2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

禁煙席を巡る武勇伝




先日、郊外にあるファミレス系のトンカツ屋に家族で昼食を食べに行ったときのこと。

その店は入り口を入ると座席フロアが左右に禁煙喫煙と分かれている。

あいにく禁煙席が満席だったので喫煙席の方へ座ったが家族連れが多いせいか そんなにタバコを吸っている人も無く、煙も臭いも気にはならなかった。


注文を済ませ待っていたら派手な化粧と服装のオバサン3人連れが賑やかに入店してきて

「禁煙席無いの? どれぐらい待てばいいの? 食べ終わる人いないの?」

と店員に矢継ぎ早の質問。

「あいにく禁煙席は満席でお待ちいただくことになります

喫煙席のほうでしたら お席をご用意できますが」と申し訳なさそうに店員が応対すると3人は文句を言いながらも渋々喫煙席の私の右隣のボックスへ。


私はタバコは吸わないし子供は本を読んでいて一言も言葉を発していなかったのだがオバサンたちは横目で こちらをチラチラ見ながら聞こえるような声で「やっぱりタバコ臭いわよね」とか「子連れなのに喫煙席なんて非常識よね」とか「子供がいると うるさくて落ち着かないわ」などとにかく言いたい放題。

さらには大声でくだらない世間話や下ネタを話しながらギャハハハと笑い始めた


で、あまりにうるさくてガマンできなくなった私は3人に向かって文句を言おうとしたらオバサンたちの向かいのボックスに座っていた20代のリーマンが

「そんなに大声で話さないと聞こえないなんて難聴なんですか?

 タバコよりも臭う香水をプンプンさせて鼻が麻痺してるんじゃありませんか?

 周り見てくださいよ 誰もタバコ吸ってませんし子供も騒いでませんよ 

 子供の話し声よりもあなた方の下品な会話や笑い声の方が余程うるさいし

 安っぽい香水の嫌な臭いはフロアじゅうに充満してますよ」


私は思わず「そのとおり」と言いながら拍手してしまった。

すると周りにいたほかの客も数名拍手。

オバサンたちは顔を真っ赤にさせながら「不愉快だわ」と言いながら店から出て行った。

リーマンにお礼をすると店長を呼んでオバサンたちの注文した代金は私が払う旨を告げたが

店長は「入り口に他のお客様の迷惑になる方は入店をご遠慮願いますと表示してますから代金は結構です。それよりもご迷惑をおかけして申し訳ございませんでした。」とリーマンと私たちにオバサンたちが注文したカキフライをサービスしてくれた。

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:復讐  |  タグ:すっきりした話,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

AmazonPickup

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様