2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

妻の性癖




妻の性癖に気付いたのは全くの偶然だった。

チャットを抜けて、コーヒーでも飲もうかと2階から降りようとした時、階段の下に風呂上がりの妻の姿が見えた。

妻は裸にバスタオルを巻いただけの姿で廊下に立っていた。

そこは洗面所を出たところで、家の裏に向いた窓がある。

廊下の電灯は明るく灯っており、そんなところに立っていたら外から見えるのにと思っていると、妻はバスタオルを身体から外した。


妻は、バスタオルで胸を拭き、下腹部を擦った。

それは外から見られるかもしれないとは全く考えてもいない様だった。

さらにお尻を窓に向けて腰を深く曲げ、両足を念入りに拭いた。(そんなポーズをしてたら あそこまで丸見えだぞ)

私は、妙な雰囲気を感じ、階段の手すりに身を潜めて妻の姿を覗いていた。

もう身体には水滴は残っていないのに、妻は執拗に身体を拭き続けていた。

やがて妻は自分の胸を片手で揉み始めた。

窓に向かって立ったまま、乳房を下から持ち上げゆっくりとこねる様に揉みしだく。

「うっ、うん、」ひっそりと妻の口からうめきが洩れた。

ちょっと黒ずんだ乳首が もう尖っている。

妻の顔は風呂上がりだというだけでなく、やけに赤く紅潮している。

妻は、両足を開くと、右手に持ったタオルを背中からお尻の下に回し、股間を拭き始めた。

左手で胸を揉んだまま、身体を捻る様にして右手のタオルを後ろから股間を行き来させる。

妻は顔を横に向けて俯き、髪が顔を半分隠していた。

その髪の下から覗く唇は半開きになり、タオルの動きに合わせて小さくため息が洩れていた。

お尻の割れ目を拭く様に前後に行き来していたタオルが、だんだん微妙な動きになり、やがてパサッとタオルは床に落ちた。

しかし右手は後ろからお尻の割れ目に回されたまま、私の目からは隠れた股間で動き続けていた。

私は、初めて見る、そして異常な妻のオナニー姿に目を奪われたまま いったい妻は何をやってるのか、と混乱した頭で、ただじっと その姿を見続けている事しか出来なかった。


妻の右手は お尻の割れ目に回されたままで、太股が時々ギュッと右手を挟み込む様に動く。

「はあっ、」

妻の口から喘ぎが漏れた。

「もうだめ、我慢できない」

小声でつぶやくと、右手を股間から離した。

股間から現れた妻の右手のひとさし指と中指は ぴったりと合わされており、その指先が電灯の明かりにヌメッと光った。妻が私の方を探るように見た。

私は見つかったかと思ったが、妻は私が見ている事には気付かず、単に2階にいる私の気配を探っただけの様だった。

妻は2階から物音がしないのに安心したらしく、潤んだ瞳を窓の方に向けた。

紅潮した妻のほほがゆっくりと微笑んだ。




「やっぱり見てる。」

独り言の様に小さな声が聞こえた。

「いいわ、もっと見て、」

妻は、再び太股を開くと、右手を今度は前から股間に回した。

妻の右手が動き始めると、廊下にクチュクチュと濡れた音が響いた。

「ちゃんと見えてる?こんなに濡れてるの。」

右手の動きが だんだん激しくなり、音もブチュッ、ブチュッと突き刺さる様な音に変わり始めた。

半開きの唇から抑え切れない

「はあっ、うっ、」という小さな声が続けざまに漏れる。

妻の身体が揺れ、膝がガクガクと震えた。

しかし、妻は腰を窓に向かって突き出す様にしながら右手で股間を、そして左手で乳房を愛撫し続けた。

「ああっ、もう、」

妻の右手がさらに激しく動き出した。

「見て、見て、見て、」

妻の口から小さく、しかし熱に浮かされた様に言葉が漏れた。

左手も股間に伸ばされ、あそこを窓に向かってさらに押し拡げていた。

「うっ、」

妻の手の動きが止まった。

そのまま全身がビクッ、ビクッと震える。

顔が上を向いてのけぞり、声を出さない様に必死で歯を食いしばり、顔が真っ赤に染まっていた。

やがて妻の身体はスローモーションの様にゆっくりと窓に向かって倒れかかり、妻は、左手を窓について身体を支えた。



しばらく その姿勢で息を整えてから、妻は右手を股間から抜いた。

その右手は中指を中心に5本の指をまとめた形になっており、指の根元まで白く泡立った蜜にぬめっているのが見えた。

妻が指を開くと、指の間に糸を引いて蜜が粘り、流れた。

窓に向いた妻のお尻から、内ももを溢れ出した蜜が伝い流れ、膝まで達してた。


妻は窓の外をじっと見ていたが、急に恥ずかしくなったかの様に左手で胸を隠すと、床に落ちたバスタオルを取り上げ、洗面所の奥の浴室に向かった。

シャワーの音が響き始めた。


私は、そこまで見届け、喉がカラカラに渇いていた。

妻は、いったい誰に向かってあられもない姿を見せていたのか。

それとも妻は露出症なのか?

