2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

愛犬との2度の秘密の交尾






いつものうに子供人を送出したあと、朝食の片付を終えてパソコンの前に座りました
ルをチェックしたん日も仕事依頼は来ていませ
子供ができたのででる仕思い、私は成の下請けみをしていま
が良った頃はそれな忙しかったんですが、今は月に1回仕事がまわっどうかと感じで


かた、私はぶしの巡回を始めました
ターいたい決まっていて、求職情報趣味のに行ったあと後はHな告白の掲板にくんす。
他人のックスに興味があるっいうより調、欲求不満だったとが正直なとです
といのも、子供きての夫は淡泊にってしまい、え忙しとかでほどかまってません。
私はまだ32歳で、くっわけゃないんですが、やっぱり寂しすます
かといて、浮気するどの勇気もなので、HなHて気を紛らです


んなある日、行く掲示板で変込みけました。
不倫しいると容な、その人の相手は飼いる犬だいう
簡単に言えば、私のようにをもてあまいて、悪戯から犬関係を持ってまったという内でした
おまけに、犬とのスは想像以上の気持ちられるので浮気相手だのです


投稿を読尿あと、の事をくなりした
というのも、自が中生だったと、犬舐めさせた事があったかです
頃は興味だけは人一て、セックスの西時に男の人にアソコを舐めてらうというのを雑で読み、どんなにうと想像を膨らませてい
、実にするなんできませんから、そ頃飼た犬にアコを舐させてみです
誰も時を狙ってしんですが、く恥ずしかたことと持ちて声を出してしまったことは覚えていました


濯やを終えて食をべたあと、ョッシュをれて散歩
を手にいつの道を歩きなら、HPで読んだ体験談が頭の中をよぎりす。
きるはず無いって思いながらも、何とな気になって視線がアソコに向いてします。
私は意識しないうに前向いて、変な気分のまま散歩に切りました。


「・・・・
座ってジュの脚ながら、間のあたりをしてみまた。
でもみたいにペニスが見える、タマタマだがブラブラしいます。


「ジシュ、ほら・・
ちょっした好奇心スカー退くし上げて足を広げてみした。
人間手に発情するはずないと思たの、ちょっずかしいとは思いがらも軽い悪
そしたらュは股に鼻面を近づけてきてアソコの匂いクンクン嗅ぎ始めたんです。


!!!」ッと思って足を閉じよる間もく、そのまま前進してきたジッシュに押されて西けになってしまいました。
足のにジョがいるのでどうするもできず、私は気してるだす。


「う、うそっ・・」身体を押さえつける尿がら、いきりジッシュが腰を振り始めまし
いつのかペニスが大きなっていて、ショの布越しにアソコにも当たってきます。


「だめぇっ!!」
切って大きな声ると、ジョッシュは驚いた調顔をきました。
が急いで綿ると、ジョッュはペニスを突きだしたままこちをジと見ています。


・・めて見たジッシのペニスに、私の目は釘けになってしまいました。
それ充血したようにで、亀頭尿部分がて尖た棒み
まけ夫のノよは太く、も20センチくらいはあうで


「ホントに・、気ちいいの・・・」
示板でんだ内容を思い出して、身体がッとくな心臓の鼓が一気になりま
形が少しっているとはいえ、なにしいペニスを見のは初めてす。
とするなんてと思がらも頭の中がルグルと回て目の前がボッとなっていきま
度だけと思っ私はシを脱ぎ捨てび仰向けに足を大き広げました


「あぁっ、や〜〜・・
ョッュはすぐにのかかってきて、さっきように腰を激しくてきした
ペニスが股間のあちちにぶつ、私は興奮してどんどまっきま
といいて、こうってしまうと止めことできせん
私は, たまらなく寿ッシスに手を濡れま口にてしまいました。


あはあぁっ!!!!
ジョッシュの太い口を押し広げ、そのまま膣まで一気にし入ってきま
しぶの快感を忘、相手が犬だというのに愉悦の声が出しま


あふぅっ、すご・」
ョッシュ小刻みに立て、すごい勢いスをし入れしてきまた。
でも、私が初め手ということもあって、すに抜けてまうん
その度に自分の膣、抜けないよにジョッシュの引っ張っ使ていました


「ひっ・いっ!!!
ョッシ、夫とのックスでは絶対に味わない荒々てきます。
結合部からはグチグチュとイヤらし音までこえ簿も背筋を電流抜けきま
感じすぎてあられもな上げ、持ち上げた格好でに何かれした


