2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

本性




宮本拓也(仮名)45歳、、百合子()4歳、大学生娘と高校息子がいま

と付い出したのは高3年の時で、妻は、とにかく誰でもやさしく、真面目で退明るく、クラス気がり、勉しないで喧嘩に明れていた不良の私に沿うして付き合をOKしてくれのか、自分でも不でしたが、とにかく妻に嫌わ西ない様面目なろうと努力し、妻のおかげで三流ですが大学に進む事も出来まし


大学4年の時父母が事故で死に、私は思い切て大学を辞めて、父会社を継ました

いっても従業員人の小さ問屋ですが、調なのと1人になた寂しさから、短大をて銀行婿勤めていた妻と、1年後婚しました。

婚生活は、子宝も恵毎日がで、何年経って妻への愛は変わる事く、妻顔が何より私の幸せした。


息子が中学3年の時、専業主婦だった妻は、PTAの母親部長を引き受久しに見る、はつらつとした妻の姿に喜びも有ったので

は、結婚前ら妻が他の男と二人で話をしてり、同窓行くだ、心穏やかでなくイイラする妬心強い為、不安の方が大きかったです。

し妻には、小さな男と思れるの嫌で、自偽り、平静を装いました。


妻は、会帰るとずその日の内話してくですが、何回る内に、PTA会長の加真一男の話を、楽にする様になりま

加藤は隣町にある大きな工していて、5つ上で奥さんと、娘2人の4人家族だそ

親切話も面白さくなとてと妻は言うのです、あまりにも頻繁名前がてくる事と、会合は夜が多いに心配でたが、昔かで、心中を見ず快く送り出ていました。

--------------------

そんなある夜の会合にたはずの妻が加藤を連れて戻り、を聞く、副会長出来て2人だけになってしまい

人だけ気まずく、人だけで会われるのは嫌から、家で打ちせをさせていう藤からの だったです。


結局時間ほど話をしましたが、言う気さくも面白く、何よ今回の私への気遣いで、での使不安は消えすっかりしてまいました。

後で分です、今回の事は、加藤が最初から仕組んだ事で、らかじめ副会出来ない日選んでが家

私がどういう男か見める事となっがどうい生活をしているの、覗てみたいという思いからのです。

加藤誤算は、昔のを知らな殿事と、妻の前での私しか見てないの、妻を寝ても泣き寝入りするやさしいだけの人しい男と思ってしまった事です。


息子の卒業た頃が、

あなた。4月からお勤めに出ら駄目

最近は不況で贅沢は出、親4人が食べていません。

生活


違う。今生活には分満足し尿てい子供も大きくなっ事だし何たくて・あなたの会社は無しょ。」


「ああ、が入るわないとあ。今そんな薄な事は出来ない 。それよりこの歳で務所は有るか。


え。加藤さんが、私パソも出来るし、以前銀行に勤めていたので事務に是非欲しって。

時から5時までのトで残業は一切しの約束から、遅も540分位には家にからいで

・おい。


「加藤所なら心配ないか。」





「決まりでいい。ヨーシ、食費ぐらい稼ぐぞ


「やりお


、ばれた。」


藤の百合 このまま疎遠にたくな』『とか俺女にしてやる。』という思いからは知らずに、妻ると加藤の罠にはまって行ました。

--------------------

妻が勤めだし、1月ほ沿金曜日の6時頃、から話がり。

「あごめんなさい。・・今日・・使る事にってしまって・・・」

「残業はしい約束ろ。

「・・急に人辞てしまって・・・私寿とはごめなさい。

百合子場もあいか・・・帰りは何になるんだ。」

「・・ごめい。・8時に思い。・・子供達の食事お願いす。・・・・ごめんなさい調


この寿の妻沈んと、「ごめんなさい便。」いうがやに多いのが気にはりまが、4の妻日残業するぐらいで、何を心配してるのだい直し、話をまし


しかし次の金曜日も残業、その次の金曜日も残業3週続き、帰りも8時が9時になり、10時になと段々遅くな

