2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

愛犬との2度の秘密の交尾






子供主人をり出したあ、朝の片付けを終えてパソコの前に座りまた。
チェクしたんですが、今日も仕事の依頼は来いません
子供で在宅でできをと思い、私はHP作成の下請けたいことしています
景気った頃はそれなりに忙ったんです、今では月に事がってくるかうかという感


かたな、私は暇つにネッめまた。
ターンはだいまっいて求職趣味のPに行った最後はHなんです。
他人のセックス興味があるってうよりも、欲求不満だったというのが正直なところです。
のも、子供宿からの夫は淡にない、うえしいでほどかまってくれ
はまだ32、身体がくってけじすが、やぱりすぎ
かとい、浮気すほどの勇気もなので、HなHPを見てを紛わせていす。


そんなあるいつ板で変わった書き込みを見つけまた。
不倫していうなんすが、その人相手飼っる犬だとうのです。
簡単に言、私に暇をもてあましいて、悪戯から犬と関係を持てしまったた。
まけ、犬とのセックス想像以上の気持良さで、られることもないで最気相手うので


投稿み終えたと、昔の事思いして綿なりました
というの、自分だったとき、犬にアソコを舐めさせた事があったからです。
は興だけは人一倍あって、セックスの時に男の人にアソコを舐めてもらいうを雑誌で読み、ど持ちいいだろうと想像を膨らませていまし
でも、実するなんてできまその頃飼っていたソコめさせてみたんで
家にもいない時を狙ってしたんでが、すごく恥ずかしかったことと、気持ちよを出してしまったこえて


洗濯や掃除を終昼食を食べ私はジョュをれて散歩に行きまし
を手につも歩きながHPんだの中ぎります。
できるはず無い思いながらも、何となく気なって視線がアコにうんす。
は意識しないに前を向いて、変気分のまま散歩を早めに切り上げました


・・・・
玄関に座ッシュのを拭きなが、股間たりジッと観てみ
も、人間みたいにペニスけでもなタマタマだけがブララしいます


「ジッシュ、ほ・・・」
っとした好奇から、スカ上げて足をげてた。
相手発情するはずな思っていたの、ちょっ恥ずかしは思いながらも軽い悪戯っ感じす。
たらョッ退間に鼻づけてきて、アソコの匂ンクン嗅ぎす。


やだっ!!」ッと思ってを閉じようする間もなく、のま前進しきたジシュに押されて仰向けになっいまた。
足の間にジョッシュがのでどうする事もでき、私は気転してオロす。


「う、うそっ・・」を押さえつける宿うにしながら、いきなョッシュが振りめまし
つのにかニスが大ていて、ショーツの布地越にアソコ何度も当たってきます


「だめっ!!
思い切っ簿な声姿ると、ジョッシュは驚いたようして離れきました
私が急いで起きあがると、ジョッシュはペニスを突きしたまこちらジッてい


あ・・」初めて見たジョッシのペニスにの目は釘付けになってしまいました。
充血しよう真っな色、亀部分が無くて尖った棒みいなです
おまけ、夫のより回り太く、長さも20センチくらいです


ホントに・・気持いいの・・」
示板で読んだ容を思い出、身体がカッと熱なって心臓の動が激しくなり
形が少し変ってるとはいえ、あんに逞しいペニスを見た初めて
犬となんてながらも、頭の中がグルグルと回っての前がボーッなっていきま
一度けならと思って私ショーを脱ぎ捨て再び仰向けになって足を大きく広げした。


ぁっ、・」
ジョッシュはすぐにのしかかってきて、と同じように腰をしく振っした。
ペニスが股間のあちこちにぶつかり、私は興奮んどん高まっています。
相手が犬というこは分っても、こうなってしまうと止めることができまん。
私は, たま ジョッペニスに手をえ、濡れくった入り口導いてしまいました。


「あはあぁっっ!!!!!
ジョッシュのペニスが膣口、その膣奥まで一に押し入ってきました。
りのに私は我を忘れ、相手が犬だとい悦の声が出てまいます。


「あふぅっすごい退
ョッシュ小刻みに腰を振り立て、すごペニスを出し入れしてきました
も、私が初めての相手うこともあって、けてしまうんです
私はそのき、抜けないうにジョッシュの体を張っていまし


「ひあいっ!!!」
ジョシュは、夫とックスでは絶対に味わえない荒しさでてきます。
結合部からはュグチュとイヤしいで聞こえ、何度が走り抜けていきます。
私は感じすぎてあらもないを上げ、腰を持ち上げた格好でジョッシュに何度し貫れて稿した


