2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

友人のPCから,彼女のプライベートビデオを発見してしまった






彼女は歳 歯科助手をやっる。
実は学生の友達仲間とつきたんだが、しばくして
ンカ別し、いう訳か1前くらいから俺とつきてる
まぁとは最初はい感もあったんだけど今はお互
に気にし



伝ってに皆で飲み出したは良かったんだが、話し
ていにお約束のに話題はロネタにつきあって女と、
ういう変態セしたとか、そな話題でゲラゲラ笑っいたのだ
、A他のヤツに
「俺は女とヤっビデオを結構残してるぜ」とか言っているの
たので、俺としては、彼女とのビ衝撃を知ら
ぬフながら耳をデカくしててた。


「ビテー面倒だからパ取り込んる」
えたとき、もういてもたっいられなかった


の他に4人殿んだが全員泥酔にて撃沈
西に置てあるAのパソ動Aとかに小さ声を
かけてみが全反応無し。
ドキドキしながら、パソ少々指先が震えてた時間湿
れてな思い素早く検
・・


れていた反面、妙な期待感たよ。 そて間くHDD
aviファイルとット。

部屋し暑かったのもあるが、額から変な汗が出だすパソの横に
置いてあったヘッドンを・・ファイルブルクリック・
ディレイヤーが起、ファイル読んる。



メラはAの前の部屋にあるベッドを上から映し出してい
多分、隠し撮りのようだが、V機器に結構金をかけてAだけあて、
質は良かった。
面に映っていなかっが、ヘッドホには、女の声は無
Aの笑い声と聞き覚えのい他の数名の声が入ってい

おや?とは思ったが、いていた。
面には日も・・深夜3時ちょ湿拍子抜けな感だっ
れもくなった



おかな会しているので酒が入っるのは分かったが
ではない男の声で、
っちゃっなぁこの子
これじお好にどと言ってるようなもだね
彼女がそこにいるのか!
酒に弱くてすぐに寝てうのは俺も知って
タズラで下着をたこともたが

全く抵抗無しになるくらいだけに、俺の手姿にはに汗が滲
だよ



・・
してついカメラの画面が
Aと男が彼女を持ち上げようにしてドに置く。
小さ身をよじが、すっか入っのが分かる。
続いて他の男ち3人が画面に場。


う巨だろ乳首さわるだけチャチャになんだせ」
Aが自慢げに寝ている彼女服の触りながら言う。
、イイなぁ 俺もてぇー!
ー、うせ起きなから触れよ
「マで?ラッキー!○○美ちゃん、いただ
などと言なが男た女のしづかみる。

ー!ー!気持ちいい」はしゃぐ男たち
足下にいたなん、彼女の足使すっている。
んな女を好放題できうらーなお前
てすっか気分良くしてるAは、

「そろそろ飽きてきた女、みんなでヤ?絶対に起きないし
に雰囲気がるの手に取るよに分かっよ。


が彼女の上半身を起こす
が彼女の服のボタを外
露わになる彼女の青いブラ
は、声をげながらも、ることなく彼女の手を回してる。
っという女の前に現れ
らのカメラしきりに気にしている。
からするつりだったんだな・
った

でも、この先を見ていたいという欲望は勝てなかった。
意志とは無関係にのどが鳴
手の汗は止だったよ。


ソヒソと声が聞こえているが、く聞こえない。
男達は、の乳房を揉んだり、乳首をなりし
を触らるた女は、無意識にビクッと体わせてた。
上半身は、す脱がされ男達れぞくままに彼女に
放題は時メラみながニヤし
いる



らくして退が動き出す
ろそろマ○コ
に指示されながら男2人がの腰を持げる。
、素く彼女のス

次に下着をおろしまった。
そしてAは彼女を跨ぐように膝をつ
女の両膝を持ち気に両側に拡げた。

ー!」男達が女のきく拡両足の
を入、彼を凝視る。



は、ここたり既に唖然。
自分で、どうしていのか全くらなかっけど体は応してしまていたよ。
最低なんだろなこれ、と思いながら、
達がまで、よくえてなかったけ
は、アン気にしのか彼女を動かして
ちょうどカメラに彼女器が写るようした

撃だ 彼女の膣は既淫ら液が出るの
キリわかったから、それが女の肛門に流れていのが
明にっていた・・



男達「びちゃびちゃになっぞ!マジエロい!」といでる。
「軽くリに触ってみろ。まだまだ出てら」が笑いら、
彼女下半身に両手を伸ばした。
してで彼女性器をに拡げて見せた

