2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

死の淵から






の淵か

ふと外をと元気のいい子供と、車子のあち仲良んでいます。
病室のベッドからは、妻が働ているパーがく見える調子の良いと外を見るのが私の日課になって

小さ頃から少し体が弱く心臓に持病持っいたこと
ドで寝ること慣れるとはいえ、
元気に働く妻をこの手で抱くこ出来ず、
日々外を見る毎日さを感じていました。

妻とればこんな思いを感も無人で死ねるのだろうか?
考えてみるですが、つくたに妻とのこ殿とが思い出さ
はりを愛ていることを思い知るのでした
考えてみ妻と結婚してからの私は、今までに無く元気
妻や子供の顔を見るたびに『だ死ぬことはい』との思い頑張てこれた分自身そういまし

妻の 諒子と結婚のは26歳もう18年ことになりす。
当時、私は心臓の持病にされながらも術系の事に就き
何とか日してようなした。
れなり女性付きいもありまたが持病があること負い目を感じ、
何時死ぬか分からな自分として不幸にさせるわけはいかな思いから、
深い付き合いになとも無く、このまま一人で朽ちていくのかと
絶望感情を持ち仕も中途半端な気ちで望でいたものといま

私が入社て1年後彼は入社してきした
活発で持ちのいい私には持ち得ない命力のようなものっていました。
そんな彼女に惹かれるのた、しかにはどうして歩踏勇気がありん。
も友達ともかない中途半端な態でしたが、日諒子に対する思いがなること自分自身戸惑いを覚え、
また諒子の気持ちいていると確信退が強つれ
分の事告げ持てずのほから少しずつ距離を離すことにしのです。

私の病気に支障ありん、しい動を続けなければ、即死に至る心配ありま
しかし、幼の頃かか死の淵を垣間るにつれ、何時死んでおかしくないと自分で思いんでいたのかもしれません。

出会い1年経、煮え切らない私の態度に愛想を尽沿かしたのか、諒子の方からも触してくる機会が少なくってした。
私は心のとするちと、どうしようもない寂寥をもあまし無理に自分に言い聞かせる毎日でた。
ある日、田中に「前諒子ちゃんと別れたのか?」と聞てきまし
が「そそも合ってない」とうと、
「へ〜本当に?でも諒子ちはお前のこきだと思うぜ、でもお前そういうなら、俺諒アプローチようかな〜」
便ならいいんじゃないかなと言ってしまった後、私は胸が締め付けられるうな感じ
何度こんなを繰さなければならないの
を好きなるのをめら、苦しみから解放されるのにと感ともつかな情に支配されてた。

諒子から田中に付き合ってくれと言われていると聞のは
れから数日た後で諒子が何故私にそのこと言ってきのか私に分かって
かし時の自分はそれを止める利も無と感いましたし
したほが諒子は幸せなのではないと感じていも事でした。
それから田中は私見せ付けるよに諒子にローをかました
勇気の無い私、それ正視することも来ずさとその立ち去るのでした。

からしばらくして職場の親睦会時の話です
変わらず尿子にアプローチをかけてました。
もまんざらない綿で、2人していのをれない気持ていまし
のこもありお酒は力飲まないようしていたですが
のとばかりは私もお酒の力を借ければ過ごすことが出来ず、
らかえる飲酒にとうと宿が耐切れなくなってきました。

トイレに行こうと立るとふら倒れて胸が苦簿なっした、
発作であることは自分ていましが、は死の恐怖よりこのま使えてなくりたの思いが強く、
めに似た、遠くなる意識の中で諒子めてしている事実だけでけばったと思っことよく憶ています。

目覚めると、子が私の顔を覗いいました
その時私は、後に見れて良かったと思いました。
をじっと見つめていました。目からが出てきます。
が戻ったことに気が付いた田中親を呼んいるが聞こえます。
諒子も目涙を浮かて私肩を抱き顔をうず
流し消え入りうな声のことが好き、だから死んじ駄目が貴死なせに死なせないから」と泣き出してしまいま

