2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

おじさまに色々なセックスを教わった思い出




が初めて性のおち○ち○をおずおずめたは、大学1年生の時でした。

最初ってましけれど、同に抵りました。

だって、それまで正視するの恥ずかし性の性器を、きれにしている口に入れるのですもの 気持はわかっだけるでし

けれど婿も、Aおじんはんなの抵抗感を上手に解消くれました。


彼は、はじめの頃通にエッる以外、自分にどうしくれは全く言いませでした(わがままばかり言う今とは えらい違いです)。

一方で、私には とこ尽くしくれます。

チをないも私のショーツを降ろして汚いころも部舐気持くしてくるの

爪先や髪の生え際、耳やあそ果ては お尻の穴まで何度も全を彼舌で愛さいるうに、の彼を気持湿も どん高まっ

して、彼のたに何か尽くしたい、気持限度にした時、私は自ら彼の股ていたの

る人ののでものその時はヘタでしたけも心を込てお退ゃぶした

体の一であ○ち○がとても愛く感じまし

したら口にしたいと然にうようになったのです


彼はに「精液んでくれるい?」と聞ました。

もう, そ時の私は、しろ愛する人のなら何でも欲しと思っいまた。

ち○を口に咥えたまま目で「はい」とうなずいてに一生懸命おしゃぶりを続けした

そして、「」と声が聞こ端、中に熱いミルクッと

に尽くせたれし姿と一飲み下しまた。

、やさしく抱きしめて軽くキスくれ


その後はエチのに上手なり方えてくれました

に正パンを降ろげます。

っぽいキスのご挨拶してか、唾液をたりかけ笠のをゆっくりて舐めます。

して 袋から先にけての裏側に舌全体をし付け何度も舐め上げます。

まに貿下やお尻の穴も舌でくすぐってあげます。

すると、こ頃に体先っぽ明な液が垂れす。


に, そのを舌 すくいながら もう一度笠をきく舐め回した後、先っぽから唇と舌で吸いつくようにズーッ姿喉まで精張ります

この持ちいいのだそうで(^^)。

それからでお尻や愛撫しながら々キュッと唇で茎を強くたりして上しゃり、

押しつをぐるぐる滑らしてあげ繰り返す人とも5分ぐいでビュー口に出し

できるだけ こぼさないよう おちち○を抜い口の中に一度広ら味わって飲み

そして、も一度、○ちんで、先っ滲んでいクをいに吸いとってあげます





にBさんは このおしぶりお気に入りしてあげます

みなさまにじゃあお前はうなだと言われですね。はいきで

口にの体温をじながら あそこてしまうようです。

口の悪稿Bさんは、下の口いってだれ垂ぞ」なんてよ。


然でらうのは、っと好きです(ちゃあ)。

んとは69で日もていたこともありま

と精いては、「えーっ、飲むのお?」と友人が多沿

かに おいしいものではありませが、私愛していのもならたい、あるいは身体に注いで欲しいと思います

そうで、つもは一緒にいれな別れたあとも自分の体内えてような悦びを感じからです。


ついでに言うと味はAさんの方がよく貯めてるくてドリとしてす。量も多いです。

さんの薄味さとしてて苦いです。数撃ち過ぎなね、きっと(^^)


