2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

友人のPCから,彼女のプライベートビデオを発見してしまった






彼女2歳 手をやって
実はきからの達仲間とつきあったんが、しばらくして
ケンカ別れ、どういう訳か1年らいかつきってる。
男の方とは最初は気まい感じもあったんけど今はお互い別
してない



手伝ってやた後に皆で飲み出したんだが、話し
ていにお約のよ話題はエロタにつきあってきたと、ど
うい変態セッしたとか、そんな話題でゲララ笑いたの
、Aが他ヤツ
「俺は女ヤったビデオを構残てるぜ」とか言っているの
たので俺としは、彼女も!西?と衝撃を受素知
ぬフリながら耳をデカくして聞いてた


「ビデオテープすと面だから便貿んでる
そう聞こえたとき、ういてももいられな


俺の他に4いたんだが全泥酔て撃状態。
はロフトの上に置いてあるパソま動Aとかに小さく声
てみが全く反応無し。
キドキしながら、パソを動少先が震えてたがそう間は
ないと思素早く検索
○美・・


ていた面、な期った。 そして間もHDDの
中にaviファイルとしヒット

屋が少し暑たのもあるが、額から変汗が出だすソの横に
ヘッドホンをルをダブルクリク・
メデレイヤが起動し、ファイルを読んでいる。



メラ、Aの前のにあベッド斜め上か出してい
隠し撮りのようだ、AV結構金かけてるAだけあって
画質は良
面には何も映っていなが、ヘッドホンは、彼女は無く、
Aの笑と聞きえのない他の男数名の声入っ

おや?は思、俺はそのまいてた。
面には日時ちょっ感じだっ
が、それも長なかった。



おか会話をしているので酒が入っているのは分かったが
Aではないの声で、
「全然応無くなっちゃったなの子
じゃ稿にどうぞと言ってるような
彼女いるのか
しかも、酒に弱くてす寝てしうの知ってる。
イタズを脱がしたこあったが

全く抗無しにくらいだけに、俺の手のひらには一に汗が
だよ



取れない男たち声・
そしてついにカ
Aと男彼女を持ち上げるようにしてベッドに置く。
彼女は、小さくをよじるが、っかり寝入ってるのが分かる
続いの男たちが画面に登場


けっう巨乳だろ。乳首さわるだけでビチャビチャになる
が自寝ているの胸を服のりなら言う。
「うー、イイなぁ りてぇー!
「おー、どう起きいから触れよ
マジで?ラッキー!○美ちゃん、ただきまー
などと言いながら男たが彼をわしづにする。

「でー!やわけー!ちいいー」はしゃぐ男たち
彼女の足下にいた男なんかは、彼の足をさっている。
「こんな女を好き放題やましーお前
そしてすっかり気分を良くして

「そろそろ飽きてきた女だし、みんなでか?絶対にないしよ
一気雰囲気が変るのが手に取るよに分かっよ。


Aが彼女の上稿こす
横にいた男が彼女の服のボタンを外す
わになる彼いブラ。
喜の声を上げがらも、止まることなく彼女に手を回しいる
あっというまにきな胸が前に現れる。
らのラをしきりている。
初からこうするもりだ・・
怒りはあた。

も、この先を見ていという欲望かっ
分の意志と無関係にのどが鳴った。
もう手のは止まらないったよ


オからは、ヒソ聞こえて聞こえな
男達、彼の乳房を揉んり、乳首をめたりしている。
首をれるたびに彼女は、意識にビッと体を震わせてた
半身は、すでに脱がされぞれ思いつくままに彼
触り放題。Aは時カメラをラチとみながら横でニヤニして
いる



らくしAが動き出す。
「よし、そマ○見せるぞ」
Aに指示ながら男人が彼女を持上げ
寿は、素早く彼女のスカート。

に下をおろてしまった。
そしてAは彼女跨ぐように膝をつき
彼女の両膝を上げる、一に両側に拡げた。

「おおー!の大く拡られた足の
れて、彼女の器を凝視する。



俺はこあに唖然。
自分で、うしいいのか全分からなかったけど体は反してしまってたよ。
最低なんだろなこと思いなが
達がじゃまで、よ見えていなかたけ
、アンルを気したか彼女を動かて、
ょうカメに彼女の性器写るようにし

俺は、衝撃だたよ女の膣からは既に淫らなが出てい
ッキリわかったら、そ女の肛ほうに流いるのが
明に写っていたから



男達は「びちゃびってるぞ!マジエロい!」とか騒いでる。
くクリに触ってみろ。まだまだくる」Aが笑いながら、
彼女の下半身に両手を伸ばした。
両手で彼性器を両拡げてせた。

