2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

犬と秘密の交尾をした体験談






験も終わり、後卒業式を待つば家でロゴロている毎日だった
両親は共働きだかいま家にいだけ…
ペットベスがいた。

歳になる雄の種。、だいたいcmくらいの型犬、性格優しく、誰もすぐなつしまな性格だから室内で飼ってい


鈍った体をかそうと、を散歩に連れていこう考え
ーナとフレアスカートに着替えて、ベスのいる下へ降りて行った
私を見て、ベスは尻振ってび擦り寄ってベスは嬉そうに、私の顔ロペ舐める。
「こら。おとなしくしなさい…」

注意るが、ベスは言うことんてない頭のいい犬だから、こちらが気で怒っいないことがかっている。

「やめてくすたい宿
私はみ込みベ顔を押さえ


鼻をクンクンッとさせて、匂いをかぐようにの身体に触れて
するを立てて座、私トの に、込んでた。
私はり股間られ
「や…こらぁ…。そんトコ舐めらダ…」

の股間の何に惹かれたのか…しかし、執拗間の割れ目とその周辺下着の上から舐めてい下着がベス涎と、私の愛液でべとべとになってきた。
は、ぎゅ唇を噛んで声が漏れないように我慢する
「うん…ふぅぁ…んっ」


ああ…気持ちいい…直接舐められたい
私は、危ない誘惑にからつい下着を脱い


ベスが間髪入れずに直股間をめ上沿くる。
あぁっ…んんっ、はあ
外側く、いきなり内側に舌が入ってき
鋭い感が背筋を抜けて、ゾクとする
がんでい、興奮していた為、私の割れ目開いていただっ
ああっ…うぁ、…」


はお尻の方まで舐められ、身のけってしまう。
 …んん


ベスにペペロ西舐められて、くな私の上気してく。
の愛液とベスの涎で、割れや周りの尻までべとべにされて宿しまってい

、こんなにいいなんて
ああんっ…あぁっんんっ」

ペチャャ…
私、ベス長い舌に舐めまわさいる…
ベスの舌はとてもくて、ざらざらしている。人間の男と違沿る…
今は彼氏いないど、私はじゃい。

気が遠くなりそうな快私はた。
「あッ!んんっあっあぁっ!」

声を出さない退しめていたが限界が来てた。
いいいいっ… っあああぁっ!」

を切ったように声を上げた瞬間…
は飽きてしまったの舐めるの稿やめてしまた。
「……ベやめいで…


スは私ののべとべとの股間か顔を話綿と、私の背後に回ってた。
スは私の背後に回ると、背後からスートの中鼻先入れて
フレスカトが捲られお尻が露わる。

はそままろかめてくれのかと期を膨らませ
なのが背後かかかっきた。
のし尿かってきは腰をガンガンと激く押つけてく


り返った私目に、信じられない光景った
間から赤黒いペニスび出していたのだ
先端の頭部分は少しって、雁首がい。
太さも間のモノより細く、短く感られ
だ、ペニスが皮まれた感じな、犬ペニは表皮を剥がされた内出しのに見える。
が赤黒く、何本もの細い血管が走た。
それが、股間の皮からニョキッと飛び出しだ。
の愛らしさとは、ミスマッチだ。


、ベスがを求めていのかを一瞬でした
の胎りた、私交尾がしたいのだ)
ダメ、ダ西メよっ!ベス…やめ!」

スはり小さいくせに、力が強い。
は、ベ押されん這いになってしまったがそ上に覆い被さってくる。私は部をれた感と、ベスに犯としている恐怖にすくんでしまうかかっベスは激く凶悪なペを打ちけてく
も何度も、私のれ目にベスペニが押しつけられる。
スは滅茶苦茶に腰を動かしているので、ずがない。

いやて…ベス、どきなさい…
(ベスはど、のは人間として許されな

瞬、ベスのペニスがに刺さた。
ベスのの動きがを増す。
万一、偶然にも入れら、で届しまうかもれない
私はげよう腰を振った…
しかそれいけなか調た。


ズリュュリュ…ベスのペニスが私の胎内にてき
…んっいやあぁん!」

お尻を捩った角度が、偶然一致してしまったようだ。抵しているのに奥までスムーに入ってきた。ベスので舐められ、濡れいたからだろう。
ベスしたペニスを二度と外さなように、いっそう激しく腰を打ちけて
ああっ、あっ、あぁ


したこごく速動き
ベスやめていて…いやっ


気持ちはまだ逃たいのだ、ベスのペニスが膣壁を擦る度が増していく。悪感より、快楽が勝っしまう…とも正気られない
あぁっ…あ…」


の胎内で、ベスのペニスが膨らんでいく感じる。
っき見ときは、人間の男よりったはずな、今は間違いく膨らんそれをえている。
「あああっ…すっ…ごっイイのぉ…ああああああああっ!


