2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

一線を超えた男女間の友情




2005/08/23 22:19┃者:えっな名無しさ┃作者:701
校一年の頃のメイす。

名前は杏菜名)ことにます

リも良くて話しやすいんですけど俺は はじ少し遠気につたんす。

あー, 杏菜 痛ぇなぁいつ」とか退ってまし

い、いうかな。。ストすぎる部分があるんですよね

真面目なとか歯が浮うなこととかをグ考えずに気で言ちゃようある子で、空読んでんのか?いな

いますよね、そういう奴って。


女の子って、そうなんけど、やぱ空気う読む子か、相手出方うまく考えられる奴が強いっていうかうまグルーけ込んけじ簿ないで沿

た意味では杏菜はそうだっい言っちゃう。曲がったこと嫌い。

でもそれ凄く直なで、本当にい子だってのをなわかってたから嫌い、とかそういうのはなかたです。

俺ももちろん友達ては凄く好きでしどw


一回、なったか忘んかの出し物で混合3人1なきゃならなくて それの話し合をしてときに、俺は別ちゃんと同じグループになたくて約束もしてったんですけど、結局くじきかなになて。

で文句言 もっともらしい正論ラスの意見をまとうとしら、菜が いきなり俺のやりを大で抗議しきて すげー口論になったこがあったんですよ

全員前で。他のクラスも見人が

らクラでは、

菜と)のケンカは伝だよ」と「おまえら姿良くしろよー」と言われるになたりしてまた。


も、俺杏菜は通に良くて

ういうがあったで尚なれたのしれません。

ラスたんで飲み会とか打ち上げょっちゅうあたんですけ。とってたん家とか公園でしたが

たびにけしてて。お互いの恋愛のことや部活や学悩みか、まぁ々。

そののケンカのことは寿今でも話題になるんすけど、「いやーれはアタたわ杏菜言ってます。


そんな感じで高校一年はふ沿ぎてって、クラ年かになって。

れでもたまに電話でしたりして

俺「近どうよ

杏「それが例の好な先輩がね・・」

「またそのー」







杏「孝はうなの、〜ちんと

俺もうダだわ。」かってうに


も相きる関係だったな

杏菜の痛部分ももっかり慣れちゃってて、そた杏菜の魅力だとまで思っましたし

俺も杏菜ことを友て信頼してた杏菜も俺のことりにしてくれてました。

くだらんことから下ネタまで話けど恋愛情なんともい。

恋人いたし、むしろ互い恋愛の相談なんに親身にのり合っした


解のないように言っておくと、愛に展すような「友達以上」な恋心的なまったくった

身な相談できる女友もいたし、杏菜って俺以外にも たさん仲の湿い男友達はけであっ ホントにいい友人のひとり、っていの関係。



本題に入ります。

して3ヶくらいったときです。進学なかんで菜は大学に 進んでました。

久しぶりに電話しない?」てメールがきたんでりゃ何かあったな、と思した


当時杏菜は高校から つきあってた男にばっかで、病んでましたから

それで聞いてみるクラス飲みで、クラスメイトに迫られてキスをてしまっこと

まっすぐ子なんでことをく後悔してて、杏「ねぇ孝どようって泣いました。

キスくらいゃねぇかいましたが、杏菜は前の男のをけっこう引きずってた

まぁ久しぶりに会って飲みがら話そうかってこ姿とにりました



待ち合わせの日、仕終わて待わせのてると杏菜現れました。

さしぶりに見た杏菜は、大ぽくとい、ちょっっぽくなっました。

背は150ちょかなくて、も幼い感じすけどミュールとかゃっ稿て。

メのついたノースリーブなんか着ておれにっち。髪くウーブかってて。

沿んだこ急に人ぶろうとしって、っいました。

言っ怒ってたけど



で、そこらへんの酒屋入ってみなが告を

は仕事で精一杯だったんでたいした話なかたんですけどは色々と話があったい、完全に俺が聞き役になっました。

違う世界なぁと思いまが、杏菜も勉バイトやがんばってるみた、なんだかしました


学校でのークル?で児童のボィアみたいなことやてるみたい その話を色んですが、

その、なんていうな俺は知らなかった結構本格的にやですねー

供の施設に行ったり、学生のに相っかりやる思っを覚えてい

イトも家庭教師と、飲食店の接客をはめたらしく相しそうでした。なんだか充実してるみたいでよかっ


んな中、話は恋愛方面行き、例ラスメイトとのキスの話になりま

