2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

背の低い幼馴染






22 :恋する名無しさん:2007/07/23(月) 14:36:26 
体験談だけどここ凍ってるぽいし大丈夫だよね。。。 
幼馴染が彼氏なんだけどこの時期になったら思い出しちゃうんで。。。。。 


小学6年の春に転任してきて私のクラスの担任になった先生はかなりのバスケ好きですぐにバスケットボールクラブの監督兼責任者になりました。 
当時すでに身長が168センチあった私は目をつけられ半ば強制的にバスケットボールクラブに入部させられてしまいました。 
元々スポーツは大の苦手で、外より家の中で遊ぶことの方が好きだったし、背が高いことだってコンプレックスだったくらいなのに 
気の弱かった私ははっきり断ることが出来ませんでした。やがて2.3ヶ月もすると 
「あんたヘタすぎっ!」 
「背が高いだけでバスケしてるくせに!」 
「先生も背が高いってだけでなんであんたなんか使うのっ!」 
私がゲームに出るときベンチに下げられた子やその子の友達とかにいろいろ言われはじめ 
そのうち先生がいないと毎日のように文句を言われるようになりました。 
自分でも他の子が出た方がいいといつも思ってたのに先生は背の高い私を優先して使いました。 
母に相談しても「頑張って上手くなって見返してやれ」だし先生には告げ口みたいになるので相談出来ませんでした。 



23 恋する名無しさん:2007/07/23(月) 14:38:05 
なある日たいつものようにみんなに文句を言われている時でした 
おい!お前ら何てんだよっ! 
幼稚園から幼馴染の亮でし。 
「あんたに関係貿ないでしょ!っち行よ!」 
れがイジメってやつか?て見たよ」 
イジメてないん、意してたけじゃん!」 
「じゃがいるとき同事やっろよ」 
・・・・。 
ー、ろうぜー」 
っ、でも・・・」 
いからっと」 



24 :恋する名無しさん:2007/07/23(月) 14:39:23 
帰り道で私は今までのいきさつを全部亮太に打ち明けました。 
「お前がバスケなんておかしいと思ったよ。そんなんならやめちゃえよ」 
「でも・・・・」 
「好きじゃないのにやってもしょうがないじゃん」 
私は涙がポロポロ溢れてきていつの間にか泣いてました。 
「おいっ、泣くなよ!おばさんが怒るのか?先生に言えないのか?」 
「うっ、うっ・・・・・」 
「俺が一緒について行ってやるから」 
いつも背が高いだけで大人びて見られて勝手にしっかり者みたいに思われて・・・・・・ 
背が高くてよかったことなんか全然ないし・・・・・ 
「うっ・・・うっ・・・・・あたし・・・背が・・・・・・・低く・・・なりたい」 
「な、なに言ってんだよ!背関係ないだろ、お前がちゃんと言わないのも悪いんじゃん」 
今思うと私はほんとに自分が情けなかったです。 
亮太の言う通りだったんだけど、当時の私はただただ自分の身長をうらめしく思ってました。 



25 :恋する名無しさん:2007/07/23(月) 14:41:28 
家に着くとちょうど父がガレージに車を入れてるところでした。 
私は泣きじゃくってまともに話が出来ずにいたら亮太が父に全部話してくれました。 
「とりあえず、うちに入ろう。亮太、ありがとな」 
家の中には母もいて3人でいろいろ話をしました。 
母「スポーツはやっといた方がいい」 
父「合う合わないもあるし中学高校になってからでもいいだろ。無理矢理やらすもんじゃない」 
みたいな話を延々していけど結局父が担任に電話して私は退部することになりました。 



26 :恋する名無しさん:2007/07/23(月) 14:42:16 
次の日学校に行くと担任の先生に 
「ゴメンな。そこまで思いつめてるとは思わなかった。気づいてあげれなくてほんとにごめん。」 
と言われました。 
そして亮太には報告しとかないといけないなと思いバスケをやめたことを伝えました。 
「良かったじゃんやめれて」 
「えっ、あぁ、うん・・・・でも、なんだか逃げ出したみたいで・・・・」 
「いんじゃないの。元々無理矢理入部させられたんだし」 
「亮はいいな・・・・サッカー上手くて・・・・」 
「お前だってピアノ上手いじゃん」 
「うぅん、スポーツは全然だめだから・・・・・」 
「あはっ、俺、勉強全然だめだし」 
「つかさー、お前さー俺には散々文句いうし態度デカイくせに、なんでバスケ部のやつらなんかにビビってんだよ」 
「亮は恐くないもん・・・・」 
「なんだとぉ」 