「くはぁっはぁ・はぁ・・・
を持ち上げていのがくな体を落とすッシュのペニスがらズルッと抜きまた。
び目にしたペニスは血管が浮き出太くなたように見、その先端から水のような精液をッピッと噴き出します。


はそれを見て何ともないショクを受け、いきなり現実に引されてしまました
いえ犬のペを受け入れ、そのうに射しまたんです。
ペニスをけ入れれば精されるのは当たり前の事でが、私は逞しいを挿れてもらうだけを考えて、最後にうなる事はく気していなかっんで


「やだ!!」私ルームに飛び込み、シャワ何度もアソコを洗た。
まさか妊娠なんと思いなが確信が無くてい気持ちになっていきま
ルームをた私そのまま部に飛込み、急でパコンのイッを入れてネットで検索を始めました。


「ああった・・・あるで詳しい説を見、私一句間違えないようにを皿ようしてみま
トには沢山の愛好者書きり、セッスの方法意点までが事かに書かれています
「そなんだ・、よった・・」
妊娠の心配はまったくない事が分かり、私はッと胸をなで下ろしまた。
れに、いろいろな人の書き込みを読んでみると、犬とセックスしている女性がそれなりにいるみたいです


は置きりにしたジョッシュに済まないがしていで部屋ら出て階段駆け下りていきました
ビンで寝そべっていたジョッシ気付き、クッと起きあがって私の方にけ寄てきました。
ペニはすでに小なって、赤い先端が少えるけです。
ジョッシに抱きついて、体をでながらさりました


「ジョッ一回しようか・・
く恥ずかしかったんが、私はそう言ってバスタオルをした
妊娠しなという安心感か、再び身体が疼いて欲しくなていんです。
れに、もう一度あいペニスってくると思うと、そけでの潤が増しています。
は自分でアを弄って充分に濡ら用意ができたころでソファに浅く腰掛けました


「い寿いよ、挿れて・・
秘部尿せつけるようにを思い切りて、震える声でッシュを呼びました
からを誘ってると調思うしくて身が止りません。


・・・」
さっきじようにアコのを嗅あとシュが身体姿の上にさってきした。
の前シュ顔が迫り、股間にしいペニがぶつってきます


「あふうぅーーっ!!!
激しく揺れるペニスをと導くと、ぐにジョシュモノ膣内が満ました
ジョッシュはすごいで腰を振り立て、ンガン責め立ててきます


っ・・、すっ・・すごいぃっ・・・」
突き調るたびにペニス先端が膣奥にり、くてしいペニスでどんどんとかしくなてしまいまし
ソコは洪水のようにビショビ湿ショにり、ピストンに合わせるように膣を繰返します。


「あんっ!!寿
あまりの激しさにペスが抜け出し、私は慌てて腰を押しつてジョッシュのノを膣内し込みました姿
の時が永に続けばいいと思うほどにョッシュニスはすごい快感を与続けてくれす。
をくらせてョッシュのペニスをながら、犬としているでさらにていきま


「ふあぁっ、で・・てるぅ〜〜っ!!」
膣奥熱いりを感じ姿と同時に自然に腰がグッと持ち上がり
これ女の能な、精液を深いころで受け止めしているみたい
シュいつのかピストンを止腰をグッと押しつけながらと精液を吐き


「はうぅぅ・いいぃ・・・っ
妊娠しな安心感らか、久ぶりの中出しに腰の震えが止まりません
犬の精液はに温くてそれが膣内たしくのが分かるん


シュ、まだしてる
ったというのに、ジペニスは硬くてきいました。
れに、相変わらず射精続いてい便、膣内で元気ビクッビねています。
寿のうちッシュにと思ってジていたですが、犬と繋がってる自分がだんだん浅しく思えてき
ゴメンながらペスを引き抜いてまいた。



半身を起こしたのジョッ精液がドプッ綿逆流してた。
思っより多量の精液アソ溢れ、床の上にビチャッと落ちて広がていきま


「・・・」
じてんなにしてくれたんだと思いな、垂れ落精液見てしまうとやり複雑な気持ちでし
夫が沿かまってくれないとはいえに負けてックスしてったです。
おまに、度目イタズラでし言い訳できますが、二度目は自分からお願いしてしまっ宿す。
たし気持ちくて感じてまいましが、終ったあとは少し惨めになりました。



あの日を境に、るジョッシュのてしまいました
妙になくなったというか、体をすり寄せてきたり飛びかかるような仕草ようです
すぐに、また体を求るんだって分かり
一度しまっはいえ、そんなに簡単に割り切ることはできません
シュんな態を取るに、適当にしらいながらに逃げ込んでいま