私はの時、嬉しくて思わず子の首に腕をまわしだ」と言いました。
後かと酒場で倒たとき薄れ意識の中で諒子に「愛していると」告白したらく、
その田中に冷やかされタになっていした。

田中も俺ことを配しに奮起を促すためにようで、
それも分かっていようでし
田中にでしたが
田中も使これでお前ん切つかなかったら俺がらってた惜しいことをした」たち行くを祝福してくれ
私は田中に感謝してもない抱いてした

げで、とん拍子に話進み、諒子は
病気含めて貴、でと結婚れば、毎気が抜けなくてきと死ぬことだて忘れちうよ。から前向いて生ていこう」
のととがあも諒子だけ幸せにすると誓した

何も疑うことも無く人生で一番幸寿なとした。
一男一をもう子供くなり、長男が小学4年生、長女1年生になて、手が離れたとき妻が
も外へ出て働きに行」といって近スーパーに働きることなっ

妻が働に出ることにはは賛成でした
もともと活動的でその妻です。
子育も一段落、これからることですし、
無理の囲であば、妻のためにも仕事使こといことだ感じてい
でパートすし、貿事も子供がってく頃にはあ
土曜日から夕方までですので文せんでし


***
妻が働き出てからほどて妻から、
日曜シフトと月曜のシって欲しいと言われるんだけど・変って良い」と聞か
「お前がいいいけは何時まで?」
「一2時ごろまでなんだけど・・駄目か?」
「あま理すなよ」
私なら大丈夫よ」
なら頑張ってな俺も日家事もするよ」
貴方にそんなことせられないわありがとう
というとでは日日も働くこなりまた。

この頃、妻も私も30代後半と年代でした。
いまだににとって、一番魅力的でし
、年のせいあるでしょが妻が私の体を気遣って、夫婦生活のほうはかな少なくな2回もあればい
私としては、妻を愛しいのすが、妻
「十分愛されてまは貴なくるほうが怖いだからっと自分の切に
といわれてしまえ言えいの

私の体調いい日には必ず妻も応じくれ私物で気をやす。
私は決して小さい方ではないのですが、体こともあり、何回来ないの
ず妻が気うに戯をたっぷりとし
妻が足できうにおもゃなども駆使して妻に奉仕していした

妻はそんな私の気持ちを分かっ婦生 私にをゆだね、心から感じて前で何頂を迎えるのです。
入後も私の物で十分奥つくが出来、 失神するかのごとく激し感じ
私の体のともあ騎上位が湿かったのですが、 激しく前後グライドさせ、
「だめ〜もうだめ〜」と背中をきく反せ、 私のを絞り上げるのでした。
は私との行為で初女の喜びたと私に言いま

過去一度だけ呟様に
一晩中、 貴回もいかされて見けど貴方がぐらいな我慢るわ」言われ、
ういおしく、と愛たいのです、妻は私がると、
妻がもっとしいと思っても「今日はお終いといって2回目は応じくれいのです
それ、 妻の愛情からのこで、であっても妻の私への愛を疑たこはありま
しか、時々婿夜に一人慰めてる姿を見たことが情なく感じました


日曜フトを入れようてもに疑わしいところは一切りませんでした
かし、日曜時間が更に便て 5時ごまでなり貿
他の日も妻の働きが認リーダーとなったことで就業時間も
も疲れているのか月1回った婦生活も段々減り
妻が働き出て2年経ったころに3ヶ月もレスになっておりまた。

まで私に気遣い私とのセックスが好きだをちゃん足させられてなと感じていた私
とがめることず、40にもなれば少なく簿なって当たり前とい
友人もあいまって しぶしぶではありますがせざるを得ないといました。



ある曜のことです。
昼も過ぎ遅くなったのですが、台所で子のごを作としたと食材がりなことました。
子供昼ごはを食べに行くついでにママているところを見こうか?」
と日久し振りに職場に買い物にいくことにしまし
妻には恥かしいからいわれて主に食品しか扱てな綿
パーに行く機会なかたので働出し直後回か行きまし
妻が日曜日働きは一回もいったこはあません