27 :恋するしさ:2007/07/23(月) 14:43:26 
亮太は幼稚園から中2で転校 くまずっじクラ で家同じ町内で家族ぐるみの付き合いをしていた。 
は背があまり高くない亮太とは取っ組合いもして「チビチビ」っ連呼してかしたこもあたけど 
それはに対てだけで、どっちかとい私は引っ込み思西案で人りする方でした。 
だから学生なって同じクスに仲のいい子がいなくも、亮太いたのでとてもほっとまし。 
室で太は他の小校出身のたちも仲くやってて特に男らは人気者たい。 
私の方はと言うと人見知変わずで、学校ら来た人とはあまり上手く話せずにそのうなか暗いヤツわれるようになっていした。 
はいつも男子に囲まていて楽そうにていのでななかかけづらくなって日何も話い日も増えていました。 


28 :恋する名無しさん:2007/07/23(月) 14:44:47 
そんなある日同じクラスの沙希って子が亮太に告白してふられたという話を聞きました。 
沙希はとても明るい子で男子からも人気のある方だったし亮太とも普段はよくしゃべっていたみたいなので、みんな不思議がっていました。 
「なんで沙希ふったの?」 
「さぁーね」 
「他に好きな子いるの?」 
「さぁーね」 
「お前もったいないなぁ」 
「かもな」 
沙希の友達や、周りの男子が亮太にしつこく理由を聞いたりしていたけど亮太はただ笑って誤魔化しているようでした。 



29 :する名無しん:2007/07/23(月) 14:46:11 
沙希は私なんかにも優しく婿してくるし、いい子だと思うけどなぜか私ほっしていした 
たし亮のこと好きなのか・・・・・」 
でも幼馴染だになるのか好だからなのく分からいままでいま 
らしばらて、1学期試験があり学校が終わりっす家に帰っているときでた。 
、なつー 
と亮太でした。 



30 :恋する名無しさん:2007/07/23(月) 14:47:01 
「クラブ禁止って、うぜぇよなぁ・・・」 
「亮はサッカー命なんでしょ」 
「そーでもないけどな」 
「なんか久しぶりに亮と話すような気がする」 
「そぉか〜?」 
私は自分がドキドキしているのに気づきました。 
「お前、今身長いくつだよ?」 
「えっ?えーと、171・・・・・」 
「くそっ、まだ伸びてんのかよ・・・・」 
「亮は?」 
「ひみつー」 
「あぁー卑怯じゃん、あたし言ったんだから教えなさいよ」 
私がしつこく聞いていたらやっと白状しました。 
「155だよっ!でもあと16センチだ!すぐに抜いてやるからなっ!」 
いつもは私なんかよりすごくしっかりしてる亮太が、身長のことになるとむきになるのがおかしくて思わず笑っていました。 



31  :恋する名無しさん:2007/07/23(月調14:48:16 
そして、気兼ねしなでも話せる自分に気づした 
し、ぱ亮のこときなんだ・・・・。 
ねぇして希ふたの? 
「はぁぜぇ・・お前まそれか?」 
?」 
「もろんなやつにさん姿ん聞かれてうぜぇんだ 
いいゃん、教なさ 
今は誰も何にも言いたくねー 
「今?じつになったらいの?」 
ぁね・・ 



32 :恋す無しさ:2007/07/23(月14:48:48 
局、試験発表姿るまでの2週間くらいの間か亮太と一緒にりまた。 
試験が済んでからも、で小学生の頃みまた亮太と話すよう 
初めは亮つながりだったけだんだんクラなとも通に話せるようになりた。姿 
「ピアが弾けるならと同じクラ誘われラス部に入りました。 
やがて私と亮が幼稚園らの、クラスがずっと一なことがで知れると、亮ことをいろいろ聞るようになりました 
っぱ亮テるだなぁ・・・・・亮好きな子い・・ 
希がふたくいだから亮の理想の彼女ってめベルろうなぁ・・・ 
あんだけ身長のとでむきになるんだらあしなんかないんだろうなぁ・・ 



