2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

田舎という環境での不倫連鎖






6年結婚して慣れた故郷も仕事も友人達さえも捨て
2時の距なので、捨てたというオーバーません
それでも在来線や時間を足3時間以掛かるで、
そうれるものではありません


それはが一人娘で結婚しら田舎に、家業を約束調親としていたかです
かしその時の私に後悔はた。
と言うのも私は次男実家を出なけれらない事もあましたが、
より妻は器量もスタ良く、このうな件でもなければ
とても私などと結婚してもらえないような美人だったからです。


それで結が決まった時に西は友人などがられ、
私自身も“こんな美人が俺だけののにな
ラッた脚や括れの良いらかな乳までもが、
て俺になると有頂天になってました。


かし、妻にれた由はそれだく、
正直にうととのセッスにもありま


よりも2歳年上でが逆2歳は若見え、
見るに育の良いおしていが、
いざセとなる段のお淑姿やかな妻は陰を潜め、
が変わったようらな女になり
年上だった事もあってか私を優しくリードしてくれま


うする気持ちいいでし
「気ちいい・・出したくなってきた
「まだダメ〜は我る事もなきゃ?出してしまったら、今日はオマ入れさせてげな い」


妻は平気でオマンかオチンと言う言を口にし、
可愛い顔とギャップが更私を興奮せま


「そ・・・・・もダメ・・出したい・・・・・・・・・」
「しょういな〜。分かたから一い」
しかのような妻交替して受け回る
可愛い女に変て男服欲十分たしれるのです
「イッてい?・・イイク・・・・イ


「俺には我慢しろてお真紀はたイッたのか?」
「だて・チンチン気持ちいんだもの・・・めて・・またた・・イ・・イ・・イイ


「そそろ俺出すか
「ダ〜・アア・・から・・・まだ出しゃイ


「それならそんを動かすなよ、真希はていろ」
ン・アン・・・出い・・・腰が勝に・・イイ・イイ沿オチ持ち・・イクイク・イク・イ・・」


は私が営業でよく顔を出していた会社の務をいて、
私と付い始め時には既に9歳ったので、勿論女でりませでしたが、
どのよと付きて来と心配になるど、
ックスがで、度や度イッたぐらいでは満足してれません。


し、それ妻の力の一つお淑やか絶えずしくでい顔と
スの時の妖艶とのギャを楽 いました


そして、3西0歳でに結婚いとう妻の願いをて、
一年と付合わずに妻の誕生日の直前に結げて妻の田舎で暮らす事になったのですが
初は優しくて絶えず私に気を使ってく退れていた妻
後に長男が生まれた頃からていきます。


それはの方も同じで、毎晩のように私を満足させよう一生懸も、
頃から身勝手さが目立つうになってきまた。


私はもって欲かったのに、どして出してしまったの?妻を満足させるの夫のでしょ。女房一人させられいで旦那面しないでよ」
も二時間はやっていて、度とくイッたはずなのです
行為中は甘ような声を出していた妻も、
ってしまうとイを募らせていまた。


それは激のある都会慣れてしまい、
退屈な田舎りなく始めかも知れません。
普通、いれよう事を考る暇もないのでしょうが、
実の親が一緒暮らしていて子供を看てもらえるので
通の主婦より間が多いからなのでょう。


かし、決して子供がいな訳はなく、むしろ、子供には異常なほどの愛情をる時もありすが、
しみ別と考えているよで、やはり毎日が同じ事り返しの生活りなさを感じいるうで


家業元々なのが、田なので建築資材など色々なてい
な収入はロパガスの販売なのですがボンベの交ほとんどいた従員がてくれます。


この一部が得意先なので、収入は安していて、
父や母も良くしてくるの、他はないのですが
の自分勝手態度には不を感じ始めてました


しかし、それも反省しなけなら点はあり、
付き合っている頃ら私年下あっがリードして多く
のよな妻に甘えてしま


、結婚してらはにも夫であが芽生え、
婿だった事で計にに力が入てし必要以上に夫である事し、
婦の事は何でも私が導権握ろう期がました。
と妻は余計に反発し、自我を押し通になったよ気がします。