おおク!ンク!ス堅くるじゃん!」
言いながら男の一人が彼女のクリトリスに指先をづけるく
描くに刺した。 ビクン!ビクン!と彼女の腰が
。そんな簿こと何回やっているちに、男達ら、

うわっ!出てきたすっげー!ロドロ出てくる!」



男達次々に女の器にイタズラをしている。
「中にてみ」Aかすうに

男の一人が彼姿膣内に人差し指っく差し
ったけー!なかヒダが多いし、狭いな!ちいいー
いつ、狭いし締まるしけど、指4本くらいならいるんだぜ」
「マジで?おっ!マジだ!3本も、ほら!入る入る!

彼女の膣の入り口が押るのが分る。 自分彼女
、おボンの中は、そのころはガガチだった



畜ぶりは、そんのでは終わらなかった。
こいつ、ケツの穴大好きなんだ
「ヤってなんか、にも入れか言うんだ
なんでういうことを笑顔るんだお前は

「へー!俺、ナルってヤっとないんだよなぁー」
「指2本入れててるからすり入る

小さな笑い声。男の一人の膣内に指を入たまま中を、かきま
わしる。の腰々ビクッ!と動く。他の男が、彼女の
からている液を指たくっ
そして彼女のにあてがて、ゆっくりと中に押し込んでいる。


メラ写ってい彼女の肛門は、侵入してくる指を拒むようにギ
ュッ縮する分かっ
し、容赦なく込まれる2指先

間もな、彼の肛が仕方なく口を拡げると時に男の指は彼
の肛門のにどどん入っていった
てそのと、彼女の口から「あうーあえぎ声が聞こ
一瞬たじろぐ男達をみ
「大丈て、絶対起」Aが男達を安させる
おい、どまでヤるんだ便



現在のこでは なとは言え、自彼女がせられ、
男数の前で、両足げて性器をしてるどろか
肛門の両方に指を突っ込まれて腰をうごめかしている・・


何か
一人が彼女器に口を近づけて
彼女の腰が小さく攣す
て彼の口から「はあっ!あっ・・」という声出ている
彼女腰が痙ではなく、円くよう動き出している。
気持ちよくてじているのは明白だったし撃映像だった。


ていなけれ感じない・・何かの書いてあっっけ
じゃあ、今目の前でダラダラと液を出しているのは何んだよ。
感じいないけ持ちとでも言のか?
Aが動き出している。簿
ーンズのチャックを下げるのはじで分かる
カメラを遮らないよう彼女の向う側に行った。



Aは、彼の頭横にる、ラヘラと笑いながら、
女のさく開いている口のところに分の陰もっていく。
に亀頭が触れ・・自分、とて信じられた。
意識がど無い中で、彼女はAの陰茎を口内に含んだ
や、彼女から小さな舌が出、Aの亀頭をゆっくりとめている。
「ううっあうと時々あえ声を漏らしながら
男達の目の前で陰殿茎へてい



Aがまさくつぶやいている。
男のち2人がに指示されまま彼女の顔の向こうにする
は、もう下半を脱いた
人は、大きく反り返って分のものに手を添え、
代して女の口に触れさせる。
迷うこと、再の舌先で亀頭をチロチロと舐めた
もう1人の男は、彼女の胸の上を跨ぐように膝をつく。



して横の男と一緒に彼女自分のものを触れさせ
彼女は、何かおかしい?と思うとはかった。
本の茎に舌わせてい
性器と門に指を入れら、好き放題ている
時々腰がビクッと動く
後は淫らに円を描くようにゆっく動い



彼女の口を触れさせ人が彼女の顔に覆被さる
うに姿変えた。横の男が「あ!ずい!いながら
ヤしている。男は彼女のにあ陰茎をゆくりと口のに押し込んだ
抵抗も無、まるで反射にに口大きく拡彼女女の頬
からは口中で舌陰茎をしてがハキリと分った


陰茎を女の喉の奥につきたてるよう便たせか、彼
ふっ!ぐ!」と短くムセたあと、
彼女喉が 何かみ込んで様子がハッキリとかった。
調ですらなんか汚いからヤだよ!」と拒してたの
、カメラ向こクゴクと精を飲み込んでいた。



おい!いきなン飲ませてるのかよ!」
の男達が笑いな彼女の飲みいる見ている。
「すげーよこの子、飲ん後に口の中でまた舌をしてる
「マジで?交代交代!!
しゃぐ男達 次に茎を口内に押込んだく。
「おー!ほんとだ!巧いよこの
だろ?」

