2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

田舎という環境での不倫連鎖






に妻と結婚して、慣れた故も仕も友人達さえも捨てました。
で2時間ので、てたというのはも知れませんが
それでも線や乗換えの時間を足3時間以上掛かるので、
うそう帰れではありません


それは妻がで、結婚したら舎に戻って、業を継ぐ約束を親とていたらです
し、その時の私に後悔はありました。
それと言うのもは次男で、れは家を出なればならない事もありましたが
何よりは器量もタイ良くこのうな条件でもなけ
も私などと婚してもらえなようだったらです。


それで結婚が決まった時に人などましがられ、
自身もこんな美が俺だけのもなる。
スラッと伸びた脚や括れの良い柔らかな乳房までもが、
だけのものになる”尿有頂天になっました。


しか、妻かれた理由それけではなく、
直に言と妻とのセックスにもした。


妻はよりも2歳年上でしたが逆に2は若見え
るか育ちの良い嬢さんと言う風貌をいましたが、
ざセッ姿クスとると普段のお淑西かな妻は陰を
人が変わったように積極的でらなになり、
上だた事もあってか私を優リーしてくす。


「こんなの貿う?こうすしょ
ちいたくなってきた」
「まだダメ〜。しは慢する事も覚えゃ?出してしまったら、今日はオマンれさてあげない」


は平気でマンコとかチンと言言葉を口
可愛い顔とップがに私を興奮させます


そんな・・うダメ・出したい・・・・出る・・・・・」
うがないな〜。分かったから一度しなさい」
し、その妻も攻守交替て受けに回ると、
い女にて男征服欲も分満たしてくれので
「イッていい・・イク・イク・イ・・イク


「俺には我慢しろと言っておいて、真紀はまたイッたか?」
って・チンチ気持ちいだもの・・・・やめて・・・た・また・・イ・・イイ・・イ・・」


ろ俺出すか」
「ダメ〜・・・ン・・もう少しだから・・・まだゃイ


「それならそんなになよ、真希はしじっといろ」
「ア・アン・ン・ない・・・腰手に・イイ・イイ・・オチン持ちイ・・ク・イク・イク・」


が営業でよく顔を出していた会社の事をしていて
と付きい始めた時には既に2歳だったので、勿論処女でありんでしたが
過去湿ような男き合ったのか心配になるほど、
ックスが好きで、二度度イッたらいでは満足してくません


し、それの魅力の一つで、普段のお淑やかで絶えず優しくいる顔と
ックス時の妖艶な顔とのギップをいまた。


そして、30歳ま婚したい言う妻の願いを聞き入れて
一年と付わず妻の誕生の直前に結婚式をげての田で暮す事なったのです
最初優しくえず私に気使れてい
一年後に長男生まれたから徐に我侭っていす。


は夜の、毎晩の満足せようと一生懸命った妻も
の頃から身勝手が目立ようになってきま簿


私はもっとして欲しかったのに、しててしまったの?足さのが役目でょ。女房一満足せられないで那面しない
の日も二時間はやってて、殿妻も何度となくイッたなのすが、
為中甘えるよう声をいた妻も、
終ってしまうとイライラ募らせていました。


それは刺る都会暮ら寿に慣れてしまい、
退屈な田舎の暮ら足りなく感じ始めていたのかも知れません。
通、幼い子供がいればのようを考えないのでしょが、
暮らしてて子供をもらえるので、
普通の主婦りもが多いからなのでしう。


して子が嫌いな訳ではなく、むしろ、子供異常どの情を注いでいる時りますが
自分楽しは別と考ているようやは、毎日が同じ事繰り返しの足りなを感じてるようした。


業は、元々米なのが、ので建築資材など々なを扱っいて、
収入はプロパンガスの販なの、ボ交換はほとんど二人いた従業してます。


と隣町の一部が得意先な収入は安定しいて、
や母も良てくれるので他に不満はいのです
妻の自分な態には不めてました。


し、それは私にも反省しなければならない点はあ
き合ていから私が姿下と事もあって、妻ードしる事が多
はそのうなに甘えてしまったのです。


、結婚便てからにも夫であるが芽生え
婿養子だった事で計に肩にって以上に夫である誇示し、
夫婦事は何も私が主導権を握ろうとした時期があり使
と妻余計に反発して、自我を押し通すよになったような気がします