っ・、は・・はぁ・・・」
腰を上げているのが辛くなっ身体を落とすジョッシュのペニスがからズルッと抜けていきました。
再び目にしたペは血管がさら太くなったようえ、そのら水ようなピュッピュッ噴き出ています。


れを見て何とえないシクを受け、なり現実に引きれてしまい
いとはいえ犬ペニスを受けれ、その内に射精されてしまんです。
ペニス受ければ射精さは当たり事です逞しニスをれてもらうだけ考えてい、最後になる事まったくしてったんで


「やだっ!!!は慌バスルーに飛び込み、シャーで何度もソコを洗いました
まさか妊娠なんてと思いがら尿確信が無くて暗いていきます。
ルームを出た私はそのまみ、急いでソコンイッチを入れてットで検索を始した。


「あ、あた・・・」とあるサイトで詳しい解説を見つけ私は字一間違えないように目を皿のよにし読みました。
のサイトには沢の愛者の書き込みがあり、スの方意点までが事細書かれていす。
「そうなんだ・・、よかった・・・」
妊娠のまったくない事がかり、私はホと胸をなで下ろしま
それ、いろいろな人みを読んでみると、犬ックいる女性がそれな尿いです。


は置き去りにしジョシュに済気がして急いで部屋から出て階段を駆け下りていきました
ングでそべっていジョッシュは音に気付と起きあがっての方に駆け寄ってきました
すでに小さて、赤端が少し見
はジッシュの首に抱き、体を撫でながらりました


ョッシュ、も一回ようか・・・」
く恥ずかしかったんですがってスタオルをとりました。
妊娠しないとい心感からか、再身体が疼いて欲しなってたんで
それもう湿度あの逞しいペニスが入ってくると思うと、コの潤いていきます
自分でアソコを弄ってらし、用意ができたところに浅く腰掛ました。


いいよ、挿れて・・・」
秘部を見せつけるように足を思いり広げて、震でジッシュをした。
自分を誘ていると思うと、恥ずしくて身体の震えが止まり


「んっ・・・
っき同じようにアソコ匂いを嗅いだあ、ジッシュが身体の上覆いさってきした
にはジョッシ迫り、股間にはしいペニスぶつか


「あふうぅーーー!!!」
激しく揺れペニスを入り口へと導く、すぐにジョッシのモノで膣内がした
ッシュはすごい勢で腰を振り立て、私をと責め立ててき


あっっ・・、すご・・
一突れるニスが膣奥に当たり、太くて逞しいペニスでどんとおかしくなってしまいました
は洪のよビショビシトンにるように膣収縮を繰り返ます


「あ
あまりのしさにペニスが抜出し私は慌て腰を押しつけョッュのモノを内に押ました。
時が永遠に続けばい思うどに稿ジョッスは快感を続けてれます。
腰をせてジッシのペスをりながら、犬としている背徳感でさらに高まっていきました。


ふあぁ・・てるぅ〜〜っ!
熱い迸りを感じると同時に自然腰がグッと持ちした
これが女の本能なのか、液をころ止めうとしてるみいで
ジョュもつの間にかピトンを止め、腰をグイッと押つけながらドクドクと精液してきま


「はうぅ・いいぃ・・・っ!!」
ない安心感からか、しぶりの中出しに腰の震えが止りま
は本当に温か、それが膣内を満たいくのが分かるんです。


シュ、まだしてるの・
2分くらい経ったというの、ジッシのペニスは西大きいままでした。
それに、相変わらず精がいて、膣元気よくビッビクッて跳ねていま稿す。
うちはジシュに悪と思ってジッとしですが、犬と繋がっている自分がだんだん浅ましくきて、
はゴメンて言がらスを引き抜てしまいました。


あ・・すごい・・・
上半身を起したの同時に、ョッシ液がドプッていまし
ていよりも量の精液がアコか溢れ、の上ビチッと落ち広がっきま


「・・」
私に感じこんなに射してくたんだと思いなが、垂れ貿ちる精液を見てとやっ雑な気持ちでした
夫がかまっないはいえ、性欲にセッスしてしまったんです
に、一度目イタラでしたと言い訳でますが、からお願してしまったんです
ちよくて感じてしまましたが、終わっし惨めになりました



日を境、私に対するョッシュの態度が変ってしまいした。
にななれくなったというか、をすり寄せてたり飛びかるよう仕草をするようになんです。
私はに、また体を求てるん分かました簿
でも、一度してったと、そんな簡単に割りできま
ジョッシュがそんな態度を取るに、は適当にあしらいなが屋にげ込んでしました


