2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg
 
 

 
 
 
 

変身






一昨年の夏ごろから私たち夫婦に起こった事件について書かせていただこうと思います。
実話6割、妄想4割といったところですが、よろしければお読みください。


私45歳、妻、紀美子42歳、見合いで結婚して18年になります。
私が言うのもなんですが、妻ははっきりした顔立ちの美人で、会った途端に気に入り、一ヵ月後にはプロポーズをしていました。
その後2人の子宝に恵まれ、まずまず夫婦仲は円満に推移してきたのではと思います。


紀美子は容姿が優れているだけでなく気立ても良く、料理も上手で、本当に良い妻を得たものだと思い、私も結婚してからは浮気することもなく妻一筋で過ごしてきました。


妻についてただひとつ物足らなかったことは、セックスが淡白だったことです。
妻は、結婚する時は処女で、私もあまり経験がなかったため、新婚初夜は上手くいきませんでした。
その後、悪戦苦闘の末、やっと結ばれたのは新婚旅行の最終日でした。


その時の体験がかなり苦痛だったのか、妻はその後ずっと、セックスに対しては積極的になれませんでした。
2人の息子の妊娠、子育て中は数ヶ月に一度という具合で、今なら完全なセックスレスといって良いでしょう。
私も、なんとなくそんな状況に慣れてしまい、子育てが一段落してからも夜の生活は1、2ヶ月に一度という間隔でした。


私は人並みに性欲はある方ですので、妻とのセックスだけでは欲望を解消することが出来ません。
それで、ずっと妻に隠れて自分で処理してきたのですが、40歳を過ぎる頃から、急に焦りのようなものが出てきました。


年を取るといずれ性欲は衰え、いずれセックスは出来なくなります。
男としての自分の一生を考えた場合、これで良いのだろうかという気持ちが生まれてきたのです。


元気なうちにもっとたくさんの女を抱いてみたい。
かといって素人に手を出すのは危険ですし、そもそも妻を裏切るようで気が進みません。


そこで風俗なら良いと自分に言い聞かせたというわけではないのですが、結婚以来足を踏み入れていなかったソープランドへ行ってみることにしました。





結婚前に行ったようないかにも欲望処理の場所といった感じではなく、
昔からは考えられないような若い綺麗な女の子が、恋人のようなサービスをしてくれるのにすっかりはまってしまいました。


その頃、収入が増え、生活に余裕が出来てきたこともあり、かなり頻繁に通うようになりました。
何人かの馴染みの女の子が出来、妻とのセックスも益々疎遠になりました。


一昨年の夏のある日、長めの海外出張とその後、体調を崩したりで、しばらくご無沙汰行ってしていた店に足を運びました。
その日初めて付いた女の子がにこやかに挨拶し、おもむろに私の服を脱がせ、フェラチオを始めようとしたときに妙な顔をしました。


「どうしたの?」
「うーん……」


女の子は首をかしげながらしばらく私の陰毛を掻き分けるようにしていましたが、やがて顔を上げました。


「お客さん……ケジラミがあるよ」
「えっ?」


女の子は器用に指先を使い、小さな白いものをつまむと私に見せました。


「ほら……卵」


想像もしなかった展開に私は動揺しました。


「まだ、ほとんどいないから、すぐに薬を使えば大丈夫だよ」
「そう……ごめんね」


故意ではないですが、もう少しで大事な商売道具(?)をしばらく使い物にならなくするところでした。
私は恐縮しました。


「前にこの店にきたのはいつ?」
「ここはしばらく来ていないな……あ、別の店に一ヶ月半くらい前に行ったけど」
「それは違うわね……そこでもらったんなら、もっとひどくなっていると思う。これだと10日か2週間くらいかな?」


女の子はそう言うと私に服を着せていきました。


「良くなったらまた遊びに来てね」


部屋を送り出された私は、入浴料を全額返され、店の車で駅まで送ってもらう途中、店員さんに薬局で薬まで買ってもらいました。
私がその間考えていたのは、どこでケジラミを移されたのだろう、ということでした。


ちょうど私は2週間前、妻と久しぶりにセックスをしていたのです。



家に帰った私は動揺が収まらず、妻の顔をまっすぐ見ることが出来ません。


「今日は遅くなるんじゃなかったの?」
「ちょっと予定が変更になって……」


下手な言い訳をすると、食事もそこそこに自室に向かい、インターネットで「ケジラミ」について調べます。


---------------------------------------------------------
『ケジラミ』
原因:ケジラミという寄生虫が性的な接触により感染。
まれに衣類、寝具を介して感染する。


