2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

死の淵から






死の淵から

ふと外を見ると元気の供と、車椅子のおあちゃん遊んでい
病室のベッドからは、いているスーパーが良く見るので、調子の良いときは外を見るのがの日課にないます

小さい頃から少し体弱く心臓に持病をいたことから
室のベッドで寝る慣れてるといえ、
気に働こので抱くとも宿出来ず、
日々悶々窓の見る毎さを感じてました。

と離婚すればこいを感じこと無く うか?と
えてみるので、眠りくたびに妻とのことが思い出され、
やはり妻を愛していることを再度思い知るのた。
えてみると妻と結婚しは、今までに無く元
妻や子供見るたまだ死ぬことない』との思張っこれただと自分う感じていました

の 諒子と結したのは26歳の時もう18年前ことになす。
当時、私は心の持されながらも技術の仕事就き
日々暮らうな況でした。
それなりに女性との付き合いもありましたが、持病があることにを感じ、
何時いよ自分と結婚して不幸にさせわけにはいないとのいから
き合いになることも、このまま一で朽ちていくのかと
望にも似た感情を事にも中途半端な気持ち望んでいたのといます。

1年後彼女は入社してきまた。
発で気持ちのい私には持ない生命力のなものをていました。
そんな彼女に惹かれるのは時間の問題でした、し私にはどうても一歩踏み出す勇がありません。
恋人も友もつかない中半端状態でした々諒子に対する思いが深くなこと自分身戸惑い覚え
気持も私に向いていると確強くるにつれ、
自分の事を告げる勇気が持て私のほら少しずつ距離を離ことたのです。

私の病気は日活に支障はありません、激しい運動を続けなければ、即稿死に至るありません。
しかし、幼から死のを垣見るつれ、何時でもおかしくないと自分思い込んいたかもれません。

い1年経ち、煮えらない私の態度愛想を尽かした方からも接触くる機会少なくなっした
私は心の中でほっとす持ちと、どうようない寂寥感をもあま、これでいいと無理自分言い聞かせる日でした。
ある日、同僚の田中が私に「お前諒子ちゃと別たのか?」聞い
私がってないと、
〜本当に?でも諒子ちお前のこと好きだと思ぜ、で前がいうら、俺諒子ちゃんにアプ西チしようかな〜
「おならんじゃなかな」とてしまった後、は胸が締られる思いを感じ
いを繰り返なければなのか?
きにるのを止められ苦しから解放されるにと絶つかない感支配されいま

諒子から田中に付合ってくれと言ていると
れから数日経った後でした。諒子が何故私にそのこと言ってきたのは分かってい
かし、時の 分にはそを止める権利も無いと感じていたし、
田中と結婚したほ子はなのではない?と感いた実でした
ら田中は私に見せ付ように諒アプロをかけていた。
勇気の無い私は、それを正視することも出来ずそ姿その場立ち去た。

それからくして職場親睦時の
相変わらず田中は諒にアプローチいました。
もまんらでいようで、2人楽し話しるのをいたたまれないで見ていました
のこともあ極力飲まない婿にしていたの
のときばかりは私もお酒の力を借りなければ過ごことが出来
らかに許容範囲にととうえ切れなくなてきした。

イレに行こうと立ち上がるとふらふと倒れてが苦しした、
発作であること自身かっていましたが、この時は死怖よりのまま消えてなくなりたいとの思いが強
めに感覚、くな中でせめて愛てい実だけでも伝けばよかっ思ったことよく憶宿えています

覚めると、諒の顔を覗いていました
その時後に諒子て良ったといました。
私はと見つめいました。目か出てきます
識が戻ったことに気が付いたのか田両親を呼んでい声が聞こす。
諒子も目に涙をべて私のを抱枕に顔をうずめ、
涙を流え入りそうな声で「私もたのことが好き、だから死んじゃ駄目。方を死なせない絶対死なせないかと泣き出してしままし

私はの時、嬉て思わず諒子の首に腕をまわして「俺もだと言いました。
後か聞く酒場でとき薄れる中で諒子に「愛していると」告白たら
の後田中に冷やるネタになていました。

