2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

喪失






わたしが昔、体験したことをます
当時にも話したことはありません。
気軽話せることりませんし・・・
なり暗い話になるますが、さい



当時、わたはちょうど十歳
妻のは一回り若く、三十八
晩婚だったため、子供はひとりでく、幼稚園に通うした


したち夫婦はエヌ市で個人商店を開いていました。
たしは商の仕入れ先や、お得るのに忙しく、店のうは妻の寛子にまかせきりになことかったのですが、
なにしろ、まだ幼児の娘をえる身なので変です。
、当時は経営状態もわかったのわたたちはして、手伝いのルバイトを募集することにしました


そのを見て、ひりの青がやっました。
田勇次()とう名の、いまでいフリーターで、二こし過らい者です。
いまフリーターとはいえ、勇次は見た目も清で感よく、はきはきと喋る快活男でした。
沿れるH大学へ通っていたも、ラストレーターになるいう夢退し、
まはアルバイトをしながらの専門学ってい
後になって、彼はわたしたちにそいました


たしちはに彼を気に雇うことにし
勇次は、わたしが外る月、木、金曜店にて、店番やらその湿ほか々な雑務するまし
初は何もかもが順調いくうに思えました。
勇次を雇て二週間ほど経った、彼について寛子に聞いてみ
「店の仕事は熱心にするし・・愛想もい商売にいているみたい
か。退してでを追いて、間学校へっていくらだか
今どき学生みたボンとはちがって、ちゃんの気構出来ているだろう」
そうですね・あ、そうそう、この前な彼、仕事が終て下宿先へ帰前に、
奥さん、なんか家仕事でおれにできるこ遠慮ってくさい
なんてんです
ょうど雨戸のたつけが悪くてものですか勇次君にいし直してもらいまた」
「ほ。寛もなかなか人使いが荒いな
「いや・・・そんなこと
「冗談だよ
んな会話をしで笑ったものです。


ときはやがて訪れるのときをもしな、遅くにでき愛する娘を抱え、わたし家族幸せでした



って二ヶ月ほど経った頃のことで
その日、妻は外出しが店番をしてい
わたしがいるときは、勇次非番です。
近所で電気店を営している金んが、店に入てきした。
く雑談をしてい急に妙なこと言いしたです
「この前の曜だが、どうしてこのまってただい
曜・・・何時ごろの?」


時だったか・二時くらいったと思うが あ。
ちょうちを出、この前通りがったとに、店の戸が閉まっていのが見えたん
中を覗いてみたけど、誰もいなような・・


(おかな・
わたし思いまし
昼の二時とだ娘を幼えにく時刻でも、店には妻の寛子と勇次のふたりがいたはです
ちらかが何かの用事が出来たにしても残る店番ているはずです。


妻からも聞いてせん
金田んは何事もなったかのように話題を変え、しばらく雑談したが、わたしの頭は先ほど引っかかっとを考え続けました。


の夜わたしは居テレビを見がら所で忙しく事のしている妻に、何気なさを装て尋ねました
「この前の通りがかっさんが、店が閉まっているようだったと言たんだが・・・何かあっい?」
「ああ・はい娘の稚園ら連絡あったので、勇んに車を出して、たりでに行っ宿たんです」


「聞いてなな」
「たたことく、、病院にも行かずじまいだったので、たには・・
は振くこともせず、そう説明しました。


わたしはきびびと家事しているの後ろ姿を眺めなら、ぼんやりと不安が胸に広がいく感じていました。
心の中は、妻のことは当だ、と主張する大声が響いてすがその一方本当だ異議を申し立てる声もあっので 
してからはじめて妻に疑いをた。


嘘をついてるとて、それはその子はしていたのか。
一緒にた勇稿次は? 
まさか・・いや、なは
妻と勇次では年が違すぎる。
心の中では嵐が吹き荒れていたがけはとした表情でわたしはを見ます。


