2chの男女恋愛に関わる VIPほのぼの復讐寝取られ系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 

今いちおしの記事

 

 
 
 
 

友人のPCから,彼女のプライベートビデオを発見してしまった









彼女22歳 歯科助手をやっる。
は学生のときからの友達とつきあてたが、くし
ンカ別れし、どうう訳1年前くから俺とつきあってる。
まぁ男の方とは最初はまずい感あったんだけ今は互い
に気してない。



ったに皆で飲たんだまで良かっんだが、話し
てい内に約束のように話題はエロネタにつきあてきた女と、ど
ういう変態セックスしたとか、そんな話題ラゲラ笑ってたの
、Aが他の
ヤったビデオを結残してるぜ」ってるのが聞
えたで、して、彼綿のビデオも!?と衝撃を素知
しながら耳をカくして聞いてた。


ビデプで すと面倒だからソにり込んでる」
う聞こえたとき、もういてもたもいられなかっ


、俺の他に退んだが全員にて撃沈状
俺はロフトの上に置いてあるAのパ調まで移動Aとか小さく
けてみたが全く反応無し。
キドキしながら、パソを起動少々先が震え、そ時間は残
と思い素
○○」・・


た反期待感もあったよ そして間なくHDDの
にaviフイルとット。

部屋少し暑かったのもが、から変汗がすパソの
置いてったヘッドホンを接続・・ファイルをダブック・・
ィアプレイ動しファイルを読んでいる



カメラは、Aの前にあるベッドを斜め上かしている。姿
、隠しりのよだがAV機器に結構けてるAだけあって、
画質は良かった。
画面には何も映なかったがヘッドホンには、退は無く
Aの笑い声聞き覚えない男数名の声が入ている

?とは思が、俺はそのま聞いた。
画面日付と時刻も・・深夜時ち子抜けな感じった
が、それくなかった。



おかしな会話をしいるのが入っいるのは分かったが
Aではない男ので、
然反応なっちゃったぁこの子
お好きどうぞ言ってるよだね」
彼女がそのか
、酒にくてすぐに寝てしまうの、俺も知ってる。
イタズラ下着を脱がしたもあった

く抵抗無しだけに俺の手ひらには一気に汗が滲
んだよ。



き取れないたちの声・・
そしてにカメラ動く
Aと男が彼女を持ち上うにしてベドにく。
女は、小さよじるが、すっかり寝入ってるのが分殿かる。
いて、他男たち3人が画面に登場。


巨乳乳首さわるけでビチャビャになるんだせ
が自慢げに寝ている彼女の胸を服の上から触りながら言う。
「うおーイイなぁ 俺てぇ
、どうせない触れよ」
「マジ?ラッー!○○美ちゃだきま
どと言いながら男たちが彼女をわしづかみにする。

「でっー!やわらけ!気持ちいい」はゃぐ男たち。
彼女の足下にいた男なんかは、の足をすっている。
「こんな女を好き題でてうらまし 前」
そしてっか気分良くし尿Aは、

「そそろ飽きて女だし、みなでか?絶対に起きなしよ
一気に雰囲気が変わるのが手に取るよに分った


女の上半身を
にいた男が彼女の服のボタンを外す。
わにる彼女の青いブラ。
は、歓喜の声を上げらも、止まることなく便背に回している。
あっまに彼大きな胸が男達の前に現
Aはこちらのメラをしきりに気にいる。
最初からこうするつもりだったんだ・・
りはあった。

でも、この先を見ていたいという欲望なかった。
の意志とは無関にのどが鳴った
もう手婿止まない状態だたよ。


オからはヒソソと声がこえている、よく聞ない。
男達、彼女を揉、乳首をなしている
乳首を触られるたび彼女は、無意体を震わせてた。
半身に脱がされて、男はそれぞつくまま彼女
触りは時々カメラをチラみながら横でニヤニヤ
る。



しばらくて、Aが動出す
し、ろそマ○コ見せてやるぞ」
Aに指示されながらが彼女の腰持ち
Aは、素早く彼ート

に下着をろしてまっ
そしてAは彼女を跨よう膝をつき、
の両を持ち上ると、一気に両側に拡た。

「おおー!」男達が彼女のきく拡げらた両足の
頭を入れて、彼女の性器を凝視す



俺は、こあたり既に唖然。
分で、どうしていか全くらなかったけど、は反てしまっていたよ
最低なんだろうれ、と思いなが
男達までいなかたけど、
アングルを気にのか彼を動かし
ちょラに彼女のが写るうにし使た。

、衝撃だったよ。 彼女の膣からは既にらな液が出てい
わから、女の門のに流ているのが鮮
明に写ってたから・・



達はびちゃびちゃてるぞ!マジ!」とか騒いで
「軽クリにろ。ままだ出てるから」Aが笑いながら、
彼女の下半身手を伸ばした。
して両手で彼女の性器を両側に拡げて見た。

おおー!ピンク!ク!リトリくなってるじゃん
そう言いながの一人が彼女のリスに指先を近づけくるく
と円描くうに刺。 ビクン!ビクン!彼女の腰
。そんなことを何回かっているうち、男

「うわっ!出きた!すっげー!ドロドロ出てる!