も俺のことを心配し私に奮起を促すためにに迫ていたで、
それは諒子も分かっていたよでした
まんまと田中られた形したが
田中もお前踏んりつかなかったら俺が諒子ちゃんもらてたぞ。惜しと私たの行く末を福してく
私は田に感謝しても仕切れない思いを抱いていました。

げでとんとん拍子に話進み
「病て貴、でも私結婚すれば、毎日気が抜けなくっと死ぬことだゃうよ。だか前向いて生きいこう」
と私このときどんとがってけは幸と誓ったのでした

疑うことも無人生で一番幸せときでした。
一男一女をもうけ、子供が大きくなり、長男が小学4年が1年生にって、手れ始め
私も出て働に行きたい」いって近くのーにに出るこ西す。

が働き出ることは私は成でした
ともと活動的力のです。
子育ても一段これから学費もかかるし、
理の使無い範であば、妻のため事をすることはいいまし
パートですし、仕供が帰ってくる頃にはあがり
方までというシフト寿文句はありませした。


***
妻が働き出してから年ほどして妻か
日曜のフトと月て欲しいと言われてるんだけど・・・わっても良かしら?」と聞か
「お前けど貿曜は何時まで?」
「一応昼2時ごろまでなんだけど・・・・駄目かな?」
「あまり無理するな
「私なら大丈夫よ」
「な頑張な、俺も日曜に家もするよ
「貴方にんなとさないわ、であり
いうことで妻曜日くことにました。

この頃、妻も私も30代後半という年代でた。
はいだに私とっては一番魅力的
しかし年のせいもるでしょうが体を気遣て、夫婦活のはかなり少ななり月2回もあればいいほうでした。
しては、もっと妻を愛したいのです妻か
「十分愛されてます、私貴方がくなるほうが怖いだからも自分の体
れてしまえ言えないのでた。

けに私の体調のいは、必ず妻くれの物をやるのです。
婿は決して小さい方でのでが、体とも、何回来なので、
気持よくなように戯をたぷりとし、
が満きるよおもちゃも駆使して妻仕していまた。

妻はの気持ちを分かくれ生活では必ず私に体をゆ、心ら感じて戯で何度も絶迎えので
入後物で十分奥までつくことが出来、 失するかのとく激しくじ、
こともあって騎上が多です、 激しく前グラドさせ、
〜もめ〜背中を大き反らせ、 私のものを絞り上げした。
妻は私との行為調めて女の喜味わった私に言います

去一度だ呟く様に、
「一、 貴で何回かされて見たいけど貴方がいなくなるぐらいら我わ」とわれ
そういう妻がいおしく、 もっと愛たいすが、妻は私が一回てる
とえ妻がもっとしたいと思っても「今日はお終い」といって2回目は応じてくれないです
それ、 妻の愛情からのこ、今であっても妻の私の愛情を疑ったこはあ尿りません
しか々夜に姿自分の体とが情く感じま


日曜にトを入れうになっても妻にわしいとこ一切ありませでした。
かし、日曜の働く時が更に増え 5時ごろになり、
他の日も妻のが認められリーダとなたこ業時間え、
妻もれているのか月1回は夫婦活も段々減り、
が働き出して2年経ったころには3ヶ月なっおりまた。

まで私い私とセックスがきだをちゃ足させられてなじてい私には
妻をとがめるできず、た40にもなれば少なって当たいう、
人達の話あいしぶではありますが、 納得せざる得ないいま



ある曜のことです
も過ぎなったのですが、台子供のご飯を作ろうとしたとき材が足りなことに気付きまし
子供達に「昼ごんを食べに行マの働いいるところを見に行こう
と日曜に久し振りに妻の職場に買い物に湿いくことしました
妻には恥ずかしいから来いでといわれて主に食品しか扱ない
スーパ行く機会もかったので働き出しは何回か行ましたが、
曜日に働きにで始めてか一回もいたことはありませんした。