寛子そのい性と同に、おとなしやさい顔した女です。
こかにまだ幼げな雰囲気を残してたがよく、特に胸した。
甲斐いながら、当時のしは週に三日は妻を殿いていました。


、妻の魅力は野の花のようなもので、誰にでったえけるものではない。
たし惹かれように、若の女に惹かれるようなとはい。
わたしは自分にそうました。



なあのことです。
調がすぐれなそうだたので、滅になことでしたが、わたし娘を幼稚に迎えに行きました。
稚園の先生からなこを言われたす。
「昨日は奥様はれたか?」


え? 何かあったのですか
っ・・・ああ、はい
日は普段のお刻になって奥様来られなのです
一時れでお貿えにした、娘さんは待つかれておむになてました」


「・・・そ ですか・・かぬをお伺いしますがこの前の木曜に娘が具合が悪くなって、妻が迎えに来たというこはありました使


「・・わの記憶にはりませ調・・奥様がそう仰ったんでか?
いえ、違います。なんでもありせん。すみません」


しはうやむ打ち消、娘を連れ、家路につきまし
んやとした疑いが、はっりと形をとっくるのをじ、わたしは鳥肌立つ西でし
妻は間違いなく、嘘をいる
そのことがしめた。


これまで夫婦でしいもつらいもふたり抜けてきした。
店がいの形でやっていけていのも妻の内助のおかげと思いま
そのが・
までつい妻は何をしてか。


わたそれを考えまた。
しかえまいとしても、脳には妻と・・・そして勇次の姿がいしく歪んだ姿で浮かんくる
「店長


いきなりをかけられて驚殿
勇次です
わたしと娘の姿然見て、駆けてきた、と彼はらいました。
「いま、行く中なんです」


勇次はそのほうをて、笑みまし
次になつています
娘と戯れる勇次。
しかりを見る表情暗かったう。


ただの勇次の姿を見も、彼が妻をしているどといはおよそ実的におました。
むしそのような不穏しているしくおもてくほど次ははつらつとして陰りのない様子でし使
「どす? 店。具合でわるいですか」
「い何でないよ・・・ちれた


「早く帰っゆっんでくさい・可愛い奥さ待ってるじゃないですか」
「何を言っんだい、まっく」
しはのとき、勇次ととが、中にしりと汗かいていま



たしが幼稚園へ娘を迎えに行き、の話ら、妻への疑惑を深たその夜のことす。
ちくちくと刺すよな不安と、爆発うな憤りを抱えらも、わたし問いめることは出来ませんでし
何も喋気になれ、鬱々とた顔風呂に入食事とりた。
、もともと口数の少ない女で、その日はわの不嫌に気づいていたためか、ことさら無口した
ころが、寝る前になて、妻突然


日は、昼からちょっと外へ出てもいいでうか」
と言いました
曜なので、店番わたしとで務めるです


どうして どかへ行くのか?」
「古お友達うかと・・
なんとなく歯切れの悪の口調です。
を見つめるわたは、筋ったでした
(あいつに会いにじゃいのか・・・!


たしは思わずそ叫びうところでした
しか、そな胸中のおもいを
「いい番はおがするから、ゆておいで」
そうました
き、たしはひとつの決意いました。


お迎の時刻にはてき
う行ってが店を出たのは昼時をまわっのこでした。
わたしは普段と変ない様子で妻を見送り、妻姿が見えなくなると、すぐに店を閉めした
して、わのあとを、見られないように重にけていきました
しに行と言っていた駅前とはまるで向へ歩いていきます
十五分歩いある古ぼけたアパー入っていき
夜、わたしは勇次の履歴書をり出して、
現住所湿をメ置いのでが、
認するまでもな、そ勇次の住パートでした。



しばわたしは呆然とそアパーの前で立ち尽くしいました。
が、うしてばかりもいらないとお、震る手で前夜つけたメから勇次の部屋した後、わ入りました
胸中は不安使、そしク状態でした。
れかしも気の場を押さえたと、わたしはう行動便べきだろうか。
次を殴り、妻を罵倒し・・・その先 
これでとの生活もわっしまうのだろうか
族はうなってしまうのだろうか。
しの胸はそもやもやした考えではちきれうだした。
奮と張で壊れりながら勇次の部屋の前たしは、に凍した。
妻の声です。
も寝室でしか聞いとのない、喘


く、そだい奮をがら妻は啼いていまし
わたは思わず勇次の屋のドアに手けました。
鍵はかかせんでした
たしはそろそろへ忍び込みまた。
いアパートの一す。
居間寝室は戸が開き放でした。
妻がました。


で、四ん這いの格好で、ひっそを窺わたしに尻を向けています。
その尻にこれもまた全裸の勇次がとりつき、腰を激しく妻の尻つけていま
わたしはそれまでAVなどほとんど見たことく、
たがって他人の性交を見た経がありませんでした
初めて見た妻と勇次のそれは、衝撃的でした。
の腰がほどの勢いで妻のつかるたび、ばこん、ばこん、と大き湿音がします。
妻の、年増らしく、むっちりとののった尻にが跳ねに震え
「あっ・・あっ・・・
啼き
勇次の若い身体はよく締まっていて、スタミナがありそう
内はく、ふたとも肌にびしょりと汗かきながら、
たし入ってきたのづかないほックに夢ってした


その瞬のわたし持ちを後になっ考えてみると、そい哀し綿した
ちろ、最愛の妻をわれたそうなのですがそれ以上いがしかた。
ま、眼繰り広げられている妻と勇次態。
それは射していま
とわたし親子ほど年が違いま
ってたしより回りい。
どうも言えませんが、妻セックスを見て、わたしが受けた哀しは、
いた自分の手の世界にが行ってしまったしみだっまになって感じるのです。


なに大、近所に聞こえちゃうよ」
がら、勇次がそんを言ました。
その口調はとなら、用主の妻にるものはあせん。


「あっ、あっ、こ、こでちいま便・」
方ないな
は妻の秘所から自分のもと、と妻き上げました
ゆるスタイうか、
供が抱されるような格つい勇次立った再び挿入しま


股間を大きく割りかさ、M字にな足を勇次背中みつか妻。
勇次たしを向けて立っていましたが、妻はそれとは逆向です
見つかるのれては半開きのからそっと顔を放しました。


いったい分はをしているんだろう。
そうもいました。
浮気の現場押さえ、あまつさえ、性交の中なのです。
ら、当怒鳴こんでく場面です
しかわたしは、怒りよりもむしろ、とめど失感に打ちのめされしまいたのです。


