2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

神の悪戯






それ結婚して10年が36歳、が34歳のでした


残業で遅ったがキッチンに入ると、
妻は慌てて涙をいて精一杯笑顔をりましたが、
私も理由を聞ずに笑顔で返しました。


ぜ理由を聞かないというこの様事は初めかったからです。
はバリバリのキャリア、いつもるく溌剌としていましたが、
前から急に元気が無くなり
近ではこの様に私れて泣いているが何度かありました。


最初に気が付いた時は心配で訳ました
は仕事係でんでいるえなたので
妻の事のまで口出し出来ない私
ただ励して明るく振舞しか来なったのです。


かに妻の仕事は忙くなったうにえ、
姿調にし無かっ泊まりの出張も度々あるようになり
度に妻ら元が消えていく様に感じたの
仕事を辞調させようか思いました
のいない妻には仕一つの生き甲なっているところもあって言えまんで


んなる日、私が帰ると、妻たキで泣いていた
今回は、私の顔を見ても笑を作って誤魔事はずに余計大きな声で泣きめま


離婚して下さい


それは私にとってりに突然だったで、
何が起こったかも分らずに言葉も出ませんで


お願いです。離婚して


の目から大粒の涙が零れ落ち、冗談でない事は分かりしたが、
には別を切り出れるような心当たりがありませ


心当たりが無いっても、勿今までの夫婦生活はりではなく、
に子供が授から互いを痛めていた時ましたが
は2人生きてゆく覚悟も出来
 供のいない生活設計もたりるようになっいました


急にどした理由教えくれ
「何聞かないで。全て私が悪いの。ども飲から、お離婚て下さい」


私は声をたりしく宥めたて、
とか理由そうしましたが、
泣きながら謝るけでて言いません


急にそんな事言われても返ど出やしない。明後日はみだ、明の夜りと話し合おう


っと泣いていて、
最後には泣き疲退れて眠ってしいました
る事などせん


だ?に好きなが出来たや、香に限ってそれ。では何仕事で疲れのか


妻は前かずっと今の会社めてて、
主任いう立あってか
このとろ土日出勤するく、
りの出張もあ簿で擦れ違い味の生活だったは確かです


互いに忙過ぎたの因だうか?それとの事で悩んでて、もかもがになた?きっと優香は疲れているだ』


そう考えるとの疲れを
こ2ヶ月ックスも断わられていま


の明るかった妻が、ここ数月で暗くなった
れは確かに妻の忙しったのと比ているが、
からと言っ離婚・・・・。
やは他に好きな男が出来
や、そは絶対無い


妻の会社は圧的に女性の多い職なのですが、それで当然男性社員おり
主任にって上司や部下のと2食事く事もありましたが、
私は浮気を心配した事一度もあせんでし


それは妻が嘘や曲がった事大嫌い性格に由るです
しかし気が付くとの携帯をまし


見たら。夫婦もプシーはある


思いなが携帯てしまい、
バックトが点いた時は心飛びほどドキドキしました、ボタンを押していました。
かし、私の葛所に、ロックが掛かっていて見ら


『どうてロしてある
いやこれは俺に見らのが嫌ではくて
何処か時に他に見れなクしてあるだけだ』


に私がとった
携帯より見てはいけない
妻が結婚し々、つけている日記を探すという行為で


私は自己嫌悪ながらも、
で泥棒の様便物音を立てずに探し回ていて、
綺麗に色とりの下着の下を見た時、
んでもない物いま


『どうして、この様な物が』


は本来な上がってぶべき、
名前が書た真新母子康手帳した。


近で子供のい設計を立ててるときましたが
れはくであっ私も諦め切れていま
婚しいは、何処に行ても拶の子供の事を聞、二人とも辛い思いをしまし
二人って検査も、どちらにも異常はないと言われたのです
れでも出来ず、神を二人が子宝神社にてご祈で受した
かし、も辛かっは5年過ぎ頃か便で、
に回りが気を使ってまい、
世間話で他所の子供の話が出も、
急に話を変えての話題避けしてくれているのかります


に妻は、後から結した妹に次々と3人も子が出事で
実家にっても話題の中心その供達になた事か
り帰りたがらないようになっいました


0年目妻に子が出来たのですか
ら夫婦抱き合ってら喜びを分か合うとろなのに、
妻は妊娠をして私に離婚を迫ったです
の背に冷たい尿、震えるで妻を起こしまた。


「これ!」


初は状況らずに寝惚けていた妻も
徐々にはっきてくるのと同時に、顔が蒼ざめます。


「ごい。婚して下さい
「離婚してれと言う事は、俺の子供で簿は無いのか?」
めんなさい。んない」
体から一力がて、私はの場に座でしまいまし





は誰だ!
妻はおうとはしまん。
「私が悪いの。私がをとります」
「どうをとる!」


事でも・・・」
「よしなら子供をおろして来い


は庇うに両お腹を押えます。
「出。そな酷い事は出せん」
「酷事?俺にどれだけ酷い事したのか分ているのか!」
ごめんなさいだけは・・・・・・・・・・・・」
後はいてしまて話しになりま


『優男に身体を許した。優香のでその男の分身が育っている
ながらも、まだ裏切られた感がいませんでが、
が経つにつれて、実に起きている事だと自し、大きな怒りが込み上げきます


