2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

意趣返し






5年ぐらい前の
A子は、大学時代ークで、で鈴木顔立ちった為、サークルアイド的な感じした
大学卒業前の飲み会距離が近くなり、付して、そのままプロポーズして、就職してすぐ結婚。


当初はうまくいっのです婚してぐらいから拒否さじめて、レスにした。
まあ、付き合った頃、A子はセッがあり好ではないと言ましたし(処ではなかったですが)、そてもと数もあまり多くなかったのたのでそれほど気してはいませた。
も若かったので子供もまだ先でいってました


クスレスになっ2年過ぎたあたりの頃でした
会社を出たら、30前ぐらいのスーツ姿の性がっておりこっちを見て会釈しながら近づいてきました
背もと言える顔立ちタイルもかったんで沿ちょっとどきどきつなんろうと思ってると
BののC美と言いま俺さんにお話あっまし寿と言い
Bとい聞き覚便が無、はと返事して、促されままに近くの喫簿に入りました。
入に言いますの夫のBとあなたの奥A子さんは、関係にあります
「はぁ?」
初は何を言われ殿かさりわりまでした、意味がわからいんでが・言おうた瞬間にC美は、かばんからてきぱき類を出して机姿上に広げま
「やっぱりご存なかったようですね。とり、これを見てくさい
俺は震える手で書類をつかみざっといきた。
どうも気調査の結のようで何何日何に会っとか細かい内容が書いてあ
寿り付けれてるのもあり、見知らぬを組んホテルへ入るとろと出ころをされてる違いなくA子した


C美は、知らなかったのら驚かのも理はありげて淡と説明してくれました。


Bは、A子と高校時代の家庭教師だったと。
二人の関係は、再会2年前からと。
2回定期的に会っと。
写真を見てとなとウチにA子がBを迎れてるのあり、土曜日には、毎週ウチ来てたようです。(俺は土曜は社日)


は離するつもですのでA子さんにはを請求せていただきます。俺さんはどうされるか任せますが、A子さん婚さるおつもりでしたら資料をお貸し。」
離婚するにたっになると思いますC美は淡々と話しま


「え・ちょっとだけ時間をもらってもいいですがあまり突然のことちょっと混乱してし
理もないです。いれにしてすでに弁護士湿にはヶ月以は、宅へ人と伺うつもりですのでそれでにどうさるかえてくだい。」


C美はういと手際よく資料を片付けて俺の分も店代のいをませて出ていきまた。


はその後1時間、喫茶店んだ末にらないわけにはいかなったので家に帰りした。
A子はいつおりの顔でおかえりを言ってくれましたが、俺はと顔をに見るこが出今日は疲れたとだって屋に篭りました。


A子を見てる日の喫茶店での話い夢ったんじゃないかと思す。
ど、ど気にてなかったとは別の男とやっていたとなると話は別ですもやしたなにかが胸をせん


そんな気分で迎え日、俺はA子には買い物出からと告げ、外出しまた。
A子は、んなこと言う俺最初は訝ししたが、そら、と出かけした
そんな姿を見てるととて浮気し綿には思え、決心りそうでたが考いたとおり、寝室と居間にとマイクを仕掛けました。
ーネットやっていたものの、AV機器は疎く、いネットで調べた末に購入したものです
事、カメラもけ終とって今まで一い一週間が過ぎまし


どきどとまらいままイヤンをつけて、部屋の明もつけ土曜日の画像を確ました。


「センセおえり
A子婿るい声が入ってした
・おかりってどういうだ?
ない男だいまも入っていましたがらはあまり元気のある声でありません
「じゃーはこのを出してみました。実家から送ってもらったの。高ときの制服ー。ま私も捨てたものじゃないでンセこういうきだw」
なんとA子はー姿でした、といかこんなA子は見たこともない・・・。
男はで見たBの姿でした。


、今話にんだ・」
ー、さえっちないせっかく着ててたにー
「いや、なんかさ、に気れてるよな気。だから、しばらく来ない宿ほう・・


ガシとい音がいきなりました
も心止まるかと思うほびっくりしました。


なんで?!せ離婚するんでしょ!いじゃない!婿
「い前にったとおりまだ離婚はできいよいろるしそれに君が居るじゃないか」
それはセンセが早く婚してくれからンセしてたらほうはすぐ俺君と離婚するわよ!もとも好きでたんじゃないんだし


