2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

神の悪戯






れは結婚して10年目、私が36歳、妻34綿歳の時の事た。


業で遅くなった私がキッチンに入ると、
妻は慌てて涙を便拭いて精一杯笑顔をりまが、
私も涙の理由をかず笑顔でました。


なぜ理由を聞かないかと、この様な事は初めてではなかす。
妻はバリバのキャリアウンでいつ明るく溌剌としいましたが、
ヶ月前から急に元気無くり、
最近ではこ様に私に隠れて泣いてが何かありした


最初に気が付いた時は心配で訳を尋ねましたが
は仕係で悩んでいるとしかえなかったので、
の仕容までは口出し出来ない私
ただ励ま明るう事し出来ったのです。


に妻仕事はくなたよ
たまか無かった泊まりの出張も度々あるようにり、
その度にからが消えていく様に感じたので、
仕事を辞めさうかとも思いまし
のいなには仕が一つの生き甲斐になるところもあって言えませんでし


そんな日、私が帰ると、妻またキッチンていですが、
今回は、私の顔を顔を作って魔化す事はせずに、余計きな泣き始めました。


「離婚して下さい」


は私に余りに然の事だったの
何がたのかも分から言葉も出でした。


「おいで婚して下さい」


妻の目からは更に大粒の涙が零落ち、冗談ない事かりたが、
は別を切り出れるような心当たりがありま


りがいと言っても、勿までの夫婦生活良い事かりく、
特に子供が授からい事にはお互い心を痛めていた時期ましたが
は2きてく覚悟も来、
子供のいい生活話しったりようなってました。


「急にどうた。理を教えてくれ」
何も聞かいで。全て私が悪いの様なも飲みますか、お、離婚しさい」


私は声たり優しく宥して、
か理由を聞うとしまたが
は泣きがら謝るけで決して言いません


にそな事を言わても返事など来やし明後日はみだから、明ゆっく話し合おう」


妻はずっと泣いてい
後には泣き疲れ眠ってしましたが、
私は眠る事な出来ません。


?他に好きなが出寿た?いや香にそれは無い。では何だ?仕事いるのか?』


妻は婚前らずっの会社に勤めていて、
任という立場もあてか、
このと土日も出する事が多
泊まりの出張もで擦れ違気味の生だったの確かです


『やはりお互いに忙し過たのが原因だうか?それともんでいてもかもが嫌?きっと優は疲ていんだ


そう考えると仕でのを理由に、
ここ2ヶほどはクスもられていまた。


の明るかった妻が、ここ数で暗くなった。
それは確か妻の仕事がしくなのと比例しいるが、
だからと言って離婚とは・・・・・。
はり他にきな男出来た?
や、それ絶対に無い


の会社は圧倒に女性の多いなのが、それでも当然男性社員り、
主任ってからは上司や部下の男性と2人で食事に事もありましたが、
私は浮気を便配しありせんでした。


それは、嘘や曲がっ大嫌いな性格由るものです。
しかし気が付くと私は、妻の携帯を握り締めてまし


目だ。夫婦でもプライバある


う思いながらも帯をてしまい、
ライトが点いた心臓が飛び出そましたが、タンまし
しかし、私の葛藤をに、ロッが掛っていて見られません。


どうてロックしてる?
に見られるのが嫌なではなくて、
忘れた時に他に見られない様にロックしてある


行動は、
携帯よりもはいけな
妻が結婚しから時々つけている日探すとい行為でし


は自己嫌悪でらも、
まる棒の様に物音を立てずに探し回いて、
綺麗に畳まれた色とりの下着の下見た
んでもない物を見付けてしまいます。


『どして様な物が


は本来な飛び上がっ喜ぶき、
の名かれた新し綿康手帳した


湿は子供いな生活設計を立てていと書きまし
それは仕方なあって、本音は妻も私も諦め切れてません。
結婚して3年くいは、何処に行ても挨拶様に供の事聞か二人も辛い思をした。
二人揃って検受け、ちらに異常ないと言われたのすが、
れで出来ず、を信じない二人が子宝神社に行ってご祈祷ま受けまた。
しかかったのは5年を過ぎた頃
逆に回りが気を使てしまい、
間話で所の子供の調
急に話を変えて題を調てくているのが分ます


特に妻は、後ら結婚した妹に次々とも子供出来た事で、
って話題中心はそ達になった
余り帰りたがらないようになっ


婚10年目にして、そのに子供が出来たのですか
来なき合って、泣きなら喜びを分かち宿ころなのに
は妊を隠してに離です
私の背筋に冷たい汗が流れ、震える声こしました。


「これは何だ!」


最初からずに惚けいた妻
々に頭はっきりしてくるの、顔が蒼ざめています。


「ご簿めんなさい。婚してさい
「離してくと言う事は俺の供ではか?
「ごめんな湿。ごなさ
一気に力が抜けて、私はそに座込んでし





「相手は誰
やはり妻言おうとはませ
「私悪いの。責任をとります
「どうって責任をと


「どの様な事でも・・・・・・」
「よし。そなら子供おろて来い


は庇様にでお腹押え
ん。そんな酷いは出
酷い事?俺にどれだけをしか分かっていか!
ごめんなでもこのだけは・・・・・・・・
後は泣いてしまって話なりません。


香が男に身を許した。それだけで無く、香の内でその男の分身が育ている』
私はを責めながらも、だ裏切られたが湧ていまんでし
間が経つにつれて、現実に起いる事と自覚し、大きな怒込み上げてき