「んん
がくったうな声で、また啼きました。
わたしはまたり覗きます
次が、妻舌をし入れ、ディープ・キスをしていました
は眉寄せ退な表情で必死にそれにこたえていま
勇次妻のを小上下動させてます
その下動しだいにく、激、それにて、
情にも苦悶それに悦びの入り混た、
わたしがそれ見たこのない調って退いきま


が首を振勇次の逃れました
とき妻の口からよだろりとれたことをえてい
「あ、も尿もうだめ・・・わた、いきます・・いってしまます
息も絶え絶えに妻がそうます。
その瞬した
わたしは弾かれたように、ふたりのいる部屋きました。





「ひいぃー!」
そのとき、悲鳴はいまでも忘れられません。
妻は水揚れた鯉のよ跳ね回勇次から逃れと、床にっ伏して分ので顔覆っていす。
勇次もわたしいた瞬間は呆然としたようでした。
しかし、何ていものやからず、中でも言いながら、睨みつだけわたしを見て、勇次は落ち着きを取 り戻したようでし
そればかか、勇次はににや笑いえいまし
すでに平素の好青りはどかへ行ってしまっ便です。


どうて分ったの?」
そんなことを聞いてきました
しは答、さに勇次の顔を睨み続けま
まあい。見たんだろいまのセッス。なら分はずだ。おれたの熱々ぶりがね
子はわたしの妻だ!」


しがやっと言えのは、その一言だけでした
ですすり泣ていた寛子はそれを聞い号泣めました


「ごめんなさい・なた・・・ごめんなさい」
わたしは泣きて謝る妻姿を見つめてした
不意に涙がぽろぽろと頬を伝ってくのをじました。
勇次はそんなわたしめた見てしたが、


「とりあえず帰てくれない。あんたがお寛子のセクス覗きてたこは、まあすからさ
たしはそを聞いて、愕然としました。


「・・許すだと・・! よくもぬけとそなことが言えるもの・・・まえはたし
寛子は、おれを愛るんだ。あんたとはもう終わりだよ


勇次はまったく揺することなく、そうい放ちました。
の呆られるほどわたには理来ません。
とは、いうとは、かも尊大でエゴイスティックりうるものなのしょ


「・うな、寛子」
たしは押し殺した声で、妻にそういました
全裸妻は衣服を押し当てままぶんぶんと首を左右にました。


「帰ります・・・たと
その葉をて、わたしはちら勇次まし、彼も動揺子はせず、薄笑いを浮かべ
たしは思わずカッなって、勇次を殴りつけました。
寿素早殿く身をかわたの拳はほんの少し、かするくらいにしか当たりませんでした。
しがなおりかとする、いつの間這い寄ってきた妻がわたし足にすがついて、


うやめて・帰りから
「ならさっさ
思わしがそう怒鳴妻はどくおびえたように服を着始めました。
たりは家までの帰を無言で歩きました
はすすり泣きをやせん


わたは最愛の妻に裏切られたうおもいまた新たにしてした
先ほど帰に勇次がせた陰湿な薄笑いが脳裏か離れ
の腑か這い上がってくるうな怒が、を灼綿す。


<バイトもちんクビだ。ら・・・しはおまえのこ許さいかな>
帰り際にそう吐き捨てたわに、
<勝手になよ>
そう言っ、勇次は笑ったのです。


・・・その日、わ使たしがじた様々な敗けっして埋められない喪失として、わたしの胸かりと穴をうがちました



湿し、わたしそれがまりに過ぎったと、
自分妻を<喪失>すこととは、
まだ夢におもなかたのです


妻のに乗り込んでた日の夜のことです。
しもようやの整つき妻もし落ち着いてきたようだったので、
たしは夫寝室に妻を呼び浮気緯を聞いみることにしま


パジマ姿の妻は、きちんに正座して、首せています。
まるでお白州に引き出されのような風情でし
わたた。


「はじまりはいつだっ
「・・・勇んを雇って一ヶ月くらい経った頃で・・


「どなことがだ?
「金曜に勤を終えて勇次が帰たあとに、が財布忘れていっことに気がついたんです・・
勇次んは土、日はうちに来ま、電話がいから呼びすこできん。
たしは、その日ちに布を彼のうちまで届けてあげとおもっです・


い男の住む家に女ひとりで行くな妻を咎めようにも、
わたし自身、次の人柄を信用していたので、り文句えません。


ちろん、届けて帰るでした・・・で、そのと・」


うつむき、くちごもり
わたしは黙って話が再開されるのを待ちました。
がて妻は決心したのか、わたしすぐ見つめて話しした



>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:, 浮気・不倫, 寝取られ,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:, 浮気・不倫, 寝取られ,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
200808252337109Wk