2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

野球拳で曝された妻の...






これは私が仕事の転勤で今の住所に引っ越してきたばかりのころの話です。
当時、私(山並和彦)は32歳、妻(智子)は31歳の時の出来事です。


妻は、人目を引くような美貌は持ち合わせてはいませんが、
痩せすぎず、太ってもおらず、スタイルは私が言うのもなんですがわりといい方で、
そこそこ美人といった感じだと思います。


慣れない土地に引っ越してきたばかりの私たち夫婦に同じ町内の方々はとてもよく接してくれました。
この土地に引越してからちょうど1ヶ月が経ったくらいの頃です。
町内会で、私たち夫婦の歓迎会をしてくれるということが決まったらしく、私たち夫婦は招待されました。
智子は、親切にしてくれるご近所さんたちにとても喜んでいたし、私もとても楽しみにしていました。
それがあんなことになろうとは・・・



歓迎会は町の公民館の座敷で行われるようでした。
私たち夫婦が到着すると、中には、もう他の町内会の人たちが既にあつまっていました。
人数はだいたい20人くらいだったと思います。
私たちの他にも夫婦は何人かいました。
直接誘ってくれた山下さん夫妻を含め、5、6人は顔なじみの人でしたが、
後は初めての顔振りばかりでした。


私も妻も初めは慣れないメンバーに少し緊張しましたが、
和気藹々とした雰囲気に直ぐにその場に溶け込むことができました。


初めは当たり障りのない会話で盛り上がっていましたが、
お酒が進むにつれ、話は序所に下のほうへ流れていきました。


「奥さんかわいいね。毎晩あっちの方はどうなの?」


そう聞いてきたのは、床屋の店主をしている今田さんでした。
今田さんは、こんな言い方は失礼なのですが、
どこか小汚いオヤジといった感じのいかにもスケベそうな40代の独身です。


「まぁ、ぼちぼちですよ・・・」


と、苦笑いを浮かべながら、はぐらかす私に追い討ちをかけるように隣に座っていた石浦さんが言います。


「さっき、奥さんのパンティが見えちゃいましたよ。かわいらしい純白のパンティでしたね。」


「純白かぁ、いいねぇ、智子さんにぴったりだ。オレもぜひ拝みたかったぜ。ちきしょう、うらやましいぜ。」


旦那が目の前にいるにもかかわらず遠慮のかけらもない会話が飛び交います。


「かんべんしてくださいよ・・・」


笑顔でそう言ったものの内心は穏やかではありません。
確かに、今日妻は白の下着を着用していました。
それを今日はじめて会った男に見られ、しかも、小汚いオヤジに拝みたいなど言われると、嫉妬と悔しさで胸が少し熱くなります。


そんなこともありながら、なんだかんだと歓迎会は進み、盛り上がりも落ち着きそうになった頃、
町内会長がとんでもないことを言い出しました。


「ただ今より、町内会恒例の野球拳をはじめまーす」
「いよっ!待ってました!」


会場は、先ほどまでの落ち着いた雰囲気から一遍、急に盛り上がり出しました。
この野球拳は、女性が勝てば10万円がもらえる代わりに、どちらかが全裸になるまでは止められないというものでした。
前回行われた時は10万円を獲得した奥さんがいたのですが、
今までには裸にされてしまった奥さんも何人かいたそうです。


「山並さんの奥さん!挑戦してみませんか。」
「えっ?私がですか?困ります・・・」


妻は嫌がっているものの、周りの雰囲気はもうそれを許しません。


「旦那さんいいですよね!勝てば10万円ですよ」
「しょうがないですね・・・」


周りに執拗に勧められ、私も断ることができませんでした。
ですが、今思うと、たとえこの時この場の空気を壊してでも止めるべきでした。


「じゃあ対戦相手は・・・」
「オレにやらせてくれ!」
そう言って名乗りを上げたのは、あの小汚いオヤジの今田でした。


「奥さんのオマ○コ一番乗りでみちゃうよ」
そういやらしい顔つきで今田は言います。


「お手柔らかにお願いしますね」
苦笑いでそう言うものの、内心穏やかではありません。
こんな小汚いオヤジに妻の大事な部分を見られるわけにはいきません。
なんとしてでも勝ってくれ、そう強く願いました。