潜伏期間:1〜30日間


診断と治療:
・ ケジラミの卵を検出する。
・ スミスリンパウダーかスミスリンシャンプーを使い約10日で治ります。
だが卵には効かないので、孵化にかかる1週間程度の間隔を空けて数回行う必要がある。
・ 陰部を剃毛して軟膏を塗る。また卵の孵化の時期を待って殺虫する。
----------------------------------------------------------


スミスリンパウダーもスミスリンシャンプーも店員さんに買ってもらっています。
泌尿器科に行く代わりにソープでケジラミの診断と治療をしてもらったようなものです。


しかし、私は「性的な接触により感染」という言葉が頭から離れませんでした。


自分では、まったく気がつかなかった、つまり痒みがなかったわけですから、
出張前に行った別の店で移されたという可能性は低いことになります。
すると誰に移されたか……?


「まさか……妻から」


ここ一ヶ月半の間で、私が性的な接触を持ったのは妻だけです。
果たしてケジラミは妻から移されたのか、もしそうだとしたら、妻は誰から移されたのか?


「紀美子が浮気……?」


私の頭の中で一つの仮説が言葉の形をなしました。


いや、それはソープの車で送られる途中、ずっと頭の中にあったことです。
まさか、そんなことはと否定していたのですが、
「妻の浮気」という言葉が急に私の胸を締め付けてくるような感覚に襲われました。



「紀美子に限ってそんなことは……」


自分が風俗に通っていながら、そういう風に考えるのはどうかと思いますが、
私は紀美子が自分以外の男と関係を持つなどということは考えたこともありませんでした。
その頃私は、この「妻物語」に出入りしており
『本性』、『戦い』、『なぜ』
などの名作に興奮させられていましたが、それはあくまで自分と妻の間には起こりえない物語ということで楽しんでいただけなのです。



妻は、その地方では、お嬢さんが行くといわれている短大を卒業した後、大手の地方銀行で窓口業務をしていました。
どちらかというとおっとりしたタイプの妻は、お年寄りの客に受けがよく、成績もそれなりに良かったようです。
その手の仕事には良くある話ですが「息子の嫁に」といわれた事も一度や二度ではないということでした。


私との見合いしたのが就職後3年目の春、その年の秋には私たちは結婚していました。


ウェディングドレスに身を包んだ妻は本当に美しく、
見合いで結婚するということに、私が感じていた少しばかりの鬱屈を吹き飛ばすほどでした。
その後、新婚旅行で先に述べたようなささやかなトラブルはありましたが、夫婦生活は円満そのものだと思っていました。


今回の出来事がきっかけで私は現在の妻の生活について振り返ってみました。


2人の息子を中高一貫の私立、しかも同じ学校に行かせていますので、教育費の負担は我が家にとって相当なものです。
しかしながら、幸い私の収入は、人並み以上であり、妻も下の子が手がかからなくなってからは、
以前勤めていた銀行の本店へパートに出ていますのでなんとか暮らしていけます。


現在のマンションでの生活も10年以上になり、
妻の生活圏はマンションでの子育て仲間、
パート先、学校での付き合いと意外に拡がっており、
会社と自宅を往復するだけの私よりは、むしろ交友関係は広いようです。


妻のことを美人だと、何度も惚気るようなことを書いて気が引けるのですが、
普段の妻は、化粧ッ気もほとんどなく、自分の服もあまり欲しがらず、
普段着のようなものばかり着ていますので、どちらかといえば地味な印象です。
顔立ちはバレーボールの菅山かおる選手(年齢はだいぶ違いますが)の目元をはっきりさせたような感じです。


しかし、身長もあり(165センチ)、きちんと化粧をしてそれなりの格好をして出かけると見栄えがします。
40歳を過ぎた妻ですが、一緒に歩くのが誇らしくなるほどです。


そういうこともあって、私は妻にたびたび新しい服を買ってやろうかと提案していたのですが、
妻は息子の教育費のことが気になるのか「もったいないから私はいい」と、首を縦に振りませんでした。


