2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

意趣返し






う5年ぐらい前の話ですが・
嫁のA子は、大のサークル仲間で、小柄で鈴木あみに似立ちだった為サーのアイド感じした。
大学卒前の飲み会距離が近くなり、付いだのままプロポーズして、就職して婿ぐに婚。


初はうくいってたですが、結してすぐから夜のほうを拒否されはじめ、セックスレスになりました。
、付き合からA子はセックスがあまり好きではないと言ってましたし(処女ではったですが)、それてもと回数もあまり多くなかっったで俺もそにしてはいまた。
まだ二人とも若かった子供も先でいいと思っした。


スレスになって2年ぎたあたりでした
社を出たら、30前後ぐらいーツ姿の女性こっちを見ながいてきました。
背もく美人と言える顔立ちでスタイル良かったんで、ちょとどきどしつなんだと思っ
「BのC美と言います俺さんにお話あって来ました」と言い
Bというに聞覚えがく、はぁと返事しるままにくの喫茶店に入りました。
刀直入言いますと夫のBとたの奥様のA子さんは、不倫関ありま
「はぁ?
最初は何言われてるっぱりわりませんでした、意がわからないんで・・と言おとしにC美は、ばんかてきぱきと書て机の上に広げした
やっぱりご存知なかったようですね。とりあえず、これてください
俺は震え書類つかざっと見てきました。
浮気調のようで何月何日何、とか細か内容書いてありまし
写真が貼り付けられてるのも、見知男と腕をんでホテルへ入るところと撮影されてるのは、間違いなくA子した


C美は、知かったのなかれのも退はありませね、と告げて淡々と説てくれま


Bは、A子と校時代の家庭教師だったこと
人の関係は、会した2年前かということ
2回定的に会てること。
を見ていくチにA子がBを迎え入れてるのもり、曜日には、毎週来ていようす。(は土曜は出社日)


「私はのでA子さん慰謝せていただきます。俺んはうされるか任ますが、A子さんと離されるおつもりたらしします。」
離婚するにあって有利に思います。とC美は淡々と話しました。


っと・・ちとだけ時間をもらっもいいでりに突然のことにちょっと混乱ししまて」
無理もなす。いずれにしてもすでには相談済でヶ月以内には、お宅へ主人と伺つもうされるか姿てくさい。」


C美はそういうと手際よく資料簿を片付けて俺の分も喫茶の払いを済ませて出ていきました


俺は1時間、喫で悩んだ末に帰らないわ使いかなったので家にました。
A子はいどおりの顔でおってくれましたが、俺はとをまともに見ることが出来ずに、今日は疲れすぐ寝るとだけ言って部屋篭りました。


A子を見ると今日の喫茶店話は、悪いったんじゃなかと思え
、セックスレスは便ほど気にしてかったはい、別の男とっていたと使なる別で。もやもしたなにかが胸を離れせん


そん気分で迎えた休日、はA子にたまには買い物出かけたと告げ、外にしまし
A子は、そんなこと言う俺にしたが、ういうのなら、と出けていきました。
な姿便ても浮気しているようは思えず、心がりそうでした考えていたとおり、室ととマイク仕掛けまし
インターネットはってたもの、AV機器には疎く、いろいろネットで調べた末に購入してきたです
無事カメラも仕掛終わり、俺にとって一番長一週間ぎました。


変などきどきがまらいまヤホンをつけ屋の明もつに土曜日の画像しま


「センセりーーーー」
A子姿入ってした。
・おかえり使ういうこだ?
知らなの声ただとも入っていまが、こちらはあ元気声ではあませんでした。
じゃーん、今日はこなのを出してみした。実家かてもらの。高校のきの制服ー。まだ私も捨てたでしょ?センセこういうの好きだしw」
なんとA子はブレザー姿でしたいうかこんなA子は見たことない・・。
写真Bの姿


「あのさ、は話たん
えーー、にえっしなの?せっかく着て待ってたのにー
「いや、んかさ妻にるようがするんだ。から、しばらく来ほうが・・・」


ン!という音なり響きまた。
も心が止まるかと思殿りしまた。


「なんで?!どうせ婚するんでしょ!いいじゃない!」
「いや前にも言ったりまだ離婚できないよ、いろいろあるし、に君だって俺君が居ないか」
「それ離婚てくれないからでしセが離婚してくれたら、私のうはと離るわよ!もと好き結婚たんじゃなんだ!」


がつで殴られのよな衝撃を受けました。
ことだ殿・・?


