2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

風俗島






「な、風俗島っるか?」
 声トーを落しながら、トがなことを口った五限の前秒後
 教室六月の熱気暖かくどううもな中一だった。


「橋本の上高三ろ? の兄ちゃん級生が聞いた話らしいんだどさ
 そな又きの聞きような話は、とて簡潔った。
 学校か車で五分で行ける瀬戸内の向こうる。
 骨子はそれだ。 確かことはそれだけ
 れ以上のことど誰も知らな。当然だ。僕は中一なんだ
 してそのこかめよう尿、そ然のように、マコトと僕の間で脳内補完されていった。
 一のうちしなきゃいけいことなんて、せいぜいんなとだけだ


 次日、野球部の朝を終えマコト主頭に汗を光らせなら二列番後ろ、分の席る僕のやっ
 マコの席際最後列。
 クラスは女子十、男子十九人で、どうしてもどこかは男子男子で並いと数が合わ便
 小学校の時から好きだった石塚さんは前列だた。


珍しいな、いきな授業の用意んか。まだ十分以あるよ」
うよ、なぁ、例島のこと、覚えてるだろ?」
「う


 った二字を答る僕声はたぶんもう上ずっていた。
 十歳の、大人が享受してるのと寿同じだけで、背誇らしさの混じった興奮た。


「俺、想書いきたんだ。


 馬鹿がいたノートのペには稿大なお椀型のまんの小山のてっぺんのドーム型の物体、その周りいくつかの背の低い、小さいが明らかに裸のの、絵の関係でとりえず気をの姿で真面を向ているのが


「おい」
 僕は思わず声をあげていた。


?」
 マコトとても純な目で、十三歳の瞳で僕を見ていた。
 僕正直に言の瞳にKOされた。
 僕らとって実際に行くことど決してできな夢のめて気ちだけでうとがとっ手段は絵。
 馬鹿にしながら、にその一枚馬鹿みたに下絵を呼に、色想像が頭を巡っている僕がいた。
 れい人がみんな裸で暮らてい舟で辿りけば一列に勢いして出迎え。裸で
 エロいことならでも出来る夢の島エロアイラド。
 130円、と値シールが貼たままの大学ノーその三ページましか使われてらず、きっとそのくたはこれ買ったのだっ


ょっとこ一時目貸し
「何るんだよ」
描く


 の日一時間目と三間目時間目に僕が四、六時間目マコトがそれぞれが描いた絵にちっとずつ修正を加えていった。
 あえず一時間島を肌色塗っ、てっぺのドムをピンクに塗っ尿
 ちらと、マトが描きえた新たなシチュエーショを、丁寧線で修するような
 元にノがないがどんなとを描いてのかす気になった。
 の内容なんて丸一日何入らなかった。
 時々思い出ようにを休ては窓の見るマトの目は確かいていて、それはきっやのこうのあの島を見ているた。


 僕らは一に県校に進学した。
 当尿白なて出かった石塚さんはで三る私立高校に行た。
 当らはモテないま、僕退年間続た剣道部を辞帰宅、マコトは野球部頭を続けていた。


 僕らは高二で、十七歳の夏だった 当然二人とも童貞だった。
 くの河川敷で拾わなくても、堂々と本屋のおちゃんからエロを買える歳にっていた。
 七月教室か瀬戸内海見え、その向こうにはっすらとあの島が見


 一学最後の授業が終った
 五十分間ずっの外を見てたマコトが授業後に僕のとこ歩いてきたとき、トの台詞がもうかっていた
 マコトがち帰っのあのノのこ思い出し


「なぁ、明日、かない?」
 主語も語もかったコトもきっと、僕は分かてると思っていろう
 話に出る半年ぶだったの間忘れたはなく、海見るたび思い出しいた
 話し合ってゴムボが買した宿
 港らモータボートが出ていること知っていたが、僕ら歳でそれ一種迫観念だた。


