2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

愛犬との2度の秘密の交尾






ように子供と主人をしたあと、食の片付けを終えてパソコンの前に座ました
ールをチェクしたんですも仕事の依頼はいまん。
ができた在宅ででき事をと思い、私HP作下請けいなことをしていま
かっ頃はそれなりかったんですが、綿では月1回仕事がまわてくかという感じです


しかたな、私は暇つぶットの巡を始めました
パターンだいたい決ってて、情報や趣味のに行たあと最後白の板にくんです。
人のセッスに興味るっていうよりも、欲求だっいうろで
といのも、子の夫はってしそのうえ忙しいとかんどかまってくれません
私はまだ32、身体が疼くってわけじゃないんですやっぱり寂しす。
かといて、浮気するほどの勇気もなので、HなPをて気紛らせていたです。


そんなあいつ行く板で変わった書き込みをつけした。
ている容なんですが、の人の相手は飼ている犬といのです。
えばのよ暇をも殿ていて、悪戯から犬と関係を持てしまったという
おまけに犬とのセックスは想像以上の気良さ、喋らることもない最高の浮気相手だというのです。


投稿を読みえたあと、事を思い出して赤くなりま
うのも自分中学生だったときにアソコ めさせた事あっからで
頃は興味だけは人倍あって、クスの時の人にアソてもらうというのを雑誌で読み、どんなに気持と想像らませていました。
際にるなんてできま使せん、そ頃飼って犬にアソてみたんです。
誰もいない時狙ってしたんです、すごく恥ずかかったこと、気ちよくて声出してしまっは覚えていました


除をえて昼食を食あと、私はジョッシュを連れに行きした。
リードを手にいつもの道を歩きなHP読んだ体験談が頭の中をよぎます。
できはず無いっ思いなが何となく気になって視線アソコに向いてしまうんです。
私は意識しないように前を向い貿て、分のまま散歩を早めに切した


「・・・・」
座ってジョッシ拭きながら、あたりジッと観察した。
でも、人間みいにえるけでもなく、タマタマだブララしていま


ジョュ、ほら・・・」
ょっとた好奇心から、ストをたくし上げを広げてみました。
間相手に発情すはずない思っていたで、っと恥ずしいは思いな軽い戯って感じです。
たら、ジョッシュ間に鼻面を近づけてて、ソコの匂いをクンク嗅ぎ始めす。


「やだっ!!!」ッとて足閉じようとするく、そのま前ョッに押けになってしまいまし
間にッシュがるのでどうる事もでき気が動転してオロオロするだけです


「ううそ・・私の身押さえにしなが、いきなりョッシュが腰を振り始めました
の間にかペニが大きくなって、ショーツ地越しにアコに度も当たってきす。


だめぇっ!!
って大きな声を上げると、ジは驚いたような顔離れていきまた。
が急いで起きあシュはペニスを突きだしたまこちをジと見ています


「あ・」初めて見たジョッシュのペニスに、私の目は釘付になってしまいた。沿
血しに真っ亀頭の分が無くて棒みたいです。
おま夫のモノ一回りはく、長さも0センチくらいはりそうです


ホン・・持ちいい
示板で読んだ内い出して、身体がカッと熱くなって動が一気にくなりました
形が少し変わっているとはいえ、あんしいペニスを見たのは初です。
とすなんてと思いなも、頭の中がグルグルとて目の前がとなっています。
一度だけらと思って私はショーツを脱捨て、再び向けになっ足を大きく広げました。


「あぁっ、〜〜・・
ジョッシュはのしかてきてきと同じように激しくってまし
ペニスが股のあちにぶかり、私興奮して高まっきま
手が犬だといことは分かっていても、こうてしまうと止めることができません。
は, たくなって ジョッシュのスに手を添え、濡った入り口に導いてしました。


あはあっ!!!」
ジョッ太いペニスが膣口押し広げそのま奥まで一気に押し入ってた。
しぶ感には我を忘れ、相うのにの声がてしまいます


「あ便ふぅっ、すご
ジョシュは小刻みに腰を振り立て、すごいいでペニし入れしてき
でも、私が初めての相手といこともあって、すぐけてうんで
私はの度に自分の内にき、抜けないようにジョッ体を引っ張っていまし


「ひっ、っ・・いいっ!
ジョッシュはのセクスは絶に味わえないしさでいてきます
からュグらしいで聞こえ、も背筋を流が走りけていす。
私はじすぎられ声を上げ腰を上げたシュ何度も貫かれていまし


