2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

露天風呂で会ったカップルとのスワップ




3ヶ月ほど、彼女川県の混浴露天風呂のある温泉旅にいった

呂もあったのだが、せっかくなので入ろという話にり、夜遅くなって彼女と混浴に入事にした

いざ行ってみると、どうやらルがいるらしく中から男女の話声が聞えてきた。

婿ったのだが、ここま寿たらとい切っ入るとにした


脱衣所が別々だったため、いっれてぎだしたのだが、温泉脱衣所丸見な事に気づいた。

しかし、俺の所カップルは見え

というこ、俺の彼はそのカプルで服をいる

ら、少ししまったがいた。


んな考えているオルを巻いた通ってに移動して来た。

向こうに人い?」
そう聞彼女は、

ん、ップ一組。」
と恥ずしそうに答えた。


「着替えられたんじゃない?」
しいやしくてみると、彼顔をめなら、

って…しょうじゃん。」
つぶた。

れがの夜の始まりだった。


にはみるいたカップ目があった。

こんばん
カップの彼女が気を掛けてくれ「一緒に飲みます
男の方がビールれた。

いい人そうでよかったと思達も一緒てもらうにした。


話をして5才同士のK(男)・女)と名前だそうで、こうも混浴は初めてということだ

も近かく酒のまわりもはかっ為、俺達はすぐに打ち解けてた。

すると突然、KんなことよりS、でタルはいんじゃない
と言いた。

してに同意を求めうに「そすよぇ?」と振ってきた。


「無理だよぉ。」と恥かしそうしているSを見の中の何かはじけた

そうよ、お前もタオは取


そう彼女にいうと彼女はも、

温泉だしねのかな?」




まんらでもない様った。


俺とKは一瞬で心が通い、じゃあ、せえので取ろう。」と彼立た

今思えば、別要はかったのだが、俺とKお互の彼女を前に立たせに声上げた。

えの


次の瞬間はタぎ取れ、まれままの姿で俺前にていた。

そして、に俺の彼女もKの前で同じ姿を見せていた。

あーん、K,恥ずかいよぅ…。


は顔を真して立ちすくんでいた。

手でのを恥ずさでけがわからなくなっているようで、隠すこともなく俺の前できれいな裸らしている。

女、きれいで


そういうKので我に返ると、の彼女も顔を真赤に体をよじてい

「もういいいい?」とずかしてる彼女をて、俺の興はさらヒートアしていた。

め、Sちゃんってやてるんだから。」

する殿を開いた。

「あたしも恥ずかしですよぉ。あんないさいね

の敬語口調はもこか壊そうだった

「Sちゃップ?

突然ホなことをいてい

しかれに対してSはです。と恥ずしそうに、けれど真面目てい

が敏感なんね。」

Kは そういうとむろにS乳首をみ出た。

「ちょ、あ

Sのかいい声がもれた

ナイスだ、K!俺はそれに答えるように彼女をつまんだ。

「やっ、あん。」

じよう俺の彼女も声をあげた

「もう、私っか。」

はそういうと、腰にまいた上から、Kのあそこを触りだした。

自分だってタてるゃん。」

んなつられるように俺の女もうだ
お互でし」とい俺のあそ手を伸ばした。

「じーん

言いなタオル

てほぼ同女が俺のタオを取った。

も俺すで はちきんばか

ちょっとー、こんなになって

Sは笑いならKのつかんだ。

彼女も「もー調。」といいつ、のをかんで

いついよ。」

しそうに言った

黒髪のロングヘアー団子頭にしたかないい子だった。

普通にOLしうな感じだったが、そんなの言に俺のあそこも どうにかなってしだった

「どっ硬いか確てみなよ。

はそういうと、S手を持ち、俺のそこに近づけてき

いいのK。そう思瞬間、Sの手のあそ締めた

「おぅ。

変な声出してしまた。

「どう?」

聞くと、S声で「…じくらい。」とつぶた。

「もう、ずかしいよごめなさ

にあまっていた。

「おてみる?

そう聞と、彼女は?」ぼけ返事をした。

俺は彼の手をとりKのそこ持っていった

たー。」

女が無邪に答え

ついにKたままで触ている

「気持ちいいんでしょ?」

は焼きに言う、自らあそ触りだ

気持ちいすか?」

彼女が俺のあそこをいじりがら言っ



俺はありの幸せ酔いしれていた



「おぱい触っい?

Kがの彼女に聞いた女は一瞬俺を気しなが、小さくう

俺はでKの手が彼女の胸にるのを見ていた。

…。」

女が必死声をこらえているのがかっ


そして、俺Sのに手をかけ



Sは声を上た。

感じてだよ。」

が笑がらった。

Sのいなが立っていくのがた。

だってぇ。あん。」

俺は夢中でのおいをんだ

みる、彼女も胸をわしづかにされ、目吸を荒くしてた。

しばら、いったん達をもとのに戻し

小声で「気持かった」と聞くと、彼女は恥ずかしそううないた

のおっぱい柔らかいです

Kに言われ、彼女はますますなっていた。

ちょっとトイレ

ビールのせいか、尿たおれは、トイ立つとにた。

「ち待ってて。」

はいっ呂をでた

トイら戻る途中、今K貿ぁ、バカとをた。


再び温泉に入ろうたところが漏きた

「あっあっ

に彼女の声だた俺は、女脱衣所ーン脱衣ゾーンの間の生垣のあいだから彼女たちぞいた。

はぁ、はぁ。…。」

そこには、彼女をひに乗せぱいをなめてKがいた

「あっ、あっ出ちゃう

「だーめ。静かにね。

「うん

女はわせKの首に抱きついいた。

Sはの下で、Kのものをしゃぶっている。


一分ほどだうか?景をじと眺めいた。

おそらく今まで一番の興奮をわっていもし

り遅ても怪しまれると思いとに

わざと音をら戻たため彼女はすでにKのからいた

かし、の手彼女の乳でい

「お帰り。」

彼女ももうわけなっうで、思いり感ながら言った。

「Sちゃんもこっち来なよ

そうと、Sはうつむきながら俺のと

「おぱいきれいだね。」

そういうとに、俺はSの胸に吸い付いたくなった乳首が口の中でろがる

あっ、っ、ダメっ。あ

Sは俺にしがみを押付ける。

「あ、いやー。あ、あっ、

なりKに乳首を吸われ声にならない声をながら、左手でKものを握りしる彼がいた。


俺は、Sに吸い付たま、彼女のおし稿りかあそこに手をした

あっ

女のあこは、今まりも濡れて

くら火照ったそこを少しったで、彼女は大きくよじらせた。


をSのあそこに移た。

稿。」

体をのり、姿いしれるS

「ここていい?

もう触ってるぅ…。

Sも放心状態だった


でK立ち上がた。

そして、然のように彼女の口がKのあこにた。

の瞬で、スローーショようだった。



>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:寝取らせ・スワッピング, 野外・露出,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様