2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg
 
 

 
 
 
 

女にデートに誘われた






1 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中[]:2008/06/08(日) 15:59:47。14 ID:6OGKztLj0



うっはwwwwwwwついに俺もリア充の仲間入りwwwwwwwwwww
みんなごめんねwwwwww勝ち組になっちまったwwwwwwwww





という風に思っていた。その子がビッチだと知っていなかったら。









2 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中[]:2008/06/08(日) 16:03:07。41 ID:6OGKztLj0
IT土方で汗水垂らして働き、彼女のいない寂しい日々。
月一回に行く風俗だけが楽しみに毎日頑張っていた。
いつか俺も彼女をゲットするぞ! と思っていたが、
いわゆるブサメンの俺に彼女が出来るはずもない。







4 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中[]:2008/06/08(日) 16:05:23。86 ID:6OGKztLj0
合コンへ行っても全戦全敗。紹介してもらってもごめんなさい。
恋する気持ちも忘れてしまっていた。夢は叶えるものではなく、
見るものだと諦めていた。それが現実だと思っていた。


が、ある日から部署で一番可愛い千葉さんがやけに俺に寄ってくるようになった。








5 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中[]:2008/06/08(日) 16:07:40。39 ID:6OGKztLj0
他の部署の子たちは仕事の会話しかしてくれないが、
千葉さんだけは違った。天使のような微笑みで俺に話しかけてくれる。
仕事以外にも昨日のテレビの話などを向こうからしてくれる。
やばい。恋してしまう。何年ぶりかにそんな気持ちになり始めていた。






6 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中[]:2008/06/08(日) 16:10:55。19 ID:6OGKztLj0
ある日、汗だるまの俺にささやかだがボディタッチまでしてくれた。
「やだー>>1さんたらっw」といって、肩をポンッと叩いてくれた。
これで完全に落ちた。いつも千葉さんを目で追うようになった。
付き合えるなんて思わない。ただ見ているだけでそれで良い。
つまらなかった日々が輝いていたきた。仕事に行くのが楽しくなった。


その夜、一本の電話がかかってきた。






7 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中[]:2008/06/08(日) 16:14:03。19 ID:6OGKztLj0
同僚の小野ちんからだった。小野ちんは同期で会社で唯一の友達。


「あれ、小野ちん。どうしたの?なんかあった?」
「いや、ちょっと話したいことがあってさ」
どことなくトーンが低かった。仕事でトラブったかなってその時は思った。


「明日会社で話してくれればよかったのに。なにかあった?」
「いや、会社ではちょっと話しにくくてさ」


その数分後、俺は天国から地獄へと叩き落とされた。


10 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中[]:2008/06/08(日) 16:17:25。83 ID:6OGKztLj0
「お前さ、最近千葉さんと仲良いよな?」
「えっ!? そ、そうかなぁ〜普通じゃない」
内心ドキドキだった。周囲からそう見られているのがなんか嬉しかった。


「お前、もしかして、千葉さんの事、好きなん?」
「ぇ? えっと・・・急になに言ってるんだよ」
心臓の鼓動がさらに早くなった。
もしかして小野ちんも千葉さんの事が好きなのかって焦った。








11 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中[]:2008/06/08(日) 16:20:34。29 ID:6OGKztLj0
「どうなん?好きなの?」
「い、いや! 確かに可愛いとは思うけど、ただの同僚の一人だよ」
隠す必要は無かったが、なぜか咄嗟に嘘をついた。
今までの経験上、誰かを好きだって話したら笑われる。
小野ちんならそんな事をしないと思ったが、自分の気持ちを隠した。


「そっかぁ〜あぁ〜良かった」
やっぱり、小野ちんも千葉さんの事が好きなのか・・・。






13 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中[]:2008/06/08(日) 16:25:32。76 ID:6OGKztLj0
もしかして、小野ちんは俺に探りを入れたのか?
ドキドキしながら、千葉さんに恋をしていない言い訳をする俺。
小野さんはイケメンではないけど、俺に比べたら男前。
小野ちんと張り合っても勝ち目がないし、小野ちんならいいかなって。
それは半分本当で半分嘘だったが、防衛本能が勝った。


「いやぁ〜お前が惚れていたらどうしようかと思ってたよ」
「なんでいきなりそんな事を言い出したんだよ?」
「だってさ、あの子、最悪だからさ」


最悪?






