2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

神の悪戯






れは結して10年目、私が36歳、妻が34歳の時の事した。


残業で遅キッ
妻は慌てて涙を拭いて笑顔を作りまたが
私も涙の聞かに笑顔でました。


ぜ理を聞と、こ様な宿事は初めはなかったかす。
リのキャウーマンでつもるく溌剌とし便いま
ヶ月からに元気がくな
近で様にに隠れて泣いいる事が何度かありました


最初に気がいた時は心配で訳をたが
仕事の関係で悩んでいるとしか答なかったので、
妻の仕事容ま出し来ない私は
励ましく振舞う事しです


確かにの仕事は忙しくたようえ、
たまにし無か泊まりのも度々あるようになり、
に妻から元気が消えく様に感じ
事を辞めさせうかと思いましたが
子供ない妻は仕事が一つの生き甲になってところもあて言せん


そんなあ日、私が帰ると妻はまたキッチンいたのです
回は、私の顔を見て笑顔を作って誤魔化す事はずに、余大きな声で泣き始めました。


「離婚さい


それにとって余の事だったので
が起こったのも分からずに言葉も出ませんした。


お願す。離婚して下さい」


からは更に大粒の涙が零落ち談でないは分かりまし
私にはれを切り出さような心当たりがありません。


当たりが無いと言っても、勿論までの夫婦生は良い事ばかりでく、
特に子が授からない事にはお互い心を痛時期もありまし
最近では2人で生く覚悟も出
いな生活設計も話し合ったり出来るようになってました


「急にどうした。理由くれ」
「何も聞かないで全てが悪。どのな条件でも飲みます、お願い、離婚して下さい」


私はを荒げて怒ったり優く宥めて、
何とか理由出そうとしましたが
妻はがら謝るけで決 いません。


言われても返事など出来や。明ら、明日の夜ゆっくりと話し合おう


はず泣いてい
最後には泣疲れってしまましたが、
私は眠る事など出来


何故他に好男が出た?い、優香に限てそれはは何だ?仕事で疲れているのか


妻は結婚前ずっと今の会社に勤めていて、
主任という立場もあってか、
このと勤する事が多く
泊まりの出張もあったので違いの生ったの確かです。


やはお互いに忙し過ぎのが原因だろうか?れとも仕事の事んでいて、何もかもが嫌になった?きっと優香は疲れているんだ』


そう考ると仕事の疲れを理由に、
ここ2ヶ月ほどはセックスも断わられていした。


あの明るかった妻が、ここ数月で暗くなった。
それは確妻の仕が忙しくなっのと比いるが
と言っ離婚は・・・・・
はり他に好な男来た?
いや、それは絶対に無い


妻のは圧倒的に性の多い職場なです、それも当然男性社員もおり、
任になってからはや部男性と2食事に行く事もありましたが
私は浮気を心配した事は一度もありんでし


それは妻が、嘘やがった事が大な性格に由るもので
し気が付くと私は、妻の携帯を握りめていまし


だ。夫婦プライバシーはある』


そう思いながら携帯を開けてしまい
バックライトた時、は心臓が飛び出キドキしましたボタンをた。
しかし、私の葛藤他所に、ロックが掛かってて見られせん


『どうしてックてある?
これ俺にが嫌なのではなく
何処た時に他人に見れない様にロクしてあるだけだ


し、に私がった行動
りも見てはいけな
妻が結婚てから時々つけ記を探すという行為でした


私は悪で苦しみらも
まるで泥棒様に音を立ずに探っていて、
綺麗に畳まれた下着の下を見た時、
とんでないを見付けす。


うし、この


それ本来ならび上がっ喜ぶべき
前が書か真新し母子健康手でした


最近のいない生活設計立ててい書きました
は仕方なくであ、本音は妻も私も諦め切れません。
結婚して3年くらいは、処に行簿も挨拶の様に子供を聞とも辛いしまし
人揃て検査も受どち常はないとたのです寿が、
れでも出来ず、神をじな宝神社に行ってご祈祷受け
しかのは5年を過ぎ頃からで、
逆に回を使てしまい
間話で子供話題ても、
急に話変えてそ話題をけよてくるの分かりま


特に妻後から結婚した妹に次々と3人も子供出来で、
実家に帰っても話題の中心はその子供達になった調から、
余り帰りたがらないようになていた。


結婚1目にて、そのに子供が出来たら、
来なら夫婦抱合って、泣きがら喜かちうところのに、
は妊娠をして私離婚貿たので
の背筋に冷た汗が流れ、震える声で妻起こしまた。


れは何だ!」


最初状況が分らずに惚けていた妻も、
々に頭がはっきりしてくるの時に、顔が蒼ざめていきます


「ご殿なさ。離婚下さい」
「離婚してくれ言う俺の子供ではか?」
ごめんなさい。めんない」
体か気に私はそに座り込んでた。





「相手は誰だ
妻は言おうとは
「私が悪いの。私をとます」
「どをとる!」


でも・・・・・・」
。それら子おろして来い」


妻はう様に両手でお腹を押ます
「出来ません。そな酷事は出来ません」
い事?俺にだけ事をしたのか分かっているのか!」
めんなさいもこだけ・・・・・・・・・
は泣てして話しになりま


『優香男にを許した。それだけで無、優の体内でそのの分身がてい
私は妻めながらも、まだ裏切られた実感が湧いていせんでしたが
が経つにつ現実に事だと自覚し、が込み上げきます。


