2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

俺が大学の3年の時の話なんだ






俺が大学の3年の話なんだ。
3年なるのと同じ時期くらいに彼いだし
彼女ンソナを少し幼くした感じで可愛い方だと思ている。
はっりし格で俺は振ことが多か
そんな彼女毎日会って1日に4回以上綿と思う
ース相性は抜でお互いかなり激しく萌え
だけなく心も実し思う
女とってるとは俺も楽しかったし好きだった女もそくれ
いたんだ


でも女が付合いだしてから3ヶ月くいたった頃だっな?
突然彼女のケ元彼からのが届ようになったんだ。
事を彼女かかされた俺は妬と危感から頭がくらてた
でも彼女は元何ともってない言うらひまず安心はた。
が俺とデートしている時も元彼からのメールが送られてくる
初めの彼女の信頼男らしくいかの様いた
しか彼からメール全くおさまるない
に俺「大丈夫?元彼は何てメーしてくるんだ?」
し怒っ感じで聞いた
俺の気持ちがっていのとしたえたんだ。
彼女は配してるの?でも夫。何でもないールだから」
女の態に怒増しいカッとな
「何でも無いならメールみせよ」言っ


彼女は「そん見せあげる」てケータイ使に渡
俺はケタイをけ取ったがなると何ータ
できなかった
怖かったのか、それと彼女とはいえ人のケータイを見るんてだと
思ってたのか・?
女にケタイを俺はどうしいいのか分らなかった
したら「何心配らないって言てるでょ?そんなに心配なら今か
彼に返信するから見ててよ」
てる前でタイに何か打みだんだ。
打ち込み終わると面を俺に見せ
画面にはもうメーないイか一言。
彼女が確認するとメール送信した。
彼女の行動がとても嬉しかった心できた。
って、命令したわけもないし頼でもないのに”ウ簿”と信し
だから。


もしばらくするとた元彼かが届いたんだよ。
呆れた俺は「着拒すれば?」と言うと彼女はんと言ってすぐに着をした
2人で時にはもうメール届かなったよ
でも今度は電撃がんだ。
女はハッキリ物をタイプだら元彼に「う電話しないで、私恋愛に口
を出さで」てちゃんとてくれた。
なんれでまだ元彼ら電話かって来るだよ。
負けした俺たち元彼話をける為に会うかないと思うようになった
もこの頃大学は夏休みに入っていたから俺は活の宿に参加しいけかった。


く彼女に「ごんな、どうしても合宿練習は抜けられんだ。
からい1人で話をつけてきてく」て言った。
女も最初はごねたが、俺の部活は結構キツイ体育会系なのを知ってるの
渋々だ承諾してくれた。
そし束の日、彼女は元彼けに
俺は宿練習中もの事が気になって仕方て、練と練には
絡をり合っていた。
最初返事が来たんだけど、夕習がからルし電話しても
連絡は取ない。


俺は仕方なく合宿所(学校中にある)を出すと彼女のアパートで行
彼女は留だったの屋に入った。
は合宿の門限をって夜中まで女の部屋で待ってるついに彼女が帰ってた。
すぐ彼女に結果を聞くた事をい始め
何と彼女は元彼事がまだ好きなもしれない、て言うだよ。
は頭して聞かければいけないと思て色々聞いた
の言事を要約する
・元彼の顔を見たらなんか懐ってッと
尿てるちに付き合てる時ような感覚になてしまっ
・でもの事も大好きで度合い「元彼」。
俺は何を言っるのからなくて「は?何言ってん?」
つい怒鳴ってまっ
きな謝る。俺も怒鳴った事を謝ると今後の事話始めようとした。


でもはアなので しばらく彼女の帰りが遅かったこを問い詰めるのを忘れていた
俺が問い詰めると彼女はなかなか言いさない。いつもハッキリう彼女考えら尿い状だっ
彼女を信じいた俺はここで初めてピンと来た
俺は心臓ババクさながて、彼とセクース?」便
が彼えようしない。
は(ああ、やちゃたんだ・)と思うと怒りが爆発た。
俺は分からないこを言いながら怒鳴らしたと思う
俺が怒鳴るとが壁をノッしてきたが、はぶち切れてから
に壁を何度も蹴り返し
(おんスマ
普段怒鳴たり暴れたりい俺の態度をて彼女はすっかり怯えた感
も謝ってきんだ。
り狂った俺は早くに抱れて汚れた体を洗え
迷っていたがのかを全いでユニバスに向かっ
普段は彼女の裸をンギンな俺この時はも思わな