相手は誰だ!簿
は妻を引き倒して反対向きに馬乗りになると、大きく右手を振り上げした。


「俺が始末てや
「やめて言いめて!」
妻はの背を叩きながら、必死に腹を守ろうす。


「明ちゃです!飯島明ゃんです!」
そのには聞き覚えがどころか顔まではと覚ていした


て覚えいたと言と、
彼は私達結婚式に妻のとし席していたのですが、
披露宴の間中私を睨みつけていた退ので、
事を妻便ねた事があっらです


その時のの話によと、は妻が高校の時に引っまで
っと同じ屋に住でいて
家族同士も仲が良て親の付き合いをしいたそす。


また歳じだという事もあり、
稚園から高の時に引っすま
に通してい言いました。


優香を好きなんじゃないのか?」
やめてそ、昔様なき合いは無くなってしけれど、彼とは家然で育っよ。
小さな頃は一緒にお風入っていたし
歳はじでも私の事を妹のうに思っているわ。
私だて同じ。恋愛の対称になんてないわ」


当時、私は、私の知らない頃を知っている彼、嫉妬し使を覚ていま
その彼のが、妻のお腹の中で育ってる。
私は絶望に包れましたが、それは激しい怒へと変って行きました


奴をす
「彼は関ない。私悪いの責任をとります」
他人の房を抱いてれも子供ま作っ係ないで済まされるか


れでも彼をて呼ぼうとしなに怒増して妻力をるってしまいました


んな子は、が処してやる!」


を叩かれてテーブルに倒れ掛かっが起と、
次に私はお腹を殴ろうましたが
妻は咄んでお腹守りました。


「分かりました。明ちゃに来らいまから、お腹子供だは・・・・


妻が話すると、彼はすぐに事したそうで
の実家近くに住んでいる彼は、
ても車で時間半は掛かす。


私はその間に、どうこうなったのか妻に聞こたが
は激しまっ答え状態ありません


そうこうしいる車の止まる音がして、驚いそれでした。
彼は関を入るなり土座して、土間に額をつけて謝っています。


の度訳ない事致し
やけに来るのたな」


はい。こマンションを借ます今では半分こちらで生活してい
私にはその味がりまでしたが、が立上がと同時り掛かってした
るとの瞬間、掛かっ方の腕を捻られえ付けられてしまいす。
『合気道?
ってこ程惨はありません。


寝取られ、子作られて
の男に土間にうつせに押えられて身動き出来なのです。


「明ん!やめてー!
妻の叫声でようやく手放しましが、
起き上がも私めで顔をられません


ちゃ責任います」
「こけの事、どって責任を取る」


「優と結婚して、子供を育す」
「なに!馬鹿なを言うな!は離婚しいし、子供はおろす!」


あなた、許し。この子だけは・・・・この子だけ・・・・・お願い・こんな私とはして下さい
私は人に、更に惨めにってました
また彼に殴かかりい衝動に駆れまたが、
余計惨めなる事いて出来ません


***


今は興奮してい冷静に話せないのを理由に、
日話して帰しましたが、
真意はこの惨め状況から早くげたかったの


足か!切られ、妻を取った男にでも負けて間に押付けられて、惨めな姿を晒していた男見て愉快だっただろ!」


「ごなさい。私が悪い。全て私が・」


翌日、とて仕事る状く、
妻もので々聞うとしましたが
妻はて謝だけで何も話しません。


「俺の答出るまで暫らく別居しよう
但し、俺の事っきりするま奴と会う
りになって離について考えいは守れ
の事を少しも可想だと思気持ちるなら、
のぐらい西は見せろ。約束出来るか?」


はい。約束します」


て行くもりで
悪い事をていない私が出て行のは筋 違いだと思し、
妻を出て行かにした。
しかし、いざ妻が出てくと、暫社の近くの泊まると言ったものの
のマンションに行ったのではないかと気ありん。


まりの事にがついてゆず、
最初は訳も分か、ただも、
てくるを失う現実を知り、
に声を出しけ、
つのまにか眠ってしまいました。


と、妻いない殺風景な家に更に寂しが募ます
その日午後、何も考えることが来ずに、窓から外の風景をぼんやめてると、
の前ドイツ製の高級が止まり、降りてきたのは彼でした。


「子供が生まれるまでに結婚したい。離婚しても半年を入貿られないから一日も早く別れ欲しい」
「勝手な事を言うな!」


達のしたが許さ事だと分かってる。
罪は無い。生ままでに、
本当の父親と母親が夫婦にていやりただ。頼む。離婚 くれ


「俺は離しな婿い」
し合た仲、時てば気持ちは変わ
前はあんたを愛していも知れなが、
今あは長生活を共にした情だけで、俺を愛している
気持ちは誰にも邪魔来な
え法律がどうであろうと気持ちまは縛れない


は鎹と言います。
子供がいれば、ま沿た違っ思うのすが、
逆に妻とこの男供が、私勝ち目ない思いました


し、は妻を諦れません
子供さ沿出来ていれ、もっ強い絆たはず思われも知れまんが
私達には相手だけ、二人だけたとう、
た違ったったのす。


違いだ。ふとしの弛の男と関係を持ってしま、間違って子供が出来てしまただけだ
この期に及んでも、は私を愛れているのです


「お前の子供だと決まった訳では無い
に考えられるか?0年供が出来なかった優が
私と関係を持ったらすぐに妊た。どう考えても明らかだ


んな湿事は分かっていました
私自身、彼の子供に間違いないと思ってました
だからとを連けと言えないです


「本に優香を愛しているのか
当たり前だ。西んたよりも数倍愛している」


「そな?しているなら、優香が困事は稿出来なかったはず


「困っ?あんたの前では、困っている振りをしているのか?俺の前願だっ出来て喜んいる


「それ嘘だな。優香はそんなゃないまえは優香の事をも知ら尿しいな」




>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:読み物  |  タグ:, 浮気・不倫, 寝取られ, 修羅場・人間関係,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:読み物  |  タグ:, 浮気・不倫, 寝取られ, 修羅場・人間関係,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20080626071915