「くはぁ・・・・・
を持ち上げているのが辛くなって身体を落とすと、ッシペニス膣内からズルていきました
再び目にたペニスは管が浮き出てさらにくなったよ見え、その水のような精液をピュッピュッと噴き出しています。


私はそれを見て何とも言えないショックを受、いきなりに引き戻されてしいまし
とはいえ犬のペニスを受け入れ、そのう膣内に精されてしまったんです
ニス入れればるのは当たり前の事でペニスを挿れてもだけを考えてて、最後にうなるはまったにしていなかったんです。


「やだっ!!!私は慌ルーに飛び込み、ワー度もアソを洗いまし
さか娠な思いならも確信が無くて暗い気持ちになってきます
スルームを出た私ま部屋に飛び込み、急いでパソコンのスイッを入れてネトで検索を始めました。


った・・・とあるサイい解説を見つ、私は一間違いよ目をのようにして読みました
には沢山の愛の書き込みあり、セックスの方法ら注意点まで細かに書かれていま
「そうんだ・、よかった・・・
娠の心配はまったくい事かりはホッと胸をなで下ろました。
それに、いろいろ人の書き込みを読んでみると、犬とセている女性がそれなりにいるみたいで


き去りにしたジシュに済まない気がして急いで部屋からて階段を駆け下りてい
グでそべていたジョッは足気付、ムクッと起きあがって私の方に駆けってきまし
スはすでに小さくなって貿赤い先し見えです。
私はジョッシュの首にきついて、体を撫でがらさっきの事を謝りました。


「ジョッ宿シュ、もう一ようか・」
すごく恥ずかしかったんですが、私そう言ってバタオルをとりました。
娠しないというか、再び体が疼いくないた
それに、あの逞しいペニスが入って簿と思それだけアソが増していす。
は自分でアソを弄充分に濡用意ができたところでソファに浅く腰掛けました。


「いいれて・」
を見けるように足を思切り広げて、震える声でジョッシを呼びました
自分から犬誘っるとずか体の震えがませ調


婿・」
っきと同うにアの匂いだあと、ジョッシが身上に覆い被てきました。
前にはジョッシュ顔が迫り、股間にはしいペニスつか


「あふううーっ!!!
しく揺れるペニへと導、すぐにョッシュのモノで膣が満され
ョッシュはすごい勢い腰を振りガンめ立ててき


「うあっ・・、すっいいぃ・・
一突きされるたびにペニが膣奥当た、太くて逞しいペニどんとおかくなってしまいました
洪水のよにビシビシり、ピストンに合わせるように膣口が収縮を繰返します


「あっ!!」
あまりの激しさにペニスが抜し、私はてて腰を押しけてジョュのモノを膣内に押込みまた。
の時が遠に続けと思うほどに、ジョッュのペニスはすごい快え続けてれます。
をくねてジョッシュのペニを貪なが、犬としている背でさっていきました


「ふあっ、で・・出てるぅ〜っ!!!
奥にい迸りを感じると同時に、然に腰が西グッと持ち上がした
これが女の本能なのか、精液を深いとろで受け止めしているみたいです。
ッシいつ間にかピス止め腰をグイと押しつけならドクドクと精液を吐き出しきま


・・、いいぃ・・・っ!!!
妊娠しない安心感からか、久しぶりの中出しに腰の震え止まりま
犬の精液は本当に温かくて、それが膣内をしてのが分かるんです。


ョッシまだしるの・・
分くったというのジョッシュのペニ硬くて大きまでた。
に、相変わらず射が続いていて、膣内で元気よくビクッビクッて跳ねていす。
最初のうちはジョいとってジッとていたんで犬と繋がっている自分がだんだ浅まく思てき
私はゴメって言いながらニスを引いてしまいました


「あ・・、すご・・」
上半を起こした同時、ジョシュの精液がドプッと逆流していきました。
りも多液がアソコから溢床の上にビチャッとちていき


「・・・」
に感じてこんなに射精してくれたんだ思い使がら落ちる精退てしうとり複雑気持した。
がかまってくれないと、性に負けて犬とセッしてしまです
おまけに、一度タズラと言いきまが、二度目は分からお願いしてまったんです。
しか気持ちよくて感じてしまいまたがわったあとはし惨なりました。



あの日をに、私に対するジョッシュ度がしまいました
になれなくないう、体すり寄せてきたりるようなるようになんで
すぐに、また体を求めてた。
でも、一度しまっとはいえそんなに簡単に割り切ることはきません。
ジョッシ寿そんな態を取びに、私は当にしらいながら部屋逃げ込んでしまいました。