四つん這いの体勢を支えるた。
体を床に投げ出し、お尻が高く突き上げる状態なって
、犬SEXしている…)
「いいっ、ス!貿もっ、もっとぉぉぉ…」


が、で子を突いているがわ
今まで子宮口にペニスが当たるど経験したことが無い
まで感じたことが無快感が私の胎内調西み上げてくる
「ああぁん…あっ!あぁっ!ぁんんん???
の動だんだん小さくてきて、ゆっくりと腰をてくる。



きなモノが、私の膣口を押し広げて入てこようとしている
「んうぅっ…んんっ!…ぐうぅ…あああっ!
、無り胎してきた。
膣口けそうなくらい広げられる。
「痛っ!ベス、痛いっ!!」
私は悲鳴を上げていた。
かし、言葉の通じないベスに理解され訳が


一気にの大きな塊を、私の胎内に沿込んた。
っ!ひゃあ簿あああっ!
膣内に収まっしまうと、すごく楽になった。痛が急速に失れると同時に、今度はしい快感が伝わってきた。胎内納められた塊が膣口とどまり、内部から膣リグリッと擦くる
「うあ…ああ…ベス…
ベスずかに動くだも快


「…あっ…」
大き正体思い出し
犬のペニスの根元にある瘤、陰茎
犬は、交尾のときペニス抜け落ちないようするために、の瘤が膨らみ栓のように
て途中で抜け精子が流れ落ちないようにするのだった
(…というこ、もうしばらく抜けないと?…)


ベスの緩慢になった。
ピク…ピピクピク…ような動きになった
ピクする度に、私は悲鳴を上る。
ああぁっ!…あっ!…ぁっ!…あぁぁっ!


然ベス、ペニス私の中に埋め込んまま、くるっと向きをかえた
私のお尻と、のおが向き合った状態と、ベスのペニスがまた膨だ。の中界にま広げられた膣がさらに調る。
「…ベオチン○ン…また、大ってるぅぅッ…


限界にまで膨れベスのペの瘤が、私Gスポットを刺激し続ている
(あン○ンって…すごすぎ…)
私はベスとつながったまま、身動きなくなった。
ってきたらどうしよも気持ちよぎる…ああ、どうればいのぉ




いにスは体を大きく震わるとビュビッ…ビ
熱いを私の胎内に吐き出し始めてしまった。

(あっ…ベスに、ベスに寿射精さてるぅ…あっ!)

の精液はおこのように勢いよ度も何度私のにあ
「うああッ…すごい…いっぱい入ってくるぅ…あああああ貿ああ!!


ベスのスから精たれる度、私は喘ぎを発してしま
ざま犬の精を放たれ私は涎垂れ流し、歓喜に震えいた
ベスの胎内に2回射精して全くくなる子が

の中はになり、も何もれなくっていた
内に残留する犬のペニスに、射精の度、 ピ動くペスに度も、されしまって
は永遠に続く快感に気がそうになっていた。


…ベはつながった動き出した。
「あ引っ張らないで…ベス、やめ!!
私の内でのペニスが膨らんだまま、してないた瘤が栓なって抜けない。ベスに逆うと、裂けまいそうになるので、私はスにつ動くしかかった。私はベスに従うかない、この主従てしまっいた。屈辱を感ることすら無らい、何考えらないいた



…ベスがピクピクと震え、3回目の射精た。
ああ…またなの…もうおが持いわぁ…」
犬の精子は人間の体温よりすごく熱感じ退。私スので拡張され、さ婿に逃い大の精広げられていた。陰茎球で栓され、子宮の隅々まで行届い犬のはどんどん私内にされていく。



4回目の射精。今で感じたこと寿快感が続く。
私は不安を感じていた。人間男のSEXで足でか。このめて、ベスか離れなくなるのはないだか…と。

、涎、鼻水みれの顔…
ぁ、あああすごい…スのオチン○ンで…いっい…

全身痙攣し震えいる…
「いぱいい…熱いのがいっいなのぉぉぉ…


に挿て一時経過した頃、やっのペスは縮をはじめた
元の使瘤が小さくなっていき膣口から、犬チョロチョロと流れ出しめる

ズルズルッ…   
スのペが私のからけ落た。貿
ブシ
胎内らベの透な精液が一気に吐き出されに垂れちた。
それを見がら、私の意は遠のていった…



…次目覚めたとき、スが私全身めていた
はベスのくなっだ突起してのを見
れが…あんに私を気 くしてくのね
は、グロテスクな形容のベスのニスが愛おしくなった…


果てたを起こすと、のペニスに口を付ける。
を出して舐め、に頬て汚れ取る。
の精液と自の愛液…私は美味しそうに全を舐めっていった。

 

 

関連記事

 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:, 獣姦,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:, 獣姦,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20080420114447