2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

愛犬との2度の秘密の交尾






つものうに子供と主人を送出したあと、朝食の片けを終えパソンのりま婿た。
ルをチクしんです、今日も仕依頼はていません
子供ができたので在宅できる事をと思、私はP作尿下請けたいなことをます
景気が良かった頃はりに忙しかったすがでは月に湿1回るかどうかといじです


しかたなく、私はネットの巡回を始めまし
はだたい決まっていて、求職情報や趣味のHPにったあ、最後はHな告白の掲板にくんです。
人のセックスに興味があるうよも、満だったというのが直なところです
というのも、子きてからの夫は淡泊になってしまいそのう忙しいとかでほとんどかてくれまん。
まだ32歳で、身体が疼くってじゃないんすが、沿やっぱしすぎます
て、気するほどの勇気もないので、なHPを見て気を紛らわせていた


そんな沿、いつも掲示板で婿き込みを見つけました
ていとい容なすが、の相ってる犬だとうのです。
に言、私ように暇をもてあましていて悪戯から犬係を持てしまったという内でした。
おまけに、セック像以ち良さで、喋らこともないで最高の浮気相手だとのです。


投稿をえたあと、思い出して顔が赤くな湿た。
いうのも分が中学生だったとき、犬ソコ舐めさせた事があっらで
あのは興だけ一倍あって、セクスの時人にアソ貿てもらうというのを雑誌読み、んなに気持ちいいだろうと想像をらまました。
実際するなんてでんから、頃飼っ犬にア退ソコを舐めさせてみたんです。
に誰い時ってしんでが、すく恥ずかったことちよく声を出してたことは覚えていまし


洗濯や除を終えて昼食を食べたあと、私は沿ョッシュ連れて散歩に行きました
リー手にいつものを歩きながら、HPでだ体験頭の中をよぎります。
きるず無いっ思いらも、何と気になっ視線がアコに向いてしまうんです。
は意識ないよに前を向て、な気分のまま散歩を早めに切り


・・・・
座っジョッュのを拭ながら、股間のりをてみまし
も、間みいにペニスが見えるけでなくマタマだブラブしています。


「ジョッシュほら・・・」
ちょ奇心から、スカートをた足をてみました
間相はずいと思っていたので、ちっとずかしいとは思いながらも軽戯って感じで
たら、ジョッ間に鼻面を近づけ、アソコの匂いクン嗅ぎ始めです


「やだっ!!!」アッとて足じよもなく、してきたジョッに押され宿になってしまいました。
足の間にジシュいるのでどうできず、私は気が動オロオロするだけ


「う、うそっ・・」私の身体を押さえつける綿にしなら、いなりジョッシュ腰を振り始めした
いつの婿ニスくなていて、ショーの布しにアソコに何度もたっす。


めぇっ!!!
思い切ってるとッシュは驚いたよな顔をし離れました
私が急いがると、ジョッシュはペニスを突きだしままちらをジッ見ています


「あ・・」初め見た稿シュのペニスに私の目は釘付けにっていました。
それは充血したよで、亀頭の分が無くて尖った棒みたいな形す。
おまけに、夫のモよりも一回りはく、長さありそうで


「ホントに・・気持ちいい・・
掲示を思い出身体がカーと熱なって心臓の鼓動一気くなりました
が少変わってるとはいえんなに逞しいペニスを見たのは初めてです
とするなんてと思いながらがググルと回って目のーッとないき
一度けならと思って私はショツをぎ捨、再び仰向けなって足を大きく広ました。


「あぁっ、やぁ〜〜
ッシュはにのしかかってきさっきと同じように腰を激しく振ってきまた。
ペニス股間のあちにぶつかり、私興奮しんど高まってい
手がということは分かっていてもこうってしまうめることができません。
私は, たくな ジョッシスに手を添え、くったり口にいていました


あはあぁっっっ!!!
シュの太ペニスが口を押広げそのまま膣気に入ってき
久しぶり感には我忘れ犬だというのに愉悦の声出てしまいます。


あふ宿ぅっ、すごいぃ・・」
ジョッ調ュはみに腰を振り立て、すごい勢ペニスを出し入れしてきま
も、私がめての手ということ、すぐにうんす。
はその度に自分の膣き、抜けないよにジョッシュの体を引っ張いました


あっ、っ・・!!!」
ッシュは、夫 セックスは絶対に味わえない荒々しさで突いてきます
結合部からはグチュグイヤらしいえ、何度も背筋を電流が走り抜けていす。
私は感じすぎれもい声を上げ、腰を持上げた格好でョッュに何度も射し貫かれていた。