「あーやべ!もるか!」
おい簿
俺のも飲んでねー○○ちゃ」と
男は激しく陰茎を出しする




チュ、ゴポッといういやらしい聞こえる。
ふっ」と言いながらは口ら離さい。
意識でも、ここまでするらいにれていたのか
感?感?分が理性を保ち切れいないのが分か。男は彼女
に根まで押し込み、呻た。



彼女の喉が再び動量の液体飲み込んいる。
「おいお!ゴって!出し過ぎだって男達
裕がてきたのか、談話しなが彼女の体中楽しる。


男達動き出た。彼女口をしむ男は交代し器を舐め
た男が両足を持ち上げた。Aはベッドのう側でニヤニ
ヤつき何や示をしている。カメラをら 彼女の
足を拡た男が分のを彼女の押し込んだうだ。
を反って「っ!」と呻いた。



ほー!締まる締る!中で動い
入している男が楽そう仲間に話いる。
男達はそ合部込みながら彼女を弄
彼女口内に陰茎を出して楽し
もう彼女は全な肉奴状態だっ



そして挿入して男がイきうだと言うと、Aは信じられな
ことを言った。

「面だかマ○に出しぞ」
まじ?ラッキー!」
ああ・・俺すらもらってを。

持ちで見る画の中 男はラストスートかりに彼
女に腰を打ち付け。ヘッドホンにもハッリと聞こえてく
それは腰の打ち付る音、彼女ら溢いる淫ら液の粘
して、識の薄いはの彼の口から出るの声



打ちけ 中も言いながら男は、
の一番深いとろま陰茎の根本まで湿り込んでいる
の尻がしらく間、小さ痙攣している

彼女のの一まで突っ込まれる陰茎が、男の精液を子宮
入り口にぶちまいるのだろう。

まる気持よかったー
う言ながらゆっりと彼女れる

男の膣の入り口から抜き出されると、 同時だったの精
液が大量に逆流してくベッドから離れているこのカメラにで
聞こえる、彼が精液を吐き出す音。

っ・・・・
う信じる物など無くなていた婿
そして性欲が始まった。


次々と挿入、膣精を返す。
射精る度に彼女の膣は精液を押戻す
そして彼も「はふっ!うう
仰け反って、 感じてい様を露わにする。



らく、ベ簿ドのこうにいるが何か
は彼女伏せにすると、尻けを持げた。
彼女の尻は高く持ち上げ液がまだれ出ている。
からAと2人の男が消えた
しばらくして3人が戻るの手にはいろろなが握られいた



一瞬、焦点を失ってボヤけたカメラび画面を鮮明にしたと
俺は画面にかって「めてくれとつぶやいてしまった。

つん這い、尻を向けている彼女性器達はかを押し
んでるのだ。バ?とも思ったが、そうでは無かった
部屋の中やる入りそう持ってきて それを
内や肛門に入れてしんでいるの


うーああ

物を押し込まれてるの 彼女りながら喘でい
信じられ・・入れもらえるなら何でいいのか!
ペン、野菜、ソーセなもの、調姿の瓶やスプレー缶、
てAがに持きたはローターのようなもの稿った

Aがそのクリトリス付近にてる便彼女の腰は激し痙攣した
そして一人の男がAに指示され、 彼女の尻の後ろに回っ



をしているのか?カメのアンルに気がが彼女の尻
めこちらに向た。そが後ろから挿した。
しかし、入したの膣ではな肛門だったの
「うはぁぁ!」
女がうめき声を上げる気がつ!やがつか!
しかし、彼女の次の言葉非情であった
もちいいぃ・」
・イイ・・」



おおー!アナルって締まる変な感じ!」
言いながら腰の動きを速くする。
おー!出出る出
「あー・」

は、動き、ゆ彼女の肛門ら引抜く楽しんで
るよだ。ラン抜ける・
彼女肛門、だしなくな口をけたままだ。
そして、その閉じきらない小さび精液流れてく



彼女は?識なのに肛門まで・・くはないのか
でお、そんな心配ど無用だっ
女の体がく震えてい
それは喜を示して
肛門を膣のように扱われ、てには腸にされて喜んでいたの
ら・もう彼女に対していう気持ちかならなかった。




>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:, 相手の過去, 乱交・複数, ハメ撮り,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:, 相手の過去, 乱交・複数, ハメ撮り,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20071218134002