2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

愛犬との2度の秘密の交尾




つものよう子供と主人を送りあと、食の片付け終えてパソコンの前に座りま

メールをチェックしたすが、日も仕事の依は来てせん

子供がで在宅でできる婿事をと思い、P作成の下請けみたいなこといます

景気がかった頃は そしかったが、今ではに1回仕姿がまわっるかどうかという感じで


しかたなくにネを始めまし

パタだいたい決まっていて、求職情報や趣味のHPに行ったと、最後はHな告掲示にいんです

他人のセックスに興があっていうよりも、求不満といが正直なです


いう、子供がからの夫泊になってしまのうえ忙しいとかで ほとかまっくれん。

はまだ3歳で身体が疼くっていんでが、寂しすぎます。

といて、浮気の勇気もな、HHPを気を紛らわせていたんで



そんな日、いつ行く掲示で変わったを見つけまた。

倫してると内容ですがそのってる犬だというのです。

簡単簿えばのように暇をあましてい、悪戯からを持ってまったという内容でし

おまけに、犬とのセックス想像以上の気持ち良さ綿こといので最の浮気相手というのです


稿み終えたあと、昔のを思い出顔が赤くなりました。

というのも、自分が中学生だった退き、犬にアソコ舐めさせ宿があっからです。

あの頃は興味けは人一、セックスの時に男の人にアソコ舐めてもらうという雑誌で読んなに気だろうと膨らませした

でも、実際んてでせんから、その頃飼ってい犬にアソを舐宿てみたんです。

もいな時を狙ってしが、すごく恥かったこ気持ちよくて声を出してしったとは覚ました。


洗濯や掃終えて食を食べたと、私はジ姿ョッシュを連れて散歩に行きした

リードつもの道を歩きなら、HPで読んだ体験談の中よぎりす。

るはず無いって思いながらとなくってアソコに向いてしまうんで

は意しないように前を向調いて、変な気分のまま散歩を早切りげまし


・・・」

玄関に座ってジョッシュの脚をがら、股間のあたりをジッと観察してみまし

間みいにペが見えるわでもく、タマタマだけがラしいます。

「ジョッシュ、ほら・・・」

とし好奇心から、スカをたて足湿た。

間相沿するはずないと思っていたの、ちっと恥ずかしいは思いも軽ってじです




したら、ジョッシュは間に鼻面を近づけてて、アソコの匂いをンク始めたんす。


やだっ!!!」アッと思って足を閉じようとすもなく、そのまま前進したジョッシ押されて仰向けになっいました。

の間にジョッシュがいるので どするできず転してオロだけです

、うそっ・私の身体を押さえるよにしがら、なりジョ寿シュが腰振り始めました

いつの間にかペニスが大きくなっていて、ショ退ツの地越しにアソに何度も当たってきます。

だめぇっ!!!」

い切って大を上げと、ョッシュは驚いたような顔をして離宿いきました。

が急いで、ジョッシュはペニを突きだこちらをジッと見ています


・・

初めて見ペニス、私は釘付けになてしいました

それ充血したように真っ赤なで、亀頭分が無くて尖ったいなです

に、モノよりも一回り太く、長さも0センチくらいはそうす。


「ホに・、気持ちい

示板で読んだ内容をい出して、身体がカ熱くて心臓動が一気にした。

簿が少し変わっているとえ、んなに逞を見たのは初めてです。

犬とするなんてとながらも、頭がグルグと回って前がボーッとなってきます。

一度けならと思っショー捨て、再び仰向けにってした。

ぁっやぁ〜〜・」

ョッシュはぐにのしかかってきて、便に腰を激ってきした。

ペニあちかり、私はしてどんどん高まていきます。

相手が犬だということはかっいても、こうなってしまうと止ることができせん

, たらなくなっ ジョッシペニス添え、濡くった口に導いてしまました。


はあっっっ!!!!!

ジョュの太いが膣を押し広げ、そのま奥まで一気に押し入ってきました

しぶりの快感に私は我を忘れ、相手が犬だとうのに声が出てしまます。


あふっ、すごぃ・・・

ョッは小刻腰を振ごい勢いでペニスを出し入れしてきま

、私が初ての相手うことってぐに抜けてしまうんです。

その度に自分のに導き、抜けないよにジョッシュの体引っ張っていました。

ひあ・いいっ!!!

は、夫とックスでは絶に味わい荒々しいてす。

合部からグチュグチュとらしい音まで聞こえ、何度もが走りいきす。

私は感て あられもない声を上げ、腰を持上げた格好でジョッシュに何度射し貫かれていました。

「くはぁっ・・、はぁ・・はぁ・・」

腰をち上ているのが辛くなっ身体を落とすジョッシュのニスがからズ抜けていきました。

再び目にたペニスは血管浮き出さらに太くな見えその先端から水のような精をピュッピュッと噴しています


私は それを見て何とも言えないショックを受け、なり実に引き戻た。

とは犬のペニス受けれ、え膣内に射精さまったんで

ペニスをけ入れれば射精されるの当た前の事ですは逞しいペニスを挿てもう事だを考えてて、最後にこうる事はまったくにしったです。


「やっ!!