おーピンク!ンク!クリト便くなってるじゃん!」
そう寿言いがら男一人が彼女のリトリスに先を近づけくる
円を描く殿うに刺激した。 ビクン!ビクン!と彼女の腰跳ね
る。そんことかやているう男達か

っ!出てき!すっげ!ドロドロ出てく



達は次々に彼女の性器タズラをしいる
「中指入れてみ」Aがすように言う

男の人が彼女の西人差し指くり差
「あたけー!ダが多いし、狭いな!きもちいいー」
いつ、狭いしまるけど、指4本くならいるんだ
おおっ!マジだ!本もほら!入る入る!

彼女の入り口が押しげられてるのが分かる分の女だ
ズボは、そのころはガガチった。



Aの畜ぶりは、そものでは終わなか
の穴なんだぞ」
「ヤ中な、お尻にも入れて!とんだぞ」
なんでそいうことを顔でいえだお前は

ー!俺ルっヤったことなだよー」
「指2入れて。慣れてるからすり入るぞ

小さな笑い声。男の一人は彼女膣内指を入れままきま
わして彼女腰が々ビ!と動く他の男が彼女の性
器か西出続けいる液に塗りたくった
彼女の肛門にあてがっ、ゆっくりと中に押る。


メラ写っいる女のは、入しくるようギュ
ギュッと収縮するのが分かった。
しか、容赦なく押し込まれる2本の指先。

彼女の肛門がなくを拡同時に男の指は彼女
の肛門の中にどん
てそのとき、彼女の口から「あううー」というあえぎ声が聞
一瞬たじ男達をみて、
「大丈夫って対起ないよ」が男させる。
い、どこヤるつりなんだ。



在のとでは ないとは言、自分の彼女が泥酔られ、前彼
めた男数人前で、を拡げて性器を晒しいるどころか
膣と肛門の両方にっ込まれて腰をかしている・・


が何った
男の一人彼女の性器に口を近づいった。
く痙する。
て彼女の口から「はあ!あっ・」とう声が出ている。
彼女の腰が痙攣はな、円を描くよに動きしている。
持ちよくて感じのは明白だった、衝撃だった。


愛してければ感じな・・何かの本に書いてあっ
の前でダララと液をしているのは何な
ていいけ気持ちいいとでも言うか?
が動き出している
ンズのチャック下げているのは感じで分
Aは、カメラないよう側に



Aは頭のにいヘラヘながら、
彼女の小さくいる口のところに自の陰をもっいく。
彼女口に亀頭が触る・・自分の彼女とは信じられなかった。
ほとんど無い中で彼女はA陰茎内にんだ。
や、口から小さなAの亀頭をゆっくりと舐めている
っ!あうっ・・」と々あえ声を漏らしな
男達の目の姿で陰茎奉仕して



Aがまた小つぶや
男のうち2人がAに指示されるま彼女の向こう移動する
達は、もう自分の下半身を脱ぎ捨ていた。
2人、大り返っいる自分ものに手を添え、
Aと代し女の口に陰茎を触れさせる
女は迷となく、で亀をチロチロとめた。
もう1人の男は、彼胸の上を跨膝をつく



そして横の男一緒に彼女の口に分のもれさ
彼女は、何かしい?と思うことは無た。
の陰茎に舌わせていた
性器と肛門れられき放題にる。
腰がビクッく。
後は淫ら円を描くうにゆっくり動いている。



女の口茎を触れさせていた男1人が彼女の顔に覆い被さる
ように姿勢を変え。横男が「あ!ずるい!いながらニヤニ
ヤしてい。男は彼女の口にあ陰茎をゆっくりと口の中に押貿
抵抗も まるで反射にように口を大きく拡る彼女
からは口の中で舌が陰茎をてい様がハッキリとかった。


陰茎喉の奥きたにしせいか彼女は、
「ごふっ!ぐと短くムセあと
彼女喉がでいハッキリとわった。
俺とですなん汚いからヤ!」拒否しいたの貿
、カメラ向こ側でゴクゴクと精液を飲み込んでいた。



いおりザーメンせてるのよ!
男達が笑いながらの飲み込んでいる様を見いる。
の子、飲んだ後に口の中でた舌をてる
「マジで?交代交代!!」
はしゃ達 次に陰茎を口内に押し込んだもうめ
「おー!んとだ!巧いこの子」
「だろ