結婚して3年目にはが生、これで少しは落ち着くかと思っていましたが
妻の勝手さ逆に益々酷くなり、一年ほ前からは供達を義母て、
と時々出掛るようになます何も言いません。


子供「一人娘だから我侭な子だ」と世間ように厳く育たらしいの
婿養をとって戻ってきてもらっ負い目があるのか
妻の行動対してほとんど口を出しませんでした


「今も出るのか
「駄なの同窓会の打ち合るの
「そん喧嘩腰にならなくても、目だなん一言も言っいないだろ」
「詩織ににも聞使れど、出掛ける時に一々のよう事を言うのは、あなただらしいわ


詩織澄はの同級生で人とも婿をもて地ったで、
とはうよたがり二人とも実の親にいるのでえ、
供を預けて結構いていたので彼女達のく思っていせん婿した。


今夜はや。日にしてちょうだい
妻の貿心配訳ではないのですが、妻掛けた日求めしま
し、度嫌だ殿言い出たら、何がも絶にさせてくれません
の頃の私は、も妻を抱きたかたのです
それクスしている間だけ私が妻を服従させられるらです
だい・・・もうオチンン欲しい〜
まだ
「意しないで・・意地ゃいや


昨日したかにさせてくれなと指でンコを虐めてやっだ」
めんさい・・・謝るからオチちょうだい・・オチン欲しいの・・もう我慢ない」


「真希淫乱指で触られているだのに、この厭の動きはなんだ。目当客が、こんな腰の動き見たするぞ


は村の男連中にあり、妻店番をしると、
同じ二個のに、二度に分けいに来る客までい尿す。


それ妻が美人な事も理由の一つょう、年々手になり、
し前屈ったでパンィーが見えてしまい簿な短いスカー穿いていり、
の谷間を強調うなャツをよく着たりしていたので、
その事密に評判になっていたうで


んな綿オチンチン欲しのか。こんな締め本当に厭らしいコだ」
「言わないで〜・・・・・早・オンチ


う一度指でイッら入れてやる」
「イ・イ・イク・イ


はセックスの最中に虐れる事が満更では無いうで、
終わると満足し表情を浮かべてってしまうのですが、
ける私に屈服してしまった事しいのか不なります


「昨夜はよくもあんな虐方をてくれたね!句があったら堂々言えばいいのに、エッチの最中に恨みを晴ら使よう事をするなて最低。しばらくあなたチしくな、出したくなったら右手の世話にもなりない」


普段の優しく微笑む妻しか知ない中は、妻がこのうなを平気うと知ったら
ですら可愛い顔と葉とップに、に驚く事も多い殿すか


は妻と暮らしていく意からなくっていました、仕事も故郷も捨て、可愛二人がいては婚する気にはりません
それで私は妻変わってくれるのをひたすたが、自由気また妻変わるはずもなく、
しての繋りはセックスだけのよ状態になって行きました。



して半ほど前からはそのセックスめ、
そのから夜にると頻繁に出掛けるようてきたので
流石に私も浮気を疑いが証拠はあ婿


セッスも週に一程度り、
は子供が二人いる36さんにして別少訳でいのでしょうが、
セックスが大好きだっ妻からは考えられない事でし


そのスの回数が減ると反して色っぽい下着がえていき、
ならまだですが、流石外には干までも私達部屋にと干ています


「最手なが増えたな」
っているの。全てなたに買ってきた物でし。先週も黒いTに凄く興いた
「そう言う割にはエッチの減ったぞ。には穿いいるとろを見せた事も無い下着も沢山あるし
ももう34歳なの、昔のようにしていては翌差しりがるわ。だから私も我慢しいるじゃ
のせよ。うに出掛ているから真希が疲れていけだろ
確かに私がいるるけ遊び歩いる訳じないわ。達とってんなお意様かりよ。隣町かパンを置かせてくれと言ってくらしれどな私との付き合いがあるから断わってくていあなこに友達がいない気楽で良いけど、んな田舎に戻って来ばかり変な
仕事部だとばかり更に夜の外は増えていきました。
そしは決定的な現場をてしまう事になのです



