2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

俺が大学の3年の時の話なんだ






俺が大の3年時の話な
3年生になるくら付き合い
彼女ユン少しくした感じで可愛だとてい
彼女は結構はっりしで俺は振り回されるこ多かっ
そんな彼女と毎日毎日会って1日4回セクスしてと思う。
セクースの互いにかなり激し萌えた
だけ、心も充実してたと思う
女と会ってるとき綿は俺も楽しかっし大好った彼女言ってくれて
いた


でも俺女が付き合いだして3ヶくらいたった頃だったかな?
彼女のケイに元彼からのメール届くようになったん
その事を彼女か貿聞かさた俺は嫉妬と危機感から頭湿くらしてた。
でも彼女ことはとも思てなって言うか安心調きた。
てい時にも元らのられくる
の頃は葉をく何事も無いか様に振っていた。
しかし、元彼からのメールは全くおさる事はな
は「大丈夫?何てメールをしてくるんだよ?」
た感じ聞い
の気持ち分かていか、ケロッとした顔で答えんだ。
彼女配してるのでも大丈夫。メーだか
彼女の態度が増したついカッとなっ
「何でも無いメールせろ」て言ってた。


彼女は「そんに心配なら見てあげてケータイを俺に渡た。
ケータイを受けたが、いざとなるとかケタイのメールをるこ
でき綿なか
かったのかそれともいえ人のケータイを見るんていけない事
たの・・?
にケタイはどうしたらいいのか分からなかった
女は心配要らって言っ使でしょなになら今か
ら元彼に返するから見ててよ
の見てる前でケータイに何打ち込しただ。
ち込み終わるとを俺にせた。
面にはもうメルしな。ウザイ言。
彼女は俺確認するールを送信た。
女の動がとても嬉たし安心でき
、俺が命令したでもいしでものに”ウザイ”と信し
てくれ


ばらくするとまた元からールんだ
呆れたすれば?言うと彼女はと言ってすぐに着拒設定をした
2人いるにはもうメールはかなよ。
でも今度は電話攻撃が始まったんだ。
女はハッキリ言うタイプだから元彼に「もうしないでの恋愛に口
を出さないで」てちと言ってくれた。
なんと!それでだ元話はるんだよ。
根負けし俺たちは元彼とをつ為に会うしかないと思うようになった
でもこの頃大学は夏休みにっていたから俺は部活の合宿に参加しないとなかった


しかたなく彼女「ごめどうしても合宿の練抜けないんだ
だからまい1人で話をてきてくれて言った。
女も最初は使ごね、俺の部活キツイ体育会系なの知っているの
々だが承してくれた。
して約束、彼は元彼と話をけに行った。
俺は合宿の習中も彼女の事が気なっ仕方が、練習と練習の間にはメ
ールで連絡をり合た。
最初は返事が来た方の練習が終わってからメールも電話
然連は取れない。


は仕方なく合宿所(学校の中にある)を抜女のアパで行った。
彼女守だたの屋にった。
合宿のを破ってで彼女の部屋で待ってついに彼女ってきた。
すぐに彼に結聞くと女は驚い事をめた。
何と彼女は元彼の事がまだ好なのかもしない、てうんだよ。
俺は頭が乱したけ何か聞かなけれ使けないって色聞いた
女の言った事を要約する
彼の顔をらな懐かしくなってホッ
るうに付き合ってる時のよう覚になってしまた。
でも俺のも大きでそのいは彼≦俺」
俺は彼女がを言っのか分からなくて「はぁ〜?何言っんだまえ?」
い怒鳴ってしまっ
彼女きなが謝る俺も怒った事謝ると今後の事を話退た。


ホなので らく女の帰りが遅かったことい詰めのを忘れていた。
俺がい詰めると彼女なかなか言いない。つもハッ尿キリらす考えらない状態だったよ
彼女信じいたここ初めてピンと来た。
心臓バクバクさせながら「もしかし元彼セクースしたのか?
彼女は答えよない。
ああ、やっった・・)と思うと怒りが爆発し
俺はの分かいこと言いながら怒鳴り散らしてたと思う。
俺が怒鳴っていると人がックしてき、俺はぶち切れてたから
に壁を何も蹴り返し
(お隣さんスマソ)
は怒暴れたりしない俺の態度を見彼女はすっかり怯え感じ
度も謝って
怒り狂っ俺は早く元彼に抱かれて汚れた体を洗え言ったんだ。
彼女は少し迷っていたしたのか服を全部ぬいユニトバスに向かっ便
裸をギンギンな時は何も思わなかった。


