2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

喪失






たしが昔、体験したこを書き込ます
とはまだ誰にもはありません
ことでもありませし・・・。
なると思いますが読ください。



時、わたしちょうど五十歳でし
妻の寛子は一り若、三
晩婚だ子供はひとく、幼稚園に通う娘がいまし 


わたしたち夫婦はエヌ市を開いていした。
しは商品の仕入れ先や、得意様を回るのに忙しく、店うは妻の寛子にまかせっきりになることも多かったのですが、
なにし、まだ幼児の娘を抱なので大変です。
幸い、当時は経状態もわくはなかので、わたしたは相して、バイトを募ことにした。


の募て、りの青年がました 
須田勇次)とう名までいうフリータで、二十をすこし過ぎたらいの若者です。
いまはーとは勇次た目も潔でじもきと喋る快な男でし
は名呼ばれるH大いたけれども、イストレーなるとのために中退し、
いまはアイトをしなら、夜間の専校に通っている。
になっ、彼はわたにそう言いました。


わたしたちはすぐにを気に、雇まし
は、わたしが外に出る月、木、金曜日に店来て、店番やらほか色々務をることになりした。
最初もかもが順調いくようえました
勇次を雇って週間ほど経った頃彼につて寛子に聞いてみと、
「店仕事は熱にする・・愛想いいから商売に向いていみたです
「そう。名門を退してでも夢を追いかけて夜間通ってくらいらな。
今どきの大学生みたいなボボンはちがっ、ちゃんと仕えが出来ているんだろ
すね・・・ああ、そうそう、こか彼、仕事終わって下宿に、
さん、な家の仕事れにできることがあったら言っださい>
なんて言うんです。
ちょう雨戸てつ悪くて困ってのです勇次君て直してもらいました」
「ほう。寛人使いが荒な」
「い・・そんなこと」
よ」
会話をして、夫 笑ったものです。


その訪れのときりもいで、遅くにできたを抱え、わたち家した。



勇次て二ヶ月ど経った頃のとで
その日、妻は外出していて、わたしが店番をしていました
しがいときは、勇は非番です。
近所で電気店を経ている金寿さんが、店に入ってきした
ばらく雑談をしている、彼が急妙なこと
の前の木曜だが、どうしてこの店閉まったんい?
曜・・・何時ごとです


「さ・・何時だたか・昼の二時くいだっ思うがなあ
ょっちをて、この店の前った、店戸が閉まっていのが見えたんだよ。
中を覗てみたけど、誰もいなかったような・・・」


(おしいな・・
ました。
昼のといだ娘を幼稚園時刻なく、店に妻の子と勇次のがいたはです。
どちらかが何かの用事が出来にして、残るとり店番をしていずです。


妻からは何も聞いていません。
金田さは何事もなかったかのよに話題を変ばら調雑談ししたがの頭は先ほどっかことを考続けてました。


の夜、わたしは居間でテレビをながら、台所しく食事の用意をしている妻に、何気なさを装って尋ね
の木の昼に、店の前をりがた金んが、店が閉まってるよったと言ってたんだが・・何かかい
「ああ・・・はい、娘の具がわ幼稚園か連絡があ尿たので、勇次くんに車を出してもって、ふたりで迎えに行ったんで


聞いてないな
したことはなく、結局、病院も行かったので、あなたには・
くことず、そうしました


たしはびき家事をてい妻のろ姿を眺めながと不安広がっていくのていました。
心のでは、妻の言うは本だ、と主張す声が響ていたの、そので、本当だろぼそぼそ異議を申してる声もたのです貿 
結婚してからはじて妻に疑いをった瞬間でした


もし、寛子が嘘いてい、それではそき寛子は何をしていたのか。
一緒た勇次は? 
・いや、んなはい。
妻と勇次年がいすぎる
心の中でが吹れていが、平然とした表情でわは妻をす。


子は、そとな性格と同様、おなしい稿やさい顔をした女です。
かにま雰囲気を残したが、スルはよく、特豊満
年甲斐も婿いと思いなは週妻を抱いていした


いえ、力は野の花のよなもので、誰にでも強うったえかけるものでない
たし惹かるよに、い勇次がの女綿惹かれることい。
わたしはにそう聞かせました。



なある日のことで
妻は調がぐれなそうだので、多になことでしわたし稚園に迎えに行きました。
そのとき、幼稚園生から妙なことをわれたのです。
「昨日は奥はどたのですか


 何のですか
っ・・・あ、い。
普段のお迎えの時刻になっても奥様が来られなかったのです
一時間でおりましたが、娘さんは待れてむになっました」


「・すか・・・あのかぬことをお伺いしすが、この前の木曜に娘具合が悪くなってが迎えにとはありか?」


・・わたの記憶にはあが・・奥様う仰ったんですか?」
え、違いますなんでもありません。すみ


むやに打ち消して、娘れ、家路につきました。
ぼんりといが、はっりと形をとってくるのを感じたし肌が立つ思いした
妻はなく、嘘をいる!
そのこがわたしを苦しめました。


