2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

意趣返し






もう5年ぐらい前の話使・・・。
A子は、大学代のーク仲間で、小で鈴木あみた顔立ちだっークルのドル的な感じでした
大学卒前の飲みで距離近くな、付合いて、そのままプロポーズしてに結婚。


当初はうまくいってのでぐぐいからを拒否されはじめックスレスになりました。
まあ付き合っら、A子ックスまり好きではいとってたし(ではかったすが)、それもてもともと回数もあり多くかったのもあたので俺もそれほど気にしてはいませんでした。
まだ二人とも若かったので供もまだ先でいいと思ってました。


セックスレスなって2年過ぎたりの頃でした
会社を出30前いのーツ姿立っちを見会釈しながら近づいてきした
も高く美人と言える顔立ちタイルもったんで、とどきどきしつつんだうと思っていると
Bの妻のC美と言いす。俺話があって来ました」と言
Bという名前に聞き覚く、ぁと返事して、されるままに近く喫茶店に入りました
「単刀直入に言すと私の夫のBとの奥様のA子は、不関係にあります」
?」
最初は何を言れてるぱりわかりませんでがわらないんですが・と言おうと瞬間にC美は、んかきと書類を出して机の上に広げました
やっぱりなかっようですね。とりあえず、これを見てださい」
俺はる手で書類をつかっと見ていきまた。
どうも気調査の結果ようで何日何時に会って、細かい内容が書てありまし
写真り付られてるあり知らぬ男と腕を組んでホテルへるところと出るとを撮影殿れてる、間違いくA子でした。


C美は、知らなかったのなら驚かれるのも無理ありませんねて淡々としてくれま


Bは、A子と高時代の家庭教師だったこと。
人の関係は再会し2年らという
週2回定期に会ってること。
写真を見いくとなんとウチにA子がBをるのもあり、土曜日には毎週ウ来てたようです。俺は土曜は出)


「私は離婚するりですでA子さんには謝料を請求させいただきます。俺さんはどうれるか任せますが、A子さんと離婚れるたら資料をお貸しします。
あたって有利にいます。とC美々と話しました。


「えっと・・ちょっとだけ時間もらってもいですが、あまりに然のこっと乱しって」
「無理もないです。いれにしても弁護には相談済で一ヶ以内には、お宅へ人と伺うつもりですのでにどうささい


C美はそういと手よく資料けて俺の分も喫茶店代の払いを済ませて出ていきまし


俺はその1時間、喫茶店んだ末に帰いわにはいかなっ家にた。
A子はいつもどりの顔でおかえりをてくましたが俺はまともに見出来ずに、今日は疲れたのです言って部屋に篭りま


A子てると今日の喫茶店は、悪い夢だったないか思えてきま
クスレスはそど気してなかったとはいえ、の男とやっていたとると話はです。ももやたなにかが胸離れせん


んな気分で、俺はA子にたまには買い物か出からと出しした。
A子は、そんなこう俺に最初は訝しがっまし、そいうなら、と出かけきました
んな姿を見てるも浮ているようには調えず、心が鈍りそうでしたが考えていたとおり室と居間メラとマイクを仕掛けした
ンターネットはいたものの、AV機には疎、いネッで調た末に購入きたものす。
事、カメラ掛け終わり、俺にって今までで一番い一週間が過ぎました


変なきどきとまらないまま、イヤホンつけて部屋のかりもけずに土曜日の画像を確認しました


センセおかりーーー」
A子の明るい声が入ってした。
・・かえどういうことだ?
知ら男の声でた入っましたが、らはのある声ではありません
「じ、今日はこんなのを出してみまからってらったの。高校のときの制だ私捨てたものじゃなでしょ?センセこの好きしw
なんとA子はブレザー姿でた、A子こともない・・。
男は写真たBの姿した


のさ、今日は話に来んだ・」
えー、さにえっしないの?せっかく着て待ってたのー」
や、なんかさ、妻に気づるような気がするから、しばく来ないが・・」


シャという音がなり響き
も心止まるかと思うほどびっくりしました。


なんで?どうせるんでしょ!いじない!」
いや、前にも言ったとおりだ離婚はできな、いろいるし、それだって俺君居るいか
はセンセく離婚しくれないでしょ!センセが離婚したら、私ほうはすぐ俺君離婚すわよ!もともで結したんじゃないんだし!」


かで殴たか衝撃を受けました
いうこだ・・・?


