2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

2つの我が家






初めて投稿します。
私・39歳、妻・37歳、中学2年生になる娘と3人で暮らしています。
昨年の3月、子供が小学校を卒業直後に妻の不倫が発覚しました。


妻は離婚はしたくないと言っているのですが、私の気持は未だに揺れ動いている状態です。
気持の整理を付ける意味もあり、投稿する次第です。
これから書く事は、妻から聞いた事をそのまま書く様な形になります。
読み難いかも知れませんがお付き合い下さい。



私達夫婦は、私が25歳、妻が23歳の時に結婚して、直ぐに子供に恵まれました。
同じ職場で知り合い、自然と付き合いが始まり結婚に至りました。
妻はどちらかと言うと、異性を友人に思えないタイプ?
異性だと、たとえ上司や同僚でも一線を引いてしまうタイプで、職場内では浮いている存在でした。
そういう性格もあってか、結婚したら働きたくないと言っていた事もあり、結婚後は専業主婦となりました。
元々、家庭的な正確で、付き合っている頃から、
私の身の回りの世話をしてくれる様な女性でしたし、
結婚後も家事は完璧で、空いた時間には趣味の手芸を楽しんでいるようでした。


私は何の不満も無く、妻子と3人での生活を楽しんでいました。
何事も無く時間が過ぎ、子供が小学校に入学するのを機に、マイホームを購入する事にしました。
何件か物件を回った後に、1件のマンションを妻が気に入り、価格もそれ程でも無かったので購入して引っ越しました。
しかし、そのマンションを選んだのが間違いの始りでした・・・。



そのマンションの世帯数は100世帯で、元の地主が建てて販売したそうです。
地主も同じマンション内に入居していました。
子供が幼稚園を卒園して直ぐに引越し、新しい生活が始りました。
しかし、引っ越した直後から、いたずら電話が始ったのです。


私の家だけでなく、マンション内の私達と似たような年齢の夫婦が住む家だけに。
それも、家が女性だけになる日中の時間を狙って・・・。
当然、自治会でも問題になりました。
既に自治会名簿を各世帯に配っている事もあり、
同じマンション内の人間の仕業だろうという事で、ナンバーディスプレイを利用したり
非通知の電話には出ない等とお決まりの対策が立てられました。


我が家にも、私と子供が居ない時間に電話が掛って来たそうですが、妻は、脅えてる様子はありませんでした。
私が、心配してその話題に触れると、決まって(一言文句言って切っちゃってるよ)と明るい声を返してきました。
私は異性との間に一線を引く性格が幸いして居るんだろうと、頼もしさすら感じていました。
引っ越して2か月程するといたずら電話も無くなったようで、自治会の会合でも議題に上がらなくなりました。
しかし、後に知ったのですが、我が家への電話は続いていたそうです。


原因は妻の対応にあったようです、他の奥さんは、非通知の電話には出ないなどの対応をしていたのですが、
妻は必ず出て、一言文句を言うという対応を続けていたのです。


したがって、誰も出なくても妻だけは電話に出ていたので、
相手はそれを良い事に毎日電話を掛けてきたそうです。
そして次第に妻も電話に対して文句だけではなく、
世間話程度の会話を交わすようになって行きました。


そして、妻自身が気付かぬ内にまんまと相手の計画に嵌められて行ったのでした。
私自身、毎日妻を見ていたのに変化すら気付かぬ内に・・・。


連日のいたずら電話に文句を言うだけの妻でしたが、
次第に相手の話に耳を傾ける様になって行ったそうです。


特に厭らしい話ではなく、本当に世間話ぐらいのレベルだったそうですが。
しかし、それも相手の計算の内だったのでしょう。


何時しか妻は、日中に見知らぬ相手と電話で話す事が日課のようになって行ったそうです。
妻は否定していますが、電話を楽しみにしていたかもしれません。
2か月ほどで他の家への電話が無くなったのは前に書きましたが、
それは妻が電話の相手をするようになったからだった様です。


そして、引っ越して、4か月程した頃から、
相手は妻を誘うような事を言ったりして来たそうです。


妻は、同じマンションの住人と思えたし、私以外の男性と2人っきりで
会うなんて抵抗があったそうで、最初は断り続けていたそうです。
それまでの妻の性格なら相手と会う事など無かったでしょう。


