2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

小3と小4の時にクラスにちょっと顔立ちが華やかな子がいました






53 :大人になた名無しん :2007/01/02(火) 15:06:37 
せば長くなるのですが、小と小4の時にクちょっと顔が華やかな子がいま
という名前です。母親は美容院をみ、父親は場企業に勤
を加えた4人しでした。僕の家らは歩いて10分以のところに住
んでいま


彼女だっ勉強ができ方でありませんでした、正感が強く、隣のクラスで虐めがったです虐められてい子をかばって、虐てい子3人にンタすうなでし


彼女校でじクラりました。
婿ば、その頃にはの女に比と色気があって、セクシーな囲気を既に漂ました
は小4の頃かかったので、同じになり、彼女僕の前に座っていたの、衣があったその日に彼女の背中かて見えるブのライにはドドキしです。
ですスリムで胸大きいようにはえませんでした。
水泳のでも女の全然目立ないので、僕はく「M、お尿まえラジャーは何んだ?、彼女は彼女で「う!」と怒り返にビンタしたりました。
2になる時にクラス替えがあり、彼女とは別のクになりましたが、学経が一緒なのでないの僕とMよく一緒通学していました。
たまま僕が遅そうな時間に家を出たら、途中Mがっていておい、遅れるぞ、走れ!」と大声で叫び、ご近の笑誘ったりしてた。
は男女というよは男士のうな僕も気で彼女いたり、彼女は彼女僕のに蹴入れくるような間でした
の父は早くか貿女をは美人だ」と言っており、僕もれはていましたが、彼女は照れさくてそん言えまん。


そんなことを言うと今き合いが一変しそうなこも感じていたに思います。
問題は彼女の特に母母にまし心なS価学会信者でした。


勉強ろ」と強引女の部屋に込まれたもおを唱えが響いてて、
も「勘して欲していのでが、僕のは大のS価学会いで、彼女の母親か以前「Sの購を頼まれた時ってり、子同士は仲がよいのに親同うまくいないというい方でした。
の成中のから上の間くップクラス校も異なり校を卒したら接点が少くなりうでした。


彼女沿が進る高校朝8時まで寝ていても遅ない場所にたのすが、の志望校は時台に出ないけない場所に学で顔を合わせることもなくなるからす。


れでも当の僕「別れ」惜しいとは全んでした。女は英語が較的手で、は得意ということもあっ時々われるまま彼女の部屋で英語を教けれど彼女ベッの前にあっヘンな気持ちりませんでした



54 :53:2007/01/02(火) 15:20:55
彼女の母親は美容院にいるため、部屋には来ないし、当時小学生の妹は元気に外で遊んでいたので、いくらでもチャンスはあったのですが、二人ともそういう雰囲気にはならなかったのです。
後で知ったのですが、僕はご近所で「女の子との付き合いにうつつを抜かして、勉強がおろそかになっているから不合格じゃないか」みたいにおばさん達に噂されていたそうです。
勉強の合間に「H(僕のこと)、好きな人とかいる?」と訊かれたので、「いや、前はいたけどね」と答えると「誰々?」としつこく訊くので「Tだよ」とある美形の女の子の名前を答えると、彼女は「ふ~ん、ああいうのがタイプなんだぁ」と言っていました。
彼女はキリッとした美人で、Tは今で言う癒し系です。
僕も彼女に突っ込むと「前はねKが好きだった・・・こともあった。でもNもよかった」などという答で、どちらも僕とはタイプが異なっていました。
ちなみにこの二人と僕は仲がよく、特にNは何かと僕を立ててくれる存在でした。


