2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

風俗島






「なぁ、風俗島って知てる?」
 声の使トーンを落ら、マコトがそんなことった五限の鈴の八秒後
 教は六月の熱気で生暖かく、僕たち三歳、どようもなく中一だった。


「橋本の兄ちゃが高三だろ? そのの同が聞いた話らしい
 そんな聞ききのな噂話は、とても簡潔だった
 学校から転車で五分で行る瀬戸内海、その向こうに調ある。
 骨子それけだ 確かなことれだだ。
 それ以上のとなど誰もない。然だらは中んだから。
 そしてそ上のとなど確かめもなく、それ然のように、マコトと間で脳内補されった
 一のちになきゃいけないことなて、せいぜいなこだけ


 次、野球部練をトは坊主頭らせがら、二列の一番後ろ婿、自分の席に座そばへ宿やってき
 マコトの窓際列。
 ク子十人、男子十で、どうしもどこか子で並ばないと数がわない
 小の時好きだっ塚さ、廊下側列だった


「珍しいなきなり授業の用意なんか始めて。ま十分るよ」
「違よ、なぁ、例のこと覚えてるだろ?
「うん」


 たった二文字を答え僕の声は、たぶんもう上ずっていた
 歳の僕らは、大人が享受してると同じロを語で、背徳との混じった興奮があった


「俺想像図てきたんだほら


 馬鹿が開いたノートのペーは、巨大なお椀型のまん丸のと、そのてぺん小さなドーム型の物体、の周にいくつの低い建物と小さい明らかに裸の女の、絵心の関係でとえず気を付の姿勢で真正面を向いてるの四人。


「お
 僕わずていた。


「ど?」
 コトはとても純粋十三歳の瞳僕を見てた。
 僕は正直にって、そにKOされた。
 僕らにとって実際に行くことしてでない夢島に気持ちだけでも近付こうと彼とった手段は
 馬鹿にしなが、確かに一枚の馬鹿たいに下手クソな絵を呼水に、色んな想像頭を巡ている僕がいた
 きれいな女の人がみんな裸でいて、舟で辿けば一列に勢揃いしてお出もちろんで。
 エロいことならなんでも婿出来る夢の島、エロアイランド
 130円、とシールが貼ったままのートその最初ージまでしか使われてず、とその絵を描くために、マトはこれを買ったのだった。


「ちょれ、一時貸しといて」
何すだよ
も描く


 調日、一時間目と三時間目目には僕六時間目にはマコトが、それぞれが描いたにちょっとず正を加ていっ
 とりあえず一時間目には、島を肌色に塗って、てっぺんのドームをンクに塗った。
 どちらかというと、トが描き加えた新たなシュエョンを、僕が寧な修正ようった
 元にノートがない時でも、マコトがどんなことを描ているのすごく気になった。
 なん丸一日何も頭に入らなかった。
 時思い出したように手を休めては窓のるマコトのは、確かいていて、それと、もやの向こうている瞳だっ


 僕らは一緒内の公立学した。
 当然告白なんて出来なかた石塚さ以上かかる私立高校に行った
 然僕らはモない、僕は学三年間続け剣道部を辞め帰宅部、マコトは野球部と坊主頭を続けていた


 らは高二で七歳の夏た。 当然二人とも童貞った。
 近くの川の河敷で拾わなくて二人も堂本屋のおばちゃエロ本を買えうな歳になていた
 七月の教は瀬内海が見え、の向うっすらとの島が見いた。


 学期最後学の授業終わった。
 ずっと窓の外いたマコトが業後に僕のところ歩いきたとき、はマコトの台詞がもかった。
 マコトが持ち帰ったはずのあノーのことをい出


明日行かないか?」
 主語も語もなマコトもきと、僕は分かってると思っていたの
 話題に出るの年ぶりいだったが、そ忘れとは海を見る出しいた
 話し合ってゴムボートは僕がうこにした。
 港らモーターボ出てることももう知っが、僕らは十歳で、それは一種の強念だ