お店くと子供達は少は、しゃぎぎみにスーパー足で入っきました
だ母が恋しいですし、またかけて会ういうも何か新鮮な気がして私もしどていました。
女が母を探してる間必要ものにいれ
をする前に子供を探しました。
ばらして長が店さんと話してのを見て私も近くにより、
「妻が世話になっております、お仕の邪して申し訳ご姿ざいませでした」
いえダーにお世話てまから」
と感じのよさそうな年配の
かし、その葉に私はを飲むのです
も桂木さんいつも1時上がっちはおりになてると思いよ」
「え・・・いつも1時ですか?」
「え・・分ひょっとたら議かもしれない・・
店長さんは今どちらに?」
ど、どこょう。今日は見て無いから・・・」
「そうでか・・私の勘違いした、すいません。ではこれでお手を煩わせし訳ござませ
「い、いえこちらこそ」そそち去りまし
供から「今日はママ帰ったのかな?」と言われるまで呆立ち尽くしていました


からを掛けに返り会計を済せる間
先ほどのパートさん言葉が頭を巡りす。
日曜の出勤が延びたと言うのは妻なのしょか?
パートさにあのよう を作る理が見当たりませんし、妻はここ
計をせた後気もそぞろにに乗り込た。
ふと駐車場を見回し妻の車探しまた。
それほ大きな駐車場はありません。
ぐるっとて駐車場内を見渡の車ませんでした。
ハン握りながら何故妻わなけれらない尿のか
いう事で頭いっぱ車場の出で車のれを見ながばかしてしうのです

子供に「パパどうたの?言われ、なんとか気を取り直してを発進させるのが、
やは何故妻がこのようなをつあるきないでいました。

家に帰ってみてもやはりの車はありません。
入り供達の「おがすいたよ〜」という葉をくまで、
え込んしまっていました
子供達の為に飯をりながら、の帰りを今か今かと待ってい私がいま
「ご馳走様」達の無邪気な笑顔に少し救ながら
今子供達とぶ気に、自で仕るから2人で遊ように言って、
と自室へ引きこもり、ベッドで寝びながら時間考えいたので
妻のが駐車場へ入る音が聞こえました。


を開ってくると子供達の「お帰りなさい〜という元が聞こえてした。
部屋らで、2階からを見いつものよう妻に甘る子供達の姿が見ます。
を見るとパーさんの一で動揺する私が妻を用してないようえ、
聞いてみようかとも思のですが、
私が疑ったということを妻に知いとう思いもり、
かなか心がつかでいました。

私がゆっくり2階から降りていく中で娘
マ今マのお店いっだよマいった、パパも綿そうだった
と無気にしているが聞こえまし
私自身がただどうか気らないまいてしまったことで私からず動揺した。
「え?今日来の?そっか・・・ごめんねマ店舗集ま後から本部のほうにいってたら、ママも会いかったよ〜」
妻が言うの見て一っとしました
パートんがったいつも1時上がりだと言葉に引っかりつ、動揺する様子も無子供に説る妻を見ると疑いを持た私計だたかとも思えきました。
妻は私の顔を見る
「どうたの?少疲れてるようだど・・・大丈?休んほうがいいのゃない?
「いや丈夫ださっきまで少し横になたから心配要らなよ」
そう・なら良いのだけど・・・あ無理はしないね、貴の体が番大事なのよ」
「あ・・あう気をつけるよ
いつものしい妻です、少なくとも私を気遣う心ではいと感じます。



そのなるのでのことを妻聞きたいという持ちが出てきました。
疑問解消の気持ちを軽くしという思いもあります。

ように子供を寝せ明日の を子と一緒に確する妻を見てを裏いるなどと全く想いまた。
に寝へ入り明日の仕事に目していると、
髪を拭きながら寝室へと入ってました。
何か言うより先
お店に来るんてしいわね。でもいないときに限ってくるんて悪いわ」
と明るく言のでした。
私はこのときった分を恥り妻は私裏切っはいないと感じました
あ〜悪いねと足りないのがあったか久し振りに諒子姿を見てみようか思ってさ
、でもあんまりいい格好じら見られて複雑」とねたじで言いました

集まりてしっちゅうあ
ょっちゅうって訳でもけど他に色々あるのよ、ミーティングとか

「そ・・・あんり無理するなよ
へへ心配してくれるんだ」

「当たり前じ・・
妻にキスをしてベなだれとしました。

「駄!」
で?

