2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

愛犬との2度の秘密の交尾






ものうにと主人をり出たあと、朝付けをてパソコンの前に座
メールをチェックしたんですが、今日も事の依は来ていません。
子供がでたので在宅きる仕事をと思い、私はHP作成の下請けみなことをしていす。
景気が良かったそれなりに忙ですがでは月に1回ってくるという感じです


かたなく、は暇つぶしにネの巡を始めした。
パターンはだいたい決まってい求職情報や趣味Pに行っ最後はH白の掲示板にい
のセスに興味があっていうよりも、欲求不満だっのがとこす。
いうのも、子供がからの夫は淡になってしまいうえ忙しいかで西んどかまってくせん
まだ2歳で、身体が疼くじゃないんで、やっぱりしすす。
かといっ調るほの勇気もないの、HなHPを見て気を紛らわせていです。


んなある日つも行く掲示板で変わった書きみを見した
していると内容なんですがその人の相手は飼っていのです。
単に言え、私のように暇をもてあて、悪戯から犬と係を持っしまったという内容でした。
おまに、犬とのセクスは想上ので、るこない最高浮気相手だというです。


稿を読み終えと、昔の事を思い出して顔ました。
も、自分が中学生だったとき、犬アソコを舐めさ事があったからです。
あの頃は興味だけは人一倍あセックス時に人にアソコ舐めてうといのを雑で読、どんなに気持いいだろうと想像を膨らませいまし
も、するなんてから飼っていた犬湿にアソコせて
家に誰もい狙ってしたですが、すごく恥ずかかったことと、持ちよくて声を出してまったことは覚えてました


掃除を終て昼食を食べたと、ジョッシュを連れて散歩にきました
リーの道を歩きながら、HPで読体験の中をよぎます
はずて思いながらも、何となく気なっ線がアソに向いてしまうんです。
は意よう変なまま散歩を早めに切りげました。


・・
関に座ってジョッシュのを拭ながら宿間のたりをッとてみました。
でも、間みたにペニスが見えわけなく、タだけがブラブラしていす。


ジョッシュ、ほら・・・」
ちょとした好奇心ら、カーし上げて足を広げてみまた。
人間に発するはずなと思ってので、ちょっ恥ずかしいとは思いがら軽いじです。
そしたらジョッシュはに鼻面を近づけてきて、アソコの匂いをクン嗅ぎ始めたんで


だっ!!!」アッ思ってうとする間もなく、そのまま前してきたジョッに押さ仰向になってしまいました。
足の間にジョッシュるのでどうする事もできず、私は気が転してオロオロするだけです


」私押さえつけるようしな、いきなジョッシュ腰をた。
いつの間にかペニスが大きくなっョーツの布地越しにアソコに何度も当たってきます。


めぇっ
い切って大きなげるジョッシュは驚いたようなをして離れきました。
私が急いで起きあがるジョはペ突きだままこッと見ます


初めて見たジョッシュの目は釘綿ってしまいました
充血したうに真色で、亀頭くて尖った棒み婿形です
まけ夫のモノより回り長さも20ンチりそうで


「ホントに・持ちいいの・」
掲示板で読んだを思い出して、身体がカーッと熱くなって心臓の気に激なりました。
が少しわっているとはいえ、逞しいニスを見たのは初めてです。
犬とするてとながらも、頭の中がグルグルと回って目の前がーッとなってきます
一度だけならと思っ私はショーツを脱ぎ捨て再び仰向けて足を大きした。


「あぁっ、やぁ〜・・
ジョシュはすぐにのしかってきて、さっきと同じに腰を激く振ってきました。
ペニ股間のあこちには興奮してどんどん高きます。
相手が犬いうことはかってても、こうなってしまめることができません。
私は, たまらなくな ジョッ殿ュのペニスに手を添え、濡れまくった入り口に導てしまいした


「ああぁっっっ!!!
ジョシュの太ペニスが口を押広げ、そのまま膣奥まで気に入ってきました。
久しぶり私は我を忘れ、相のに愉悦の出てしまます。


あふぅっすごいぃ
ュは小みに振り立て、すごい勢いでペニスを出し入れしてきた。
でも、私がめての相いうことぐに抜けてしまうです
の膣導き抜けないようにジョッシュの体を引っ張ってまし


ひあっ、いっいいっ!!!」
ジョッシュ、夫とセックス絶対に味わえない荒しさで突きます。
結合部からはグチグチュとイヤらしい音まで聞こえ、何も背筋を電流がり抜けていきま
私は感じすぎてあもない声を上げ、上げたでジシュに何度も射し貫かていまし


