2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

妻を遊びで寝取らせた事が発端となって...






私も、妻が別の男と寝ることを想像すると、興奮するタイプで、つい、妻に言ってしまいました。
最初は当然、
「そんなことできないわ」
「なんでそういう事言うの?」
「ほんとはアナタに好きな娘でもできたんじゃないの?」
などと言って相手にしませんでした。


しかし、妻とのセックスの回数をワザと多くして、
そのたびに言うと、妻も少しづつその気になってきて、
今がチャンス!とばかりに、メールで募集したり、
情報を収集したりして、ついに会社の後輩で適任者を見つけました。
趣味のラジコンが私と合うため、よく練習場でも会いますし、
人懐っこい性格で、適任と思ったのです。
それに若い方が何度も出来て妻を虜にできると思ったのです。


妻は、35歳。私は43歳。彼は、まだ25歳です。
「熟女は好きか? 例えば俺の女房なんてどうだ?」
と言うと、今彼女がいないので溜まっている。
それに奥さんはすごくきれいです。
などと言うので、私の思いを話しました。
それが約2年くらい前です。



結論から言うと、私の場合は、失敗に終わりました。
彼は、私の思っていたような男ではなく、
私に内緒で友達に妻を貸したり、売春もどきのことをさせていて、
私が気付いたときには、もう手遅れで、
妻は、まるで麻薬中毒者のごとく、
若い精子とペニスを求めてさまようようになりました。
彼から専用の携帯を持たされ、朝だろうが真夜中だろうが、
呼び出されればアソコを濡らして出て行く
精液便所女になってしまったのです。





最初は、会社の後輩、ということで自宅に呼び、
妻と3人で飲んでいました。
そして、私だけ先に寝て、
「いい雰囲気になったら押し倒してもいい」
とその後輩に言っておきました。
しかし、初日は無理で、それから3回目の飲み会で、
後輩が妻に手を出しましたが、妻はなんとか脱出しました。


これはこれで、私としても貞淑な妻を確認でき、
うれしいことでもありましたが、なかなか先へ進めず、
私も後輩も別の手を考えようということになり、
今度は妻をガンガン飲ませて眠らせよう
と言うことになりました。





4回目の飲み会で妻は酔ってしまい、
後輩は帰ったことにして、妻をベッドに連れて行き、
そこで服を脱がせ、無理やり私が始めました。


妻は、弱々しく「止めて、止めて、気分悪いの……」
と言っていましたが、アソコをなでてやると
色っぽい声を出し始めました。
フェラの段階で後輩と交代し後輩のを舐めさせました。
私のだと思って舐めあげる妻を見るのは、かなり興奮しました。
私のモノより数センチは大きく、まだ若い、
そして固いペニスを妻の中へ挿入しました。



彼は、若いのに、なかなかいかず妻を喜ばせていました。
私のほうがガマンしきれず、妻にフェラさせました。
ここで、ペニスが膣と口の2本になったわけですが、
妻はベロベロに酔っ払っていたので、
次の日になれば忘れているだろうと思ったのです。
この日は、久しぶりに私も2回、
後輩は3回も出して、満足でした。



しかし翌日、妻はしっかり覚えていて、
「昨日、なんであんなことしたの?」
と怒った口調でいいました。


かねてからの私の願いだっただろ? と話をすると、
「それじゃあ、本気だったの?」と言います。


私は、お前が身体だけの関係だと割り切れるなら、
そして、シテきたときはちゃんと報告してくれるなら、
他の男とセックスしてきても構わない、
いや、むしろそれを望んでいる。と話しました。
妻は、黙っていました。



その夜、会社から帰って来ると、
妻から、今朝の話……と持ち出されました。


「正直言うと、私も今が女サカリで、あなたのことは好きだけど、
もっと他のセックスを味わってみたい。
絶対あなたのことが好きで、
それは変わらないわ。一生ついていくわ。」
事実上、浮気をするという宣言です。






それから、数日間は何も無かったのですが、
夜に、「あなた・・・・」と言ってきました。


私は、すぐに察し、「うん」と言い、
今後、妻の浮気についてどのようにするかを話し合いました。
私としては、男は別に誰でも構いませんでした。


いや、むしろ不特定多数の男と
淫らに交わる姿が見たかったのですが、
妻は、やはり名前も知らない男性は怖いと言います。
そこで、前回、シテしまった後輩との関係を深めて行くことにしました。