「それはっと君にかわそうじゃ?彼は君のことが好きなんだろ?調
「俺君の気持ちなんてどうでいいんない!私がなのはンセ


そういいなA子はBの腰のりでめまし


「センセこういうこしよとすると吐きそになるんだものセが私を高の頃にこん体にしたん


Bはうとうめきた。
・・・フェラしてる。
俺は頼むら出来なったのに
ら?きもひいいひょなにおおひなってるひ
ゃぶりながら喋るA子とても段知ってるA子は思えません。
手だBの股間あるまま、Bに顔近づけいました。
センセだ奥さんにことしてもったって言ってたじ私だったんでてあげるよ。毎日でも」
でもさすがに離婚は、いろにも立場があっ・・・
A子は、また咥じめまし
Bはぶとまだ小声で何言ってまたがき取れずまました。どうやイったよう
Bはか、まA子ートをまりあげて前戯せず後ろき入れまし
キモチとかきとかてると、A子は獣じみた叫びら受け入した。
すがに耐切れヘッドホンをはずし動画貿早送りしました
A子が騎位で腰を振ってたりBの全身舌を這わせて喜んでいたりといシーンが矢継ぎ早に流ていきました


終わ、俺は脱力でした。
苛立や怒りはどこかへいってまうほショック脱力するの
心は決まり、C美へ電話した


「例の件ですが、私A子と離婚ことにしました」


そうです、と感も見せずに淡々言うC美少し腹が立ってきまし


「例の資料、もらうけでは申訳ないので私も証拠を取りました。お渡しのです


証拠はもう充・・というC美にそう言わに是非ということう約束をしまた。
DVDにして持ってき、お互いちの拠を渡して別れした。


静になて動画の内容を思返して見A子のほうBに惚れてるのは間違無さそうです。
校時代いうからには、家庭教師のころににかあったんでしょう。
私のってのセックスに対る潔癖A子と別人のよ淫乱でBに奉仕しました
まあ、実は潔癖でもなもなBに操を立ていけというのが本当ので・・。


いずろ、中にあたよC美がBをしっりと捕まえば、こんなことにならなかったゃな・・
かに逆恨みなのはわかっていのでういう気持になっのも確かでした


そこ先の展開は早かったです


BとC美はウチへ、A子へ請求の話と弁護士にを伝えてきま
でA子したい旨を申し入、慰謝料請求をさせてもらと話をしま
A子浮気相手の妻から同時謝料を請求され西地にれているは面のみを浮かて頷くだけでした。
BはたでいるA子とは照的にい目をしたまま、たうなだれていました。
はすでにこういう果になること覚悟していた、そ感慨はありまんで
のときは、俺はなぜかC美が気にり、C美の顔をっと見たが、浮気のげたときと変い表情で淡々として
と押し黙っていたBが帰り間際に口を開き、俺に向か謝っとじゃないけ君には済ないことをした」とだけ言
俺は「いえ・・・しかえました。
直、こ状況で喜せるA子の気味、嫌悪感と対照的にBに対するは失せていくのがわかりました。
のうちにA子家へ帰し、実家のA子らは、言葉だけの謝を電話越しでまし
C美の慰料は相場から考えるとかな高額でしたが、A子の親は裕したし、人娘だったのらへのも一括でい込まれました。
届もA子ら送られたものに捺印し、が提して終わりを告げました