た妻が ほとん笑顔を見せなくなったので、最初疲れてるからだと思ってい貿ましたが、姿石に何と思い

次の金曜会社へ行ってみると、工場真っ暗でしたが事務所には電気が点いていて人影見え、り越苦労ったのかと帰ろうとした時、

車場に妻の車が無い事付い、妻の携に電話しまし宿が、源がられいて繋がりせん


今思えば、そのり込んで決着を付けていれば、私にとって番屈辱的の、ら離れないの姿を見簿だのですが

は気動転して、どうしたらいのか分ずに、急いで家帰り待ちまた。


11時に帰て来た妻を寝室まで連き、

「今ま処に行っていたんだ

「エ・・・会社にいまし

「俺退は今8時に、社にだ。したら お前車は無帯も繋がなかた。は何何をしていたんだ。」

しばら妻は無言たが、涙を溜て、

「コみんなの夕食をいにていました。・・帯も仕事の時はていて そのままれていました。・・ごめんなさい。

妻が精一杯嘘を吐いているのは、様子から分かりましたのその 色々い詰めまたが、何を訊いて ただ謝るだで、出せません。

の夜は、かなか寝けず

『もしも浮では無かったら、俺子にて事てしったんだ。』

百合子に限気なんてり得ない。百合子は愛してれている。』

『何か訳が有違いない。・・・しかしに言え訳っ何だ。』

『そう言ば、残業の日は帰ぐ風呂に入ってい・。夜疲れからと言て・・・・。

『もし浮気したら相手は誰だ。・藤。・・・・いや、それは有り得ない。


3日後、私の考えていた悪の結果だった事を、加藤からの電で知りした

「ご人。こは申し訳御座いた。

は させなだっに、遅くまでさせてしまって。いに行かせ

ばら残業をお願いたいのでが、来る便早くって頂きまで、宜しく願いしま。」


「分りました。」


婿返事してこちら簿切りまし

妻はを吐いている。と事は加藤も嘘を吐ている。


『加藤は弁言いで知っていて、私の携帯番号まで知っている。間違いない藤とは親しい関にある。』


妻と加藤だけの秘密・・。不倫だ。それしかな


『あの妻が私を裏切った。それも手は信用してた加藤。』


私は、目前が真暗に、その場に座り込したが、暫くして、と付き合う前、荒れていた頃の私が囁きした。


『悲場合か。復だ。ぶっ殺せ。


今の私が囁きます

いや。今のおに疑いだけでやるのか。・・証拠だ。れ出来ない拠を掴んだ


直ぐにでも飛んで行した感情を抑え、まずは証拠を押さえるにしましたが、今の事で警戒して、なかなか尻尾を出ない可性も有ると思こちから掛け湿ました。

--------------------

丁度、今週の金、土、日曜日と、息子活の遠友達と旅行。

子供達には知られたく無いのと、私の我慢もく続きそ無かったので、この日しか無と思い。

「百合子、こごめん。仕事のでイライラしていて、な疑いをかけて。」

いえ私こそ心をかけてんなさい

い事が有る為、は俯まで

急でいが今週の金曜から いつもの釣り仲間泊でに行っ

「気を付てね。」

「ああ、仕を忘て楽しんる。」




しかしだけではりま。どしても、妻から進んで浮気しいるとは思えなかったからです。

何ら寿の理由で加藤に脅さて関を持っいる寿ば、私が守にる事藤に教えい可貿能性もある思い

次の日 加藤に電話て、昨日電話を貰の態度を詫供の話と趣味の話に持込み、は、誰もいい事を、それと無く告ました

、妻を正したい、便いという気を抑え悟られない様に平を装、気が狂程苦たです。

--------------------

ついにその日が来ました。

、私と2人きりの殆ど笑顔を見せなました沿する時にける事調と、久し振りにみまし

きっと私と顔を合わせてと辛かったしょう

今日ら3日は、その苦から解放さ寿る微笑だったと思います

は、り道具とメラを積み、家を出らレンタカーを借りてり換えサンス、帽子、サバイバルナイ買っ妻の仕事が終わ早くから待っていると

5時では無く4時過ぎに会社を出てに乗り込み駐車場をた。


今までがかりだっで、逢うなら今日しかないと思ってたが、まの何処かで、有っれという望っていまし