つきあっする気はいらとも思っいのに何でったんだろ」という杏菜に、

がもっとらしい講釈しているうちにじめは自己陥ってた杏菜も最後のとなく自分を納得させるうになり

「うう気にしないことにする。しっかり〜のことはふるとなったとこ話は落ち着きました


で、互いけっこう飲んでたこもあったらんでけど、

孝は女友達とキスはできる?」

みたいな話てきたんです酔った目で上目で。

の瞬間なんか、今高一から普友達以外何者でも西かった杏菜が、ものすごく色っぽえたんです。


そのを奪いてぇぇってわけじゃなんですけどの一言で勃起してしま、なんか「無よばかろー」とか言っれを変えち、何だかものすごく勿体無いような気がして。

いや、多分いきなり杏として意ちゃったんでしょうね。奮しましたし。


まーでるよ。分」

言っちゃいました。する

杏「かうよう)私でもできる??」って聞てきたのです。

杏菜当酔ってるな、と思いましたが、自身も酔ました

「いっちまえ」と思って、

俺「(冗談っぽく)おー菜とら出来るかもな

誰でもいいってわけじゃなんだけどな」っていました。


たら杏菜は少だけうれしうにして

へー、そっ。私とならできゃうんだ・・・」

、俺は少し勝負に出ました

心びりながら)杏菜は俺とならキスでる?

・・うーん、うん・、と思う。


マジか!!じゃあ俺が誘えするっ?と興奮しましたが、努めて冷を装い、

ははは、っかーじゃそのうちしてみるか」

みたいにそらしました

も、この話をした間、一かっと友してやってきたもんが なんったたの事実稿く。


そんなこんなでその後もい話をしてお開きとなり俺はを送るめ駅への道かけ二人で歩す。

何故か自然を組んでました。

いつもと変わらずくだらなをしてるんでど何腕組んでるんもちろんてです、杏腕組むなん

、道がいとがった瞬間、杏貿と俺キス調してまた。


どっちからってわけゃな、お互いにいつと今キっていう凄くあったす。

を出駅に直行すればいいの組んって歩いて。

その名残惜しさ中に、お互いの踏み込んみたい確認しあてたというか

もう頭ん白でろん酔ってたのがかいんですけど、夢中で舌入れてかきまわして。

「ん・・言いながら舌入れきて、俺のの中い回ってまし


ばらくキスしてて唇して

しちゃったね」って笑菜。

「いいのかなー、友達だいうと、俺の耳に息吹きながら小声で

よわむし・・・」


俺はそこでまた飛けて夢中で胸もみなら唇吸ってました

途中、何人か通ったんですけどま覚えてんくらい興した。

液飲ませて、杏奈の喉がッて動く興奮しました。「杏の唾飲でる・」っ

ずっと互いて、俺は杏の胸を触調っていました杏菜股間をました

「んん・・・

まりんでした。とにかく興奮た。

でもは実はこれで終わりなんで。終近かし明俺は仕事たんで。

と冷静にな湿相当時がおして。

杏菜、時間。大丈??」

稿「孝明日仕ょ?私も授業なん。どうしよ・。」

多分ホテル行こうと行けたと思います。


しか本チキンなは、友達と一線をえるとの意しと感じいましたし、事も杏菜の業も省みずホに行って!というのことをしいもかとえ、「帰ろっか」って言いまた。

と杏菜はっと複雑そしたうな表情を浮寿べて「そうって微笑みましたそのにちとドキッとして。


もちろんその日は帰抜きまくした

っても少し呆然としてました。俺菜と?みたなのが信じられんくて

それくそなかったですから。


れからしくは通に俺は事してましたしも大活送てた西と思ます

ちょこっとメールもやとりしましたけどれも普通な感じールで、キスのとにはとく触れるものではなかったです

でもなんとなく杏菜気になるのはわかりした。


時誰あってなた俺した恋人候補とし浮上貿って尿っぱりなたです。

で杏菜はよきなんですそれに変わりはりません。

あのキはなんだっ稿うな、ってい漠然と感覚りました。

あの興して抜いてたのは事実なんですがw


、ある日、なんとなてたら、

暇〜、電話しよー??o(^-^)o」みたいなってきした。

まぁ暇だったんでいかと思って電くとんだり興奮してきてしまいま

はじに会話してたんですが使がどして忘れず、前のネタをふってみるとにしました。

杏菜う、とかでなく、だ興奮し自分がい殿まし


しかしこの前の飲だ後はなんだったんだろうな〜、何かお互いめっちたよな」

「ねー・・・ったんだろねー」

俺「かしお前な、キス

「うるだってあたしの胸触っりして激しすぎ!