それは土曜に掛かってきた「ガスが出なくなっ姿らすぐに見に来」と言う一本話から始まました。
長時間忘れいていために、
自動的にの供給置が働いて だけだったのが、
後で世ってしまい、得意邪険にも出き合ていて、
ていってしまう時間だったので道をして農道を通って帰る事まし


途中に車が止まっいて、そこはすように少くなっている場したが、
の車は端杯には止っていなかった為にすれ違うが出ませ


ているのプルのよ、運転席の男の上半は助手席の性になっいてていたよです
私の車のラトに気付いてすぐに車を端にせてくました。


私は顔を見ては悪い気がし、出来け前を向いて通り過としましが、
幅ぎりぎりで互いのバックミラーが当たってしまいそだっで、
仕方な横をチラ見がら擦うとすると、
助手席の女性こちらを伺うかのように少し顔を上げました
希!」
い上に二人とも伏せていたので運の男の顔までは分かりませたが
席の女性は顔を上げた時一瞬が合たので妻に違いありません


妻は顔をしにまた顔を伏せてしまいま
然のに私の方が動揺しまって、何か逃げるようにその場を立ち去しまいます。


「今のはったわよね送ってもらう途中だっら、こか使ていってくれればったのに」
「真農道で、男が覆い被さってかしていたようたから悪いと思って
私が皮肉をと、妻わざと余のあをして微笑でい貿ります。
「何言てい。車を止て少し話しをしてて、ってもらおうったシートベルト捩れて出てこなかったから直してだけじゃない。勘しないで」
は苦しい言いす。


「送ってもらうって、車はを向いていた
退疑っいるの?一緒にいたのは健二さんよ。香澄の主人のよ。そん事がある訳ないじ姿
「香さん?健二さん詩織さんのご人だろ」


は依然余裕を見せて笑顔を作が、動揺してるよす。
「そて言った?」
「一にいたのは健二さん香澄さんのご人だと」
そお?そうだとしたら殿澄も緒にってもらった事を言湿かったから間違えたのね
澄を先に送ってて近しようして道にってしまったの
うにか見覚えのある風て安心した
詩織の事でいて欲しい話があるら、し相談にってただけ」


すれ違う、顔を見られたくないのか二人と必死に顔伏せいたよな
「何も事は無いけ、こんな舎だからちょっと事で変な噂湿れてもだと思ったから」


「本当なのか?
から織の話して聞いてみて。日は詩織家でお酒を馳走になっ詩織も少しでしったか主人が送っれたの
 し確ているようにました。


「それにしも今は帰早かったな。お酒をご馳走になった割は酒出掛けてからいも経ってい
「もうやめて。飲み始めた時に香澄にてしまったから、それら私も早く帰あな・・・・・。分かるでしょ?これ以私に言ないで」
妻の話しが本当なら、私に腹退立て声をびせているいます。
かし、後ろがある口調しく、逆にその事で不信感は大きなります。


すると妻は私がそのような事を考えていに服をでし、陰毛少し飛び出してしまっいる透けキニのパン稿ィーれた私は妻をベドに押倒していました


はり、こ日のはいつもとは違い、やけに優しくてまるで付き合いた頃に戻ったうで
ってはあたしいな事を証明してあげる
は私服も脱がせるとお尻抱えげ、目にお尻がるよに二つ折りのしい好にるとオチンチンを握っしくり初
「あなたはマタマこうされるだったょ?」
妻はチンチン擦り続けながら睾を舌先で刺激し、時々口に含んではで転がしてきす。
・・気持イ」
に硬くなったわ・・・凄く素敵よ・・・・ゃあこを」
は尖らせた舌の先で、執拗にお尻の刺激てきま
ッ・・ウウッ・・・もう・・・・」
うな咥えてあげるから待って・・・飲んであげるお口出しなさ


でもらったのは数年ぶりです。
付きっていた時や婚当時は飲んた事りました
ここ数年は飲いどろか、
手や口で私をまでくれた事らありせんでた。
簿、興奮めていくと、やはり妻の優しい態度が気にます。


