2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg
 

おすすめ記事

不倫発覚で地獄の制裁を受けた女だけど心から後悔してる
 
産みの母親と初対面したんだが、予想外の対応だった
 
婚約者を襲ったレイプ犯に復讐した
 
お嬢様で処女だった彼女を10年かけて調教した結果
 
妻が不倫の果て妊娠しました
 
中3の時同級生の母親がデリヘルやってるのがクラス中にバレて自殺してしまった話
 
全裸の女を拾った
 
プロポーズ予定の彼女の浮気現場に生で遭遇。俺は一夜のうちに最低限の荷物とともに家を脱出した。
 
ビデオの中で他人にハメ撮りをさせていた彼女
 
担任の女教師の絶対に人に見られたくないであろう秘密を目撃した
 
自分の浮気が原因で子供が重症に。復讐に燃えた親族から相手にとんでもない報復がなされた
 
3歳の息子がありえない血液型だったのでDNA鑑定したら
 
裏切った嫁に起きた壮絶な因果応報
 
嫁が知らぬ間に複数の男のオモチャになってた話
 
妹とSEXしてしまいました
 
中2から中3まで輪姦され続けた思い出を吐き出す
 
婚約中の彼女の浮気。他の男とセ●ロスしている所をデジカメにおさめてから彼女が狂うまで
 
長男の子を身ごもってしまった
 
知りたくなかった嫁の過去知ってしまったんだが、、、
 
嫁が不倫デート中、サプライズの誕生日パーティーの準備が着々と進行していた
 
 
 

妻とつきあうこととなったった本当の理由
(2ページ目)  最初から読む >>








確かに妻が常務の愛人だった事は、私にとって大きなショックには違いなかったが、
まだ結婚前の出来事だと自分に言い聞かせ、気を取り直して詳しく聞き出す。


当時、病気療養中だった常務の後任話が出て、最初に噂に上がったのは伊藤部長だったが、次第に高橋部長をとの声が大きくなりだした。
仕事は、自分の方が数段出来ると思っていた伊藤部長は、
人当たりが良くてご機嫌取りが上手なだけで出世してきた高橋部長が自分の上に立つのを許せずに、
スキャンダルを探すようになっていく。
鈴木係長はその命を受け、探偵を雇おうかとも思ったらしいが今一信用できずに、
自分の出世にも関わる事なので、自ら車やタクシーで後をつけるなど、
探偵宛らな事までしていたようだ。


しかし、大事な時期の高橋部長も、慎重になっていて隙を見せない。
高橋部長には、スキャンダルになる事など何もないと諦めかけた時、
同じ課にいた妻と廊下を歩いていて高橋部長とすれ違った時に、
妻と高橋部長が一瞬アイコンタクトをとったように感じたと言う。


その後は、高橋部長の尾行はやめて、一か八か妻の尾行を始め、
時々あるワンルームマンションに入って行く事をつきとめた。


案の定、時間をずらして高橋部長も入って行き、結局ここが2人の愛の巣だったのだ。


「高橋常務は、必ず一度家に戻ってから来ていたので、家まで尾行して諦めていた私には分かりませんでした。」


「いつからの付き合いか分かりますか?」
「それは分かりません。私が調べ始めた時は、既に付き合っておられましたから」


たまに逢うのではなくて、2人の愛の巣まで構えていた事に更なるショックを受けたが、その後更にショックな事を聞く。
「今でも・・・・付き合っているという事は・・・・・・・」
「それは・・・・・分かりません。ただ・・・・・・・」


「ただ何です?」
「言い辛いのですが・・・・・私が調べていた間は・・・ずっと・・・・」


「それは・・・・・いつまでですか?」
「高橋部長が常務に決まって、伊藤部長が辞められるまでですから、加藤課長が結婚されて、3、4ヶ月ぐらいは・・・・・」


「結婚してからも?でも妻は必ず家にいました。確かに出張は多かったがまだ新婚だったので、私は家に毎晩電話を入れていた」
「ええ、その頃は出張の度に、加藤課長の家に高橋常務が訪れていました。泊まられる事も度々で・・・・・・・」


