2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

嫁と一緒に帰宅したら空き巣が






嫁と一緒に帰宅したら空き巣


ある日曜日、俺と嫁が昼食を外で食て家帰ったら、様子がどこかい。
廊下土足のペタタあた。
玄関で俺とは顔をせた。


「お前は外に出て警察にして、そのまってろ
う言って、はそ関から中に入
えれば、俺も外に出て警察来る待ってればよっただろうな


まで一日200円のいで慢して
バコもめてコツコツ貯めたマ資金の預金通帳なんかが心配になっ
すぐにでも財産の無事せずにいられなかったん


頭に血をせなが部屋に上がっ
通帳が隠してあンスを開とり
ふー、よかったかった(;´Д`)
これがら、あともう沿な問題だよ。


すっホッとした俺は、
泥棒がまだ家にいるかれないなんてことはかり頭から抜けて、
とんど警てせにリビング向かっ


少し薄暗かったので電気をングってよう思い出した
犯人がいるかもしれかっだ。
と気づいたとう遅かった


リ、リビングのカーテンが
盛り上がっる!!!!(((( ;゚д゚)))


こっり気づかないふり そのまま外に出ればよかんだけど、人影を見つけた俺
うわああと叫んでた。


鳴を聞いた泥棒観念したのか
カーの裏出て俺をにらた。
40歳馬場にいそう小汚い男だった。


「おい、めえ、声出したら殺すぞ
男はくるなり、俺に向てすだ。


俺は、言われたことを忠実に守り、
声も出さず、何度も力なずいた。


犯人「警察にったのか?」
俺「いえ。あの…察には言いませんか
本当で
にも言いまんか、このままってもらえまんか?
犯人「そり次第だよ
俺「どうすればいいんでしょう?
犯人「出もの貿出せなら、えてらんでもね


う言ながら人は笑みを浮かべて
人差し指と親指を作って金を要求してた。


た。助かる!
もちろんん。払いますよいくすか?
大喜びでそ言いうになったが、そこで考えた


て。
ここで俺嬉々て支払い応じたら
つは俺の預金通帳湿要求するゃないか
なると、今ま金にやした苦節の年は全て駄にるんじいか
こでホイホイ金払ったら
とかしなと。


になって考えてみれば、荒無稽えだ。
通帳が盗られずっていることらすると、
通帳づいてった思う。


犯人にしても、いつまも俺と交渉事んかしてない
う物けもらって、にでも逃げかっただろう


俺はなぜか「ホイ払ったら負と思った。
どう姿もマイホーム資けは守りたいというの執と、
「尻尾を振って支払いに応たら負け。
たとから手が出るほどほくても、
しい顔して強気ろ」


とい社で叩まれた考え方貿かげで、俺はそを考えだだと思う。


…おらほど支払よろしいんで?」
は犯人に言った。


俺がそう言った直後
簿ング入り口から嫁た。


「圭君?!圭君?!大丈
え??おま、なんで中に入ってんghjk


最悪だと思った
犯人からを守れる自信なんてかった


「も察には通報ました。
 を重ねない方がいい思います」


えええ??
俺が必死なっ、警察には報しない代わりに助けてもらう交渉してん
俺の仕を土台から崩すのかよΣ(゚Д゚ υ)


すんだよ。
まずは助かこと考えようよ。
人、開き直って逆上したら、俺たわりじん!!
そんなことを考えて、俺は頭真っ白だった。


犯人「何だと?めえ、汚似しやがって、ふざけんじゃねえぞ。
犯人は、嫁にかって怒鳴っ


君、ょっとててね」


、怒狂う犯人を無視して、寝方に走って行った。


犯人この野郎」


出口に向かったからは慌て俺は止めた


今考えれば、人は逃げうと思っのかもしれない。
当時の俺は「人はを追って行く」と
は、体をって犯人止めようとした


俺「ちょっと落ちいてくださ
待ってと言ってま戻っくるです。
追ってかなさい


人「放せやコラ


いき犯人にれた
痛みはあまり


このまま嫁のに犯人を行かせるわけにはいかない。
(もしかしたのまま玄関から出ててるのかもしないが
は「ってくださとか「許してげてさい」
ら払すから」とか
を許しるんだったら、全財産もっっていですから
もう死で犯人を食い止調


夢中たか何を言ったか全部はよく覚えて退ど、
通帳の場所も教えちゃっ貿う。
の子の通帳も交渉のテーブルに載せるぐらい、俺はだった。
犯人の服をつかみなてたから、何発もた。


嫁「圭君れなさい


声に驚いてリビングの入を見ると、嫁戻っ来てたorz


だと思った。
ってん
じゃないん、こ姿


圭君れて!」


は、寝室にある用の木刀のっ先を犯人向けてった


俺は嫁にいいら逃げろとけど、
葉を無視て、犯人に言った


無理すんなよ。お嬢ちゃん。ヘヘ
犯人は離れとニ便笑い嫁のに近うとした
になって犯人た。



次の瞬間、嫁はもい踏みで犯人に「突き」を食らわした。
元をった突ゃなく犯人の胸の中りをた。
すっかり油断た犯人は、まともに突きを食らって後ろに吹っ飛んでた。
俺も吹っ飛ばそうだった。