は次器にズラている。
「中に指れてみAがように言

人が彼女内に人差し指をゆ差し込
「あたけぇ!なんか殿な!きもー」
「こいつ狭いし締まるしけど、指4本ならはいるんぜ」
「マジで?!3本も、!入入る!」

彼女の膣の入り口が押し広げられてるのが分かる。 自分の彼女だ
ど、おれのズボンの、そのころにはガチガチだった



の鬼畜ぶりは、ものでは終わた。
「こいつ、ケツの大好きな
「ヤってる最中か、お尻にもてー!とかんだ
んでそううこ笑顔いえるんだお前は?

「へー!俺、アルってヤっ沿たこないんだよな
「指2本入ろよ。慣てるからすんなり入るぞ

小さな笑い声。男一人は彼女の膣内指を中を、かきま
わしている。彼女の腰がクッと動く。他の男が彼女
続けている塗りたくった。
そして彼女のにあ退がって、ゆっくりと中にんで


カメラ写っ女の肛は、侵入してくる指むようにギュ
ギュッと収るの分かった
し、赦なし込ま先。

間もなく、彼肛門が方なくを拡と同時に男の指は彼女
の肛門の中にどんど入ってい
そしてそき、彼女から「あううー」いうえぎ声が聞こえた。
じろぐ男達をみて、
だって絶対起きないよ」Aが安心させる。
おい、どこヤるつなんだ。



現在のとでは ないとは言え、自分彼女が泥酔さ
含めた男数人の前で、両拡げて性器を晒しいるどころ
と肛門の両方に指を突っ込殿て腰をうごめかしている・・


Aが何か言っ
人が彼女のに口を近ていった。
腰が小さく
して彼の口から「っ!っ・・」う声が出ている。
彼女の腰が痙攣ではなく、円を描ように動き出
気持ちよくて感るのは明白だったし、衝撃映像だった


いなければ感じな何かの本に書いてあたっけ
じゃあ、今の前でダラダと液を出しては何なんだよ。
ないけ寿気持ちいいとでも言うのか?
き出いる
ンズのャックを下げているは感じで分かる。
Aは、を遮ないようにこうに行っ



女の頭の横に、ヘラヘラいながら、
彼女の小さく開いて口のろに自分をもっていく。
彼女の口頭が触れる・・自分とは、使も信じらなかた。
識がほとんい中で、彼女はAの陰茎を口内に含
や、彼女のら小さな舌Aのっくり
「うあうっ・・あえぎ声を漏らら、
男達目の前で陰茎奉仕している。



 また小さくやいている
のうち2人が示されま彼女のの向こうに移動する
達はもう自分の半身を脱ぎ捨てた。
男2、大き反り返ってる自分のもの手を添え、
Aと交て彼女の口寿に陰茎を触れさせる。
迷うことなく、再び自分の舌先で亀頭をチロチと舐めた。
う1人の男、彼女の胸上を使ぐようをつく



して横のと一緒に彼女の口に分のものをれさた。
、何かおかしい?と思うことは
2本舌を這わせてた。
器と肛門に指をれられ好きにされる。
クッと動く。
は淫らに円描くようにゆっくと動いいる



女の口に茎を触れさせていた男の1人が彼女の顔にい被さる
うに姿勢た。男が「あ!ずるい!言いながらヤニ
いる。男は彼の口にある陰をゆっくりと口の中に押し込んだ
抗も無く、まるで反射にに口拡げ。彼女の
らは中で舌を刺激しているッキリと分った。


を彼女の喉の奥につきたてるしたせか、彼女は、
ごふっ!っ!」と短たあ
彼女 何かを飲みでい様子わかた。
俺とですらなんか汚いからヤだ」と拒否していたのに
今、カの向こう側でゴクゴクと精を飲みんでい