これまで夫婦で苦しいときつらきもた。
店がいまの形でやってけているのも、妻の内助かげと思綿
その妻が・・
でついは何をしてるのか。


しはそれを考えまいとした。
かし考えとしても、脳裏妻と・・そして勇次の姿がいかがわしく歪んだ姿で浮かんでくるのです。
店長!」


声をかけた。
勇次です。
寿娘の姿を偶然見て、駆け、とはわらいました
ま、学校行く中なんす」


う言うと、娘のほうを見て、微笑みした
も勇次にいてます。
戯れ次。
しかたりを見るわしの表情は暗かったことでしょう。


ただ、いまの姿を見ても、彼が妻と浮気しているなどという想像はおよえまた。
むしのよう穏な想像をして貿が恥かしくおえてくるほどははらつて、りのないでした。
「どうした 長。具合でもですか」
何でないよ・・ちょっと疲れただけ


「早てゆっくでくさいよ・さんが待ってるじゃいで
「何を言ってるんい、まった
そのとき、勇次とともにわらいましたが、背中にはびっしりと汗をかいていました。



わたしが幼稚園迎えに行き先生の話から、妻へのたその夜のことです
くちくと刺すようと、発しそうなを抱えなが、わしは妻を問調めることは出来まんでした
喋る気になれず、鬱々とし呂にり、食事をとました。
ともと口数の少い女ですの日はわたしの嫌に気づいてためか、こさらでした。
ろが前になって、妻が突然、


は、らちょってもいいでか」
言いました
明日水曜なで、店番はわたしとる日です。


どう どへ行くのか?
「古いお会おかと・・・
なんとなく歯切れの悪い妻口調
妻を見たしの顔は、強張たようた。
いつ会いにくんじゃないのか・・・


は思わそう叫してしでした。
しかし、胸中のお殺して、
「いいよ稿番はおするかっくりしいで
言いました。
のとき、わたしはとつ決意をしていた。


「幼稚園えのってきま
う行妻が店を出は昼の時をまわった時刻のことでした。
わたしは普と変らない様子で妻を見送の姿が見えなくなる、す店を閉した。
そし、わたしはのあと見られないようにつきました。
はわたしくと言っていた駅前とはまるで違方向へ歩いていきます。
五分ほど歩いた後妻はあぼけたアパトにきまた。
夜、は勇次の婿書を取
彼の現住所メモして置いたのですが、
するもなく、そこ次の住むでした。



しばらく、わたし稿は呆然とそのアパトので立尽くていました。
が、こうしてばかりもられ尿ないとおもい、震え手で前夜つけたメから勇次の部屋番した後、わたしは中へ入りま
胸中不安と絶望、そして怒りでパニック状態でした。
これからもしも浮の現場を押さえたとしてわたしはどう行動すべきだろ
り、・・先は? 
これで妻との生活もわっのだろうか。
家族はどうてしまうのだろうか
わたしそんやした考えでちきれそうだし
緊張壊れそになりながら勇の部屋の前きたわたしは、次の瞬間に凍りつきま
宿す。
れも寝室しかこと喘ぎ声です


、細く、に興がら、妻啼いていました
たし簿次の部ドアに手をました。
鍵はかっていまんでした。
わたしはそろそろと部屋へ忍び込みました
いアパートの殿
居間兼寝室は戸が開き放しした
まし


裸で、四つん這いの格好で、ひそりと中尻をていま
そのに、これもまた全裸勇次がとりつき、腰を激しく妻の尻打ちています。
たしはそれまでAVなど、ほとんたことがなく、
たがって他人の性交を見た経験りませでした
初め西て見た妻と勇次のそれは、衝撃的でた。
の腰が驚尿くほどの勢尻にぶつかるたび、こんこん、と音がします
妻の尿らしくっちりと肉ののた腹ら尻にてが跳ねるように震え、
「あっ・・・・」
妻が啼きす。
次の若く締まってスタミりそうでした。
室内く、ふたりとも肌をかきがら、
しが入ってたのにも気いほど、セック夢中になていした


瞬間のわた持ちって考えるとれは深い哀
ろん最愛の妻を奪わ哀しうなですがそれ以上に自分の老いが哀しった
ま、眼前で繰り広られる妻の痴
それは姿強烈に<若放射していした
勇次とわ親子ほ違います。
て、わたしより一回りも若
どううまく言えせんが、妻クスを覗て、たしが受た哀しみは
老いた自の手の届かない世界に妻が行てしまったことへの哀しみだったうに、いまになて感じるのです。


そんなに大声出したら、近聞こえちゃうよ」
責めなら、勇がそんなこ言いました。
その口調は当然のことながら、雇用主の妻に対するのではりません


「あっ、あっ寿、こ、でます・・」
「仕方ないな」
は妻の秘所便から自分のものをき抜くと軽々妻を抱げまた。
いわゆる駅弁スタイうのでし
供がっこされるような格好で、勇次はったしま