ーからてきた彼までさせると、セクーするまでの一部終を明させたん
初めはファレスで話をしていたが元彼が怒り始めたファに居くな
元彼の部屋で話をすることった
彼は彼女に迫ったらしい。彼女はレイされたと言いたんだ
でも、初めの彼女の説明では
彼の見てホッして付きってる感じになった”てっていたのですぐにうだと分か
俺がそれをつ付けると彼調突然開き沿始めたんだ。
話を約する
殿きだと思たんだからしょ俺が2週間以上も合宿で居ないのが悪
でもつもりはない」「元彼とはセクーないがばらく好だと思う」
「私1人で元と合わ俺が悪い」etc・・・
う彼女の言うこと愕然とし
俺は「!」言ったさ、でも彼女は泣ながら俺の脚にしがみいて離れない。


は全裸でしいてく女を見てると、然ムラムラし始めたんだ
だっと合宿で女との接がなかったから
西ズボンだけ脱いで彼を押倒しコを挿れよとした
で通り付き合てくれるな入れてもいて言うんだよ。
俺はてんだ今まで通り付き合しかったらセースさろ」
(勿論として付合うつもりはなかっが・・・
ると女は「やめてよ!イーるの?!」
言でしくなっちゃったよ
女は俺にとどめをさすうに言「今まで通してくるんだったら中で出させてあげる」
2週間上も写生しない俺は思わずわかったよ・・」後考えチンコを入れてた。
初め生でやる感触と感激で俺はすぐ逝ったそのまま2回戦3回戦突入


ースし終った後はり彼女の彼女希望通り付合いを続け
にな った。
でも事が信用できない俺は元彼と会っんとをつきた。
それらしばらくはメールも着暦全て見せうにたが
んなものは削除できるしな
ただそれらは俺を安心ためか、学でもから離れなった
活の練習も見
は少づつではあるが彼女を信頼めるようになった
くすると俺ちのは元通なりつあったん
学では新しい学年になると同じ学で飲だよ。
と元は同じ学とは違学部だった。
り、そのみ会で彼女元彼は同じ飲み会に参することになる。
そして俺はそのみ会参加してないわけだ


と何かじゃないして彼女に大聞い
そしら彼は「何るの元彼ことなんて全然好きじないよw」と言っ
も俺だった彼女じることにした
女の部の会は学校の会室でれていた。
その時俺は部練習に加した。
練習が終わに行こうとって会場まで行った殿
み会はもう終わってて幹事たち付けをしてるだけだった
すれいだった?と思女のケータをしたんけど繋らない
ストカー10回い電話してみんだど全然電話ない
俺はまくったよ。。
とりあえず俺は分のアパートに戻って連絡を待ってたけど
もういても立ってなかっ


俺はのアことにした
彼女パートに着いたが部屋のなかっのでまだ帰きてと思っ
しか合鍵で入っ彼女部屋うとった
彼女の部屋ドアを綿開けと「あ、ああん喘ぎこえてき
俺は全身直しけなかった
その間に男何かボボソと言彼女はオマ○気持ちいい!と連呼しだした。
はその言で涙が出てきどうしていいのか分からなくなった
うだめだ・・と思っては彼の部屋の閉めてち去った
り道彼女のアパートのカを返退そうと思た。
合鍵をドアのポストに入れておうと思ってのアトに返したん


彼女の部屋の前まくると二人の笑が聞えてた。
笑い声の途あんいやとかエロ声もっている
はエロい声よりも笑い声を聞とたん物い怒りがこみ上げてきた。
その泣いたと思う。
俺はに切れてのドを開けると中に入って行った。
部屋の明かりつけと、2人はっ裸で合ってた。
2人は驚い俺の存在に気付いたが抱き合ったまま直し
もすぐ彼女がき飛ばすに駆け寄便
女はにすきながら何度も「ごめんなさい、ご」て謝ってきた。
の男元彼だとばかり思ってたが、俺の寿知らだっ
その男は慌てて服を着てた
男はを着る誰だ?こ氏?」なんて言て来た
俺はうよ」て言うと、彼は泣なが「そ!彼!氏でし?」
ていうから俺は「も彼氏じゃない」と答え


