2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

ささやかなこの人生




やはりクラスに一人か二人はいまね、貧乏な


の時、H子ちゃんがソレでした

、夜逃げした両親代わり、おと弟とらしてした。

使われなくなったバラックのような治会館から通学して殿した


無口で績も悪く友達もいないようでしたが町な調 ひどいイジメ’とはなです

H子は古ぼたピンクンパー小豆のスカート、右の長さが違う靴下、いつもこの格好でした。

に一中、体操服とルマー(も)日があり、その日が洗濯の日だったのでしうね

時間いつも一人で壁にもたれ稿てしゃがみ込んでました。

僕はスカートの中の色かの2種類のの毛糸のパンツを盗み見るのが密かな楽みでた。(ブルの日残念

たまに毛糸ンツからている白い生を思い出しな家でたてナニーふけってました

エロ本をオズによりH子ちゃんを想像る方が、しく射精するよな気がして。

の貧スカートめくたり、毛のパンツを入れたい’、そんな事を考るようになりました。



の席変えH子の隣りになりた。

で見ると彼女は想像上にロでした

が話し掛けると友達ないH子は少しいた子でた。

でも すしそうにしゃべり出しまし

小さい声したが意外テンポよす表情は、地味だけど やさし顔をしてまし

小豆色のロスカートか寿見える太も’がとても白くて柔らかそう見えした。


っかりくなった僕らは休み時間ずっとおしゃりをする様になったのです

子は僕の方を足を開いたま中でおし貿ゃべりをてき西

毛糸のパツも毛らけのロっちい物でしたが、はH沿気付いように盗み見るのしみになったです。


ある日の休み時間、いつもの様に小豆色のスカートとピク色の毛糸パンツが見えました。

ってなと思ってのでちょっと驚きまた。

もとても新品にはえずしかも少し大めな感じがした


がに西僕の視線に気「えっち〜足を閉じまし

を赤らめ「見てもしょうがいでしょ?」かなり恥ずかそうに笑い、つむまし

僕「いや、カイイね、ピンク。ませて

子「・ばか」 

僕「きいね」




子「・うん。」「・お姉ちゃんの、おさがり・・うち貧乏だら・

彼女んがいるのをめて。両親側でしてうです。


舎だたので 学生の男女が二人きりで校す寿るな恥ずかしくて出来ませんでしたが、帰り道が途同じだったので ある小な神社ち合するようになったのです。


缶ジュースを一本だけとお子を少しに座り、薄暗くなるまでおゃべりをして過ごしまし

当は買う程お金はありましたがH子と間接ス’をくてわざと一本だけ持いったのです

最初は嫌な、と思いましたがH子は「しい」と嬉しそうに飲まし

一本のジースで飲む’行為がなんか大人のカップルの様でドキキしいまし

僕は子に激しい妄想を抱くようになていたのです。


僕は左手に手術の縫があるのがある子が「痛くないの?、触って?」と聞いてきた。

僕が「ウ、平よ」と彼女はそっ沿てきまた。

はとても冷たました、


もね、おなか縫い傷があるの。全然消えなだ」いながら、僕の左手の傷をさったり、撫でたりまし

僕はキしながら「おなかてもいい子は顔を赤らめ「えッ。今?・・・」と無言になりました

いね」言いながらH身体に寄り添うと、はとてもずかしうに・W君なら・・見せてもいいよ」「恥かしいから絶対に秘密だよ」と薄た小豆色のスカートを自分で捲りげたのです。

お姉さんのおさがりののパンツの前、至近距離で現れた、ビリビリと衝撃がりました


H子ンクの毛糸のパンツ太ももまで下げまし

いつも白だ簿思っていたH子のパンティは湿水玉模した。

濯し様は色あせて、あそこ部分は少し黄ばした

僕はンティの黄ばみには気が付かないをしよめました。

しかももまでげた毛糸のパンツはりボロっちいティ、H子の白い足とおか’に僕は大変興奮てしまいの中ではチンコがカチンx2くなっておりた。

いな」と言いながらH子はパン少しげたのです。

気な怪我なのかわりま子のおへの少し下に10セチ位の縫い傷がありました。

白いおなかにンク色傷がってました

触っていい?」コクンとうなずきら目をそらしまし

傷口をドキドキながらなぞりま


「今もね寒くなと少し痛いのよね」と子が言うで僕は手の傷の部分を「こすると暖かろ?」と言いな指はンティの中に入れたのです。

うん・・あったい・・」

H子僕の左手の傷さすり、H子なかの傷に手指はしっかパンティ)しばら無言で


僕が指をパンテの奥へ少入れるとH子は太もをキュっと締め身体を固くし

「そろそろ帰ろ

うなくH子。

の毛糸のンツげてりました

「W君やさしいだね

薄暗い神社の石段を手繋ぎながら降りまし


家に帰るとH子のボロっイ下着や柔らかいなかの感を思い出しがら激しオナニー姿しまた。

貧乏臭いH子の薄汚い洋服、毛けの毛糸のパンツ、そて洗いすぎで色あせたそこのばんティ異常な興を持めていまた。

れかデートではH子が僕の腕の傷ぞり彼女のおなかの傷を触り(パンツ手を入れ)おしゃべりをするのが楽しみした


れ家バラバラになった事、お姉さんが高2で中退し靴の工場で働くようになった事、服はもちん、パンテやスリップも お姉さんのおさがり’で何品を買ってもH子はなんでもしてくれました。