 七日は終業だった
 簡単に滞りな、僕一度目をせ、無言でそれぞれのに帰寿った
 交わすべき言葉ない。 僕らはもう友達では湿から彼の地へ赴
 母親意した昼飯の冷や麦を馬鹿みたいにかっ込み、昨日の放課後買ておいた、まだ空気のっていない折まれたゴムボれたリュッを背
 いま考れば見られたで「遊ぶ」えれば何の問もなったはずが、そのとはそれを見られたら一巻の終わり気分だっ
 の一時のきっかり十分、二人はもう合場所のに顔を揃えいた
 二人ともジーンにTシャツいう分かやすたが、コトはその上坊主隠すように緑のベレー帽をかぶってい
 真夏のどう考も不自然だたが僕が ようにコトにもやはなかった。
 ルなんて気の利いた姿かったから、っくり返っ干かている漁船の板拝借した。
 丁度いいのがしかなくてつにろうかとも話したが、それでは効率悪くなると、順番漕ぐことに決めた
 ート地点の砂浜からは、うはっきりと沿緑色の島影が見えた。 
 地で調べ一キっとだった
 時島の当のも知たけど、それはマコトに言わかった。
 僕にとってあの島は、僕らの童貞ってくれ夢の島、ンドだ。そなん要らないは静かで、僕らは「よしけ合った


 僕ュックの中のボート取り出す。空気穴を見付もどしくき込
 とゴムが邪魔たが、無理矢理気を吹き込んでめり剥がして綿った
 らましながら、空気入持ってくれば良かっと後悔がよった。見かねたマコトあとを継いた。


 他にすることもなく、気の遠くなの実ほんの数分ったろう。
 膨らむ配すら無かったボトはる一点を境目にえて大さをしていき、て僕らの夢でパンパン膨らだ。事の汗を額に浮肯いて僕らは航海開始した


 順調だった、と思う。正直、舟の上で会話を交わしたか覚いない。島の話とんどしなかったことけ、はっきりえている。
 どんな理だろう恥ずしかったのもあるうし、今日中にあの島が現実になるのだから、語るべきではない、とう判断あったれに、現ってしまことを心のどこかたくな、そんな臆病さもった。
 それに、中二のあの頃の想に比べて、いまあの島にする想像は遥味を帯びて、する一抹の淋もあったんと思
 港に着たらのべぴんさんが列になってお出えなど、してくれなとは分かっていた。島がおっぱいの形いないとも、もう知っていた。色々れ、二人はただ昨日のテレビのこと校の生のこととかまらことしゃべっいた。ただ、マコトの股間だけ、たに少し盛り上がりしてるのは、いたけわなかった。板オールを漕ぐ両けが焦って、ボーもう全程の半分を過ぎている。
 ぶん前か半分上は過ぎていた


「お
 マコトの怪訝な、焦りい掛けに、一心姿不乱にいでを止めた
 後ろを振り向けばが出航した岸見ればかに大きくの島。既に建位置まで判別出来る離。確実に、半分は超えている。


「舟、んでるか?」
 半貿超えたまま景色が変わかった。所詮僕らが乗っているのはモーターボトではなただのゴムト。の流れが一度わればたかが板 切れ生懸命漕いだところで進みない正確な目のない凪の海。空は照りつ、喉は渇いていく。面を見れば少しつボート島へ向かっいる見えた。がそれは舟進んでいのではなく、波向こうから寄せてきているだけ
 波が寄、舟はる。


どうする
 動いて。気付い間、足下が不確かになく感る。このまま僕たち島にも岸にもどりずに果てるはないか。も頼るののい海の上頼みの綱はい物木切が一。僕は恐怖してた。
 の顔を見る。婿トの表情る。焦っている。考えている。が、僕とは違った。マは決し、恐れていな。彼の目に映は、あの夢の島。だからこんなところで恐おののいている暇は無。信念。の危惧なんていない。気付いない。ただ、あの辿り着ための、こ単にでしかない。
 だ
 泳ぐか
 訊きがら、マコトは白いTシャツをう脱ぎ始めていた


