2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

裸で泳ぐのが大好きな変態奴隷




わたしは21歳年生(女)です。

私は近所のスクールにいるのですがで私、2年前、人には いえないようなしい体験をしま


ある日いつもより早を出たわたしは、より早時間にスイミンクラブに着

それは、前から計画していたあとを行すためです

れは、誰もないールで、全裸で泳ぐこと。

家はイミンクラブ所なので、歩いて5分もいのですが、他の人た、バスや車など遠くからので、私より来る は遅くなります

で今日は、もより早めに出ればルでひりでいる時間なり

わずかな時間って、私泳ぐことた。


貿に着私は、水着に着替え、プーに行き、誰もいない確かめると、すぐに水着を脱ぎ、全裸になりました

水着は、誰か来たときす着られように、ニタイプのを。水着は自由指定なのて来ても問りまんでし

誰もいいとわっててさすに全裸とうのはしいので、はプール中でじっしていました

も、このままではまらなので思い切っぎはじめることに。

初めて全裸で泳ールは、想像以上持ちのいいものでした。


そもそも私は、水着があまり好きでありません

私の胸は、きくてイズのあった水着でも、窮屈に感じて便しまうんです

て、全裸というのは、身るものが何もな西、とても開放気分なるんです

でるうに気よくなってき便は、ールサイると、大の字に寝転びました。

んな広いで全裸で寝転がるなんて、とても恥ずかことをていんじいかと考えと、なんだかとってもエッチな気なってしまいました。

「あっ、んっ、んんっ……」

がつくと、ひとりでに貿たしーをいまた。


うどそのときです

以外のメンバーのみなさがプールに来は。

のスングクラブには、去年たくさんの性がやめてしったとので、今女性ひと、つまり、他皆さんは全員男性なのです。

このとき私は、股を大きく開いて、オナニーの真っ最中でした。

すぐに、の男も集まり、オナニーをている私を囲みます

段の声をあげているところなのですが、今の私は、妙開放感にまれてい恥ずいとう気りも、この格のままでといのほうが強かったんす。

かも、みなさんに見らこと、私いうとを再認識させられ、それがをもっと興奮さいました。

正直書くとこのとは、見れてじてたんす。

あの、は、、ああっ、だ、ダメ、イっちゃっ!

このまま私は、男性のみなさんの前でってしまいました




男性A「ね、何してんの?」

私「え、っと、オナニーです

性A「プールってうこと所じゃよね

男性それに裸なのは?

