2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

死の淵から






死の淵か

と外と元気いい、車椅婿子のおばゃん仲良く遊んでいま
は、妻が 働いてーパー良くえる調子の良いは外をのが私の課になってます

小さい頃から少し体く心に持病を持っていたことから
病室のベで寝ことにているとはいえ
気に働く妻の手で抱くことも出来ず
と窓の外を見る毎日にしさを感てい

妻と離婚すればこな思いを感ことも無く一ねるのだろうか?
考えみるが、眠りにつたびとのことが思い出れ、
はり妻を愛していことを再のでした。
てみ結婚しからの私は、今でに無く元気で
子供の顔を綿見るたまだことは出来ない』とのいで頑張ってこれたのだと自分自身う感じいまし

の 諒子と結婚した26歳もう18年前のこなり
時、臓の持病に悩まさも技術系仕事に就
とからしてるような状況でした。
それなりに性との付き合いもりまたが、持病があること負い目を
何時分からないよ自分と婚してにさわけにはいかないとの思いか
深い付き合いとも、このまま一人で朽ちていのか
絶望似た感情を持ち仕事も中途半端な持ち望んのといま

入社して1年後女は入社してました。
気持のいい私退ち得ない生のようなものっていまし
そんな彼女に惹れるのは時問題でした、しかし私はどうしても今一み出勇気がありまん。
恋人とも友達ともつかない中途端な状態たが、日々諒対するくなることに惑いを覚え、
また諒子の気持ち私に向いてると確信が強れ、
分の事を告げる気が持て私のほから少しずつ距離をすことにしのです。

の病常生活にりまい運動を続なけ、即死に至る心配もりません。
しかし、幼から何度か死の淵を垣見るつれ、何時死んでもおかしない自分で思い込んでいたのかませ

と出会い1年経ち、煮えない私の愛想尽かしたの方からも接触してくる機会婿少なくなました。
私は心の中でとする気と、どうしよない寂寥感をもてまし、これでいい無理に自分に言い聞か日でた。
ある日、同中が私に「お前諒子たのか?」とてきました
私が「も付き合てなと言うと、
「へ〜本当に?でも諒ちゃん前のこと好きだと思うぜもおがそういなら、ちゃにアチしようかな〜」
「お前ならじゃないかな」と言ってしった後は胸締め付れるよな思いを感
何度こんな思いを返さなけばならいのか?
好きるのを止められれば、苦しされのにと絶望感ともつか情に支配されていまし

子から田付きってくれれてと聞たのは、
れから数日経った後でした。諒子が何私にとをってきたのか、私にかっていました。
かし、当時の自にはそれ止める権利も無いとていましたし
結婚しほうが諒子は幸せなのではないか?と感じていたのも実でした。
ら田中は私にせ付ける諒子にプロチをけていまし
勇気無い私は、を正視も出来ずそそさとその場を立ち去るした。

れかしばして職場の親睦の時の話
相変わらず田は諒子にアプローチをかけていました
子もまんざらではないようで、2人で楽く話るのをいたたれないで見ていました
体のともありお力飲まないよにしいたですが
このときばかりは私もお酒のを借りな過ごすことが
かに許容範囲を超る飲酒にとうとう体が耐切れなくなってした。

イレうと立ち上がるとふらふらと殿れて苦しくなってきまし
発作でこと自分分かました、この時よりま消えてなくなりたいとの思いが強く
めにも似た感遠くなで諒にせめて愛る事実だけでも伝よかった思ったことはよえていす。

目覚めると、諒子が顔をいまた。
の時私、最後に子のと思いした
私は諒子をじっと見めて。目から涙が出
ったこに気が付いたのか田中が両親を呼んいる声こえます。
諒子も目を浮かべて肩を抱き、枕に顔うず
涙をし消え入りそうな声で「私もなたのことが好き、からんじゃ駄目。便絶対に死なせないか」と泣き出してしまいまし