私は結婚を機に家を建てたが、そこはまだ造成中の住宅地で、
今と違って周りに家はほとんど建っておらず、近所付き合いも無かったので、周りの目を気にする事も必要無かったかも知れない。


あの妻がそこまで酷い女だとは、到底信じられなかったが、鈴木係長も嘘を吐いているようには見えなかった。
第一、今となっては彼に、この様な嘘を吐く利点が無い。
その後の事は覚えておらず、気が付くと自宅に帰っていた。


「あなた。飲んでいらしたの?」
「ああ」


笑顔の妻に、いつものように笑顔で応える事など到底出来ない。
それどころか、手を上げそうになるのを押えるのに必死だった。
このままでは証拠も無く、言い逃れされたら終わりだ。
絶対に許さない。
可愛さ余って憎さ百倍。
今までの私は、まるでピエロじゃないか。



今でも私を騙して逢っているのか突き止めるべく、
熱を出してしまって行けないと得意先に嘘の電話を入れ、
出張に行かずに夜を待って妻の実家に向かう。


「香織は何処にいます?」
私の顔を見た義父と義母は言葉を失って立ち尽くし、
何も知らない息子だけが、嬉しそうな顔で私に駆け寄ってくる。
その時、けたたましく電話が鳴り、我に返った義母が出ると、私を横目で気にしながら小声で話した。


「今日は帰ってらっしゃい」
相手が妻だと分かった私は、無理矢理受話器を取り上げて耳に当てる。


「お母さん、どうしたの?仁に何かあったの?」
「いや、仁は元気だ。俺が一人で育てるから、もう永久に帰って来なくてもいい」
そう言って一方的に受話器を置くと、外まで縋りついてきた義母を振り切り、息子を乗せて我が家に向かった。





家に着いて息子を寝かせると、私の脳裏には妻と常務の姿が浮かぶ。


妻が裸で常務の下腹部に顔を埋め、常務は笑いながら、もっと舌を使えと指示を出す。
上に跨った妻に、もっと動けと下から叱る。
終わった後も、口で後始末をさせていた。



自然と涙がこぼれていたが、車の止まる音がしたので涙を拭うと、妻だけでは無くて義父と義母も一緒だった。
時計を見ると、私が帰って来てから2時間以上も経っている。
「あなた、ごめんなさい。あなたが出張に行く度に実家に泊まって、女友達とカラオケなんかに行ったりして、遊び歩いていました」


妻がカラオケをするなどとは聞いた事も無く、
逆に以前、カラオケは嫌いだと聞いた覚えがある。


妻は不倫していたと知られるよりは、遊び歩いていたと思われた方が得策だと判断して、嘘を吐いているのは明白だ。


「誰と何処のカラオケに行っていた?今からその友達の所とカラオケに行って訊いてくる。ついでに高橋常務の所にも」
高橋常務の名が出た事で、妻の顔は見る見る蒼ざめ、終には床に伏せて泣き出す。
諦めの悪い義母は、この期に及んでも妻を庇って言い訳していたが、突然義父が土下座した。


「すまない。娘と孫は連れて帰る。慰謝料は出来るだけの事をさせてもらう」
「お義父さん。香織だけを連れて行って下さい。仁は力尽くでも渡さない。仕事を変わってでも、私が立派に育ててみせる」
妻は、一層大きな声で泣き出した。



義父が妻を連れて帰ろうとするが妻は動かず、義父と義母も帰る事が出来ない。


「あなた、ごめんなさい。もうあなたを裏切る事は、何が有っても絶対にしません。だから、あなたと暮らさせて。仁と暮らさせて」


私は妻に、知っている事を全て話した。
「これでも俺に、まだ信用しろと?俺を何年間騙し続けていた?結婚自体、騙されて結婚させられた様なものだ」


何も言えずに、ただ泣くしかない妻に代わり、義父が口を挟んできた。
「私達が間違っていた。知っていながら注意するどころか、協力までしてしまった私達が」



妻は、入社して2年ほど経った頃に、急に帰宅時間が遅くなり、半年後には朝帰りまでするようになった事で、義父は妻を問い詰めて、不倫している事を知って激怒した。
妻は、相手が誰なのかは話さなかったが、翌日謝りに来たのは当時部長だった高橋常務だ。
その頃の義父の会社は仕事が減り、人員整理も考えていた。