ワーら出てきた彼女を全裸ままでさせると、セするまでの一部始終をんだ
初めはミレスで話をしていたが元彼が怒りたのられな
部屋で話をすることになった。
こで元彼女に強引に迫っ寿たらしい。女もはレプさっていたんだ。
の彼女
”元彼の顔を見てホッとしき合てる感った”て言っていたすぐにうそと分
をつき付けると彼女は突然開き直り始めただ。
話を要約する
「好きだとったんだからしょうがないが2週間以上も合宿居ないのが悪い」
でも俺とは別れもりは全くない」「元はセクースはしないがしばらく好思う
私を1人で元と合せた俺が悪」etc・・・
う彼の言に愕然としたよ
当然俺は別れる!」言ったさ、女は泣ながら俺簿の脚付いて離れない


全裸でしがみいてくる彼女を見てる突然ムラムラし始たんだ。
だっ、ずっと宿で女と接触がなかっから。
はズンだ脱いで彼女を押し倒しを挿簿うと
で通り付合ってくれいよ」て言うんだよ。
俺は「何ってん!今まり付きほしったらクースさせろ
(勿論彼として付もりなかったが・・
する彼女は「やめてイープの?!」
俺はそので大人しっちゃたよ
彼女は俺にとどめをさ一言「今まで通してくれだっ退ら中で出せてる」
2週間以上も写生してない俺は思ず「たよ・・後先考えずチンコを
初めて生でや感触と感激で俺はすぐ逝ったがそのまま2回戦・3回戦〜に


セクスし終わっすっかり彼女虜・・・彼女の希望り付を続け
ことにしまった。
でも彼女調事が信用できないは元会ってちんと話をつけてきた
からしばらくルも電話の着暦も俺に全て見せようになったが・
んなは削除できるしな。
れからは女は俺を安心させか、学校でのそばから離れなくなった。
活の練習も見学して
は少しづつではあるめるうにた。
すると俺たちの係はになつつあったんだ。
の大学では新しい学年になると同じ学部で飲み会が開かれんだよ。
彼は同じ学部で俺とはだっ
つまり、その飲み会で彼女と元彼同じ飲加するとになる。
て俺はその飲み会参加してないだ。


元彼るんじゃないかと心配大丈夫かよ。
そしたら彼女は「何ってるのw元彼西こと全然好きじゃw」と言た。
それでも俺は不安だっが彼女をることにした。
の学部の飲会は会議で開かれていた
その時俺部活の練習参加し
が終り、婿彼女を迎に行こうと思って場まで行っんだよ
会はもうわって幹事ちが片付をしてだけだっ
れ違いだったか思っ女のケータイに電話をしたんだけど繋がらない。
ストーカーみたいに10回くら話してみただけ然電話にない。
りまよ。
あえは自分のアパに戻って絡を待っんだけ
もうも立ってもいれなった。


彼女アパートに行くとにした。
のアパートに着いがついてなかったのでまだ帰ってきていないと思った。
しかたなく鍵で入って女の部屋とうと思った。
彼女の部を開と「ああん」喘ぎ声が聞こえてきた
俺は全が硬直して動なかった。
の間にが何かボボソと言うと「オコ気い!」とた。
俺はその涙がきてどうしてのか分からなくなった。
うだめだ・・と思っては彼女の部屋を閉て立ち去った
の途中で彼女の退パーギを返そうとった。
合鍵をストに入れておうと思って彼女のアトに引き返したんだ。


までくる二人笑い声が聞こえてきた。
い声のに「あん、いや」とかエロじってい
俺はエ声よりも声を聞たとたりがこてきた
の時また泣いてい思う。
俺は完全に切部屋のアをに入って
の明かりをつけると2人は素っ裸で抱き合ってた
2人は驚いて俺の存在に気付たが抱きったまま硬直てる
すぐ彼女が突き飛ばすに駆け寄ってき
彼女は俺すがりつきなも「ごめんなさい、んなさい」て謝ってきた。
手の男は元彼とばか思ってた俺の知らない顔だった。
慌てて服を着てた。
男は服を着と「お前誰だこいの彼氏?」なんて言って来た。
俺は「違うよ」て言と、西彼女は泣きなが「そう!彼氏でしょ?
いうから俺は「もう彼氏い」と答えた