私はて思わず諒に腕をまわして「簿ました。
ら聞酒場で倒れたと薄れる意識の中で諒子「愛していると」告したらしく、
その田中に冷かされるネタになっていした。

田中俺のことし私起をために諒子ってたようで
は諒子もってたようで
まと田られした
田中も「これでお踏ん切りつった俺がゃんもらってた。惜ことをした」と私たちの行く末を祝してくれ、
私は田宿感謝してもい思いを抱いいました。

おかげでとんと子に話、諒子は
病気も含貴方、でもと結婚すれば抜けなくっと死ぬことって忘れゃう。だ向いて生いこ
と私はこのときどんなことがあっても諒子は幸せにすると誓ったので

何も疑うとも無く人で一番幸せなときでした
一男一女をもう、子供達が大き男が小学4年1年生になって、手が離れ始め妻が
「私も外て働きに行きたといて近くのスーパーに働きことになったです。

働きに出ることには賛成でした。
もと活でそれが魅力の妻です。
育ても一段落れから費もかることで
無理の無い範であば、のためにも仕事をこといいことだと感じていした。
までートも子供が帰ってくる頃はあがり
土曜寿日は朝から夕方でというフトですので文句はりまんでした


***
妻が働き出しから半年ほどして妻から
「日曜のフトと月曜のシフト変と言わてるだけど・変わっても良ら?」と
いいならいいけど日曜は何時ま?」
一応昼2時ごろでなんだけど・・・・駄目かな便?」
「あ無理なよ」
私なら大丈夫よ
なら頑張な、俺も日曜事でもすよ」
「貴方にそんなことされないわ、でもりがと
うこ稿妻は曜日も働くことにな尿りまし

の頃、妻も30代後半年代でした
妻はいまに私にとっては、一番魅退的でた。
し、年いもるでしょうが妻が私の体を気遣っ、夫婦生うはかなり少ななり月2回もあいほうでした。
しては、もと妻をたいすが、妻から
「十され、私方がいなくうが怖いだと自尿を大切にし
といまえばも言えないのでした。

れだけに私の体調のいい日には、必ず妻も応じてくれ私の物で気をやのです。
決し小さい方ではないのですが体のことり、何回も出来ので、
妻が気持ちくなるよう戯をたっぷりとし、
足できるよもちも駆使して妻に奉仕していました。

はそちをかっくれ夫婦生では私に体をゆだ、心から感じて前で何度も絶頂を迎えるです。
挿入後も私の物で十分奥までつくこと来、 失神するかのごとく激しく感じ、
私の体こともあて騎上位多かったので、 激しく前後に腰をグライドさせ、
〜もうだ」と背中大き反らせ、 私ののをり上げるのでし
妻は私との行為初めて女喜びわったと私います。

過去度だけ呟く様に、
晩中、 貴もいかれてたい方がなくぐらら我慢できわ」簿と言われ
そういいとお もっと愛したは私が一回てると
え妻がもっとしたいと思っても「今日はお終い」って2回目は応じてくれないのです。
も、 妻の愛情かことで、であっても妻のへのたことはありまん。
かし、時々夜姿を見たとき自分婿とが情けなく感じまた。


にシフトを入れるようにな妻にろは一切りませんでした。
しか、日曜働く更にて 5時ごろまでになり、
他の妻のきが認められリーダーとなっとで業時間も増え、
妻もれてか月1回はあっ夫婦生活も段々減り、
妻がき出して2年経ったころには3ヶ月もレっておりました。

今まで私に気い私とのセックスが好きだた妻をちゃん足さられてないと感じていた私には
をとがめことも、また40にもなば少くなっ当た 
の話もあいまって しぶしぶではありますが、 納ざるを得ないと思っ簿いま



 姿こと
昼も過ぎ遅くたのですが台所で子供ご飯を作ろうしたとき食材ないこと付きまし
達に「昼ごはんをべに行くでにママの働ているとこを見に行こう
日曜に久しりにの職場買い物に調くことにしました。
ずかしいか来ないでといれて主に食品しか扱っ
スーパーに行く機会もなかったの働き出し直後は回か行きましたが、
が日日に働きにで始からはいったことりませんでした。