妻に後輩の電話番号を教えました。
後輩へは、妻とヤッた翌日に感想を聞いています。
「めっちゃ興奮して、感動しました。またヤラせてください!」
こんな風に言ってましたので、
妻から誘えば間違いなくホテルに行くだろうと思ったのです。


妻に、○月○日(土)にデートに誘え。
その日は外泊しても構わん。
しかし、次の日は夕方までに自宅へ戻れ。
そして私に体を見せて、全てを報告してくれ。
と言いました。妻は了承し後輩に電話をしました。



私は、土曜の晩、妻が帰る予定の日曜日の夕方5時まで
一人で自宅にこもり、妻が淫らに夫以外の男のチンポを咥え、
マンコに入れられ、泣き喜ぶことを想像するのです。


考えただけで気が狂いそうになります。
何回、後輩はするのだろう、土曜の晩だけじゃないかも。
日曜の朝から、ヤッて帰る1時間前まで抱き合っているかもしれない。
そう考えるだけで、勃起が収まりませんでした。



試しに土曜日の昼、わざと後輩に仕事が
終わったらラジコンを見にいかないか?
と誘ってみました。パチンコで勝ったから
タイヤを買ってやるよ。という具合に。


今までなら、ラジコンを一緒に見に行こうと
行って断られたことは数回しかありません。
ましてタイヤを買ってやろう、
というのに断られたことは1回もありませんでした。
しかし─────


「いやぁ、すんません。ちょっと用事がありまして」
そう見事に断られたのです。



その返事を聞いた瞬間に胸は張り裂けそうに
バクバクと音を立てて波うち、ペニスは膨張しました。


退社になっても、帰りの電車に乗っても、
頭の中は妻と後輩のことばかりです。
ああ、今頃、二人で腕組んで歩いているのか。
と思うと、一人で寂しく家路につく、
自分のミジメさに酔いしれます。


今頃、ホテルで美味しい料理を食ってるのかな。
と思うと、わざと外食はせず、コンビニの弁当を買って
一人で寂しく食おうと思いました。


10時か、もう、ホテルに入ったころだ。
キスしながらシャワーを浴びているか。
それともラウンジに出てワインでも飲んでいるか、
カウンターに座り、妻は後輩にもたれかかっているのか
……と思うともうガマンできず、
全裸になり自分の逸物を擦り始めていました。



 
一発、ミジメな寝取られ初の自慰で果てたところで、
シャワーを浴びて気持ちを落ち着かせようと思いましたが、
相変わらず、テレビを見てもビールを飲んでも妻と後輩の事ばかりです。
いてもたってもいられず、妻の携帯にメールを入れました。
「今何してるんだ?」と。
妻からは、20分くらいして返事が返ってきました。


「9時ごろチェックインして、
キスして、ラウンジに行ってさっき帰ってきたとこ」


「今は? 今はなにを?」


すぐさまメールを打ちました。今度はすぐに返事が来ました。


「今は二人でテレビみながらお酒を飲んでます。
あなた、ごはんは? お風呂は?」


肝心なことはなかなか話してくれず、
妄想が膨らむばかりです。


「もう、1回くらいしたのか?」
と入れると、数分して返事が帰って来ました。


「うん」


私は、頭に血が上りカーーッ!となりました。
もう40を超えたというのに、
ペニスが再び大きくなってきています。
興奮しすぎて、妻のタンスから
妻のパンティとブラを取り出しました。


ブラを全裸の私の胸に巻きつけ、
パンティをペニスに巻きつけで再び自慰にふけりました。
妻のスカートを出して顔をうずめ、
四つんばいになり変態チックにオナニーに励みました。



また、妻に
「今は?何をしてるの?」とメールを入れました。
返事が帰って来ませんでした。


再び「今は? もう寝た?」とメールを打ちました。
メールが帰って来ました。


「今、二人とも裸でベッドの中。
さっきまで彼が、オマンコを舐めてくれてたわ。
返事しないと、あなたのメールがうるさいから返事してやれって。
明日の朝、メールするね。おやすみ」