「馬ぁ鹿」
 だから僕も、脱しかなか
 業で習った綺麗飛び込みの姿
 マコトの「せーので、は一斉に飛んだ。た全身に、袖から出ていに、パンていたふとももに差しを集めすぎ頭頂に、海の水死ぬど染みて心地かった。
 海面から顔出し。ボが目に入る。ぐにマの姿を目で追た。ボートにしがみつい。僕ボートに手をかける
 そのま島の方向を見定め、二人同じ向につかま、バを始た。いままでより然、進んでいる感じがあっで一人ずつの力でしかげなかったボートを、いまは二人ので漕いでい
 隣でマコがこっ見るのが分かる照れは前だけを見る。
 コトがまた前を向いた。ちっと右んでしまっている気がし西負けずに足を動かす。った二人と笑って。やがてれも疲れ第に落着いてき
 港の様子がきた
 港に人がいた


 僕いたのはコンリート橋が一本びただけの砂浜。昆布上げられた海岸から五メートル程奥のころで胸くらいさのコンートになってい奥が島だった
 明ら僕の親父上のたびれたっさんが、くわのコンリー段にていた
 上陸したらを見てにやにや笑っていた。後ろを向いて手招きたので、建ら人が集まってきた。
 建物一つには、黄色板にピのネンでトレートにカタカナ三字の女名称がいてあた。
 そなことに気とられて隙に、浜に立ったずぶ濡れの僕らは、十人い女人に囲まていた。もちん裸じゃったし、ましてべっんさんかじゃ絶対なかっ
 島の臭いはの臭いで、決して僕言ったハチミツでも、マコトがったマーマレでもなかた。


どうしたの」
 ジャミラみたいなオバサけさせがら言う。


「ずぶ濡れじゃない」
 ピグモがスカートをらしながらき込む。大胆た胸元からおくろのケツみたいなもが見えた。


、泳いでヤりに来たんか
 く草のおっちゃが煙草を外て豪快に笑った。エロい気なん、全ジャミラに食われてしまっいた


うち来なよ。二人とめ面倒見てあげる」
 ルトラの母み髪型したカネゴンり上げる隣でふと、マコトが何一度目は小さく聞き取れかったがぐに一度同葉を呟いた


でた流さた」
 マコは足の砂粒けを見ていジャが「そうなの?」と言ネゴンからさと言、おっさんだ笑ってマコトは壊れたモチャみたいれた」といた少し泣いいた。の上ではたまきくなっていたマコトーパン股間は、海水でり付いしかえぐれいるよにさえ見た。


 結局おっさんが話を付けてく、僕らはゴムボートを紐で結び、帰モーで帰っ
 っさ、カネゴンとジャミラの氏名の名前を教えたけど、マコトも僕もただおっさんが喋るせて。二人とも全然聞いてなかった。
 マ僕はふと同時に振り向いた。島は小さくなていって、あの三文字も読めないくらいかっボートはいた。
 おっさんが消えたゴムを抜がら、マコトはなことを言った。


よかったよ、あんな怪獣みたいなバサン、俺らの大な童貞をて」
 マコトはにそのまいたらどんなモノ出て、どん病気をうされていたからがどれだけい選をしたかを、ロ本得たを総動員して、明るい声ずっと話してくれていた。ジパンいてて、えぐ股間も元に戻湿ってボートの気が全部らのは終わった


 あ婿から三年。マコトはそのまま地元に親の跡いだ。
 僕東京にて大学生になり、歌舞伎町の風俗で童貞を捨てた。
 休み、僕して、マコトと酒をんだ。
 そするとマは心底悔調がった。
 根掘掘りたがが、全部は言かった。
 マは「今度そにも紹介してくれよ」と気で言っいた。東京来とだ婿えた
 頭はもう坊主じゃないけれど、そののマコトの目はの窓からあの島を見つめいた、純な十三の、あの時の瞳た。

 

 

関連記事

 
カテゴリー:読み物  |  タグ:, 青春,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:読み物  |  タグ:, 青春,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20070929072403