日調子悪から駄目」
「大丈夫よ」

「駄目
てもう3ヶ月して無いよ・・」

「ごんなさい・・も今日は目」
なら何時ないい

「そな我言わいで貴方のためを湿って・・・」
「だからっ3ヶ月して無いのに・・俺のことが嫌になったのか?
と私が言うと、真剣な眼便しで見て、

「怒るわよ、私は貴方だけを愛してます。どんなことあっても絶・・
退・・・」

ん・・・じゃ寝ましょ」
横に私もそれに続た。
中でほどの妻の台詞頭の中を回っていた。
どんなことがあっても絶・・・)

もの妻の様子とは明らかに違
か思いつうなすら漂目で私にそう訴えた妻の顔が
らく頭離れませんでした



妻にいを持っしまった事に悪感を感じな
やはり私を拒絶する妻度に小さな不信感をいていました
あれから3ヶ月ほそれ妻に迫ってみるのですが、
りと拒
の前の妻の悲しい目に浮かび結局強い出来ないでいたので

男の校の卒の時にはもう8ヶ月に達していした
週に一度程度自分で処しており、そんな活にも慣れしたが、
やは妻をけないことにさな不満が積重な
ものようにしく出来な自己嫌つつも
の態度に段々と尋常ではいも感じておりた。

長男の卒業式当日する妻はスーツ姿でその々し姿、妻の魅力をすところ無く私に伝えるもの
あいにく休日もかわらず私はずせない仕があったので妻けでの出席た。

今日さん、久し振りにーツ姿見た綺麗だったよ」
とう・・貴そういっえると何か
の胸にをうめるのでした。
我慢できなくなった私のあそこは段々硬くり、
「諒婿
と妻のを呼と、唇に軽くキスをて妻をベッド押し倒しま

「駄目!
と妻はまたし拒否するのです。
し、私も我慢の界です。
言葉を聞いていないして上着脱がとしました。

「止めて!
際大く妻が叫ました。
はそれでも止めず、脱がせりのある妻の胸を着越しに撫しなが妻の背中に手を回し下着をはずしした
て妻にもうスをしようとして、私はの様子がおかしいことが付、少し上体を起て妻の顔を見
天井を呆然と見ながら涙を流していまた。

っとして妻から離れ妻を見
閉じて静かに涙を流っく り私へ顔を向けると小声で

たごめさい・・・・
いうとの涙が頬を濡らしていまし
もそのときはを傷つけてしまったことを感じ

「すまない・どうかしていた・・
妻の涙を見ながら私もなぜ涙がました
私のを見ながゆっり首を横にると

「ごんなさ・・・お風呂に行ってきます
服をら出て行きました
私は拒否れたことよりも妻にあの流さてしことに酷くち込みし寝室から動けないでまし

らくそので呆然としてですが、妻がなかからてこないので、心配なりそっと風呂場へ行くと浴から妻のすす泣く声がてくるのです
私はの外で妻の泣き聞きながら、分のした悔し、今ぐにでも妻を抱きしめ謝りたいと思いました。

しかし、ここが私する理由からないです。
私は妻への信頼が揺らいでいるのを、感じしたが、私自身それを認めない気持ちり、結局その場から立ち去り、飲めな酒を飲んで現逃避すること簿きませんでし


日妻に謝ろうと考えるのですが、私を拒絶する妻のに納ない部分もありミングを逃したまどんん日が経って行きました。
心にないもを抱えがら、段々妻に見えない溝深くなっていな気がして
焦りはあるのですが、に理由を問いただすきかけも掴めずまた更が経ってくのです。


態は私の体を確実に蝕
スか時々が痛くなり段々食も無なっていくのです
妻も私のを心配しかいしく世話を焼いてくれるのです、それ体もになりある勤前にとうとう私は倒れてしまったす。

