2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

妻の喫煙






問いたば簡単に済む、自分が躊躇した瞬間か妻に対
る疑いの形に変わ行った。疑い解決する方法は色るの
もしれない、を見けた時に妻に問い詰婿る方、或いは吸
ている現場える方。いれにも、妻ガラム吸っ
いた事は階での中には妻の素に興味が移
ていたせん


妻は女の期に一度、勤めていを退職したが、長男が生
まれてかしする、前の上司のめも派遣社員の形で、
婿に勤めて


その会社、そこそ名の知られた観会社である、二度目の時は
経験も評価さ、添乗の仕事もある事を妻は私に納ていた。
来家閉じこもっていのが、似合うタ性ではと思
いた、妻の仕に口気はなかた。


行動を起すでもなく、数日が過たある日、仕事も速わった
同僚の誘いも断り、妻西る会社近くた。


が知たいといの気持ちは、気づいた時には探の真
をさせていま。町の目通りた妻の会社は道通り
多く人並みの影から様子伺うにはさほどの苦労無かっ


後6頃現場に着いは、1分位でしょうかりで
道路の反ある妻の会社の出入り口に神経を集している
然聞きれた性の声で、私出入り口便から目離すことにった
の女性は、妻の会の同僚の佐藤さんでた。


んと待ち合わせですか?」


突然話にえを用意していない私は多少狼狽してことで
しょうが、仕事の上帳を合わ話する容易でした。


「たまた近くに居て、仕が速く終わっので女かしてうかと思っ
大分待ったんで?」
「そんも無いですよ便今来たばかです。
「そうなん、ですれば良かったのに、奥さんもう帰りましたよ
うなんで。」
「今 私と別れたばかりでよ、そこの喫茶店で。」


新婚当時、妻がま員のは何方6時ごろに会社に迎え
に行きデートをした記憶があった私は、観念の動を起こ
していた。


「あの頃うんですよ、奥さん派遣んだか残業はあまいのよ。」
「そんだ昔の癖が抜て。
で、ご馳走様。」
今追、駅でいつくかも?」
んです、別急にいつたこで。」


落胆を感じながら私は好期恵まれたようになっ
会話を続


「佐藤からどうするんですか?、も帰るすか。」
に用もないし西、帰るところ。
「この前飲んだの何時でしけ?」
大分前よ、2月位前かな?、井君の結婚以来だから。」


ち夫婦お互いの会社同僚や部下の結婚二次は、
夫婦招待を受けることがく、その時で参加し、三
と佐藤さんや他に意気投合した数名方まんだ
憶が蘇った。


あの凄かたね?」
「奥さん凄く酔ってたみたいだったしには記憶いと言ってましたよ
「凄かたね不満でもあるのかな?」


を見は、本素行探るべく佐藤さんり出
た。


「もし良ったらちょの辺で飲まない?」
「二人?、んに怒られない?」


らい、この女房のお詫びもかねて
れじゃ、ちっとけ。



はい妻帯者でり、あ人目つく所で飲むのは、お互い
事の関係ら顔見知り多い事もあ、暗黙了解で、人をは
かる様に落ち場所を探てい


「佐藤さん落ち着ける場所知らい?」
こはどうかな、さんに前に連れてきて貰った所。


佐藤さ足早にを進。妻ら10の所に
トル程さな店が並ぶ飲み奥まった所に、
その店はあった。


店の名前は。 入り口使は一程の一枚板のガがは
め込んであり、少し色は付いているものの中の様子が見
なっいた。店の中は、喫茶店クとも言いがたい雰囲
気で、マスーの趣味いたるられた店という感じで
私に、その趣味の一の無さ理解の域を超えるものがあったが
に着くに落ち着くとろが不思議った


