2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

嫁と一緒に帰宅したら空き巣が






嫁と宅したら空き巣が


ある日日、俺と嫁が昼食を外で食べ帰ったら、がどかお
廊下に土の足跡がペペタあった。
で俺と嫁顔を見合わせた


警察に、そのまま待
嫁にう言って、俺はそのまま玄関から中に入った。
考えば、俺も外に出て察来るばよかっただろうな。


、今まで一日200円のお小慢して、
バコも止めてコツコツ貯めたマイホー預金帳なんかが心配って、
ぐにでも産の無事ずにはいたん


頭に血を上らがら部屋に上がって
隠しあるンスを開けたらとりえず無事
、よったよかった(;´Д`)
これが無事なあと小さ西問題だ


かり気分がホッとした俺は、
泥棒だ家にかもしれいなんことは沿から抜けて
ほとんど警戒なんてせずにリビ向かった。


し薄暗かったので電気てリビに入稿ってようやくい出た。
綿るかもれなかっただ。
と気たときはもうった


リ、リビグのカーテンが、
に盛りがって!!!!(((( ;゚д゚)))


そりないふり、そのまま外に出ればよかだけ影をけた俺は
「うああ」と叫んでた。


鳴を聞いた泥棒は、観したのか
カーテンのからて来てにらみ付け
40歳ぐいの競馬場にいそうな小汚い男た。


「お、てめえ、声出したらぞ」
は出てくるなり、俺にってんだ。


は、言われたことを忠実守り
声も出さず何度も姿力強くうなた。


犯人警察にのか
俺「あの…警察にはせんら。
本当す。
誰にもいませんから、こまま帰ってもらえませんか?」
犯人そりゃ、次第よ」
どうればんでしょう
「出すんなら、考えてやらんえな」


そう言がら、犯人は笑みを浮べて
人差し指と親指を作って金を要求てきた。


た。助かる!
もちろんいまん。払いますよ。です
そう大喜びでそう言いそうなっが、で少し考えた。


待て。
ここで俺が嬉々としいにじたら、
いつの預金通帳まで要求するんじゃないか?
そうと、貯金に費やた苦節の年月全てにないか?
ここでホイホイたらだ。
なんとかしないと。


今になっ考えれば、荒唐無稽の考
帳がられ残っているこすると
は通の存在に気づいてなかったと思う


犯人にして、いでも交渉んかしてないで、
もらう物だけもってすぐにでも逃げたかっただろう


、当の俺は、ホイイ払ったら」だった。
うしもマイホーム資けは守りたいの執着と
「尻を振っ湿て支払いに応じたらけ。
たとえら手が出るどほしても、
涼しい顔して強気の渉しろ」


という会社で叩込まれた考方のおかげ、俺そんを考たんだだと思う


くらほどおいすればよろしいんです?」
俺は犯人に言った


がそった直後
リビングの入り口から嫁が顔出した


嫁「圭君?!圭夫?」
俺「え?、なで中に入ってきてんあsdfghj


最悪った
人から嫁守れ自信てなかっ


嫁「もう警察には通報しました。
罪を重ねながいいいます


えええ??
俺が死にって、警察には通報しい代わりけてもらう交渉してんのに
俺のら崩よΣ(゚Д゚ υ)


どうすだよ。
まずは助かること考えようよ。
犯人、開きってしたらう、俺たちじゃ!!!
そんなことを俺は頭が真っ白だった


犯人と?て、汚似しやて、けんじゃねえぞ。こ
犯人は嫁に向かって大声怒鳴った


「圭ちょっと待っててね


は、怒り狂犯人を無視して寝室のって行った


犯人「クソ、この野郎


犯人リビングの出に向かったから慌てて俺湿止めた。


考えば、犯人は逃げと思ったのかもしれない。
も、当の俺は「犯人は嫁を追ってく」としか考えられなかった
、体を張っ犯人を西した。


と落ち着いてくさい
っててとしたから、すぐはずです
を追ていないくださ


やコラ」


いきなり犯人に殴られた。
痛みはあんりなかった。


でもこのま嫁のところに犯人を行かせわけにはいかない。
(もかしたらそのまま玄関かて行こうしてかもしない
俺は「待ださい」と「許してください
金なら西いますから」
を許してくれるんだったら、全産もってですから」
か言て、もう死で犯人を食めた。


夢中だっから何を言ったか全部はく覚えてど、
帳の場所も教えちゃったと思
虎の子のも交渉のテブル載せるぐらい、俺は必った。
犯人をつなが話したから発もた。


嫁「圭君からい!!


