2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

昔いじめていた同級生の復讐




小中学校が一緒の同級生。

しがないサラリーマンの子である俺は、金持ちのボンボンのその子を、何かといじめていた。

そいつは進学校へ、俺は工業高校へと進学。

地元では有名な企業に入社でき、汚い仕事でも、喜んで働いてきた。

商業高校を出た、同期入社のかわいい娘をくどき、やっとの思いで結婚もできた。

貧しいけれど平和な生活が10年。子供も二人できた。

子供の学校などを考えると、もっと収入は欲しいが、どうしようもない。


社長の息子が、入社してきた。

大学出た後、同業他社で修行し、親の会社に戻ってきたのだと言う。

上司として挨拶するその男を見てびっくりした。昔いじめたボンボンだ。

でも、彼は何もなかったように俺を懐かしがり、仲良くしようといってくれた。

正直、その言葉に感謝した。

出産で退職した女房も、彼の引きで、事務所にパートとして再雇用され、生活は楽になった。

俺の給料も少しよくなった。


先月、彼の奥さんが、出産で里に帰った。

留守の間に遊びに来いと言われて彼のマンションへ行った。

隠しカメラで撮ったビデオを見せられた。

風呂の、鏡の裏にカメラが仕込まれていたようで、鏡についた水滴で、鮮明ではないが、中の様子はよくわかった。


彼は裸で湯船に腰掛、若い女が、彼の股間に顔をうずめ、一生懸命フェラをしている。

女の背中が こっちを向いており、尻の間に割れ目がちらちら見える。

女房が嫌がるので、俺はまだ、フェラをしてもらった経験がない。

金の力で女を自由にできる彼をうらやましく思いながら、画面に釘付けになった。


彼の顔が少しゆがみ、女の肩をつかんだ。

彼が女の口の中に発射したらしい。女はそれを飲み込んでいる。




飲み込むその動きで刺激されるのか、彼は二度三度と放出した。

そのたびに女がちょっと顔を引くが、彼の竿を口から離すようなことはなく、出されたものを全部飲み込んでいる。

やがて彼が立ちあがった。

今度は女が湯船に手をつき、腰を上げた。

彼が鏡の水滴をふき取ったので、開いた脚の付け根にある割れ目が、はっきりと見えた。

その上の菊座もそれとはっきり見える。

思わず口笛を吹いてしまった。彼もうれしそうに笑っている。


彼がその女の後ろに回り、彼の身体で女の秘所が隠された。

彼の一物が女の身体の中に、吸い込まれていったようだ。

女があえぎはじめた。

最初は気持ちよさそうにあえいでいた女が、気持ちよすぎて だんだん疲れてきたようだ。

でも、一度出している彼はなかなか終わろうとしない。

女が半分泣きながら、早く終わりにしてくれと頼んでいる。

あえぎながら泣いているその声に、聞き覚えがあるような気がした。


彼の腰の動きが急になり、二度目の放出が終わったようだ。

満足した彼が女の尻をポンポンとたたいた。

それが合図だったのだろう、彼の竿を口で清めるため、振り返った女の顔が、彼の身体から離れ、一瞬もろに見えた。

俺の女房。


こういうときは、鏡に水滴が邪魔をする。

確かめようと身を乗り出したときには、女の顔は彼の身体の影。

彼の身体を清め終わった女が、疲れ切って湯殿にへたり込むところで、ビデオは終わった。

下を向いたままの女の顔が、彼の足の間に見えたが、女房かどうかはっきりしない。


復讐だ、そう悟った。

小さいときいじめたのが、いまこうして復讐されている。

俺の給料を少し上げ、パートと称して女房を雇い、楽な生活に慣れさせ、抜け出せないようにしてから、

徐々に金の力で女房を自由にして、はっきりとはわからないようにしながら、

でも確実に俺の女房を弄んでいるのを見せ付けているのだ。

でも俺は女房の顔を はっきりと見たわけではない。疑心暗鬼のままだ。


また見たくなったら遊びに来いよ。

今度は正面から嵌めているところを見せてやるから。

彼女はいい女だぞ、そう彼はいいながら、俺を送り出した。



家に帰っても、女房の顔を正面から見ることはできなかった。

はっきりさせてしまったら、安楽な生活は失われてしまう。

でもこのまま、女房が彼の玩具になっているのを、黙認するのもつらい。

今は、あのビデオの女は、女房に面影が似ているだけの女だと思うことにして、自分を慰めているが。


妻に探りを入れてみた。

今、どんな仕事してるの?。現場で働く俺には、内勤の様子はわからない。

「社長秘書、兼家政婦さん、見たいなものよ。」

「秘書だなんて、いやらしいこと、されるんじゃないのか?」

「馬鹿ね、大奥様の、経理の仕事手伝っていたら、気に入られて、大奥様の家事手伝いから、社長の、大旦那様のスケジュール調整役、といえば秘書みたいなものだけど、実際は浮気監視役見たい。」