病室目をますとが私顔を見ていました
頬には涙の
「心配掛けたな・・すまない」というと
はまた涙を流し首を横に振りら私に抱きつき
貴方が生ればそれで十分です・・・・
と言私もそんなをいいと思うす。

回はただストレスと疲から起こっが原因の診断2,3日院し退院でき西とになりました。
退院当日、迎えと言ってくれたのですが、
の仕事のこともあので断りタクシーで帰一人の喫しておりまし

日仕事上がりの同僚達が私の家にお見舞に来てくれました。
その中もますとは妻と結婚の恩もあイバル関係でよき解者であり親友でした
前には田中以外は帰りましたがが引とめたこもあり、
し振友人として少飲みしていました
妻はどを作ってくれた後、お邪魔でうからと子供達をつれて子供部屋と引き上げまし

く他も無い話をしいたのですが、やはり最かしいを心て、
「最ちょっとおかし婿けど何かみでもるんだわざに残れって言うぐらいから。に話して楽になら話してみ
遣って聞いてくれました。

限界ていたはその言葉に涙を流しなら妻と上手くっていなとを田中に話しました。
田中は黙って聞いまたがしばらて、
「そんことがあったの・・、諒子さんに限ってお前裏切ることは無うんが、
あんにお前嫁さんなんてどこにもいない
かに不だな一度俺のうちに夫婦でよ、ひょっとしたら俺嫁さんになら諒子さんも訳を話せるかもしいし、女の悩みら俺達には分からないからな」
提案してくれまた。
中の奥さん昔同じ会社で働り、俺達より一つ年上で諒子人です
諒子も結前は彼女世話になっていて私にないみもき出せと思い田中を快くて今の日曜にでも行くなりまし
中がった週末田中の呼ばれているとを話すと気で快くてくれました



退院しても一念のとでの週は休むことにしました
今日みのはずなのでし振り2人でかと言う
「ごめん・・・ちょと友人の所行か便なければならいの、夕方まには帰ってくるか折角のみに誘もらったごめんなさい
と言われればがらざる得ません。
ら用事をてきぱきませ昼ごは意しいま
私が暇を持余し庭で犬と遊んでると、妻が昼ごはんの用意が出来たこと、もう直出かけると声をけてきました
それか10分たなに少し動がしていったのですが、
まだ5月とえ外は意暑く昨日そのまま寝てまったこもあり、
風呂入りくなっ下着とタオルだ持って風呂場へと向まし

その、妻の姿が居間にも寝にも見えなかったのですが
段おかしい尿ず、友達いに行くと言っていた妻呂に入っているなど微塵も思っていなかった私は、風簿いるかどうか確認せずに風場の扉を開けました。
扉を開けと下姿のがそこて私はその姿に驚きせませんでした

上下黒の下着で、 しかも、稿宿隠すことが出来ないほ小さ妻の毛が見えしく無いようなのでした。

はしゃがみんでいや〜出て行って、願い見ないで〜」といき出てし調まし
私はの先ほどの姿目に焼きつき頭から
呆然と妻を見て私衝動的に理やり押し倒着を剥取り

私はあまり景に言を失いと力抜けると妻は私手か逃れ風から去りました。
んの少し呆姿然とていました妻にかなければとの思い妻を捜した。
室の扉にを掛けた時、妻は着たところで私突きすと、捕えようとす私を振り切り泣きながら玄関へと走まし
私も直ぐに追かけ玄関を出るに妻に追き妻てこっちを振りかせる、妻は涙で姿ぐちゃちゃになってました。
は先ほどことをただそうと開きかけ、まても胸が締め付けなり、その場に倒てしまいました
倒れながら妻がいや〜!」と叫んでいるのがかりま
は自分の胸を両掴みながら、先ほどの妻の姿を思い出しいました

妻のあそこは綺麗れていたの



室のベッドで目を覚が私の顔を心配そ見ていまた。
ベッド脇に医者が立ており
っと興奮したのかな・心配ないと思いますが、一応経過をるということでしく入してもらいま
と両親に話しています。



>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:読み物  |  タグ:, 浮気・不倫, 寝取られ,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:読み物  |  タグ:, 浮気・不倫, 寝取られ,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20080609071504