あーべ!もう出る!」
おい!
俺のも飲んでー○○美」というと、
は激しく陰茎を出入れする。




ュ、ポッといういやい音が聞こえる。
「ごふっと言がらは口か離さ
無意識にでも、ここするくらいに教え込まれてたのか・・
期待感?自が理を保切れていないのが分かる。男は彼女
の口の中に姿で押湿み、いた。



彼女喉が再び動く、の液を飲み込でい
いおい!ゴクゴク言てる出し過」男達はそ
ろ余ができたのか、談話しながら彼女の体中をんでる。


が動き出した。彼女口を楽しむ交代し、彼女の性器めて
男が彼女の両足持ちた。Aはベ側でニヤ
ヤつきながら何やら示をしている。カメラ気にしながら 彼女の
足をげた男が自分の陰茎膣内に押込んだよだ。彼女
が少しきめにを反って「うっ!と呻い



「うほー!締まる締まる!中で動いてる!
入して男がしそうにいる。
男達その合部分を覗込みなが彼女の乳房を弄び、
女の口内に陰茎を出入れして楽しんでた。
もう彼女は完全な肉奴隷状態だった。



そして、入している男がきそうだと言うと、Aは
を言た。

「面だか○コに出イぞ」
ラッキー!」
あ・すらてもらっていない事を

そん気持ちで見る画宿の中ではラストスパー
女に腰を打ち付ける。ヘッドもハッキリと聞こえて
れは腰の打ちる音、から溢いる淫らな液る音。
そして、意識の薄はずの彼女の口から能の声。



後のち付け 中に出すぞ何度も言いなら男は、
膣の一いところまで、陰茎までねじり込んでい
男の尻がしらく間、小さく痙攣している。

の膣の一番奥までっ込る陰茎が、男の精液を子宮の
口に便ちまけているのだう。

「おーー締まるちよかっ!」
そうら男がゆっくと彼女る。

の陰茎が膣の入り口からき出れると、 同時ったの精
が大に逆流してくる。ベッドから離れているこのカメ
えて、彼女のが精液を吐き出

ごぽっ・・ぶぴっ・・
もう信じる物など無くないた。
て男達の性欲解使まった


次々と彼女入、膣内精を繰り
射精さ度に彼女の膣は精液を押しす。
して彼女「はふっ!」
と仰反って、 感てい露わにす



しばし、ベッドのう側にいるAが何言っ殿た。
彼女をつ伏にすると、けを持ち上げた
尻は高く持られ、膣からは精まだまだ流れる。
からA人の男が消
しばらく3人がその手にはいいろな物が握らてい



一瞬、焦点を失てボけたカメラが再鮮明にしたと
は画面に向て「やめてくれ」とつぶやいしまっ

四つん這いにさせられ、尻をけている彼女のに 男達は、何かを押し
んでいるのだイブとも思が、そうでは無かった
屋のや冷蔵庫にある入りそうなものをてきを彼女の
膣内や肛門に入れて楽るのだ


ううー!ああ

を押しまれてるのに 彼女は腰を振りがら喘でいる。
信じらぬ・らえるないいか!
野菜セーうなもの調の瓶や細のスプレー缶、
次に調てきたのーターのよものった

彼女クリトリス付近に当ての腰は激しく痙攣した
そし人の男がAに湿示され、尻のに回った。



ている宿のか?カメのアグルに気がついたAが西女の尻を
斜めこちら向けた。そして男が後ろから挿入した
しかし、男が挿たのは彼膣ではなく肛ったのだ。
ぁぁぁ!」
めき声を上げる。気がつい貿た!やっ気がつたのか!?
しかし、次の言葉非情った
いいぃ・・
「あぁ・イイ・・」



「おおアナルって締まんか中がだ!」
男がなが動きくする
「おー!出る出る!」
ーー・・

男は、動きを止め、ゆっくりと彼女の肛門か引き抜く様をしん
いるようだ。ダ陰茎が抜ける・・
彼女の肛門は、だらく小さな口を貿たままだ。
そし、その閉らない小穴かは再び精液が流てく



無意識な門まで・くはいのか?
でお、そな心配など無用だった。
彼女体が小さくく震えている。
れは歓喜をしてた。
門をようにわれ、 果てに腸に射精んでいたのだ。
淫らもう対してそう気持ちにしかならかった




>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:, 相手の過去, 乱交・複数, ハメ撮り,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:, 相手の過去, 乱交・複数, ハメ撮り,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20071218134002