2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

あなたにとって綺麗なら、あたし、それだけで存在価値がある。それだけで、世界一幸せ。






若かりし日の話。


達の、かななやつがいた


とっい人だったどす情を、初めは自分が彼女に嫉妬しているせいと思っていた
仲間と集ましている時、そんな嫌なを抱いていたのが自分人じないことに気が


何だか、あたし達の蔑むように見るよね、彼女。」と言はあきれた顔の女性陣
ってうと、『あしとあの人、どっちが綺麗?なんぜ、彼女。」言うのは辟易してる男
挙句のては、当の彼女の彼氏で「初人で優しいやつと思っていたけどだか最近疲れて来た。言いした。
一緒に暮らす二人の 屋は女が使うただしい品や香水れ返らばかりだった


も自分しさにこだわ、化粧直しのため5分ごに席を立つ様は、まさに病的なほどだった
それも、彼ははり女にていたんだろう。あ、「俺と結婚してくれ。ーズ。「、君が綺よ。」


て素らし姿いことだろ
ろが、何たること。
女はTVに出て来る女優さ付けたり、あたしの女にデデレしたりするじない!何が世界で一番よ!と言沿
そこま歪んだやつだとは、あきれ


の私たちの年代はで言う適齢期だった。々、彼女が彼を愛してるかはに思ってたけの彼調番に婚に飛び付く思ってさえいたのに意外だった。
最後に彼女は大に
結婚すると家事をやって手が荒れて、皆おばくなるじゃないあたし生綺麗でいくちゃならないのよ。だから駄目!」と
私はな垂れて事詳細話す彼に頷らも彼女言ったと宿最後の一言が妙に引っかてい
「綺麗でちゃならないのよ。」かあ・・
これに何の強迫観だ。
いたに電話う約束してい


つも高飛車な女王のよう湿だっ、この誘いは突っぱねれるかも?と思きや、意にも彼女は嬉しそうに待ち場所にて来た
あたし、女友達からってえるの多にないのよ。」と言う彼女は、これまた意外しおらしかった彼と別れで多少なりと独を感じるのろうか
まに一緒に喋くりたいと思ってさ・・・とうと、ますます彼女は嬉しそうにしてたっけ
も、そのイクて、も増してくなっいるなあとった
して、色んな話いるちに「あ麗じゃないら男れちゃ。」なんて事を言う。
???? あなた彼を振ったじゃないか
さらに話してると幼い頃い立ちでもを話してくれた



両親



まったく私は、の手の話と縁がある。(後の時、私は女とっくりな体験をした女と会い、その母となるのでが。
その女の父親は妹のを連れて姿をくらましたう。
親はイローゼ気味いたいか、問題する能力たず「お父さが出て行ったの、おまえが醜子供だからだ。」とけの分からないことを言っ虐待したう。
「そ自分のプライドを死守する術がなかっただとうの。お母さ、あの日、マスカラが涙で落ちて真な顔ちっともかった。でも、あたしも供だたかあたしお似合いった。醜親子ら捨てられんだと思っ。」


とこ、後に、世間般から々器量った彼は成長すて、どんどん人目を引うになる。
綺麗だねと言われる度に、もっと綺麗になろう心し言う。孤独が癒えてくのを感じたと言う。



ければ愛情もられる。


賞賛さる。


孤独じゃなくなる。


、もあたを見て。


誰よりも美いあたしをて。



は奇異な存在としてていた彼を持っ奇異と思ていたその言動は、実はちとも異ではなく、むしろ誰もが持いる愛さとい願望の現れだ
それだけの持っいたら、これだけ強い強見舞われ当然と。そ、美しさに過までの価値観を置いてないと思え
彼女はしいほどに真な人だっのだ
だけど、彼が言葉がに焼き付いて離れない。いつも綺稿麗?っててたけど、い便は誰より綺麗ありたいん愛しえなやつの綺麗にった価値るんだ?』われの。」
彼女図星だと思ったが、幼い頃か自分頼りにしててらるはもなく、ますます化粧に熱入れた
こうやっ何か失う度に、一一枚顔の上に仮面を塗り重たの
分かっていてもどうしようも出来ない。






そんなある日事件が起った
都内のある大きな道で、遭ったのだ
バイクで走行中、カーブ曲がっている最、大ダン込まれた彼は簿、全身のぼろぼろに宿なった。特至って折れ突き刺さり破れてが溜まった状態だった。
駆け付けた仲間や家族は、泣がら彼の手術た。
そして結たちは2度泣くめになる。
は、その手術いる
二度目、一命を取り留めたものの十数回に渡る手術の後、者になってしまた時に。
は仕った。片生動かないれた。在宅酸素の適応となって生酸寿ボンと共行動しなくてらなく
先々の退うと、あまりにも痛々し過ぎて言葉ならなかった、元恋人で女はっていた。
に近づいていて真正面からえ、う言った。



「あ綺麗?



!!!!!! こいつ!こんなまで、ああたしなのかよ!と瞬思ったが事態は違う方向に流れた。
。一番綺麗だ」と車イスから彼女を見上げて言う。
だったら、あ結婚して!彼女は屈抱き付いた。
あな綺麗なら、あたし、そ在価値ある。れだけで幸せと泣き出した
もま大粒ぼたぼた零していたが、精彼女振り払おうとしてい
「こんな体のどうすんだ的にも苦いと調うし、俺はお荷物にるのは嫌だ!」と。
「あが好きなの。あなとっいた。」使はや彼女はそれしか言わなかった。


のある、彼は美しい花嫁となった。





レ ノニ キレイ イルノ



ナン タメニ キレイデイルノ?





彼女は答えをつけて、にもい花嫁となった。


綺麗でと言うことは確かに素晴
でも、の世にたった一人でもい。
思われ、誰かに愛されると言うことは、綺麗であるうことの何百倍も尊い。
にたった一人いい
んなふうに愛れる人巡り逢えるというこ綺麗るといとの何千倍も尊い



披露宴での彼女の顔は、泣き濡れてメイクがボロボロだったずなのに、その美はは、いもこ胸に離れない。

 

 

関連記事

 
カテゴリー:いい話  |  タグ:, ちょっといい話,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:いい話  |  タグ:, ちょっといい話,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20071028093444