「お!いメン飲ませのかよ!」
の男達がら彼女の使込んでいる様を見てい
げーよこの子、飲んだ中でまたを動かしてるぞ
「マジで交代!
はしゃぐ男達 次に陰茎を口内に押し込ん男もうめく
「おー!だ!巧この
?」

「あべ!出るか
「早おい!」
「俺のも飲んでねー○ん」というと
激し陰茎し入れする。




ブチュ、ゴポッというしい音が聞こえる
ごふ」と言いなも彼女は口から離さない
意識にでも、こまですくらいに教えれてか・脱力
?期待?自分が理性を保ち切れいなのが分かる。男は
の中に根本まで押し込みいた。



女の喉が再び動く、量の液体を飲んでい調
「おいおい!ゴクゴク言てるぞ!出だって」男達はそろ
余裕がてきのか、談話しら彼女の体中を楽し沿んで


男達が動き出したの口を楽しむ男は交代し、彼女器を舐めて
た男持ち上はベッドの向こう側でヤニ
ヤつきながら何ら指示をる。カメラを気ながら 彼女
を拡げた男自分の陰茎を彼女の内に押し込んだようだ。彼
少しめに胸を反ってうう!」と呻調た。



「うほー!締ま締まる!中動いる!」
挿入している男が楽そう仲間に話ている。
達はその結合部を覗き込みがら彼乳房を弄び
女の内に茎を出し入れして楽しんでいた。
う彼女は全な肉奴隷状態だった



して挿入して男がイきと言うと、Aは信られ
こと言った

面倒だからマ○コの中に出してイイぞ」
まじ?ラッキー!
あ・・・俺ですてもっていない事を

そんな持ち見るの中で、 男はラストスパトとばかりに彼
女に腰を打ちける。ヘッホンにもキリこえてく
それ付ける音、彼から溢ている淫らな液の粘る音。
して、意識の薄いはずの彼女の出る官能の声



後の打ち付け に出すぞ何度も言いながら男は、
の一番深いところまで、陰茎根本でねじり込んでいる
の尻がしばらくの間さく攣してい

彼女の一番まで突っ込まれている陰茎、男のを子宮の
入り口にぶちまけているのだろう。

おーー!締まる!気持ちよかったー!
そう言いながら男がゆくりと彼れる。

男の茎がから抜き出されと、 同時に泡だった男の精
逆流して。ベッドか離れのカにですら
えてくる、彼女の膣が精液を吐き出す音

・ぶぴっ・
う信じる物など無いた
して男達消がまった


次々女に入、膣内射精をす。
射精る度にの膣は精を押し戻す
そして彼女自身!ううぅっ!
仰け反って 感じる様を露わする。



しば、ベッの向こう側にAが何か言た。
男達は彼女をうつ姿する稿尻だけを持ち
彼女の尻く持ちげられ、らは精液まだれ出ている。
面か人の男消えた。
ばらくして3人が戻ると手にはいいろな握らていた



一瞬、焦点を失ってボヤけたカ再び画面明にとき
は画面に向やめてく」とつぶやいしまた。

四つん這いにられ、尻を向けている彼女の性器に 男何か押し
でいるのだブか?とも思ったがうでは無った。
部屋の中や冷庫にある入りそうなものを持って それを彼
膣内や肛門にて楽いる


ううああ

異物を押し込まれているの女はながら喘いでいる。
じられぬ・・入れてもらえるなでもいいのか!
、ソーのようなもの調味の瓶や細身のス宿プレー缶、
そしてが次に持てきのはローようなものだった。

Aがそれを彼女のクリトリス付近にると、彼女腰は激しく痙攣し
て一人の男稿Aに指示され、 彼女のの後ろにた。



してるのカメのアに気がつ いたA
ちらに向けた。そが後ろか
しかし、男がたのは彼女の膣ではなく肛たのだ。
はぁ
女がうめき声を上げる。気がついた!やっと気がついか!?
しかし、彼女の言葉は非情あった
きもちいいぃ・・
ぁ・イ・・



おお!アルって締まる!んか中感じだ!」
なが動きをくする
「おー!出る出る出
「あーー

男は、動きをめ、ゆりと女の肛門ら引き抜くを楽しん
るようだ。ダランと陰茎が抜ける・・
肛門だらなく小さなけたまだ。
そし、そのらない小さな穴から再び精液が流れて



無意識なのに肛門ま・・・痛くはないのか?
、そんな心配など無用だった
女の体がさく小さく震ている。
れはを示していた。
肛門をのように扱われ、 果てにはに射精婿喜んでいた
ら・・女に対していう気持にしかならなた。