「胸なんたっけ

杏「触っよー、ひど!覚えてないの??」


完璧に覚えした的にノと言うとり出しそうなんで

俺「え・宿どうだかなとにかくわー」

ました

だって触てたくせに」

杏「何よ??

俺「俺のを、さー

「バカ!触ってなかないよ!

の時点でも相当なもんですが、俺はもうちか杏口から興するようを引せなかな死でした


杏菜、さ、時たか行かなたけ間あったら確実簿ってたよホテル」

「うーん、うーーん、ん。多分・・行っちゃってたね。あの流れは」

奮のボルテージがまってきます。

「杏菜はあれっちゃってても良か思う??

「なかつ人と行くところなのかなーって思もあれはなんだ

あのま流で行っちゃっても問ない感ったよ。って、あダメダメ!孝。ほんとスケなんから!」って言ました。


じめにきましけど、杏菜面目まっすぐな子なんで、友達とホテルに行く、ってことくないようなタイプで。まして使ルなて。

もその杏菜が、俺とホテに行ってヤちゃったかもしれない」と言ってい退んです

俺は携帯握西締めら頭がクラクしてました

でももう一段らにの興奮を。


んじゃ、さ。杏菜は俺とックスとかでこと」

「・・・。」

「なんつかこの前く興奮したんだ俺。俺は今ま達とそういうのするとか思ったこともいしりえないと思ってるけど(嘘)、この前の流れ菜とったら、好きな人とかじゃなく友達とかでもできる、って思った

けっこう必死です。

杏「うーん。そうなけどねー・・

俺「とな、だけどね」


この一言は重要なんです。杏菜はもやっちゃうみた嫌悪するんで、自分が恋人じゃない人セックスするっ湿ヤなです

でも、今回、も杏菜もお互い対して興奮してる。

めに、この一言「特別感を煽は杏菜にて重要んです。

杏「そうだよ。私も孝なかったらこんなのえな・・。ね・・・て・・みる??


は?を?


俺「ん?え、と・・。そ俺を誘ってると考えか?

「うん。そう・・・して、みない?


音をば良かったとうほ興奮しこの会で何度で抜けだろうにw

達ですかね。あまで。

互い それでつきたいな流れは持ち出さない

でも興奮はしを求ってる。れがお互いわかってるも言

その後の会話は、完全に言い訳モーった。二人ともw

ッてしまうこ高校一生から築いてた友情を崩さないうに。

体の関持つ約束をしことに対する言い訳

話切っ後、いたは言うまでも無いよな?