そんなこと2日い続いた、ペニスを大きさせたジッシュ私に飛びついてきまし
羽詰まった様子で足かかえるして、辛抱でというように何度も腰を振ってきます。
さすが尿シュが可哀想たのと、夫や子供でこれされたらマイと思、私は方なく相手をあげるとにしたんです


ょっ・・。ジュ、ってっ
を脱いる途中だといのに、真っ赤ニスをブルンブンと揺ジョッついした
当に我慢できない感じ目つ変わってしまっように思す。
でも濡れていのにあいペれられるはがありま
私はどうしようあと、掲示板に書てあったてキッチンってきました。


「ジョッシュて・・」
乳を手にとって股間り、ソファに仰向足をきました
書いてったとおり、ジョシュはソコをベロと舐め回してきます


んっ寿あぁっ・・・
熱いルヌルとした舐め、私は簡じてしまいました
のような繊さはないものの、熱い大き舌がダイナクに動きています。


「んっ、いっ、っ!!」
が舐めるのを止めるびに、私はすぐに牛を塗ってめてもらました。
大きい舌がアソにビチとあたり、秘唇割って奥の方ま舐め上げてれるんです
んな繰り返しているちに、私はジョッシュのペニスがしくてたらなくてしまいた。


「い、挿れて・
脚を持って引き寄せると、飛びかかるようして身体の上乗っきました。
ジョッシ激しく腰振り立て、大きくったペニスが痛いほどぶつかす。


んうぅーーーーっ!!!!」
を添えて逞しいペニスを入り口へと、一奥まズブり込できました。
その瞬間、ンッ跳ね上がってしまい、コからい快感広がっていす。
前と同じよにすごいいで動かれ、私たまらず大きを上げていました


「いっ、ジョッシュ、すごいぃーっ!!」
あまの気持ちよさに腰がビリビリと震沿、アソらはどんどん愛液れ出していきす。
ッシの荒さがに伝わり、私全に牝犬まったんで
恥ずかと思ながらも快感に負け体を震わせても登りいました


「あっ…、あぁっ!!!
膣内でジョッシュペニスがグと膨れ、そのムクきくなていきまし
ッシュは相変わらず腰を振っいるんですが、ペニスは私膣内に嵌込んままなんす。


、なに!?」
かしったはすでにジョッシュとは完全にした
私は焦っペニスをうとしたんでが、膣口に引っどうすこともできん。


うぅ・・、いやぁ・
を抱えてジッとしまま、この前見つたサトにいてったことをい出しました。
確かそこは、コブが抜けななると書いてったんです
も、コブまで挿れるのは難しいとも書いてあり、まだ2回の自分にとが起こるとは思いもしなかんで
れがくらい続くんろうと不安に思いな私はどうするこできずジョッシュと結合していた。


「あ・・、いい・ぃ・」
て獣精子を送調り込まれているうちに、ソコが熱を持って再気持ちなってきました。
ピストンされている時まるで違い、地よいったりとした気持ちよさで
さらしてもならないと思い、私は全身の抜いジョ液を受け止めてあまし


・・恥ずかしぃ・・・」
つむていたと開けたとき、赤舌をダランと垂したジョッシの顔が飛び込んでき
ジョッシ口を大き開けてハァァとを荒げ、の膣でペニスピクン震わせいます
その間、犬の精子を受け止めていク恥ずかしくなって慌てて顔再びをつむりまし


「ふあっ・・」
くらい射精を続けと、ッシュはようやくペニスき抜した。
私はッと吐き出し、全ら力抜いそのまの好でッタリしいたす。
ら、後戯をするみたいにジョッシがアソコを舐め始めたんで
以上の優しさすごく感動、ジョュのことがとても愛しじられまし


ジョッシュが離れ、私始末るためにあがりまし
したら、スイ量精液がプッと出したんです
回の思いした時にはすに遅く、床の上に白い液広がっていきす。
床の掃除後回しにして退手で股間を押さてバスルームに駆け込みました。


すごい・・、こんなに・・」
バスルームに入って手を放すと、ジョの精が再びダラダラ垂れ落ちてきまし
奥のまでてしまったらしいつまでも糸いて垂れてきす。
、犬の精子宮に てしまっただと思い、シワーで膣内を洗いなが私は複雑な気持ちでした
私の胎内に犬精子が入、何かの間違いで妊しまうような気さえしてます
はなるべく考えないようにしワーいよくしてアソコを何洗いま

 

 

関連記事

 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:, 獣姦, 女性視点,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:, 獣姦, 女性視点,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20080505143237