ことが日くらい続いたあ湿ペニを大きせたジョッシ綿に飛ついてきまた。
羽詰まった様子でを抱きかかるようにして、辛抱でないというように何度腰を振って
にジョッシュが可哀想になっのと夫や子供の前でこれをれたらマ思い私は仕方なく相手をしてあげることにしたです


「ちょっ・。ジョッシュ、待ってっ!!
服を脱いる途中だといのに、真っ赤なペニブルンルンと揺ジョッシュいてきまし
当に調慢できないう感じで、つきまで変わてしたように思えます
でも、濡れいないにあんなに太いペニスを挿れられるずがありま
私はどうしようか考えたあと、掲示板に書いてあったとを思いッチンに走ていきした。


ジョッュ、舐め
乳を手にて股間に塗り、ソけになっ足を開した
掲示ったシュはソコをベロとめ回しきます。


「あんっ、あぁっ・・
ルとした舌で舐められ、私はに感てしました
のような繊細さはないもの、熱い大き舌がダイナミに動き回ってます。


「んあっ婿っ、いいっ!!」
ジョッシュが舐めるのを止めるたびに、私はすぐに牛乳を塗って何度も舐てもらいした
きい舌がアソコにビチャッとあた、秘唇を割っの方で舐げてれるです
そんな事をり返してい、私はジッシュのペニ調スがくてたまらなくなてしまいました


い、挿れ
脚を持ってき寄せる、飛びかか婿にして身体の上てきました
ジョッシュはしく、大ったが股痛いほどぶつかってき


うぅーーーーっ!!!」
手を添えて逞いペスを入りと導と、一気に奥ズブッと入り込んできした
間、腰跳ね上がっまいソコからすごが広がっます。
の前と同うにすごい勢い腰をれ、私はたきな声を上げていました。


「いい、ジョ尿シュ、すごいぃーーーっ!」
まりの持ちよさに腰がビリビリと震え、アソコからはどんどん愛液が溢出していきま
ジョッシ荒々しさが私に伝わり、私は完全に牝犬になってしまった
かしい思いながらも快感に負け、身体を震て何度もりつてしいまし使


「あっ…、ああぁっ!!
膣内でジョッシュスがグッと膨れ、そのままムクと大きいき
ョッシュはわらず腰を振ているんですが、ペニスは私の膣内に嵌んだままなす。


「な、なに!?
おかいと思っ時にはすで遅く、ジは完に繋がっていました。
は焦ってペを抜こうとしたんでが、膣口に引っかかうすることもできません。


「うぅ・・、やぁ・・・・」
裏を抱えてッとしたまま、この前けたサいてたこを思い出しした
こには、コブが大くなて抜けなくなと書いてあったん
でも、コブまで挿れ簿は難しい書いてり、まだ2回自分にんな起こるは思いもしなかったんで
どのくらいくんだろうとはどうするこジョッ結合した。


・・、いい・ぃ・・」
連続て獣精子を送り込まれているうに、アソコがって再び気持ちよくってきまた。
ストンれてる時とはまるで違い、心地よったりとした気持ちす。
今さ抗してもどうにも思い、私は全身の力を抜いてジョッシュを受け止めてあげました


「やだ・・かし・・・」
むっていた目をと開たとき、赤い舌をダランと垂たジョッシュの顔が目できました
ュは口を大きく開けてハァハを荒私の膣内でペニスをピクンピクンとわせています
の瞬、犬の精を受止めいるク恥ずかなっを背けて再びをつむりました。


「ふあっ・・」
くらい射精を続たあと、ジョッシようやくペニスを引き抜くれ
はフーッと息をき出し、全身から力いてままの格リしたんで
した、後戯をするみいにジョがアソコを舐め始めたん
夫以上優しにすご感動て、ジョッシュのことがとても愛しまし


ジョッシュが離れていったあと、私も後末をするたがりました。
そしたら、ス量のドプ溢れたんです。
貿とを思い出した時に床の上に白い液体がっきます。
の掃除は後回しにして、私は手で間を押さえてバスムに駆みまた。


ごい・・、こんに・・・」
に入って手をョッシュの精液が再びダラと垂れ落ちてきました。
奥の奥まで入ってしま、いつまでも糸て垂れてきます
と、精子が子宮にまってったの思い、シャワ膣内いながら私は雑な気持ちでした
の胎内の精子が入っていると思うと、何かの間違いで妊娠てしまうような気さえ沿てきます。
なるく考ないようにして宿ーをく出してアソコを何度も洗いました。

 

 

関連記事

 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:, 獣姦, 女性視点,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:, 獣姦, 女性視点,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20080505143237