しかし、不満は無いにしても平和で単調な毎日を過す中で、
無意識の内に変化を求めていたのかも知れません。
連日の電話で、他の男性と会話する事に抵抗が無くなって行った結果、
相手と会うようになって行ったと、妻は告白しましたが・・・。


結局、初めて誘われてから、1か月後に会う約束をしたそうです。
それは、9月の初旬で、買い物に出掛けた時に、ショッピングセンターの喫茶店でだったそうです。
そこで、相手がマンションのオーナーだと判ったそうです。


そして、彼が住んでいる部屋が、何と我が家の隣の部屋だったのです!
こんな偶然には私も驚きました。
オーナーは、分譲した以外にワンフロアーを
自分が賃貸する為に占有していると聞いていたのでそのフロアーに住んでいると思っていましたから・・・。
いたずら電話の相手が同じマンションの住人で、しかも隣に住んで居るとなれば、
普通ならこれ以上付き合わないのではないでしょうか?
しかし、妻はそんな風に思わなかったそうです。


相手との電話が続いた上に、身近な人?と判り、警戒心がなくなってしまったのか・・・。
初めて会ってからは、電話ではなく毎日の買い物の際に会うようになったそうです。
妻にとって、普段買い物に行くショッピングセンターなら、店舗も大きいし、客も多い、
マンションからも離れている、だから知り合いに出くわす危険が無い、と考えてしまったそうです。


それまで、異性とは一線を引く性格の妻がどうしてこんな風にという疑問は今でもあります。
妻は、私とか家庭に不満は無かったと告白しましたが、理由も無くどうしてと考えてしまいます。
これだけは妻に何度聞いても、はっきりとした答えが出てきません。
ただ、相手との電話や、会う事が楽しかったし、日課になっていたと、訳の判らない事を言うだけです。
そして、密かに会う様になってから、1か月も経たないで相手と身体の関係を持ってしまったそうです。





妻が初めて私以外の男性と関係を持ったのは、彼の部屋でだったそうです。
その前日に、何時もと同じように買い物先で会った時に、
明日は自分の部屋で会わないか?と誘われたそうです。


妻も、もしかしたら迫られるかもと少しの不安は持ったそうですが、
料理を教えて欲しいと言う彼の言葉に押されてOKしたそうです。
まったく幼稚な手に引っかかった物です。


しかし私は、妻も電話や会って話すうちに、相手に少なからず
好意を持ったのではと考えてしまいます。
そして、翌日に約束どおりに彼の部屋を訪ねたそうです。
同じマンションですし、部屋の作りは我が家と同じです、居間で少し雑談した後に
台所で相手の希望した料理を教えながら作り始めたそうです。


相手は妻の隣や背後で、作り方を聞いて料理に付いて質問したりしていたそうですが
突然背後から抱きしめられたそうです。
妻は驚き、抵抗したそうですが、エプロン越しに胸を揉まれたり、股間を触られたりしている内に、
徐々に快感を覚えるようになり、相手の成すがままになってしまったと言っていました。


もしかしたら、抵抗したのは口だけで、身体は抵抗しなかったのでは無いでしょうか?
妻に言わせると、自分の家の台所で知らない男に犯されている様な気分だったそうです。
妻自身、自覚が無かったのでしょうが、恐らく妻にはマゾの性癖があったのではと思います。


結局、台所で衣服を肌蹴させられ、体中を愛撫され、流しに手を付いた状態で
立ったまま後から挿入されそのまま果ててしまったそうです。
その後、ダイニングに移動して、テーブルの上に寝かされ、
そこでも責められたそうです。
妻は途中から記憶が無い?というより、快感で訳が判らなくなっていたのでしょうが、気がつくと彼のベッドの上で全裸で責められてたそうです。


最後に彼と共に果てると、帰宅のため服を着ようとしたそうです。
しかし、自分の周りに服が無い、寝室から出ると、
居間やダイニングや台所に服が散らばっていたそうです。
責められながら、あっちこっちで脱がされながら弄ばれていたようです。
時間は既に娘が帰宅する時間、妻は慌てて集めた服を着て、
隣のある我が家へ帰宅してシャワーを浴び、
娘が帰るまでの間、気持を静めていたそうです。


そして、この日の彼とのプレイを境に、妻の非日常を求める気持は高まって行ったそうです。
妻にとっては、私との普通の夫婦生活では得られない快楽を得てしまったのでしょう。
それも、私には異常とも思えるような責めでの快楽を・・・。