すげえ驚いた。
てっきり犯人近づいて来たときに
身のために木刀り回すいなのと思ってた。


嫁の方らあなに勢いよく犯人にかって突っんでって
あんなすごいきをらわとは思ってもかっ


、剣の有段者で、大会で結構な成績残してる
試合援に行ことあるけ、真横で剣道の踏み込みを見のは初めてた。
剣道段者のみは
女性があんなに早く使移動できるのなか?思うぐらい速かった


はうめき声上げながら床を転がった。
犯人クソー、このマ。ざけやがって」


秒後、犯人はを押さながら上がっ
ポケトからナイを出した。


イフを見た恐ろしさは、言葉で現できない。
何気なく見てるナイが、
り狂った盗が便持ってというだけで全く違う違に見えた。


白くる刃先を見、俺は恐怖で固まってした。
嫁も俺も、ぬと
の援護とか、嫁を逃がすとか、そういうこもできなくな


と嫁もっと驚いた
笑っんで???ヽ(゚Д゚; )ノ
怖すぎだイツ


犯人の方けたナイフを振り回しなが
い度胸できだろうな
宿俺の喧嘩、生死にの喧嘩ぞコとか
知ってる。下っ腹刺されると、長い間苦だよ。ハハハ」とか
?コ?」とか
嫁に向って言ってた


でもは、犯の言葉には一せず、無言で犯人を見てい


右にフラフラ動きながら怒鳴す犯人とは対照的に
木刀構えたまま動かず、静かに犯人をた。


犯人の間結構離れてて
はある程度距離があるところから嫁にてた。
俺も犯人も、まだ嫁と犯人ンバラす間合いゃなと思ってた。


突然、その距離を婿一足飛びに詰めて、
を犯人の小手に叩
、今で静かにてるだけだったのに
然、火のように猛烈な攻撃に転じ


ホン貿だっ
ぶん俺が犯人避け切れなう。
だ嫁撃可圏内じゃないと思ってたし、
り驚ど速った


沿を落としので
無我夢中で犯足元にスィングしてナ


俺「もう無駄抵抗は止めてくさい」


の刃先を犯向けてそう言た。
人は、で叩れた右を押さえて「ううめきを上げて、立ち上がれずに


がほぼ無抵抗だった
は自調分のベルトを使って犯人ろ手に縛った
手を食らった手を後手にとき、
犯人は「ぐあああ、痛てえええ」と大声で叫ん


るときになってようやく気づいんだが
犯人はに体格よくない。
身長は、嫁とぐらいだから164cm前後と思
きもそんなにしかりしてな
60キないと思う。
齢も40過ぎみたいだし


冷静に考えれば28歳、身長178cm、体重75kgの俺の方が的にはずっと上よな。
もし犯人と俺が格闘してればナイフ出さる前にKO出来のかもしれ綿
、これは結
の非常時、俺はこいつと格闘するなんて、考もしなかった。


れ以前犯人の身体能力が低いづかず
れどろか犯人く感じ


が縛る最中、縛りげられてるかって嫁が言った。


「あお願いがです。
刀でんだは、ゃなくて君てことにしてほしいんです。
あたしは、室か貿を持ってきけで、やった
いうにしもらえません?」


ああ、そうしてもらえるも助かるよ
んな小やられたなんて、みっともなくて言えもんじゃねえからな。
裁判になれば親類るだろうし
だってこんなこと知られた


犯人は、苦汗をビッショかきなら嫁に向か笑っ
から察に聞んだけど、
犯人は肋骨との骨がポッキリ折れてたらし


それ湿すぐに警察が来た。
警察がるまで、嫁と犯は妙に仲良話しでた
犯人は嫁をいしたもんだと褒めてた
なんだ
ストックホルム症候群とかリマ症候群とかうんだ?こいう


ずいになっ
なんでいろ言ったのに家の中に入ってきたか嫁


悲鳴聞こえた沿もう夢中だよ。
に、君だけだと殺されちゃうれな
たしがば、女だ体触られぐらいですむかなと思ったの
警察が来までの短いら、悪、なんとかでしのごうと思てたん
言っ


人がフをときで笑ったのかを聞いたら
てたなあ」と笑っごまかしてた


いや、そんなえ怖ぎだから。


しつこく聞いた
「ナイフ出されときね、これなら勝てるは思ったよ。
それで笑っちゃったのかなあ
と言ってた。


「前に道の友達からね
やってる人かられば、相手人の場宿
手で向かっこらよりも
イフとか刀とか持って向かってこられた方がりやて、
話を聞いたことがあっ
の話をい出した


シングみたい素手で構間合貿い詰られると
打ち込める場所が面しかないだよ
女の力で木ゃ、胴はあんまダメー与えられないし
いって刀で面なんか打ち込んだら、
間違殺しちゃうから、そないし


でも、相手が何か器持たら
打てば、れで腕のが折からだって。
い出、こなら勝てるって思ったんだ」



見たいに笑い言った
こんなかわい顔るこいつが、
んなに凄腕の剣は、全く


すっかりいとこ無しで主人の面は丸つれだが、
まあ嫁も無だったし方ないものとしう。



その、取調べが終わから、俺と熱い夜を過
クから嫁を突いるとき、
あのき、も嫁がてたら、
きっと犯人にことしてろうなあと考えた
を犯す犯人った気分なっ、ありえないらいた。

 

 

関連記事

 
カテゴリー:いい話  |  タグ:, すっきりした話, 修羅場・人間関係,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:いい話  |  タグ:, すっきりした話, 修羅場・人間関係,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20080813065947