私はててスルームに飛び込み、シャワーで度もア洗いまし

まさか妊娠なんてと思ながらも、確信が無くて暗い気持ちなっていす。

スルームを出部屋に飛び込みパソコンスイッチを入れてネで検索を始めました

た・・・」

サイで詳しい説を見つ、私は一字一間違ないうに目を皿のにして読みした。

のサイトに愛好者の書き込みがスの方法から注意点までが事かに書かれます。

うなんだ・・、かっ・・・」

の心配はまったない分かり、私はホッと胸をなで下ろしました

それろいろな人のき込みを読ん、犬とセックしている女性が それにいです


は置き去りにジョシュに済まい気がして、いでから出て階段駆け下りていきした。

寝そべっていジョシュに気付、ムッと起きあって私の方に駆け寄た。

ペニスでに小さくなっていて、赤い先端し見えるだけです

ッシュの首に抱きついて体を撫でながらさっき事を謝りまし

ジョュ、う一回しよう・・・寿

すごく恥しかったですが、はそう言ってバスをとりました。

娠しないと安心感か、再び身体が疼いしくていたんです。

う一度あてくるとうとだけでアソいがしていきま


自分ソコを弄っ分に、用意きた宿ァに浅く掛けました。

よ、挿れて・・」



秘部を見けるように足を思い切り広げて、震える声でョッを呼びました

自分ら犬を誘ってい思うと恥ずかしくて身体ません。

んっ・・」

っきと同じよにア匂いを嗅いだあと西ジョッシュが身体の上さってきまた。

の前ョッシュの顔が迫、股間には逞いペニスがきます。

あふうーーーっ!!

激しく揺れるペニスを入導くとにジッシュので膣内が満たされまし

ジョッシュい勢腰をり立て、私をガンと責めててきます

・・、っ・・、すごいぃっ・・・」

一突きされたびにペスの先端が膣に当たり、太て逞ペニでどんどんと おかしくなしまいした

洪水のようョビなり、ピストンに合わせるよ口が収縮返しす。

「あっ!

あまりしさが抜けし、私は慌てて腰を押しつけてジョッュのモノを膣内に押し込みした

この時が永に続けばいいと思うッシュのペニスはすごい快感を与え続けてくれま

腰をくねらせてのペニスりな綿犬としている背感でさらに高ってした。

「ふあぁっ、で・出てるぅ〜っ!!!

に熱い迸りを感じると同時、自然に腰がと持ちりまた。

女の本能なのか、精液を深いところ受け止めよとしみたです

ョッ いつのにかピストンを止腰をグと押けながらドクドクとき出してきます。

「はぅぅ・、いいぃ・!!

妊娠しない安心感からか、久しぶり中出し退に腰の震えが止まりません

の精液は本当に温かくて、それが膣内をしていす。


「ジョッシュ、まだしてるの・・」

たというのに、ジョッシニス便は硬くて大きいままでした

それに、相わら射精続い元気よくビクッビクッす。

最初のうちはジッシに悪してたんですが、犬と繋がってる自分がだんだしく思えてきて、私はゴって言らペニスを引き抜いいました。

「あごい・・・」

上半身を起こしたのと同ュの液がドプッ逆流していした。

たより多量の精から溢れ、床の上にチャッ落ちて広がってます

「・

私に感じ こんなに射精してくれたんだと思いながら垂れ落ちる精液を見てしうと やっぱり複雑な気持ちした

かまっれないと、性欲に負けて犬とックスしてしまったす。

おまけに、一度目はイタズラでしたと言い訳ですが、二度目は自分からお願いしまったです。

しかに気ちよくて感じてしまいましたが、終わたあは少りました。



の日境に、私にするジョュの態わっまいました。

妙になれなしくなたと、体を寄せてきたり飛びかうな仕草をするようにんです。

私はすぐ、また求めてるんだかりまし

でも、度してしまっはいえ、そんな簡単に割りとはできませ

ジョッシュが態度を取るた私は適当にしらいながら部屋に逃げ込んでしまいました。


ことが2日くらい続いたあスを大きくさせジョッシュが私に飛びつてきました

まった様子できかるよ、辛抱きないうように何度も腰を振ってきます

さすがョッシュが可哀想たの前でこれをさたらと思い、私仕方なく相手をしてげるとにしたです。

「ちょっと・・。ジュ、!」

服を脱でいる途中うの真っ赤なペニスをブルンブルンと揺らてジが飛びついきまた。

本当に我慢できないとい、目きま変わってしまったように思

でも、れてのにんないペスを挿れられるはずがありませ

私はどうか考えあと、示板にてあっとを思てキッチンいきした

ジョシュめて

って股間に塗り、ァに仰向けになて足きました

書いてあったとおりシュソコをベロと舐してきます。

「あん、あ・・・」

ヌルとした舌で舐めら私は簡単に感じてしました。

夫のような繊細さはなの、熱い大き舌がダイナミックに動きています。

、いっ、いっ!!

ョッュが舐のを止るたびに、私はす牛乳を塗って何度も舐めてもらいまし

大きい舌がコにチャッと唇を割っまで舐めです

そんな事退を繰りしていうちに、私はジョッシュのペニ欲しくてたまらなくなっしまいま


「い挿れ・・・」

脚を引き寄るとびかかるようにして身体の上てきました。

ッシュは激しく腰を振り立、大きくなったペニ股間に痛いほぶつかってきす。

ぅーーーーっ!!!!

手を添えて逞しいペニ入りへとと、気に奥までズブり込でき



>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:獣姦, 女性視点, 性癖・プレイ,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様