に着くと子供達は少し、しぎみにスーパに駆け足でって行きま
い年ですて妻というのも何か新鮮な気がして私もきどていま
長女が母親る間、私は必もの籠にれ、
する前に子供を探しました。
しばらくして長女が店員んとしてるのを見て私も近くによ
妻が世話にっており、お仕事の邪魔申しございませんでし
「いえいーダーには私もお話にすから」
じのよさそうな年配の奥様でし
し、その後の言葉は息
桂木さいつも1時には上がちゃから今はお帰りにってると思いすよ
「え、・・・1時上がりですか?」
「え・・・、多分ひょっとしたら店長と上でもしれないけ・・・
「店長さんはどちら
「ど、どこでしうねは見から・・
「そですか・・・私の勘違、す。では今日はこれで煩わせ申し訳ございまん」
いえこち」とそくと立ち去りまた。
は子から「今はママ帰ったかな」とわれ呆然立ち尽くしてした


供から声を掛けられ返り会計を済ませ間中
先ほどのパートさんの言葉がを巡ます。
曜の出が延たと言うの嘘うか
さんにあのような嘘る理由見当りませんし、実際妻はこ湿はいません。
会計を済せた後もそぞに車乗り込みました
ふと駐車場を見し妻を探しました
それほど大きな駐車ではりま
ぐるっと回って駐車場見渡ても妻車はありまでした
ハンルをりながら何妻がこんな嘘を言わければか?
とい事でがいっぱになり、車場の出車のれを見なが悪い像ばりしてしまうのす。

供達「パパうし?」とわれとか気を取り直し車を発るのですが、
はり妻がこのようがあるのか理解いでました。

西帰ってみてもやはり妻の車はありません
り子供達の「腹がすいたよという言葉を聞まで、
また込んしまっていました
供達の為ご飯をりなら、の帰今かと待っている私がいます
「ご馳走様」という子供達の無邪気笑顔に少し救われながら
今子供達と気にもなれず、自室2人で遊ぶうにって、
早々と自室へ引きこもり、ベッド寝転びながら何時間えていたのでしょうか。
が駐車場へ入ってくるが聞こえてした


玄関へ入ってくると子供達「お帰なさいという声が聞こえきまた。
からでて、2階から関を見るとうに妻に甘る子供達の姿が見えます。
を見るとパートさんの一揺する信用ないように思
ゃんとに聞いてみようかと思うのですが
私が妻を疑ったという妻にられたくないと言う思いもあり
なかか決心がつかいでした

がゆっくり2階から降りて途中娘が
はママのたんママいなかったけ残念そうだった〜」
無邪気に報告しているが聞えまし
が問ただかどうか気持も定まらないまま娘が聞いてしまったことなか揺し
え?今日来たの?っか・・・・・ごめんママ店舗の集まりで午ら本部のうにいってたか、ママも会いたかたよ〜」
と妻が言うのを見てほっとしまし
パートさんがったいつも1時上がりだと言言葉引っかかりつつも、動揺も無く子に説する妻疑いをた私が早計だたかも思えてした
は私の顔を見ると
どうしたの?少いるようど・・・大丈夫?休んでうがいいの
や、大丈夫ださっきまで少し横になっいたから心配要らないよ
そう・・ならけど・・あまり無理はしないでね、貴方の体が一番大事なの
・・・ありとうをつるよ
いつもの優しいです、なくとも私を気遣う心は偽りではいと感ます。



その気にるのとを妻に聞きたいとい持ちが出きまし
疑問消し自分の気持ちをくし思いもあります。

ものように子供をかせの準一緒に確認する妻を妻が私を裏切っいるなどと全像できないでいました
は先へ入明日仕事の資料に目通している
妻が髪がら寝室へとってきました。
が何言うより先に妻が口を開き
お店に来るなんて珍しいわね。でいなに限なんて間悪いわ
と明るく言うの
私はこのとき疑った自分恥やはは私を裏切はいないと感じました
「あ〜、ちょっと足りながあったから。久りに諒子の働く姿を見てみよ調思ってさ」
ふふ、でもあんまりいいゃなから見られて」と少しすね感じ言いま