「お詫びに、御社の比率を増やすように努力します」
言葉通りに仕事は増え、その後も続いた妻の不倫を、見て見ぬ振りをしてしまう。


「私は従業員の生活と、香織を引き換えにしてしまった最低な親です。
話がこじれて受注が減る事を恐れ、いつか終わってくれるだろうと静観し、
会社の為に娘に注意する事すら出来なかった、最低な親です」


両親は、私との結婚話が出た時には、これで娘も人並みの人生が送れると歓喜する。
しかし、その後も妻の不倫は続き、子供が生まれてからは、それを助けるかのように預かった。


「香織が孫をおいて、高橋常務と会っている事は気付いていました。しかし香織は、ただ遊びに行くとしか言わず、私達も聞くのが怖かった」


その頃には、売上の70パーセントを我社に頼っており、高橋常務の機嫌を損ねるのが怖かったのだろう。


「実の娘を、人身御供に差し出していたという事か」
「何を言われても、弁解の余地も無い。君には嫌な思いをさせてしまった」


私は妻と2人で話がしたくて、両親には帰って欲しいと言ったが、泣きじゃくる娘を残して帰る事は出来ない。


「私はあなた達を殺してしまいたい。今それを必死に我慢している。これ以上怒らせないでくれ。早く帰れ」


土下座している義父を足蹴にすると、ようやく重い腰を上げる。
車が走り去る音を聞いて、妻の頬を張り倒す。
妻の傷1つ無い、真っ白な頬が赤く染まる。


「痛いか?その頬の痛みと、俺の心の痛みと、どちらが痛いか分かるか?」



妻は頷き、私はハサミを持って来ると、服をつかんで引き倒す。
妻の自慢の長い髪が、見る見る短くなっていき、大量の髪の毛が無残にも床に散らばる。


それでも私は飽き足らず、妻の服を切り刻み、赤いマジックを持ってくると、裸でうつ伏せになって泣いている。
妻のお尻や背中に『インラン』と書き殴る。
今度は、妻を仰向けにすると馬乗りになり、乳房や下腹部にも同じ事を書いて、
顔にも書こうとすると流石に顔を振って拒むので、また頬を張ろうと手を上げた時、
急にドアが開いて義父が駆け寄り、私を突き飛ばすと妻にジャケットを掛けた。


「許してやってくれ」
義父達は、やはり娘が心配で引き返して来たのだ。


「こんな事ぐらいで、気が済むはずがないだろ。お義父さんなら許せますか?俺は離婚しない事に決めた。一生こいつを虐め貫いてやる」
妻は小さな声で何か言ったが、義母の泣き声で聞こえない。



義父は、改めて妻の無残な姿を見て、声を出して泣いた。
以前にも、この様な義父の姿を見た事がある。
それは結婚式の時で、私はあまりの取り乱し様に驚いたが、今になれば義父の涙の意味が分かる。


「頼む。香織を引き取らせてくれ。離婚してやってくれ」
義父は、ジャケットを掛けただけの妻を抱き起こす。


「ああ、離婚してやるから出て行け。俺と仁の前に、二度と顔を見せるな」


一度立ち上がった妻は、また座り込んで泣き出し、
私は3人を残して寝室に行き、息子の寝顔を見ていると涙が出たが、その時、背筋が凍るような思いが浮かぶ。
何度自分の中で打ち消しても、体がガタガタ震えて止まらない。
ずっと妻と常務が続いていたとすれば、息子は私の子供なのだろうか?
私が戻ると、義父だけがソファーに座って煙草を吸っていた。


