2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

風俗島






なぁ風俗島て知ってるか?」
 トーしながらマコトがそとを口走五限の前の予鈴秒後。
 教室は婿熱気で生暖僕たで、どうしようもなく中一だった。


の上の兄ちゃん三だろ? 兄ちゃん同級生が聞いらしいんだけどさ
 そんな又きの又聞のよう噂話は、とた。
 学ら自転車で五分でる瀬戸内海、稿風俗島がある。
 それ 確かなことはそれだけだ。
 それ上のこ知らい。然だ僕らは中だから。
 そしてそれ上のことど確かめようも、それは当然のように、マコトと僕の脳内補完さていった
 中一のうちにきゃいけとないぜいそんなこだけだ


 次日、球部の朝練を終えコトは坊主頭に光らら、から二の一番後ろ、自の席そばへやってき
 マコトの席は窓際最後
 クラスは十五人、男子十九人でてもこかは男子男子で並ばないと数が合わい。
 小学校好きだた石塚さんは、廊下側前列だった。


「珍しいな、きなり用意なんか始。まだ分以上あるよ
「違う、な、例の島のこと、覚えてるだろ
「う


 たった二を答え僕の声は、たもう上ずってい
 十歳の僕らに大人が享受してと同じを語るだけで背徳と誇さの混じった興奮があった


、想像図書いたん。ほら


 馬鹿が開いたートページには、巨大なお椀型のまん丸の小山と、そのてなドーム型物体、いくつか背の低建物小さいかに裸の女の、絵心関係でとりあず気を付けの姿真正面を向いている


おい」
 は思わずげて西た。


どう?」
 はとても粋な目で、十三歳の瞳で僕を見いた
 僕は正直に言って、その瞳KOされた。
 僕らにとて実行くことなど決てでない夢の島にせけでも近付こと彼とった手段は、絵
 鹿しなら、かにの一枚の馬鹿たい手クソな絵び水に綿、色な想像が頭っている僕た。
 れいな女の人がみんな裸で暮らしていて、舟で辿着け列に勢揃いしてお出。もちろん裸で。
 ことなんで出来る夢の島、エロアイランド。
 130円と値札シ便ルが貼ったままの大学ノートその最初三ページまでしか使われておらずきっとその島の絵を描くめにけ、マコトはこを買ったのだた。


ちょっとこれ、一目貸しといて
何するんだよ
「俺も描く綿


 日、一時間目と三時間五時間目には僕が四、六間目にはマコトが、そぞれ描いた絵にょっとずつ修正を加えてった
 とりえず一時間島をに塗っててっぺんドームピンクに塗った。
 かというとトが描加えた新シチュエ、僕丁寧な線で修正す宿な感だった。
 手元にノトがない時でも、がどんなことを描いているのかすごく気になった。
 授業のなん何も入らかった。
 時々い出したように手を休め窓のを見マコトのは、確かに輝いて、そはきっとやののあを見ている瞳だった。


 は一緒に県内の公立高校に進学した
 当然告白なんて出ったんは、バス分以上かかに行った
 当然僕らはモテないま中学三年間続けた剣道部を辞め宅部、マコトは球部と続けていた


 僕らは高で、十七歳の夏だった。 当然二人とも童貞だ 
 近くの川の河川敷で拾わなくても、二も堂々と本屋おばちゃんかエロ本るような歳にていた
 七月の教室からは瀬戸内海が見、その向こうにはうらと、あの島が見えて


 一学期最後のの授が終わった
 五十ずっ窓の外を見ていたマが授後に僕のとこへ歩いてきたとき、僕はマコトの台詞がもう分かていた
 マコトが持ち帰ったはずのあのノートとを思い出し


なぁ、明日、行かな?」
 主目的語もなった。マコトもきっと、僕分かってるとっていたのだろ
 題に出は半ったがその間忘れはなく、を見い出していた
 話し合って、ゴムボートは僕が買うとにした。
 港からモーボートが出ていることももう知ってい僕ら貿十七で、の強迫観だった。