私の全身は汗ばみ、股間のものがコチコチになってズボンを押し上げていた。

--------------------

妻が自宅の廊下で、窓の外に向かって激しいオナニー姿を曝すのを目撃した後、私は自室に戻り またパソコンに向かった。

しかし胸の中に渦巻く疑惑に、画面に映る文字は全く目に入らなかった。

妻は、その後シャワーを浴びた身体にタオルを巻いただけのさっきと同じ姿で2階に上がって来た。

つい今しがたの痴態を私に見られていたとも知らない妻は、パソコンに向かっていた私に「まだ寝ないの?」と期待を込めた目で聞いて来た。

私は、ああ、とか適当に返事をしただけだったが、妻は、私の横に来ると私の股間に手を伸ばして来た。

先ほどの名残で まだ半立ちだった私のものに、妻は「ちょっと大きくなってる。」と うれしそうに言うと、キーボードを打つ私の腕の下に無理矢理頭を入れて来て、私のものを口に含んだ。

妻は、私の太股の上に私の方を向いて頭を横向きに預け、私が見下ろす前で私のものの先端を指でいじりながら舐め始めた。

私は、妻のフェラをじっと見下ろしていたが、妻は目を開いたまま恥ずかしげもなく、フェラに集中していた。

(こんな事は前には無かった。)

私の脳裏にそんな思いが湧き起こった。

妻はフェラがあまり好きでなく、私が頼んでもなかなかしてくれなかった。

たまにしてくれる時でも、私が妻のフェラ顔を見ようとすると、恥ずかしいからと止めてしまうのだった。

ところが今は自分から口に含み、私が見下ろす前でもずっと続けている。

私のものが自分の意志とは関係なく そそり立って来ると、妻は上から私のものを口に含み、上下に顔を動かし始めた。

舌で ぬめぬめと さおを刺激しながら顔を上下させ、同時に左手で根元を握り上下に擦ってくる。

「うっ、」

こいついつの間に こんな上手に、という思いが浮かぶが、私も快感に冷静ではいられなかった。

前かがみになって私のものをしゃぶる妻の背中のタオルが捲くれ上がりお尻が出ていた。

私が右手を妻の背中からお尻の割れ目に這わせると、妻はうれしそうに太股を開いた。

たどり着いた妻の秘部は濡れていた。

「おい、まだ何もしてないのに濡れてるぞ。」

「シャワーのお湯がちゃんと拭けてなかっただけよ。」

しかし、妻の秘所はお湯ではなく、ぬるぬるした蜜で濡れ、中指を入れると中は熱い蜜で ぐちゃぐちゃで、指を柔肉がキュッと締め付けてきた。

「う〜ん、」

指先がほんの少し入っただけで、妻は私のものを口に含んだまま うめき声を上げ、腰を自分から振り始めた。

私の指は自然に奥へと導かれ、指先に こつんと子宮が当たる。

「むっ、ん」

妻の身体がビクンと揺れ、あそこが ぎゅっと指を締め付ける。

妻は、快感に たまらなくなった様に激しく顔を上下させ始めた。

「うっ、」



次にうめくのは私の番だった。

私のものは妻の口内で膨れ上がりかけていた。

私も対抗して妻の秘所に挿し入れた中指で ぐりぐりと内壁を擦り回す。

合間にズンと子宮の入り口を突いてやると、妻は私のものをしゃぶりながら、うん、むん と うめきながら身体を痙攣させた。

「あ〜っ、あ〜っ、だめ、」

妻は堪らずに私のものから口を離した。

「もう指じゃ我慢できない、入れて欲しいの。」

妻は、身体に巻いたタオルを外して全裸になると、私の肩に手を掛け、私の太股を跨いだ。

そのままゆっくりと私のものの上に身体を沈めていく。

ずぶり、という感じで私のものは、妻の秘所に刺さった。

「ああーっ、」

妻の身体がのけぞり、私の目の前で乳房が揺れた。

「あん、いいっ、」

妻は自分から腰を上下させて私のものを味わい始めた。

妻が自分から私の上に乗って来るのも初めての事だった。


妻は目を閉じ、口を半開きにして荒い息を吐きながら腰を上下させた。

私が乳首に舌を伸ばすと、私の頭を両腕で抱え、乳房に押し付けて来た。

「いい、おめ○いいっ、おっぱいもいいっ、」

妻は、早くも半狂乱という感じになって、私の上で悶えまくった。

私は、あまりの妻の乱れ様に自分は醒めていき始めた。

(おかしい、いくらなんでも今までこんな事は)