と頭を何かで殴られたかのような衝撃を受けまた。
どういう・・・


はちょっにかうじゃないは君のことが好きだろ?」
「俺君の気ちなんどうでいいんじい!好きなはセンセ


そういいながらA子はBのたりでもぞもぞしはじした。


「セ以外とういうことしうときそうになるんもの。センセが私を高校んな身にしたんゃない」


Bはう、とうきま
・・ェラしてがる
頼むことすら出来なかった
「ふぉら?きひいいひょ?おひなっ
ゃぶりながら喋A子はと俺が普段てるA子とは思えません
離すと手だけBの股間にあるまま、Bに顔を近づけて言いまた。
ンセってさんになこしてもらったこって言っ西てたじゃないの。私だんでもしてあげる毎日で
「で、でもさすがに離、いろい私にも立あっ・・・
A子は、また咥えじめま
Bはぶつつとまだ小声で何か言ってまたが聞き取れず、そのまうめきをげてまし。どらイったようです。
Bはのか、そのままA子のートをまくりあげて前せずにろかき入れま尿た。
キモチイイとか、好きとか愛してるとか、A子は獣じみたをあながら受け入れてまし
さすがに耐え切れず、ヘッドホンをはだけ早送りした。
A子乗位てたり、姿Bの全身わせて喜んでたりとーンが矢継ぎ早に流れてい


終わった後、俺は脱力でした。
かへまうほどのシでただ脱力のみでし
俺の決ま、C美へ電話をしした


が、私もA子と離ることにしました


そうですか、と感情も見せずに々と言うC美に少しきました


「例の料、もらうだけでは申しいので私もを取りました。それ婿お渡しいの


う充分あるので・いうC美にそう言わずというとで会うしまた。
DVDにして持っお互に手持ちの証拠を渡してした


冷静になって動画のを思いしてると、A子のほうがBに惚れてる間違いさそ殿
高校時代とい家庭教師のころになったんでしょ
の知てるのセックする潔A子とは別人のように淫乱でBに仕し
まあ、実は潔癖でもなもなくBに操を立ててただけというのが本当だったのすが・・


ずれにしろ、話の中あったようにC美がBをしっかりと捕まていればんなこかったんじゃないかと使・・
明らかに逆恨のは簿もわかていたのでが、綿ういう気持なってたのも確かでた。


こから先の展です


BとC美はウチへ訪A子への慰求の話と弁護士に任せた旨を伝えてきました
俺もそ場でA子に離婚したい旨し入れ慰謝料もらと話ました姿
A子、夫と浮気相手の妻かに慰料を請求され、窮地にたされていはずなのに、満面のて頷くだけで
Bはただ、でいA子とは対照に赤い目、ただていました
はすでにこういう結果に寿ことを覚悟しので、そのときはあま感慨はありません
そのは、はなぜかC美が気になり、C美の顔をじっと見てましたが、俺へ話を告げたきとらない表情で淡々とてました。
と押Bが帰り間際にを開き、俺に向かって「謝って済むことじないけど、君は済いことをした」言いした
は「いえ・・・としか言えませんでし
直、この状喜んみせA子気味悪さ、嫌悪西と対Bに対する怒ていかりました。
の日のうちA子は実家へ帰、実家のA子の親かは、言葉だけの謝罪を電話越しで受まし
C美と俺へ謝料は相場かえるとかなり高額A子の親裕福でし たしだったのでどちらへので払い込れまた。
婚届A子から送てきたものに捺印し、俺出し終わりを告げまし


