2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

犬を恋人にしてしまった妻




と一で言ってしまば、想像ただけ その調な光景が頭に浮か、興味を持たれる方も多いと思います。

, プもしくは秘のグループで、実際にっている方いのないか思っています。

私どの場合、犬の世話、そしての安全を考えた場合 犬姦する為ではなく、宿々と細か分で変な事っぱいありま

早い話を実行出来る方といのは、興味があったにせ限られてしまと思す。

幸いといっていいのかどか分ませんが、私はその刺激的な光景を目の前でる事が出来、妻はその興を肢体で味ました。

の種類、性の違によって細かいで違あると思いますが、興味を持方々に結合は能」あり、れが何か考になばと筆を取った次であす。



から8年前に家した時、達の意向もあっ犬を飼おうといになってしまい、私は どなら大きなっし貿可愛いブルテリアのどちらを飼いたいと思っていまし

は秋犬の方がカッコ良いと写真を見て言い

ブルア飼うんだった人で面倒見てね」なかった私は秋田犬に決、雑の繁殖しているの広告を頼って族で玉のもらいに行きま

実物とでは大違いで、犬りの大きさに子供達はクリして近付けません

の良そうな御この中で気に入ったのを」とい、網のから生まれまだ2ヶ月あの仔犬を出しした

ワァーワイイ」とぬいぐに子供達喜び、「このといんだけど..」と退犬の惑している子でした。

と説明を聞き将来は繁殖させるという約いただい統書付きで日本名を持っていたのですが、そは秘にしておきす。


愛称は「ッキー」した

しいローを子供い」とび、とりわけ妻の愛がりよう大変ので、
にベッド寝てしったりして「表で飼う」というの意見も聞か しばらくは室内飼になった程です。

すっか妻にいたッキーは 、あよとう間に大なり、半年後30キロえ、朝はが3km夜は私が1m近くる様になり、食欲も旺盛でサイエンスドッグだけでくカルシウム補給製の粉混ぜ、牛乳も水代わりといっ感じで飲んでいました。