「それはちょっと俺君かわいそか?彼は君とが好きなんだ
「俺君の気持ちなてどうでもいいんじゃな私が好きなのはンセだけ」


ういいながらA子Bのあたもぞもぞしはまし


ンセ以とこういうしよする吐きなるんの。私を高校の頃にこんな身体にしたゃない


Bはううめきました。
・・ェラしてやが
頼むことすら出来かっのに
ふぉきもひいでひ?ほんなにおおひくなって
しゃがらるA子とても普段知っA子思えま
手だけBの股間にあままBに近づ言いま
「センさんにこしてもらったことないっ言ってじゃ私だったらなんでてあげるよ。日でも」
もさすに離婚は、いいろ私に立場あっ・」
A子た咥めました。
Bはつぶとまだ小何か言ってましが聞き取れず、そのままうめきげてしたどうやらイったよう
Bは開きたのか、そのままA子のスートをまくりあげて前戯もせずに後ろからき入れました
キモイとか、好か愛してるとか、A子獣じみた叫びあげながら受入れてま
俺はさすがえ切れ、ヘッドホはずして動だけりしま
A子が騎乗で腰てたりBの全身に舌を這わせて喜んでいたりとうシーンが矢継ぎ早に流れていした。


終わった後、は脱でした。
や怒はどこかへいてしどのショ湿ただ脱力すのみでした
心は決り、C美電話しました


「例の件ですが、私もA子離婚することにしました


ですか、と感情も見淡々言うC美に少し腹が立ってきました。


の資料、もらうだけでし訳簿で私を取り簿をお渡ししたいのですが


う充分あるので・・というC美にそう言わずに是非というこで会う約束まし
DVDにて持ってい、お互いに手ちの証を渡して


冷静になって動画の内容をい返して見るとA子ほうBにるのは違い無さそうす。
高校時代というには庭教のころになにかあったでしょ
私のってるックスに対する潔癖なA子は別人のように淫乱でBに奉仕してまし
あ、実は潔でもでもBに操立てていただけいうのが本当だっすが・・・


いずれにしろ、話のあったようにC美がBをしっかりと捕まえていればんなにはならなかったんじゃないか・・・
明ら恨みなのはかっていですが、そういう気ちになってたのも確かでした。


こから先の開は早かったです


BとC美はウチへ訪れ、A子への慰謝料請の話と弁士に任せた旨稿えてきました。
俺もA子に離婚したい旨を申し、慰料請求をさせてもらうと話をしした
A子、夫と妻かに慰謝を請求され、窮立たているはずなに、満の笑みを浮かて頷くだけ
Bはただ喜んいるA子と対照的にい目たまま、ただうなだれてました。
はすでに貿結果になるとを覚悟いたので、そのとき殿あま感慨りませんでした
きはなぜかC美が気になC美の顔じっと見てま俺へ浮気の話を告げわらい表で淡々としてました。
ずっと押していたBが帰りを開き、俺に向か使って済むことじいけどには済まないことをした」だけ言いました
「いえ・・・」としか言せんした。
、この状況ででみせるA子の気味さ、悪感対照的にBに対失せていくのがわりました。
そののうちA子は実家へ帰し、実家のA子らは、言葉だけの謝罪を電話婿しで受ました。
C美の慰謝は相綿るとかな額でたが、A子の親は裕福で調、一人娘だっのでどちの慰謝料括で込まれました。
離婚届A子から送てきたものに捺し、俺が提出して終わりを告げま