 七月十日は終業式だった
 式は午前に滞りな、僕らは互い一度目を合わせ、無言でそれぞれった
 交わすべ言葉。 僕はも友達でなく、とにこから彼のへ赴く戦友だった
 母親が用意した飯のを馬鹿みたいかっ込み、昨の放課後買っておた、まだ空気の入てい折りたたまれたゴムボートを入ュッを背負った。
 いま考えば、見れたころ「海で遊ぶ」と答えれば 何の問題もなったはずだが、そのとはそれれた貿一巻の終わり、という気分た。
 束の一時きっかり十分、二合場の砂浜にを揃えていた。
 二ともジパンにTシャツいう分かすい格好だっその上に、坊主頭を隠すように緑のベレー帽をかっていた
 真夏のそはどう考えて不自ったが、僕がそうでったようにコトにやはり余裕はなかった
 ールなんて気の利のは無かったから、砂浜にひっり返姿干からびている漁船のを拝借した。
 丁いいのが一枚しかつに割ろうかとも話したが、そでは効率が悪くなると順番に漕ぐことに決めた。
 スート点の砂浜からは、もうはっきりと緑色の島影が見えた。
 地図調べた距は一キロちっとだった。
 その時本当の名前も知便、それはマコは言わな
 僕らにとってあの島は、の童貞を奪ってくれる、エロアイラだ。名前なんて要らない簿。海は静かは「し」と短く掛け合った。


 僕はュックの中のゴムートを取り出。空け、もどか息をき込ん
 貼り付いゴムとゴムがをしたが無理殿矢理空気き込んりめりと剥がしていった。
 膨ましながら、空れをってくれば良かったと後悔がよた。見かねマコトがあとくれた。


 他にることもなく、気のくなる時間はその実んの数分だったろう。
 膨ら気配ら無かトはある一点を境に目に見え大きさを増てい、やがての夢でパンパンに膨らんだ。一事の汗を額に浮かべ肯いて、僕らは航海を開始た。


 順調だっ、と思う。正直、舟の上でどんな会話を交わえていない。ただ、島の話なかったはっきえている。
 どん心理だたのだろうずかしったのるだろうし、今日中には島が現実になるのだからまは多く語るべきない、とう判あったに、現実になっまうことを心のどこかで認たくない、そんな臆病さもあっ
 そに、中一二のあの頃の妄想に比て、まのあの島に現実味をて、それる一抹の淋しもあっと思う
 港にたら裸のべっぴんなってお出迎えなど、してくないは分かっていた。島がおっぱいの形をしていなも、調もう知ていた。色々な感情まれ、二人はた、昨日テレこととか学校のこととか、つまないことをしゃべっていた。ただ、マコト股間だけ、たまに少し盛り上がりしていのは、気付いたけど言なかった。板オーを漕ぐ両腕だけて、ボートはもう全行程の半を過いる。
 ずいぶん前から、上は過ぎていた。


「おい
 コトの怪訝、焦り気問い掛は一心不乱漕いで止めた。
 後ろを振向けば僕が出航した岸。前を見れば明らかきくなっ緑の島。既に建物の位置判別来る距分は超えている。


「舟、進んでる殿
 半分を超えた、景色変わ便っていかった。詮僕らがっているのはモーターボートではただムボート。一度変わればたかが板切れ生懸命漕いだとこみはしい。正確な目印のなの海。空れ、日光は照りつけ、喉は渇いく。を見、少しートは っている。そう見えていたがそ舟が進いるが向うから寄せてているだけ
 波がせれは戻


「どする?」
 動いていない。気付い間、足下が不確かる。急に海が広く感じる。まま僕たちは、にも岸にどり着ずに朽ち果てるのではないか。何もるものの海の上、頼み綱は拾い物の木一枚。僕は怖していた。
 マコト顔を見る。マコを見。焦っ考えている真剣が、僕とは違った。マコトはしてれてはいなかっの目にの夢のからんなろで恐いている暇は遭難の危惧微塵も感じてい。気付いてさいない。たの島へ辿り着、これは単に障害でしかない
 だから。
泳ぐか?
 訊きマコTシャツを始めていた