しかし、ここ半年ほどでしょうか、妻と外出するときに、私が見たこともない派手なブラウスやワンピースを着ていることが何度かありました。


「それ、いつ買ったの?」
「この間……バーゲンで安くなっていたからお小遣いで買っちゃった。ごめんなさい」
「いや……よく似合っているよ」


今まで私がこういった服を着て欲しいと思っていたものを妻が自分で購入し、
着てくれていることを単純に喜んでいたのですが、
ある時、妻が、こどもが生まれてからは絶対にといってよいほどはかなかったミニスカート
(といっても、膝が見える程度ですが)をはいてきたのにはさすがに驚きました。



妻の外見上の大きな変化は他にもありました。
それは今までほとんどかまうことがなかった髪形です。


妻は、ずっとショートヘアで、ナチュラルなカールがかかっていました。
美容院代も節約していたのか、ある程度延びたら短く切るというのを結婚以来ずっと繰り返してきたのですが、
ある日会社から帰ると、妻の髪が急に明るい栗色になっており、一気に伸びていました。


「どうしたの、それ」
「なんのこと?」


妻は平然としています。


「髪の色、前からそんな風だっけ?」
「あら、ずっと前から染めているわよ。あなた、気がつかなかったみたいだけれど」


確かに妻の髪のことをそれほど気にしたことはなく、美容院に行った時も翌日まで気づかずに、妻に叱られたことがあったほどです。
しかし、さすがに今日の変化はいつものものとは違います。


「もっと黒かったよ」
「そういえば今日は、少し明るくしてもらったかな……」


そういいながら、妻は私の視線を避けるように首を傾けました。


「美容院に言った割には、短くなってないみたいだけれど」
「今日はほとんど切っていないのよ。少し伸ばしてみたいの……ほら、私ももう年でしょう。ロングに出来るのもそろそろ限界かなと思って」
「ふーん」


伸びたように見えたのはストレートパーマをかけたせいでしょうか。
随分印象が違って見えます。


繰り返しになりますが、私は妻にもっとお洒落に気を配って欲しいと思っていましたので、
その時の妻の変化は単純に嬉しく思いました。
新しい髪形は確かに妻に似合っており、一気に5歳ほどは若々しく見えるほどだったのです。


しかし、今回「妻が浮気しているのでは?」という仮説のもとで改めて考えて見ると、ここのところの妻の急激な外見の変化には、なんとなく不審を感じてしまいます。


ケジラミに付いては、早めに処置したのが幸いしたのか、
悪化することはありませんでした。
それでも絶対大丈夫だろうという確信を得るまで念のため薬は長めに使いました。


その後、ソープには一度だけ行きましたが、前回の「事件」のせいかあまり気分が乗らず、自然に足が遠のきました。


人肌が恋しくなった私が、久しぶりに妻を誘ってみようと思ったのは、一昨年の秋頃です。
それこそ「事件」が起こる2週間前以来ですから、約3ヶ月ぶりのセックスとなります。


妻は、少し躊躇っていましたが、やや強引にベッドに侵入し、抱きしめてキスをしているうちに息が荒くなってきました。



妻のパジャマの上衣を脱がすと、裸の上半身が露わになります。
妻の乳房はやや小ぶりですが、反面年のわりに垂れていません。
若い頃は、大きな乳房に憧れていたのですが、妻くらいの年で裸が綺麗に見えるのはどちらかというと貧乳気味の身体でしょう。


久しぶりのセックスでもあるし、妻の容貌の変化に新鮮さを感じたからかもしれませんが、私もいつもよりは丁寧に愛撫します。
妻の唇から耳の後ろ、うなじ、胸元と丁寧にキスをし、そして乳首を吸うと既に十分かたくなっています。
滑らかな腹部、お臍と舌を這わせ、一度身体をひっくり返して背中を攻めます。
妻の半裸身は時折ブルッ、ブルッと小刻みに震え、かなり感じているのが分かります。


私は、いつもとは違う妻の敏感な反応にすっかり有頂天になり、浮気疑惑のことなど頭の中から消え去っていました。
妻の身体を表返し、次に下半身を攻めようと、パジャマのズボンを引き下ろした私は意外なものを見ました。