とりあずビールであまり意味の無い乾杯から始結婚
殿盛り上がり間位して酔も回た頃。私はお
ろに房の素行調った。


「佐さんタバコ吸う?」
吸ってもい?」
「かいよ、どうぞ
奥さん旦那さんの前ないから慮してたんだ


の喫煙は裏づけが取れた。か探偵にしては上
であろう結に、瞬満足しいたが。この後続く言葉に
の心は更なに対る疑深まっいっ


そういば、房はガム吸っ便よね?」
でもねって私は好きじのよ、ガム。」


めん、最まで俺もガラム吸ってた。


私こそごめんなさいバコっ言うって
人が嫌いった正解かな。


「誰?」


「ご人もってるから、いい難いな綿。」
「別喋らから。」


「○○商店の栗本専務さん」
「栗本なら私も知って。」


栗本専言うのは町での水産会社の務で 、私も
営業でか会社訪問て面はあった。


どうしなの?」


さん、自分の好みを見ると見境無いのよねもし
ばらけど、奥さ帰してからバトンタッチ。


「そん凄い?」


いの、その宿き私あのタバコ勧めれたんけど、それで
なったのな、あタバコ。


「女房も彼薦め吸うようになったのかな?」


「ご主人ゃないとすれば多分そでしょうね、奥さんもともと
だったから。


会社復てからですもん店も教えてもらっ
らしいですよ。」


んな話をしてい、夜も時をとくに、どちら
らとも無日はおひらきとなり、割り勘と主張する彼女を制止し、
私はの出て来つ間、枚ガ
う側に見えな何かを探しているうでた。


後の私は、仕事も極力速め切り上げるよにし。かといっ
て家に早く帰るでもなく、探偵の続をしていたの


毎日はできませんが、きる限妻のり、
退社後の行動を掴もうと躍起で
なると喫煙湿は問題ではなくなていました
妻が、もしや浮をしいるではなちは一に飛
ていま婿だかそのものとなに押し迫
るのに、の時間はかかりませでした。


男が生まれた頃から、に対してほど
たのは実でしょう。それのほうにも言えるとだ



です、あタバコ一件以来妻の言部に渡っ
察集中るようにっていました。今まで何気なく聞きしていた、
言葉が気なってうがありませした。妻の行動気に殿なり
めて、1月程経ったそれはやってました。



あなた、今の日めない?」
「家の仕事か?」


「ん〜ん、私日帰りの添乗のから子供いてしいの。
無理か?」


とかしてる。


はとっさに返事ていました。私の仕事は、日曜
かきいきのような事ですが、月に1度位は、土日の
トで回っきます。


の日帰り添乗というは、輩にシフトを代してもらい、
を取ることが出来。そこで私はえ行動に出た。家に
私は、妻に予定の日休めない伝え


「昨日ど、日り無。」
「そうお母さんに頼んでみる。」


「すまな。ろでこにんだ。
「山形の方よ!」


と、何時か寿?」
いつはしない私の質問に、妻少し怪訝そうに答えまた。


取引先の役達と、社員旅行の下
れ以上の質問避するうには続けた。


時頃出て、夕でには戻れると思よ。
私もこれ以上の質は、墓穴を掘いと判断し気をつけ
行っる様と会話を止めた


の朝私は、いもの時間に家て、会社の最寄り駅の駅
衆トイの影ら妻の到着
この時点では、ま尿行調査は脱していないが、8時45分
頃着いきてからはただの挙動不の男なっ
ていた。


帰り添乗は行っても妻は軽装で荷物も手提げのバック1
。駅から真っ直ぐに歩き、2目信号を渡っ左に曲がって
00メートルほど行ったところに会社があ


時計を見て歩き出した妻は、会社の方き出したが、目の
を左に曲 、目りの一本手前の道路に入っのでした
その一方通行で、角から私が除く50メートル程こうしょ
か、台のグ車がこいて止ており
妻はそのした。


その車はおそら秒後には、私の居るこの交差点を通ていく
ろう、そう思とき、重圧しつぶさそうりながら、
車内の構を瞬時に想像ていました。得意先の、それ
に妻同行で車のら多くて名位、まさか二人だけとい
ことは無いようにと願う自分も居まし


えているちに、耳に車のエンジン音が聞こえの車ピー
ド落とし左折してきまそのき車の中には、が助
一人は誰も居ず、運転席は私の心のどこかで、
うはあってい人間のがありまし
そうで、やっぱす。左折しよう減速した車の助手席
、妻が前髪で顔を隠すような仕草して俯いていまた。自分の顔
を他人れたないに他らない。瞬私は
覚えした、何故かは分かせんが次の瞬間冷やと同時に
歩道の上にしゃがみ込でいまし