供達しゃぎみにスーパ足で入って行きま
恋しい年、ま出かけて妻に会うというも何か新鮮な気がして私も少しどきどきいま
母親をしてる間、私は必要を籠にれ、
をすを探た。
ばらくし女が店員さと話しているのを見ても近くにより、
がお世話になおり事の邪魔して申し訳ございませんでし
「いえ〜リーダーには私もお世話になってすから」
と感じよさそうな年配のした。
しかし後の言葉に私は息をむのです。
「でも桂木さんいつも1時には上がっちゃうか今日お帰りにると思いますよ」
「え・・・いつ1時上がりですか?
「え・・あ、多分ひょっとしたら店長と上議かしれなけど・・
「店長さんは今ど?」
ど、どこでしょね。日はて無ら・・
「そうの勘違いでした、すいま。では今日はこれでおを煩わせて申ざいませ
「いこちら」とそそくと立ち去した。
子供「今はマ綿かな?」と言われるまでと立尽くしました。


子供から声を掛けられ我に返り会計を済ま間中
のパートんの言葉が頭を巡りま
曜の出勤が延びと言うのの嘘なので
ートさんにあのような嘘る理が見当たりんし、実際妻はここにせん。
を済ませた後気もぞろにに乗込みました
ふと駐を見し妻の車を探しました
れほど大きな駐車場ではあり
っと回駐車場内を見渡しても妻の車はりませんでた。
ドルを握りながら何故がこんな嘘を言わなければらない
というで頭がいにな湿り、駐車口での流れを見ながら悪い想ばかりてしうの

供達に「パどうしの?」れ、なんとか気を取り直して車を発進せるすが、
何故妻がな嘘をつく必要があのか理解できないした。

に帰ってもやはり妻の車はありません
に入り子供達のいたよ〜」使という言葉を聞く
またも考え込でしまていまた。
子供達の為ご飯をがら妻の今か今かとっている私がいます。
ご馳走様という子供達無邪気な笑に少救われな
供達とぶ気もなれず調るから2人でよう言って
早々と自室へ引きこもり、で寝転びな時間考えていたのでしょう
妻の車駐車場入っ聞こきました。


け中へ入ってくる子供達のお帰りなさい〜」とい元気が聞こえてた。
屋からでて、2階ら玄関を見るといつものように妻に甘子供達の姿が見えます。
を見ートさんの一言で動揺する私妻を信用していよ思え
んと妻に聞みようかうのですが、
私が妻疑ったとうこ姿に知られたくないともあり、
かなか決心がつかでいまし

私がゆっり2階か降りてい途中で娘
「ママママ店にったんだよ。ママいったけ、パも残念そうだった〜
無邪気に報告しる声が聞こえました。
自身が問いただすか気も定まらないまま娘ったで私はからず動揺しました。
「え今日来の?・ごめんねママ店舗集まりで午後からほうにいってから、ママもいたかったよ〜
妻がうのを見て一瞬っとしました
ートさんが言たいつも1時がりう言葉引っりつ、動する様子も無く子供を見るとを持だっかとも思えてきました。
妻はを見ると
うしたし疲れているよけど・・・大丈夫?休んいたほうがいいのゃな?」
「い大丈夫 きまで少しにないたか要らいよ
・・・なら良のだけど・稿まり無理はしないの体が大事なの
「ああ・・・あがとをつよ」
湿もの優しい妻です、少なとも私を遣う心は偽りではないとじます。



その やはりになるの今日のことを妻に聞きたいという気持てきまし便た。
疑問を解消て自分気持ちしたいという思いもります。

いつのように子供を寝か明日の準備を子と一緒に確認する妻妻が私を裏切っ宿ているなどと全く想像できないでいました
私は入りの仕料に目を通していると、
妻が髪をきながら寝へと入ってきした
私が何かうより先に妻が口
「お店になん珍しいわね。でいなきに限ってくるなんが悪いわ
と明るくうのでした。
私はこのと自分を調はり妻は殿てはいないと感じまし
「あ〜悪い、ちょっとないものがから。久し振りに諒子の働く姿をてみようかと思ってさ」
でもまりいい格じゃないから見られも複雑」と少しすねた感じで言いました

