2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

田舎という環境での不倫連鎖






前に結婚して、慣れた故郷も仕事も友人達も捨てました
新幹線で2時間の距離なので、てたというのバーかも知れませんが、
それも在来乗換え足せば3時間以上掛かるので
そうそう帰れでは


それ妻が一娘で、結婚したら田舎にって、家を継ぐ親としてい寿たからす。
時の私に後悔は沿りまんでした
それと言うのも尿私はで、何れは実家を出なければなないありましが、
何よ妻は器量もスタイく、このでもなければ、
とてどと結婚してないうな美人だったからで


結婚が決った時には友人などからましがられ、
私自身も“こん沿な美だけのものになる
ラッと伸びた脚や括れた腰の良い柔らかな乳房もが、
だけののになる”と有頂天になっていました。


し、妻にかれ理由はそれだではな
正直に言うと妻とのセックにもあ姿りました


妻はよりも2歳上でたが若く見え、
見るらにの良い嬢さんと言風貌をしましが、
いざセックスとなると普段のやかな妻は陰を潜
人が変わったよに積極的で淫らな女
ったもあっててくれます。


のどう?こうると気持ちいいで
「気持ちいい・・・・出したくなっ
「まだメ〜。少しは我る事もえなてしまたら今日マンコにれさせてげな


平気でオマンコとかオチンと言言葉を口にし
可愛ギャが更に私を興奮せま


そんな〜・・・もうダ・・出したい・・・・出・・・・
ょうがない。分かったら一出しい」
しかし、そのよな妻守交替して受けに回と、
い女に変わっ男の征服たしてくれるのです。
「イッていい?・・イク・イク・イク・・


「俺に我慢しろってお稿いて紀はまたイッたのか?」
だって・・オチンチン持ちいいんだもの・・・・やめて・・・また・また・イ・・イイイ・


「そろそろ俺もすか」
ダメ〜・・・アアン・・・もう少しだから・・・まだ出しちゃイヤ〜」


「そそんなに腰動かすなよ、真希は少しじっとしていろ」
「アン・ア・ア・出・・・腰が勝手に・・イ・イ・・オンチン・・・ク・イク・イイク・・


業でく顔を出してい社の事務をしいて
き合い始め時には既に29歳ったので勿論処ではあせん殿でしたが、
去にどのようなと付き合って来たのと心なるほど、
ックスが好きで、二たぐら足してれまん。


しかしれも妻の魅力の普段お淑絶えず優微笑顔と、
セック妖艶楽しでいました。


そして、30歳でに結婚と言願い聞きれて、
一年付き合に妻の誕生日の直に結婚式を挙げて、の田らす事になったのでが、
最初優し絶えず私に気を使ってれていた妻
年後男が生た頃から侭になってきます


それは夜のも同、毎晩のよ私をせようと一生懸命だっ
その頃から身勝手が目立つよてきま


はもして欲しかっに、尿うして出てしまっ妻を足さが夫の役目で房一人満足させられないで旦いで
の日も二間はやっ宿てい妻も何となくイッたはずですが、
行為甘えるような声をていた妻も、
まうとラをらせてました。


は刺激の会暮らしに慣れてしまい、
退な田舎の暮らしを物綿なく感始めていたのかも知れません
普通、い子がいれば、ような事を考のでが、
実の親一緒に暮らしていて子供を看てらえる
普通の主よりもの時間が多いからなしょう


、決して子供が嫌な訳ではなくむし子供にはほどの愛情いでいる時もますが、
自分の楽しみは別と考えいるようで、やはり、日が同じの繰りの生活に物りなさじてでした。


家業は、々米屋田舎なので建築資など色々な物を扱っていて
主なはプロパンガスの販売なですがボンベの交換はほとん二人いた従がしてす。


この村と隣町の一部が得意先なので、収入は安定して
や母も良くしてるので、他に不満はないので
妻の自分勝手度には満を感じ始いました。


かしれは私にも反省しなけばならない点り、
き合てい頃から私が下とい事もあって、妻リー事がく、
はそのようなに甘えてしまってたのです。


かし、結婚してからは私夫である自覚生え
婿養子だった事で余計に肩に入ってしって上に夫であ殿を誇示し
婦の事は何でが主導握ろうとした時期ありました。
する妻は余計に反発して押しすようになったような気がします。