股間を大きくり開かされM字になった足をへ絡みつかせた妻
わたしに背を向けて立ていしたが、妻はそれとは逆向きです。
て、わたし開きの戸からそっと顔を放しまし


いったい自分は何をしている
おもいました。
現場を押さえまつさえ、妻交のです。
なら、当然、怒鳴りこんでいく場面です。
かしわたしは、怒よりもむろ、とめど喪失打ちのめされてしまっていたす。


んんっ
がくぐもっな声で、また啼きた。
わたはまたふたりをそっ覗き見
勇次が、の口簿に舌を差入れ、ィープ・キスをしていました。
妻は眉根を寄、苦うな表情で必えて
が妻の身小刻み上下動させてます。
その上下動がしだいに早く、激しく、それにつて、沿
妻の表情にも苦悶それにり混じった
わたしがそれまで見たことのないっていきます


妻が首振って、勇次の舌を逃れ
そのとき妻の口からだれがとろりと垂ことを覚えています。
あ、ももうだめ・・・わたし、す・・いってしまいます」
絶ええに妻がそう告げま
間でた。
わたしは弾かれうに、ふたりいる部屋へ飛び込んでいきました。





ぃー
とき、妻はいまも忘れません。
妻は水揚げされた鯉のように跳ね回り、勇次かれると、床に自分服で顔を覆ってい宿
勇次わたしにきた瞬間は驚愕し、しばし呆然したした。
、何をっていものやら分からず、中でも言いながら、睨みつけるだけわたし、勇次は湿り戻たようた。
かりか、はにやにや笑えい
に平素青年ぶりはかへってしうです。


どうして分かっの?」
なこを聞いきました。
わたは答ず、次の顔を睨み続け
「まあいい。見たいまおれのセック尿ら分るはだ。おれたちの熱々ぶりがね
「寛子はわたの妻だ!


しがやっと言えた、そだけでした。
です泣いていたれを聞いて号泣し始めました


めんあなた・・・ごめんさい」
わたしは泣き伏して謝るの姿を見つめていました
がぽと頬をいくを感た。
勇次はそんなわたしたちめた目で見いまたが、


とりあ帰ってくれないか。あんたおれと寛子ックを覗き見してたこ、まあ許すからさ」
わたしはそのを聞いて、愕まし


だと・・! よくぬけぬけとそことがのだ・・・おまはわたしの
、おれしてるん。あんたもう終わりだよ


はま動揺することもなく、そ言い放ちまた。
その呆取られるほど傲慢な態度はたしに理解すら出来ません
若さは、若いといことは、かも尊大でエゴステックになりうるものなのでしょうか。


・・どうなんだ、
しは押殺した声、妻にそう問いました。
全裸の衣服を顔に押し当てたまま、んぶんと首を左に振り


「帰り・・あなたと」
の言聞いて、わた退ちらりと勇次を見ましたが、はなも動揺た様子見せず、いを浮かべていました。
わたしは思わカッとな次を殴りつけまた。
身をかわし、わたの拳はほんの少し、かくらいか当たりまんでた。
たしがおも殴りかかろするのを、いつ間にか這寄ってきしの足にすがりつい


やめて・・・すから」
「ならさっさと着替えろ!」
思わずわたしがそると、妻はひびえたよに服を着始めた。
家まで帰り道を無言きました。
妻はすすきをやめません。


たしの妻に裏切られたといもいを、また新たにしいまし
帰りがけに勇次がた見せ湿な笑いが脳裏からません。
胃の腑かい上がっるよう憤怒が、胸いています。


ろんクビ。それから・・・わたしはおまえのこと絶対さないからな
り際にそき捨てたわたに、
<勝手にしよ>
う言て、勇次笑ったのです


・・・そ日、しがじた様な敗北けって埋められない喪失しての胸っか簿と穴うがちました



しか、わたしは、それが始ま過ぎなかったこと
そして寿後、自分が本妻を<喪>することになとは
まだ夢にもっていなたのす。


妻の浮気現場乗り込んでいった日の夜のことす。
しもうやく心整理つき、妻も少し落ち着きたようだっで、
は夫婦の寝室妻を呼び、浮気の経緯を聞いてることにしました。


ャマ姿の妻は、きちんと床に正座して、首をうなだれさいます。
まる白州に引き出た罪人のようした。
わたしは聞き


「はじまりはつだたんだ?」
・・・勇次くを雇っヶ月くらいった頃殿す・・」


「どんなことがあったんだ
「金勤務を終えて勇った、彼が財布を忘れていったことに気がつい・・
んは土、日はちに来ません呼び出すこともでません
わたしは、稿日のうち財布彼のまで届けてあげようとおもったので・・・」


若い男の住む家に女ひとりく無防備を咎めようにも
たし自身の人柄を信用しきってい、あまり文も言えせん。


「もちろん、財届け帰るつもりでした・・でも、のとき・」


妻はうき、ごもりました。
わたしは黙っ話が再開される待ちまた。
がて妻は決心したのか、わたしの顔をめて話ししま



>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:, 浮気・不倫, 寝取られ,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:, 浮気・不倫, 寝取られ,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
200808252337109Wk