2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

彼女の合コン






分には付き合て半年のがい
前は純といい、27歳です。

イメージいように身体サイズを書ます貿、163cm48kg、
はEカップちりした体ですがスタイルもよく、まあま
人な方と思す。


純子とは知人の紹介知り合って、早く意気投合しぐに付
き合いした。初のートセッスをしそれ以来
お互いのき来ていました


ある曜日の夜、純ら友達と飲今日は会と連絡が
ありました。自分は暇にったのの部屋1人で過ごしてい
ると22時を過頃に人から電りました


「お久しぶり、お今何してる
別に何もしてなそっちこそどうし?」


「おれ○でんでるんだけさ、おまえの彼女ゃん
コンみいなとして

「え!?マ?」


「マジマジれ相手の男連中知ってけど、結構でるって有
な奴らだぞえ合コンるこ知って

全然ないよ


「相手の達◇◇社のサッカー部で、しょっちゅうヤリコとか
して達絶対狙れるぞ」

「マで?何でる?


3対3、6人だ純子結構酔っ払っぞ、楽しそ笑っ
てるし。おう店ちゃらおえ何とかしろよ」


友人切ったあと、すぐに電話をしした繋がりま
んでした。になってじっとしいられず、取純子
屋に向かいま上がり、何度も電しまし
んでした。そして、夜0時よう子かメー
来また。


ごめんねー電話鳴ったの気付かなかっ稿。これから私の
おす今日は会えなくてごめね」

「今日誰と飲んで??とく電話よこして」


10分後酔っ払っ沿様子で純子から電話がありました。自分は
純子屋にを連るとはいませんでしが、確かめた
い気持ちもあり、分が純子の部にいるこは伝えませた。


日誰と飲んるの
「有希苗だよー、佳苗もう帰るって言う2人で私の
で飲みなおす


「そう、じゃあ家いたール
「う分かった


純子の部、1階で2部屋ありリビン室が別れています。
分は、子の部屋で帰りを待って、本当に友達と2人な婿らベラン
ダからばれないうに帰るつもりた。30分部屋の気を
ベラ窓から純子の帰り待っていると、1台タク
がアパートの前に泊まりました。


「純子ちゃんの家ここー?」
そうだよー」


テン高めの男3人、子と有希ちゃんクシーを降りてき
ました。自分、愕然した気ちと訳の分かい緊張パニ
なりした。慌てて寝室にあるローゼットの中隠れ息を
まし殿


ただいまー」
「ただいまーって私のだよー」


だらないの言葉に純子が楽しそうにえていま
り道い出しをしてきたらしく酒やつまみなどをテーブに広
てい音がしした5人婿をしてすぐ飲み始めた
した。会話は全部聞こ尿たわけではが、かなり盛り上
ってました。


純子がって来てら30分後自分ールました。


帰ってー。有希泊まっていくっ、多分ちょっと飲
んですぐ簿ると思から心配しない尿ね^^一おやすみなさい」
メールを読んでいる室のドアが音がしした尿


おー、こが純ゃん寝室かー、い殿やって
んの

「ちょっとーっちは開け調だめだ


言うと、純子が男をリビに戻しうでした。またイワ
イ騒いると1人の男の携帯がしな寝室
てきした。


「もっ、ああんでるよ、女2人いる、そ女の家で飲でるよ」
>の中男の会から相手のの予測です。


<いい女いんの?>
「ままぁか1人巨乳るよ」


もうそうなの?>
「いつやれんべ、バカたいに飲んっから」


を切ると、もう1人男が寝室入って来ました。


「電話何だって?

様子知りたかっだけれよりそろそろやるべ、おまえ
巨乳?」

「あーっちでど、せっかだから乳かな」
ゃあおらこっちの部3P姿ん呼んでく


自分は屈辱で頭がどうにかなうでた・
しかし一方でのヤン男達にられる姿てみたい
持ち持ってしまていた。



電話をいた男は島、室に入た男が富
ビングに居る男は斉木という名前でした。



自分はローゼットの隙間から寝室を見ていました電気は消えて
いましたが、から差し込む部屋様子は、はっきり見
えていまた。ベッには田が寝たフリをし横たわっっ
した。すると森島純子の手を引いて室にってきた。


「ほー、ゃってでしょ」
ベットででー」


いじゃんいいゃん3人で添い寝しようの字で寝るな 
て滅に出来ないでしょ?」

「うーん・・・いいよぉ・しなくて、もっと飲も?


稿あ、ちょっと添いして便からまた飲もう
うし添いなの?しなくていよぉ」
ほら早く」


***


そういうと純子はベットの真ん中かせられ男2人が両
になりま。ほの少し黙があって、男2人が純子に覆いか
りまた。


?・ちょっと・・・何す!?


達はの言葉を無視て、愛を始めました。使方ずつの胸を
揉みな口や耳、首筋を丹念にめ上めました


「ちょっ・・ダメだよ・・」
男達はれた手つきで純子を脱がしていきました。


いい身てんなぁ。かわ寿いい下着つけちゃって、やる気マ
ンマンじゃねぇの?