「くはぁ、ははぁ・・」
を持ち上ているのが辛身体を落とすと、ジョッシュのペニが膣内からズルと抜けていき
目にしたペニス血管がさら太くなっうに見え、そ端か水のような精液ュッピュと噴き出ます。


れを何とョックをけ、いきなり現引きされしまいまし尿
勢いとはいえペニスを受け入のうえ膣内に射しまです。
ペニス受け入れば射されは当たり前事です私は逞しいペニス挿れてう事だけを考え、最こうな事はまたくにしいなたんです。


「やだっ!!」私は慌ててバスルーに飛び込みーで何度もアソ洗いました
さか妊娠なんいながも、確信が無くて暗気持ちになっいきます
た私はそのまま部屋に飛込みでパソコンスイットで索をました。


、あった・・・」とあるサイトでしい解説を見つけ、私は一句間違ないようしてした。
トには宿沢山の好者の書き込あり、殿ックスの方ら注意でが事細かにています
そうだ・・、よかった・・
妊娠の心使配はい事がり、私はホッと胸をな下ろた。
それに、いろいの書き込みを読んでみる、犬とセックスしている性がそれなりにいるみたいです。


私はき去ョッシュまない気がして、急いでからて階段を駆け下いきまし
リビグで寝そべっていたョッシュは足音貿き、ムクッと起あがって私け寄ってきま
スはす小さくってい、赤い先端が少し見えるだけです。
私はッシュの抱きいて、体を撫でながらさっきの事をりました


ッシュ、もう回しよう・・
ごく恥ずかしたんですが、私はそう言っバスタオルをとりました。
妊娠しないというからか、再び身体が疼いて欲しくなっす。
う一度いペニスが入ってくると思うと、けでアコの潤いが増していきす。
私は自分でアソコを充分らし、用意ができたとこに浅


「いいよ、て・・・」
部をせつうに足を切り広える声でジョッシを呼ました。
自分から犬を誘と思うと、ずかしくてが止まりま


「んっ
さっと同じようにアソコのいをだあ、ジシュ体の上に覆いさってきました
はジョッシュの顔が迫り、股は逞しいペニスぶつかってきます。


「あふううぅっ!!」
激しくれるペニスをり口と導くと、すぐにジョッシュのモノで膣内が満たれました。
ッシはすい勢いで振り立て、私ンガンとめ立ててきます


「うあっ・・、すいいぃっ・・・
突きるたペニスの先端が膣奥当たり、太くスでんどおかしく綿しまいた。
アソコは洪水うに沿ョになり、ピストンに合るよに膣口が収繰り返しす。



あまの激しさにペニけ出し、私はててを押つけてジノを膣内に押みまた。
この時が永遠いとうほどに、ジョュのペニスはすご与え続けてれま
腰をくねらせッシュペニスを貪りな、犬ている徳感でさらに高まっていきした


「ふあっ、で・・出てるぅ〜〜っ!!!
に熱尿い迸りると同時に、自然に腰がッと持ち上りまし
これが女の本能なのか、精液を深いとこで受け止めうといるみたいで
ジョュもい間にかピトン止めグイッと押しつけながらドクドク調と精液吐きしてす。


「はぅ・・いいぃ・・・っ!!
妊娠しな安心感から久しぶりの中出腰の震えが止まりません。
の精液は本当に温かく、それがを満たしていくのかるんです


「ジして・」
くらたというの、ジョッのペニスは硬くていまた。
それに、相変わらず射精続いていて、内で元よくビクックッ跳ねてい
うちッシュ悪いと思ってジしていたんです、犬と繋がってがだんだん浅しく思えてきて
私はゴンっ言いながらペニいてした。


すごい・・・」
身を起こしたのと同時にョッュの精液ッといきまし
思っいたよりも多量の精がアソコから溢れ、床の上にビチャと落ちて広がっす。


「・・・
私に感じてこん姿なに射精てくれたと思いれ落る精液を見てしうとやっぱり複雑な気ちでした。
がかまてくいと、性欲に負けて犬とスしてしったんす。
けに、一度はイタでしたと言い訳できますが、二度目は自分からお願してしまっです
かに気持よくて感じてしまが、終たあとは少し惨めにた。



あの日を境に、私に対ョッュの度がわってしました。
妙にれなしくというか体をすり寄せてきた飛びかかるような仕草をすになったです
に、た体を求だってした。
、一度てしまっはいえなに割り切ことできまん。
ジョな態を取るたに、適当にしらいがら部屋に逃げんでしました。