私は、ガマンしきれず、妻のブラを体に巻きつけ、
妻のパンティでシゴき、妻のスカートの上に発射してしまいました。





それから、私は、しばらく朦朧とし、
30分くらいしたあと、またメールを打ちました。
しかし返事は返ってきませんでした。



今頃、妻は……後輩のペニスを頬張っているのか、
ガンガン突かれ、気が狂いそうによだれを垂らしながら。
もしかしたら、ケツの穴も舐められているかもしれない。
いや、舐めさせているかも。
自分の妻が他人のケツの穴を上手そうに
ペロペロと舐めているのか……


様々な妄想が頭をよぎりましたが、
酒が今頃回ってきたのか、私は、妻の下着とスカートに囲まれ、
いつの間にか寝ていました。





次の日は、日曜ということもあり、私は昼過ぎまで寝ていました。
妻から朝の10時ごろ「おはよう!よく眠れた?」
とメールが入っていました。
「今、起きたよ」とメールを打ちましたが、
すぐには返ってきませんでしたので、シャワーを浴びに行ってから、
一人でパンを食べながらテレビを見ていました。



妻の部屋の下着やスカートには
私の精液がついたままでしたが、片付ける気にはなれず、
そのまま散らかったままにしていました。


まだ13時です。
妻が帰ってくるまでは時間があります。
ビデオでも見ようか、パチンコでもしようか、
と考えましたが、何もする気になれません。


頭の中では、常に今頃、妻と後輩が何をしているか、
それだけを考えていました。
ふと、携帯を見ると、メールが入っていました。
さきほどの返事です。



「あなた、おはよう。今日帰るね」でした。


「あなた」と言う文字が自尊心を崩し、
寝取られ男に落ちた自分を自覚させ、
また自分のペニスを握り、新しく、
妻のスカートを出して、ペニスに巻きつけ擦りはじめました。


ああ、妻が、他の男のペニスを咥えている。
妻が他の男に入れられて喜んでいる!
そう思ったとき、フト、もしかして、中出し・・・・・?


まさか、これは無いと思いますが、万が一、
中で出されたりしていると、私は、私は・・・・・。
そう思うと狂ってしまわんばかりでした。


あっという間に今日1回目の射精を
妻のスカートに出してしまいました。





ようやく夕方になり、それまでに私は
全裸で2回妻の下着やスカート、
果ては、ブラウスにまでペニスを巻きつけ、
狂った猿のように自慰をしていました。
妻の物を自分の体に巻きつけておくことで、
妻を感じていたかったのです。


疲れていたのか、そのまま眠ってしまっていました。
玄関のチャイムが鳴ったとも知らずに。


妻は帰ってきていました。
しかし、私が出迎えに来なかったため、
留守にしていると思った妻は、後輩を中へ上げていました。
私が全裸でオナニーして妻の衣服の上で寝ていると言うのに・・・・。


「あっ!」と妻と後輩が、驚きの声を上げました。
私はその声で起きました。
目が合いました……
全裸で妻の衣類に囲まれている、
ミジメな姿の私と私の、私の妻の肩を抱いている後輩と。
一瞬世界が凍りました。
3人とも無言です。



後輩が、「あ、あ、あ……か、帰るね」
と妻に言い、帰っていきました。
私は、急いで、パンツだけ履き、
散らかした妻の衣類を部屋の隅に置きました。
妻は、なんと言ってあげて良いかわからず、
下を向いたままでした。
私もなんと言い訳してよいか……



上から浴衣(?)を羽織り、
妻の居る部屋へ行き、「おかえり」と言いました。


妻は「ただいま……」と小さな声で返事をして、
台所へ行きコーヒーを沸かしてくれました。
二人でテーブルに座り、コーヒーを飲んでいるとちょっと落ち着きました。


「あ、あなた、ごめんなさい」
と妻が切り出しました。


「い、いや、こっちこそ。ごめん」
と言いましたが、話が続きません。



>>次のページへ続く


 

 

関連記事

 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:, 寝取らせ・スワッピング,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:, 寝取らせ・スワッピング,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20081226213450jtY