馬ぁ鹿
 だか僕も脱ぐしかな
 った綺麗な使び込みの姿勢。
 マコトのーので、僕に飛び込んだ。灼けつた全身に、袖か出ていた両腕、ジンごと熱されていとももに、差し集めすぎた黒い頭水は死ぬ染み好かった
 海面か顔を出して息を吐く。ボート色が目にる。すぐにマの姿を目追ったトにがみついて。僕すぐボートに手をかける
 そのまま方向を定め、人同じ方向につかまり、バタ始めいままでりも全然、進んでいる感った。いまで一人ずの力しか漕げなかっートを、いまは二人の力でいでい
 隣でコトがこっちを見るのがかる。照れ臭いから僕は前だけを見てい
 トがまた前向い右の方が進んでしまって便いる気がて、僕もに足動かす。楽しかった二人とも笑ってた。やがてそれも疲れで次第に落ち着いてきた頃
 港の子が見え
 に、


 僕らが着いたの細いコリートの桟橋が一本延びただけの砂浜。昆布の上げられた海岸からメール程奥のと殿で胸くらいの高リーなってて、そこから奥が島だった。
 明かにの親父年上のくたびれたおっさんが、くわえ煙草そのコンクリートの段にていた
 陸した僕らをてにやにや笑っていた。後ろを向い尿招きしたので物が並方から人が集ってきた。
 一つには、黄板にピクのンで、ストレートにカタカナ三文字の女性器名書いてあった
 そんなとに気られている隙にったずぶ濡れの十人近い女人にまれていた。宿ろん裸じかっましてやべっぴさんなんじゃなかった。
 島の臭いの臭いで、決僕が言ったハチミツも、マコ言ったマーマレードでもなかっ使た。


「坊や稿うしたの」
 ャミラたいンが口を裂けがら言う。


ずぶ濡れじゃい」
 ピグモンがスカー揺らがら覗き込湿。大胆に開いた胸元かおふくろのたいなのが見えた


「坊主、泳いりに来た
 わえ煙草おっちゃんが煙草て豪快に笑っ。エ分なんて全部ジャミラ食われしまっていた。


ちのよ。人まて面倒見てあげる
 ウルトラの母み髪型をしたカが口を釣りふと、マいた。一度目は小さくて聞き取れった、すもう度同じ言葉いた。


「遊ら流れた
 マの砂粒だけを見ていた。が「うなの?」言い、カネゴ貿ンはいか」と言、おんはだ笑って、マコトは壊れたオモチャみたに「」といていた。少いていた。海の上ではたまにっていたマコトのジーパンの間は、海り付なしかえているようにさ見え


 結局おっんが話くれ、僕らはムボートで結、帰りはーターボートでった。
 おっさんカネゴンとジミラの源氏名と教えれたけどマコトも僕もただおが喋るのにていた。二ともてなかった。
 マコと僕はふ同時に振いた。島はなっいって、あの三文字もう読めないくらさかた。ボーの数分いた。
 おっさ消えた海でゴボートの空気ら、トはにこんなこを言った。


よ、んな獣みなオバサン、俺らの大切な童貞奪われなくて」
 それからは、あこにそのたらなバケモノが出てきたか、どんな病気をうつされていか、僕らがどれだけ正しい選択をを、エ得た知員して、明退ずっと話しくれていた。ジーンはいてえぐてい間も元に戻っていた。ボートが全部抜けて、僕らの夏は終わっ


 あれら三マコのまま地元残って親の跡を継いだ
 僕出て大学生になりの風俗で童貞捨て
 夏休み、僕は里帰て、コトと酒んだ
 その話をするとコトは心底悔し
 根掘り葉掘り聞ったが、全部は言わかった。
 マコトは「今退の店、俺くれよ」と本「東京来らなとだけ答
 はも坊主けれど、そ時のマコトの目は教室のからあの簿つめてた、純なの、あの時の瞳だった。

 

 

関連記事

 
カテゴリー:読み物  |  タグ:, 青春,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:読み物  |  タグ:, 青春,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20070929072403