2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

犬と秘密の交尾をした体験談




学受験もわり、後業式待つロゴロしいる毎日だっ

親は共だから、いま家にのは私だけ…

いや、スがい

ベス歳になの雑種。体長は、だ80cmくいの中型犬、性格は優しく、でも すぐなてしまう温和性格だから内で飼っている


私はった体を動かそベスを歩に連れていうと考た。

レーナーとフレアスカートに替えて、のいる階下へ降り行った。

私を見てベスは尻を振っび擦り寄来るスは嬉しうに、私の顔をペロペロと舐める。

「こらス。おなしくしなさい…」

注意するがは言うなんて聞かない。のいい犬だから、気でことがわかっいる。

めてすぐった

私は しゃがみ込みの顔を押さえる。

は鼻をクンクンさせて、いをかようの身体に触れきた

ると膝を立てて座スカートの中に、っ込んできた。

り股間をれた。

や…こらぁ…。そん舐めたらダメよォ…」

の股間のの匂いにたのかしかし、拗に股の割れ目と、その周辺をを着の上かいる。下着がベの涎と、私の愛液でべとべなってきた

私は、ぎゅと唇を噛んが漏れないようする

ん…ぅぁ…んんっ」

(ああ…気いい…直接められた

私はない誘、つに下着を脱いでしった

ベス入れずに直股間を舐め上げ

「あぁっ…んっ、はあぁっ…」

側ではな、い内側に舌が入ってきた。

い快感が背筋を抜けて、

しゃがでいたと、興奮していた為、私の割目は開いていたのだった

あっうぁああぁん

はおで舐られ、身のけぞってしまう。

はあっぁ んっ」

ベスロペ舐められて気持ち良くなり私の顔上気してい

私の愛液との涎で、割れ目や周りの毛、おとにされしまっている。

い、こんなにいんて…)

「あ調あん…あぁっ…んんっ

チャペチャ…

私、ベスの長い舌に舐めまれている…




ベス舌はとても長くて、らざらしている。人間のと違い過ぎる…

今はないけど、私は処じゃい。

気がうな快楽は悶

ああッ!んんっあっ…あぁっ!」

いよ唇をみしめてたがが来ていた。

「いい…いぁっ!

ったように声上げた

ベスは飽きてったのかのをやめ

「…ベスやめないで

とべとの股間から顔、私婿後に回てきた。

ベスは私後に回ると背後からカートの中にを入れた。

フレアースカトが捲られ尻が露わにな

殿ま、後ろからめてくれるのかと期待を膨らませいた

なのにスが背後からのしかかっきた。

しかかてきたベスは腰をンガンと激しく押しつける。

返ったの目に、信じられない光景が

の股間から、赤黒いペニスが飛びいた

先端の亀部分は少し尖っていて、首が無

太さもモノより細く、短くじられた。

だ、人間のペニス皮に包まれた感じなら、犬のスは表皮を剥がされた内臓むきしのようにえる。

面が赤、何細いが走っいた

股間の皮からニキッと飛びいるのだ

らしとは、ミスマッチ

私はスが何をめているのか

私の胎内に入たい、と交尾がたいだ)

ベス…やめてっ!

スは私湿り小くせに、力が強い

私は、スに押れ四つん這いってしま

スがそのに覆い被さってくる

私は恥部を舐られた快感と、ベスにれよとしている恐身がすくんでしまう

のしかかったベスは激し悪なペニスをち付けてくる。

度も何、私割れ目にベニスが押しれる。

ベスは滅茶苦茶に腰を動かしているで、入るはずがない。

や、や…ベスきなさい…」

ベスは好きど、犬と交尾す人間とれない

スのペニが膣刺さった

ベスの腰の動きがしさを増す

一、偶然も入れられたら一気で届いてしまうかもしれない。

逃げようとを振

しかしそれがいなかった

ュリュリュ…と、ベスペニスが私の胎内にきた

あああ…んっやあ!」

がお尻た角度偶然一してまっ

しているのに奥までムーってきた。スのめられ、れていたからだろう。

ベスは度侵スを二度と外さないように、いっそう激しく腰けてくる

「はあああっ、あっあぁん

今ま経験ともないすごく速い綿動きだ。

「ベスやめて…抜い…いやっ」

では逃げいのだが、ベスのペニスが膣壁を度に快が増してく。嫌より、快楽が勝ってしまう…とても正気はいられな

「あ…あぁっ…あぁっ

胎内で、ベニスんでく感じする

っき見たときは、間の男より細かったはずな、今は間違いく膨らを越えている

ああっ…尿すごっくイイ…ああああああ退

四ついの体勢を支える切れなくなってた。

は上を床に投げ尻が高く突き上綿る状態にって

、犬SEXしている…)

いっ、ベス!…と、もっとぉぉ…」

ベスのニスが、私の胎内で子宮口をいているのが

子宮口にペニスが当たるなど経験したことが無

感じたことが無い快感の胎内からこげてる。

ああぁんっ…あっ!あっ!…あっ!あぁ!ぁん???」

ベスきが だんだん小きて、ゆを押しつけくる。

何か大なモ、私の膣口を押広げて入ってこようとてい

うぅっ…んっ!…ぐうぅあああっ!