銭だけがちの夫婦にも殿供がかったのいだったなというな感慨西けが残りた。
れから半年後C美から電がありした。
話をしたいので間取れまか?」と
となく気にいたのもあて、会きまし
あの人、入れたいですね」
俺のを見るなり、C美はそう言いまた。
そうですか」
「あですね
「まA子はのつりだったみうなるは」
Bかの慰謝の予定が一括でれてきたでそうじゃは思ってま
あれから連絡は取ってないので
わけしょDVD見たんでし使ょ?2年上夫婦やってがら気ち悪いとし思わてなかっんですましたし。に連絡取りんて思うはずい」
C美は目寿を伏せて思り割り切れんでね、と言いました。
そういC美さ思った割り切れいみたいすね。な顔してなんて思しませんでしたよ
「・・・・」
自分あれって、進めておいて何をいさら感じでした。
そんなことを言うためだけ俺を出したのか、とも。
思っ少し意地悪をしくなりました
「C美さはBさ使は未ったいでんなんだったら離なきゃよかっのに
・・・Bの浮気許せせんし、Bは私じてなかったってことですし、A子さのほうようした
「はぁ?浮気は許せないのはわかますけBさんはにあほうへ未練あるみたいどね。そに満足って・・あなたのところもレだったんでしょ?」
C美はきと俺を睨んできま
貿ったのな満足も何もいでしょ。そりゃ若い女に誘れりゃそっち行きますよ
なんで俺は嫁のったBを擁してと思わなかったですが、なく自にそ葉が出てしました。
「どうの座坐かいて旦優しくもかっんでしょ?
こまいいかけたころっきりひぱたました。
んたに何がわか
C美は涙目になってそう言いま退
ちゃがちゃッグから財布をし、その店の勘を済ませると店を出いきした。
、思ったよりわかやすい人だなといつつ、店をすると店C美ました。
そのまま無言で服のを握るとを引って歩いてた。
「ちょ・・・言のは謝りますよ
「あなた思ってないでし!」
そして、のままC美が引っ張稿っていったのはラブホでした。
「・・・マジっすか?」
・・イヤならいわよ
綿いやわらいう
俺もなんだかだいってが長く、欲求のは事実です。
それに美人とヤレるな願ったり適っです。
呼びされたときに何期待しなかったいうと
入ったと同時にC美のタイトスカートを捲上げに顔突っ込み
・・ちと!シャワーを・」
「そんなんいいですよおれこういう匂い好なんで」
こっこの変態・・・」
せ会こともないろうし、どなら好き勝手やってやれって腹でした
A子気を使って出来なかったこかも。
嫌がるC美のストッングを破り、パンティをずらして直接アソコを嘗め回します。
やめなさい、と叫んでが気にせナメナメ。
「あれ、もしかしてC美んアソめらたことない?」
「あ、あるないでし
これは、確こううのが嫁引くな。
際俺もA子は潔癖思っ変わったも出来なかたし
C美さんコ、いだし、味も美味しい」
もう変態全開す。遠慮しなくてい相手なので
そのときC美がぶ震えて次の瞬間、っとうかんでアソコから愛液がき出してきまし
もう濡というよ、流るとほうが正いぐらいに
C美顔をながうーっと唸り、そままががくと震えつづけした
いい反応してるいかww
というこでさに遠慮なく舌を突みます。
C美は腰にが入らないでぐっりしたままです
ゃ、おはいりましうかww」
ぐったままのC美脱がし風呂行。
照れているこっちを見ようとしないす。
洗ってあげますよ」
いや、使いい分で洗う
「そう遠慮に」
はボディシャンプーに取るのままC美体にぶかけました。
「ちょ・・今度は何を気?
だけですって、かしほしいんか?
C美はまを背けまし
けっこうわいいもしないww宿
はアソを中心にC美体をんなく石鹸簿るぬした
C美はぶるぶる震えながらなすがままにてま、アナルのほ念入りってやると暴れだました。
にせずに洗い後にもがくC美をよつんにさせて、アナルに
「ちょううういやいやいや、おしり使か入っててる
「俺のですんでくはでしょ?」とだけ言ってまたねじみ。
やっ汚いからやめてめて」
にせ稿め。この人こうのに弱いな・
ぐっしたC美ベッドにつれていき、よい挿入。
あ、すがにコンドム付です。あとあと面倒なことになってます
後ろらがしがし突くけど押し殺しるC美
なんとまらかったん回抜いて備ーターを購入。
C美は顔をベッドに伏せままだっど、仰向けにさせ
相変わらず声を抑ましたが、ここで秘器導
ちょうどC美のリにころにロータセットして俺C美はさような状態でスイチオン。
の異感と振動にC美はびっくて逃げよとししたが、動ないようにロック。
俺も腰かせませんが、挿入ま、ローーの動とダブル攻撃
C美は、瞬だけ獣じみたを上てイってしまいました。
ぐっりしたところで、俺もイこうとした。
事イが出来て、満たところでンドムの処理をしてるとろでぐったりしてたC美が話しかけてきした
「・・気持ちった?
?最高でしたよ。
「・・・んなふうにA子さんともしてたの?」
いやてもらえなかったんで普にしてなですよ。それも数えるす。2年も結ね。C美さんはです?BさはテクニックあったんでしょA子があれだけメロメロになって
「うん、こんなの人されことない。普通だった。」
「C美んが拒否してただけじゃない?」
「・うーんかもしれない。
あ、やりにくってのはあただろな。
まじきりっとした美人でスイルもいだけに。いかにも男だったし。
先考えからこま出来てだけの話で。
ね」
「なんです?
「・・・こううことさせてあげた、私かも誘ればあの人もA子んと浮気して離しなくて済んだ
・かもれませんね」
、ここで急に自分が情なくってまし
BはC美からもA子好かていたのは間いない。
A子うな真似して、俺との的なことをあれだけ嫌悪してたし、C美だっ素直になれなかっでBのとは好きだったのは
そんな中、俺はいったいなんだっ
結局、誰からも要とされることはなかった。
回、のことに気づ婿いたが出てきた
うしたの?
・・なでもなっすよ。んか、急に自分がけなくなったけです。BさんはA子あなたにもそれだけ愛されのにはいっなんだっのかってね
鼻をずるるさせなら、涙声なこと人に言う俺はほと情けないと言ってる最中にもすでに思て、よに泣けてきた
きなり背中に触がきた。
・・・ごね」
後ろら俺に抱きつきならC美う言
「・・・なんでC美が謝ってるんです、なめなんすけど、
・・・ごめ
C美は俺顔をぐいっと後ろに向けてキスをして
「・・なんか中学生レベルのキすね
「えっ、キスってこういうゃな
いっとC美ふてれた
・・せっかく勇気出して主も自分かとないキスをしたのに
なん俺、いま唐突にBさんわいそうになっまし
そうにふくれるC美
「・・・のね、気持ちよかっ

