2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

彼女の合コン






自分にはき合って年の彼女がいます
純子い、27歳です

イメジし易いよ体のサイズ書きますと、163cm48kg、
はEカップでむっちた体スタイルもよく、まあまあ美
いま


純子知人の紹で知り合って、割早く意気投合してすぐに付
た。最初のートでセックスをし来毎週
うに互いの部屋を行き来していました


る金曜日の、純と飲むからは会えないと連
ありました。自分は暇になった分ので1人して
と、22時過ぎた友人ら電話がありました。


「おー久しぶり、おまえ今何してる?」
「別何もしていよ、っちこそ尿した?」


おれ今○で飲んでる、おまえの彼女純子ちゃ
け?合コたいなとしてるぞ」

え!?マジ?


「マジマの男中知ってるけど構遊んでるって
奴ら。おえ合コンしてること知ってるの?」

「全然知らないよ」


相手の男達◇◇会社のサカー部で、しっちゅうヤリコとか
してる奴だよ。純ちゃん達対狙われるぞ

「マジで?何人で飲んでる?」


3対3、6人だね、純子ちゃ結構酔ぞ、しそうに笑
もう出ちゃうからおまえよ」


友人と電話を稿たあと、すぐに純子に電話をが繋がりま
せんた。心配になっとしいられず、ず純
部屋に向かいした。部に上が何度も電話しました繋が
ませ宿んでしたして、深夜0時を過てようやく純子かメー
た。


「ごめんねー、電話ったの付かなかた。これから私の家で
なおすん^^今日は会なくてごめんね」

「今日誰と飲んでるのかく電話よこし


10分後酔っ払っ様子で純ら電話がありした。自は、ま
か純子が男をれて来るとは思いませんでしたが、確かめた
持ちもあり沿自分が純の部屋にいとは伝えませんで


「今日誰と飲ん?」
と佳苗だー、佳苗はもうるって言2人で私の部
みなすの」


なんじゃールくれる?
「うん、分かった」


純子の部屋は、1階で2部屋ありリビングと寝ていま
自分、純子の部屋で帰りを待、本当に友達と2人ならベラ
らばれなように帰るつもた。30分後、部屋を消
してベランダの窓から純子りを待っいると、1台クシ
がアパーの前泊ました。


「純子ちんの家こー?」
うだよー」


テンシめの3人、純子有希ちゃんがタクシ寿りて
まし分は、気持ちと訳の分かない緊張で
クになりまてて寝室にあるクローゼッの中に隠れ息
めてした


だいまー
「たいまって私の家だよー」


だらない男の言葉に楽しそうに答えました。
帰りに買いしをしきたらしく酒沿やつまみなをテー
ている音がしま。5人は乾杯をしてまたすぐ飲み始めたよう
た。話はではありせん が、かな盛り上
がっていました。


純子が帰って来て30分自分メールが来まし


「無事帰って来ました湿ー。有泊ま、多っと飲
んですると思からないでね^^一応おやすさい
メールでいると寝のドアが開いた音しました。


ここが純子んの寝室かー、いもここで氏とやっ
の?」

ちょそっ開け沿だよ


う言うとが男をビンに戻ようでした。たワ
騒いいると1人の男の携が鳴、話しながら男が室に入
ました。


もっしー、ああんでるよ、女2人いる、その家で飲
は男の会話から相手の言葉の測で寿


<いい女いんの?>
「まぁまぁかな、1人巨乳いるよ


もうやれそうな
でもやれん、バみたに飲から


男が電話を切ると、もう1人の男寝室入って来ました


「電話だって?

様子知たかっただけ、それよりそろそろやるべ、おま
っち巨乳から

あーどっちでもいいけど、っかから巨にすっかな」
「じあおれらこっちの屋で3Pな、純子ちゃん呼んで


自分は屈辱で頭がどうにかなりそうでた・・・
方で純子がこヤリチン男達姿てみい気
持ちを持まっいました



電話をしていた男島、後から寝室に入っ富田、
リビングに居男は木という名前でした。



自分はクローゼの隙から室を見ていま。電気は消
たが、窓から差し込む月明かりで部屋様子は、はっきり見
えていまし。ベットには冨寝たリをして横たわっってい
。すると島が純子のいてに入ってきました。


ほら、富田寝ちゃるでょ」
トで寝ないでー


「いいじゃんいじゃん、3人で寝しようよ。川西字で寝る
んて滅多に出来ないしょ

「う・・いい・しなくてもっと飲?」


あ、ちょっ添い寝してからまた飲もよ」
どう添いなのー?ていいよぉ
尿ほら早く早く」


***


うと純子はベトのん中に寝かせら、男2人が両脇に横
になりましたの少し沈黙があ、男2人が純子にいか
りまし


「え!?・・・ちょと・・・何するの!