あぶく銭だけが残り、どちの夫婦にも子供が居なかったのは幸いなという変な感慨だけが残りました。
それ後、C美から電話があました。
「話をしで時間取れますか?」
なんとなく気になっていのもあっ、会いにいきま
「あの二人、籍入れたみたいですね」
顔を見るな、C美はそう言い簿
ぁ、そうで
「あま驚かれないでね」
まー、A子はそのつもりだったみたですし、そうるだろうなとは
Bからの慰謝料も分割のが一で払われてきそうじゃいかなとは思てました
ら連絡は取っていのすか
「取るわけないでし。DVD見たんでしょ?2年以上夫婦やっていなら気いとし思わてなんですよ。夜されてました。そんな女に連絡りたいんて思うはない」
C美は目を伏て思ったより割り切れていんですね、と言いました
そういうC美んは、思ったより切れてないみたいですんな顔しなんて思もしません
「・・・・
自分であれだけ仕切って、いて何という感じ
そんなこと言うただけ出したのかとも。
ったまたし意地悪をしりま
C美さんはBさんに実はあっんじゃですそんだったらしなきゃよかったのに
・・Bの浮は許せませんしBは私じ満足しってことですし、A子さんのほが良いよでしたから」
「はぁ?は許せないはわかりますけど、Bさんは明らかにあたのほへ未練あるみたいでたけどね。それに満足って・あなたのとろもレスだったんでしょ
C美はきと俺を睨んできました
婿ったなら満足もでしょ。りゃ若いに誘惑されりゃそっち行きすよ
なんで俺は嫁の浮気相手だたBを擁護してんだとなくかったですが、なんとんな言葉が出しまいま
「どうせに胡坐かいて那に優しくもしなかっ?」
そこでいいけたとこ姿ろで思いっぱたかした
ぁんに何がわかるのよ・・・
C美は涙目になってそう言いま
がちゃとバ財布し、そ勘定を済ませる店を出ていきました。
ま、思ったよわかりやだな思いつつ、店とすると店の外にC美がました簿
ま無言で俺の服の袖を握る引っ張って歩いました
ちょっ・言いりますよ
あなた悪いと思っていでょ!
して、そままC美が引っ張ってい殿たのラブでした。
・・・マジっすか?
「・・・イヤいわよ」
「いや、変わないちに行きましう」
もなんんだいてレスが長く、求不満ったは事す。
にこんななら、ったり適たりです。
実際、呼び出されたときにてなかったというし。
で部った時にC美のイトスカートを捲り上げ股間に顔突っみ。
ちょっ・ちょっと!シャーを・・
「そなんいいすよ、おれこいう匂い好なんで」
こっこの変・・」
うどうせ会うこともなだろせなら好き勝手やってや腹でした
A子には使っったこととかも。
がるC美のストキングを破り、パンティをして直接アソコを嘗めす。
汚いからやさいんでますがずナメ
しかてC美さんアソコなめられたこ?」
、あわけないでしょ・・・」
ーこ使かにういうのが嫁だっりしたら引くな
A子は潔と思って、湿わったこと何も出来稿なかし。
「C美さコ、いいにおし、味も美味しい」
う変態全開です遠慮しなくていい相手ので。
そのとき、C美がぶるっ震えて次の瞬間、どばっとかんじソコか愛液が拭き出てきました。
もう濡れるといれるといったほうが正しいぐらいに。
C美は、顔を抑らうと唸りそのがくがくつづけました
てるww
というでさらに慮な舌をっ込みます。
C美はに力がうでったしたまです。
「んじゃ殿風呂はいりましょw」
ぐったりしたままのC美を脱呂場連行。
すがに照れてるのかこっちを見うとしないままで
「洗ってあげよ」
「いいい。い。自で洗う。
う遠慮せずに」
俺はィシャンプーを手に取のままC美体にぶっかけました
ちょ・・今は何をする気?」
「洗うだですって何かしてしいんで?」
C美はまた顔をけました
こうかわいいかもないwww
俺はアソコを中C美の体をまんべん姿なく石鹸でぬるぬるしていきました。
C美るぶる震えながらすがままってましが、アナルのほうも入りにてやると暴れました。
俺はせずに洗い続した後にもがくC美をよんばさせて、ルに舌突っ込み。
っううういやいやい、おしり宿に何かってきてるっ
「俺の舌すんで、痛くはないでしょ?」とだけ言ってまたじこ
いやからやめてやめて
にせずに舐めぱこういうのにいな・・・
ぐったりしたC美をベッドにつていき、よいよ挿
まあすがンドーム。あとあと面倒なことになても困りまし。
からがしがし突くけど、を押し殺してるC美。
となくつかったんで、一抜い備品のローターを購入。
C美は顔をベッドに伏せただったけど向けにさせ正常位で挿入。
相変わら声を抑えいましたここ秘密兵器導入
ちょうどC美のクリあたるとろにローターセットして俺とC美ではさむよ状態チオン。
の異物感と振動にC美はびっくりしてげようとしましたが、動けないようにロック。
俺も腰動かせません、挿たまま、ロータの振動とダブル攻撃
C美は、だけ獣じた声しまいました。
ぐったりしたところで、俺もこうと思い突きした。
俺も事イクこ来て、満足したとろでンドームの処理してるろでぐC美が話しかけてした。
・気った?」
西最高したよ
「・・・んなふうにA子んともしてたの?」
「いや、かったんで普通しかてないですよそれえる度です2年も結てね。C美はどうBさんはテクニックあったんでA子があれだけメロロになてたらいし」
「ううん、なこあの人たことない。普た。
「C美さんが拒してただけじいで
「・・・うーん、しれな。」
あ、やりいって姿あっーな。
なまじきりっした美人でスタイだけにあの男、かにな優男だったし
先考えてないからここま出来たってだけの話で
「ねね」
「なです
「・・・いうことさげたり、からも誘っればあの人A子さんと浮気しなくて離しなのか
「・・かもしませんね」
なんか、で急に自が情けてきました。
少なともBはC美からもA子れていたのは間違い。
A子は操をてるよ真似をしてとの性的なことれだ嫌悪してし、C美だって素直になれなっただけでBのことはだったの白。
そん、俺はいったいだったんだ?
結局、とさることはなかった
回、そのことにづいたら涙が出てきた。
どうし?」
・・なんでもないっすよ。か、急に自が情けくなっただ。BさんはA子にあなたにもそれされてたのに俺はいなんかってね」
ずるずさせなら、涙声んなことをこの人言うはほんと情けないと言ってる最中にすでに思えて、よけいに泣けてきた。
いきなやわらかな感た。
「・・ごめんね」
後ろから俺につきながらC美そう言った。
・・なんでC美さんがんでんかよけいにじめなんすけど、
ごめん
C美顔をぐいっと後ろに向けてキスをしてき
・・なんか中学生レベスっ
「えっ、ういうのじゃないの?
いっとC美がふてくさをしました
「・・・せっかく勇気出し人にからしたこないキしたのに
「なんか、俺、いま突にBさんそうになってました
そういけいにふくれるC美。
「・・あの気持ちよかったよ。
っ?
「・・・っきのセックス。主人・・ううん、Bとのックより君がいましてくれたクスのちよかったこれ
なんかさきまでの惨めな気分が嘘のように晴れてニヤけ笑いがみ上げてきました。
俺のを見てC美笑い
俺君一回す?」
しま
・・・じ、今は私もシてあげるかいろい使て」


