2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

寝取ったが、復讐された






付きってにな彼女<ミサ>と僕たちは 当時共に23才。
囲も認ので 将来的に結婚も視野に入れ交際をしていたのです。
彼女は康的な感じで体を動かすのが大好きポーやテニススクール綿通ったりすのが日課になっていした。
時には週末にテニ寿スの試合があり、僕も応援がてら見物にったりしているうちに
彼女のテニス仲間やコーチ達とも顔見りになって
女と一緒にの仲間内開催さ飲み会にも参加したりして、しだいたのす。


そこで知り合ったテニコーの美幸さん(27才)の大人の魅力とうかなく醸し出すフェロモンに誘発されての過ちまいまし
女は既婚者であ夫は同じテニススク簿ールのコーチで隆明さん<31才>と見るに浅黒く日焼けしたやかケメンとい感じの人。
そして、一夜限りの情罪悪感を持っ彼女は彼に全てを打ち解けてしまっです。
んから僕の帯に電話がり彼と二人会うに。
僕は殴られるのではないか、謝料のようなを請求されのではないかとなな
なにより結しようとしていたにバレしまうのが怖くて方なうような気持ち
合わ茶店に着き、店内を見渡すと約束の間の15分ほしたが既に隆明さんは着いまし


き挨拶をしから今の事ついて深と頭をげ謝罪。
の目を見ることがきずを上げれずにいると、
はわかったから頭を上れと言い、過ぎてしまったことを今更騒てることはしない
のことを大袈と自や妻の仕事上の会の手前まずい事なる。殿


にもあることだし君が他どせず、
後一切妻係することは絶対しないとしてくれれば 君の彼も黙っている寛大な度で対応しです


の態度で僕は余計にし訳ない気持になをこしながら最後もう一度頭を下げてり店にしました。
この事 僕は彼女のテニス仲間集いあまり足を運ばなくなりまし
何も知らないミサはまテニススクール続しいきました。


そうして約一の時過ぎ僕とミサは結することになり式準備などで忙しい日々を送りたがも終わり
月並すけもハワイに新婚旅行にも行きの子のこ、大事にしてい決意を固新婚始。


から三ヶ月ほど経したあ日曜、ミサはいつものようテニスへ
で僕が留番をしているとター、玄けてみるとそこには隆明さんが立ってた。
はちょっと驚き、
日はテニススクールではないのすか、どすか
尋ねると彼は今日受講人数ないで奥さ美幸せてあ言い、
そんなとよりも 結婚の祝が遅れと高そうワインとペアラスをゼントてくれたのです。


僕は感告げていですけれど、あがいと言い
用がるか帰るそぶりしてろを向き二、三でから思い出したように振り返
「そそうういえばって行き、何かを取って
「これ、あよ」と隆明れた一枚のDVDでた。


「こ、なんですか?」と聞くと
「秘密のDV。ミちゃんに見せちゃダメよ」と笑いがら車に乗り込み帰った。
はHなことを想像、ワククしがら速再生


画面にのは誰も居ないホルの一室でした。


ぐら部屋像をだろうと思いその見ていると、
いきなりバスロブをて お風呂からたよ西んが出てきッドの上寝転ました。
すます???な感じしてそこに目うよう
なんと僕の妻であミサ同じく着て画面に出てきたのです。


「ミサちゃ、こちにおい彼はニヤニヤしながら彼女を
スルリスローブを脱ぎ捨て 彼寄り添いされて嬉しそうディーキス始めまし
そうしている間彼女の手んの綿スロブに忍びを摩ているの判ります。


サはるら、息荒くなりながらも唇ら下に移動していき彼の乳首を吸いだしまし
彼女は僕にはな事をしことなかし、こんなも淫らな表情た事ありません。
なにか夢か現実つかないよで金にあったようり、自分の耳で聞こえるく鼓動が胸を打まし


戦慄がる僕で 画面の中の彼
隆明さん前をはだけさた、チンを頬て懸命にラをしだしま
さんは気そうに目をじて女の頭撫で
…相変手いな
言うと彼女はチンなし微みながら
って〜隆明さんのチンチン凄っきくてHな形しるし、
コレ入れもらえと思うわず力はいちゃうんだね」
どとられない言葉を発ました。
隆明さんはわざ
「そうかい、那さモノと比べ問うと
え〜、比べ物にならないぉ今まで退なの満足たの信じられないくらい」
ミサ


そして、69の形にな二人と互いの器を堪能して
妻の上になスで焦らしてからせがむ彼女の胎内に入っていき、
ぅ、ミサちゃんの中トロで温かよ」言いながらっくりと腰を前後に振だします
して二人遣い、時折あげる彼女の高い鳴
あっ、そこち良」という言葉部屋にき渡っていまし


はまたわざとらしく
旦那さんと俺どっちが手い?」と聞き
「あんっ、こっち…隆Xがイイ
恍惚の表情で言いがら腰を使う女を見がら満足気で


騎乗なり上げらた分厚い胸筋に手をついて半乱になりながらクリトリスを擦りついるようで調
そしてう間に
「あぁぅ!!」前かがみにじぎをするよ姿勢で
ガックンガックン大きく何度も痙攣聞いたことのないようなて果てたうでした。


妻を度もイカことがく彼女のこのいわゆる『雌』になった姿を初め見たのです
僕は恥がらこの映像をいくらい起していま
してんな自分をい自己嫌悪調調いました



像は約一時間ほどいて
最後は 口され彼がゴゴックと美湿味しそうに飲してから 二人いちつくころで終わした
の頃には 僕の下ルヌルにていたのです。
僕は今西したほどのない嫉妬とりと興奮で怒張したチンポを出VDを再生し、妻が他の『雄』を受け入れ喘ぐ姿を見ながら大の精液を弾け飛ばしまし


を出切って飛った液をんやりと眺
自身が以してしまったの妻にを出してしまたとの罪の重さや 人間の執念さに恐ろしさを感じ
そしてを他人に抱かれてしまっ夫の情けい気ちが判りました。
復讐さのです



なくしてから妻は帰宅しましたが、いつもと変わらない様
彼女はくこんな映を撮られいるのはもちろんのこと、僕がそれを見てしまったことらないと思います
そして、僕もそことは言ずに彼女が全に寝とられてしい、
か僕の元に帰っこなることの恐怖感仕事も手につかず夜も眠れない状態なのです

 

 

関連記事

 
カテゴリー:復讐  |  タグ:, 寝取られ,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:復讐  |  タグ:, 寝取られ,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20080521070610