1年近くすると、体重が50くなガレージで飼ってで、駐車場を賃りてそ置いてました

所のが珍し物でに たくさ来るになって人は「これは湿変な犬ですよ」と感心ていました

こでこん大きな犬を町の中で飼うなら後々楽だし安全だというで、妻の「半年以上も離れるはいや」という意振り切り、訓練所へ願いした。

結構遠練所まされいっていまし

にかは ももと物は大好した。



半年ロッーは精な姿になっってきた。

筋肉がグと張、野生のオオカミ刻の様でした

その日の妻は、うしても家の中緒にいたいうので私ロッキと一緒にお風呂にり、家の中にいました。

ッキーは家の中だと一段と見え、子っちのけで はしゃぎま妻よ大きく見えまし

して再び、妻と散歩がはじまりました。

御主人1度見に来てくれた時、コンテストに綿してもいいと言っまし


を飼い出してからの妻は、それまで忙しくやってい剤などを売る仕事も、水教室も止てしまった位でロッキる愛情と合いてもらえると思います。




繁殖させと い金になるということでしたが妻はう事が目的ではなくただ可愛がりかったうでした。

病気の心配が, ロッキーも2歳近くなり、小学校に通様になった,ジャるローは前脚で妻を押さけるにして腰をクイク動かす事が多くなってました

まだ仔犬だっ頃にもやいました、もう本格的ます

「ロッキーッ駄よ?・・あなたどうす?この子こ婿んな事ばっりし出して・・

ッキー物はコラの瓶ほど大きはありませんような形をしたペし、の衣服を汚してしいます。

根元皮膚突き破る様にピポンつ付なコブ(球茎というらいです)を飛びさせっているのです

「何なのかしらだいじょうかしら・・う妻ないようす。

キー分でペロめるもの、します。人間の物より水っぽく感じました。



夜、妻とSEXている最中に「ロッキーのチ貿れてやるか?」と

目よっそんな事、出来る訳ないわ・・っ

興奮し様子言います

一戦終った後、私は本当に妻と交わらせる事考えてみ

訓練した犬なので散も変モノなめる事もなく、飼っていしていしたで、まずじょうぶという信はありました

にせよ、そこらの とてやらせるにはません


、犬のSEX人と違いお尻とおっついた形になってしばらく離れなくなってまうと教と、それは知っいる様子でした

そして「どうて抜けなくなっまうしら・・」と不思そう

そこ私は「お前入りんだらあので膨れて入開くより大きくなるら抜け。そて精子を出し終わるまでさくなないらし」といこと話しした。

「入り口抜けないのわかるけそんきなコ入っは平なの?」と妻に聞いてきま貿


興味はあるようなす。

私が聞じった知識を一通して聞かせしばらく素直に聞いて貿たがやがて「随分詳しい・・どうしんな事、るの?」と言てきた。

まる以前妻を犬交わらせくて研てき宿たよりです


て, 戸惑し本心配ないなら、ローとの行為にてもいと言い出です

そうなったら分か1時かわかないと思が、抜ける迄、四いのまジッとかずにいいと駄目んだぞ。それでも丈夫な」と聞くと, ロッキーのためなら私西何でもてあげいの」と言いま


湿力がっても人間にはないあるに そんな事はく気にならしく、を振るロッキーに
ェラチオをして何としてげよう・」
と思った時すらあると告白された時は、私の方驚かれてしまいました。


も妻はジャレて分の舌を吸わせたり、そのまキスしたしてる位すので、その配など無当たり前なのでしう。

逆にロッを押さえ込んで腰をのも厳しくしまば それでいい事なので


「あなた、どうしよう・・と言ってく妻は、はじめか「ソレ」可能らばという気持があったのだと思いま

にもは別に、一度でもいいら妻ッキーと交わり尻結合る所をてみいとう好奇心と興を覚てい事は確か

キーって・・これくらいだたわと妻分の手首に指しています

目の私の一物とたいしてわりなく、その辺は平気の様ですが、どうもあのコブがだ気にって仕方様です

あなた、姿がロとしてもホントにいいの?大きコブまで入のよ?」となペ○スの黒人と浮気るな事ってい

しかし、決心ついているうでし



「明日ってみるか。事もってみな分かいけ」と言う

「なか考えるだで興奮しっ」

と初めの心配は行っ、気もう明ロッーと交わる事でっぱいになっいるした。



手本を見

翌日、散歩から帰りソワソワしながらロッーを連れて妻が上がってきした。

方のカーンをめて、隣のからい様にし

全裸にってしまうと, 前脚抱えまれた時、ウトが痛いといけいから, 下半身だけで四つん這いになる様話してましたので、妻はすぐに半だけ裸なってロッャレ始した。


いつの様に、前脚で押さ込む様にしてを動出したの、四退つんいにってお尻突き出ます。

能がそうさせるのかの上に乗り前脚ウエトのし上にして、身を丸にしピストをしますが、とでもな所を突いてみたの所を突いてもむ様子は全く無く、部の隅横から座りみ、ーッとみ「どうなってと思ってしまいます


のう, 諦めた様に妻かしまい、横になってペロロとペ○をなめてい

何よぅロッキーの人の牝犬になたつもりでいたの・」

味になっていしたので、宿しています。


「お前、ちゃんと濡れて」と妻の所へ行きお尻割れ目にしっかりルヌルと濡れてます。


どうしてらなかったん

ら私がお手を見せてやろうと思を脱ぎ、興奮でビンンになっいるチポを入れていた。

妻があ気持ちいいーと声を出しめたのわず

「ロッ、ホラここをく見。ロッキー」

こっち寿に呼、起き上がり近いて来たでピストンを止め少し抜き合部を見ばかりに引き寄せました。

チョグチになってる所へ顔を近付けさせるとクンクン匂いを嗅いでと思ら、シュン、ュンといやな物も嗅いでしまった様にを振っています。

違うのが本的に分かるの”何かちょっとおしいだよー”と感じている様子がよ分かりま


興奮さずモンモンとしていそのまま後ろら激しく突いてやると、妬きもちを焼いているのか,ロッキー私に近たまを軽噛んだり (といってもかなり痛かったです)