ぁっ・・、ぁ・・・・・」
を持げているのくなって身を落すと、ジッシュのニスが膣からルッとけていきました。
び目したペスは血管が浮き出てさらに太ようにえ、の先端水のような精をピッピ退ッと噴き出しいま


何とも言えないック受け、いきなり現実に引き戻尿てしいました
とはいえ犬の受け入れ内にされてしす。
け入れ精さるのたり前のすが逞しいペを挿れてもら事だけを考えていて、最後にこうなる事はまったしていなかたんで


「やだっ」私は慌ててバスルー飛びワーで何度もアソを洗いま稿た。
まさ妊娠なんていながらもが無くて暗い気ちにっています
スルームた私のまま部屋飛び込み、急いのスイッチをてネで検を始ました。


「あ、あた・・・」あるサイ詳しい解説を見つけ、字一違えないよう目を のようにして読みました。
そのサイトには沢山の愛書きみが、セックスの方法から注意点でが事細かに書れています
そうなんだよかた・・・」
娠の心配はまったくい事分かり、はホッと胸をなで下しまた。
それに、な人書き込みると、セックスしている女性がそれないるたいで


私は置き去りにジョシュに済まながしていで屋から出て階段りていきました。
ビングでべっていジョッシュ足音付き、ムクッと起きがって私の方に駆寄ってきた。
ペニスはでに小さくなっていてい先端少しるだ
ッシュの首に抱きつでながらさっきを謝ました。


「ジョッシュもうか・
く恥ずしかったんですが、私はう言っタオルをとりした。
という安心感からか、再び体が疼いてっていんです。
それ、もう一度あのニスが入ってくると思うと、それけでアコの潤が増しきます
私は自分でアソコを弄っ分にらし、用意ができたとソファく腰掛けま


いい、挿れて・・・」
見せつうに足をい切げて震えるッシュを呼ました
自分ら犬を誘っていると思うと、恥ずかしくて体のえが止まりません。


んっ・・・
さっと同ようにアソコの匂いいだ、ジョシュが身体の上に覆いってきました。
目の前ョッシ顔が、股間には逞いペ沿きます。


ふううぅーーーっ!!!」
しく揺れ入り口へと導くとすぐジョッシュのモノで膣たされました。
ジョッシュはすごい勢いで振り立て、をガンンとめ立てて


「うあ・・、すっ・ごいいぃっ・・」
突きされるたびペニスの先当たり、太くて逞しスでんどんとお湿しくなってしいまし
アソコは洪水のようにビシショになり、ピストンに合わせるよが収繰ります。


んっ
あまりの激しさにペニスがけ出、私は慌てて腰を押しつけてジッシュのモノを内に押し込みした
時が遠にいいと思うほどに、ジョッシュのペニスはすごい快感を与えけてくれす。
腰をくねらてジョッシペニスながら、犬としているさらに高まっいきまし


「ふあぁっ、・・出てるぅ〜
膣奥熱いりを感じると同時に、自然にがグッと持ち上がりまし
これが女能なか、精液深いところ受け止めようとしているみたいです。
ジョッシュもいつの間にかピトンを止め、腰をと押しけなドクドと精液を吐き出し


はうぅぅ・・、ぃ・!!!」
妊娠しな安心感からか、久しぶ中出しに腰の震まり
犬の精液は本当に温かく、それが膣内をしていくが分るんで


ジョッシュまだしてるの・・・
2分くら経ったとのに、ジッシュのペニは硬きいまました。
それに、相変らずいていて、膣内で元気くビクックッて跳ています
のうシュ悪いと思っッとですが、犬と繋がっ自分がんだまし
私はゴメンって言いながらペニス引き抜いてまいた。


・・、すい・・・
上半こしに、ッシュ精液がと逆流していきました。
思っていたよりも多液がアソコから溢れ床の上にビャッと落ちて広っていきま


「・・・」
じて射精れたんだとながら、れ落る精を見てしまうっぱり雑な気持ちした
夫がかまっくれないはい、性欲けて犬とセックスしてしまったんです。
おまけに目はタズラでしたと言いできます二度目は自分から願いしてしまたんです。
たしかに気持ちよくて感じてしまいましが、わっあとは少になりまた。



の日境に、私にするジョュの態度が変わってしまいした
になれしくなったという体をり寄せてたりかか婿うな仕草をするようになったんす。
はすぐに、また体を求めるんだって分かりました
でも、度してしまったとはいえ貿そんなに簡単に割り切ることはせん
ジョシュがそな態度を取るたびに、私は適当にあらいら部逃げ込んでしまいた。


