2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

露天風呂で会ったカップルとのスワップ




3ヶ月ほど前、彼女と神奈川県のとある混浴露天風呂のある温泉旅館にいった。

貸切風呂もあったのだが、せっかくなので入ろうよという話になり、夜遅くなるのを待って彼女と混浴に入る事にした。

いざ行ってみると、どうやら別のカップルがいるらしく、中から男女の話声が聞こえてきた。

一瞬戸惑ったのだが、ここまできたらと思い切って入ることにした。


脱衣所が別々だったため、いったん分かれて俺は服を脱ぎだしたのだが、温泉内から脱衣所が丸見えな事に気づいた。

しかし、俺の所からは先にいるカップルは見えない。

ということは、俺の彼女はそのカップルの前で服を脱いでいるのか?

そう思ったら、少しだけ興奮してしまった俺がいた。


そんな事を考えていると、タオルを巻いた彼女が温泉を通ってこちらに移動して来た。

「向こうに人いた?」
そう聞くと彼女は、

「うん、カップルが一組。」
と恥ずかしそうに答えた。


「着替えみられたんじゃない?」
と少しいやらしく聞いてみると、彼女は顔を赤らめながら、

「だって…しょうがないじゃん。」
とつぶやいた。

それが この夜の始まりだった。


中にはいってみると、先にいたカップルと目があった。

「こんばんは。」
カップルの彼女が気さくに声を掛けてくれ、「一緒に飲みます?」
と男の方がビールをくれた。

いい人そうでよかったと思い、俺達も一緒させてもらう事にした。


話をしてみると、25才同士のK(男)・S(女)という名前だそうで、向こうも混浴は初めてということだった。

年も近かく、酒のまわりもはやかった為、俺達はすぐに打ち解けていた。

すると突然、Kが「そんなことよりS、温泉でタオルはないんじゃない?」
と言い出した。

そして俺に同意を求めるように「そうですよねぇ?」と話を振ってきた。


「無理だよぉ。」と恥ずかしそうにしているSを見て、俺の中の何かがはじけた。

「そうだよ、お前もタオルは取れ。」


そう彼女にいうと、彼女は意外にも、

「温泉だしね。いいのかな?」




とまんざらでもない様子だった。


俺とKは一瞬で心が通じ合い、「じゃあ、せえので取ろう。」と彼女達を立たせた。

今思えば、別に立ち上がる必要はなかったのだが、俺とKはお互いの彼女を前に立たせ、同時に声を上げた。

「せえのっ!」


次の瞬間、Sはタオルを剥ぎ取られ、生まれたままの姿で俺の前に立っていた。

そして、同時に俺の彼女もKの前で同じ姿を見せていた。

「あーん、K,恥ずかしいよぅ…。」


Sは顔を真っ赤にして立ちすくんでいた。

手で隠せばいいものを、恥ずかしさで わけがわからなくなっているようで、隠すこともなく俺の前できれいな裸体をさらしている。

「彼女、きれいですね。」


そういうKの声で我に返ると、俺の彼女も顔を真っ赤にして体をよじらせている。

「もういい?もういい?」と恥ずかしそうにしている彼女を見て、俺の興奮はさらにヒートアップしていた。

「だーめ、Sちゃんだってやってるんだから。」

するとSが口を開いた。

「あたしも恥ずかしいですよぉ。あんまり見ないで下さいね。」

その敬語口調に、俺はもうどこか壊れそうだった。

「Sちゃん、何カップ?」

俺は、突然アホなことを聞いていた。

しかしそれに対してSは、「C…です。」と恥ずかしそうに、けれど真面目に答えていた。

「ここが敏感なんだもんね。」

Kは そういうと おもむろにSの乳首をつまみ出した。

「ちょっ、あっ。」

Sのかわいい声がもれた。

ナイスだ、K!俺はそれに答えるように彼女の乳首をつまんだ。

「やっ、あん。」

同じように俺の彼女も声をあげた。

「もう、私たちばっかりずるぃ。」

Sはそういうと、腰にまいたタオルの上から、Kのあそこを触りだした。

「自分だってタオルしてるじゃん。」

そんなSにつられるように俺の彼女も「そうだよ。
お互い様でしょ。」といい俺のあそこに手を伸ばした。

「じゃーん。」

Sはそう言いながらKのタオルをはずした。

そしてほぼ同時に彼女が俺のタオルを取った。

Kも俺も、すでに はちきれんばかりな状態だった。

「ちょっとー、なんでこんなになってるのぉ?」

Sは笑いながらKのそれをつかんだ。

彼女も「もー。」といいつつ、俺のものをつかんでいた。

「いつもより硬いよ。」

Sが嬉しそうに言った。

Sは黒髪のロングヘアーをお団子頭にした、正直かなりかわいい子だった。

