2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

友人のPCから,彼女のプライベートビデオを発見してしまった






22 歯科手をやってる
は学のときらの友達仲間きあっんだが、しばらくし
カ別れし、いう訳か年前から俺とつきってる。
まぁ男の最初は気まずい感じもあっんだけど今は互い別
に気にしてない。



ってや後に皆飲み出だまでは良かっただが、話し
ている内に話題はエロネタにつきあってきたと、
変態セックしたとか、そんな話題でゲラゲラたのだ
、Aがのヤツに
俺はとヤっビデオ構残してるぜ言っていのが
たので、俺としてはとのデオも!?衝撃受け
ぬフはしなをデくして聞いてた


ビデオテープで残すと面倒だからパでる
そう聞こえたもうもたっもいられなかった。


、俺4人いたんだが全員泥酔にて撃沈状態
俺はロフトの上に置いてあるAのパソまでさく声を
かけてみが全く反し。
キドしながらパソを起動少々指が震えてたが、そう
されてないと思い素く検
「○○美」・・


た反、妙な期待感もあったよくHDDの
にaviファイルとしヒッ

部屋が少し暑かあるが、額から変な汗が出だす
置いてたヘッドホン接続・・イルをダブルクリック・
メディアプレヤー動し、ファイを読んでいる。



メラは、の前の部あるベ斜め上から映出している。
分、隠し撮が、A機器に結けてるAだけあって
画質は良
には何も映っていったが、ヘッドホンには、彼女声は
Aの笑い声とき覚っている

おや?は思が、俺はのまま聞いて
画面には日付と時も・・深夜3時ょっと拍な感じ
が、そも長くなた。



おか会話をしているで酒っているのは
Aではない男で、
「全反応くなっちゃったなぁこの子
ゃお好きにどうぞ言ってるよもん婿ね」
彼女がそこにいるか!?
かも、弱くてすぐに寝てしまのは、てる。
イタで下着をがしたこともったが、

く抵抗無しにらいだけに、俺手のひらには一気が滲
だよ



聞き取れない男声・・
そしてついメラの画が動く
Aと彼女を持ち上げるようにしッドに置く
彼女身をよ、すかり寝入かる。
いて、他のたち3人が画面に登場。


「けう巨だろ乳首さわるだけでチャャになるんだせ
自慢に寝て彼女の胸を服の触りながらう。
「うなぁ 俺てぇー!」
おー、うせ起きないから触れ
「マで?ッキー!○○美ちん、いたまーす
どと言いながらたちが彼女の胸づかみにする

「で!やわらけー!持ちいいー」はゃぐ男たち
彼女の足下にいた男なんかは、彼女足をさている。
「こんな題できてやましー前」
そしてすっり気分を綿くしいるAは、退

ろそ飽きてきた女だし、みなでヤるか?絶対に起きないし
気に雰囲気が変わるのが手に取るように分かたよ。


半身をす。
横にいた男が彼服のボ外す
露わ彼女の青いブラ。
男は、歓喜を上げがらも、止まるこく彼女の背に手をてい
うまに大きな胸が男達の前に現れる
ちらのカメラをきりに気にしている。
初からこうするつもだっんだ・・・
りはあっ

このを見ていたという欲望には勝てなかった。
自分の意志とは無にのど鳴った。
もう手の汗は止まらない状態だったよ


ビデオからは、ヒソヒ声が聞こえ沿るがよくえな
男達は、彼女の乳房を揉だり首をなめたしてい
触られたびは、無識にビクと体を震わせてた。
上半でに脱がされて、男達はそれぞれつくまま彼女に
触り放題Aは時々メラをチララとながらでニヤして
いる



しばらくして、Aが動きす。
よしそろマ○コ見せてやるぞ」
Aに指示されながら2人が彼持ち上げる。
は、素早く彼スカー

次に下着をおろしてし
Aは彼女を跨ぐように膝をき、
彼女の両膝を持ち上げると、一に両側にげた

!」達が彼女の大拡げれた両足の間に
れて、彼女の性器を凝視する



こあたりで既に唖然。
自分で、どうしいいか全からなかったけど、体してしっていた
最低なんだろうなこれ、と思いながら
男達がじゃまで、見えいなかったど、
は、アングルを気にしか彼女を動かして
ちょうどカメラに彼女の器が写るようにした。