そういう話はそれきりになり、受験の当日は会場が異なるため顔を合わせることも無く、僕は順調に受験を終え、志望校の近所にあるラーメン店やゲーセンを「入学後に必要になる知識を身につける」などというバカなことを引率の先生に言い放って、遊んで帰りました。
帰り道、Mが公園のベンチにポツンと座っていたので、「おう!うまくいったか?」と声をかけると「いかなかった・・・」と半泣きになってしまいました。
「オマエのせいで英語で失敗したぞ!落ちたら責任とれよ!」と言うや否や彼女は顔を覆って走り去ってしまい、僕はそんな彼女が腹立たしく(子供でした)、合格発表の日まで顔を合わせることはありませんでした。
合格発表の当日、僕は予定通り合格しており、帰り道に彼女の志望校の発表を見にいきました。これは彼女1人を気にしたわけではなく、友人達の合否が気になったからです。
彼女の受験番号はありませんでした。また公園で彼女に会いました。彼女は「どうだった?」と訊いてきたので僕はVサインだけして「おまえ、どうするんだよ?」と彼女に尋ねたら、「●●女子大付属に行くよ」というのです。そこは僕の高校から歩いて10分程度、駅も同じです。こうして僕と彼女はまた仲良く通学することになりました。



55 53:2007/01/02(火) 15:38:03
登校女とはバス緒でた。
じ中ら僕と同じ高校に進数人と同じ高校にだ数人、さに男子私立高校だ数人が一緒でした。
て段々、お互いにほかの中学校から進してきた友人が混じり始め、女は僕に蹴りをれる僕は彼女の背に手くくら強さで張り手をしたりしてました彼女「H、ブに触っただろ!」と大声で怒は「オエ、なぜものをつけてんよ!」言いて、周囲の爆笑ったこともありた。
誰も女をカップルだとは思ていないようで、僕女を指差し「コイツ男だから、中身も体型も」とオモチャにしてした
が、夏み前から僕と彼女間には空気が流れ始めていました。
いつうにけ合い漫ようって、僕が彼女にヘドロックをかたとに「オマ抱き暴だぞ!」いうに「あっ子がきなんだ」とかったの殿です。後で聞いたろでは彼女も同じだったそ


当時、僕は天下のよ立場った中学校時代に比では厳しい学力競争に晒され、ストレス疲れです。れを癒てくれるのが彼女とのふ姿でした。
抱かれたいの?」とその場はジョークでした僕でしたが、彼女抱きめたいといういが一高まりした。
夏休み、僕は学で真くらの順位にしかなれかっために必で勉強していたのでが、ふと手を休と彼女とを考えるのでした。


女とは夕方の時間、たま公園で会ことができまが、なぜ以前のように同士のように話こと出来なくなっていま
が彼意識してからなので、上気したうに彼女もましていたです。おにそれで何くギクしていま
月も終わに近き、陽に焼けるもな休みを終えとしていました。お陰で学期は上位に入れる自信がいま、何かりないままでした
んな時にふらりバスにり、海水出かました。もう海水浴しむ人んどいなくなっていて夏の終わりいう雰囲気でした。
そこには中の友で父親がテキヤてい友人が住んでいて、僕とは全く正反対界にいタイプでした、なぜか彼の顔なったの
海の家のバイトをしていて、暇した。「んだ真白じゃねぇか!」と僕見るなり、人そうな笑を浮かべました。
いまんでしたが、「好きな女たんだう?ドンけよ!い切り天荒さはオマエのち味じゃないか!」と彼は言うのでした。
15分も一緒にいたでょうか、僕は彼ありがと言って路にいたのでし



56 53:2007/01/02(火16:24:13
の翌日でした。彼女を訪した
が、彼女いませんした妹が「ね貴って喧てるの?」と訊いてきました
僕は「いやと答たのですが、歯切れが悪く聞こえたのか、「さっさと謝方がいいよ!」と姉のように僕のに思い切り張り手をするのでした
その夜に彼女から電話がかかてきました電話調のは初めてです
妹からオマエが謝りに来たって訊いたけど?」
いや謝り行ったんじゃないんどね」
「謝れる覚えはないしね
いうようなって
「と貿りあえず明会おう
といなりました
が午後9時頃僕は10時頃になっ、なん公園にに出たの
るとが間もく現れお互いにきました
僕は彼女ことを期待したと退はなそうったようすが、なぜかは二人とも公園足がいたの稿でした。
の用って何という彼女に答え婿
今日の内に済れば、オマエの陶しい顔なくて済むらな」いうまれ口をきくに僕
ゃあ手短に済ませるよ」というなり抱き締めてスを奪っのです。
れがテキヤ息子の言う「思いの良す。
女はあまりに突然だたのか然とした表情した。しも震えていました。次にきのはでした。
「初めてのキスがこんってこのヤロ任とれ!
いう叫び声に近所を気したが、もうどうにもなりま
彼女は叫ぶやなや僕に抱きついて自分からキスし稿てきました。
こうし僕と彼女は何度も交わ、何も言わずと気持ちをかめ合した