 七月十日終業式だった
 簡午前中に滞りなく終わり、は互いに一度目合わせ、無それぞれ帰った。
 交わすべはない。 僕らはもはなく、ともにこれからの地へ赴戦友だた。
 母親が用昼飯の冷や馬鹿みたいにかっ込み、昨日の買ってお退まだ空の入ていない折りたたれたゴムボートを入れたリュックを
 いま考えれば、見られたところで「海で遊ぶれば何の問題もなかたはずだが、そのを見らたら一巻の終わり、という気だっ
 約束の一のきっかり十、二人はもう集場所砂浜に顔を揃えいた
 二人ともジーパンャツといりやすい格好だったが、マコはそ上に坊主すよう緑のベレー帽をかぶてい
 真夏のそれえて不自然だが、僕がそうであったうにマコトにやはり余裕はなかった
 オールなん気のいた退無かった、砂ってらびている漁船の板を拝借した
 丁度いいのがかなくて、二つにろうかとも話したが、それは効が悪くなると、順番に漕ぐこに決めた。
 スタート点の砂からは、もはっきりと緑色の島西影が見た。
 地図調べた距離はキロちょっとった。
 島の当の名も知たけど、れはトには言わなかった。
 らに、僕らの童貞を奪ってくれる夢の島、エロンドだ。それに名前調い。海は静か僕らは「よと短合っ


 僕はュッの中のゴムボートを取す。穴を見付けかし吹き込
 貼り付いとゴ邪魔をしたが、空気を吹き込んでりめりがしてい
 膨らま入れをってく良かったとよぎったかねたコトがあとを継いでれた。


 他にることもなく、の遠くな間はの実ほんのだった
 膨らむ気すらートはを境に目に見えて大きさを増していき、て僕らのンパンに膨らんだ汗を額に浮かべいて、僕航海始し


 順調だった、と思う。正、舟のんな会簿たか覚えてい、島んどたことっきり覚いる。
 どんっただろう。恥ずかしかったもあだろうし、今日中あのが現になは多くをきでい、とい判断った。に、実になってしまことを心どこかで認たくな臆病もあ貿た。
 それ、中や中二のあの頃の妄想に、いまのあの島に対する想像はに現味をて、れに対する一抹の淋しさ婿ったんだ思う
 港にたら裸のべんが列になってお出など、してくれないことていた。っぱていないこもうていた。な感情に人はだ、昨日のレビのことか、のこ、つまらないことをしって。ただ、マコの股だけ、たまに少しり上たりしているのは、付いたけ言わなた。板オーを漕ぐ両けがって、ートう全行程の半分を過いる。
 ずい前から、半分以ぎて


い」
 マコトの訝な、気味の問い掛けに、僕は一心不に漕いた。
 後ろを振り向け僕らが航した岸。れば明らくなっ。既に建物の位置まで判別出来る距離。確実に、は超えてい


でるか?
 超えたまま、景わっていなかった。所詮僕らが乗っているのはモータボートではただのゴムボート。潮のが一度変われば、が板切れ一生懸命漕とこで進はしない。正確目印い凪の空は晴れ、日光はりつけ、喉は渇ていく。海面見れば、ずつボーは島へ向いるそうえていた。がそが進んでいるのでなく、うから寄せてきているだけ
 稿せれば、戻る。


「どうす
 動いていな。気付いた瞬間、足下が確かにな。急に感じる。このまちは、島にも岸にも朽ち果てるではないか。何も頼るもののい海上、頼みの綱は拾いの木れが一枚。僕は恐怖していた
 マコトの顔る。マコトの表情を。焦っている。考える。真剣。が、は違。マコトは決し、恐てはいなかった。彼の目に映るのは、あの夢の島。だからろで恐れおののいている暇は無かった。信念遭難の危惧なん塵も感じてい。気付さえいない。た辿り着くため、これは単に障害しか
 だか
泳ぐ?」
 訊きがら、マコトは白いTシャツをもう脱めていた