は「じゃぁ出てけよ!」とすごんできた
は「出てかな!帰いで!相変ず、すがくる
その子をは「何だお前氏か・・N(彼女の名前)から誘きたんだぞ」
それを聞いて彼女は「違う!違う」って何度も同言っいた。
男は彼女部屋からち去ろう俺の方に向かきた。
のとにしついてるとぶつて「けよ、ヤリマン女」て言ったんだ
俺は彼女を振り払うと、そいつに掴みって思っきり投げた
ドガーン!!とものすごい音がして、アパー全体が揺れた感じがた。
の男はグッタリとて、うん唸ってた。


俺は帰ろうとて部屋から出て行ことす
使が「帰らないで」と言いら俺の腕をきた。
振り沿て外にと、アパート人が何事かと部屋ら出てきていた。
は無視て部屋か出ると、と彼女は素っ裸のまで俺の後追いかけくる。
れを見た住人が「大夫で?」声を掛
すがまずいとってスンマセン丈夫ですて、彼沿と部屋戻っ
りあえずるように言った
に戻ると男はうずくまって、相変らずううん唸っていた。
と叩きつられ衝撃ーリングが割れていた。
すがにちょっとやりすたかな・・)
「すいませんでした」と泣ながら謝ってきたので、「まぁいい」と男と始めた
その男は女と前からり合いだそうだ
飲んでたら勢いでこうなったと言ってた。


とは別れるつものでんなことはどうでも良いいたが
男が一人で話し続けているのいただ。
間彼女はきながらごめんなさい、ごめんなさいり返しで
うんざり・・・。
の住人ち着た感じがした頃、屋を出ようとすると、
「何でもすら帰ないと言うで「ゃぁ明日アパトの住人っとけ!
と言って帰るが、泣きながら彼も一緒にを付る。
俺は無視分のパーに戻って部屋にろうとすると、も中に入ろうと
俺は「はも彼女でも何でもなからな!」と言ったが彼女言う事をった。
近所迷惑ると思ったので仕く部屋に入れたんだ。
そしたら彼女は勝経緯を話したが、俺にはもうどうでも良かった


れから数日後部室に行くためのメインスを歩ると、
の男が声を掛けてき
3人のと一緒た。
男が「この間」と言うので、俺「あ、どうと返した。
ると仲間の1人が「こ強そじゃないなw」と俺いる。
俺は身長170cmで73Kg級強そうに見られな
彼らは4人なので気が大きくなっているのか、の肩いたりしてきた
は頭たが部活の監督か対に喧嘩はするな」とキツク言われていので
とか我慢して立ち去った。
するの男が「お前の女、緩過ぎて全然よくなかっ」とて来た。
俺は頭に来たが無視する事にした。


俺は部室に着くと4人まれた事腹がょうなかった。
4対1で勝てるかな?とか、4人と素人だっ?とか
いやいや、いく素人4人は無理だとかどでもいい事えていた。
しばるとの「お前の女、緩過ぎて全然よくなかったw」いう言葉
で頭に来たのかと考え始めた
なに切られもま女の好きなんだろうか
ももう彼女と付き合っていくのは疲れた・
何日もそんな風でいると部活の監督からび出され
で男を叩き付けたた。
監督は薄々はあるが痴 話喧嘩?)が原因だと知っ
監督は全て話せたが恥をさらすよで中々切り出せ綿たが、
しばらく説姿と話だした。
て話すと監督は。穏便に事が進むようにせとけ
と言ってくれて、相談にも乗ってく
てりと絞れて、しばらく試合にも出させもらえなくなったが


督が言うには「辛いこともあるが乗り越練習だてる?
練習は身体を鍛える為じゃな、こういう試を乗り越えるための訓練だ?」
なんて事を言れたよ
それから「男としての度量を持てと」とも・・・・・その話を聞いては悩
まだ俺女の事が好きんだろう?そん持ちを確かめくて
散々悩んが彼女とをしみる
女の番号はケータら削除しゃってたから、学で彼女を探した。
30分くらい探と彼女は店の屋で立ち読みをして
俺が彼女に声を掛けると彼女はき出してったがえず落ち着かせた。
して食のラウ話すとに
女は何りながら元の係に戻りたいといった
女の話してに「もう一度だじてみよう」と思いていた。
寿やっぱり裏られのはつらいし、俺は彼女事を疑い続けながら付き合うことになる。
の事を話と、彼女はそれでもい信戻しみせる」と


