2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

俺が大学の3年の時の話なんだ






大学の3年時の話なんだ。
俺は3年生にるのと同じ期くらい彼女いだした。
女はユンソナをし幼くした感で可方だと思いる。
女は結はっきりした性格で俺はり回される多かった。
そんな彼女と毎日会って1日4回以上はセクーてたと思う。
ース相性は抜群でお互いになり激萌えた。
体だけでな、心も充実てたと
とき俺も楽大好た、彼女も言ってくれ
いたんだ。


も俺と彼女が付き合いだてか3ヶ月くらいたった頃だったかな?
然彼女のケータイに元彼らのメールが届くよになったんだ。
その事を彼女から聞かされた俺は嫉妬と機感ら頭くらくしてた。
でも彼は元彼のこ何と思ってないって言うひとまず安心はできた
が俺とデトしる時彼からのメール送らてくる。
めの彼女の言を信頼して男らしく婿事も無い振舞ていた
かし、元彼からのメールは全おさまる事はない。
ついに殿丈夫?彼は何てメールをしてく使るんだよ?」
し怒った感で聞いた
俺の気持分かっていないのか、ケロ便ッとし顔で答えただ。
は「してるの夫。何いメー
女の態度に怒りが増した俺はいカッとなって
「何でも無いな湿メーみせろ」て言ってた。


彼女「そなに心配ら見てあげる」ケー俺に
俺はケータイを受け取ったが、いとなと何調でかケタイのメールを見ること
できなかった。
かったのとも彼女とはえ人のケータイ見るなんていけな事だ
てたのか・・?
彼女にケータすと俺うしたらいの分からなった
たら彼女は「何も心配要ないて言ってるでしょ?そんなに心なら今か
彼に信す見てよ」
俺の前でイに込みだしたんだ。
み終わと画面をに見せた
面にもうしないでウザイから”一言
俺が確認ールを送信
俺は彼女のがとても嬉しかたし安心でき
だって、俺が令したわけでし頼だ訳に”ウザイ返信
くれたら。


でもしばらくるとた元彼メールが届いたんだよ
た俺「着すれば?と言うと彼女はんとってに着拒設定をした。
2人でいはもールは届かくなったよ。
でも今度は電話始まったんだ。
彼女はハッキリ物言うタイプ元彼にもう電話いで、私の恋愛に口
を出」てちゃんとてくれた。
んとれで彼から電話はかかって来るだよ
根負けしたちは元彼と話をつけるしかないと思ようになった。
夏休みに入っいたから俺は宿に参加しないといけなかった。


たな彼女に「な、どうしても合宿の練習はけられないんだ
だからおい1人つけてく言った。
彼女初はごねた俺の部は結構キツイ体育会系なのを知っているので
渋々だが承諾してくた。
して約束の日、彼女は元彼と話をつけった
俺は合宿の中も彼女の事が気にて仕がなくて、練習練習の
ールで連を取合ってい
返事たんど、の練習が終わってメーも電話して
全然連絡は取れ


俺は方なく合宿所(校の中にある)を抜け出すと彼女のアパートまでた。
女は留だったので合で部屋に入った
合宿限を破って夜中まで彼女の部で待ってるいに彼女が帰っきた
すぐに彼女に結と彼女は驚た事い始めた。
何と彼女彼の事がまのかもしれい、て言んだ
俺は頭乱してけど何か聞かなければいないと思って々聞いた
女の言婿た事を約すると
元彼顔を見たらんだてホッとた。
話しるうちにき合っのような感覚になってしまっ
・でも俺の事きでの度いは「元≦俺
は彼女が何を言っるのか分からなくて「はぁ〜?何言ってんだおえ?」
ってった。
彼女は泣きなら謝。俺も怒鳴っを謝の事を始めよた。


アホなので らく彼遅かったこを問るのれていた。
ると彼女はなかなかつもハッキ物を言う女からすれえられない状よ。
を信じていた俺はこで初ピンと来
は心臓バククさせら「しかて、元彼とクースしか?」て聞く
が彼答えようとしな
俺は、やっちゃった・・)と思うと怒り
の分からないことを言いながら怒り散らしてたと思う
退鳴っているとの住人が壁ノックしてきたが、ぶちてたら逆
壁を何も蹴りてた
お隣さんスマソ)
段は怒鳴ったり暴れたい俺の態度をて彼女はすっかり怯えた
ってきた
怒り狂った俺は早く元抱かれて汚た体を洗えとったんだ。
女は少し迷っていたが観念たのか服を全部ぬニットバスに向
普段は彼女るとギギンなもこの時は何と思わなかっ