普段は普通にOLしてそうな感じだったが、そんなSの言動に俺のあそこも どうにかなってしまいそうだった。

「どっちが硬いか確かめてみなよ。」

Kはそういうと、Sの右手を持ち、俺のあそこに近づけてきた。

いいのか?K。そう思った瞬間、Sの手が俺のあそこを握り締めた。

「おぅ。」

俺は変な声を出してしまった。

「どう?」

Kが聞くと、Sは小声で「…同じくらい。」とつぶやいた。

「もう、恥ずかしいよぉ。ごめんなさい。」

Sは俺にあやまっていた。

「お前も触ってみる?」

そう聞くと、彼女は「ん?」ととぼけた返事をした。

俺は彼女の手をとり、Kのあそこに持っていった。

「かたーい。」

彼女が無邪気に答えた。

ついでにKのたままで触っている。

「気持ちいいんでしょ?」

Sは焼きもち気味に言うと、自ら俺のあそこを触りだした。

「気持ちいいですか?」

彼女が俺のあそこをいじりながら言った。

「うん。」

俺はあまりの幸せに酔いしれていた。



「おっぱい触っていい?」

Kが俺の彼女に聞いた。彼女は一瞬俺を気にしながら、小さくうなずいていた。

俺は横目でKの手が彼女の胸に伸びるのを見ていた。

「…。」

彼女が必死で声をこらえているのがわかった。


そして、俺もSの胸に手をかけた。

「あっ。」

Sは声を上げた。

「何感じてんだよ。」

Kが笑いながら言った。

Sのきれいな乳首が立っていくのがわかった。

「だってぇ。あん。」

俺は夢中でSのおっぱいをもんだ。

横をみると、彼女も胸をわしづかみにされ、目を閉じ、呼吸を荒くしていた。

しばらくして、いったん彼女達をもとの位置に戻した。

小声で「気持ちよかった。」と聞くと、彼女は恥ずかしそうにうなずいた。

「彼女のおっぱい柔らかいですねぇ。」

Kにそう言われ、彼女はますます赤くなっていた。

「ちょっとトイレ。」

ビールのせいか、無性に尿意を催したおれは、トイレに立つことにした。

「ちょっと待ってて。」

彼女を残し、俺はいったん風呂をでた。

トイレから戻る途中、今Kは、ハーレムだなぁ、とバカなことを考えていた。


再び温泉に入ろうとしたところ、声が漏れてきた。

「あっ、あっ、あん。」

瞬時に彼女の声だと気づいた俺は、女脱衣所ゾーンと男脱衣所ゾーンの間の生垣のあいだから彼女たちの方をのぞいた。

「はぁ、はぁ。…んっ。」

そこには、彼女をひざに乗せ、彼女のおっぱいをなめているKがいた。

「あっ、あっ。声出ちゃう。」

「だーめ。静かにね。」

「うん。」

彼女は体を震わせ、Kの首に抱きついていた。

Sはその下で、Kのものをしゃぶっている。


一分ほどだろうか?俺はその光景をじっと眺めていた。

おそらく今まで一番の興奮を味わっていたかもしれない。

あまり遅くても怪しまれると思い、俺は戻ることにした。

わざと音を立てながら戻ったためか、彼女はすでにKの膝からは下りていた。

しかし、Kの手は彼女の乳首をつまんでいた。

「お帰り、あんっ。」

彼女ももうわけがわからなくなっているようで、思いっきり感じながら言った。

「Sちゃんもこっち来なよ。」

そう言うと、Sはうつむきながら俺のとなりにきた。

「おっぱいきれいだね。」

そういうと同時に、俺はSの胸に吸い付いた。かたくなった乳首が口の中でころがる。

「あっ、あっ、ダメっ。あっ」

Sは俺にしがみつき、胸を押し付ける。

「あ、いやー。あっ、あっ、あっ、あっ。」

となりには、Kに乳首を吸われ、声にならない声を上げながら、左手でKのものを握りしめる彼女がいた。


俺は、Sに吸い付いたまま、彼女のおしりからあそこに手を伸ばした。

「…あっ!」

彼女のあそこは、今までのどの瞬間よりも濡れていた。

熱いくらいに火照ったそこを少しさわっただけで、彼女は大きく身をよじらせた。


俺は手をSのあそこに移した。

「あぅっ。」

体をのけぞり、快感に酔いしれるS。

「ここ、触っていい?」

「もう触ってるぅ…。」

Sも放心状態だった。


横でKが立ち上がった。

そして、当然のように彼女の口がKのあそこにむかった。

その瞬間はまるで、スローモーションのようだった。



>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:寝取らせ・スワッピング, 野外・露出,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

AmazonPickup

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様