結婚て3には次が生まれ、こ落ち着くかと思っいました婿
妻の身は逆々酷ほど前からは子供を義させ
夜になるとうになりが両何もいません。


頃は「一人娘だら我侭だ」世間から言われないよう厳しく育らしいのでが、
婿養をとって戻てきてもらった負い目があるのか、
の行動にてほとんど口を出しませんでした。


夜もけるのか?」
目なの同窓会の打ち合わせがある
そんな喧嘩腰にならな、駄目だなんて一言っていないだろ
「詩織にも香にも聞いたけれど、出ける時にそのうな事を言うけらしいわよ」


織と香澄は妻の生で、二人とも婿子をもらっ地元に残ったで、
とは気がうようでし たが、やの親家にので甘え、
子供けて結構遊びいていで彼達の事も良く思っていまでした


「今はいや。明日てちょだい」
気をしていた訳ではないですが、妻が出掛けは必てしまいます。
しかい出したら、何ても湿絶対にさせてはくれません。
このの私は、毎晩でも妻を抱きたかったす。
便はセックスしる間だけは私が妻を服従させれるからです
ちょ退い・・・もうチンしい
目だ」
「意地悪で・婿・意地悪しち〜」


昨日たのさせなかっから、もっとでオンコを虐めってからだ」
「ごめさい謝るからオチンチちょうだい・オチンチン欲しいの・・・もう我出来い」


真希は乱だな。指触られいるだけなのに、このしい腰の動きはな真希を目当て来る客、こを見たらビックするぞ」


は村の男連中に人気があり、妻が店番をしている
同じ物二個買う、二度に分けて買いに来る客でい


美人な事も理由しょ服装派手
屈みなっただけでパンティーが見えてしまいうな短いートを穿いていた
の谷間を強調すようなツをよくたりしてので
に評になていたです


「そんなにオチンチンが欲しいのか。こんな締めけて、本当に厭らしンコだ」
言わな〜・・・・・早く・オチンチンを」


もう一度指でイッら入る」
イク・イク・イク


妻はセッ最中にられる事が更嫌いでは無いよ
終わると満足した表情をかべて眠ってしまうので
一夜開けると私服してしまった事が悔か不になります。


「昨はよくもな虐め方れた!文句があったら堂々と言のに、エッチの最中を晴すようをすなん最低。ばらあなたとエッチしたくないから、出したくなったら自分の右手のにでもなりなさい


普段の優しく微む妻か知ら、妻このような事を平言うったら驚くしょう。
ですら可愛い顔と汚い言葉とのギャップ未だも多いですから


は妻と暮らしていく意味さえ分かなくなっていが、仕事も故郷も捨て、可愛い二人の子供がいては離婚す気にはなりませ
それで私はが変わっのをすら待ちまし由気ままな生活を始めた妻が変わるはずもなく、
夫婦ての繋がはセックスだけのような態になっきま



て半年ほど前からセックスり始め
その頃から夜にるとに出掛けにな
に私も浮気を疑いまたが証ありませ


とのックスに一度程になり、
れは子が二いる36歳の奥さんにしては特別少ない訳ないょうが
セックスが大好きだったらは考えられなでした


セックス数が減ると反例してっぽい下着がえていき、
も隠すらま簿愛いです流石にには干さないまでも私の部屋と干していま


使増えたな」
何言ってい。全てあなたの買ってき物でしょ。先いTバッ凄く興奮していたじゃない」
そうう割にッチの数は減っぞ。俺には穿いていを見せた事も無い下も沢山あるし」
「あなたももう34歳なだから昔のようにしていてはの仕事に差し障が出。だから私も我慢しているじゃい」
俺のにするよ。毎晩のよに出けていから真希がれてだけ
が疲もあるけれ綿ど、ただ歩いていわ。友達ともみんお得意様ばかりよ。隣町からプロパンをせてれと言ってくるらしいけれど、みんな私の付きいがあるからわってくいるあなたはに友達がいないから気楽でいけど、こんな田戻って来ばかりに私は大変なの
仕事の一部だと言わんば夜のは増えていきた。
そしは決現場を見てしまう事なるのです。