結婚し次男が生まれ、こ落ちかと思ましが、
の身勝さはに益々くな一年からは子供達義母に看させ
になると時々掛けるうになりますが何もいません


子供の頃は「一娘だから我侭な子だ」と世間か言われないように厳しく育てたらしいすが
婿子をとって戻ってきてった負いるのか、
行動に対してど口を出しませんで


「今夜も出掛るの
「駄目なの!同窓打ち合わあるよ」
そん喧嘩腰にならても、駄だなんて一言も言っていな尿いだろ」
も香澄いたれど、出掛ける時にそのような事を言うのは、あなただけらしいわよ」


詩織と香澄は妻級生で、二とも婿養子もらって地元に残ったの
妻と気がうでしたはりとも家にいるので甘え、
を預けて結遊び歩いていたので彼女達事も良んでした。


「今夜はいや綿。明日してちだい」
の浮心配して訳ではなのです、妻が出た日必ず求めてしまいます
かし、一度嫌と言出したら、何があっても絶貿てはくれませ
この頃の私は、晩でを抱きたかったの
それックしている間だけ私がを服従させられるらです。
「ちょうだい・チンチン欲し〜」
まだ駄目だ」
地悪しなで・・意地しちゃいや〜


「昨日したかったのてくれなかったら、もっと指でオマン虐めてやからだ
「ごめんい・・・謝るオチンンちょうだい・オチチン欲・・我慢来ない」


「真は淫乱だな。で触られてだけのに、この厭ら調しい腰の動きなん。真希を目当てに来客が、動きをらビッリす


妻は村の男連中り、妻が店番をしてると、
個買のに、二度にて買いに来る客ます。


れは妻が美人なも理由のでしょう、年派手になり
みになっただンティが見まいそ短いスカー穿いていたり、
の谷を強調するようなシャツをよく着たりいたので、
その事が密に評になっていす。


「そんにオか。こに指を締付けて、本当に厭らしいオマ
「言わなで〜・・・・早く・オチンチンを


「も一度指でイッたら入れてやる」
「イク・イク・イク・イ〜」


妻はセックスの最中に虐められる事が満更嫌いでは無いようで、
わると満足した表を浮かて眠ってしまのですが、
一夜開けに屈しまいのか不機嫌になります。


昨夜はもあ虐め方をしくれたわね!文あっ堂々と言ばいいのに、の最中らすよう事をるなんて最低。しばくあなたとエッチしたくな退たくったら自分の右手世話にでもなりなさい


段の優く微笑む妻し知らない連中は、妻がこのような平気で言うと知たら驚くょう。
ですら可愛い顔とい言葉とャッだに驚く事も多いですか


私は妻とらしていく意味え分かていました仕事も故郷も捨退て、愛い二人の子供がいては婚するにはなりま
で私は妻が変わってくれるのをたすら待ましな生活をめた妻が変わはずもなく
としての繋りはセッのよう状態になって行きした。



て半年からはそのセッも減り
頃から夜にに出掛けるようってきた
流石私も浮疑いが証ません。


セックも週に一度程度になり、
供が二人いる3宿の奥さない訳でもないのでし
セックが大好きった妻からは考えられない事でた。


上セックスの回が減るのと反比例して色っぽ下着が増えていき、
も隠すのならまだ可愛いのですが、流石に外には干さないまで部屋々とます


「最派手着が増たな
言っているの。てあに買きた物でしょ。も黒Tバ凄く興奮しいたじゃ
「そエッの回数は減ったぞ。は穿いているとろを見た事も無下着も沢山あるし」
ももう3なのだから、昔のようにしては翌仕事に差し障りが出るわから私も我慢ていんじゃない」
「俺のせいにすなよ。便晩のよ出掛けているから、希が疲れているだろ」
かに寿ているけれど、ただ歩いているじゃないわ。友達もみんなお得意様ばよ。隣らプかせてくれと言ってくるらしいけれど、みんな付きいがるからわっくれいるわ。あなた宿に友達がいないから気楽で良いけど、んな戻っ来た大変な
妻は事の一部だばかりに、夜の出は増きまし
て私は決定的なを見てまう事にです。