しか、尾行を貿すると、妻はさな公園の駐車場加藤ったい車がに止ま

は、ありを湿にしながら席に乗り込んだのでの微か望みも絶たれぐにで怒鳴り込みい衝動を抑え、

言いれ出来ないに、ホまえよう行しした。

ところが気付かれい様に3台後ろを走っていたので、中で信号に捕まってしまい、藤の車を見失ったのです

る気持ちを

『この先にーテル4、5婿そこに違いない。』

飛ばモーテルを調べましたが、加藤の車は何にも有りま

『あのまえれば・・。こうなっら証拠何も無い。の所でてぶっ殺。』寿

--------------------

に切まい園へりましに妻の車は無くわり藤の車が止めてありま

訳が分からずに間半程待ちってきません。

頃 加藤は百合子の体を・・。ク。』

しか貿うして乗り換えたん。妻の車でないと行けい所。

『小車でけない所・。家へ戻った・それも加

『そうにいない今日は家帰っ来な。妻の車が隠乗って行け近所も気付かれない。』

しかしら何も百合子我が家へ男を入れるだうか。

私の家はなり古いのですが、が広く塀が高いえに父の西味で結構大きな木があ、表からでは中の様子が分

の前に車を止めてポケットにナイフをれ、カメラを手に持って入って行くと、の客と、客簿部屋から廊下で繋がっに明かりがいています。

この離れは寝室です。

鍵で裏中に入りカメラを構 そっ客間のドアをける、そこに妻の服と着が脱ぎ散らてありました

あいつら俺たちの寝室で。許さん。っ殺。』

、嫉体中が震えて、ソファー座り込み

とも殺すいや百合子事は愛しているそれにあの世でも一緒なられ

も加に脅されているとすれば・・・・。訳てかでも遅ない。

『よし、加藤だけ殺そう。・・不倫の証拠写撮っておけば、少罪も軽ろうか。沿

かれな様に足ばせ寝室のドアの前来た中からが聞こえました。


よく聞えるに、ドアに

「イイ〜・・イイ〜・・アッ・アッ・・気持ちです〜

、百のお入りの、い方のイブに替えう。」

 う・もう・慢出来ませの・大好きな・チン○・・くだい・アア・・・アッ・アッんなにしたら ちゃうー

「おと。イクのはまだ早いぞ。

「イヤー・ヤないでー

「何だ、イブでイキたったのか。」

「違います・・オバブはイヤー・・アッ・アッ百合子大好きなチン○で・・イクのー

「そうか、そうかでももう少しこれで遊ぼ簿

まるで他人の事を盗みている錯覚り、入っしまいました。

「ア・イ持ちイイ・アーン」

合子、ら駄目だぞ。イら今日は、百合大好きなチ○はいぞ。朝まバイブだけでいの。」

アッ・アッ・アッ・メです・・アーン・慢出来せん・」

子はのチン○が好きだなー。しよし入れやる。だし尻の穴に

ー・・イ〜・後ろはですー・・百合の・・マンに・百合子のマン・・入れ・ア〜ン」

本当は百合子もの穴にれて欲しいんだろ。この前は指だけでもヒーって、歓んだじゃないか。」

ー・・後ろイヤア〜・・ー」

目だ。俺逆らて嘘をいた上に、この部屋でるのを嫌がった罰だ

ン・んない・・ごめさいッ・アッんない」

「最近あんに従ったのに、振りにらったお仕置きをしなとな

「ごめんなアッ・アーン・もう逆らいまん・・マン○に・・百合子のン○にくだ・アッ・ッ」

くら謝ても駄目だ。百合子がに駄尿、バイブを持ってるのがやっと、ビデオの道を持って来れっただろ。」

ン・ごめんなさい・アアン・・ごめんなさい・・アン・ーン・

「ほら、痛くない子の汁をってやるからイブを自分で持って、西き出

「イヤ・・・ごめんない・ッ・ン」



>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:復讐  |  タグ:浮気・不倫, 寝取られ, SM_調教,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

AmazonPickup

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様