んなことが2日くらい続いたあと、ペニスを沿きくさせたジョシュが私に飛びついきまし
詰まった様足を抱きかえる抱できないうように何度も腰振ってきます。
さすがにジシュが可哀想になったの夫や子供の前でこれをされたらマと思い、私はく相手をてあげことたんです。


「ちっと・・。ジョッシ待ってっ!!」
服を脱でいる途中だというに、真っ赤なペニスをブルンブルンと揺らしョッが飛びついてきまし
我慢できとい目つまで変わってしまっうに思えす。
でも、濡ていないのにあに太いペスを挿れられるはずがありません。
私はしよ考えたあと、示板に書いあったことを思い出しッチンにていきました。


「ジョシュ、舐めて・・」
乳を手にとって股間に塗り、ソフに仰向けになって足を開き
示板に書いてあおり、ジョッシュはアソコベロと舐してきます


「ああぁっ・・・
いヌルヌルとした舌で舐め私は簡単にてしいまた。
夫のよな繊細はないも、熱い大な舌がダイナミック簿動きいます。


あっ、いっ、いいっ!!」
ョッシュのを止める私はすぐに牛乳を塗って何度も舐た。
大き舌がアソコにビチッとあたり、秘唇を割って奥の方まで舐め上げてくれるんす。
そんな事を繰りるうちに、私ョッシュニスが欲しくらなくしまいした


、挿れて・・・」
前脚を持っ、飛びるよて身体のした
ョッシュは激しく振り立て、大きくったペニスが股に痛いほどぶつかってす。


「んうぅーーーっ!!!!
手を添えて逞しいスを入りへと導くと、に奥ズブッと入り込できた。
の瞬間、ビクン上がってしまいからごい快感広がってい
の前と同じようにごいいで腰を動かさ、私はたまらずにな声を上げていました。


「いっ、ジョッシュ、すごいぃーーー!!
あまりの気持ちよさに腰がビと震えソコからはどどん液が溢ています
ョッシュの荒々さが私に伝わり、私完全に牝犬になってしまです
ずかしいいながらも快感負け、身体わせ何度も登りつめまいした。


…、あぁっ!!
私の膣内ョッシュのペニッと膨れ尿ままムクと大きくなっていきました。
ョッュは変わらを振っているですが、ペニスは私の膣内に嵌り込んままなんで


な、なに!?」
おかには遅く、ジュとは完全に繋がっていま
焦ってスをうとしたんですが引っかかってどうするこできません


うぅいやぁ・・・・」
裏を抱えてジッとしたま、この前つけたサイトに書あったことを思出しした。
そこは、コが大なって抜けなくなると書いてたんで
でも、挿れるは難しだ2回の自分にんなことがるとは思もしなかったです。
これくらい続くんだろう不安思いながら、私はどることもできずにジョッシュとていま綿した


あ・・・、いい・・・ぃ・・」
連続して獣精子を送込まれいるうちに、アソコが熱を持っ再び気持なってきました
湿れているはま違い、心地よいゆたりとした気ちよさです
ら抵抗してもどうもならないと思全身の力を抜いてジシュの精液を受け止てあげました。


「やだ・・、ずかしぃ・・・」
むった目をふと開けたき、赤い舌をダラと垂したジョッシ尿顔がに飛込んできました
ュは口を大きく開てハァハと息を荒げ私の膣ニスをピピクと震わせています
の瞬間、の精子受け貿止めている自分がスゴク恥かしくなって、てて顔をけて目をつました


「ふあっ・」
5分くらい射精を続けたあと、ジョッシュうやくペニスを引き抜いてくまし
はフーッと息を身か力を抜そのグッタリしてい沿です
そしたら、後戯するみたいにジョッシュソコめ始めたんで
の優すごく感動て、ジョッのことがても愛しく感れました。


ッシュが離れていった、私後始末をするために起きあがり
したスゴイ量の精液ドプ出したんで
前回のことを思出し時にはすでに遅くの上い液体が広がっます
床の除は後回て、私は手で股間を押さえてバスームに駆け込み


ごい・こんな・・」
スルムに入っ放すと、シュの精液が再びダダラと垂ちてき
奥の奥まで入ってしまったらしく、いつまで稿糸をて垂れてきま
きっ、犬子が子で入ってしったのだと思い、シャ内をいながら私は複雑な気持ちでした
私の胎内に犬の子が入っているとうと、何かの違いまうような気えしてきます。
私はなるべくえないようして、ャワ勢いよくしてアソ度も洗いました。

 

 

関連記事

 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:, 獣姦, 女性視点,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:, 獣姦, 女性視点,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20080505143237