それは土曜のかってきたスが出くなったからぐに見来て」と言一本の電話から始ました
長時間ガを消し忘れていていたために、
的にガスの供給を止める置が働いてしまっただだったのですが、 
の後でに捕まってしまい、お意様なのにも出来ずに付き合っていて、
楽しみしていたドラマが始まってしまう時間だ沿たの道をして狭い農道を通って帰る事にしました


すると途中に車ていてはすれ違が出し広くなっている場所でしたが、
の車は端一杯には止まっていなかった為に事が出来ま


ているのップルのようで、運転席の上半身席の女性に重なっていてキスをいたうですが、
私の車のライトに気付てすぐ端に寄せてくれした


を見て悪い来るだて通り過ぎうとしが、
しろ幅ぎりでおバックミラーがってまいそうだったので
仕方なチラチラ見なら擦れ違お
助手席の女性こちらを伺うかのように少しまし
「真希!」
い上二人とも顔を伏ていたの顔までは分かでしたが
手席の性はを上げたに一瞬目が合たのでに間いあません。


妻は一瞬驚いた顔をして、すぐにまた顔をてし西した
然の事に私の方が動してしって、何故かげるようにそ場を立ち去ってしまいす。


今のはなただったわよね?送ってもらう中だたからあそからいっくれれ良かたのに
「真っ暗な農が覆いかしていたよだっから悪いと思っ
が皮を言うと、妻はわざと余裕ある振りをして笑んるの分かります。
ってい。車を止て少し話しをしていて、送ってもらおうと思ったらシートベルトがて出てこなかたからだけじない勘違いしないで」
は苦言い訳をす。


「送ってもうっ逆方向を向いてたぞ」
疑っているの一緒にいたのは健二さんよ。香澄のご主人なよ。そんな事がある訳ないじゃない
「香澄さんの?健二さんは織さんのご主人ろ」


依然裕を見て笑顔を作っていましたがやはり動揺している
うよ。私何て言った?」
は健二んで香澄さんのご主人と」
「そおだとした香澄も一緒に送ってもらった事を言いたかった い間えたの
香澄を先に送っ近道をしようとしてって
どうにか見覚えあるした
詩織事で聞欲しい話があると言うから少し談に乗っていただけ」


「すれ違を見たくないのとも必死を伏せてたよ
「何疚し無いけれ宿、こ田舎だかっとた事変な立てれてもから」


「本当なか?
「今から織の家に電話していてみて。今日は詩織の家でお酒をご馳走にって詩織んでしまったから代わりにご主送ったの
かし確かにキスをるように見えま


「それにも今日は帰が早かったなお酒をご馳になた割に臭くし、てからいも経ってい」
もうやめてよみ始めた時に澄に急用が来てしまからそれなら私もって・・・・・しょ?以上に言 いで
話しが本当ならう私腹をて罵声浴びせていると思いま
し、後ろめた事があるのか口調にそので不信大きくなりま


ると事をる内に服を脱、陰毛切れ沿少し飛び出てしている、透た超ビキニのパンティーを見せられをベに押し倒していました


日の妻はいつもい、けにしくてまるで付き合って頃に戻ったようす。
「待っ。私はあなたしかいない事を明し
妻は私の服ものお尻をえて持ち上げ、の前に尻が来るうにつ折りのずかしい好にすと、オチンを握って優しくり初めま
あなたはタマタマをこうされるの好きだたでしょ?」
妻はオチを擦り続ながら睾丸を舌先で刺激時々口にんでは舌転がし
ウウ・気持ちイイ」
「こんなに硬くなったわ・・凄く素敵よ・・じゃ湿度はここを
は尖せた舌の、執お尻を刺激してき
「ウッ・・ウウッ・・う・・・・
「出その?・・・咥えあげるからって・・・飲んであげるからお口に出しなさい」


に飲数年です。
き合ってい婚当んでれた事もあましたが
ここ数年は飲んでくれた事がなころか、
手やで私を最後してれた事すら尿ありせんでし
かしいく、やはり妻の優い態度が気にな