結果、翌日以降は、私と娘を送り出し、家事を済ませると、
買い物に行き、2件分の買い物を済ませてから、
隣の家に行き、彼の家の家事をこなしながら厭らしく責められる毎日が始ったそうです。
彼によって、妻のマゾの部分が芽を出してしまったのでしょう。
私の知らない妻の誕生でした。





彼との付き合いが本格化してからも、我が家での妻は以前と変わりがありませんでした。
家事も完璧にこなし、趣味の手芸で、家庭用品や私や子供が使うものを作ったりと・・・。
貞淑なよき妻で、優しい母親のままでした。
しかし、私と娘の知らない所では、もう1つの家庭を持っていた様な状態でした。



初めて彼の部屋で責められた翌日も妻は彼の部屋を訪れたそうです。
そして、部屋の掃除や、洗濯・食事の仕度などをしていたそうです。
彼は、妻に家事をさせながら、妻を厭らしく責め続けたのでしょう・・・。
妻の話だと、掃除をしている時は厭らしい言葉を投げ掛けられる位で、
洗濯や食事の支度をしている時は、背後から抱きついて体中を愛撫されたりしたそうです。



一度その様な異常な状況での快楽を覚えてしまった妻は、
そうなってしまうと自分をコントロール出来ないほど感じてしまったそうです。
何度も、流し台や洗濯機に手を突いて立ったままで、背後から挿入されていたそうです。
部屋中を移動しながら、責められ、徐々に衣服を剥ぎ取られて、
最後は寝室で彼を受け入れていた・・・。


しかし、彼は妻を一気には逝かさずにに焦らすだけ焦らしていたそうです、
妻が絶頂に達しそうになると責めの手を緩めるという具合に。
たまらなくなった妻が逝かせてと頼むと、今後も俺の妻として、俺の言いなりになるか?と迫られたそうです。
妻は快楽を求める気持には勝てず、彼に屈服したそうです。


かといって特に脅されていたとかいう訳ではなかった様で言葉攻めのつもりだったのかも知れません。
そんな状態で彼との付き合いは続いたそうです。
妻が1人きりになれる、月曜日かた金曜日までの間は毎日彼の部屋で過していたそうです。
彼に責められ、異常な快楽を与えられながら・・・。
そして、2か月ほど経ったある日を先に更なる責めがスタートしたそうです。





その日、何時もどおり彼の部屋を訪れると、玄関先で全裸になるように命令されたそうです。
いつも責められながら妻自身も気付かぬ内に全裸にされていたので、
羞恥心は持たなかったそうですが、流石に普通の状態で、
それも玄関先で全裸になるのは抵抗があったそうです。


しかし、彼の言葉は妻にとってはある種の呪文のような物だったのでしょうか、
彼の言いなりになり玄関先で衣服を脱いでいったそうです。
我が家とそっくりの玄関・・・。
妻に言わせると自分の家の玄関で裸になっているような感覚だったそうです。


妻が全裸になると、やっと室内に入る事を許されたそうです。
そして、次に彼は妻に持参しているエプロンを身に付けるように命じたそうです・・・。
俗に言う、裸エプロンでしょうか。
妻は、裸のままの方が恥かしくなかったと言っていました。
そして、何時もどおり、掃除・洗濯・食事の仕度と家事をこなしたそうです。
自分の部屋と同じ作りの部屋で、裸にエプロンだけを身に付けて、家事をする・・・。
妻は、そんなシチュエーションだけで感じてしまい、
アソコから愛液が溢れ出すように濡れてしまったそうです。


そして、家事をこなしながら、彼を求めてしまい、家事が終わると気が狂うほど責められたそうです。
キッチン・ダイニング・居間・寝室・娘の部屋・洗面所・浴室・そして玄関と部屋中いたる所で・・・。
白昼のベランダで立って手すりに手を突いたまま犯された事もあったそうです。
妻は完全に彼の虜になってしまっていたのでしょうか?
それとも・・・。



裸にエプロン姿で家事をする・・・。
それを初めて経験した日からは、彼の部屋に行く時間が近付くと、
体中が熱くなり、アソコが湿ってくるのが判ったそうです。
妻は、もうこんな事はダメと何度も思ったそうですが、一度知った快楽を忘れられず、
彼の部屋へ行く事を止められなかったそうです。