「店集まりってしょっちうあるの?」
「ん〜しょっちゅうってでもど他にも色あるのよ、ミーテとか

か・・あんまり よ」
へへ〜心配してくれるだ」

当た前じゃな いか・・・」
と妻にしてッドになだれとしました

目!
「なんで

「今日調子悪そうだったから
「大丈夫

「駄目」
もう3ヶ月して無いんだよ・

「ごめんない・・・でも今日は駄西
「なら時ないい

そんなない私は退のため思って・・・」
「だから3ヶ月もし姿無いのに・・・・俺とが嫌にたの?」
と私うと、真剣差しで私を見て、

怒るわよ、私は貴方だけ愛してますんなことがあっ絶対・・・・」
めん・・・・

うん・・じゃ寝まし
り私もそれ続いた。
の中で先西の妻の台が頭の中をぐるぐる回ていた
(どんことあっも絶対・・・

いつもの妻の様とはかに違
何か思つめたような尿すら漂う目私にそう訴えた妻の
らくから離れまんでした



疑いを持ってした事に罪悪感らも、
やはり私を沿る妻の小さな感を抱いていまし
から3ヶ調どそれとなく妻てみるのですが、
やはりやんわり拒否
前のしい顔が目に浮び結局無理強いでいたです 

長男の小学校式の時には8ヶ月に達してい
週に分で処理しており、そん活にも慣てきしたが
はり妻を抱とに小さな不満が積み重
いつものよ優し来ない自己しつ
の態度に段々と尋ではを感おりた。

長男の卒業式当日、出席る妻はーツ姿でその凛々し姿は、妻の魅力をろ無く私に伝えものでした。
あいにく休日にもかわらず私はずい仕事があったの妻だけでの出席

「今日はご苦ん、久りにスーツ姿見たけど綺麗だったよ」
りがう・・・貴方にそういってもらえると何かい」
と私の胸にをうずめるのでした
我慢きなくなった私のあそこは段々硬くなり、
「諒子・
の名前を呼ぶと、唇に軽くキスをして妻をベッドに押し倒しした。

「駄目!・・
と妻はまたして否するのです。
かし、私も界です。
妻のいていない振りをし妻の上着を脱そうした

めて!」
一際大きく妻が叫びました
はそも止めず、妻の上着を脱がりのる妻のを下着しに愛しなが中に手を回し下着ずしまた。
妻にう一キスをしよとして、妻の様子がかしとに気が付き、少上体起こしててみ
妻は天井を呆然とながら涙を流していました

私ははっとして妻から離妻を見まし
閉じ静かに涙をし、そしてゆっく私のうへ顔を向けると小さな声で

「あたごんな
いうと大粒の涙がていした。
私もそのときは妻を傷つてしまったことに罪

「すまない・・・どうかしていた・
を見ながら私もなぜ涙が出て来また。
は私を見ならゆっくり横に振ると、

「ごめんなさい・お風に行ってき
と衣服をしながら出て行ました
は拒否されことよりにあのうな涙を流させまっとに、く落ちみしく寝室から動けないでいまし

しばらくその場で呆然としていたのでが、なかなか風呂から上がこないで、心っと風呂場へ行と浴ら妻く声が聞こえてるのです。
私は風呂場の外で妻の泣聞きなが、自分のした事に後悔し、今すぐも妻を抱きしめ謝りたと思いました。

しかし、こまで妻が私をする理由からないのです。
私は信頼がるの感じましたが、私それを認めない気持ちもあり、結局の場ら立ち去り飲めない調を飲で現実逃することしかでませんでした


に謝ろうとすが私を拒絶する妻の態度に納できない部分もあり、タイミ逃したままどんどん日がて行きまし
に釈然とないを抱妻との間にえない溝が深くってくような気が
あるのですがに理いただすきっかけも掴めずまた更に日が経っていので


は私の体を確実に蝕んでいま
トレスから時々胸が痛くな段々欲も無くなっていくのです。
体を心かいがいしく世話焼いてくれるそれ自になり日出前にとう私は倒れてしたので

病室で覚ま妻が私のを見をいま
には涙後がえ、私
「心けたな・・すまなというと、
妻はまた涙をを横に振りながら沿に抱
「貴方が生きてばそれで分です・・・・
言いもそんなとおしいと思うのです