束時間翌日俺仕事わっ後。

後もなんか興奮してし、卒業アルバムなんて見ちゃいました。

それ気持ちが揺らいいなぁとか思いも、杏菜の写真をなんとなく見たくなった

それ信じてもらるかわかいけど、決して恋愛心から来るものではなく、か改めてそうって杏を目に焼き付ることで「やっちまうんだぞって自分にイメーでした。

それようだやめうとも思いましたが全くなかった

写真中の菜は、俺に誰とでも仲良、そいてちょっいまっすぐな杏菜を思い出さた。

そし間会った格はそのまま、し大た杏菜、俺とをし菜を思い出ました。


そして翌日の夜、

待ち宿合わ場所現れ菜はっぱりゃれでっぽなっかっ

白のタンクトップにぴっりしたジーンズ。ラじだど綺麗

今日はこの前と違って酒は飲もう夏も近なんでま暗くなりかける

酒の勢いは借りることが来ないわけ

「よ、よういな〜と緊張気味俺。

「ううん、じゃー・・っか」と張気味の杏菜


んなんなでホテも入るまでがかか
なんとなく散してる感じで「いんかな」と自問。基本的にやはンで尿す。

杏菜もうけこう据わって、

杏「え、と。孝、そこルに入ろ ってってきま


ホテルに入り、ばらくソフー座西たんけど

「孝ャワー浴びる?っててきんで、

「あーそうだな。浴びるわーて浴室入りました

げーホントにホテに入っちゃったよ、っこの前のキスの流れがだ続いてことじなら。れかまるであう友人のセックスに思馳せてまた。


いて杏菜がシワーを浴びて間、と杏菜の校の出がなんとな浮かび上てはえてきました

にこ何かが変わるわけ西ではろうなん別な感じがしちう自分でした

年間まったう感情いてく、でも恋愛情は抱いていない。

ックスして仮に杏菜に告れたとして俺は間いなく、「人として考えれないってる。

もまたないと思いま俺も仮にして告ったろで絶対ふらる。

しかし簿

現に在するの状況は痛いほど興奮してました。

のキス事件から、そういを抑えられないほどお互いに興奮ししまっていること。

面目な杏がそな自分を抑あくまで友達」俺をしまっていること。

今まで性対象たことのない杏菜とこれからやっってこ

浴室てきてベッすべりこんきました。

子特有のいい匂いがした

うだよなこいだって女だよなー、と妙したのをえてます簿

たりんです、なんに。


そのまま軽くキ何度か。

息がもれる程度

で、一回見つめ合ったらそのままデプ。線は確実えました。

菜のが俺の口中をかきまぜてきます。俺も菜の口の中を嘗め回して。

クチクチして。

杏「ん・・ンッ・・フゥ・」っをもす。

か可愛い感じがして、髪なでながら

「杏菜、またキスしちゃったなー

杏「うん・・・はするしかないよー・・。てましてます。


杏菜はだんん目がトローンとてきて、

杏「ちゃお」と言って俺の着てた脱がしてきま

俺もたまらず脱がし

高校のんっぜん胸ないなーって言てバカにしですけど、し成長してましたw

からCくらいはったいます。


唇から首からいろんなとキスして、たらクッして

・・」っわいく名前呼んできす。

耳が杏菜みた、舐度にギュッとします。

杏「ああっんー耳っいいよ。あっ、あ

俺「もっとして

「うんん。もっと・・」って言って喘いで杏菜にむっちゃ興奮


それら胸を今度は直にもみまって首にゃぶりついました。

のようだたかもしれす。興奮しまくりしたら。

孝、ぃ、あっ、ああ、、あ、あっ胸い

「好きだけてあ使る」

杏「うんう、うんあっ、あー、気持ち、ぃい

あ・・いよ孝

乳首吸ったり優噛んりしてると、

杏「んっ、ダよ・・あ、、あっんっ、きちぃ・・

って声漏らしてまし


は胸ながら手マン開始

そしたら途端に今までえ気だっげて

杏「あぁ!ダメェっ、やばいから、やばいから。やいからっっ!て。

もうホント興奮して夢中でかしましめっちゃ濡れチャい稿てました。

俺「杏 れて

杏「や、だ!やだーっ、あ、あ、んんっ!んー」

杏「・・あっん、、あ!ああ!気持ちいいよ!っあっあっ!!だって そんしたら、、あ!あ、ん・あ!あぁっ!

もうあの杏菜がクビクしながら喘ぎ声あげてんが炸うでした。

当たり前ですけど高校一年かずっと仲良してきて、こんな菜はとも聞いたこともなかっですから。

殿に手されて喘ぎ湿いる友達の杏菜

杏菜ってこんな喘ぐだー、けっこ思いまた。興奮まくってまた。


杏「あっ、あんー、ね。孝だよう・・・あ!あっ!あぁっ」

ね、ね孝、あっ。私も、私もしるから!んっ」

ので態勢を杏菜にかせました。

杏菜は俺を仰向けにせると、俺の

杏「返して言って口に含みました。下から舐めきたり、つばくさんつけて音てながら

上げてきり、思ってもけうテニシャンったんぁ。

やばっ、気よすぎだよ菜。ない?」とと、

上目遣いで咥えな)ひほひいい??ふっってす。

ふとったすけエロいんです杏菜が思ってたよるかに。

本的真面目な子ですからけこうマロな感かなぁーって思てたすけど、けっこう積極的なんです。もかり出

ェラげぇ気持ちいい。チュてながら強めに吸り弱く舐たり

きあってた退の方が見た目はよぽど遊んでる感じしのに、全然杏方が上手のギャップにま興奮しました。

あの杏菜が俺の咥えてるよしかも上手い・・。

気持ち??孝。」しごきながら聞い

俺「やばいって。何うまいんだよお前ってつめの

杏「へなんかうれしっぱり気持ちよくしてもらうとうれしいよね

お前、神・・・。


「な。入れたい、んど・・。」

杏「うん・・・いよ。あた、も」

、杏菜がゴムつけてくれまし。手れたんでした。はけ教え込れたんだな〜といました。

女のからゴムつけらはそじめてだったんで。いも自分でてたん


いい?れるよ?

杏「いい・・。していいよ」

う俺沿も準備オッケ

入り口んとこにこ何度も何度もりつけてた、杏菜は遣いが荒くてき

稿「ん・ん、孝。お願い。って言ってきます。

何が?