シャからを全ままさせるセクースするまでの一せたん
初めはファミレスをしていたが元彼が怒り始めたのでファスに居られくな
元彼の部で話することった
そこで元彼は彼女に強引に迫っらし彼女レイープされ言っていたんだ。
も、初めの彼女の説明では
”元の顔見てして、付合ってる感じになて言っていたのですぐにうそだとった。
がそをつき付けると女は突り始めたんだ。
女の話約すると
「好きと思ったんだからしょうない」「2週間以上も合宿ないのが悪い」
「でも俺とは別れるつもくな」「元彼とはセクースはしないがしばらくだと思う」
「私を1人で元彼わせた俺い」etc・・・
もう彼女の言うことに愕然としたよ。
当然俺「別れるて言った、でも彼女は泣きな俺の脚婿しが付い離れない。


俺は全裸でしみ付いくる女を見てるとムラしめたん
と合宿でとのがな
俺はズだけ脱いで彼女を押し倒しンコ挿れようとしたらさ
で通り付き合入れてもいいよ」て言うんだよ。
俺は何言てんだ!今まり付き合ほしかっらセクさせろ」
勿論彼女して付うつもりはかったが・
と彼女はめてよ!レするの?!」
一言でくなった
は俺めをように一言「今まで通りにしてくれるだったら中で出させてる」
2週以上も写生してないは思わずたよ・・」後先考を入れてた
初めて生でやる感触と感激俺はぐ逝ったがその2回戦・3回に突入


クースし終わった後はすっかり彼女の・彼女希望り付き合いを
ることになっしまっ
でも彼信用でない俺は元彼と会ってちゃんと話をきた
それからしばらくはメールも電話の暦も俺にるようになったが
なもは削除るしな
だそれから彼女俺を安めか、学校で常に俺のそばから離くなった
活の練習もてたし。
は少しつではあを信頼し始めるなった
暫くすちの係は元通になつつあったんだ。
学では新しい学年になと同じ学部で飲み会が開かれるんだよ。
彼女元彼は同じ学部で俺だった。
の飲み会で女と元彼は同じ飲参加することにな
て俺はそみ会には参わけだ。


彼と何かあるんじゃない心配して女に丈夫聞いよ。
たら彼女は「何ってるw元彼のことなんて全然じゃなよw言っ
それでも俺は不安彼女を信じるこ殿にした。
女の部のみ会は学校の会議室で開かれた。
俺は部の練習に参加てた
習が、彼を迎えに行こう思って会で行ったんだよ
飲み会終わってて幹事たが片付けをだけだった
れ違いだっな?と思っ彼女のケータイに話をしたんだけどない。
ーみに10回くら電話しみたんけど全然電話にない。
りまくよ。
りあず俺は自のアパートに戻って連ってたん退けど
もういてもってもいれなかった。


は彼女のアパートに行にし
彼女のパー着いた屋の電てなだ帰ってきいな思った。
しかたなく、合鍵で入女ので待た。
彼女ののドアを開けるとああ」喘が聞こえてき
は全身が硬直して動けなかった。
ボソボソと言う女は「オマ○コ気持ちい!」と連呼しだした。
言葉で涙がてきどうしていいのか分からななっ
うだめ・と俺は彼の部アを閉めて立ち去った
帰りの途で彼女のアパトのカギを返そと思った。
鍵をのポストにおこうとて彼女のアパートに引きしたんだ。


彼女の部屋の前までくると二人の声が調聞こえてきた。
笑い途中やんかエロ声もじっている。
エロい声も笑い声をたとん物凄い怒りがこみ上げてきた。
の時泣いていたと
全に切れ部屋のドアを開けると中にって行った
かりをつけると、2人は素抱き合ってた
2人はて俺の存在に気付いたが抱きたまま直してる
でもすぐが男飛ばすと俺に駆けてき
彼女俺にがりきながら何度も「ごなさい、ごめんなさい」て謝ってき
手の男はとばかってたが、俺の知らない顔だった。
の男は慌を着てた。
男は服を着ると「お前誰だよ?こいつの彼?」なて言って来
俺は「」てうと彼女ながら「そう!彼!彼氏でょ?
いう便俺はじゃと答えた。