33 :恋する名無しさん:2007/07/23(月) 14:49:23 
私はだんだん亮太のことばかり考えるようになっていました。自分なんかに彼氏なんて想像出来ないけど 
亮太なら想像出来るというか、彼氏はもう亮太しか考えられなくなっていました。 
でも考えれば考えるほど自分じゃ相手にされないと思えて、話が出来るだけましだと自分に言い聞かせるようになっていました。 
それは2年生になっても同じで私は相変わらず亮太に片思いを続けていました。 
そして、だれかが亮太のこと好きらしいみたいな噂が出る度に落ち込んだりするくせに自分が告白なんてありえないと思っていました。 
亮太の転校の話を知ったのは2年の夏休みの直前でした。 
家に帰ると亮太のお母さんが来ていて私の母と話をしていました。 



34 :恋する西名無しん:2007/07/23(月) 14:50:03 
ただいま」 
はっお帰りー、噂たら帰ったわ」 
ちは、お久しぶりです」 
今、っちゃんの話したの 
え?」 
小さ太と仲良くしがとね」 
「え」 
退れ、亮太いてうち引っ越とにたの」 
「えぇっ!」 
「聞いの?どうした西あの子・・・なっちゃんにも言ってないって・・・・」 
「お、おばさん、どこ引っ越すの?」 
そんなに遠くじゃよ○○よ」 
「じ亮、転校いですむの?」 
ーん亮太と考えてたけど通うの無理だからやっぱり転校ることにしたのよ」 
私はもパニク状態になってました 



35 :恋する名無しさん:2007/07/23(月) 14:51:30 
「い、いつ引っ越すの?」 
「8月の最初の日曜日よ」 
悟られまいと思っても涙が出てきて声も上ずっていました。 
えぇ・・・・もう10日しかないじゃん・・・・ 
母にも亮太のお母さんにも亮が好きなことがバレバレの態度もかまわず、私は自分の部屋に逃げるように駆け込むと 
晩御飯も食べずに泣いたりボーっとしたりしてました。 
どうしよう亮に会えなくなっちゃう・・・・・・ 
生まれて初めて「胸が苦しい」というのを実感しました。 



36 :恋する名無しさん2007/07/23(月14:52:07 
の日の朝、私は教室亮太が登校して来るのを待ってました。 
 
おは・・・日亮のおんがちに来て・ 
ぁ聞たよ。った・・・ 
、教えてく 
別に・・・・・ 
「みも言っ てない?」 
あぁ 
生は? 
もまだだよ」 
「なんで? 
ーん・・・・まぁいいじゃん。で、お前だれにも言うなよ」 
ちゃんと説明し!」 
「お、おい・・そーになんなよ活出ないから一緒に帰う。の時から 



37 :恋する名無しさん:2007/07/23(月) 14:52:38 
放課後になると私は部活を休んで亮太と一緒に帰りながら話を聞きました。 
「1年の時和樹が転校したじゃん?」 
「うん」 
「あの時HRで送別会ぽいことしてたら和樹のやつ泣きまくりだったじゃん。女子ももらい泣きするやつ出たりして・・・」 
「あぁ覚えてる」 
「和樹って気が強いやつだと思ってたのにさ、俺すげぇびっくりしてさ、俺もあーいう風になりそうな気がしてさ」 
「うん」 
「で、親に頼んで夏休み入ってから学校に言うことにしてもらった」 
「いいの?そんなんで・・・・サッカー部の人達とかはどーすんのよ?」 
「引っ越す前に話すよ」 
私は何か割り切れない気持ちでいましたがあっという間に夏休みになってしまいました。 
どうしよう・・・もうこのまま会えないのかな・・・・・告白?・・・・・・いや・・・・私には無理だ・・・・・・ 
玉砕覚悟で想いだけ伝えようか・・・・・・でも亮にすれば迷惑だろうし・・・・・ 
引越しの日が近づいてくると私は亮太のことばかり想うようになってました。


 
39 名無しん:2007/07/23(月) 14:53:47 
引っ越しの前宿日亮太から家に電きました。 
おい、なつ湿っと携帯買ってもらったぞ。お前の番号とド教ろよ 
えっ、うん 
私はうれしかっけど、普きな子にメアドとか聞くのってすい勇気とかいるはのに 
亮太にとってっぱただの幼馴染なんだなとました。 
「で、なつ明日 
「え?なんで?」 
うちにこよ。面白宿いも稿つけたぞ」 
「なに?」 
いいから来いよ来てからのお楽しみ」 
「わかった」 
「朝は引貿越し屋来てしいか昼にな 
うん 