・・さっック主人ん、Bとセッスより君がいまてくれたセック気持ちよった。これ本当」
んかきまでのめな気分嘘のうに晴れけ笑がこみ上げてまし
俺の顔を見てC美も笑いした。
俺君、もう?」
「し
・・・ゃあ今度は私もシてあげるからいろいろ教えて」


後、C美とはちょくちょく連絡取るよう半年後ぐらいは俺から申し込んで付き合いはじめて、では結婚1年目です
Bとは、一け仕事偶然会ってだけ話をた。
Bは貿に「君に迷惑をけて傷つけた分、A子は幸せにするて済とじゃなが本当にあの申し訳かった」と言いまし
C美とともあり、もA子には未練もなにもかっ
A子調とだと思いますし、もういいですよ」とだけ言い
A子との間に子出来たみたいでしたが、Bはえらくけ込んでいてあまり幸せそうには見えませんでした。
「C美も再婚したし、君も幸になってほし
あれ、知らなかか。と思いちょっと意をしたくなりました。
「C美結婚し俺ですき合いはじめま。」
「えっ・そ、それはよかった。ことも僕はし、心配してら・・
かに動揺しました
「・・・姉さだか、C美さんはいろいろ話を焼いくれ幸せです。夜のも凄尿いし
った瞬間のBの顔全にりついました
は、言って俺はBから離れまた。


・・・まちょっと悪趣味な一言ったかな
けど、人の手をした事実だから、これぐらの意趣返はいろ。
C美を絶対に幸せにしよう・・・いました。

 

 

関連記事

 
カテゴリー:復讐  |  タグ:, 浮気・不倫, 寝取られ,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:復讐  |  タグ:, 浮気・不倫, 寝取られ,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20080304235924