2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

妻の喫煙






問いだせ簡単に済む問題も、自分が躊間から妻に対
る疑い形に変わた。疑い解決する方法は有る
しれない、を見つけ時に妻問い方法、或い吸っ
現場を押える方法。いずれにてもがガラムを吸って
た事は明でありこの段階で私の中には妻の素行に興味が移
ていのかも知れません。


長女出産を度、勤めていた会社を退職たが、長男が生
と、前の上司の薦めもあり派遣社員の形で、
会社にていた。


その会社は、そこそこ名のられ社である、二目の時は
験も評価さ、添乗の仕事もる事は私に得させていた。
来家じこもっていのが、似合うイプの女と思っ
ていた私仕事を挟む気はなか


起こすでもく、数日がぎたある日、事も速めわっ
は同僚のも断り、妻の勤会社近くに私は足を進めていた


の素行知りたいいう私の気持ちは、気づた時には探偵の真
似事をさせていました。の目貫通りにした妻のは人道通
も多人並みの影ら様子伺うほどの苦労は


6時場にいた私は、5分位でしょう探偵気取り
反対側会社の出入り口に神経を集中西てい
突然聞の声で、私は出入りら目すことになった。
その女、妻同僚の佐んでした。


「奥んと待ち合か?」


突然の会話に、答を用意していない私少狼ていたことで
うが上帳尻会話するのは容易


たまたま近くに居て、仕事が速く終わっので女房を脅か貿と思て」
「大分待ったんですか?」
「そなでも無いですよ、今来たばす。
なん、でも連絡すればかったのに奥さんりましよ」
そうなんですか。」
「今 私と別れたばかすよ、茶店で


当時、妻が頃は何時夕方時ごに会社に迎え
に行きデートた記憶があっ、固定観念のみを起こ
していた。


の頃とはうんすよ奥さ派遣なんだから残はあまりしのよ。」
「そうんだ昔の癖が抜けなくて。
「お熱いこで、様。」
「今追い綿ば、駅で追いつかも?」
良いんで宿急に思いつたことなんで。」


多少の落胆を感じながらも、は好期に恵まれたような気になって
会話をけた


「佐さんはこれ簿らどうするすか?、るんですか。
特に用事ないしるところ
「この前何時でたっけ?」
大分前よヶ月位前な?、武井君の結婚式次会来だか。」


たち夫婦、お互い僚や部下の結式の二次会
婦で待を受けるこが多く、その時参加し、三
私たち夫婦とさんや他意気投合明けまで飲
憶が蘇った。


「あの時、凄かったね?」
「奥さん凄たいったし、は記憶がな言ってました。」
凄かったね、俺に不満でな?」


頃あいを見た、本題の妻の素を探る藤さんに切り出
した


もしかっら、ちょ辺でまな便?」
「二人?、奥さに怒られない?」


「酒を飲むくらい、の間の女房の詫びもかねて。
「それゃ、姿っとだけ。



いえ、私妻帯でり、あ目につく所で飲むの
仕事の関係から見知もあり、暗の了、人目
ばかる様に落ち着ける場所を探して


「佐藤さん、落着ける場知らない?」
あそこはどうかなさんに連きて貰っ所。」


佐藤さんは足早に歩を進め妻の会社から0分位の、 幅
メートル程路地の両脇さな店がぶ飲み屋街の奥まった所に
の店はあった。


の名前は蔵 入り口アのの一ラス
あり、色は付いてるものの、中の見えるよ
なってい店の中は茶店ともスナックも言いがい雰囲
で、スター趣味がい散りばめられたいう感じで、
は、その味の一貫性のさに理解のものたが
席に着くと変落ちところ思議だった