声に驚てリグの入り口をと、嫁が戻って来てたorz


悪だと思った
何やっだコイツは。
遊びゃないんだぞ、これは。


嫁「圭君から離れ


は、寝室ある護身用の木の切っ先を人に向けて怒鳴った


俺は嫁いいから逃ろとか言ったけ
は俺の言を無視して、犯人にった


犯人「無すんな嬢ちゃん。ヘヘヘ
人は俺かるとニヤニヤ笑いながら近づいてうとした。
人を



瞬間、西はものすごい踏み込みでに「突を食らわし
元を狙った突きじゃな犯人央辺りを突きだっ
すっかりた犯宿は、まともを食らに吹
吹っ飛ばされそうだった


すげいた
てっ犯人が近づて来ときに、
のためり回すぐらかと思ってた。


方かあんなに勢いよく犯に向かって突っ込んでって
あんなすごい突食らわすとっても見なかった。


剣道の有段者で、大会でも結構な成績残してる。
の応援に行ったこど、真横で剣の踏み込初めて
者の踏み込みは、
んなに早く移動でものなの?と思うぐらいった


犯人はを上げながら床をった。
犯人クソー、このアマ。ふざやがって


数秒後、犯押さえながらゆっくり立ち上がって
なんと、ポケトからナイフを出し


イフを見ときの恐ろしさは、言葉では表現できい。
段何気なくるナイフが、
怒りった持っいるというだ違う違ものに見えた。


く光る刃先を見、俺怖で固まってしまった。
嫁も俺も、ここで死思った
援護とかを逃がとかういうこともできなくなってまった


ふと嫁を見て、もっと驚いた
てる?????ヽ(゚Д゚; )ノ
怖すぎだよコイツ


人は嫁の方に刃先を向けたナイフをがら
「いい度胸だ覚悟はんだろうな?」と
俺の喧嘩、生死にの喧ぞコラ」
「知てるか。下っ腹刺されると、長い時間苦しんで死ぬんよ。ハハ」とか
死ぬコラ」と
綿かって言った。


犯人の言宿応せ、無言犯人を見ていた


にフラフラ動きながら怒散らす人とは対照
嫁は木刀正眼たま動かず、静かに犯人を見ていた。


犯人と嫁の間はて、
犯人はある程度距離があるところから嫁に怒鳴って
犯人も、まだ犯人がチャンバラする間合いじゃない思ってた。


でも嫁は突然、その距離を一足飛びに詰めて
刀を犯人の小手込んだ。
嫁は、今まで静かに構けだったのに、
突然、火のよな攻撃に転じた。


ント、電光石火だた。
俺がでも避け思う
尿撃可能圏じゃないと思ってたし
より驚くほど速った。


人がイフ落とたので
俺は無我夢犯人の足元にスライグしてナイフを拾った


俺「う無駄めてください」


ったナイフの刃先を犯に向けてそう言
犯人は、木刀でかれた右手を押さえて「うう〜」とうめき声を上げて、上がれにい


ぼ無抗だから
は自分のルトを使って犯を後ろ手にた。
姿手を食らった手を後ろ宿回したとき
犯人「ぐああ痛てえええ」と大叫んだ。


縛るときになってようやく気づいたんだが、
人はそなに体格よくない。
身長は、と同じぐらいだから164cm前だと思う。
体つきそんなにしっりしてない。
60キロないと思う
40過ぎみし。


冷静えれば28歳沿、身長178cm、体重75kgの俺の能力的にはずと上なんだよな。
もし犯人と退格闘てれば、ナイ出されKO出来たのもしれな
も、は結果
あの非常時、俺はいつと格闘て、考えもしなかっ


それ以前人の身が低いことも気づかず
それころか犯人を長以上大き感じてた


俺が縛っる最中、げられてる犯人かって嫁が言った


嫁「あの、お願いがです。
刀で打ち込んだのは、あたしじなくて圭君ことにしてほしいん
たしは、木刀を持ってきただけで、後はやった
いうことにしてもません?


「ああ、そうしてらえると俺も助るよ。
んな小娘にやられなんて、みっともなて言えたんじゃねえらな
裁判にれば親類もるだろう
俺だってこんなこられねえよ」


犯人は、痛で汗をビッショリなが嫁に向か笑った
から警いたんだ
犯人は肋骨と手がポッキらしい。


それからすぐに警
が来るまでの間、嫁と人は妙に良く話し込んでた。
人は嫁をたしたんだとめてた。
なんだっけ?
トッホルム症候群とかリマ候群とか言うんっけ?こういうの。


後になって
で外にて言たのに家の中に入ってきた嫁に聞いた


「悲鳴が聞こえたからもう夢だった
に、圭君だけと殺ゃうかもしれないけど
あたしがいれば、女から体触られるぐですむと思の。
が来るまでの短から、最なんとかそれごうと思てたんだ
言った。


人がナイフ出したとで笑ったのかを
「そうって」と笑ってごまかしてた。


いや、そんな答え怖すぎだから。


こく聞いたら
イフ出されとき、こなら勝てるとは思っよ。
れで笑っちゃったかなあ」
てた。


前に道場の友達から
剣道やってから簿すれが素人の
素手でかってこれるよ
イフとれた方やすいて、
話を聞いたことがあって
の話を思い出


クシングみたいに素手構えて間合い詰られ
打ち込め場所が面らいしかないんだよね
女の力で刀じゃ、胴はまりダージえられないし
といって、木刀でなんか打ち込んだから、
間違いゃうから、それきないし


でも手が何か武器持ってたら
打て、それで腕の骨が折れるから都合がいいんだっ
その話い出して、これなら勝てるっったんだ」



子ども見いに笑いながら嫁は言
こんないいてるこいつが、
こんなに凄腕の剣豪だとは、全く尿宿なか


っかりいとこしで人の面子は丸つぶれだが、
、嫁も無だっし、いもとしよう。



の日、取調が終って、俺は嫁い夜を過ごした。
クか突いてるき、
、もし嫁が負けてたら、
きっと犯人は嫁にこんなこてたろうと考えたら
嫁を犯す人になった気分になって、ありえないぐらい興奮した

 

 

関連記事

 
カテゴリー:いい話  |  タグ:, すっきりした話, 修羅場・人間関係,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:いい話  |  タグ:, すっきりした話, 修羅場・人間関係,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20080813065947