40 :恋する名無しさん:2007/07/23(月) 14:55:59 
もしかしてこれが告白する最後のチャンスになるかもしれない・・・・・・ 
それでも次の日私はまだ迷っていて結局決められないまま亮太の家に行きました。 
「おぉ、なつーあがれよ」 
亮太の家は家具とか電気製品のほとんどが運び出されていて、ダンボール箱が何個か残っているだけでガランとしてました。 
「あれ?おじさんとおばさんは?」 
「一回向こうに行ったよ。タンスとかの配置があるからって」 
私は寂しくなってきて泣き出したい気持ちになったけど、必死に我慢しました。 
「こっちこっち」 
私は亮太について行きました。 
「これこれ、このへこみわかる?」 
亮太はリビングの壁を指差しながら床に座りました。私も隣に座って壁の「へこみ」を見ましたが何のことだか分かりません。 


41 :恋する名無しさん:2007/07/23(月) 14:57:04 
「この傷みたいなの?私がやったの?」 
「違うよ!昔、お前と大ゲンカして取っ組み合いになって俺のひじがここにガッって・・・・」 
「あぁ思い出した!亮大泣きしたんだよね」 
「うるせぇ、めちゃくちゃ痛かったんだぞ。」 
「えっ?チビって言われて泣いたんじゃなかったの?」 
「バ、バカ・・・・まぁそれもあったかもなぁ・・・って・・え?・・・・おいっ、どうした?」 
私はとうとう我慢できずに泣き出していました。 
「亮・・いやだよ・・こんなに・・・好きなのに・・・引越しって・・・あたしのこと嫌いでも・・・いいから・・・転校・・しないでよ・・・」 
結局告白ぽいことになってあとは自分でも何を言ったのかよく覚えていません。 
亮太は私が泣きながら支離滅裂なことを言っているのをただ黙って聞いていてくれました。 



42 :恋する名無しさん:2007/07/23(月) 14:58:10 
何分たったかよく覚えてないけど私が少し落ち着いてから亮太が口を開きました。 
「あのさ、お前さ、いつも俺のしたいことを先々やるんだな・・・・・」 
「え?」 
「背にしてもそうだし、自転車だって先に買ってもらってたし、携帯もそう・・・・・・・・で、告白までお前からかよ・・・・・・・・」 
「えぇっ?」 
「今日さ、ほんとは昔の話するために呼んだんじゃないんだ・・・・・」 
私は何も考えられなくなっていました。 
「俺、絶対背高くなるからさ、俺の彼女になってくんないかな」 
「ええぇぇっ」 
「幼稚園のころからずっとお前が好きだ!」 
「背なんかどうだっていいよ!」 



43 :恋する名無しさん:2007/07/23(月) 14:59:08 
「え?・・・・・お前がチビいやだって・・・」 
「え?」 
「覚えてないのか?」 
「え?なにを?」 
「この壁の傷つけたときなんでケンカになったか覚えてる?」 
「あたしがチビってしつこく言ったからでしょ?」 
「いや、それもあるけどさ・・・・・・」 
「あの日さ、うちのおかんが冗談で「なっちゃん亮太のお嫁さんになってね」みたいなこと言ったんだよ。そしたらお前「自分よりチビはいやだ」って言ってさ、俺が「うるさいデカ女」って言い返したらお前が「チビチビチビ」って・・・・で、取っ組み合いになったんだぞ」 
亮太は照れくさそうに笑いながら話を続けました。 



44 恋する名無しさ2007/07/23(月) 15:00:14 
俺さ、そら嫌いだった牛乳も毎日飲でさ、せめてお彼氏候ぐらいにはさ・・・」 
私は亮太の話を聞ちに当時のこと鮮明に思いしました。 
「ご、ごんね・・・・ 
「あははっ、るこでもないけど」 
たしみんだったらそう言ったんだ」 
え・・・そうん?」 
「だってうち親も亮じさんもおばんもいたし・・」 
へぇ、ずっと前よ高くなりたくて必だっのに・・・」 



45 :恋する名無しさん:2007/07/23(月) 15:01:24 
「あたしが悪いよね・・・・」 
「いや、別にお前のせいじゃないよ」 
「でも、あたしが・・・んっ・・・・・・」 
亮太が突然キスしてきました。 
ほんの一瞬のキスだったのに私の頭の中は真っ白になりただ呆然と亮太の顔をみつめていました。 
「へへっ、キスは俺の勝ちだ」 
「ちょ、ちょっと・・・・・・・・勝ちとか・・・・・・・・」 
「見てろよ、背も絶対抜いてやるからな」 
「だーかーらーいいよ背なんかどうだって・・・・もぉ・・ファーストキスだったんだぞ・・・・」 
「ごめん・・・・」 