とりあえずルであまり意味の無い乾杯から始まり、結婚式の二
の話り上がり、一時西間位し酔いも回った頃私はもむ
ろに、女房の素行調査に入った。


佐藤さんタコ吸う?」
「吸ってもいい?」
まわないよ、どうぞ。
ん旦那さんの前わなから、てたんだ」


あっけなくた。か探しては上西
であろう結果に足しいたが。この後続く彼女の言葉に私
の心は更なるる疑惑が深ていった。


そういえば、ム吸ってるよね?」
「でもね直言て私きじゃないのよね、ガラム。」


「ごめん、最まで俺もガてた。」


私こそごさいバコて言うより、れを吸ってるあ
人が嫌いって言ったうが正解。」


「誰なの?」


主人も知ってら、いい難いな。」
「別に喋らないから。」


「○の栗本務さん」
「栗ならる。


本専務言うのは、私たちのでは堅の水産会の専務で、私も
業で何度か会を訪問していて面識はあ


「どて嫌?」


栗本さ分の好みの女性を見る見境が無いのよね。私も
く、しつこくされけど、奥さんがてからバトンタチ。」


「そんなに凄い?」


「凄いのそのときのタバコ勧められたんだけど、それ
いになったのかあのタバ


「女房も彼薦められて、吸うようにった?」


「ご主人じゃないとすれ、多分そうでしょうんもともと
ない人だったか


会社復帰してらですもんね。ここの店も栗本さに教えもらっ
たらしいすよ。」


そんな会話る内夜も10をとっくに過ぎ、ちらか
も無く今らきとなり、割と主張する彼女を制止し
計を済ませた店の外で彼女の出来るのを待つ間、枚ガラ
向こう側に見えかを探しているよた。


の後私は、仕事も極力速めに切り上げるようにした。かいっ
家にく帰るわけでもなく、偵の続きをしてたのす。


毎日はで、で会社入り口を見張り、妻
の退社動を掴もうと躍でした
頃になと、喫の有無は問題ではななってした。
妻がしや浮気をいるのではないか、私の気は一気に飛躍
していました。だそれが現ものとなっし迫って
るのに、さほどの時間はかかりませんで


長男が生れた頃、私貿に対て新婚当時どの味を示さ
かったのは事実でしょう。貿妻のほにも言えとだと
います


ですが、のタコの一件以、私は妻言動の細部に渡って
中するようになっていました。今まで何気なく聞流してい
言葉が気てしょりませんでし。妻なり
始め、1月程経った頃でしうか。は突然やってました。



「あなた、今度日曜休め?」
家の仕事?」


「ん〜ん私日帰りの添乗の仕事たか供見ていてほしいの
理かな?」


とかしみる


私はとに承諾近い退返事をしていました。私は、
どきのような仕事ですが、月1度位は、土休みがシ
フトできます。


り添乗という日は、後輩にシフトを交てもらい、休
ることが出来たで私考え行出ました帰った
は、妻定の日ないを伝えました。


「昨日の話だけど日曜はやっ理だ、ごめん。」
「そう、お母さん頼んでみる。」


「すないな。とこ稿でどに行くんだ
「山方よ!」


「誰と、何時か?」
いつもはない私の質問は少し怪した


引先の役員さん達と社員行の下見。」
れ以上の質問を回うに、妻は続けた


「9時頃社を出方までにれると思うよ。」
私もこ以上の質問は、墓穴を掘りかねないと判断、気をつけて
って来ると会話を止めた


当日の朝私はつもの時間に出て妻の会社の最寄り駅の駅の
衆トイレのから到着を待った
の時では、また素行調脱していな、8時4
着いた電車から妻が降りてきてただの挙の男にな
ていた。


帰り添乗とは行っても妻は軽装で荷も手提のバッ
だけ。駅からぐ南に歩き、2信号渡って左に曲がっ
200ートルほど行ったころに妻の会社がある


時計き出した、会社の方向へき出したが、
号を左に曲がり通り一本手前の道に入っした。
その道路は方通行でから私が除く5メートル程向こうでしょ
、一台のグーの高級国産車こちらをいてっており、
はその車に乗りました。


その車はおそらくは、私の居るこの交差点通過して
だろう、そう思ったとき重圧に押しつぶされながら
内の成をに想像してした。得意先の役員が
が同で車の大きさからも5名位まさか二人だけとい
とは無いようと願う自分もた。


考えているうちに、耳に車のエンジて、その車はス沿
ド落とし左折し行きまた。のとき車の中にはが助手席に
一人、後部座席には誰居ら席には私の心どこかで
はあってほしくない人間の顔があまし
うです本です。折しよた車席で
、妻がを隠よう草して俯自分の顔
を他人にいとい動に他ならない。一瞬私は吐き
を覚えまし何故かりま次の瞬間、冷や同時に
歩道上にしゃがみ込いました


