2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

あなたにとって綺麗なら、あたし、それだけで存在価値がある。それだけで、世界一幸せ。






若かし日の話


男友達女に、かなり嫌なやがいた


っても美い人だったのそのす黒、初めは嫉妬しているせいだ思って
でも、仲間と集まって話している時に、そんな嫌な感抱いのが自分一人いこが付いた。


何だ、あたし達のことをむように見よね、女。言うのはあきれた顔
「何かって言うと、『あしとあの人、どっちが綺?』って言うのが口癖なんだぜ、彼女。」と言うのは辟している男性陣。
挙句の果は、当の彼女の彼氏でさえ、「初めで優いやつとっていたけ何だ最近疲れて来た。」とした
暮らす二人の部屋が使おびしい化粧品や香、洋服溢れ返らばかりた。


いつも分のにこだわって、化粧直しため5分ごとに席を立つ様は、ま病的
でもはやり彼女に惚れいたんだろう。る日「俺と結婚してプロポーした。「世界で一番よ。」と


て素晴ことだろ
ころが何たこと
彼女は、「嘘!TVに女優簿んに釘付けになっいたり、の女友デレデレじゃない!何が世界で番よ!ったしい。
そこ歪んだやつだとは、ときれ


当時の私ちのは世結婚齢期だた。、彼女愛しいるは疑問に思ていたけ見栄っ張りの彼女ら一番結婚に飛び付くかとってさえいたそこは意外だった。
最後に婿大にし言ったと言う
「結婚すると家事をって手がて、皆臭くなるじゃな。あたしは生綺でいなくちゃならないのよ。から駄!」と。
はうな垂て事の詳細話すきながらも、彼女が言うその最後の一言が妙に引かっていた
「綺麗でなくちゃなないのよ。」あ・・・
これはに何観念だ。
気がいた彼女電話して会う約束いた


いつも高飛車な女王様うだたので、の誘いはられ?と思いや、意女はしそうにち合わせ場て来
実はあたし、友達から誘貰えのって滅多にいのよ。」と言う女は、これまた意しおらしかった。の別れでなりと独を感じいるの
たまには一緒に喋りたいとてさ・・うと、まます彼女は嬉しそうにたっ
そのメ、何前にも増して濃くなっていなあとった
そして色んしてうちたしが退麗じゃないから別れちゃった。なんて事をう。
???? あなたたんじゃなか。
話している頃の立ちまで話し出してくれた



両親婚。



ったく私は、この手の話ある。(後の時、私は彼女とそっくりな体をした少女い、その親と簿ある
その、彼女の父親は妹の方姿くらたと言
はノイローゼ気味になっせいか問題とる能力を持たずさんが出ったの醜い子供だか」とわけの分からないこ言って日々虐待したと
「それ以外には自分プラドを死守す術がなんだとうの。母さんの日、マスカラ涙で落ちて真顔だた。ちっも美しくなかったも、たしも醜たから、あた達はお似合いだ醜い親子だったから捨られたんだと思った。


とこ、後世間一般から見たら元々が良った女は成長するに従って、どん人目を引くようにる。
麗だねと言われる度に、もっともっ綺麗になろうと独が癒て行のを感じたと言う。



美しけれ愛情る。


賞賛れる。


孤独じゃなくなる


皆、もっとたしを見


誰よりもを見



は奇異な湿在として見ていた彼女に親近感を持った。奇異だとの言動は、っと奇異ではなて、むろ誰が持ってい愛さたいという願の現だった。
それトラウマを持っていたら、これだ迫観見舞われて当然のことそして、美さに過剰なでの価値置いても仕いとえた。
悲しいほどに当な人だった
調ど、葉がき付いて離れない。『いつも綺麗?って訊いたけど、いったいまえより綺麗でりたいんだ?と愛し合えないやつ麗に、いったい何の価値るんだ?って言れた。」
女はったがい頃から自分が頼りにしてた価観を捨てられずもく、ますます化粧にれた。
こうやって何かをう度に一枚、素上に仮面塗り重ねたのか知れない
分かってい綿も出来ない






そんなある日、件が起った。
彼が都内の大き路で、事故に遭ったの
クで走行中、カーブを曲がっいる最稿に、ダンプ込まれた彼は、の骨が折れてぼろぼろにった。特に、肺にっては、折れた肋骨破れが溜まっ状態だった。
駆け付仲間族は、泣きながら彼の手術が終るのを待った。
そして局私度泣くはなる
目は、事後、そのが行われている下で
婿、一命を取りたものの、十数渡る手術後、彼が身障者になってしまっに。
彼は仕失った。足は生動かな告された。在宅酸素適応となて一生酸ンベに行動しなくてはななっ
ことあまも痛し過ぎ て言葉にならなかったが、元恋人であは違ってた。
近づいていて真面からえ、こう言た。



あたし、綺麗



!!!!!! こいつ!こんな時まで、あし、あたしなのかよと皆一瞬ったが、事態は違う方向に流れた
「綺麗よ。一番綺麗だ。湿は車スか彼女上げて
ら、あたしと結婚して!」と彼は屈に抱き付いた
「あたにって、あたし、それだけで存在価値がある。それだけ界一せ。」き出した。
彼もまた大粒の涙をぼたぼ貿してたが、精一杯女を振り払おうとしていた。
「こんな身体の旦を持ってどうだ?経済的にも苦しいと、俺おまえの荷物になるのは嫌稿だ!と。
あたしあなた使が好の。あなにとて綺麗でいたの。」とはや彼女れしか言わなかった。


のある日、彼は美しとなっ





ダレ ノ タイデ イルノ?



ナンメニ キレイデイノ?





答え見つ世にしいなった。


綺麗であると言う確かに素晴らしい。
このった一人でい。
誰かに思われ、誰かにされるとは、綺麗であるとことの何倍も尊い
世にたったもい
うに愛さる人とり逢えとい とは綺麗ということの何千倍い。



披露宴での彼女のは、泣き濡れてメイクがボロボたはその美しは、いまでもこの胸に焼き付いて離れ

 

 

関連記事

 
カテゴリー:いい話  |  タグ:, ちょっといい話,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:いい話  |  タグ:, ちょっといい話,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20071028093444