15 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中[]:2008/06/08(日) 16:28:23。56 ID:6OGKztLj0
「ど、どういう事?」
「実はさ、先週に飲み会があったろ?お前は来なかったけど」
会社の飲み会があったが、急用があると欠席した。
まぁ、急用なんて嘘で、家でvip見ていたけど。


「その時さ、飲んだ後、ボーリング大会をやってさ。
最下位の人が罰ゲームをやる事になったんだ」


罰ゲーム。嫌な予感が脳内を駆け巡った。






17 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中[]:2008/06/08(日) 16:31:08。81 ID:6OGKztLj0
「最下位になったのが千葉さん。それで罰ゲームをやる事になった」
ごくり。生唾を飲む音ってこんなに大きかったんだ。


「まぁ、みんな酔っていたのもあるんだけど、その罰ゲームってのが・・・」


「お前に言い寄って、お前に告白させる事」


心の奥底で何かが音を立てず崩れ落ちた。






23 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中[]:2008/06/08(日) 16:34:35。40 ID:6OGKztLj0
「俺は止めたんだけどさ。あいつら悪乗りしちまってさ」
怒りは沸いて来なかった。頭の処理速度が追いつかない。
フリーズしたように何も考えられない。事態が飲み込めない。


「ごめんな。きつかったよな」
この時、なんて答えたか覚えていない。


「俺も本当にやるとは思っていなかったけど、
あの子、次の日からお前に話しかけるようになって
さすがに黙っていられなくてさ・・・」




26 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中[]:2008/06/08(日) 16:36:58。31 ID:6OGKztLj0
「お、おい。大丈夫か?」
「あ、あぁ。あいつら本当にバカだよな」
本当は泣きたいくらいショックだったけど、
俺も男の子。精一杯の強がりだけは忘れない。


「言わないでおくのが一番かなっても思ったんだけどさ
あいつらが仕事後にお前の話して笑っているの見ると我慢できなくて」
定時になったらすぐ帰る俺はそんな事していたなんて露知らず。






28 名前:勝ち馬ピエロ ◆Z1GFyRA7/I []:2008/06/08(日) 16:40:14。08 ID:6OGKztLj0
「しばらくは続くかもしれないけれど、そのうち飽きると思うからよ」
「う、うん。教えてくれてありがとう」
「いや、俺も止められなくて、本当ごめん」
「いやいや。俺も小野ちんの立場だったら何も言えなかったと思うから」



32 名前:勝ち馬ピエロ ◆Z1GFyRA7/I []:2008/06/08(日) 16:42:46。93 ID:6OGKztLj0
そこから同期の悪口を少しして電話を切った。
それまでやっていたDSの電源を切り、部屋を真っ暗にして鬱モード。
あの笑顔は全て嘘だったんだ。あの会話は全て嘘だったんだ。
何もかも信じられない。もう会社を辞めよう。
そう思ったが、収入が無くなったら生きていけない。
明日からどんな顔してみんなに会えばいいんだ。





40 名前:勝ち馬ピエロ ◆Z1GFyRA7/I []:2008/06/08(日) 16:45:38。66 ID:6OGKztLj0
いつもみたいに愛想笑いをしてやり過ごそう…。


そう決めたが、ここまでされて黙っているのは耐えられない。
俺だって生きているんだ。ようやく俺の心の怒りに火がついた。
俺の事を笑っている同僚たちの姿を思い浮かべるだけでおかしくなりそうだ。


こののままじゃ終われない。復讐してやる。






47 名前:勝ち馬ピエロ ◆Z1GFyRA7/I []:2008/06/08(日) 16:48:26。11 ID:6OGKztLj0
ちなみにこれはもう全て終わった話です。
思い出しながら書いているから、遅くてすまん。


簡単にスペック紹介。
俺:素人童貞。27歳。ブサメン汗だるま。
小野ちん:同期。会社で唯一の友達。
千葉さん:24歳。可愛いが性悪。
その他同僚:DQNども。みんな氏ね。


48 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中[]:2008/06/08(日) 16:49:43。99 ID:soF7BP9VO
おっぱいの大きさがなければスペックとは言わない



>>48
変態紳士の俺の目測ではC〜Dカップくらいだな。
顔はアイドリングの加藤に似ている。って知らないかw







50 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中[]:2008/06/08(日) 16:50:26。70 ID:xEJP2FJUO
お前はピエロだ
だけど大丈夫
楽しいことなんていくらでもある
女なんてゴミカスうんこ