命じなくても、妻が毎日訪ねて来ると核心が持てる様になってからは
彼の行動はさらにエスカレートして行ったそうです。
その行動とは、自分の部屋を、我が家と瓜二つにする事だったようです。
徐々に自分の部屋に似ていく・・・。妻も驚きだったそうです。
妻は、彼を我が家へ入れた事も無いと言っていましたが、
我が家を見た事があるのでは?と
思えるほどそっくりでした。


発覚後に彼の部屋に入った時は本当に驚きました。
窓に掛るカーテン、テーブルや応接セットやベッドなどの家具類、寝具、食器、
テレビ等の家電製品、家庭用洗剤や、台所の調味料等など・・・。
家具や家電製品の設置場所はまったく同じ所。
さらの、驚いたのは、子供部屋まで再現されていました。


私のタンスの再現であろうタンスの中には、私の衣類が。
妻のタンスには妻の衣類が、子供部屋のタンスには娘が好みそうな衣類が入り、
下着まで揃っていました。


学習机には教科書までが揃っていました、教科書や娘の衣類は、
一年ごとに買い換えていたと言うのですから恐怖すら覚えます。


私達の結婚写真や家族写真なども、我が家で飾ってある所と同じ場所に飾られていました。
後に妻と彼から話を聞いた所によると、家庭用洗剤や、調味料等は、家事をする都合で、
彼が買ってくるように依頼した所、我が家で使っているのと同じ物を買って来たようでした。
部屋の配置もそれとなく妻に聞いてその様に配置したそうです。


家電製品や家具、カーテンや寝具、食器、娘の部屋の品物は、妻を責めながら、問い質し、その証言を元に買い揃えたそうです。
妻は、そんな事話してない!と否定していましたが、
快楽で訳が判らなくなっている時に聞かれて無意識の内に答えていたのでしょう。


居間のマンションに引っ越す際に、家具や家電製品は全て新調していました。
家具も、家電製品もそれぞれ同じメーカーの品物でコーディネートしていたので、
同じ物を用意する事は難しくなかったそうです。
写真などは、妻に依頼して、我が家から持ち出し、デジカメで撮影して、用意したそうです。


彼は、妻の性癖を見抜いていたのでしょう。
自分の家で辱められているという事に快感を覚えていると。
それで、徐々に品物をそろえて、自分の部屋で我が家を再現していたのでしょう。
彼との関係が始ってから、1年がたった翌年の3月には、
我が家の隣に、もう1つの我が家が再現されていたのです。
そして、その頃には妻も彼の部屋に居ながら、自分の部屋に居るような感覚になり、
毎日、偽の我が家を訪れる事に対して抵抗感が無くなってしまっていたそうです。



妻の告白によると、浮気をしている感覚とは違った感覚、
家族で幸せに暮らす我が家で、見知らぬ男に命じられ、裸にエプロンと言う恥かしい姿で、
家事をさせられている、そして、最後には彼に弄ばれ、辱められている・・・。
そんな気持になっていたそうです、彼の部屋は、妻にとっては我が家と同じだったと言っていました。
特に、私や娘の靴まで再現してある玄関で犯される時は、失禁するほど感じたそうです。
妻は元から、そういった強姦願望、ないしはマゾの性癖があったのでしょう。





妻はもう1つの我が家でのプレイに、没頭していった行ったそうです。
もう1つの我が家は彼が作り始めたのでしょうが、
次第に妻も協力するようになって行きました。


彼は家具や、家電製品だけでは満足せず、私達家族の衣類まで再現するようになったそうです。
妻は彼に依頼される度に、金を貰い、服を買い揃えて行ったそうです。
私のタンスを模したであろうタンスの中を見た時は、自分のタンスを見ているような錯覚に陥りました。
娘の衣類も妻が自ら娘に買い与える物と同じ物を買い揃えていたそうです。
彼は、妻の衣類には注文を付けなかったそうです、


ただ何時も着ている物と同じ物を揃えろとだけ言われていたそうです。
したがって、下着なども特に派手とか厭らしいデザインのものはありませんでした。
しかし、彼の妻の衣類に対する執着は凄まじく、よそ行きのお洒落な服から、和服まで、
我が家にある物と同じ数だけ揃えられていました。


