2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

嫁と一緒に帰宅したら空き巣が






と一緒に帰したら巣が


ある日曜日、と嫁が昼食で食べて家に様子がどこか
廊下に土足の足跡がペタペあった
関でと嫁はを見合わせた


「お出て警察連絡ま待ってろ
はそうて、俺はそのま玄関から中に入
今考えれば、俺も外に出て警察来るまでばよんだろうな


も、で一日200円お小遣いで我慢して、
も止めてコツ貯めたマイホーム資金の預が心配になって
でも財無事を認せずにはられなかったんだ。


頭に血を上らせながら部屋上が殿って、
通帳が隠してあタンスを開けたらとりあえず通は無
ふー、よかったよかった(Д`)
これが事な、あとはう小さなだよ


すっかり気分がッとした俺は、
棒がまだ家にいるかもしなんてことはすら抜け
ほと警戒なん寿てせずに向か


少し薄暗かったので電気を付ビングに入ってようく思出した。
まだ犯人がれなった
と気づいたときた。


リ、ングのテンが
人の形に盛り上る!!!!(((( ;゚д)))


っそり気づかいふりして、そのまま外に出かったんだけどけた俺は、
うわああああ」と叫んでた。


鳴を聞いた泥棒は、観念したのか
テンの裏かて来て俺をにらみ付けた。
40歳ぐらい場にそうな小い男だった


「おい、てめえ、ら殺すぞ
男は出てくるなり、俺に向かってすごんだ。


は、言われた稿実に守り
声も出さず力強くいた。


には言ったの?」
俺「いあの…警察には言いまんか
本当
誰にんから、のまま帰ってもらえませんか?
人「そりゃ、お前次第だよ」
「どうすればいいでしょう?」
人「出すもの出せんなら、えてやらんでもな」


言いながら、犯人は笑みをべて、
し指と親指で寿を作金を要求し


かった。助
ちろ構いせん。払ますよおいくらですか?
そう大びでそう言いこで少た。


待て
ここで俺がとして払いじたら、
つは預金まで要求するんじいか
ると、今まで貯費やした苦節の年月は全無駄になるんじゃいか
ここでホイ払ったら負けだ。
んとかしない


なって考えれば、荒唐無稽の考だ。
通帳が盗られず残ていることから簿すると、
犯人は通帳の在に気づ沿ったと思


にしても、いつまでも俺と渉事なんかしてないで
物だけもらって、も逃げたかっ稿尿


時の俺は、なぜか「ホイったら負け」った
どうしてもイホーム金だけは守りたいう俺の執着と
尾を振って払いにら負け。
とえ喉から手出るほほしくても
涼して強気の交渉しろ」


いう会き込ま考え方のおかげで、俺はそんなことをえたと思う。


「あの…らほどおいすればいんです
俺は言った


俺がそう言
リビングの入り口から嫁が顔を出した


嫁「君?!圭君丈夫?」
俺「えま、なんで中に入っんあsdhjk」


悪だと思った。
犯人から嫁を守れる自信てなかた。


西察には通しまた。
れ以上、ねない方がいいと思います」


えええ
俺が必死になて、警察に通報し代わりに助てもらう交渉してんのに
俺の仕事を台かすのかよΣ(゚Д゚ υ)


どうすんだよ。
まずは助と考えよう
犯人、って逆上したらもう、俺たち終わゃん
そんなこと考えては頭真っ白だった。


人「だと?てめえ、汚ねえって、ふざんじねえぞ。この
犯人は、に向かっ大声で怒鳴った


嫁「圭君、待っね」


嫁は、怒り狂う犯人を無視して、寝室方に行っ


犯人「クソ、この野


人がリグの出口向かったら、俺は慌てて俺止め


考えば、犯人は逃げ出そうと思っもしれない
でも、当時の俺犯人は嫁を追って行く」退しか考え
ら俺は、体をって犯人を止めようとした。


「ちょっと落てくださ
っててと言ってましたから、すぐ戻てくるはずです
嫁をっていかいでくさい


犯人放せやコラ」


いきなり犯人に殴られた
みはありなかった


もこのまま嫁ろに犯人はいかない。
(もかしそのまま玄関か出て行こうとしのかないが
俺は「待っい」と許してあください
金ならいまら」とか
「嫁を許しんだったら全財産もってっいいですから」
とか言もうで犯人い止