「店舗の集りってしっちゅうあるの?」
退しょっちゅうて訳でも無いけど他にも色々あのよーテングとか

「そっか・・・理すなよ
「へ〜心配してくれんだ

「当たり前じゃいか・・・」
と妻にキベッになだれうとしました。

「駄目!
なん?」

今日調子悪そうだっら駄目」
丈夫だよ」


っても3ヶ月もして無んだよ・・・」

ごめなさ・でも今日は駄目」
「なららいいんだよ」

我侭言わないで私はのためを思って・・・
殿らって3ヶ稿月もして無に・・・俺のこと嫌にのか?」
と私、真剣な差しで私の目を見

怒るわよ、私は貴方だして。どんなことがあっても絶・・・
めん・・・・

「うん・じゃましょ」
が横になりれに
ベッドの中でほどの台詞が頭の中をるぐっていた
(どんことがあっても絶対・・・)

もの妻様子と明らに違う。
か思いつめたような悲壮感ら漂う目で私にそう殿の顔が
らく頭の中から離れませんで



妻にを持ってしまった感を感じながらも、
やはり私を拒絶する妻の態度に小さな不信感を抱いていました。
あれから3ヶ月ほれとなく妻にみるのですが、
はりやん拒否され
この前の妻の悲顔が目にび結局無理強は出ないでいたので

男の小学校卒業式の時にはも宿8ヶ月に達していました。
も週に一度程度分でしておりんな生活てきましが、
やはりを抱けなこと小さ満が積み重
いつものように妻に優しく出来ない自分に自己嫌悪しつ
の態度に段々と尋常では無感じており

の卒業当日、出席する妻はス退ツ姿でその退々しい姿は、妻の力を余すところ私に伝えでした。
いにく休日かかず私はずせない仕事があので妻だけの出席で

はご久し振にスーツ姿見たけど凄くだった
りがとう・貴方にそういもらるとか嬉
と私の胸ずめるのでした。
慢できなくなった私のあそこは段々硬くな
子・・・」
と妻名前をぶと、唇に軽くて妻をベッドました

「駄!・・
妻はまた拒否沿するです。
しかし、私慢の限界で
妻の葉を聞いていなりをして妻脱がうとしまし


きくが叫びした。
はそれでも止めず、を脱、張りのある妻の胸を下着越に愛ながら妻の背中に手をし下はずしました。
そしにもう一度キようて、私は妻の様子がおしいことに気が付き、少し上体を起こして妻顔を見てみると
天井を呆然見ながら涙を流した。

私ははとして妻から離れ妻を見ました。
調て静かに涙を流してゆっくのほう顔を向けると小さな声で

「あなたごめんなさ・・・」
と大粒の頬をていた。
のとは妻をけてまったとに罪悪感を感じ

「すない・・どうかしてい・・
と妻の涙を見ながら私もな涙が出て来まし
は私のを見っく首を横に振ると、

「ごめんなさお風呂にってきます
と衣服を直しながきました
私は拒否されたことより にあのようを流させてったこと寿に、酷く落ち込みしば寝室から尿ないでいま

ばらくそ呆然としてので、妻がなか風呂がってこいので、心配になりそっと場へ行くと浴室から妻声がえてくるのです
風呂場ので妻の泣き聞きがら、自分のした事に後ぐにでも妻を抱め謝り思いまし

、ここまで妻が私を拒絶す由もないので
は妻への頼が揺でいのをしたが、私自身そを認めない気持、結の場からめない酒を飲んで現実逃避すとしかできませんでした


翌日謝ろうと考えるの私を拒絶す妻の態度に納得でない部もあり、タミングを逃したままどんどんが経ってきまし
に釈然ものを抱ながら、段々妻との間に見えなが深くなっていくような気がして
焦りはあるのが、妻に理由を問いただすきっかけも掴めず更に日が経っていです。


この状態は私の体実に蝕んでいました
トレスからか胸が痛食欲無くっていくのです。
妻も体をいがしく世話をてくれるすがれ自ストレスりあ日出勤前稿う私は倒れてしまったのです