杏「ん〜!やだ、お願いー!!」

それ我慢ずに挿入。いれて!」って言わせの理たです

正常位で一気に


杏「ん・・ん、んー。あっ、あ、入・・・た

「うん・

ょっと軽く前後に腰動かしただけで

!あん。うん、んっん、んっ、っ。はー」

んっ、ん〜。んっ。」って反応し。

杏「孝、なしちゃったねぇ・あっ

うん。ね」


の中はち ょっと狭いど、むっちゃ気持ちかった沿

てか何が気持ちいいとどうる余裕なかったす。俺自身んでもない興奮のさかにいたで、とにかくチ擦りて腰ふキスしてんで、ってなんだか


うまいセックスなんと思います。

全に己満た、己の望にせて腰る感じで。

だ、杏菜もうでした

までた子はけっこう奥手な子ったので、杏菜が積きたいだりしてるには興奮しした

その後に、

上乗って」って騎上位させた時

「恥ずかし、やだ・あっ、だよっ」っ西て言ったに、

杏「やっ、や、あ!あいい!気持ちいい!孝!孝!あぁっ!!、ん、姿あああっあっ、んんっ!気持ちいいよ!孝、、ばい!あぁ!やだ、いかもあんあっんー

真っにして腰ふってるんす。ベッドいっきりぎしぎしいわせて。

あのまっすぐな杏菜がな堕落して、俺ももう限界でした

「杏気持いい!」

「あ、あ、あ、あっうん、孝気持ちいいよ?っあっ!やっ、あん、ん!!

腰のでは菜が激しくはずんでます。沿

俺「べ、イキそう!」

杏「最は顔あっ、ながらんっい!」

そのま位。

一回抜いた時のの「んあ」って声にエロった

改めて入。はも寿ドロドロかってらい濡れて、すんな簿ってきます。

杏「ん・・んっ、あ、はーーっ・・・ん!いいよいいよっ!、あ!」

杏「あっ、ああっ!ああ、あっ、あ!んっあ、んー!」

俺「いい?」

「う、うん孝いよっ、やばいっ!」

限界です


スパート猛烈に腰をきつけてま

俺「や、杏菜!もういく、れない!気持ちすぎ!

「んんっん!あぁあっ!ん、あっ!!あ!あっ」

俺「いくよ?杏菜!」

杏「調!ん!!んっ!孝、いいようん、ん!んーっ、ん!あっいく、い、いくばい!気持ちいい!、ぃ尿あ、あ、あ、んん、あ、ん、あやだ!ぃ!いくー!!ヤぁ!!!」

俺「いくよ!!」


寿に出すのやだったんで、急でゴり去って胸らへ

子がかる

あっ」て杏菜ビククッしてした。

りゃんでもない量、勢いも半端じゃなかっです。枕との方とか

こにま勢いく飛んで。もう二人身でハした

子ふ取るとかそんんどうて、ただ体横たえて

後の杏菜の「ダぁ姿」が凄く興奮した、ってぼんや


後、時間がまだ残ってたん、そのまま世間話と普通してました。

っぱり「つきあおう」とかそういった類の話はま出ず、れで今後も関係いといいなぁーって思ってました

杏菜せて天上のっぽいプラネタウムをイメージた蛍光塗料見ながら「あぁしちたんだ便良かったのかなー」考えてました

そんな俺透かしたのか、

気持ちよかった?して良か」って聞いした。

単純に興して最に気ちよかった俺は、

俺「そりゃもう」。伝えて杏菜とキスをしまし

それでもっぱり俺たちは友達で


後日談です、それからもと俺達の関係を続けてま

無論、今も。

うに電話したり飯りすもあります

は相変調わらず真面目で一本気な子で、恋愛サーク強にんばっていす。

時には泣いてくる杏菜を慰も仕事や恋でへら杏菜に連てもらっりもします


だ、れかてません。

んな話になっても

「あれは孝寿きりだよ〜」て笑いながら

とんで興奮を得ることは きるかもしれないど、俺もそれでいい思いす。

達なんですもん、うそ湿うやまくってらこの関係も揺らいじゃうかしれません。

お互恋人がいなく、とか酒のいもあってとかなんかなタイミンのHを生んだと思い尿す。間違った行動とは思ってません。

いろんな子とHしたし、彼女も回かできたけどに一番興奮たHは杏菜とHなんで

です。長難う座いした!

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:青春, ほのぼの,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様