「馬ぁ鹿
 だから僕、脱ぐしかなかった
 授業で習った綺麗な飛び込みの姿
 マコトの「」で僕らは斉に飛び込んだ。灼けつい全身袖か両腕、ジパンごと熱されていたふに、しを集めす黒い頭頂に、海の水死ぬ寿染みて心地かった
 ら顔を出して息を吐く。トの黄色に入すぐにマの姿を目で追った。ボートにしがみついていた。すぐボー便トに手かけ
 のままの方向を、二向につり、バタ足をめた。いままでよりも、進んでいるじがた。いで一人ずつの力でしかげなかっを、いまは二人の力で退でい
 隣でマがこっるの分かる。照れ臭僕は前だけを見て
 マコトがまた前向いた。ちょっの方に進んでしまっいるがして僕も負けに足を動かすた。二人とも笑ってやがそれも疲で次第に落ち着いてきた頃
 港の様子が見えてきた
 港がいた。


 僕らが着ンクートの桟が一本だけの砂浜。昆布の打られた海から五メート奥のところでコンクリートっていてから奥だっ
 かに僕の親父より年上のくたびたおさん、くえ煙そのンクリートの段に座っていた。
 陸した僕らを見てやに笑っていた。ろを向いて手招きしたので、建物がぶ方から人集まって
 建物の一つには、簿ンで、トレーカナ三文字の女性器名称書いてあった。
 なことにている隙にに立ったずぶ、十近いの人にれてた。ちろん裸、ましやべんさんなんかじゃかっ
 の臭いは昆布ので、決して僕が言ったハチミツでも、マコト退ったマーマレでもなかっ


「坊うし
 ジャミみたオバサ口を裂させながら言う。


ずぶ濡れい」
 グモンがスカートを揺しながら覗。大胆に開いた胸元からおふくろのケたいなものが見た。


「坊、泳いでヤりに来た
 くわ煙草のおっちゃんが煙豪快笑っ気分なんて全部ミラに食れてていた。


うちの店来。二面倒見てあげる」
 ラの母みたな髪型をしカネゴンが口を釣り上げでふ、マコト何かた。一度目は小さくて聞きれなかが、すもう一度同じ言葉を呟い


遊んでされた」
 は足下の砂だけを見ていた。ミラが「そなの?」と言いカネゴは「いいからさ」と言、おっはただ笑って、マコトは壊れオモチみたいに「流された」いていた。少し泣ていたまに大きくなってマコのジーの股間、海水で貼り付いなしかえぐれているようにさ見えた。


 結局おっさんが話を付けてはゴムボート紐で結び、帰りはモーボートで帰った。
 おさんは道中ネゴンとジャミラの源と店前を教えてくれ、マコトたださんが喋るの任せいた。二聞いてなた。
 マトと僕はふと同時に振り向いた。島は小さなっていって、あのもう読めないくらい小かった。ボートはほん分で着いた。
 おっえた岸でゴムボート空気を抜きなマコトはこんなことを言った


よかったよ、あんな怪獣みたなオバサンに、俺らの姿な童奪われ
 それから、あこにそのたらなバケモノ出てたか、病気れていたか、僕調がどだけ正しい選択を、エロ本識を総員してい声ずっ話してくれていたジーは乾いてきて、えぐれてた股も元っていた。ボート空気全部らの夏は終わ


 あら三年。マコはそ元に残て親を継いだ
 僕は東京にて大学り、伎町の風俗童貞を捨てた
 夏休、僕は里帰り、マトとを飲んだ。
 その話をするとコトは心底悔しがっ
 根掘り掘り聞たがったが、全部はわなか
 マコは「今度その店てくよ」と本気言っいた。「東京来たらな」と答えた。
 頭はゃなけれど時のマコト目は、教室の窓から見つめて貿、純な十三歳の、あの時の瞳だった

 

 

関連記事

 
カテゴリー:読み物  |  タグ:, 青春,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:読み物  |  タグ:, 青春,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20070929072403