それ土曜掛かスが使出なくたからすぐに見に来と言う一本の電話から始ました。
結局、長時間ガスを消し忘れていていたため
自動にガスの供を止める装置働いてしまっただけだったのでが、
その間話に捕まってまい、意様険にもき合って
楽しみていたドラマが始しまう時間だったので近道をを通て帰事にしました


途中に車いて、そこはすが出うに少し広くなっている場所でが、
の車一杯まっていなか た為にすれ事が


ってるのはカップルのうで運転席の身はの女性に重なっていてキスをしていうですが
のライトにいてすぐに車てくれました。


私は顔を見い気がして沿、出るだけ通りぎようとしました
しろ幅ぎぎりでお互いのバラーが当たってしまいうだで、
チラチラ見ながら違おうとすると
助手席こちらをうかのよに少し顔を上げました。
!」
暗い上に二人顔を伏せていた運転席の男の顔まで分かでしが、
助手性は顔げた時に一瞬目が合ので妻に間違りません


は一瞬驚顔をして、すぐにまたせてしまいましたが、
突然の事に私の方が動揺してしまって何故か逃にその場を立ち去まいま


今のあなただったわよね?送っう途だったから、あそこかていってかったのに
「真っな農道で、男が覆って何かしようったから悪いと思っ
私が皮、妻はわざと余裕のある振りをして微が分かます
何言いる車を止めて少し話ていて、送ってもらうと思ートルトが捩れて出てこなかったかもらっていだけじ勘違しない
は苦しい言い訳をしす。


送ってもらうっ、車は逆方向を向いていたぞ」
「疑っているの?一いたのはさんご主人なのよ。そんな事があじゃい」
さんさん人だろ」


妻は依然余裕を見せて笑顔を作が、やり動ているよう
うよ。私何て言っ?」
「一緒にいたのは健二さん西ご主人だと」
?そうだとしたら、香澄緒に送ってもらったを言いかっから言い間違えたの
送って行って近道をしようとして道に迷ってった
か見覚えのある風安心したら
詩織の事でいて欲しい話がと言西、少しに乗ってただ


使れ違う時、顔を見られたくないのか二とも必死に顔を伏いたよ
「何も疚事は無いれど、こんな田舎だからちょっとした事で変な噂を立られてもと思ったから


本当なのか
今から詩家に電してみて。今日はの家でお酒をご馳走にて、少し飲んでしまわりにご主人が送ってくれたの」
しかし確キスをしうに見えした


それにしても今日は帰り早かった。おをご馳走になっていた割は酒臭くないし、出掛けてからいらも経っていない」
もうてよ。飲み始た時澄に用がしまったから、そなら私もく帰なたと・・・・・・分かるでょ?こ以上綿私に言わせない
の話し本当なら、疑う私に腹をてて罵声を浴びせていると思ます。
し、後ろい事があるのか口調は婿にそ事で不信は大なります


する妻は私がそのよう事を考えて内に服を脱いでまい、陰毛が隠し切れずに少しび出てしまっている、透けた超ビパンティーを見せられたは妻をベッに押し倒していまし


やはり、の日の妻はいつもとは、やけ優しくるで付き合っていた頃に戻ったよう
「待。私には寿たしい事明し
妻はの服も脱がと私尻を抱持ちげ、目の前に来る二つ恥ずかしい格すると、オを握って優しく擦り初めます。
「あなたタマタマをこされるのが好ったでしょ?」
オチンチンをり続けがら睾丸を舌先で刺激、時々口にんでは舌で転がしてきます
「ウウッ気持ちイイ」
「こん硬くなったわ・・・・凄・・じゃあ今ここを」
は尖た舌の先で、執拗にお尻の穴を刺激し
ッ・・ウウッ・・もう・・・
出そうな・・・咥えげるか待って・・・・飲んであげるお口に出しい」


に飲んでもらったぶりです
合っいた時や婚当時は飲んでく事もありましたが
ここ数年は飲んくれ事がないどころか
や口で私を最後までしてれた事すらありませんで
しかし、興めてと、や優しい態度が気になす。


