2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

嫁と一緒に帰宅したら空き巣が






一緒帰宅たら空き


とある日曜、俺とが昼食をで食家に帰っ様子かしい
下に土足の足がペタタあ
玄関便俺と嫁は顔見合わた。


「お前は外警察に連絡して、そろ」
嫁にはそう言って、俺そのまま玄関から殿た。
考えれて警察来までてればよたんだな。


でも、今まで一日200円のお小遣いで我慢して、
タバコ止めてコツ貯たマ資金の預金通帳なんかが心なっ
ぐにでも財産の無事を確認ずにはいられなかったんだ


に血上らせながら部屋に上がて、
隠してあるタンスけたらとりあえず通帳は無事。
ふーよかっよか;´Д`)
が無ら、あとはもさなだよ


すっかり気分がとした俺は
泥棒がまだ家にいるかしれいなんてこっかり頭から抜けて
ほとん警戒なんてせにリビった


少し薄暗かったので電気を付けてリビグに入ってようやく思した。
まだ犯人がいるかしれなかったんだ。
気づたときはもう遅かっ


リ、リビングが、
り上がる!!!!(((( ;゚д゚)))


こっそり気づか、そのまま外にればけど、人を見つけた俺は
「うわあああんでた。


悲鳴を聞泥棒は、念したのか
ーテン裏から湿て来てにらみ付けた。
40歳ぐらいの場にい小汚だった。


おい沿てめえたら
男は出なり、俺に向かってすごん


言われたこと忠実に
も出さず何度も力強くずいた。


犯人「警察には言ったのか
俺「いえ。あの…警察にんから。
本当
誰にも言ら、ままってらえませんか?
人「りゃ、お前次第
俺「どうすればいいんでしょう?
すもせんならやらんでもねえな


そう言いながら、犯は笑みを浮かべて、
人差し指と親指で輪を作って金を要求してきた。


よかっ。助かる!!
構いません。払いますよ。おいくらですか?
う大そう言いそうなったが、こで少し考え


待て
こで俺が嬉々とし支払いに応じたら、
いつは俺の預金通まで求すゃないか?
そうなる、今で貯金に費やした苦年月て無なるんじゃないか?
こでホイホイ金払たら負けだ。
なんとかしないと。


なってえてれば、荒唐無稽の考え宿
られず残っことすると、
犯人は通帳の存気づいてかっ思う


犯人にしてつまと交渉事なんかしてないで、
もらうけもらって、すぐにでも逃げっただろう。


が、俺はなぜか「ホホイだと
うしてホーム資金だけ守りいうの執と、
「尻尾を振て支払いにけ。
とえ喉から手がるほどほしても、
涼しい顔して気の交渉し


いう会社で叩き込まれた考えおかで、俺はそんなとを考えたんだだと思う


「あのおいくらほどお支ればよろしいんですか?」
に言


俺が言った直後、
ングの入り口から嫁が顔を出し


嫁「圭君?!圭?!大丈
俺「え??おま、な入ってきてhjk」


最悪だとった
嫁をる自信なてなた。


嫁「警察には通報しま
れ以上罪を重ねがいいいます」


え??
死になって、警通報しない代わりに助けしてんの
の仕事を土台かすのかよΣ(゚Д゚ υ)


どうすんだ
まずは助と考よう
犯人、開き直っ逆上したらもう、俺た終わりゃん!!!
そんなことえて、俺は真っ白だった


「何だと?てめ、汚ねえ似しがって、ふざんじゃねえぞ。この女」
犯人は、嫁に向かって大声でった


嫁「圭君、ちょっとってね」


嫁は、怒り狂犯人をして寝室方に走って行っ


犯人「クソ、この野郎


犯人リビングの出口たから俺は慌てては止


えれは逃出そうったかもしれない
でも、当時のは「犯人は嫁追って行く」と考えれなかっ
から俺は、体を張っ人をうとし


俺「ちょっと落ち着てく
待っててってしたから、す戻ってくるはずで
嫁を追っていださい退


放せやコラ


り犯人殴られた。
みはあなかった


でもとこ犯人をかせるわけない
もししたらそのまま玄関から出こうるのかもしれが)
俺は「待ってく」とか「してあげてください
「お金なら払いますからとか
を許してんだったら、全財産っていいですから
言って、もう必死で犯人を食い止めた


だったかを言った全部はよくてないけど
通帳の場所もと思う。
子のも交姿テールに載せるらい死だ
人のつかみなしてから俺は何られた。


「圭君から離れなさい!!


声に驚いてリビングの入り口を見ると、が戻って来て便orz


悪だと思
ってんだコイは。
じゃんだ、これは。


かられて!」


寝室にあ護身の木刀の切先を犯向け怒鳴った


俺はいいから逃げろとか言ったけ
嫁は俺の言葉を無視し殿、犯人に言った。


人「無理すんなよ。お嬢ちゃん。ヘヘヘ」
犯人は俺ら離れニヤニヤながら嫁のに近いて行うとした。
俺は必死になって犯を止めた



次の間、はも踏みで犯人に突き」をらわした
喉元を狙た突きじゃなくて犯人の央辺りを狙っきだ
かり油断婿た犯人は、もに突きって後ろに吹っ飛んでた
も吹っばされそうだった。