51 名前:勝ち馬ピエロ ◆Z1GFyRA7/I []:2008/06/08(日) 16:50:53。77 ID:6OGKztLj0
復讐を思い立ったが、何をしていいか思い浮かばない。
事件とかになったら、親が泣くからそれは出来ない。
仮に暴れたところでDQNの同僚どもに殴られて終わりだろうし。
訴えたところで時間と労力がかかって徒労に終わるだろう。


うーん。ビッチが一番傷つく事ってなんだろう。







60 名前:勝ち馬ピエロ ◆Z1GFyRA7/I []:2008/06/08(日) 16:55:44。55 ID:6OGKztLj0
ビッチが傷つく事・・・・・・何かヒントが無いかとネットで調べた。
ビッチたちの汚い部分が見えて、嫌気が刺したが、
それを全て怒りに変えて、ネットの波をいくつも越えた。


ようやくヒントを見つけた。ビッチはプライドを傷つけられるのが一番応えるらしい。
汗だるまの俺がやつを振ってやったらどれほど傷つくだろう!







64 名前:勝ち馬ピエロ ◆Z1GFyRA7/I []:2008/06/08(日) 16:58:51。32 ID:6OGKztLj0
しかし、あいつらの目的は俺に告白される事。
プライド高いビッチの事だから、あいつから告白して来る事はないだろう。
それならば、なかなか告白して焦って大胆な事をした時に
思いっきりやつを否定してやったら、傷つくんじゃまいか。
そうだそうしよう。ささやかだが、これが俺に出来る最大の復讐だ。






65 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中[]:2008/06/08(日) 16:59:36。69 ID:4RxOBqPN0
>なかなか告白して焦って




69 名前:勝ち馬ピエロ ◆Z1GFyRA7/I []:2008/06/08(日) 17:01:23。57 ID:6OGKztLj0
>>65
すまん。なかなか告白してこなくて。の間違い




68 名前:勝ち馬ピエロ ◆Z1GFyRA7/I []:2008/06/08(日) 17:00:43。46 ID:6OGKztLj0
次の日、ドキドキしながら、会社に行った。
いつもの電車。いつもの駅。いつもの会社。
全てが昨日と違って見える。
不思議と気が重くはない。それは復讐の成せる業だろう。


「おはよ〜今日もいい天気だね」
ビッチ千葉があらわれた。どう料理してくれよう。





74 名前:勝ち馬ピエロ ◆Z1GFyRA7/I []:2008/06/08(日) 17:04:37。37 ID:6OGKztLj0
いきなりよそよそしくして、飽きられたらつまらない。
最初はいつも通りにして、焦るまでピエロに徹しよう。


「おはよう。暑いよね〜朝から汗ダラダラだよ」
「ホント暑いよね〜嫌になっちゃう」
そういってシャツをパタパタとして、胸元アピールするビッチ千葉。
その手は食わんぞビッチ千葉!!


思いっきり見てやりましたよ。ピンクのブラでした。






77 名前:勝ち馬ピエロ ◆Z1GFyRA7/I []:2008/06/08(日) 17:07:40。04 ID:6OGKztLj0
昼飯時、いつものように小野ちんと社食へ行く。
今日は俺の好物のカツ丼が安い。しかし、マーボー丼も捨てがたい。
数分悩んだ後、断腸の思いでカツ丼を選んだ。
ちなみに小野ちんはカレーだった。小野ちんは本当にカレーが好きだな。


窓際に座って、談笑しながら食べていると、
やって来ましたよ。ビッチ千葉が。





81 名前:勝ち馬ピエロ ◆Z1GFyRA7/I []:2008/06/08(日) 17:10:58。65 ID:6OGKztLj0
「ごめん、ここ空いてる?」
ビッチ千葉が上目使いで話しかけてきた。
座っている俺らに対して上目使いって凄い技だな。
昨日までの俺だったら可愛いと思っていたが、
今ではただのモンスターAにしか見えない。


「えっと・・・」
小野ちんは俺の方をチラっと見て困った様子。
ふふふ。気を使う必要はないよ小野ちん。これは全て罠なのだから。


「どうぞどうぞ」
俺は紳士のように隣の席を引いて、ビッチ千葉を誘導した。









>>次のページへ続く


 

 

関連記事

 
カテゴリー:復讐  |  タグ:, 常識の無い人達,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:復讐  |  タグ:, 常識の無い人達,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20080820223935xGU