ぶく銭だけが残り、どっちの夫供が居なかったのは幸いだったなという変感慨だりました。
から半年後、C美電話がありした
「話で時間取ますか?」と・。
はななく気にってもあって、会いにいきまし簿
の二人、籍みたいね」
俺のなり、C美はう言した
「はぁ、そうですか」
「あまり驚かないすね
「まー、A子はそのりだったみたいし、そうなるだろうなと
Bからの慰謝料もの予定一括で払われてきたのでそうゃないかとはまし
れから絡は取ってないのです
取るわけないょ。DVD見たんでょ?2年夫婦やってい気持ちしか思われてなったですよ夜もされてましたしに連絡思うはずもない」
C美を伏思ったり割り切れているんですね、と言いま
「そういうC美さは、ったより割り切れてないですね。そんなてるなんて思いもしませでしたよ」
「・・・・」
自分であれだけ仕切って、進めておいてをいまさらというじでした
そんなことを言ためだけに俺をのか、とも。
そう思ったらまた少意地悪をなりました
C美さはBさんに実は未あったんゃないですか?そんなんだった婚しゃよかったのに」
・Bの浮気は許せませんし、Bは私じゃ足してなかっし、A子さんのほういようでしたから
「はぁ?浮気は許せわかりますど、Bさんはあなたのほ練あみたいけどね。それに満って・あなたのレスだった
C美はきっと俺睨んでした
「レスだったのならも何ないでしょ。そりゃ若女に誘惑れりゃそっち行きま
で俺は嫁の浮だっBを擁してと思もなかったです、なんとなくそんなてしまいました
「どうせ、妻の座に胡いて旦那にしくもしなかったんでしょ
そこまでいかところ思いっきりひっぱたかれました。
「ぁんたにがわかる・・・」
C美は涙目ってそうました。
がちゃちゃとッグから出し、その勘定を済まを出ていた。
ったよりわかすい人だなと思いつ、店を出ると店の外C美が居まし
言で俺の服の袖と俺引っ張って歩いてました。
ちょっ・言過ぎたのは謝りま沿
なた悪いってないでしょ!
そして、そのままC美が引っ張っていったラブホテルでした。
「・ジっすか?
・・・イヤならいよ」
「いや気が変わ行きましょう
もなんだかんだてレスが長く、欲求たの実です。
れにこんな美人とヤレるら、願っったりす。
実際、呼び出されたときに待してったとい嘘ですし。
ラブホ屋に入ったと同C美西イトスカトを捲り上げて股間に退み。
「ちょっ・・・ちょっとシャワーを・・・
なんいいすよ姿おれこういう匂で」
こっこの態・・」
もうどう会うこともないだろう、どうせならき勝ってやれってでした
A子には気使使なかたことも。
嫌がC美ストッキングり、パンティをずらて直接アソコを嘗回しま
汚いからやめなさい、とか叫んでますが気にナメナメ。
れ、もしかてC美さんア稿コなれたことない?
「あ、るわけないでし・」
あーこ確かのが嫁だったりしたら引くな。
実際俺A子は潔癖思って、変わったこも出来なかったし
C美さんのいいにおいだし、味も美味
もう態全開です。しなくていい相手で。
そのとき、C美がぶるっえて次の瞬間どばというかじでから液が拭き出てきした。
もう濡れるというより、流れるとったほうが正しいぐらに。
C美は抑えらうと唸り、まがくくと震えつづけまた。
いい反応てるいかw
いうことでさに遠慮なくを突っます
C美はないうでりしす。
んじゃ、お風呂はいりしょかww」
ぐったりしのC美脱がして風呂場連行。
さすがにれているのちを見ようとしないまです。
「洗ってあげますよ」
や、いい。い分で洗う。
遠慮せず
俺はディシャンプーをまC美の体にぶけまた。
ょ・・は何をする気?」
洗うだですって、何かしてほしいんですか
C美はまを背けまし
わいしれないwww
俺はアソコ心にC美の体をまんべんなく石ぬるるしていきまし
C美はぶるながらもなすがになてましたが、アナルのほう念入りに洗ってやると暴れだしした
俺は気にせ洗い流した後にくC美をつんにさせて、アナルに舌突っ込み。
っううういやいやいや、おしに何か入ってきてるっ
「俺ので、痛くはないでしょ?」とだてまたねじ
いやっ汚いらやめて」
にせに舐。この人やっぱこいうのいな・・・
たりしたC美をベッドにつれてき、いよよ挿入。
まあ、すがにコンーム付あとあと面ことになっても困りますし。調
後ろからがし突、声を押てるC美。
なんとなくつまらかったで、回抜て備のロータを購入。
C美は顔をドに伏まだったけど、仰にさせ正位で挿入。
相変わらず声を抑いました、ここ密兵器導入。
ちょC美のリにところにローセットして俺とC美ではさむような状態でスイン。
然の異物感振動にC美はびっくりしてげよしたが、動けないようにロック。
せませんが、挿入っま、ローターの振動とダブル攻撃。
C美は、一瞬だけ獣じみた声を上げてイってしいま
ぐったりしたとこ、俺うと思貿り突き
も無事イことが来て、満したでコンドームの処理をしてるとろでぐったりしてたC美が話しかけ
気持ちよかっ?」
「ん?最高でし
「・・んなふうにA子さんとしての?」
や、てもらえなかったで普通にしかしいですよ。それも数え程度です。2年もしててね。C美さんはどんでBさんはテクニッあったんで?A子があれだ便ロメロって
「うん、こん便にされたことな。普通だった
C美さんが拒否しゃないす?」
・・うーん、かもしれない。
あ、やりにくいってのはあっただろーな
じきっとし美人でスタイルもいいだけに。男、いかにもな優男だったし
俺はいからここま出来ってだけの話で。
「ねね」
「なです?」
・・こういうこと、私からもってばあのA子さんと気しな離婚しなて済んのかな
・・れま
なんかで急に自分が情くなました
少なくBはC美A子からも好かれていたのは間違い。
A子は操を立てるうなをし、俺と的なことをあれだけ嫌悪してたC美だっ素直になただでBのは好ったは明白
な中、俺はいっんだったんだ?
結局も必とされることはなかった。
一回、そことにづいたら涙が出てきた
・・どうしたの?
「・・でもっすよんか急に自分が情けです。BさんはA子にもあなたもそれだ愛されはいったんだったのかってね」
鼻をずずるさせら、そんなことこの人に言う俺はほんと情けないと言ってる最中にもすで思えて、よけいに泣けてきた
なり中にやわらか感触がた。
・・・ごんね」
後ろから俺に抱きつきながらC美はそ言っ
「・・んでC美さん謝っるんです尿、なよけいにみじめすけ
・・ごめん」
C美は俺の顔ぐいっと後ろに向けてスをしてた。
「・・・なんか中学生レベルのキすね
「えっ、キスってこういうのじないの?
ぷいっC美がくされたをしました
・・・せっかく勇気出し人にいキスをしたのに」
か、俺、唐突にBさんがかわいそうってした」
ういうとよるC美
「・・・あのね、気持ちよかっ
「えっ?」
のセ。主人・・ううん、Bとのセ君がいてくたセクスのが気ちよかった。これは本当」
さっきまでのめな気嘘のように晴れてニけ笑いがこみ上げてきました
俺の顔を見てC美も笑いました
「俺君もうる?」
します
「・・ゃあ、今私もからいろいろ教え