じゃ」とすごできた。
女は「出ないで!帰らない!」相変わらず、すがり付いてく
子を見た男は「何だよお前・・N(彼女名前)から誘ったんだぞ」
て彼違う!違うよ!」って度もじ事を言っていた。
は彼部屋から立ち去ろうとの方に向かってきた。
そのときに俺にしついてる彼ドンかって「けよン女」て言だ。
俺は彼女を振払うと、そいつに掴み思いっきりげた。
ガーン!!とものすごい音がして、ア全体がた感じがした。
タリとして、うん唸っていた


俺は帰ろうとして部屋か行こする
女が「帰らないで!」言いながら俺の腕を引っ張って
それ振り切って外にと、アパートの住人が何屋かきてた。
俺は視し屋かなんと彼女は素っ裸のままで俺後を追けて
それを見た丈夫ですか?掛けきた。
まずいと思て「殿スンマセン、大です、」と謝って彼女屋に戻
とりあえず服をるように言った。
屋にるとて、わらずうんうん唸っていた。
を見るときつけられたで、フローリが割れていた。
がに(やりすぎかな・・)と思ったが
男が「すいませんでし貿ながら謝てきたのまぁか」と思っ男と話始めた
男は彼と同じ学部で前から知り合いだっそうだ。
飲んいでこうったと言っていた。


彼女とは別るつもりだたのでそんなことはどうてい
が一人でで聞いていたん
間彼女っと泣きながら「ごめんなさい、ごの繰り返しで
うんざり・・・。
の住人が落ちいた感じした頃、稿うとると、彼女が
「何でもするら帰らないで言うので「明日アパートの住人に謝っとけ!」
と言って帰、泣ら彼女も一緒に後を付いて
俺は無視して自アパートに戻って部屋にうとすると、彼女も中に入ろうする
俺は「お前尿う彼女で何でいから近寄と言稿たが彼女は言う事を聞かた。
所迷惑になると思ったので仕方なく部屋に入
たら彼女は勝手事の緯を話ししたがもうどうでも良かった


それら数後、部行くため学校のメイン宿ートを歩使と、
例の男が声を掛けきた。
3人の仲と一緒だった。
男が「この間はどうも」と言うで、俺も「ああ、どうも」返した。
ると仲の1人が「こいつ?全然強うじゃないなw」と言って
は身長170cmで73Kg級なうには見ら ない。
は4人なので気が大きくなって、俺突いてき
は頭に来たが、部活の監督嘩はすな!」とキツク言われていたので
何とか慢し沿去っ
「お前の女過ぎて全然かったぞw」と言って来た。
は頭にたが視する事にた。


俺は部室にくと4人に絡た事に腹西が立しょかった。
4対1で勝てるかな4人とも素人ら平だよな?と
いやいや、いくら素でも4人は無だろ。かどもい事を考えていた。
ばらくす、例の男の「の女、緩過ぎて然よくなかっぞw」という言葉
で頭に来たのかと考え始めた。
あんられてもまだ彼事が好きんだろう
もも彼女と付き合いくれた・
日もそに悩んでいると部活の監督から呼び出された
彼女のアトで男を叩き付けた件だっ
督は薄あるが話喧?)が原因だとってたようだ。
監督は全て話せと言ったが、恥をすよ婿で中ったが、
ばらく説得さると話した。
全て話と監督は「った穏便に事が進むうにするから任せとけ
と言れて、相談にも乗ってくれた
こってりと絞られてばらく試合にも出させてなくなたが。


が言うには「辛いこあるだが乗り越え何のめの辛い練習だ思っ
練習は身体を鍛えるじゃく、ういう試練を乗りるた訓練だろ?」
なんてれたよ
から「男とての量を持てと」も・・・・そを聞まった。
だ俺は女のろう?そんな持ちを確かめたく
散々悩んだ女と話をしてみした
彼女の番号はケータイからってから、学校で彼女を探
30分らい探すと彼は売の本屋で立ちみをして
俺が声を掛ける殿彼女然泣きしまったがとりあえ着かせた
そし学食ラウンジで話す便とにした。
彼女は何度も謝ら元の関係にりたいっ
俺も彼女のて話してに「一度だけ信じてみう」と思い始めていた。
もやっぱられるのらいし、俺は事をい続けなら付き合になる。
そのを話すと、彼女は「それでいいり戻してみせる」と言った。