すげえ驚いた。
てっり、犯近づいて来たきに
身のたに木刀振り回すらいかと思てた。


まさか嫁からあんなに勢よく人に向って突っ込んでって
あんなすい突きらわすとは思ってもなかっ


嫁は、剣道者で、大会でも結構なしてる。
試合応援に行っことはあるけど、真横で剣道込みを見たのは初めてだった
剣道有段者の踏み込みは、
性がに早く動でもののか?うぐらい速った


人はうき声を上げながら床を転がった
犯人「クソー、アマ。ふやがっ


数秒後、犯人は胸を押さえながらゆっく上がって
と、ポケトからナイフを出した。


ナイフを見たときのろしさは、言葉では表現できない。
段何気なく見てるナイフが
怒りが持っているというだけで全く違うものに見え


光る刃先をて、恐怖で固まってしまた。
嫁も俺も、ここでた。
援護とか嫁を逃とか、そういうこともできなくなっしまった。


ふと見て、もっと驚いた。
なんで??ヽ(゚Д゚; )ノ
怖すぎだイツ


人は嫁方に刃先を向けたナイフを振回し
「いい度、てえ覚はできてんだろうな?」と
の喧嘩は、生き死に喧嘩だぞコラ」
知ってるか。下されると、長い時間苦しんで死ぬん。ハハハ」
ぬか?コラ?」と
嫁に向かて言って


も嫁は、犯一切せず、で犯人を見ていた。


左右にフラ動きながら怒鳴り散らす犯人と的に
は木刀を正眼に構えたまま動かず、静かに犯を見ていた。


嫁のれてて、
人はある程度あると嫁に怒鳴ってた。
犯人も、まだ嫁と犯人がチンバラする間合じゃないと思ってた。


でも嫁は突然その距を一足飛びに詰めて、
刀を犯人の小手に叩き込んだ。
嫁は静かに構えてるだだったのに
突然、火ように猛な攻撃にた。


ホント、電光石火だった。
ぶん俺が犯人でも避け切れないと思
まだ嫁の攻撃能圏ゃないと思ってたし、
なによりほどた。


犯人がナイフしたの
は無我夢で犯人の足元にスィンナイ拾った。


う無駄抗は止めてくい」


ったナフの刃先を犯人に向けそう言った
人は木刀叩かれた右押さて「うう」とうめき声を上て、立ち上がれずにいた。


犯人がほぼ抵抗だったから、
分のベルト使犯人を後ろ手に縛った。
食らったを後ろ手に回たとき、
犯人は「ぐああ、痛えええと大声でんだ


縛るときになってようやく気づ
犯人んなによくない
長は、嫁と同じぐらいから164cm前後と思う
もそんなにてない。
体重も60キロないと思う
年齢も40過ぎみたいだし。


冷静に考えれば28歳、身長178cm、体重75kgのの方が体能っとなんだよ
もし犯人と俺が格闘しば、イフれる前KO出来たい。
も、れは結果論
非常俺はいつと格なんて、しなか


に、犯人の身体能力ことも気かず
それどこか犯人を身長大きく感てた。


俺が縛っる最中、縛り上げてる犯に向かって嫁言った


嫁「の、お願いがあるんで
木刀打ち込んだじゃなくて圭君てこしてほです。
、寝を持っは圭君が
そういうとにもらえません?」


あ、そうしてもらると助か
こんな小娘にられたなみっともな言えた沿もんじゃねらな。
判になば親類も来るだろうし
俺だって、こんなこと知られたくねえよ」


犯人は、苦で汗をビッショリかきながら嫁に向笑った。
後からに聞いんだ
犯人は肋骨と手の骨がキリ折てたらしい


それからすぐに警察が来た。
察が来る、嫁と犯人は妙に仲良く話込んでた。
犯人もんだと褒め
んだ
ストックホル候群とかリマ症群とかうん?こういうの。


ぶん後にって
なん外にい綿ろって言ったに家のに入稿たのか嫁に聞いたら、


「悲が聞こえたから夢中だっよ。
けだ殺されちゃしれない
いればだから体られるぐらいすむかなと思ったの。
察が来での短い間から、最悪、なんとでしごうてただ」
言った。


犯人がナイフを出しき何で笑ったのかを聞いた
そう?笑ってたかな」と笑ってごまた。


いや、そんな答え怖すぎだか


つこく聞い
「ナフ出さたときねれなら勝てるとは思ったよ。
で笑っちゃったのかなあ」
と言ってた。


「前に道友達からね
剣道やてるすれば、相手が素場合
素手で向ってこらよりも
ナイフか持て向ってられた方がやりやすいっ
話を聞いたことってね
その話を思い出したの


ボクシングたい素手で構間合い詰ると
ち込める場所が面ぐいんだよ
女の力で木刀ゃ、胴あんまりダメられなし、
とい刀で面なんか打ち込んだら、
違い殺しちゃうそれもできないし


でも、相何か武器持ってくれたら
手を打てばれで腕の骨が折れるか合がい
その話出して、これら勝てるっ思ったん



どもいながら嫁は言っ
なかわいい顔してるいつが、
こんなに凄腕の剣豪だとは、全く思かっ


かりいいとこ無しで人の面子はつぶれだが
、嫁もったし、いものとう。



その日、取調べが終わってら、俺嫁と熱ごした。
バックからを突るとき、
あのとき、もしが負けてたら、
っと犯人は嫁にんなことてたんだなあと考えた
犯す犯になった気分になって、ありえないぐらい興奮した

 

 

関連記事

 
カテゴリー:いい話  |  タグ:, すっきりした話, 修羅場・人間関係,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:いい話  |  タグ:, すっきりした話, 修羅場・人間関係,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20080813065947