の日曜を境に、私はり確信に迫ろとすのでなく、逆に妻
自分から遠けるになって行ったのです。



折、通る人たちの冷たい視ながも、ばらくの間動け
いたは、体の自由が戻と朝近くの駐車場に止めてった
で着くと、鉛のような重さを感じる体を、げ出すよ運転席
に着いた。


らくそままの状が続き、そ本のタを吸った
うかた箱にはもう一本もっていなかっ
車場を出た私はコ屋に車を止と、店先の
販売機には目店の中に入りあのタコを注文
つりを受取ると寿手から毀れる小銭の感覚に気はし
しゃがみ込んで拾い上げる気力も私は其のまま車へ向かった。
からコ屋の店員の止める声たが返るこ
なく車に込み走らせていた


コ屋を出てからあろうか、私の車波堤の
に移いた。最初私は思考のないマのように海
もし見つめてけでたがつに
時間前のあの光景りましたが、思考回路に令を与え
ても、考え整理がつきません


そんな時、車の後ろのほうから子供の声ような気が
ームミラーでそのの主調ラーらそ婿
た、年のころは4才位ろうか、助輪の付いた自転車死にこ
いでいた。 その子がミの反対側に消えるころ、その子両親
らしき二人れが、満面の笑みを浮かべその子に視を送っている
姿が、入って次の瞬間私の目からは涙が溢れいた。
こともく、両頬に一本の線として流れているだけでした。


あたりは、日も間は6時まわっまし、時間をつぶし
夜遅い時間に家に帰るにもれず、ミラー身支度を確認し
へ帰りまた。


玄関を開けると、何時もより早い私の宅にいたのは儀母でした


「パパ帰りなったすね。」
良かったので、早めらせて貰いまた。
麻美(妻はお風呂すか?」
「そがまだなの帰りのが込んでいるらしくて話がりました。」


それを聞いは、初めて計りれない怒た。
では今日の日帰りの添乗の仕便はないという前提の基に、
理由を想像すのは容易いでした


です、お風先にいたきま
飯は
「済。」


そうリビにも寄ら所へ向かまし
風呂場からは、子はしゃぐ声こえます、いで
いだ私は、明るいを作り浴室のアをけまた。


パだ!」


供たは、不意の訪問者を諸手をて歓迎しれました。
ば、たちに入るこなど暫く無かた様がしました
に浸かた私の膝に子供うように掛け簿その
私は間のの意味を知りした。た涙が溢出てましたが
今度は嗚を伴いえるが出来ん。 それ見たか私
遣い、す。


「パパ、私今日ねパよりもっと悲しとがあっ
よ・・・・・・パパないで。


はそ以上のことんでした、ただ二人の子供
きしめる事出来せん呂場の間、
咽を堪えるの声、親の悲みを自分の悲しみのように泣きじゃ
る幼い、それられるよ指を咥えなが泣く幼す
子の声が響き渡いました。






子供かしつけて、寝室に入たの0時ご調しょ
妻はだ帰って来ませんでし多少静さを取戻した私は、
ったガラムを1本取り出宿した沿机の上の灰皿を
に腰掛けて、タバコを深最近吸いなれないその味
むせに消してしまいました。


独特の香り立ち込め部屋に一人でいた私は、部を物
(ぶっし始めていした。何めにのか何を
すの解らままその行
かし妻が帰ってくるか簿解らない、作業慎重行われて
ました。


階段の物音に稿き耳をたて物の移動は最小限にローセッ
ベッドのり棚考えられる場所てに作業は行き渡った。だが
1時間程の、私猜疑心満足せるも見つ
らなかった。心臓の高鳴りと、悶々とする気持ちせる為
ベッドになって暫くすと、誰を上がってる足音がし
まし妻であろうその部屋いった



>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:復讐  |  タグ:, 浮気・不倫,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:復讐  |  タグ:, 浮気・不倫,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20090208234325