その日を境私はよ信に迫ろうとするのでは、逆に
を自分から遠ざけるにて行った



折、通る人たちの冷い視線をながらも、ばら間動け
ずにいは、体の自由が戻と朝近くの駐めてあった
まで着くと、鉛のようさを感じる体、投げ出すうに運転席
に着


しばらくそのまのが続き間に何本バコを吸った
であろうかてい箱にはもうてい
車場を出た私は、ぐ隣のタバコ屋の前に車を止め、店
販売にはず、の中に入り姿コを注文していた。
りを受け取るとき、手から毀れる小感覚に気づきはたが
しゃがみんで拾い上げもない私はまま車へ向かった。
後ろからタバコ屋の店員の呼び止声がしが、振り返
車に乗りみ走せてた。


屋を出てか何分経ったでろうか、の車は港の防波堤の
移動した。初私は思考のないネキンのうに海の方
動きもしないでるだけでしたが、間が経につ
数時間前のあの光景が脳に蘇りましたが考回
ても、考の整理つきま


の後ろのほうから供の声が聞たような気がして
ームミラー声の主を探したミラーの端か主は現
た、年のころはろうか輪のた自転車を
いでい その子反対側に消えろ、そ子の両親
しき二人、満べその子に視線をっている
姿が、目に入って、次私の目か涙が溢れていた。
嗚咽るこもなくに一て流いるだけでし


たりは、日もかげり間は6時をまわってました、時間をつぶ
て夜遅い間に家に帰る気にもなれず簿、ミラー身支度を確
へ帰ました。


玄関を開けると時もり早に気づいのは儀した


「パパお帰りな、早かんですね。」
「仕事の切も良かっ早めに帰らて貰ました
「麻美(妻)はお風呂ですか?
それだなの帰りの道路込んいるらしくて、電話があました。


それ聞いた私は、初めて計り知れい怒りをえまし。私の中
では、今日妻は日帰の添仕事ではないとい前提のに、
遅れるを想像するのは容易い事で


「そうです、お風先にいただき
「パパご飯は?
「済ませしたから。


そういい残、リビにも寄らず脱衣所へかいました
場からは、子供ちの綿しゃ声が聞こえます、服を急い
いだ私は勤め明る顔を浴室のドアを開けました。


パパ!」


たちは、不意の訪問者を諸手を上て歓迎してくれました
ば、子供たちと風呂に入ることく無かった様な気がしました
かった私膝に子ちが争うよに腰掛けます、の時
私は間の涙りました。 またが溢て来が、
度は嗚抑えることが出来ません それを見た長女
気遣い、一生懸命話しかけて来ま


「パパ、私ね、今日ね、パパよりもっと悲しいことがった
よ・・・・・パパ泣かない。」


の耳以上のここえせんでした、た二人の子供
強く抱きしめるしか出来せんで呂場には暫くの間
咽を堪える寿、父の悲みを分の悲しように
くる幼い娘、それに釣られるように指を咥えながり泣く幼
ぎる息子声が響き渡ていました






子供達をかし、寝に入ったのは2時ごろだたでし
まだ帰って来ませんでした、多冷静さを取り戻した私は、昼
ったガラムを1り出火をつけた。の上の灰皿
ちベッド腰掛けて、タバコをく吸うとなれなその
にむせ返りすぐ消ししまいました


独特の香り屋に一人でいは、屋の中を物色
(ぶしょく)し始めていま。何のためにそうするの何を
探すのからないまそのは続けられた。
かし何時妻が帰くるか解らない、作業は慎重に行われてゆき
まし


段の物に聞き耳をた移動は最小限にし、クローセット
やベッド飾り、考られる場全てに作業は行き渡った。だが、
1時間程の苦労ず、私の疑心を満足させるものは何もつか
らなった。心臓の高鳴と、悶を落ち着かせる為
ベッドに横になって暫くすると誰か階段を上がてくる足がし
した。多分妻あろうそのは、子供進んでいった。



>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:復讐  |  タグ:, 浮気・不倫,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:復讐  |  タグ:, 浮気・不倫,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20090208234325