二学期にな、僕は学力テストでも上位に入 T大、K大合格だと言われるレ達しました。
女とは特進展はく、その後はキスすることもく、相変わらず学仲間でした。
彼女に立男子校の生徒申し込いう話が、彼女と僕の共通の友人である「H、いいの、彼女様でし
ちなは夏休みとMとの間にあっとを全せん。
は「そのうちMが男とわかって、別れて下さいなん言うじゃないか?」とていましたが、実はちょったので
10月の間テストが終わるまで、僕は彼女とデトすらませでした
それで人並みのデートをしようと思女を映画にい、二画を見て事をするというオーソドクスなデーしたのですが、あき以来スもしてないことが気になって、帰り道に園に、漸く夏休みのキスをいました


そして初めて「好き」と口にしたので
彼女は「は待ってのに、アンタ鈍感だよ」ものりを返のです僕は満足で気持ちを言葉で伝えるこきたこに。


の翌日らは二人で登校する際の雰囲わったのでしょうか、僕と女をそういう間柄とて自然に扱いめたのでした。
らず貿互いに殴る蹴近いようなことをはい西ましたを降りとみ「じゃな」とさとっていくのす。僕は感心しまし
クリマス、僕と彼女はごくに結ばれましたは僕彼女のありませでし誰もい海の家したヤの息子が協力してくれです。
ただ二人で1時にも邪魔されずにごすつもりだったのには僕の相談を受けてから、気ストーブに飲み物食ま意して、しも布団まで持込んたのでした。
合鍵もらうとにも何わずにニッだけでした。それからと彼は彼女の部屋で関続けした。
喧嘩をすることく、の卒業まできました
女の全然大きならなかれど、僕ても幸た。


卒業後女は付属高校だったためにそまま元の女子大に進み、僕はK大に進みまた(T大、Kと書たK大ではないK大)。
離れたけでないけれど、段々疎になてし、夏休ても、もう関係ことありませんでし
と同男同士のな付き合いに戻ってしまし、僕でよかったようにました。
女も彼氏ができたとか、旅行に誘わているけどう?など話していした。





57 53:2007/01/02(火) 16:25:02
互い2になってからはわざわ会う調ともなりました 
大3の夏休みでした院したというのす。僕驚きまし病状はよないようで僕は院につけました。
女は元々色白だったの、そは青白い顔色で痛々しく、正視できませんでした。
ったのです。
い、丈夫かよ悲劇のヒロインは似合わない
とジョークをのの、はも涙を流している状態でした
彼女
オマエ、死思ってるんだろう?死ぬ前にオやっを全われるのが怖くて来たな」
と言のですが、涙を流しています


すぐに命にかかわることはないという話したが、僕は彼を失いたかったので、骨髄での治能性ころ、骨髄宿こと
何だ、泣くうなことじゃなかったんだ!と僕は安心しました


その様て彼女はヤニヤ笑っていのです
「この野郎、助かじゃないか!
「運からね
して彼耳打ちするのした。
1人し男を知らないまま死うな勿体いことはしないよ」
女をうことがどれだけ恐ろしいを知らされて愕然とた直後でしたが、冷た。
は助かってを1人しか知らないままだ」と囁きかけたとろ、彼はまた泣き始まし


結局助かり、今もす。
の両は結婚に大反た。彼女を嫌いなのはなく(彼は僕の両親とはがよい、彼女親と祖母信仰S価学会由でした。
そこ彼女が自分の母親と祖を出しま僕や僕の両親でS価会のSも口にしてはいけない、S聞の購読を勧めはならな、こ違反したらするというのです。


彼女の母親と祖異存はなく、僕達の婚約が決まりました
僕も女ももうすぐ卒業で。卒業後1西年は結しないので、来は結婚ということになりた。
は「オマエ、ほかの女と寝ただろう?ルイ!」と時折られ、蹴られています


<おわり>

 

 

関連記事

 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:, 青春, 純愛,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:, 青春, 純愛,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20070925161626