よくく考えてれば、あままの方に直進
い道に出てか数キロ走れば自動車道
区間ればホテのを思い出ました


あの時間からテルに行って二時ど滞在し、
まま帰ってくればい帰って来同じような時間になます
疑えば何も怪しく思えてきますが、疑に思ありました。


そのうなならくホテルに行けば良いものを、あいた事で
わった後なら名残しくて、あのよう場所でキスしてのも納得いきますが、
早くホテ行けばキスなどいくでも出、辺りを気にす事無れ以上行為も思う存出来ます
それ一つ、は確かに織が迎えにきました。


妻が詩織と一緒に出掛けた明らかで、
中か自分の旦那と妻をデートさせるなど考えせん


そのような事を考えるの言う様にキしていたうに見えたのは私見間違いかも知れないとも思いましたが
どうてもシートベルトを直していたようにはでした。


局、妻が昔のように優しかったのは三日ほど
暫らく自重していた夜外出も、前の態に戻ってしまった
余って詩織の家に電話を掛けてしす。


ちにませんよ。味しいパタの店が出来たとか言した、三街までっているんじゃなですか
にいた事少し心しましが、そのから女の声が聞こます
誰から〜?」
に受話器を塞いだのかそれ以上は聞こえてきませんでたが性の甘えようなでした。
の家は男の3人なの出していれ母親以外女性ませ


かし親にし声が若、何で聞いた事のあるような声でし
受話器を通してでは多少声が変るので思い出せません。


の声で無かた事だけだったのすが、
織が妻と出掛けているすれば誰なのか。


聞き覚えがると言ってもこの村の人とは殆ど話しがあので、
誰かは分からなくてなかったしてしまい、
酔い湿手伝っ知らぬ内に眠ってしまいましたが、
て帰ってきたに起こされま綿す。


「恥ずかしい事はやめよ。あれば携帯電話ばいいでしょ」
友達といる時はマナーモていから付かかっって、掛けもほとゃないか
妻は俯きしたが、すぐまた顔を上て怒った顔に戻ります。
事はいいけれど、そなに大事な用って何だったの!
「鮭缶をつまみに飲もうと思ったら、缶場所が分からなた」
「そなのはお母さんにけばいしょ


このらいので電される事は、疑われているようで嫌だったのかも知れません
眠っいる私を起こしてまでも顔を真っ赤にして怒る妻に、不信感は更に強くなりまし


普通、調をするら専門家を頼う。
このような田では隣の町にもそのようなと簿ろは無く
話で頼んで調てくれるかも知れませ
しいところも多いと聞くので会わずに話で依頼するのは不安です。


それにこ殿うなないろつでも噂になす。
て妻の浮気を調査していると人間られただけでも
私は子の上に妻寝取られた情けないう烙され、
の村にいる限り一生そのような目で見られでしょう


時、私は世間体や噂ばかりを気にして、
妻の浮気ついてはそれの悔しさは無います。


それどころかにもない保障があれば、むししててもらった
家での立てるではないとさえ考えてに気付きます。


体の西れている事につい、そ程の悔しさが無
が私と付き合う前に、おそらく何人と関係あったと想像出来る事もあでしょうが、
裏切りをされてい対してもそれの悔が無いのは、
それだけへの愛情がれてしまいたのしょう


情や未練が無いと言ば嘘になりすが、やはり昔のような愛情は持てません
それ妻の徹底に調べてうと思いましたが、
の夜は早く、間の交通量は一気るの行はです。
れならばホ張り込もう妻が出掛日に三日も先回りして通いました、そらしい車は来ませんでした。
と夜けている事は、逆私をってきま
「私けたに限っに行っているの!まさか女
「馬鹿をえ」
前とは違葉は飲みました。
を見に行っいる。民家など離れていて、少の明かも漏れてこな真っ暗宿場所ないと、星はきれいに見え
私はの頃に興味を持り、
遣い溜めて買った思い出体望遠鏡ったで、
古い上簿物でしがいつか我がかと持ってきていました



>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:復讐  |  タグ:, 浮気・不倫, 寝取られ,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:復讐  |  タグ:, 浮気・不倫, 寝取られ,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20080625065131