Aおじんに初めてれた夜約1年私の二の誕生

彼のは真珠のネッとイヤリングした。

その夜クラシック後、高級レストでご馳走にって私の部屋きまし

抱擁とキスは「今日二十歳大人にりの身体思いっ感じさせてあげと言います

た、るなです、貰った豪華なクレスとングを身につけてンストけを脱ぐれました。

フロの真中にキッチン椅子を二つ離して並べ、その上に手を引いて私を立たした

次に、両手を背させ親指を紐で結びました

妙なり行きに期待と不安がします。

足を大きく開くことにへそのあに彼の頭がく高さりまし

子の上は思ったより高くて両手の自由も利か不安定心細です。

それ西ら、彼はのまわりをぐるっと鑑ように見て回っあと間に座っ足首を掴み、

きれいな足だな。今はピンクのパンィだかわいレースのデザインだね

と言てミニスカートを見ます。見られて西

「どう?こうして下ともに覗かれは」

問いかけに、戸惑沿ながら正直に恥ず答え

日履た後ですから、染みとつけいかしら…と気す。



今度は立上がってニスカートを前からめくったり、からめくったり

でも、身体には触れず、ショーツを近づけて匂いを息を吹きかけたりします

一体どうす気なの…」不安にてき頃、はしゃんで右足の爪先を舐めまし

足首ら次第に膝までがって手で左足の内側をそと撫てきます。足は閉ことがでません。

首から付け根にかけて彼の舌や唇が西ッと這い回り、時々太股に熱いります。

ョー越しにクトリス周辺を指でくぐられたり、くつまたりした。

になて じっと彼の愛撫身をねていると、シーツ上端に指がり、ゴムンと弾かれ

ハッとす方もン。

「あ、イヤ、脱がさる!!」と意識すや否や、シを開いた太股の途中まで降ろされまし

に股下がしくなり、もう濡ているかりました



彼はシーツと股間に入れ舌先をチロチロ動かしたり、指で毛や太そっと撫で回、時にあそこやお尻の穴をいじ

っている私にはミニスカーの下の光景見えまんが、舌そこをかき回れるペチョペチョというかな音や、ジュジュッとすすられる大きな音が聞えるたびに、自分彼の顔の愛液をたくさんらしていることを思い知らされます。

の指にを入れちし、手閉じたり開いたり身をよじて耐ていまし、舌先でクリトリスを転がれたり吸われると、こらえきれずしい声をさく漏らしてしいま

羞恥と疲れ広げがガクガク震え、彼のと指のタッチにが激しく前に揺れて立ってれなくなりた。



から降足にまったョーツだけ手でされてベッド移動しまた。

られた指とラウスやアクリーまで顔をついて膝を開いお尻をと持ちげる姿勢をとらされました

スカート捲くれてお尻だけ裸になり、っきからずっといじられるあそこから愛液が溢ています。

でもまだ彼はまたや太を軽く撫がらクトリスをがしたり熱をかです


催促して、ようく指を奥までれてくした動かしてくれないのです

分で動いごら

んなあ!」

はいたたまれず自からおをくねらせした。

では、彼の熱い太いおち○ち○が恋してたまりまた。

に、しばすると彼はの指さえいてしまったのです。

もうがせつなさ杯にり、身を震


く、おち○を入れてく!」と半で恥ずいお願いをしま

「よし、よし、ら、いしい

(私)???…、

と彼は、私のびしょ濡れそこに、れまでしてた紫色のバイブなり深々と挿たのです。

バイブはこの時が初めてた。

イッチが入ーンという的な音をて唸りだし、れる強烈な快感が身か身に響きます。



を全然コントロールでき

私は後ろられお尻に卑猥なブを嵌めれた恰で悶えなが、一気頂に達ししまいした綿


それら、しばらくだ泣き顔の私の服を脱がやさ抱いてくれました。

泣かされた分、いつもより思い切り甘えまし

全身で絡み合い、互の性をしゃぶりあって彼は

「やっぱり本物がい?」といながらと待のおち○ち○で もうかせてく、ミルクいっぱいでくれたのです。(やっぱり、熱のある本物がいいで。)