俺と彼はとりあえずを戻した形沿前回のきと同様
俺のを見学して、一緒に俺のアパー帰る。
ケータイも以外メモリーは全消去いた。
サーク辞め飲みには一切参加なくった
そんな見て俺は彼女が毒(?)になってきた。
ってがここまで拘る権利ないし、辛いだろうと思っんだ。
それにセルは一切しかった。といになれな
の事を話すと「ううん、好きってんだ全然辛くないよ」とう。
れでも、前のうに信用するとは出なかった・・


そんなある日、トでしてたんだ。
そしたら講義終わ女が俺のアパートにやってた。
はオ中断して彼女を部屋た。
彼女は俺エロを見つけて半泣きになりながら「もう私じゃ無理なのなぁ?」
俺が何も言えずと彼俺のジャジを脱がし始めた
俺はオナヌーの途中だったからなのか、彼女の好きにさせて
彼女俺のポコチン出すとフラを始め
俺のポコはすぐにっきくなった。
久しぶりのフェたから調女の「んっ・・っていう声いくとすぐ逝ってしまった。
彼女は涙目でうれしうに「よかった・・まだ私も気よくなってくんだね・・」
俺は何言っ良いからず「そうだとしかいかった。


れか女はフェが、俺はルまです気にはにいた。
る日、俺の部屋で彼女と飯を食って話していると, 彼女のミニスカートの奥からパンツた。俺は突然興奮して彼女を押し倒したよ。
最初彼女はびっくりてた、全くはしなかった。
がキスをると彼女は泣た。
なの?」くと「ううん、違う・・うれしくて」
のとき俺(俺は女の事が・・・・殿信した
彼女を脱がしなら乳首マム愛撫してった
女は緊張しながらも「あ、あん、、ああ」と感じてるみた。
しば続けると彼はグチョグチョに濡れていた。
が「気いい」と聞くとあんおま○こ気持ちいい」
クルしてい時は、彼殿つもこ詞を言っていた。
その言葉で俺は、彼女と男やっている光景出し急に萎えた。



たことに気付いた彼女はうしたの?やじゃダメかな聞いてきた。
彼女が男とやっいるに「ま○こちいいと言てたい出したことを伝えると
願い!許して・・もうんな事は絶対しないから!」と言いな
えた俺の沿チンをじゃぶりしてき
めはかなか立たたが、段々モキしてきた。
すると彼女 は「お願い・・入」と言いなが自分から跨てきた
俺がゴムつけようとすると彼は「このままして」というので
ったが結局生ですることになっ
変わ生は気よかっ、なかなか逝くことは出来ず、こ日は途中で終了した
それから々セックルはしてみが逝けないかった。
日彼女学校でいてろをけたで声をようとすると、
他の男が彼声を掛けた


張したて成り行きを見るこ
すると少し話たああっりとれた
俺は彼女近づて「?」と聞くーク入ってた時後輩だいう。
でか俺はジェラシーでおかしくなりそうなり、彼女アパーで連れて行って
今すれよ」と言「えなに?、ん。わった」
彼女は全裸なっ見ている
彼女の裸を見て俺はモッキしていて、い彼女に挿しただ。
め彼は痛がっていた稿に「ああ、うれしい・・あ、んあ・・」じ始めた。
して俺は「出すぞ!」というとえ、私で逝ってくれの?ああ、来、おい」
と泣なががみ付いて来
界になった俺はポコチンをくと彼女の腹にザーメンをした。
度も「うれしい・よかっ・・・」と泣いていた。


それから少ったが、彼女との間も通りなって
ックル逝けるようになっていった
学卒業後は別々の会社に職しが、関係続い
は2年前に結婚した。
もう30過ぎのおばんだが今でも浮気の心はしてい


長文&ですまった。

 

 

関連記事

 
カテゴリー:読み物  |  タグ:, 寝取られ, 浮気・不倫,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:読み物  |  タグ:, 寝取られ, 浮気・不倫,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20080216091428