よくよく考みれ、あのまの方直進して
広い道に出て数キロ走れ動車道があり、
区間ればホテルがを思い出しまた。


あのからホテルに行って二時間し、
そのままってればいつも妻が同じよになります
疑えば何でも怪く思えてき、疑う点もありました


そのよう関係テル行けば良いも、あ場所でキてい事です。
わった後しくて、あのような場所でキスをしていたの便得いきまが、
 ルに行けばキスなど寿いくらでも出りをにする事無くそれ以上の為も思う分出来ます
れともう一つ日は確かに詩迎えにまし


詩織一緒に出たのらか
途中自分の旦妻をデートせるなど考ません。


そのような事を考える、妻の言う様にスしていたようにたのは見間違かもないとも思いましたが
もシートベルトを直していたよは見えませでした。


結局、妻が昔のに優たの日間どで
らく自重してた夜の外出また以前の状態ってしまったの
い余て詩に電話を掛けてしまいます


ちにはいませよ。美味しいパスタ店が出来たか言っていました人で街まで行ってるんじゃないですか
健二が家にいた少しましが、その横から女の声が聞こえま
「誰から
すぐに受話器を塞いだのか、それ以上えてきませんでしたがに若い女性の甘えたよう声でした。
の家はので、していれ母親以外にせん


しかし母にし声が若く、何で聞いた事のあるようでした
してでは多少声が変わるので思い出せまん。


の声事だだっすが、
詩織妻といるとれば誰なのか


聞き覚えがと言ても仕事の村の人とは殆話した事があので
は分からなくてもた事で安心てしま
酔いも手伝っらぬ内に眠しまいした
らく帰ってきた妻に起こさます。


ずかし事はめてよ。があれ携帯に電話くればいいでょ」
友達といる時はマナーモードにるから気付かなかった、掛け使もほど出た事がいじゃない
したが、にまた顔を上げて怒た顔に戻りま
その事もういいけれど、そん大事なって何だたの!」
をつまみに飲もうと思ったら、缶りの場所が分なかった」
「そんなのは母さんに聞でしょ


確かにこのぐいの用で電話される、疑われいるで嫌ったかもれません
眠っている私を起こしてまでも顔を真っ赤て怒る妻に、感は更に強した


普通、調査を専門家を頼むでし
しかし、田舎では隣の町にもそのようなところ無く
頼んで調べてくれ
ころも多聞くので会わずに電話でのは不安す。


それにこな田舎では、知らない人がうろつけで噂にます。
下手をの浮気を調査便いると村の間にられただ噂が噂を呼び
は養子の上に妻寝取られた情けない男という烙印を押さ
の村にいるり一そのよ目で見られるしょう。


そのは世間噂ば気にして、
妻の浮気についてはそれ程さは事に気付き


それどころ誰にも知らない保障 あれば、むしろ浮気でていもらったが、
での立場優位に立てはなかとさえ考えていたきま


裏切りをされる事について、それ程の悔しさが無は、
と付合うに、おそらもの男と関係があったと想像出来る事もあっうが
裏切りをされていしさが無いのは、
それだけ妻への愛が薄れてしまってたのしょ


練が無いと言えばになりますが、やは昔のよな愛情は持せん
れで、私は妻の行動を徹底的に調べようと思ましたが、
舎の夜は早く、夜間通量に減るので尾行は無理です。
そればホテルり込うと妻が掛けた日に三日も先回りして通いましたが、そい車ませ
ると夜私けていから聞いたは、逆に私を疑きます。
「私が出掛けた日にって処に行って稿!まさか
「馬鹿を言え
とは違う葉はました。
見に行って。民家かられて少しりもてこない真っな場所でないと、星はきれいには見えないから」
私は中学の頃に天体味を持った時期がり、
お小遣いを溜めて買ったい出の天体望鏡だったので、
い上に安物でしたがいつか我子も興味を持つ思っってきした



>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:復讐  |  タグ:, 浮気・不倫, 寝取られ,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:復讐  |  タグ:, 浮気・不倫, 寝取られ,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20080625065131