その後、C美とちょちょく連絡を取るよ年後ぐらいには俺か込んで付き合いて、今で結婚1年す。
Bと、一回だけ事中に偶然会って少しけ話を
Bは君に迷惑をかけて傷つけ寿分、A子は幸せにすて済むことじゃないが本当あの時使は申した」といまた。
俺はC美とのともり、もA子には未練なにもなかったので
A子望んことだと思すし、もういいでよ」とだけ言いました。
A子と子供も出来たみたいでしが、Bはらく老け込んでいてあまり幸せそうには見えませんでした。
C美たみだし、も幸せになってほしい
あれ、知らかったのか。といちょをしたくりまし
C美さんと結のは俺ですよ。れがきっかで付き合いじめした
っ・そうか。そ、それったちのことも僕はし、心たから・・・
らかに動揺してました。
・姉さん女らかC美んはいろいろ世焼いてくれて幸せですほう
それを言った瞬間のBの顔は完に凍ついてました
では、俺はBから離れまた。


・・婿ちょっと悪趣味な言だったか
けど人の嫁に手を出しは事実だ、こらいの意趣返だろ
C美対にせにしよう・そう思いまし

 

 

関連記事

 
カテゴリー:復讐  |  タグ:, 浮気・不倫, 寝取られ,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:復讐  |  タグ:, 浮気・不倫, 寝取られ,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20080304235924