よくよく考えてみ、あのまの方向に直進して、
道に出てから数キロ走れば自動車道があり、
一区間ればホテルがあのを思い出しまし


の時間からホルに行ど滞在
ま帰ってくればつも妻同じよ時間になります。
疑えば何でも怪しく思えてきすが、疑に思う点もあ


そのようなら早くホテルにば良いのをあのよう場所でキしていた事です。
た後ら名残惜しくて、ような場でキスをしいたのも納いきますが、
早くホテル行けばキスなどいくらでも出来、辺気にる事無くそれ以上の為も思う存す。
れとう一つ、あ日は確かに詩迎えました


と一緒に出たのは明らかで、
自分の妻をデートさせなど考えられん。


そのよ事を考えると、妻にキスしていたように見えたのは私の見間違いも知れない思いましたが、
どう見ベルトを綿してたようにはえませんでした。


局、妻がように優しかっのは三ほどで
暫らく自重していた外出の状態に戻ってしまったで、
い余って詩織の家に話を掛けてしいます。


「うちには来ていまんよ。美しいパスの店が来たとか言っていましたから、三で街ているんじゃないですか
二が家に事で少し安心しま、その横か性の声が聞こす。
から?」
すぐ器をか、そ以上は聞てきませんでしたが確かに若い女性甘えた声でした。
詩織の家は男の子3ので、詩織が出してれば外に女性はいま


かし母親しては声若く、いた事のあるよな声でしが、
話器してでは多少声がわるので思い出せません


声でた事だけはたのです
が妻けてるとれば誰


き覚えがあると沿ても仕事柄この村の人とは殆ど話した事があるので、
誰かは分からなくても妻ではなかった事で安心てしまい
手伝って知らぬ内にてし殿ました
帰った妻起こ


「恥ずかしい事はてよ。用があれば携帯に電話てくれればいでし
友達といる時マナモードにしているなかと言って、掛けてもほとんど出たじゃないか」
俯きまが、すぐまた顔を上て怒った顔に戻ります。
「その事もういけれどんなに大事な用て何だったの!
「鮭つまみと思たら、缶きりの場所分かなかった」
んなお母さんに聞けばいいでしょ」


確かにこのぐらの用れる事は、疑いるだったのも知れませんが
ている私を起こしてまも顔を真っ赤にして怒妻に、不信感は更に強くなり


普通、調するら専門家を頼ょう
しかうなは隣町にもそうなころ無く
電話で頼ん調べてくるかも知れませんが
ろも多と聞のでわずに電話で依頼るのは安です


それにこのうな舎では、知らない人間がつくけでも噂なりす。
下手をして妻のを調査しると村間にられただけでも噂が噂呼び、
私は養の上に妻を取られたけないという烙印を押され、
の村にいる限り一生うな目見られるでしょう。


その時私は世間や噂ばかりを気にし
の浮についてはそれ程の悔しさは無い事に付きます。


ころか誰にも知ら保障があれ浮気もしていてもらった方が
での立場が優位に立てるないかとさ考えていた事に気付きます


裏切りされてる事について、それ程の悔しさが無いのは
が私合う前に、おそらく男と関係ったと想像出る事もあょうが
心のされいる事対してれ程の悔さが無いのは、
それだけ妻の愛情が薄いたのでしょう。


や未いとえばになりますがやはり昔のうな愛情は持てませ
それで、私妻の行動を徹底的に調べてみようが、
夜は早く間の交量は一気ので尾行は無理です。
れならばホテで張りもう妻が出掛けた日に三日も先回りして通いたが、そらしいませんでし
夜私が出掛けを母は、に私を疑ってきます
「私出掛た日に限って何処に行いるのまさか女?」
鹿を言
前とは簿いう言飲み込
「星をに行って。民家などから離れていて、少してこ綿ない真っ暗な場所でいと、星はきには見から
私は中学の頃に天に興持った時期があり、
お小遣い溜めて買った思い出天体望遠鏡だっので、
古いがいつか我が子も興味つかって稿てきていました。



>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:復讐  |  タグ:, 浮気・不倫, 寝取られ,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:復讐  |  タグ:, 浮気・不倫, 寝取られ,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20080625065131