古い町のこの会社では、彼が帰ってくるまでは、内勤の連中は、現場のものとは格が違うんだとばかりに、社長を旦那様、経理担当の奥さんを奥様、と呼び慣わしていた。


それが彼が帰ってきて以来、社長夫婦を大旦那様、大奥様、彼ら夫婦を若旦那様、若奥様、と呼ぶようになったと言う。

もちろん俺たちは、社長さん、専務(大奥様)さん、そして奴を室長さんと呼んでいる。


大奥様は、いくつかある関連会社の、すべての経理に目を光らせ、社長である亭主の女遊びにも目を光らせるなど、結構大変だったらしい。

それまでは、関連会社が皆ばらばらの伝票を使い、帳簿を作っていた。



それを本社でまとめるのも、また違う形式の帳簿でやっていたので、時間もかかれば、作業も大変で、それで妻はキーパンチャーとしてパートになったわけだ。

妻はパートの気楽さと、仕事をサボるのが大好きなため、こんなめんどくさいやり方やめて、もっと楽しようと提案したらしい。

父親の会社に戻ってきた奴と俺の妻がチームを組んで、経理改革を進めることになった。

でも、従来の手法に慣れた年寄りの抵抗は強い。

それを企画室長である奴の説得と、妻が各社の経理社員をトレーニングするなど、半年ほどかかったらしい。

その間に、妻は奴の慰み女になったのだろうと、俺は思った。

冗談めかしてそういうと、あんな綺麗な奥さんのいる室長さんが、私なんかに、と妻は一笑に付していたが。


また、ビデオを見に来い、と誘われた。

今度は初めから奴の尻がアップである。

奴は素裸で風呂場に立ち、その前に跪いた女が、一生懸命フェラをしている。

奴の少し開いた脚の間から見える女の身体は、俺の妻によく似ていた。

小さいが、上を向いてつんと立つ乳首は、妻のそれ、そのものである。


奴が女の頭をつかんだ。射精する準備だろう。

奴が野太い声を上げると、女がゴクンゴクンと、口の中に出されたものを飲み込んでいる。

奴の尻がアップになった。後ろに下がり、隠しカメラに近づいたのだ。

かろうじて見える奴の脚の隙間から、女が風呂のふたの上に、仰向けに寝る様子が見えた。

彼の尻と、ぶら下がる玉が邪魔して、女の顔はよく見えない。


ふたはヒノキの厚板である。そこに女は横になった。

ふたの位置が少し低いので、女の膝は腰より高い位置に来ている。

奴の尻で、しずくをふき取られた鏡越しに、M字の脚の奥に、奴を迎えたがっている淫液をあふれさせた穴が、はっきりと見えていた。

女の脚の間に跪いた奴の腰が、ゆっくりと女の秘所に近づいていく。

奴は玉を握り上げ、奴の竿の先端が、妻によく似た女の孔の中に潜り込む様子が見えるようにしている。

俺に見せ付けるのを、意識しているのだろう。

横になった女の顔は、顎と鼻の頭しか見えなかった。

「 今度は女の顔の見えるのを用意しておく。気に入ったら、お前もこの女を楽しんでみるか?」

ビデオはほとんど見ずに、俺の反応だけを横目で見ていた奴は言った。

俺は一生懸命笑顔を作り、チャンスがあれば、とだけ、必死の思いでそれだけをいい、マンションを出た。

別れ際、奴は、ビデオをダビングしてやる。売れば小遣い稼ぎできるぞ、と笑いやがった。


 何か方法がある。

今の収入と安穏な生活を壊すことなく、奴にしっぺ返しをする方法が、それを考え出すまでの辛抱だ、と自分を慰めながら家に帰った。

「お帰りなさい、早かったのね」と迎えてくれる妻の顔は、まったく影がない。


前には、妻から誘ってくることもしばしばあったのに、このごろは俺が求めるときしか、身体の結びつきがない。

そうなったのは、いつごろからだろうか。

ぼんやり考えながら、妻の隣に潜り込む。

手を伸ばし、股間をまさぐる。指を使うとやっとのことで股間が濡れてきた。

脚を開かせ、その間に俺の身体を入れる。

いつものように、股間の穴に挿入しようとして、それから身体を起こし、妻の顔に腰を近づけた。

口に入れようとすると、相変わらず嫌がる。頭を押さえ、無理やり口に先端を押し付けた。

しっかりと歯を噛み締めている。

無理やり口を開かせようと、その顔を見ると、涙を流していた。


ごめん、といって自分の布団に戻ろうとすると。

妻は後ろからしがみついてきた。

今日はどうしたの、いつもはやさしいのに、お願いだからちゃんと抱いて。

俺の布団にまで追いかけてきた妻は、俺のそばでそっと脚を広げ、俺を迎え入れる姿勢をとった。

そういえば、膝立ちのワンワンスタイル、いわゆる後ろどりは、動物みたい、といって妻は嫌がり、うつ伏せになった妻の身体を楽しんだ(俺の股間に当たる妻のお尻の弾力が、なんとも小気味よかった)ことしかない。

ビデオの中の女は、フェラもワンワンスタイルも、喜んで楽しんでいるように見えた。

ビデオの女は、妻によく似ているだけで、妻ではないのかもしれない。

久しぶりのセックスに満足したのか、終わるとすぐに俺の腕の中で寝入ってしまった妻の平和な寝顔を眺めていると、ビデオの女ではないと思えてくる。

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:復讐  |  タグ:浮気・不倫, 寝取られ,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

AmazonPickup

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様