衝撃だっよ。 彼女の膣からは既に淫らな液がている
ハッキかったから、それが彼の肛門のほう流れ
明にっていたから・



男達は「びちゃびちゃになってるぞ!マジい!」とか騒いでる。
「軽くクリってみろ。まだまだるかAがいながら
彼女の下半身手を伸ばした。
そして両手で彼女器を両側にげて見せた

おーピンク!ピンク!クリトリスくなてるじゃん
そういなら男人が女のクリトスにを近づけ
ると描くよに刺激した。 ビクン!ビクン!と彼女の腰が跳ね
んなことを何かやっているうちから、

「うわっ!た!すっげー!ロ出てくる!」



男達は次々彼女の性器にイしている。
」Aがせかすように言

人がの膣内に差し指をゆっくり差し込
「あけぇ!なん使ダがいし狭いな!きもちいいー」
こいつ、狭いしるしけど指4本くらいはいんだぜ」
「マジで?おおっ!マジだ本も、ほら!入る入る!

彼女入り口広げられてるのが分かる。 自分の彼女だ
れのズボンの中は、そのころにはチガだっ



Aの鬼畜ぶりは、そんなのでは終かった
「こい、ケ穴も大好きなんだぞ」
ヤってる最中なんか、お尻にもれてー!とか言う婿
なんでそういうこを笑えるお前は?

「へー!俺、ナルってヤっ寿たことないんだよー」
れてみろ。慣れてるかんなり入るぞ」

小さな笑い声男の一人女の膣指を入れたまま中をかき
している。彼女腰がビクッ動く。他の男が、の性
器から出液を指先に塗くった。
そして門にてがってと中に押し込んでいる。


カメラに写っている彼肛門は侵入してく指をむよギュ
ギュッとするのが分かった
しかし赦なく込まる2の指先。

間もなく、女の肛門仕方なくげる同時の指は彼
の肛の中どんど入ってい
そしてそのとき女の口から「あううー」といえぎ声が聞こえた
一瞬たじろ男達
って絶対きないよ」Aが男達を安心さ
こまでヤるつもりなんだ。



在のことでは ないと女が泥酔さ、前婿彼も
男数人の前で、両性器を晒しているどころか、
両方に指を突っまれてめかしている・・・


った
男の人が彼女の性口をづけてい
女のが小さく痙攣
そして彼女の口から「はあっ!あっ・・」という声が出ている
彼女の腰が痙攣ではなく、を描くよに動き出してる。
持ちくて感じているのは明し、撃映だった。


していなければじない・・何かの本っけ
じゃあ、今目の前でダラダラ液をしているのは何なだよ
ないど気持ちいいとも言うのか?
が動出している。
ジーック下げのは感じで分かる。
は、メラを遮らように彼の向こう側に



Aは、彼の頭横にい婿、ヘラヘラと笑いなが
彼女の小く開いている口のところにの陰ってく。
湿の口に亀頭触れる自分の彼とはてもじられなかた。
意識がとんい中で、彼はAの陰茎を内にんだ
、彼女から小さな舌が出、Aの亀頭をゆっくりと舐めている。
ううっ!あ・・声を漏らしなら、
男達の目前で茎へ奉仕してる。



Aがまた小さくぶやている。
男のうち2人が指示されるまま彼女の顔の向こうる。
、もう自分下半身を脱ぎ捨てていた。
男2人は、大きく返ってる自分のものに手え、
Aと交代して彼女の口に陰茎を触れさせ
彼女は迷うことなく、再び自分の舌先で亀頭チロと舐め
人の男は、彼女の胸を跨よう膝をつく。



してと一緒に彼女の口に自分のれさせた
女は、何かしいと思うことは無かった
本の陰茎を這わせてた。
に指を入れられ好き放題にされ
腰がビクッと動く
後は淫に円を描くよ湿っくりと動いている。



女の口に陰茎を触れさた男の人が彼女のに覆い被さ
姿勢を変た。横の男があ!るい!」言ながら
して。男はる陰茎をゆっくりと口中に押込んだ。
く、反射に口をきく女。彼
からの中で舌が陰茎刺激しる様がハッキリ宿分かった。


陰茎を彼女の喉の奥につたてようにせいか彼女は、
ごふ!ぐ!」と短くムセたあと、
彼女の喉が 何かを飲みでいッキリかった
ですいかヤだよ!」と拒否していたのに
今、カメラの向う側でゴみ込んで



おいおい!いなりーメン飲ませてるのかよ
が笑いなが彼女の飲込んでいる様を見ている。
すげーよこの、飲ん後に口またを動てるぞ」
マジ?交代交代!
はしゃぐ男達 次にを口内押し込んだ男沿く。
ー!だ!巧いよこの子
「だ?」