「……」


それは、いつもの色気のない下着とはまったく違う、黒いお洒落なパンティでした。
繊細なレースはいかにも高級そうでしたが私が驚いたのは前の部分がシースルーになり、妻の陰毛がすっかり透けて見えていたことです。
寝室でもっとお洒落をして欲しいと何度もいったことはありますが、妻はいつも恥ずかしそうに笑って首を振るばかりでした。
こんな下着を身に着けている妻を見るのは初めてです。


驚きは驚きですが、その時は興奮のほうが先に立ち、私は妻のパンティを一気に剥ぎ取りました。
そこで私は更に驚くものを発見します。


それは短く揃えられた妻の陰毛です。
下着越しには気づかなかったのですが、長さは2センチもありません。
いつも妻はその部分については自然のままで、クンニリングスのときに口がジャリジャリするほどです。
「一度剃ってみたら」などとふざけて言ったこともあるのですが、下着のことと同じで、笑って拒否されていました。


私の興奮は更に高まります。
太腿の裏からふくらはぎ、足の指まで丁寧に口吻するといよいよ妻の女の部分を攻めます。
始めは最も敏感な箇所は避けて周囲を攻めると、妻は、さも、もどかしげに下肢をくねらせます。
指をそっと妻の陰裂に差し入れてみると、そこはもうお湯が湧いたようになっています。


「今日はどうしたの? 随分感じているじゃないか」
「嫌……」


妻は恥ずかしげに顔をそらせます。


「おマンコはもうぐしょぐしょだよ」


私がわざと卑猥な言葉を囁くと、妻は「ああ、エッチなことを言わないで……」と溜息をつくようにいいます。


セックスに関しては淡白だと思っていた妻が、私の技巧で燃え上がっていると思い、ますます興奮は高まってきました。
私は妻の股間に顔を埋めると、すっかり屹立を示しているクリトリスを吸い上げます。


「あっ、ああっ……」


妻は悲鳴をあげると両手で私の頭を押さえました。



情けない話ですが、この年まで私は妻をエクスタシーにまで導いたことがありません。


クリトリスを攻めることによってそれらしい状態にさせたことは何度かありますが、妻は本当の絶頂を極める前に「怖い……」といって私の行為を中断させます。
かといって膣での行為は「痛い」という先入観があるためか、積極的ではありません。
体位も「痛いのは嫌」ということでほとんど正常位だけです。
もちろん騎乗位や後輩位も試したことはありますが、結合が深いと痛いらしく、嫌がるのです。


正常位のみのセックスはマンネリと化し、妻との行為は妻の肉体を使った自慰行為同然になっていました。
刺激が少ないため、射精にまで持っていくのが大変なのです。
私は頭の中で様々な卑猥なことを想像しながら、妻と交わっていました。


しかし、その夜は、妻の積極的な反応から、いつもとは違う体位を試してみようという気になっていました。
そこでソープでよく行っていた騎乗位に再挑戦してみることにしました。
妻が、すっかり潤ったのを確認した私は仰向けになり、妻を上に乗せ上げます。
妻は「えっ?」と怪訝そうな表情をします。
いつもはここで拒否されるのですが、私が妻の大き目のお尻に手をかけて上に導くようにすると、妻はさほど抵抗もせず、私と身体を合わせてきました。


私のモノは興奮のあまりすっかり硬直しています。
筒先をあてがうと、妻はまるで自分で深さを確かめるようにゆっくりと呑み込んでいきます。


「あ、ああ……いい……」


妻が、いつものような結合の深さによる痛みでなく、明らかに快感を訴えだしました。
深々と私を呑み込んだ妻はお尻を円を描くように蠢かせていきます。


「気持ちいいか」
「うん……」


「どこが気持ちいい?」
「クリトリスと……おマンコが気持ちいい」


妻は小さいけれどはっきりした声で答えました。


私は、行為の最中に、妻に卑猥なことを言わせるようにしたことが何度もありますが、妻は、なかなかいおうとしませんでした。
押し問答のようなやり取りを繰り返し、ようやく「……気持ちいい」と言わせるのが関の山で、
「クリトリス」とか「オマンコ」といった卑語は滅多に口にしませんでした。


しかし、今夜の妻は私の求めにあっさりと、自分からそんな卑語を口にし、そんな自分に煽られたように荒い息を立てています。
私の興奮は益々高まりました。



>>次のページへ続く


 

 

関連記事

 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:, SM_調教, 浮気・不倫, 寝取られ,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:, SM_調教, 浮気・不倫, 寝取られ,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20080630190602