「前か、裸でみたかんです

れで…調…あのこのこと、絶対わなもらえすか。

私が、裸で泳ぐのが大好きと」


頭をげ、必便願いしましたこんな秘が広がたら恥ずかしくてたまりません。


男性Aそうだ貿ゃ、一発犯らよ」

性B「そうそ俺たちたまっんだよ

俺たち全員するなら黙っいいよ

これを聞いて私安心しま

自分犯さかもしれな状況で、安心するのもすが、ことき私はが守られる、セのひとつやふたつ、なんもないっていました

高校ときすでに経験済みだったので それど怖いとませんでした

「わかした。私の身体好きにしていいでら、約束、さい。」

男性A「ああ。それ、俺ちに逆らうよことは絶対にするなよ


して、私とーとのプーのエッチはまりました。

んな、私乳なのでばかり責めてます。

いいので別に嫌ではありませんでしたが、他のも責めて欲しかたのではみをしまた。

、おっぱいいど、アとか弄ってほしです」

性「え、何処をいっていって? 大きな声でいってごん」

私「私の おまんこ、たくさん責めてください! んちんもたくさんしぶりたです!もう我慢できません!」

んな葉を大声でったのも、れが初めてでし

段なら、絶対にこんなことはいいません。

でも、このときは、なんだか とっもすりした気でした調

私の希通り、りがの腰をあげると股に顔をうずめもうひとは、私口に おちちんを押し込んでまし

おちんちんを押し込んだは、私顔をつむと、腰してきました。にいイマラチオというものです。

最初とても苦しかったのです、口犯されていると考えと、とても興奮してきて、んちに舌を絡ませ彼がもっと気持ちれるよ努力し流れ出る我慢汁死に飲み干しま


そしてがしらく続いいきなり彼、おちちんを根込んくると、私逃げらないよに、顔を抱き締めてきま

そのは、に射精してきた。

射精されたのは初めてだったので、とてくりしました。

の中に異臭が広がって、思わき出うとのですが、口がふがれているの出すこが出来せん


結局 私は、しばらく口中で彼の味わった後、ず飲ました。

ちんちんを抜くと、すぐま別のが、私口に おちんちんを入れました

のほも、さっきは別の人が私のまんこを責めてます。

ときの彼はさっきの彼ほど乱暴でなかっっきり おちんをしゃることが出来ま

礼に私はに口湿い、ザーメンした

今度は あまり異臭は気にならず、むしろ美味しいとさえ思ってしまいました。

の彼が射精したとき、ザーメン飲みたくて、尿てるザーンまでいました。

うして、メンどが私の口を犯し終わ、とうとう挿入のときがやっまし

向けになり、股を広げ、マ簿返しの格好になっおまんの おちんちんが入きます。

私「、おんち、気持ちいですっと、もっと動いてださい!」


んーちょっとエロこといって。ら動いてあ


「私のいらし婿いおまを、のおちんちんでいじめてくだ寿のおまに、メンたくさん中出してください!」


いう、彼は思いっきり腰り始めました


私「あっ、ああっはあんちいい、ちいですっ


頃は、コンドーをついたのでちんちんは、これが初めてでし

初めの生おんちんは、殿以上気持ちいもので、高、避妊だとかいでしのが馬鹿らしくした


てしらくして、彼は私の中でした。

んこの奥に、ものが出てるのかり、とても心地の良い気なれま


んちんを抜くと、すぐに別のが おんを入れてきまた。しかし、する数はまだだたくさんいま


で私湿ことをいつました

私「あの、嫌じゃなければ、お尻の使って

これには、さすがさんもびっくしていましたが、私は、高校の頃、アナルセックスも経験していたのだといい、アルを使ってもらうように頼した。

数が多いので、前とろに同時に入れてのセックスです


「あっああっあふああんっああ!!! んちん、気持ちい、もっと、もっぉ」




もう私は、束のは どうでもよくした。今はただ、んなに犯して貰いたくて腰をふるのが精一杯で


男性「ないこといよ、態さん


そう、私は、変態さんでぐのが大好きな変態さんです。」


男性「そうそう。そんなにはお仕置きだ


私「お仕、いくだい。いぱいいっぱいてくだい」


とてつもく恥ずかしいことているといまし

でも、言葉ばする感が全身を上っさらに私をエッチな気分にせるんです


んっああっ、中ににください、お願す、中に出してさい!

「は……ひ……ま、またイっちゃいました……

「やだ、抜かいでさい出し、私を妊娠させてださい

「ああ、イく、またイっちゃいすぅ


交代ずつ、私はみなさんに犯されました。

、ただ気なることいっいでした

このとは、本気ゃんができてもいとさえ思てたんです


あ……ぁ、あっ……んぅ……」


員終わたの、私を犯すはいなりました

私のほうは、何イっか、体中の力が抜けつことも出来ませした


私「……こ、約束ってくれますよ……


悪いけど、理だね。これから、俺奴隷くれるなら、考えてあいいよ」


私「奴 ……いいですよ。なります隷」


男性A「なら奴隷儀式だ」


いう彼は私の口におちんちんを押し込んました。

たフェチオでもさせられのかと、おちんちんると、んだか生ものが。は、のおしっこでした。

一瞬びっくりしましたこれが、奴隷になる儀式だと気き、抵るのをめ、彼のおしっこをこと集中しまた。

気がくとたしは、分からの腰に腕を、必なっておし飲んでいまた。

おし自体は別においしいものではありませんただしっむという異常行為、私を興奮せていました。


おしっこを終え、おちんち抜いた彼は私に質問を西ました。

男性A「あとメンバー、全員のを飲むのと、みんなにおしっこ中にかけれるの、どっちがいい?

私は体にけてもうほした。

口に出されけでも興奮してしまったのに中にかられたら、いっいどなる怖い興味ありた。

わたしは大の字れるといに おしっをかした

顔を、胸を、脚を、いろんなところを、生い液流れいきすがに全員一無理、交代で私こをかけられまた。


折うつぶさせられ、背中やお尻もおしっこかけらまし

のときは、とてもうれしい持ちでいいでした。

おしっこをかけられて気持ちよくなっいたありま、たさんの人に犯してらうの、こんなに気持ちのことだ知らで、ても幸せな気分でし


のスイミングクラブの日ら、私は水着を持ってくなりました

みんな知っいるので、裸泳ぐこと隠す必要もないと思ったからです

れに、エチをのに、水着を着てい邪魔なだからです。


も私は、スイミングクラブに、みなんにしてもらっす。

奴隷れというのは、私になときにエッチさせろうものでした。

ちろん私は、大喜で奴隷を努めせてもらってます


密は、もっと簿大勢の人てもめに、分からバラしまいました。

最初はコンを持ってく人もいましたがしが病みつきになった私は、コーム禁止し、エッチの時は必ししてもらようにしてます


らには、いつか私の口の便代わりにないて、おしっこをときは、私の口に出のがになっます

おしっこを飲むのきにってるのんで みさんの貿おしっこを飲せていただいてます。

生理中や、危が重なった時、水泳教室は休みます会わないようにしてす。

が、もしも危に出されたらと、興奮が止まりません。


ちょうど今度の危険日、スイミンールのります。

その日 私は、みさんに日だという私を気で妊るつりで犯して欲しいと頼つもりです

しも妊娠したらと、今から期待胸が一杯です本当は、たくて仕方ありん。

度はな快感がれるの楽しみで楽しみないの

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:乱交・複数, 異常シチュ, 女性視点, 性癖・プレイ,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

AmazonPickup

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様