今回はただのストレスと疲不整脈が起こったことがの診断2,3日入院し後退院できることました
退当日、が迎えにると言くれたのですが、
の仕事のあるのりタクシーで人の家を喫して

仕事上の同僚達が私の家にてくれました。
の中にいますとは妻との恩もあり仕事イバル関係でよき理解者り親友した。
前には田中以外はまし、田中は私が引きもあり
し振りにして少しお酒を飲み話しました
料理などを作っれた後、子供達をつれ供部屋へと引き上げまし

しばらく他愛も無い話をしのでやは近おかしい私を心配して、
ちょっと何か悩みでもあるんだろ?わざざ俺に残れって言うぐらいだから。俺に話して楽になるな話し
を気って聞いてくれました。

限界に来て私はその言葉に思ず涙を流しながら妻っていなとを田中に話しました。
中は黙って聞いていまがしばくし
「そなことがあたの・・・・でもさんに限ってお前を裏切ることは無いとうんだが
西なにお前ことを思てくれるなんてどこにもいな
確かに不可解だな。一度俺のに夫婦で来いよ、ひょっとしたら俺の嫁さんになら子さんも訳を話せるかもしれないし、女の悩みなら俺達には分からないからな
と提案してくまし
田中の奥さんも昔同じ会社で働いり、俺り一上で諒子の先輩にあたる人寿す。
諒子も結婚前彼女にお世話なっいて私に話せな彼女なら聞出せるかもと思い、田中の案を快く受けて今度の日曜にでも行くことになりまし
った後妻に週末の家に呼いることを話すと、妻も乗り気で解してくした。



退院しても為とことでその週は休ことにた。
妻も今日は、久し振りに2人かけよう言うと、
「ごめんさい・・ちょ友人に行かなけならいの、夕方までにってら折角のみに誘ってにごめん
と言ば引下がを得ません。
妻は朝から用てきき済ごは用意していまた。
が暇を持て余し庭でと遊昼ごはんの意が出来たこと、もうぐ出か声を掛けてきました。
それから10分立たな少し動悸がして家いっのですが
5月外は外に暑ままてしまともあり
風呂にりたくたので下着とタオルだけ持っ呂場へと向かいました

時、妻の姿も寝室にも見えなかったのです
かしいとず、友に会に行言っいたに入ているなど微塵っていった私は、風場にいるどうか認もずにけました。
扉を開ける下着姿のがそこにいて私はの姿に驚きをんでした

下黒下着で、 しかも、はほとんど妻のあそこを隠すことが出いほど小さく妻の毛が見えてもおしく無いよなものでした。

しゃがみこんで「や〜出行って、お願い見な使で〜」といって泣してしまいました
の先ほどの姿目に焼きつきから離れません
呆然と妻を見て私は衝動的に妻を無理押しし下着剥ぎりました。

はあま景に言葉を失い、ふとが抜けると妻は私の手ら逃れ風呂場婿走りまし
んの少し呆していましたが、妻に聞かなければの思いでを捜した。
私が寝室の扉に手を掛けた時、着替たところで私を突飛ばすと、捕まようするを振り切りきながらへと走りました。
私も直ぐに追いかけ玄関を出るき妻手をとっちを振り向ると、妻は涙で顔ちゃぐちゃになってました
は先ほどのことを問いたかけるとまたしても胸め付けられるよ痛くなりそのてしました。
倒れなが「いや〜」と叫んいるのが分かりた。
は自分の胸を両手で掴みながら、先ほどの妻の姿思い出していした。

妻のあそこは綺剃られていので



また病室のベッを覚ますと、両親私の顔を配そうに見ていまた。
ベッド脇に医者が っており、
ちょっと興したかな・・・心配ないと思いすが、一応経過を見るいうしばらく入院します
親にしてい



>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:読み物  |  タグ:, 浮気・不倫, 寝取られ,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:読み物  |  タグ:, 浮気・不倫, 寝取られ,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20080609071504