「アウト!セーフ!ヨヨイのヨイ!」
初めは妻が勝ちました。
しぶしぶ今田は上着を脱ぎます。


まだ1回目なのにホッとした自分がいました。
しかし、その安心は束の間のものにすぎませんでした。
2回目、3回目と妻が連続で負けてしまいました。


「奥さんもっと腰を振ってやらしく脱いでよ」
とまどう妻に容赦ない言葉が浴びせられます。


「旦那さんすみませんねぇ、この調子で奥さんの大事なところを見せて頂きますよ。覚悟しておいてくださいね」


そう言ってやらしくにやけた今田の目は真剣そのものでした。


その後は、何回かは妻が勝ったものの、負けも重なり、
いよいよ妻はブラジャーとスカート、
そして下のパンティーの3枚だけの姿にされてしまいました。


「奥さんの下着は白なんですね、下もおそろの白かな」
「けっこう大きいオッパイしてるね、早く乳首を拝みたいな」


妻の他にも女性は数名いるのですが、
周りは完全に妖しい雰囲気に染まっていました。
他の奥さんたちも今田を応援する始末です。





「ヨヨイのヨイ!」
また妻が負けてしまいました。


「やったー!奥さん次はパンティーとオッパイどっちを見せてくれるんですか?」


妻は今にも泣き出しそうな顔つきでゆっくりスカートを下ろします。


「おほ!やっぱりパンティーも白だぞ!」
「いいケツしてるなぁ、かぶりつきたいよ!」


私には遠慮のかけらもなく卑猥な言葉が飛び交います。
妻は恥ずかしそうにうつむくだえでした。
そして、更に次も妻が負けてしまい、残すところはパンティー一枚の姿にされてしまいました。


妻は両手で胸を覆い、ただただうつむいています。


「ここで一旦インタビューをしてみましょう!」
そう言ったのは町内会長でした。


「今田さん、今のお気持ちをお聞かせください」
「山並さんの奥さんのあそこを拝めるなんて夢のようですよ、生きててよかった」


まだ勝ったわけでもないのに余裕のコメントです。
ですが、今田はまだパンツとシャツと靴下の3枚あるため、もう妻の負けは決まったようなものでした。


「山並の奥さん、どんなお気持ちですか?」
「もう、これで許してください・・・」


「そう言われましてもこれはルールですからね、覚悟を決めてくださいね!」
「山並さん、奥さんの裸を見られる気分はどうですか?」


「まだ負けが決まったわけじゃないので・・・」
そうは言うものの、もう妻が次負けたときの言い訳を考えることしかできませんでした。
そして


妻はパー、今田はチョキ
その瞬、間私の時間は止まりました。


「やったー!ついに念願の奥さんのオマ○コ!」
「ぬーげ!ぬーげ!」


辺りは騒然とします。妻の顔は正に蒼白でした。


「すみません!どうかそれだけはかんべんしてください!」


私と妻は必死に頼みこみます。
しかし、周りはそれを許す雰囲気ではありませんでした。
するとそこへ一人の主婦が提案します。


「じゃあ、もし勝ったらこれはここでお開き、
でも、もし負けたら罰ゲームっていうのはどう?
みんながそれぞれ罰ゲームを紙に書いて、
それを1枚引くっていうのはどうかしら?」


「いいねぇ、その代わりどんな罰ゲームでも実行してもらうよ、今度は本当に逃げ道ないけどどうする?」


今思えば裸を見られることですむのなら、見られて終わりにしておけばよかたとつくづく思います。
ですが、あと一度勝てば妻の大切な部分を見られずに済むと思うと、私たちはその悪魔の条件に乗ってしまいました。
そして、ここからが本当の地獄の始まりでした。


「よし、じゃあ、みなさんは罰ゲームを書いて、その間、奥さんは服を着てもいいわよ」
そう言われ、下着姿から、服をまとうことができ、妻も少し安堵の表情を見せました。


「それでは、罰ゲームも書き終わったようですので、野球拳を再開いたしましょう」
「せっかくだからここからは山並さんの旦那さんがじゃんけんをしたら、どうかしら?」
「いいねぇ、愛する妻を掛けての勝負なら気合が入るんじゃないですか?」


そして、ここからは私が今田とじゃんけんをし、負けると妻が罰ゲームという流れになりました。
そして
「ヨヨイのヨイ!」


私と妻以外、そこにいた全員がおそらく期待していたとおりの結果がそこにありました。


「罰ゲーム決定!今度はもう逃げも隠れもできません!さあ奥さんこの中から1枚好きなものを選んでください」


恐怖に顔を引きつらせながら、妻は1枚の紙切れを引きます。
そこに書かれていたのは、


『M字開脚の状態でパンティーのクロッチ部分をずらされる』


まるで頭を鈍器で思い切り殴られたような衝撃をうけました。


なんという卑猥な罰でしょう。
ただ裸を見られることなど、これに比べればなんてこともないでしょう。
大切な妻の一番敏感で、私にのみ見ることを許された場所を今日はじめて会った、
それも大勢の前に晒さなければいけないのです。