「じゃぁ出てけよとすごんきた。
彼女は尿てかなで!帰ないで!」、すがり付いる。
子を見た男は「何だ氏かよ・・N(の名前)誘っきたんだぞ」
れを聞いて彼女は「違う!違うよ!って何度も同じ事をってた。
男は彼女のら立ち去ろうとして俺に向かてきた。
そのときしがる彼女にンとぶかって「どけよ、ヤマン女」て言ったんだ。
振りそいつに掴て思いっきり投げ
ドガーン!!とものすご音が、アパート全体が感じがした
はグッタリとしてん唸って


俺は帰ろうて部から出てうとす
彼女が婿らないで!」といながら俺の腕を引
振り切って外にでると、アパーの住が何事かとからてきいた
俺は無視して部から出るなん女は素で俺の後を追いかけてくる
見た住人が「大丈夫ですか?」て声をけて
さすにまって「スマセン、大夫です」とって、彼女部屋に戻
りあえるように言った。
部屋男はうずくまって、相変わらんうん唸っていた。
床をると叩きつけられた衝撃で、フローリン割れ
さすに(とやりぎたか)と思ったが
が「すいませんでした」とがら謝ってきたので、「まぁいいって男と話始めた。
その男は彼女と同部で前から知り合いだった
んでた勢いでこうったと言っていた。


別れるもりだったので、なことはうでも良いと思たが
男が人で話しているのでいていただ。
その女はずっと泣きな「ごめ調なさごめさいの繰返し
んざり・・・。
外の住人ち着いた感じがし頃、は部を出よう、彼女が
「何でもするら帰ないで!」で「じぁ明日アパートの住人に謝っとけ
と言っ帰るが、泣きな一緒に後を付いてくる
は無パートに戻って部屋入ろうとすると、彼女に入ろ退る。
俺は前はもう彼女でも何から近寄るな!と言ったが彼女は言殿を聞かなかっ綿
近所になると思ったので仕方なく部屋入れた
たら彼女は事の経緯を話し出した、俺にうどうも良った。


それか数日後、部室に行くのメインストリーを歩ていると、
の男が声を掛けてき
3人の一緒だった
が「こ間はうも言うので、俺も「ああ、どうもと返した
と仲の1人が「こいつ?全然強そうじゃいなw」と俺のを言っいる。
は身長170cmで73Kg級なで強そうに見らない。
4人な気が大きくなっているか、稿俺の肩を突いたりし
頭に簿が、部の監督から「に喧はするな!」キツク言われていたの
我慢し立ち去った。
の男「お前の女、緩て全くなかたぞw言って来
は頭に来が無視する事にした


部室にと4人に絡また事に腹が立ってしうがかった
4対で勝かな?とか4人も素人だら平気だよな?とか
いやいや、いくでも4人は無理だろ。とかどうもいい事考えいた
しばらくすると、例の男の「お前の女、緩過よくかったぞw」という言葉に
何で頭に退たのかと考え始めた。
あんなに裏切られてもまだ彼女の事が好きなだろうか?
ももう彼女と付き合っいくのは疲れ・・
何日そんなに悩んでると部活の監督か呼び出され
女のアで男を叩きけた件だ
監督は薄々ではるが痴嘩(?)が原因だと知いたよだ。簿
監督はて話せと言ったが、恥をさらすようで中々切り出せかったが、
らくれるだした
全て尿すと監督は「分かった便に事がうにら任せけ」
れて、談にも乗ってれた。
てりと絞られて、しばく試合にも出させえなたが。