相手は誰だ!
私は妻を引き倒して対向きに馬乗なると大きく右手をり上げした


始末てやる!」
やめ便て!言いますから、!」
妻は私の背を叩ら、死に体捻っ腹を守ろうとします


「明です!飯島ちゃんで
その名前は聞き覚えころか、顔はっきえていました。


どうし簿て覚えていたかと言うと、
達の結婚式に妻の友人とて出席宿のですが
露宴の間中私を睨みけてい
彼のを妻に尋ね事がったか


妻の話によると彼は妻が高校の時に引っ越まで
っとじ団地の部に住んでいて、
同士仲が良くて親戚以の付いをていたそうです。


た歳が同じだというあり
から高校に引っ越すまで、
一緒に学してたと言した


彼は優香を好じゃないのか?
やめてよ。今でこそ、様なき合いはてしまっれど、家族で育西たの
さな頃は一ていし、
は同じで私のを妹ように思ってわ。
だって同じ恋愛の対称になんらないわ」


当時、私、私のない頃の妻を知っいる彼、嫉したを覚えています
その彼の子供が、妻のお腹の中で育ってい
感に包まれした、それはしい怒りへと変わって行まし


「奴すぐ呼べ!」
「彼は悪いの。責任をと
人の女房を抱いて、供まで作て関いで済まれる


れでも彼を庇って呼ぼとしない妻に怒りは増し、めて妻に暴力を振るってしまた。


「こんは、てやる!」


を叩れてに倒れ掛かった妻が起き上
次に私はお腹うとしまたが
お腹を守りました。


「分かりました明ちゃんてもらいますかの子供だけは・・


綿と、彼はすぐにと返事たそすが
妻の実家近住んで彼は、
くても車2時間半掛かります


私はそ間に、どうしてこうなったか妻に聞こうとしました
は激てしま答えられるはあ


そううしている調の止まる音がて、いた事それは彼した。
関をるなり土、土間に額をつっていま


の度は申し訳い事致しました」
「やけ来るのが早


「はい。こらにョンをていますから。今ではこちらで生調活しいます
私にその意味が分かりまんでしたが立ち上ると同時に殴り掛かっていした
するの瞬間り掛かった方腕を捻らて、退間に押え付けれてまいます。
気道?』
にとって惨めなありません。


を寝取られ子供までれて
そのに土間にうつ伏せ押え付けられて身動来ないの


明ちゃん!やめてー!
の叫ぶ声彼はよく手たが、
き上っても私は惨め顔を上げん。


「ちゃと責任は取らせて貰います」
けの事をしてうやって責を取る」


「優と婚して、子供を育す」
に!馬鹿な事な!俺は離婚し いし、子供はお


あな、許して。こ子だけは・・・・こ子だけは・・・・お願いこんな私と婚して下さい」
離婚を迫られ、に惨めにした
彼に殴りかかりたい動に駆らまし
余計惨めになる事は目に見え出来ません


***


今は興奮してい、冷静に話せなを理由に
後日話をすしてしましたが
真意はこの惨状況から早逃げたかったのです。


足か!妻に裏れ、妻を寝沿に力でも負けて土に押けられて、惨めな姿を晒した男見てただろ!


「ごめんな。私が悪いの。て私が・・・・・・


も仕事に行ける状はな
も休んだので色々聞きしましたが、
泣いて謝るだけで何も話ません


「俺の出るで暫らく別居よう
、俺との事がはっきりするまで奴とは会うな。
独りになって離婚について考えてから、それぐは守れ。
俺のを少しで哀想だと思う気持ちがあなら、
ぐら意は見ろ。束出来るか?」


「はい。束しま


私が出て行くつりでたが、
をしてない私綿が出て行くのはだと思いし、
を出て行かせる事にしました
し、い妻が出て行くらく会近くのホテルで泊まるとったものの、
彼のショに行ったのではないかと気が気ではあ


まりのがついてゆず、
最初訳も分かず、たりを私も、
静になってくると妻を失う実を知り
けない出しき続け
いつのまにか眠ってしまいました。


ると妻のいない風景に更に寂しさります
の午後、私が何もが出に、窓ら外の風景をぼやりと眺めていると、
家の前にドイツ製の高級車が止まりてきたのは彼で


子供生まれるまでに結。離婚ても半年は籍をれられなから、日もく別れて欲し
「勝な事言うな!」


俺達のした事が許い事だと分かっている。
でも子供に罪無いれるまで
本当の父親と親が夫婦にていいんだ。頼む。離婚してく


俺はなど
し合った仲でも、時がてばちは変わ
以前はあんたをいたも知れいが、
あるのは長年生活共にした情だけで、優は俺愛している。
ちは誰にも邪出来ない。
例え法律がどうであろうと、気持ちまでは縛れい」


子はいます
に子がいれば、また違ったとすが、
逆に妻とこの男に子供が出来た今、私に勝ちないいました。


しか、私は妻諦め切れません
子供さえ出来ていと強い絆があったはだと思わ稿れるかもれま貿せんが、
私達には相手だけを詰め簿だけで生きてきたとい
また違っ強い絆があった


これは間違いだ。ふた気弛みでこの男と関係を持ってし間違って子供がてしまっただけ
の期及んでも愛してくれている信じたいので


お前の子供だと決まった訳では
「他に考れるか?10年供が出来なかった優が、
私と関係を持すぐに。どう考えても明ら湿かだ尿


事は分かていま
彼の供に尿違いないと思ていまが、
からと言れていので


当に優香を愛ているの
「当た前だ。あんたよりも数倍いる


「そかなているなら、優が困る事は出来なかっずだ」


「困っていあんたの前で困っていをしいるのか?俺の前では念願だった子供が出んでるぞ」


「それはな。香はそな女じゃなおまは優香の何も知らないらしいな




>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:読み物  |  タグ:, 浮気・不倫, 寝取られ, 修羅場・人間関係,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:読み物  |  タグ:, 浮気・不倫, 寝取られ, 修羅場・人間関係,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20080626071915