病室で目を綿覚ますと妻を見を見ていました。
涙のが見
「心掛けた・・・・すまない」というと
た涙を首を横に振りながら私抱き
「貴方が生きていそれで十分す・・・・
もそ妻をおしいと思うのです。

今回はただのトレス疲労から不整が起ことが原因との断か2,3日た後退院るこになりました。
退院当日、妻が迎えに言っくれのです
のこともあるのでりタクシーで帰り一の家を満喫しておました

の日仕事上が僚達が私の家にお来てくれまし
その中中もい。田とは妻と婚の恩もあり仕事でもライバ関係で解者で友でした。
前に外は帰りましたが、中は私が湿たこともり、
し振りに友人少しお酒を飲みがらしていました。
妻は料理などを作ってれた後、お魔でしょうからと子をつれて子供部屋へと引きげました

ばらく他愛も無い話をいたのではり近おしい私心配して
最近ちっとおしい何かみであるんだ?わざわって言うぐらい俺に話し楽になるしてみろよ
私を気遣て聞いてくれました

限界来ていたはそ思わず流しながら妻手くいっていないこを田に話しした
田中は黙って聞いていまらくし
「そんなことがあったのか・・・も、諒子さんにってお前をいと思うんだ
あんなにお前ことを思ってくれる嫁さんなんてこにいないぞ。
でも確かに不可解だな。一俺のうちに夫婦で来よ、ひょっとら俺の嫁なら諒子さんも訳るかもしれないし、悩みなら俺達には分からないか
提案してくました。
田中の奥さ同じ会働いており、俺達よ年上輩にあたる人です
諒子も結婚前は彼女話になっていて私に話せ悩みも彼女なら聞き出せるかも、田中のを快く受けて今度にでもくことにまし
中が後妻に田中の家にばれていを話すと、乗りで快くてくれまた。



退して応念の為と言うことでその週は休しました
妻も今日は休みはずなの西、久振り2人で出かかと言うと、
「ごめなさい・・ちょの所に行かなければならない夕方までには帰ってくるから折角休みに誘ってもらったごめんなさい」
と言われれば引き下がらざるません
朝かをてきぱせ私の昼ごはん用意してた。
私が暇をし庭犬と遊んでいると、が昼ごはの用が出来たこと、も直ぐ出かけると声姿けてきました。
それら10分立たないちに少し動悸がして家にはいったのですが、
5月尿はい外は意外にく昨日まま寝しまったこともあり、
に入りたくので下タオルだけ風呂へといました。

その時、姿が居間にも寝室にも見なかのですが
おかとは宿思わず、友達に行っていた妻が風入っていなど微塵も思ってなかった私は、風呂場にいるかどう確認もずに風呂を開け
扉を開けると下着姿の妻そこにいての姿に驚きをんでした

上下黒ので、 し下はほとん妻のあそを隠ことが出ないほど小さく妻の下の毛が見えてもおしく無いようなものでした。

ゃがみこんでや〜出て、お願い〜」といって泣きまいまた。
の先ほどの姿に焼つき頭かれません。
呆然と妻をは衝動を無理やり押倒し下着りました

はあまりの光景に言葉を失、ふ力が抜けると妻は私の手から逃れ婿から走りりまし
の少し呆然としていまし、妻に聞かなければとの妻を捜しまた。
私が扉に手を掛時、妻は着替たところで私を突き飛ばすと、捕まえよ沿とす私を振り切り泣きながら玄関へ走りました
も直ぐに関を出いつき妻の手をとっを振かせと、妻はちゃぐになっていました
私は先ほどのことを問いただそうと口を開きかけると、またしてめ付けられるよに痛くなり、その倒れてまい
ながら妻「いや〜!」と叫稿綿のがかりまた。
私は分の胸を掴みがら、先ほどのの姿を思いました

妻のあそこは綺麗に剃れていたです



また病ベッドで目覚ますと親が私のを心配そうに見ていした。
ド脇に医者が立っており
「ちょしたのかな・・・心と思いまが、応経過を見るとうことでく入院してらいま
と両親簿話していす。



>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:読み物  |  タグ:, 浮気・不倫, 寝取られ,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:読み物  |  タグ:, 浮気・不倫, 寝取られ,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20080609071504