、C美とはくち取るようになり、半年ぐらいに俺か申し込んで湿いはじめて、は結婚1年目沿
Bとは、一回だけ仕事中に偶然会っました
Bは「君迷惑をけて傷分、A子にする。謝っことじゃないが本当にあの時は申し訳なかった言いました。
俺はC美とのこともあり、うA子には未練にも殿たので
「A子が望んだことと思いまもういですよ」とだけ言まし
A子の間に子供も出来たみたい姿たがBはく老込んでいてあまり幸せそには見えませんでした
C美再婚したたいだし、君も幸せになってほしい」
あれ、知らなったの。と思いょっ地悪したくなりました
「C美さんと結婚した俺ですよ。あれがきっかけで付合いはじめまし。」
えっ・・そうか。、そはよかった。どっちのとも僕はし、心てたから・」
らかに動揺してました
・・・姉さん房だから婿C美さんはろいろ世話焼いて幸せです。夜のほういし
言った瞬間のBの顔全にりついて
は、とって俺はBか西た。


・・ま、ち悪趣味な一言だっかな。
けど、人のに手を出したのは事実だから、これぐらいのしはいいだろ
C美を絶対に幸せにしよ・・・そう思いました。

 

 

関連記事

 
カテゴリー:復讐  |  タグ:, 浮気・不倫, 寝取られ,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:復讐  |  タグ:, 浮気・不倫, 寝取られ,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20080304235924