達は純子の言葉無視し撫を始めました。つの胸
みなや耳筋を舐め上げ始めました。


「ちょっとっ・・ダメだ・・」
達はれた手つきで純子服を脱がしていきした


「おーしてんなぁかわいい下つけちゃって退気マ
マンゃね

「やだぁ


子は、あっさを剥ぎられ、を晒してまいました。
胸を揉み、便回ってマンコ
まし


「おまえ、おっぱいおっきも乳首ちょっとんでんな
もしかて結構遊んでの?」

稿とない・・・よ・・


どうだかなー、富田マンコはなマコしてん?」
やってなー、ビラビラ発達しわ」


「なーリマンかよ
「・・・やだぁ・・・違う・・」


子は、少し泣きそう声になってい貿した2人に同時に
られたらなたのか、段々感じ声が漏れてきました
男達も服を脱ぎになました。2人ともサッーをや
て筋のある締まっ身体きをしていまた。


「ケツ突き出して四つ這いになよ」


純子が四つん這いになると、森島が純子の前に肉ら下ました
富田は、純子のアソコに指を入れチュュといやらしい音を
弄りめまし


・・・はぁ・・やぁ・・・」
、しゃ稿れよ、チンポ大好きなんだろ?


島の肉棒は勃起してんでしたが、そでも大きいの
かりました。純子は何も言わず森島の肉棒を咥込みました。


「チュク・・チュ・チュパ・・
「おー気ちいいわ、慣れてなぁ」


純子、マンを弄られながら、口一に肉棒を頬張っていました
は、つぶっていました舌を使い亀頭や筋、玉袋まで
げていまし。森の黒くてゴツ棒が
口にり切らないになっました。


あーマジ気持ちいいわ、ほらもっと音立ててしゃぶ使
っと奥まで咥


の肉棒を咥えさせられた卑猥な表情がんでした
島は頭を掴んで肉棒を深くで咥えさせました
子はュル、ジュルといやらしい音を立てて一生懸頬張り続
ていました。


こいつチ大好きだなりならマグチョなっるわ」
「あははじゃろそろ入てやか」


森島子のから棒を引き抜いて、仰向けに寝かせました
るで具を扱うのように純子の広げて、肉棒をンコ
がいました。


「待って?・・ゴム・・・そのれちだよ」
「はぁ?今更言ってんの?」


「ダメだよっ・・・怖いよ・・・
「あはは、んもん知らねー
森島はグイッと腰を沈め、純の中に生のンポを奥く挿しま
した。

「あっ・だよぉ・・・あん・・やっ・・・おっ
きいっ・


の大きな声が部屋にました。森島は、純身体をくの字
り曲げて奥突き出しまた。


「ああっ・ああっ・・あああ
あはっ、ゴムつけって、感じまくってんじん」


富田がの顔の傍にき、肉棒を咥えさた。する
はありませんでした手で握って一生命しゃぶっていました。


「あーこの姿氏にやりてーなか今頃自分女がは
るなんて思わなねぇだなー」

・・・・・はっ・・・やだぁ・・・」


純子は、位か位に体勢を変られました。
自分の方は純子背中見える状態した
凄い光景でした・・
ぬ男に跨る純子。その横もう1人の・・
子は現3Pをしていました。



隣の部屋で有希ちゃんと斉木セックスをし使。夢
純子姿を見ながら、有希ちゃんの高め喘ぎ声が耳に入ってき
いました。



「純子ゃんも腰振ってよ、好なんだ、こんなに
ックえ込んで

「ああっ・・ぁ・・・いいのっ・・・」


純子は、天井を見上げて、で腰をいました。グイイッ
を前後にいやらしくり、ェラチもしっかりして
に森島は純子の尻をえ、しく下か子の声
は、悲ような声に変わりま


「あああっ・・あああっ・・・トすごいよっ・・・あああ
あん


に森島は、純子湿つん這いにし乱暴沿しく突、純
が一も見たことのない喘ぎ方しだしました。
「ああっ!すごいよっ・・湿ああんっ・あああんっ!」


おらっ、いいだろ?彼氏より全然いいだろうが!?

「あああ・・・あんっ!・・すごいのっ

どっちがいいか言ってみろ!おっきな声で言えよ

「ああああっ!・・・こっちがいいのっ・・よりずっとい
いの!・ああっ!いっちう!」

「おらまえイクけよ

「ああっ!ああっ!イクっっ!私もうダメっ!!イ
ク〜!!」


子は、ビクンビクン身体痙攣させながらいっまいました
、自分は純子を一もイカせたことありせんでした
初めて見る純子イッた姿当にいやしくて興奮しました。
りとしてトに埋め、おけを島に突き出してい
格好でし


「あ、おま姿ントにドベだな、ほんなよ、お
らまだ終わてねえぞ」

純子は四つんま富田の肉棒を咥えさせられ、また森島に後
ろからかれ始ました


「嬉しいんだろ?こんなにたっりしえて、そろそして
やっらな」

富田が一旦ベットから降りると森島は純子尻の肉を鷲にし
ながら突き出しした。


「あーマンコ気持ちいいわ、一応やるけ何処に出され


「外して・・・中ダメよ?」

「いいぇ、その期待通りの返事、ち奥ふかーくに種付けし
やるら安な」

っ!ダメっば!?ホントにめて!


島は、どんんピのスドを上げてい。パン
っと乾いた音が屋中に響き、純子の喘一層きく殿


「あめっやだっ!ああっ!」

「おら、イクぞ!たっぷり出しから


「ああああお願やめてっ、はダメぇ

「あああ、イクっああ、おらっ、っ、ああ〜」


森島はの尻をしっかり掴み、根元ま入したまま射精
た。棒を出し入れをして最後の一滴まで中に搾りしてい





>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:復讐  |  タグ:, 浮気・不倫, 寝取られ, 乱交・複数,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:復讐  |  タグ:, 浮気・不倫, 寝取られ, 乱交・複数,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20080712092111