それだけ服が揃っていたのに、彼の部屋での妻は相変わらず、裸にエプロン姿だったそうです。
彼は自分の欲望のままにもう1つの我が家を作り、そこで妻を弄び辱めていたのでしょう。
妻もそんな彼の期待に応える様に、彼の言いなりになり、
我が家とそっくりの部屋で辱められる事に喜びを感じて言ったのだと思います。
しかし、彼はそんなプレイにも飽きてきたのか次第にイメージプレイの様な事もするようになったそうです。



たとえば、人妻が1人で家に居る時に押し入り犯される・旦那の留守中に旦那の友人に犯される
不倫現場を近所の男性に見つかり、それをネタに脅され犯される
借金返済のために自宅で売春を強要される
しつこい訪問販売員に文句を言って逆切れされて犯される
見ず知らずの相手とのテレホンセックスに嵌る人妻など
彼が作ったストーリーでプレイしていたそうです。


彼の部屋に備え付けてある妻の衣服はイメージプレイに時に着用していたそうです。
我が家にあるものでは無いので、破れたり汚れたりしても心配が無いからだったそうです。


そして、イメージプレイの時は、妻に本気で抵抗したりするように命じていたそうです。
彼自身、妻が恐怖心を覚えるほど本気で挑んで来たそうです。
妻も、彼の期待に応えて、本気で抵抗して、食器などが壊れる事もしばしばだったそうです。
でも、そんな時は近所に気付かれるのではないかと冷や冷やしていたそうですが。
あくまでもプレイなのに、本当に我が家で犯されている様な感覚になってしまっていたと言ってました。



私は妻に、そんなイメージプレイでどんな設定が1番好きだったのか聞いてしまった事があります。
その設定とは、その日は私の誕生日で、妻は夕食の時にささやかなパーティーをする為に準備してるそうです。
ダイニングのテーブルには、奮発した料理や、ケーキが並んでいます。
そしてインターホンが鳴り、妻は私だと思い、確認もせずドアを開けてしまいます。
しかし、そこにいるのは見知らぬ男・・・。
妻は抵抗しますが、男に押し入られてしまいます、
妻はテーブルの上の料理やケーキを放り投げ抵抗しますが、
押し倒されて、衣服を引き千切るように剥ぎ取られていきます。
男は妻が声を出せないように、床に落ちたケーキを口の中に押し込み思う存分、妻の身体を楽しむのだそうです。
気がつくと、全裸の身体中を料理に使ったソースやケーキのクルームでグチャグチャに汚れた姿で床に座り込んでいるんだそうです・・・。



ドラマのレイプシーンの話を聞いているみたいな気分でした。
妻にそんなレイプ願望の様な物があるなんて考えても見ませんでした。
2人でドラマを見ている時にその様なシーンになると妻は
あんな事をされてみたいと考えていたのかも知れません。



逆に1番嫌なプレイはどんなプレイかと聞いた時は、
妻が結婚式で着たウエディングドレスを着て、彼に犯されるプレイだったそうです。
妻もこのプレイの時は本当に悲しくて泣いていたそうですが、
身体は快感を求めてコントロール出来なかったと言ってました。


それともう1つ、時々だったようですが、全裸でベランダの物干し竿に両腕を平行にして縛り付けられて吊るされて放置される時があったそうです。
私は妻に身体に縛られた痕等見た事がありませんでした、妻に聞くと、
私が出張で留守にする時にその様なプレイをしていたそうです。


流石に私にも年に数回は短い出張がありました、そんな時にこんな事がまでされていたなんて・・・。
彼は上に書いたようなプレイ以外、SMプレイのように妻の身体に痕が残るような事はして来なかったそうです。
縛られた痕や、傷や痣等で私に発覚する事を恐れた為でしょう。
しかし、素手でお尻を叩かれたりした事や、時々ですが縛られた事もあったそうです。
妻は彼によって妻自身が気付いていなかった性癖を開花させられ、快楽を与えられて、
もう1つの我が家無しでは居られない様な身体になっていったのでしょう。
しかし、妻自身がそれを望んでいたのも事実だったのだろうと思います。



>>次のページへ続く


 

 

関連記事

 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:, 浮気・不倫, 寝取られ, 異常シチュ,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:, 浮気・不倫, 寝取られ, 異常シチュ,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20080806000124