そんなことが2日く、ペ大きさせたジョッシュ私に飛びついてきました
切羽まっ抱きようにし辛抱できいというよう何度も腰を振ってきます。
さすッシュが可哀想にたの、夫や子でこれされたらマズイと思い、私仕方なく相をしてあげることにしたんです。


と・・。ジョッシ、待って!!」
服を脱いでいる途だというのにっ赤なペニスをブルンブルンと揺らてジッシュが飛びついきまた。
本当に我できないという感じ、目つ変わまったよに思えま
も、れてないのにあんなに太いペニスを挿れられはずがありませ
はどようえたあと、掲示板に書いてあったこを思い出しキッチていきまた。


ジョッめて・・
にとって股間に塗り、ソフ仰向になってした。
板にいてったとおり、ジョッシュはアソコをベロベと舐め回してきま


「あんっ、あぁっ・・・
ヌルしたで舐められ、簡単しまいました
のよういものの、熱い大きな舌がダイナクに回っています


「んあっ、い、いい
ジョッュがめるのをめるたび調私はすぐに牛乳を塗って何も舐めらいた。
大きい舌コにビチャッとあたり、秘唇をっての方舐め上げくれるです
そんな事を繰り返してるうに、私はジッシ貿ニスが欲しくてたらなくなってしまいま


「い、挿れて・・・」
前脚持っ寄せると、飛びかかるようにして身体の上に乗した。
ジョッュは激しく腰を振り立、大きくたペスがに痛いどぶつってす。


「んうぅーーーーっ!!!!」
手をペニス口へと導くと、気に奥でズブと入んできました稿
瞬間腰がビクンッと跳ね上がってしま、アコからすごいっていきます
このと同じよすごい勢で腰を動かされ、私はたまらずに大きを上げていました


「いいシュ、すごいぃーーーっ!!!
まりの気持ちに腰がビリ震え、アソコからんどん愛液出しいき
ッシュの荒々さが私伝わり、私は完全に牝犬になってしまたんです。
ずかしいと思ながらも負け、身を震わ何度も登りつめてしまいました。


「あっ…、あああぁっ!!!」
私の膣内でジョッュのペニグッと膨れ、そのままムクムクきくきま
ョッシュ相変わらず腰を振ているんですが、ペニスはの膣嵌り込んだままなんです。


な、な!?
おかいと思った時にはすで遅く、ジョッシュとは完全に繋がっていま
私はってペニ抜こうとしたんで膣口に引かかってどうすることもで貿きま沿せん。


「うぅ・いや・・・・
を抱えてジッしたままこの前見つ書いったことを思出しました
かにそこには、コブが きくなって抜なくなと書いあったんです。
でもコブまで挿れるのは難てあ、まだ2回目の自分にこんなことがこるは思いったんです。
れが続くだろうとに思いながら、私はどうすることもずにッシュ結合ていました。


あ・・・、い・・・ぃ・・
連続送り込まれていうちに、アソ熱を持って再び気持ちよくなってきした。
ピストされているはまい、心地いゆったりとし気持ちよさです
今さら抵抗してどうない思い簿は全身の力抜いてジョッシの精液を受けてあました。


「やだ・、恥ずかしぃ・
つむっていをふと開たと、赤い舌をダランと垂したジョシュの顔がに飛び込んでき
ジョッシュは口を大きけてハ息を荒げ、私の膣内でペスをピ西クンピクンと震わていま
その瞬間子を受け止いる自分ゴクなって、慌てて顔を背けて再び目をつむりまた。


あっ・・・」
分くらい射を続けたあと、シュはようやペニス引き抜れました。
私はフーッ息を吐き出し全身力を抜いてその格好グッタリしいたんです
そし、後戯をするたいジョッシュがアソを舐たんで
夫以上のさにすごく感動姿シュのこととても愛しく感じらました。


シュが離れいった、私も後始末をために起きあした。
そしたら、スゴイ量の精液がれ出したんです
回のことを思い出した時使、床の上に白いがっていきます。
の掃除は後回しては手で押さえバスーム稿に駆け込みまし


ごい調・・こんな・・
ームに入ってを放すとジョッシュの再びダラダラと垂れ落ちました
の奥入ってしまらしく、いつまで引いてれてきます
犬の精子が子までしまと思い、シャワーで膣内を洗いながら私は複雑沿な気持ちした。
私の胎内に犬ているとうとかの間違いでしてしまうよう気さしてきす。
私はなるべく考えないように、シワーを勢いく出してア洗いました。

 

 

関連記事

 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:, 獣姦, 女性視点,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:, 獣姦, 女性視点,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20080505143237