思え確かに気持ち良かったけらして半泣きにまで追なんてヒドイですよね(と言ながら、甘えいるって

一生れない二十歳記念泣きべそエッチでした。


昨年の1月15日、私は地の成人出席しました

プに結った宿髪にりをて薄紅色に牡丹の絵模様が鮮やな振を着ていきました。

ころが、Aおじさん。この日が安全日だと知った途端、来ゃダメっても「の恭んをきた一生のおい!。頼むよ〜」言って聞きません。

で、わ新幹線に乗って神かけ来てまい、しょうがない


成人式半日でり、後は懐かしい地人たちと思です、それは夕にして、そのAさんが宿をとった某シテルで「いたす」とにしました。


テルのエ中で待ちきれないのか、他にがいる中で早手を握ってき

屋は部屋続きの和室でを開けると八畳間に既にお布団敷いてありす。

準備万端やるのようで(^^;。


けは程度心得ていまし, ホテのサビスもあるの何とかなりますが、髪を崩しくないのが上ことにまし

るだけ振着たままでというご要望なの、足袋も帯のままで始めまし


肩を抱かれて舌を絡ませた彼だけが裸になりに振袖姿で行儀良正座いる私の前に立ちまし

の前のおち○○の先っぽ舌先そっと舐めて含んあげます

し腰浮かせてしってるうちに、私の濃いの口紅がついておち○○んが ところどころ染まっています

今度は私立ち、彼が晴の裾を払っ入れてきま。足首から膝、太へ左右を開きながら忍び込んでます。

後にろから、長よけも一緒捲られたりして、私はわず足よじり合しまいまし

そして、はけてまった足にもぐりこんで、裸の両一緒に腕で抱あそこの毛たり太股に頬りをします

れから、私の股に頭を込んかせでお尻のをいたずらたりしなら、あそこを舐めはじめまた。

私はだんだん気分がのってき、彼の顔を股で口先にリトリスをこすように腰を前にゆっくり動かしした


かり濡らてしまった私は、帯や紐をほどき振の長いを後に大きく広げて、仰向けになった彼の上にしゃがみました。

く反り返ている宿に あそこを押し付けてヌルにしらせようにうっと入しました

じっと私のしぐさを黙って見ていたためます

私もしばのま深く入った感触を味わったあと彼の身に手をついて、大きた。


ね、さま、ここまかったんです。

ところ今回は、さあこらとい目にッとを沈めた途端、な「うっ」という声ととも彼は あっけな私の中で果ててしまいまし

ざわざこのために神戸まできたのに…。

三擦半よりはけど…。

そんなわけ彼も意なら一応いけたし今日時間ないし私はいいや、いうことで終りにしました(^^;。


は ありに簡単に漏てしった自分が照れくさいのか、今でも私が振袖の長い袖や裾ひるがえして自分またがる様子せてい様子がまでのエッチの中で最に美したと言い訳す。

特に髪飾りや振袖の紅緑、金、銀の華麗な絵様と襦袢の裏地や白い肌のコントラストだそです(この時の話になると とにかくします)。

ちなAさよると、なんでこういうエッチ、美し尾羽を広孔雀のように女性が晴扇形にいっぱいに広げる様子から、「孔雀」と式ゆい呼び名があるそうで、私と どてもやってみたかったんだうです。みなさまは存知でしたか?

りは元のたちと同窓に合流しした。

その時 同級生んなと一撮った今もアルバムにあります

上品に写っていんのミ滲んでいることは、誰想像だしない秘密で



昨年め、さんと某避暑地に行しました。

私は薄いワンピーにリボン殿いたかぶていきした。

山の中の会員制のさなホテル平日ということもあって、そのの宿私達の他は数組家族連だけでし

彼は様には出張ということにしてたそうです。

私は彼を独り占めできるれしさ、初夏の清々しい大で、気分はう最高

な開放的な雰囲気のなか例によってAさんの出したご注文は…みなさま、った思います?

はい、「朝日のあたニスコートでッチしよう。」でした

いや、全く、どここんなこと思いつくょう

で、けて朝早く、誰もいないか夫。空いいし、青空の下できっと気持ちい貿す(^^;。


ホテにはし離れたところ崖と林に囲まコーが2面あって、宿客が自由に使え

囲を散策、夜は一緒にお呂に入って、に抱た。

胸を揉だかれて身体に火つきま

私もまらず彼の首やおんちん吸い付きた。

今日は完全に私のものですもの

のに、射精は明朝のお楽しみにっとそうで


、数撃てない彼の代用品というか分身というか、久々にあの紫色のバイブ君の場です(普段さんが持ってます尿)。

自分で持って動かした彼に操ってもらったりして、だけいっちゃました。



>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:野外・露出, 女性視点,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様