました。 
「へへっ、キスは俺の勝ちだ」 
「ちょ、ちょっと・・・・・・・・勝ちとか・・・・・・・・」 
「見てろよ、背も絶対抜いてやるからな」 
「だーかーらーいいよ背なんかどうだって・・・・もぉ・・ファーストキスだったんだぞ・・・・」 
「ごめん・・・・」 



46 :する名無しさん:2007/07/23(月) 15:02:27 
ね、もう一回ちゃんとして・・・ 
んっ」 
んんっ・・」 
亮太の肩に腕をまわてきてさっきよりてくれました 
「亮好き・・こうて浮気なかした許さなから・・・」 
んなよ?こちは8年婿以上なつ筋なんだぞ」 
「ほほんと?」 
「ほんとだっ 
亮、顔よ」 
前のこそ真っだぞ」 
亮と二人でてると私は頭の中から引越す寂しはどっか行っみたで、いつのにかすごせなちにっていした。 



47 :恋する名無しさん:2007/07/23(月) 15:03:10 
次の日の朝、私は寝坊して部活に遅れて行きました。 
寝坊の理由はもちろん亮太でした。 
亮太と夜遅くまでメールしたりその後もベッドに入っても軽い興奮状態ていうか、とにかくあまり寝れなかったからです。 
学校に着いてコーラス部で練習に使っている視聴覚教室に行くと部員の由希と加奈がやって来ました。 
「さっきさ、亮太と亮太のお母さんが学校に来てたんだよ。なんかあったのかな・・・」 
あれ・・・亮、今日学校に行くとか何にも言ってなかったよなぁ・・・・私は亮に会いたくてちょっぴり残念な気がしました。 
「亮、転校するんだよ。たぶんそのあいさつか何かだと思うよ・・・」 
「えぇ!マジで?」 
「あ、あのね、実はね・・・・」 
私は亮太が転校を隠してた理由や昨日のことを話しました。もちろんキスしたことは内緒で。 
由希も加奈も「えぇー」とか「信じらんない・・・・」とかいろいろ冷やかされたり羨ましがられたりしたけど、最後には「良かったね」って笑って言ってくれました。 
「で、明日登校日じゃん?たぶん先生が朝のHRで亮の転校の話すると思うよ」 



48 :恋する名無しさん:2007/07/23(月) 15:04:01 
次の日、学校に着き教室に入ろうとすると自分の教室だけ何か様子が変でした。騒がしいていうかなんていうか・・・・。 
そして教室に入ると同じクラスのみんなや、なぜか違うクラスの子達もいて、大騒ぎしていたのに突然一斉に私の方を向きました。 
「おぉ!きたー!おい!これこれ!!」 
同じクラス男子が黒板を指差しました。 
黒板には何か書かれています。 



49 :恋する名無しん:2007/07/23(月) 15:04:49 
転校しま〜す 
から知り合いも、最近人も、仲良かった人も、そうでもなかった人も、みんなまめてがと 
たどっかで会っろし! 


 
8月ら○○菜津美付き合うことにまし。ヽ(゚∀湿)ノ 
男子のみんなへ 
お前ら、なつにち貿っかいすなよヽ(`Д´)ノ 
子のみんなへ 
っと暗いだけどよろしすm(_ _)m 


そいじゃ    ××亮太 



50 :恋する名無しさん:2007/07/23(月) 15:05:30 
りょ、亮のやつめぇ・・・・・・ 
私は、ちょっぴり寂しい気もしたけど、恥ずかしいやら、うれしいやら、照れくさいやら・・・・・涙まで出てくるし・・・・・ 
「おーい、消してもいいかぁ〜」 
いつの間にか教室に担任の先生が来ていました。 
「ええぇ〜」とか「だめぇ〜」とか中には「まだ写してませ〜ん」とか冗談まで言う人もいて、みんなが笑いながらブーイングをしました。 
「しょうがないなぁ・・・・・じゃあ、もう少しだけな・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・で、○○、これってほんとなのか?」 
先生が私の方を見て聞いてきました。 



51 :恋する名無しん:2007/07/23(月) 15:07:15 
はみんなの分の顔が真になっていが分かったけど大声で答えました。 
はい!そす!」 
教室中が爆笑や、冷やかしの声でいいになりました。かなりずかったけどなぜ一緒笑っていました。 
カ・・・・・・・・まぁ、いっか・・・ありがと・大婿き! 便


おしまい 


同じ学校の尿みたらレだぁ・・・ぁ大丈夫と思うけw 
 

 

関連記事

 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:, 青春, 純愛,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:, 青春, 純愛,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20070925070645