「やだぁ・・


っさり下着を剥取られ、全裸を晒してしまいました
森島が後ろら胸を揉み富田が前回ってマンコを弄
めまた。


おまえ、おぱいおっきいねぇ、でもょっと黒でんー、
しかして結構遊んでんの

・そんなこと・・・よ・・


「どうだかな、富マンコはンコの?
結構や、ビラビラてる


ーんだ、ヤリよ」
「・・・やだぁ・・・違うよ・・」


純子は、少し泣きそうな声になていまたが、2人に時に
められたまらなくのか段々感じてきました。
男達服を脱ぎ全裸にりました2人もサッカーをやって
だけって筋肉のある締まった身体つきをしてした。


「ケ突きて四つ這いよ」


純子つん這いると、森島が純子前に肉をぶらげました。
は、のアソに指、クュクチュと音を
立て弄り始めました。


「・はぁ・・・やぁ・・・」
ほら、しゃぶれチンポ大好き?」


島の肉は、起してませんでしたが調、それでも大きいの
かりました。純子何もず森島の肉棒をえ込みました。


「チュク・・チュル・・・ュパ・・」
「おーちいいてんなぁ」


純子はマンコを弄られがら、口一杯肉棒を頬張っていました
目は、つてい、舌を使い亀裏筋、玉袋まで
舐め上げていました。森島黒くてゴツイ肉棒がいり立っ
純子口に入り切らない程なっいました


「あーマ気持ちいいわ、ほらもっと音立しゃれよ、舌使
っと奥で咥ろ」


子の肉棒を咥えさせれた卑猥表情がたまりせんでした。
島は純子の頭を掴んで肉棒を奥深くまで咥えました
純子はジュル、ジュルといやを立てて生懸命頬張り続け
ました


「こいつチンポ大好きだ、しゃぶりらマ グチョになてるわ」退
は、マジじゃあそろそろ入てやるか


森島はから肉棒をき抜い、純子を向け寝かまし
まるで道具を扱うかのよ純子の脚をて、肉棒ンコに
いました。


「待・・ま入れちダメだよ」
更何言って?」


ダメだよっ・・怖い・・
あはは、ん知らーよ
グイを沈め子の中に生のチンポを奥深く挿入しま
した

あああっ・・ダメよぉ・・・あんっ・ ・・・・・
きいっ・・・


子の大きな声が屋にきました。森島はの身寿くの字
に折り曲げて奥く突き


ああっ・あっ・・あんっ」
あはムつてって、感じまてんじん」


富田子のの傍に行き、殿棒を咥えさまし抵抗する様
はありませんしたが、手でって生懸命しゃぶいまし


「あーこの姿彼氏に見せてりてーぁ、まさか今頃自女が
められてるなんわなだろー」

・・はぁっ・・っ・ぁっ・・


純子は、正常から騎乗位に体勢を変えました
の方は純子の背える状でした。
らためて凄い光景で・・
知ら男に。そ横にう1人の男・・
は現実に3Pしていました



隣の部屋でゃんと斉がセックスをしした。夢中
純子の姿を見ながらも、有ゃんの高喘ぎ声が耳入っ
ました。



子ちんもってよ、んだ乗位、こんな
ックリ咥え込ん

「ああっ・・・・・・いのぉっ・・」


子は、天井をげて、夢中で腰を振ってまし。グッグイッ
姿いやしくオもしっかりしいました。
ぐに森島は純子の尻をえ、激しく下からげる純子の声
、悲鳴のような声に変りました


あっ・・・あああっ・・・ホントすごいよっ・・ああ
あんっ・・


更に森は、純子を四つん這いにして乱に激しく突く子は
自分度も見たことのぎ方をしだ
「ああっ!すごいよっ・・あんっ・・・あああんっ!」


おらいいだろ?彼氏より全いだうが!?

「あああん!・・・あんっ!!・・ごいのっ!

「どっちいか言ってみろ!おっきな声で言!!

「あああっ!・・・こ簿ちがい沿のっ・いつもずっと
いの!・・ああ!私いっちう!」

「おらてしまえ!イクイク叫がらい

あっ!ああっ!イククっ!私もうダメっ!イ
ク〜!」


子はクンビクン身体を痙攣させながらいてしまいました。
正直、自分は純子イカたことがありせん
初めてる純子のイッた姿は本当にしくて奮しした
ったりとして顔をベに埋め、だけを突き してい
格好でし


「あ、おトにドベだでんなよ、お
まだえぞ

子は四つ這いまま富肉棒させられ、また森島
から突かれ始ました


「嬉しいんだろんなにたっぷりしてもらえてそろ出し
やっらな」

田が一旦ベットから降りと、森島は純を鷲掴み
ら突きしました。


「あーマン気持ちいいわ、一聞いけど処に出されたい


出して・・はダメだよ?」

ねぇ、待通りの事、ち奥ふかーくに種付けし
てやから安心

「やっ!ダメってば!?ホンにやめ!!


森島は、んどんピストンのスピーていきましパンパ
っとた音部屋に響き、純ぎ声が層大きくなりました。


っ!やだよ!あああっ!」

「おら、イクぞ!ぷり出してやからな!」


あああ!お願いやめてっ、中はダぇ!」

「あああクっ!ああ、おらっ、出るぞっ、ああああ


森島は、の尻をしっかり、根元まで挿したまま射精を
た。肉出し入れをて最後一滴ま中に搾り
た。




>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:復讐  |  タグ:, 浮気・不倫, 寝取られ, 乱交・複数,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:復讐  |  タグ:, 浮気・不倫, 寝取られ, 乱交・複数,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20080712092111