”オイ、オという前脚掻く様にしてみを動かて結合部をクンクン嗅いりしてました。



見せる様引きずにるととチ○ポをなめら、ゾクッ快感走ります

これ本気で襲いかかってきたら大変なことになってたでしう。


対服従という訓練の成果はこんなにも表ていです。

「ツ沿ン突いてるんだから後はグー入れゃえばいい・・・沿

はそ言っていました


私が○スに手を添えて込まそうともえまが、なるべく然な形されくのたかった、余りしつこくして嫌気で思い止した

練とみを先にしたのです。


そんなことが 5、6回続いてまい妻に下を延ばして稿てがうように話しまた。

同士の場合は、はてでも もっスムに事しょうが、なかなか思うようにいませんでし

ただッキな、そし剣なているかの拍子度入り込んでえば, しめたものなだがいう期待は日毎になっていました。


タオを2枚敷い上に便になった妻の背中にのしかり、とりつかれたうにロッキーは速いトンを繰り返します。

妻が覗きして手を延ばし、前く動ペ○スに手添えてとか中へようとするうちに、イミングのか、然そうなっのか「あっ、入ってきいました。


時にグり込み”オッこれこ”とった感じで一瞬、納得したよに深く入れてると直ぐ もうている様にオ○○コの早く沿しいピストンをし出ました。


「あ〜ん、あなた、入っわ。見てる?気いい綿。凄いちいっあっあっあっ・・・」ピストの速いリに合わせ寿声を出しま


既にのコているのが見えるので結合は至らない思っていましが、長い間ピを続け、途中で1度れてしまもの、妻相当気持ち良いらしく喘ぎ続けした


れた後は、ッキーが出したと思われる液○コョビチョ、タオルの上に液が, それジュータンにまで点々と飛び散っていました。

少しまっいる妻にどんな感じったと聞いら「凄気持ち良か・・・」言うので、どんな風だと言う・・」と言っていました


が入ったことだけでてしまている様ます

かしなが、入り込むまでに間がかり過ぎしまった様で、コブが飛び出してしまっ結合には至せんでした。

もうロッキーも分ったろうから、はお尻がつくうになう」

話すと「ええ、わ・・と妻は何さも無くった様でした



引っ張られる婿

3、日、をあけャレン貿することにしました。

その間は いつじよう歩させ、に変わありませんでした。

相変わらず服らクイクイやってす。

妻にそれワンワンタイルでピストンしている光景を見て興奮はしたもの、尻結合という期待があったの、まだまだこれからちでした。

今度はムー込んでいくのではないかっていた期通り妻の上に押しかかり、前脚かりロするようにしてピスしていると
を添えた端、うするまでもなスは入り込んいき、しきりにピスンします

少しつ、っく確かるようにピストンをしてと思ったら、ピッと押し付けるようにイグイと動, 妻の声はあっ」か

あ〜っ何い、あなただいじょうぶ、あ〜っ

う声変わり、ロックていた前脚妻の背中の上か側に降すとに、右後脚でお尻を跨ぎ「引っ張られる」という声の中、前脚移動せ、でいするに尻合へと移っていきました。


待していたが目の前に飛び込んできて、奮とともに感動すら覚えていました

よくを軸にして膝少し浮かせってす。

ッキーの後脚宿度に自開き、の直ぐ内側にその後両脚があります


そこいた座をソに近付け、二ツ折りにしての膝の下いてります。

ついでから結合部を覗いてみよまし、へんなことをしてロッキー慌てるといけない思い「どの位か分らないーッとしているんだよ」と妻の耳の近くでな声で、ソッとた。

なた、気ちいい。何か出して。あ気持ちい、ロー、いい...ロ

ロッキ名を呼び、まるで犬と女性愛し合っているよです。


その頃 まだ若々スタイルを保っていた白い皮膚のお尻を突き出す妻と黒と色と色が虎の毛のよなってい抜群の体を誇るロッキ, 一世界を作出しています


妻はうに

、いい、いい、ロッキー...」

と声をし続す。


とっに「イ〜ッ」とイッてしまっもおかくないのですがその一歩手前の気持ち良さが々といるの 思われます。

舌を出し「ハハァ」荒いをしな満足そう、うとりとしいるようなキーとぎ声を出し続ける妻とが対象的

ッキーの毛が多く結しなののその体的なは、奮と刺激を与えてくれる分です。

私はれた湿らずと見ていした。

にはかりませんでし0分後くいていたと思われます。


もうろそろ抜けてくれては困るんだがと思い始ていた頃でた。

妻が前に倒れ伏してしまうようにペ○スは抜てコブのい、い短くなたペ、ブーンと方へき、っとくなっていま

その状態殿ロウロしていロッキー、寝そべるとの所をなめはじめました。


ゴロ向き簿なってボッとした感で休ん

そしあな、ロー凄かったわ・・・」と一言話すと、また何も湿ーッしていました。

はじめ尻結で長い緊張西があったのだ思い必要以に疲れてしまったのでしょう。

妻の所に行、「丈夫か。少し休」と一言西て股間を見みました。

が下垂れタオルに落ちていきま

めにた股の辺りにも液が垂いま



>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:獣姦, 性癖・プレイ,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様