「いやあ、もっと、もっと、」

妻は激しく腰を上下させながら、いつのまにか自分で両方の乳房を握り締め、指先で乳首をこね回している。


私は ふと思い付いて、妻のお尻に指を伸ばした。

溢れ出す蜜にベトベトになった股間から、妻のアナルを指先で探り出した。

激しく腰を上下させる妻は、私の手がお尻の下に潜り込んだことに気付きもしない。

私は、蜜で濡らした中指をアナルに当てた。

妻が腰を降ろした瞬間、指は第2関節まで埋まった。

「ヒーツ、」ひときわ高く叫びを上げて、妻は背中を反らせた。

私のものと指とをぎゅっと締め付け、妻の身体は一瞬止まった。

しかし妻は さらに激しく腰を上下させ出した。

私の指は自然に根元まで埋まっていった。

「ああ、いいっ、後ろもいいっ、」

妻は私の身体に抱きつきながら、腰を上下に、そして前後に動かし、私のものと指とをさらに深く味わおうとしていた。

指が薄い皮一枚を挟んで自分のものと触れるというのも不思議な感覚だった。

妻がアナルに指を入れさせるのも これが初めてだった。(今までアナルは絶対イヤと言っていたのに)

私は、妻の動きに合わせ、指をズン、ズンとアナルに送り込んだ。

「ああ〜、だめ〜っ、2人でされたら、狂っちゃう〜」

妻の言葉に私は冷水を浴びせ掛けられた思いだった。

しかし妻は自分が何を口走ったか考えられもしないように登りつめていった。

「ああ、いくっ、いっちゃう、来て、一緒に、ああ〜」

妻は私のものと指とを深く咥えこんで、きつく締め付けてきた。

私の意志とは関係なく、硬直しきったものは激しく妻の中で噴射した。

--------------------

妻が他の男と、それも同時に複数の男とやっているらしい。

私には、ある心当たりがあった。


この夏、妻とのSEXの時、2階の寝室の窓を開けたまま楽しんだ事が何度かあった。

その時、妻が声を上げ始めると必ず、裏の家の2階の電気が灯り、窓が開く音が聞こえた。

妻は何も気付いていない様だったが、裏の家の住人が妻と私の営みを聞いているのが判った。

私は その状況を楽しみ、一度は部屋の電気を点けたまま、薄いレースのカーテン越しに妻が騎乗位で腰を上下させる姿を見せつけることまでしていた。


裏の家には男が一人で住んでいた。

私は顔を見たことがある程度で普段の付き合いは全く無かったが、妻は自治会のことや、回覧版を持って行く時などに言葉を交わしている様だった。

--------------------

この夏以来、10数年付き合って来た妻に小さな変化がいくつかあった。

子供を産んで以来、野暮ったい白かベージュの、私が"オバサンパンツ"と馬鹿にするヘソまで隠すダサいパンティしか穿いていなかった妻が、ピンクやブルーの小さなショーツを穿いていることがあった。

ブラジャーも締め付けられるのは嫌いとか言っていたのに、寄せて上げるタイプや、フロントホックのもの、濃いブルーのなどを着ける様になった。


また、私は剃毛するのが好きなのだが、前はイヤがって全部は剃らせてくれなかったのに、今はどうせ剃るなら綺麗にして、と言って陰毛を全部剃り落とすのが普通になった。

前はフェラはあまり好きじゃないと言って、たまに私が頼んでも、おずおずと口に含むだけで すぐに止めてしまったのに、今では自分から進んで口に含み、そして袋を口に入れて中の玉を舌で転がす、などということまでしてくれる様になった。

どこでそんなこと覚えたんだ、と私は聞いたが、妻は笑ってごまかすだけだった。


そしてアナルである。

以前は指で触れるだけで嫌がっていた妻が、根元まで指を入れられてよがり、さらに2人でなどと口走った。



>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:寝取られ, 乱交・複数, 性癖・プレイ,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

AmazonPickup

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様