の後は再び蹂躙のだった
彼女の穴という穴は、すて射の対ていた。
っぱい塗り精液。
ショでも垂らしように性びりつく
口、膣、肛門からは耐ことなく流まれた精液が貿ていた。



っすらている彼女の意識は、完に性婿交だを感じてる。
既に私が想って持ちは崩たも同然だった。

達はさんざん弄ん後、オチャにした彼り、
を吸みながら彼女の胸をついたり、ロドロになった
を指しながら「きたねぇ」などって笑ってい
はそ横で誰かに電話をた。




指示された彼女がベッら運ばいった。ほんの
け意識があるのか、意味不なこいながら 男達に
肩をられて起されてい

綺麗にしてやるからね」
「女を洗は初てだ

男達は一同に笑いた。の方シャ音がする。間も
がこちらに戻きた。ビデオ取り外し、シ室が見
位置に設置そしてシャワードア開く。



そこでは彼女が全裸でれて
ボーとし、っすらと目を開いたで、殿その周りを全裸の男達に調囲まれていた。
Aが彼女に言う「○○美、口西開け
彼女れるがままにいた。
待っましたとばか達が女の口うに陰茎を押しんで遊んいた
ひゃはでもしうだよ!男の声が聞える。
Aが何か言っている彼女ままの状態にないる。
男2人が彼女にけて自分の陰茎向けた。



の瞬間、彼女のにめがけてその2放尿を始のだ
ャワー室特有の音がれた尿が彼女のに中に
と音を立ら満たされている

Aが「○○美、飲まきゃダだよ」いうと、
女は、とまどことなクと出した。
の横では別の男が陰茎を自で擦っる。
して口いっいに尿を含、放心状態の女のけどっぷ
と射精した。



や俺は、たちの悪い裏AVでも観てだった
Aが出てくる。シャドアが閉められ、 再びメラはベッド
写るようにれ、スイッ切ら


たか・・そう思っ
かし間もなく録画はび再開された
が1でベッドで具合が悪そしている。
録画間は翌日の1だった 。


終わたか・・そうた。


画面にAが現れた
「飲み過ぎたなぁ
「な持ち悪い

薬でも飲んでおくか?」
「うん

「分西た、持てくる」
ぇ、なんか覚えないそこがい」

「昨日はかったぞ
「そか・・でも変な感じ・・みんなにヤられちった感じだ綿よ」婿

はは
ばす
く覚えていないのか
数え切れいくらい膣内に出されて、 5本の陰茎から出さ精液
と飲み干とを。




Aがに薬をませた。
ビデオはそこで終わた。
・・メディプレヤーった
イルが入っているフォルダが下


綿、目を疑った。
彼女の名前が付いたものがもう1つあったのだ
しかも、それは陵辱の日日。
彼女がAに薬をまさだった。



恐る恐る2つ目のフルをブルクリる。
う何が映ってても驚ないような変な自信があ
れを見終えたら・・彼女とがあるだろうか?

「変なとしな」そういって拒んでいる彼女に対して、 肛門
き放題にされた女のくにとえてではなうか?

しかし、ビデオファルは、命令に背くとなく再生をいた。
俺の考え、甘と感じるまでにほどの時間は要さなかった。


生さにはずベッドが映っていた。
だ違っのはベッドには彼女だ沿けがていた。
何もか、全裸で横たわっていた。
そして画面にが現れる
Aはオに楽にVサンなしそのまま彼で行
しておもむに彼女の乳房をきつく揉みした。



反応しない、何変な感沿見ら
にAの閉じたまたに手を添え、無理にこじ開けた
全く反応がい・・おかしい。

して、再デオ面に近づAはやらクスしきものをビ
写したが、それが何かを知る必要は無った。

睡眠薬?とっさに俺直感
なぜ?もう淫蹂躙は終わったのではないか
しかもまだこんな夕刻湿で?何んだか分てい



、ビデオはここで一時中断する
この後、俺は更にく光景を見ることにな
間もな再生され光景。時刻は同じ日の刻5時ていた

画面にいなり現れたのはAった宿が、面からズレたの背後
西学生思われる数名の少年達が
学生だろ5人・・い人はいるか
全員やけにオドしているが、彼らの線は毛布をぶり
薬でベッドに寝かされる彼女ていた。





>>次のページへ続く

 
.
 
 

関連記事

 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:, 相手の過去, 乱交・複数, ハメ撮り,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:, 相手の過去, 乱交・複数, ハメ撮り,   ■殿堂入り記事
 
 

おすすめリンク

 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様

 
20071218134002