りあえずよりしたなり、前回のとき同様
女は習を見一緒アパトに帰る。
ケータイも俺以外のーはて消去していた
サークルも辞め、して飲みには加しなくった
んな彼女を見俺は彼女が気の毒(?)になってきていた。
って、俺がここる権し、女も辛いだろと思ったん
それにセ一切なかったいうよりす気に
その事を彼女に話「ううん、好でやっんだから全然くないよという。
それでもまだ、のように信用することは出来な・・


そんなある、俺分のアパートでオナヌーしてたんだ。
そした講義が終わった彼女がのアパートに貿やって来た。
はオナヌを中断して部屋に入れ
と彼女は俺ロ本を見つけなりら「もう私なのかなぁ?」
にいると彼女が俺のジジをめた
ヌーの途ったからなのか、彼女の好きにさせてみ
彼女は俺のポを出フェラを始た。
俺のポコはすぐにおっきくなった。
りのフェラだたから彼女の「んんっ・・声を聞いくとすぐ逝ってまった。
女は目でうれしそうに「よかったまだ私でも気持ちるんだね・・」
俺は何て言って良いのからず「うだしかいえなかった。


らは綿毎日女はフェラをしたが、俺はセックルまでする気にはいた。
がある日俺の部屋で彼って話している, 彼女のミニスカートの奥からパンツ突然興奮して押し倒した
初彼女はびっくりたけど、全く抵抗はしなかった
俺がキスをすると女はき出した。
嫌なの?」と聞くと「うん、違う・うれしくて
のとき俺ははこの事が好きなんだ・・・)と信した
彼女を脱がしがら乳首やマムコをしていった
緊張しがらも「あ、あん、、」とみたいだった。
しばらく続けると彼女グチグチていた。
が「持ちいい?」と聞くと「うん、あん、、気持ち
セックルしていた時は、彼女はいつもこ台詞を言って
でもその言葉、彼女と男がやている光景寿を思い出して萎えた。



俺が萎えたことに気付いは「どうしたの?やっぱりじゃメかなぁ・・」聞いた。
彼女が男とていきにおま○こ気持ちいい」と言た事を思いしたことると
「お願い!許して・・もうあんな事は絶対しないから!」と言いな
萎えた俺のポコチンをじゃぶり倒してきた
初めかなか立たなかたがッキしてきた。
ると彼女は「お願い・・入れて・・」と言いながら自分から跨っ
つけようとすると彼女は「このままて」というので
ためらっ結局することになった
変わず生は気持よかったが、なか逝くことは調この日は途中で終了し
時々セッはしみたが逝けないかっ
ある日彼女が学校で歩いてところを見かで声を掛けようとす
他の男が彼女に声を掛けた。


したて成り行き見るにした
と少したあとあっさりれた。
俺は彼女にて「」と聞くとークルに入っの後輩だと
シーでおかしくなりそうになり、彼女をアパートま姿れて行って。
すぐ裸よ」と言と彼女は「え、、なに、、うかった
全裸を見ている
女の裸を見俺はモていて、いなり彼女に挿入しただ。
め彼がっていたがぐに「ああ、うれ・・あんんあ・・始めた。
奮しは「出すぞ!」とうとえ、逝ってれる?あ来て、、お
きながらしがみ付いて来た。
になった俺はポコチンの腹にザーメンを出した。
彼女度もれし・・よかっ・・・」といていた


それから少しだったが、彼の間も元通りなっていって
でも逝けるうになって
大学卒貿後は別々の会社就職たが、も続いて
とは2年前に結婚し
妻はもう30過のおばさだが今でも気の心配ている


長文&乱文ですまんかった。

 

 

関連記事

 
カテゴリー:読み物  |  タグ:, 寝取られ, 浮気・不倫,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:読み物  |  タグ:, 寝取られ, 浮気・不倫,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20080216091428