今日はウチ、いないんだ」H子がってきました

親のへおばちゃんと泊りに行く’みな内容でした、僕はウチにい?’と言ってい様にも聞こえました。

はひどく興しH子の着類をたり、もっとッチがあるかも?・・妄状態

へえ、じゃあ帰りにっていい社は寒いし」平然を装した心臓は激しく高鳴た。

「うきてきて。」と顔を赤ら宿めながら嬉しそう言いました

H子を好きになってたが、それ以に彼女の貧さ’洋服、下着など薄汚さに執着してたのです。

はりクラスのみ知られくなで、H子が帰り、後か行く事にしました。

使わくなった館は古く争映画出てくる病院の様です。

H子は裏口から出てて僕を招き入れま

借金取りが来た時、玄関をクギ止めす。


H子は00学園子ソフトボール部’と刺繍してっちジャジでれもね、さがりなんだ」と言いがらタンから小銭を集めてま

ジュ買ってくる’とチャリンでH子かけした

古くてオボロの部屋でしたチン片付いておりスッキしてました。

僕は先タンスの下の方の引出しが気にていたです

「あのに・・H子が・・」妄想超特急で姿

僕は家に誰もいな事をもう一度確するタンスの引しにをかけました

はやロっちィ、服などでした。

から二目を引くとH子の現れ僕のが高りまた。

服とマ、毛糸のパツ、スリッとパ簿ィが4枚

してなか黒いタイツがりま



パンティはどれも履き、白地地味なプリントがして花柄や水玉婿模様は色あせて

「いい事をし。僕は変態だと思いがらもスリやブルマも手に取り触を楽しみました。

わよば盗もう、ともいまあまり数が少ないのめました。

がてコーラ菓子を持H子が帰ってきました。

何事もなかった様に僕が「おいだろ?」とH子は横にピタと座り寄り添って来ました

僕らは抱合って不馴れなキスをしした

ぐ唇を離すとH子のクチからヨダレが少し垂れてまし

たすスをして、僕H子のヨダ吸いました

H子は嬉しうな、泣きな、もいえない表情、「W君ヨダレ・・たら汚いよ」

僕「Hちゃんなら気」

・・ばか・・

学生ぎこちない


下腹部は、痛くるくらい起していました。

ジをがそうとすると、H子何も抵抗しま

スリと毛のパンツ姿の彼女激しく興奮きついてキスをました。

ブラをする程ではありませが、H子の少し膨らが、自分の胸に柔らかく感じとました

・僕は射してしまいた。

ンの抑え!」

うずくどうしたの?・おなかい?平気」

僕「うん・・ないよ」

H子「・ゃったの

っ?」

僕はH子’を知っている事に驚いたです。

ば高校生のおさんがい調

その手の本などにたくさんあって、H子盗み見ていたそうです。

H子便は恥ずかうに「あたしもね、エッな事考えるとパン濡れよ」

「うん・そうらしいね女のは」

僕は射た事かしH子の顔が見せんでした

たりでレ笑いをがらまたき合スをしまた。


中学いっても仲良て・・」

うん・・



り際、スリップ姿のま裏口でキスをしてくれました。

「中ら毎日チュウしてオンボロの家の出口で、薄汚い下着姿でニコニているH子が、愛りませでした

はクラスメートにH子との関係がバレなけれいいな’思てまし

型の乱れコケシのうな地味顔、い洋に近い成績、何一ッとしな女と良くいる事を知られたくりませんでた。

なのに僕、無抵抗なのをいい事に、H子にイヤラを続る自分殿たまらなく嫌でした

かし人きりで おしゃべりをしたりすると必ずと言っいほどキスをしり毛糸のパンツに手れたりしいました

H子もそれをまっているか様でした

スカトを捲られても抗も真っ赤な顔でされるがでした



卒業でH子をみつ驚きました。

彼女は新品のーラーした。

運動靴も新品いタイツを履いてした

ょっぴ大人っく見えるH子には何とも言え淋しさを感じのです。

後で分ったの生活保護で制服や文房具なが、市から支たそうです。

新品ラー服で小奇麗見えH子に多少の淋をおぼえまが黒い’とゆう新たなアに僕行は全速力でした。


くつな卒業式をえると、の外トイレのでHと話し

休みにどこかへ行こう’・・・

舎の駅のームに少し遅れてきました

イツと新品運動靴クーガー。てま)以外はイモンパーに小豆色ートと、いつものスタなぜとしたので

タイツの下は・・

ディー列車の車内でんな事ばかり考えました。


出来るので市営の動物園に行きました

まあ公園に動物がい調るだ’って感じイ所でが。

園内高校生ちろん、学生と思れるカップ尿ルも数組り、何となく気楽になりました。

との関係、不純にえていらです


デーのものは新中学生ら手をつないでクマやラインをたり低い観覧車にキソバをりと平楽しく過ごしも満足そうでした

視線はHの黒タに集中し頭の中はいエロス’でいっぱいでした。


イツ、あっかそうね」

子「ん、姉ちんのッてきたw「あし、早く中学生なりった。制服があれ・・洋服をなくいいし・・」 




>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:青春, ちょっといい話, 胸キュン,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様