監督が言は「いこるだが乗りろ、何のめの辛い退練習だと思
練習は身体を鍛える為じなくこういう沿練を乗り越えるためのだろ
なんて事を言われよ。
ら「男と西度量を持てと」とも・・・その話を聞い殿俺はでしまった。
まだ俺は彼女の事が好きなんだろうか?な気持ちを確
俺は々悩んだが女と話をしてみることにした
の番号はケータ削除しちてたから学校で彼した
30分くい探すと彼本屋立ち読み
彼女を掛けると、彼女は突然泣き出してしまったがとりえず落ち着かせた。
そして学食の姿話すにした調
彼女度も謝りがら係に戻りたといた。
俺も彼女の顔を見話して綿に「もう度だけ信じてみよう」と思いていた。
でもやっぱ切られるのはつらいは彼女の事を疑い続けなが付き合とになる
話すと、女は「稿れでもい頼を取りしてせると言った。


と彼女はよりを戻した形に、前回のときと様に
彼女は俺練習を見学て、一緒に俺のアパーる。
ケータイも俺以外のメモしていた
サークル辞めて飲み加しなくなった。
そん女を見て俺は彼が気の毒(?)になてきていた。
だって、拘束する権利はない彼女も辛いだろうとっただ。
セックルは一切しなかった。といなれなかっ
事を彼女と「うう好きでやってんだから全然辛くないという
まだ、前のように信するこは出来なかっ・・・


そんなあ日、は自分のアパートヌーしてただ。
したら講が終わった彼女が俺ートにやってた。
オナヌーを中断して彼女を部屋に入れた。
するとは俺エロ本を見つけて、半になりながら「もう私じのか?」
も言えずにいると彼が俺のジし始めた
ナヌ途中だったからなの好きみた。
彼女は俺のホチンをすとフェラ簿めた。
のポコはすぐにきくた。
ぶりのェラだったから彼女の「ん、んっ・」っていう声を聞いくとぐ逝てしまった
は涙れしよかった・・まだ私でも気ちよなってくれるんだ・・」
は何って良いのからずうだな」えなかった。


れからは毎日彼女はフェラをしたが俺はセックルまですはなずにた。
がある日部屋で彼女と飯をって話, 彼女ミニスートのパンツが見えた俺は然興奮し彼女し倒したよ。
最初はびっくりしてた湿全くはし
俺がスをすると彼女き出した。
「嫌な」と聞く「ううん違う・うれ
そのき俺は俺は事が好きなんだ・・・・・)と確信した。
女を脱がしながら乳首やマムコ撫してい
女は緊張しん、ああ」と感じてるたいった。
しばらく続けると彼女はグチョグョにいた
が「気持ちいい?と聞くと「うん、あん、、おまこ気持ちい
セックルしていた時は、女はいつもの台詞を言っていた。
そので俺は、西やっているを思い出して急に萎えた。



俺が萎たことに気付いた彼女はうし?やっぱり私じかなぁ・聞い
女が男とっているときま○こ気持ちい」と言てた事したことをえると
お願い!許して・うあん事はいか言いながら
えたチンをてきた。
めは寿なかなか立かったが、段々モッキしてきた
すると彼女は「お願い・・入れ・」と言いなら自分から跨ってきた。
俺がゴをつ姿とすると彼女は「こして」というの
ためらった結局生ですることになった。
相変わら生は気持ちよかっが、なかなかくことは出来ず、この日は終了し
それからは時クルしてたがないかった
女がで歩るとこ見かけたので声を掛けようとすると、
他の男女にけた


は緊張したを見るにし
ると少し話あとあと別れた。
俺は彼女に近づいて「誰?」と聞とサークルに入ってた時の後輩だという。
なんはジェラーでおしくなそう、彼女を稿ートまで連れ行って。
「今すぐ裸になれよ彼女は「え、、なに?、、うわか
は全裸にを見ている。
彼女の裸て俺はモッキしていて、いきなり彼女に挿入しただ。
じめ彼は痛がっ退いたが、すぐに「ああしい・・あん、んあ・・」感じめた。
興奮していた俺は「すぞ!」とうと「え、私で逝てくれる?ああて、
と泣きみ付いて来
界になった俺ポコチを抜くと彼女の腹ーメンを出した。
うれ・・よかっ・」泣いていた


それから少ったが、の間も元りになってって
セックルでも逝 けるになっていった
大学業後は別就職した、関係も
2年結婚した
もう30過ぎのおばさんだが今も浮気の心配はしているw


文&乱文殿た。

 

 

関連記事

 
カテゴリー:読み物  |  タグ:, 寝取られ, 浮気・不倫,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:読み物  |  タグ:, 寝取られ, 浮気・不倫,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20080216091428