夢中だったを言ったか全部はよくてないけど
通帳の場所もちゃっと思う
虎の子交渉のブルに載せるぐらい、寿った。
犯人の服をつながしてたか俺は何発もられた


 君から離れなさい!!」


声に驚いてングの入を見ると、嫁orz


最悪だと思った。
何やってんイツは。
じゃんだぞ、これ


嫁「圭から離れて


は、寝室にある護木刀っ先を犯に向けて怒鳴った。


嫁に、いいら逃げろとか言っけど
嫁は俺葉を視して、犯人に


犯人「無すんなよ。お嬢ちゃんヘヘヘ」
犯人俺から離れとニヤニヤ笑い嫁の方に近づいて行こう
は必死になって犯人



次の間、嫁はい踏み込みで犯人「突」を食らわした。
を狙ったきじゃなく、犯人の狙った突きだた。
り油てたは、まときをってろに吹っんでた。
俺もっ飛ばされそうだった


いた退
っきり、犯人づいて来たに、
身のために木刀なのかとてた。


まさかの方からあんなに向かって突っんでって
あんすごい突を食らわとは思っも見た。


嫁は、剣道ので、大会でな成績残し
試合の応援にったことはあるけ、真横で剣道の踏込みを見たのはだった。
道有者の踏み込みは
あん移動のか?と思ぐらい速かった。


はうめ声を上げら床を転がった
犯人「クー、このアマ。ふけやがって」


数秒綿、犯人はを押ゆっくり立ち上って、
なんとケッらナイフを出し


ナイフを見たときの恐ろしさはは表でき
普段見てるナが、
怒り狂った強盗持って調るといだけで全く使う違うに見え


く光る刃先を見て、俺怖でってしま
も、ここで死ぬと思っ
護とか、嫁をとか、ういうもできってしまっ貿


と嫁を見て、っと驚いた
る??なん???ヽ(゚Д; )ノ
怖すぎだ


人は嫁に刃先を向けたナフをり回しながら、
いい度胸だ、めえ覚悟きてだろうな?」とか
「俺の喧、生き死にの喧嘩だぞコ」とか
知っるか。下っされると、長い時間苦しんで死ぬんだよ。ハ」とか
ぬか?ラ?」とか
かって言って


でも嫁は、人の言葉には応せ、無で犯人を見ていた


左右ラフ動きながら怒らす犯人は対照的
嫁は木刀を正眼に構えたまま動かに犯人見て


犯人と嫁の間は構離れ
程度距離あるところから嫁に怒鳴って
俺も犯人だ嫁犯人がチャバラする間ないと思っ


でも嫁はの距離を一足飛びに詰めて、
木刀を犯人手に叩き込んだ
は、今まで静かに構えだけったに、
火のうに猛烈な攻撃に転じた


ホン電光石った。
たぶん俺が犯人避け
嫁の撃可能圏内西じゃないとてた
により速かた。


人がナイフを落とした
は無我中で犯足元ライデングしフを拾っ


「もう無退抗は止めてくだ


ったナイフの刃先を犯人沿う言った
は、木刀で叩か右手て「うう〜」とき声を上げて、れずいた


ほぼ無抵抗だったか
俺は自分のベルトを使っ犯人後ろ手に縛た。
小手食らを後ろ手に回したき、
犯人は「ぐああああ、痛てええ大声だ。


綿るときにってようやくたんだが、
はそんなによくない。
身長は、嫁と同じいだ164cm前後
つきそんなにっかりしてない
重も60キ思う。
年齢も40過ぎみたい


考えれ28歳、身178cm、体重75kgの俺方が、身体能はずっとなんだよな。
もし犯人と俺が格闘してれば、れる前にKO出来たのかもしれない
でも、これは結果
あの常時、俺はこい格闘するんて、考えもしなか


それ以前に人の身が低いこともかず
それろか犯人を身長上にきく


が縛ってい中、げられてる犯人て嫁が言った


嫁「あの、お願いがあるんで
打ち込んのは、あたしじゃなくて圭てこにしてほしいんです。
から木刀を持ってきただけで、後は圭君がた。
ういうこもらえません?」


犯人「あ、そうてもえるとよ。
こんな小娘んて、みっともなくてえたもんじゃねえらな。
裁判なれば来るだろし、
俺だって、こんこと知られたねえ


犯人は、苦痛で汗をビッショかきなら嫁向かって笑た。
後から警察に聞いたんけど
犯人肋骨と手の骨がッキリ折れてたらしい


らすぐ宿た。
警察るまでの間、嫁と犯人は妙仲良く話し込んでた
犯人はたもんだ褒めてた。
なんだっけ?
トックホルム症候群とか使リマ症候群とか言だっ?こうの。


後にな
なんで外にいろっ言ったのに家の中に入ってきか嫁に聞いたら、


悲鳴が聞こえたかたよ。
それに、圭君けだとれちゃうかもしれな
たしがいればだから体触られるぐらいでむかなと思ったの。
来るま殿い間から最悪、なかそれでしのごうと思ってた
と言た。


がナフをときで笑ったのかを聞いたら
そう?笑ってかな笑っごまかしてた


や、そん答え怖すぎだから。


しつく聞いた
ナイフ出されたときね、こならてるとは思たよ
で笑っちゃっのかなあ」
と言ってた。


「前場のから
剣道やってる人からすれば、手が素人の場合
素手で向ってれるよりも
調刀とかってかってられた方がやすいって、
を聞いたこがあってね
その話を思い出したの。


貿ングみたい素手えて間合い詰められ
打ち込め面ぐかないんだよ
女の力で便木刀じゃ、胴はあんまりダメージ与えられないし
いって、木刀で面打ち尿ら、
違いちゃうから、そもできない姿


も、相何か武器てくれ
小手打てば、それでの骨が折れるからいいんだって
その話思いれなら勝てるって思ったんだ」



子ども見いにながった。
んないいしてこいつが、
凄腕の剣豪だとは、く思わなかった


すっかりいいとこ無しで主人の丸つ
まあ事だったし、仕方ないよう



の日、取調べが終わっら、は嫁と熱い夜を過ごした。
バックから嫁突いると
あのとき、もし嫁が負
っと犯人は嫁にこんことしてたんだろうなあと考えたら、
犯す犯人になった分にありえないぐらい興奮した。

 

 

関連記事

 
カテゴリー:いい話  |  タグ:, すっきりした話, 修羅場・人間関係,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:いい話  |  タグ:, すっきりした話, 修羅場・人間関係,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20080813065947