大きな塊が理やり胎内に侵入しきた

口が裂けそうなくらい広げられる

「痛いベス、痛いめてっ!!」

私は悲鳴を上げいた

かし、言葉のじないベに理解さる訳



ベスは一気にその大きな私の胎内にし込んでいった。

「ひっ!ひゃああああ

内に収まってし、すごになった。

みが急速失わるのと同時に度は激しい感がてき

内に納められた塊が膣口内でとどまり、部かをグリグリッ擦っ

…ああス…」

スがずかに動くだけで感が走る。

あっ…」

きなを思

犬のニスの根元にる瘤陰茎球だ。

犬は、交尾のスが抜け落ちいようにするに、瘤が膨らみのようにる。

よって途で抜けたり、精が流落ちないようするのだった

…ととは、もうばらけなてこ??…)

動き緩慢になった。

ピク…ピク…ピクピ攣のような動きになった。

ベスがピクピクす度に私は悲鳴を上げる。

あぁ…あぁぁぁっ!…あぁぁっ!!」

然ベスが、ペニスを私の中に埋め込んだ、くるっと寿かえ

私のおと、スのお尻が稿向き合ったると、ベスがまた膨らんだ。私で限にま広げられて膣がさらに広げれる。

スのオチン○ン…またきくなってるぅぅぅぅッ…

限界にまれ上ったベスのペニスの瘤が私のGスポット刺激し続けている

(あっ…こんなの初めて…○ンって…すごすぎる…)

ベスつながまま、身動きできなくなった

(ああ…帰ってきたどうしよう…でも気持ちすぎる…ああ、どうすればいいのぉ)


、ベスは体を大き震わせるビュビュッ…ビュッ…と、熱い液体を私の内に吐き始めしまっ

(ああベスに、ベスにれてるぅぅ…あああっ!)

犬の精 おしっこのようにく、何貿も何度もにあたる。

うああッごいっぱい入ってるぅ…あああああああ

ベスニスか精子を放たれるに、私ぎ声を発してしまう

に犬の精れ、私は涎れ流し、歓喜に震えてい

姿スは胎内2回射精しいたが、全くさくなる様子が無い

の頭の中は真っ白り、も考られなってた。

に残する犬のペニスに精の ピクピク動くペニスに度も、何もイカされてしまっいた

私は永く快が狂いそうにた。

ベスはつながたまま動き出した

「ああ、ダメ引っ張らないで…ベス、やめてっ!」

私の膣ではベスのペニスが膨らんだまま無くしていない抜けない。

ベスに口が裂けてしまうになるので、私はベスにいて動なかった。

ベスしかない、この状態ではが逆転してしまってた。

しかし、屈辱を感とすら無らい、何られないでいた。

ベスがピクピクと震え、3回目射精が始まった

ああ…まなの…もないわぁ…」

精子は人間の体温より高為、すごく熱く感じ

私の内は、ベスニスで拡張、さらに逃げ場の無い大量の精液でられていた

陰茎球でされ、の隅々まで行犬の精子はどどん私の蓄積されいく

精。今までたことない感が

私は不安を感じていた。

の男のSEXで満足できるのだうか。この快感を求めて、ベら離れられくなるのではないだろうか…と


涙とと、水まみれのひどい顔…

「あぁ、あああっ…すい…スのオチン○ンで……」

身は痙して震える…

「いっぱいいっいのいっぱいのぉ簿


最初に挿入されて一時間ほ経過し、やっスのペニスは収はじ

元の瘤がくなっていき、から、犬の精液がチョロチョロと流し始

ズルルッ…   

スのペニスが私の膣け落ちた。

ャ─────ッ

の胎内からベ精液が一気に吐され、床に垂れ落ちた。

それをながら、私意識は遠のいていっ


次に目覚ベスが私の全身をめてい

私はベスの小が、ま起しるのを見けた

(これが…あんな私を気持ちくしれたのね

は、グロテ貿スクな形容のスのペニスくなった…

てた起こ、ベのペスに口を付ける。

舌を出して舐め、に頬張って汚れ取る。

の精液と自の愛液…は美味しそうにてを取ってい

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:獣姦, 性癖・プレイ,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様