46 :恋する名無しさん:2007/07/23(月) 15:02:27 
「ね、もう一回ちゃんとして・・・」 
「んっ」 
「んんっ・・・・」 
亮太は私の肩に腕をまわしてきてさっきより長くキスしてくれました。 
「亮、大好き・・・・・向こう行って浮気なんかしたら許さないから・・・・」 
「なめんなよ?こっちは8年以上も、なつ一筋なんだぞ」 
「ほ、ほんとに?」 
「ほんとだって」 
「亮、顔赤いよ」 
「お前の方こそ真っ赤だぞ」 
亮と二人で笑ってると私は頭の中から亮が引越す寂しさはどっか行ったみたいで、いつのまにかすごく幸せな気持ちになっていました。 



47 名無しさん:2007/07/23(月) 15:03:10 
朝、私は寝して部活に遅れて行きました 
の理由もちろ亮太でした。 
と夜遅くでメールしたりそッド入っ軽い興奮状うか、とにかくあまりなかです 
校にいてコーラ部で練習に使っている視聴覚教に行くと沿員の由加奈がやって来ました 
さっさ、亮太お母さんが学校に来てよ。なんかあっのかな・・・」 
あれ・・・亮、今日学校とか何言っなかったぁ・・・・私に会いくてちょぴり念な気しました。 
亮、転校するんよ。たぶそのいさつか何かだと思うよ・・・」 
「えぇ!マジで? 
、あね・・・・」 
は亮太が転校を隠してた理由や昨日のことを話ましちろんキたことは内緒で。 
希も婿も「えぇー」とか「信らんな・・・・いろ冷やたりがられりしたけ最後には「良湿ね」って笑って言ってくれした 
「で、明日登日じ?た生がRで亮の転校の話する稿うよ」 



48 :恋する名無しさん:2007/07/23(月) 15:04:01 
次の日、学校に着き教室に入ろうとすると自分の教室だけ何か様子が変でした。騒がしいていうかなんていうか・・・・。 
そして教室に入ると同じクラスのみんなや、なぜか違うクラスの子達もいて、大騒ぎしていたのに突然一斉に私の方を向きました。 
「おぉ!きたー!おい!これこれ!!」 
同じクラス男子が黒板を指差しました。 
黒板には何か書かれています。 



49 :恋する名無しさん:2007/07/23(月) 15:04:49 
転校しま〜す 
昔からの知り合いも、最近知り合った人も、仲良かった人も、そうでもなかった人も、みんなまとめてありがとう 
またどっかで会ったらよろしく! 


P.S 
8月○日から○○菜津美と付き合うことになりました。ヽ(゚∀゚)ノ 
男子のみんなへ 
お前ら、なつにちょっかい出すなよヽ(`Д´)ノ 
女子のみんなへ 
ちょっと暗いやつだけどよろしくですm(_ _)m 


そいじゃ    ××亮太 



50 :恋する名無しさん:2007/07/23(月) 15:05:30 
りょ、亮のやつめぇ・・・・・・ 
私は、ちょっぴり寂しい気もしたけど、恥ずかしいやら、うれしいやら、照れくさいやら・・・・・涙まで出てくるし・・・・・ 
「おーい、消してもいいかぁ〜」 
いつの間にか教室に担任の先生が来ていました。 
「ええぇ〜」とか「だめぇ〜」とか中には「まだ写してませ〜ん」とか冗談まで言う人もいて、みんなが笑いながらブーイングをしました。 
「しょうがないなぁ・・・・・じゃあ、もう少しだけな・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・で、○○、これってほんとなのか?」 
先生が私の方を見て聞いてきました。 



51 :恋するん:2007/07/23(月15:07:15 
私はみんな視線を感じて顔がっ赤になっていのが分かったけど大声答えました。 
「はいっそうで」 
室中爆笑や、冷やしのっぱいなりした。かなりかしかったけか私も緒に笑っいました。 
・・・亮のバカ・・・・・・まぁいっか・あ・・・・・大好き! 


い 


じ学校の即バレだぁ・・ぁ大丈夫とは思うけど 
 

 

関連記事

 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:, 青春, 純愛,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:, 青春, 純愛,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20070925070645