「香織は?」
「女房と・・・風呂に・・・・・」


私の震えに気付いた義父は、落ち着かせようと煙草を差し出す。
私は10年振りの煙草を一本出そうとするが、手が振るえていて上手く出せない。


妻は、ほとんど使っていなかったバスローブを羽織り、
義母に抱きかかえられるようにして戻ってきたが、私の存在を知ると、脅えた目をして立ち尽くす。


「仁は誰の子だ!」
両親も今まで考えなかったのか、驚いた顔で妻の顔を覗き込んだ。


「あなたの子供です。本当にあなたの子供です」
「そんな確証は何処にある。俺の子供だと言う証拠は」
「間違いありません。絶対に仁はあなたの子供です」


その時息子が、泣きながら入って来た。
最近は、途中で起きる事など無かったが、私の怒鳴り声で起きてしまったのかも知れない。
妻のボサボサの短い髪を見た息子は、一際大きな声で泣き出したので、
両親にこれ以上妻に危害を加えない事を約束して、息子を連れて帰ってもらった。



「俺の子供だと何故分かる?」
「ずっと基礎体温を測っていたから・・・・・・・」
確かに妻は、結婚以来、欠かさず基礎体温表をつけていた。
これは目覚めてから、トイレにも行かずに測らなくてはならない、かなり面倒な作業だが、
習慣になってしまったと言って、今でも必ず測っている。


「妊娠する可能性がある時は、俺としかしていないと言うのか。いや、出張はその時期ばかりでは無いだろ」
「その時は・・・・必ず・・・・・・・・」
「その時は、必ずコンドームを使っていたと言いたいのか?逆を言うと、安全な時は中に出させていたと言う事だよな?」
何も返事をしない事が、妻の答えだった。


「いつから基礎体温を測っていた?」
やはり何も答えないが、私と付き合うかなり前からつけるように言われていて、
安全な時期には生で入れられ、中に出されていた事が、俯いた妻の表情から分かる。


「常務とは、いつからの付き合いだ」
やはり妻は、ただ俯いているだけで、何も話そうとはしない。


「分かった、離婚について話そう」
「入社して2年経った頃からです。私はあなたが好き。あなたを愛してる」


「今更俺を慰めてくれなくてもいい。本当に俺を愛していたら、こんな酷い事は出来ない。常務を愛しているのだろ?」
「私が愛しているのは、あなただけ。彼に対して愛はなくても、最初の頃は情の様なものはありました。初めての男性だったから・・・・・・・・でも彼は怖い人です」
「怖い?」


妻と常務が、どの様な付き合いをしていたのか知りたくなった。
妻が常務に、どの様な顔を見せていたのか知りたかった。
2人が私を、どれだけ裏切って来たのか知らずには居られない。
聞けば、より辛くなると知りながら。


「お義母さんの鳴き声で聞き取り辛かったが、確か『殺して』とか言わなかったか?」


妻が頷く。
「俺に殺されても、仕方がないと言う意味か?」


妻はまた頷いた。
「本当にそう思っているなら、全て俺に話せるな?どんなに恥ずかしい事でも、死んだ気になれば話せるよな?」
妻は黙って、大きく頷いた。



------------------------------


妻には大学を出てから、外で働いてみたいという夢があった。
手元に置いておきたかった義父は、少しでも目の届く所が良いと考え、
若い頃はずっと義父の会社の担当をしていて、当時課長になっていた高橋に頼み込む。


2年近く経つと高橋は営業部長に昇進し、この頃から妻を食事に誘うようになる。
最初は断り続けていた妻も、会社に入れてもらった恩や義父の会社との繋がりを考えると、
断り切れなくなって誘いを受け入れてしまう。


何度かそのような事が続き、次第に人目を忍んで会う事に慣れてしまい、
奥さんや子供がいる年配の男と隠れて会っているという罪悪感も薄れた頃、
急に抱き締められた妻は驚いて突き飛ばしてしまった。



>>次のページへ続く

 

 

関連記事

 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:, 浮気・不倫, 寝取られ, SM_調教,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:, 浮気・不倫, 寝取られ, SM_調教,
 


 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

お世話になっているサイト様



 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 
20080618073326