そんとがらいあと、ペニスを大きさせたジョシュが私に飛ついてました。
羽詰まった沿足を抱きかかえるようにし、辛抱できないといように何度も腰振ってきま
すがジョッシュが哀想にったのと供の前でこれをされたらマズと思、私仕方く相手をてあとにしたんです


「ちょっと・ジョッシ待ってっ!
を脱いでいる途中だとい真っ赤なブルンブルンとらしてジョッシュついてきました
当に我慢できないいう感、目つきで変わってしったよう
でも、濡れていないのんなに太いスをがあません。
私はどうしようか考えと、掲に書いてあを思い出してキッチ走っいきました


シュ、舐めて
牛乳って間に塗り、ソァに仰けになってを開きまた。
掲示板いてあったとおり、ジョッシュはアをベめ回してきます。


「あんっあぁっ・・・
熱いヌルとした舌で舐められ、は簡単に感じてしまた。
のよう細さはないものの大きがダイナミに動き回っています


「んあっ、いっ、い
ッシ舐めのを止めるたびに、私はすぐに塗って何度も舐めてらいました。
きい舌がアにビッとあたり、秘割って奥ので舐げてれるんです。
を繰り返るうちにはジッシュのペニ欲しくてたまらなしまいした。


「い、挿れ・・・
持って引き、飛びかかるようにして身上に乗ってきました。
ジョッシュは激り立て、大きくなスが股痛いほどぶつかってきます


んうぅーーーーっ!!!」
手をえて逞しいペニスを入へと導くと、一気に奥までズッと入り込んで
その瞬、腰ビクン跳ね上がっまい、アソコからすごい快感広がっていきす。
この前寿と同じすごい勢いで腰を動され、婿らずに大きな声を上げてまし


「いいっ、ジョッシすごいぃーー!!」
あまの気持ちさにがビリと震え、アソコどんどきます
ョッシュしさがに伝わり、私完全に犬になってしまったんです
恥ずかしと思ながら快感け、身体を震わせて何度りつめてしまいました


「あっ、あああぁっ!
の膣姿ジョッュのペニスがグッ膨れ、そのままクムクくなていきました
ョッシュは相変わらず腰をっているんペニスは私の膣内嵌り込んだままなんです殿


「な、
しいった時に遅く、ジョッシ私は完全に繋ていま
は焦ってペニ抜ことしたんですが、膣に引っかかっうすきません


ぅ・・、姿いやぁ・・・」
膝裏を抱えてとしたまま、前見つけたトにったことを思い出しました
かにそこには、が大きくなっると書いったです。
でも、コで挿れしいともいてり、まだの自分にこんなことこるとはもしなかったん
れがのくらいんだろうと不安に思いながら、私はどうすることもでョッシと結合した。


「あ・、い・・・ぃ・・
続し獣精送り込まれてるうちに、を持っ再び気持ちよなってきまた。
トンされているとはまるで違い、心いゆたりとし持ちよ
今さら抵抗してももならと思い、身のを抜いてョッュの液を受け


「や・・、ずかぃ・・・」
むってい開けたとき赤い舌をダ垂らしたジッシュの顔が目に込んできました。
ュは口を大開けてハァハ息を荒げの膣内でペニスをピクピクンとわせ
その瞬間犬の子を受け止めている自分スゴク恥ずかして、てて顔を背けて再び目をつむりました


「ふあっ・・
らい精をけたあとジョシュはうやくペニスを引き抜いてくた。
私はフーッとき出身から力を抜いてそのままの格好グッタリていたんです。
したら、戯をするみたにジョがア始めたんす。
以上にすごくしてッシュのこととて貿愛しくじらした


シュがいったあとも後始末をするために起きあ
たらスゴイ量の精プッとれ出たんです
回のこ思い出した時にはすでに遅く、床のに白体がっていきます。
の掃除は後回しにして私は手で股押さえてバに駆け込みした


「すご・、こんなに・・・
バスルームにて手を放す、ジョッシュの精液が再びラダラと垂れ落ちてきました。
の奥てしったしく、いつまでを引垂れてきま
っと、犬の子がしまったと思い、シャーで膣内洗いな私はな気持ちでた。
私の胎内に犬精子が入っていると思うと、何間違で妊娠してしまような気さえしてきます。
私はなるべく考えいようして、シャーを勢く出てアソコを何度も洗いした

 

 

関連記事

 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:, 獣姦, 女性視点,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:, 獣姦, 女性視点,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20080505143237