「よっしゃ〜!ついにやったぞ!」
今田は子供のように大はしゃぎをします。


「奥さん、残念ですがルールですので、今度はちゃんと実行してもらいますよ。旦那さんも覚悟はいいですね」
町内会長は冷静に淡々と進めます。


「いやいや旦那さん、ゴチになります!大変申し訳ないね〜、奥さんのアソコ開いて見ちゃうよ!」
今田はそう言いながら私を挑発するように、両手の人差し指で局部を広げるような動きをします。





「ここで再びインタビューをしてみましょう!今田さん、今のお気持ちは?」
「いや〜、旦那さんの目の前で奥様の股間を堂々と観察できる機会なんてそうは無いですからね。
穴が開くくらいじっくりと見させていただきますよ。
あっ、もう既に穴は開いてましたっけ?」


そのつまらない冗談に辺りはどっと湧きますが、私の心境はそれどころではありません。


「旦那さん、今から奥様の一番大切なトコロを見られてしまうお気持ちをお聞かせください。」
もう私は観念するしかありませんでした。


「しかたないですね・・・今日だけですよ・・・」
「奥さん今日だけだって!今日だけはオレのことを旦那さんだと思っていつも通りに安心して心とお股もおっぴろげてちょうだいな!」


調子に乗って今田は妻に卑猥な言葉を浴びせかけます。


「それではそろそろ罰ゲームの方を始めたいと思います!皆様大変ながらくおまたせしました!」
会長がそう言うとあたりは一気に盛り上がりだします。


「それでは奥さん、テーブルの上に乗って、おしっこをするみたいにしゃがんでくださいね。みなさん見やすい場所に移動してください。」
皆は席を移動し、テーブルの上に立たされた妻の前に集まります。
そして一番前には当然、あの今田が席をとります。


「奥さんはやくはやく!」
「M字!M字!」
なかなか、しゃがむことのできない妻に周りは少し苛立ちます。
そして、皆に急かされついに覚悟を決めた妻はその場にしゃがみこみます。


「おお〜!」
「人妻のパンチラや〜」
「もっと足を開いてよ!それじゃよく見えないよ」


私のことなどお構いなしで皆好き勝手なことを言い出します。
そこでまた今田が調子に乗ります。


「奥さんもっとこうガバッッと股を広げましょうよ、ガバッと!おしっこする時はそんなんじゃないでしょ?」
そう言うと今田はみずから実演してみせます。


妻は言われるがままに、少しづつしゃがんだまま足を大きく広げます。
大きく大きく、これでもかと言わんばかりに妻の両足は左右に広げられ、まさしくきれいなM字を描きます。


「ご開帳〜〜〜〜〜!!」


そう言うと今田はうれしそうにガッツポーズをしてみせます。
それにあわせてまわりも大盛り上がりです。
今妻は、股が裂けそうなくらいに大きく広げられ、下着こそつけているものの、股間を皆にさらけ出されています。
その、むっちりとした股間に皆の視線は釘付けだったでしょう。
私でさえもこんな卑猥な妻の姿を見るのは初めてです。


大きく足を広げたため、パンティーのクロッチの脇が少し持ち上がり、そこからうっすら毛がはみ出てます。
また、白い下着のため、毛の部分ががうっすら黒く見えるのがとても卑猥です。


「あ〜、奥さんとうとうかんにんしちゃったねぇ、見事な大股びらきだねぇ」
鼻先が股間に付きそうなくらいの至近距離で今田はいやらしく言います。


「おやぁ〜?この黄色いのは何かなぁ?」
こんなことになるなど予想していなかったので、妻の下着は一日着用したものです。
大きく広がった白い布地の真ん中にうっすら黄色いシミが見てとれます。
もちろん、それにいち早く気付いたのは一番、至近距離でそれを眺める今田です。


「奥さんダメだよ、おしっこはちゃんと拭かないと!」
屈辱的な言葉を浴びせながら、どさくさにまぎれ今田は、その黄色いシミを指でなぞります。
そして、更に屈辱的な行為をしだしました。


鼻を妻の股間にくっつけると、わざとスンスンと大きな音を立てながら、妻の女の匂いをわがもの顔で嗅ぎます。
「いや!やめてください!」
嫌がる妻にはお構いなしで今田は続けます。


「やっぱり、ちょっとおしっこ臭いよ奥さん、オレがおしっこの拭き方をしっかり教えてあげようか?」
「ハハハ、山並さん、奥さんのあそこおしっこ臭いってさ、なんとか言ってやりなよ」


楽しそうにそう語りかけられても私には返す言葉がありません。


「よし!じゃあみんなおまたせしました。いよいよパンティーの中身を拝見する時間となりました!旦那さんすみませんそしてありがとう!」
そう言うと、今田はおもむろに人差し指をクロッチの脇からパンティーの中に滑り込ませました。

 

 

関連記事

 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:, 異常シチュ,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:, 異常シチュ,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20080613074641