「相手はだ!
妻をして反対向き乗りになると、大き右手振り上げてい


が始てや退!」
やめて!言いますか、やめて!」
妻は私の背中を叩きながら必死に体お腹を守ろとします


明ちゃんで!飯島明
名前にはき覚あるどころか、顔はっ覚えていました


どうして覚えていたかと言うと、
は私達の結婚に妻友人して出席していたので
披露の間みつていたの
の事を尋ねた事があからです。


その時の妻の話によると、彼は妻が高校のに引っ越すで、
ずっじ団地隣の部屋に住て、
族同士も仲良くて親戚以上の付き合いをしてそう


歳がじだいう事も
幼稚ら高校の時に引っ越で、
毎日緒に通学していたと言いた。


彼は優香を好きなんじゃないのか?
「やめてよ。でこ、昔な付貿合いは無くなってしまったけど、彼と育ったのよ。
小さ頃は一緒にお呂にもっていた
は同じでも私の事を妹のに思っていわ。
私だってじ。恋愛のなんてならないわ


西時、私私の知らない幼い頃のを知ている彼に、た事を覚えています。
の彼、妻のお腹中で育ている。
は絶望感に包まれましたがた激い怒りへわって行きま


「奴をすぐべ!
彼は関係ないの。私が悪いの。私責任をと
「他人の女房を抱い、それも子供までて関係ないで済まされるか


それも彼を庇って呼ぼうしない妻に怒は増し初め妻に暴力まいました。


「こんな子供は、俺処分やる!


叩かれてテーブルに倒った妻がると
次に私はお腹を殴ろうしまたが、
妻は咄嗟にんでお腹を守りま


「分りまた。明ゃんに来てもらますか腹の子供だけは・・・」


妻が電話ると返したそうですが
妻の実家近く
早くても車で2時間半はりま


はその間に、どうしてこう妻にしましたが、
妻は激しくてし答えられる状態ではあ


うこ貿している内の止る音がして、驚いたにそれは彼でした。
玄関を入るなり土下して土間につけて謝っています


「この度は訳な致し
けに来るの早かった


い。ちらにマョンをりていまからこちらで活していま
私にはその意味分かりませんで、彼が立ち時に殴り掛かていまし
るとその瞬、私は殴り掛った方の腕れて、土間え付けられてしまいます。
『合気道?』
私にとてこれめな事はあん。


寝取られ供まられ
の男に土間にうつ伏せけらて身動き出来ないです


明ちゃん!やめてー!
妻ので彼ようやくを放しましたが、
起き上ても私めで顔を上られません


「ちゃんと任は取らせて貰い
これだけの事をしてうやってを取る」


「優と結婚を育てます」
に!鹿事を言うな!俺は離婚しないし子供はろす!」


「あな許して。この子だけ・・・・・こだけ・・・お願い・こんな私とは離婚してい」
私は2に離を迫られ、更に惨めにっていきました
また彼りかたい衝動
余計惨めには目に見来まん。


***


今は興奮していて冷静に話せのを理由に、
後日話を事にて彼しましたが、
の惨めから早く逃げたかたのす。


か!妻に裏切られ、妻を寝取った男に力でも負けて土間に押え付けられてめな姿を晒していた男を見て愉快ただろ!」


「ごめんなさ私が悪いの。全て私が・・・・」


翌日仕事に行ける態ではなく、
んだので色々聞出そうとしましたが、
妻はて謝けで何も話しませ


俺の答出るまで暫らく別居しよう。
、俺の事がはっきりで奴とは会うな。
独りになて離婚について考えてやるから、そぐらいはれ。
俺のを少でも可哀想だと思持ちがあるら、
そのぐら意は。約束出来るか?」


「はい約束


最初、私が出て行くつも
も悪い事をしていないが出て行くは筋違いだとし、
出て行かせる事にしました。
しかいざ妻が出て行くと、暫らく会近くのホテルで泊まと言ったも
マンショに行っのではないが気ではりません


あまりのいてゆかず、
最初は訳も分か、た怒りを露にしていも、
になってくると実を知り、
情けなに声て泣き続け
つのか眠ってしまました


にな、妻のいい殺風家に更寂しが募りま
そのの午何もが出ずに、窓から外の風沿ぼんやりと眺めていと、
家の前にドイツ製の高級車が止まり、りてでした


「子生まれるまでに婚したい。離婚も半年は籍を入れ、一く別欲しい」
事を言うな!


達のした事れない事と分かっいる
も子供に罪無い。生まで
当の父親と母親が夫になていてやりたいんだ。離婚してくれ」


俺はしない」
「愛し合った宿でも、時が経て気持は変わる。
はあんたを愛しかも知ないが、
今あるの年生活をしただけで、優は俺をしている。
この気持ちは誰に来な
例え律がどであろうとまではない」


は鎹と言いす。
私達に子供がいればまたと思のでが、
妻と男に子供が来た今私に勝ち目はいと思いまた。


しかし、私は妻を諦ません。
子供さえ出来ていればと強絆がたはずだとわれるかも知せん
私達には手だけを見詰、二人だきてたという
た違った強いがあったのです。


これは間した気の弛みでこの男と関係を持ってまい、間って子供が出来てしまっただ』
期に及んも、妻はを愛してていると信じたいのです。


「お前の子供決まっ訳では無
他に考えるか?10年子供が出来かった優
私と関係をたらすぐに妊した。う考えても明らかだ


な事は分いました
私自身、の子供に間違いと思っていましたが、
らと言って妻を連は言えないのです


「本当に愛しているのか?
「当たり前だ。たよ倍愛している」


「そうかな愛して、優香が困るは出来はずだ」


「困ている?たのでは困ってい振りをしてのか?俺の前では願だった供がんでいるぞ」


「それだな。香はんな女じゃない。おまえは優香を何も知らないらしいな




>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:読み物  |  タグ:, 浮気・不倫, 寝取られ, 修羅場・人間関係,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:読み物  |  タグ:, 浮気・不倫, 寝取られ, 修羅場・人間関係,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20080626071915