「あべ!もう出るかも!
早いおい!」
俺のも飲んでねー○○美ちゃん」というと、
激しく陰茎を出し入




ブチュ、ポッといういやしい音が聞こえ
ごふ西言いながも彼女口から離い。
意識にも、ここま殿するくらいに教えまれていか・脱力
感?感?分が理性を保ち切れていないの分かは彼女
の口の中に根本まで押し、呻いた。



彼女の喉び動く、大量の液体を飲み込んでいる
おいおい!ゴクゴク言ってぞ!出し過ぎだって」達はそろそ
ができたの話しながら彼女の体中を楽しんでいる。


動き沿彼女の口しむ男は交代し、彼の性を舐
いた男が女の両足を持ちげた。はベッドこうでニヤニ
ヤつきながら指示をしている。カメラを気にしな女の
足を拡自分の茎を女の膣内に押し込んだよう。彼
が少めに胸をて「うう!」と呻いた



ほー!まる!中で動いてる!」
ている男が楽しに仲間いる。
男達はそ部分込みながら彼女の乳房を弄び、
女の口内に陰茎を出して楽しでい
う彼は完肉奴隷状態だった



挿入ているがイきそうだと言うと、Aはれな
ことをった

「面倒だからマ○出してイイぞ
ラッキー!
ああ・俺ですらさせてていない事を

そんな持ち見る画面の中で 男はラストスパートとかりに彼
女に腰を打ち付けるドホンにもハッキリと聞こくる
それは腰の打ち付ける音、彼溢れている淫らな液粘る
そして意識の薄いはず女のの声



最後の打ち付け 中に出すも言いながら男は
の一番深ところまで、陰茎の根本までねじり込んでいる。
男の尻しばらくの間、小く痙ている

女の一番で突っまれている陰茎が、精液宮の
入りにぶちまいるのだろう

「おーー!締!気持ちたー!
そう言ら男くりと彼女かられる。

茎が膣のり口から抜されと、 同時に泡だった男の精
が大量流しくるベッら離ていラにですら
聞こえてくる、彼女の膣が精液を吐き出す音

ごぽっ・・ぶ・・
る物など無くなっいた。
しての性欲解まった。


々と彼女に挿入、膣内射精り返す
され度に彼女の膣は精液を押し戻す
して彼女自身も「はうう!」
と仰け反て、じて様をする。



しばらくし、ッド向こAが何か言っ
達は彼女をうつ伏せにする、尻けを持ちた。
の尻持ちげら膣かは精液がまだまだ流れ出て
面か2人の男が消えた。
しばらくして3人が戻、その手ろいろ西物が握られていた



焦点失ってボヤけたカメラが画面をしたき、
俺は画面に向かって「やめてくれ」ぶやいてしまった。

四つ這いにを向けて彼女性器に 男達は何か押し
込んでいるのだ。バか?とも思ったが、そうで無か
部屋や冷蔵庫にある入そうなものてきて それを彼
楽しんいるのだ


ううー!ああん!」

異物を押しれてのに 彼女はりながら喘でいる。
信じらぬ・ならでもいいのか!
、野菜、ソーセのよの、調味料の瓶や細身のスプレー缶、
てAが次に持ってきたターのよものだった

それを彼女のクリトリス付近に当て彼女の激し退
一人のがAに指、 彼尻の後ろにた。



何をのか?カメラのアグル気がついたAが彼女の尻を
めこちら向けて男後ろから挿入した。
し、男が挿入しは彼女膣でなくのだ。
うはぁぁ
彼女がうめき声る。がつ!やっとついたのか!?
、彼女の次の言葉は非情った
・・・」
「あ・イ・」



「おおーアナて締る!なんか中が変な感じだ
男がいなら腰の動を速くす
おー!出る出る出る!」
ーー・・

きを止めくりと彼の肛様を楽しんで
るようだダランと陰る・
彼女さな口けたままだ。
そして、その閉じきないな穴らはが流



女は?無識なのに肛門まで・痛くはないのか
でお、そんな心配ど無用だった
小さく小さ震えている。
は歓喜を示してい
門をうに扱われ、は直腸に射精れて喜んいたの
・・綿彼女に対しういう持ちにしかならなか




>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:, 相手の過去, 乱交・複数, ハメ撮り,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:, 相手の過去, 乱交・複数, ハメ撮り,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20071218134002