2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg
 
 

 
 
 
 

妻の喫煙






問いただせば簡単に済む問題も、自分が躊躇した瞬間から妻に対す
る疑いの形に変わって行った。疑いを解決する方法は色々有るのか
もしれない、灰皿を見つけた時に妻に問い詰める方法、或いは吸っ
ている現場を押さえる方法。いずれにしても、妻がガラムを吸って
いた事は明白であり、この段階で私の中には妻の素行に興味が移っ
ていたのかも知れません。


妻は長女の出産を期に一度、勤めていた会社を退職したが、長男が生
まれてから少しすると、前の上司の薦めもあり派遣社員の形で、
また同じ会社に勤めていた。


その会社は、そこそこ名の知られた観光会社である、二度目の時は
経験も評価され、添乗の仕事もある事を妻は私に納得させていた。
元来家に閉じこもっているのが、似合うタイプの女性ではないと思っ
ていた私は、妻の仕事に口を挟む気はなかった。


行動を起こすでもなく、数日が過ぎたある日、仕事も速めに終わった
私は同僚の誘いも断り、妻の勤める会社の近くに私は足を進めていた。


妻の素行が知りたいという私の気持ちは、気づいた時には探偵の真
似事をさせていました。町の目貫通りに面した妻の会社は人道通り
も多く、人並みの影から様子を伺うにはさほどの苦労は無かった。


午後6時頃現場に着いた私は、15分位でしょうか、探偵気取りで
道路の反対側にある妻の会社の出入り口に神経を集中していると、
突然聞きなれた女性の声で、私は出入り口から目を離すことになった。
その女性は、妻の会社の同僚の佐藤さんでした。


「奥さんと待ち合わせですか?」


突然の会話に、答えを用意していない私は多少狼狽していたことで
しょうが、仕事の関係上帳尻を合わせて会話するのは容易でした。


「たまたま近くに居て、仕事が速く終わったので女房を脅かしてみようかと思って」
「大分待ったんですか?」
「そんなでも無いですよ、今来たばかりです。」
「そうなんだ、でも連絡すれば良かったのに、奥さんもう帰りましたよ」
「そうなんですか。」
「今 私と別れたばかりですよ、そこの喫茶店で。」


新婚当時、妻がまだ正社員の頃は何時も夕方6時ごろに会社に迎え
に行きデートをした記憶があった私は、固定観念のみで行動を起こ
していた。


「あの頃とは違うんですよ、奥さん派遣なんだから残業はあまりしないのよ。」
「そうなんだ、昔の癖が抜けなくて。」
「お熱いことで、ご馳走様。」
「今追いかければ、駅で追いつくかも?」
「良いんです、別に急に思いついたことなんで。」


多少の落胆を感じながらも、私は好期に恵まれたような気になって
会話を続けた。


「佐藤さんはこれからどうするんですか?、もう帰るんですか。」
「特に用事もないし、帰るところ。」
「この前飲んだの何時でしたっけ?」
「大分前よ、2ヶ月位前かな?、武井君の結婚式の2次会以来だから。」


私たち夫婦は、お互いの会社の同僚や部下の結婚式の二次会には、
夫婦で招待を受けることが多く、その時も夫婦で参加し、三次会を
私たち夫婦と佐藤さんや他に意気投合した数名で明け方まで飲んだ
記憶が蘇った。


「あの時は、凄かったね?」
「奥さん凄く酔ってたみたいだったし、私には記憶がないと言ってましたよ。」
「凄かったね、何か俺に不満でもあるのかな?」


頃あいを見た私は、本題の妻の素行を探るべく、佐藤さんに切り出
した。


「もし良かったら、ちょっとその辺で飲まない?」
「二人で?、奥さんに怒られない?」


「酒を飲むくらい、この間の女房のお詫びもかねて。」
「それじゃ、ちっとだけ。」



とはいえ、私は妻帯者でり、あまり人目につく所で飲むのは、お互い
仕事の関係から顔見知りの多い事もあり、暗黙の了解で、人目をは
ばかる様に落ち着ける場所を探していた。


「佐藤さん、落ち着ける場所知らない?」
「あそこはどうかな、奥さんに前に連れてきて貰った所。」


佐藤さんは足早に歩を進めた。妻の会社から10分位の所に、 幅2
メートル程の路地の両脇に小さな店が並ぶ飲み屋街の奥まった所に、
その店はあった。


店の名前は蔵。 入り口のドアの脇には一軒程の一枚板のガラスがは
め込んであり、少し色は付いているものの、中の様子が見えるよう
になっていた。店の中は、喫茶店ともスナックとも言いがたい雰囲
気で、マスターの趣味がいたる所に散りばめられた店という感じで、
私には、その趣味の一貫性の無さに理解の域を超えるものがあったが、
席に着くと変に落ち着くところが不思議だった。


とりあえずビールであまり意味の無い乾杯から始まり、結婚式の二
次会の話で盛り上がり、一時間位して酔いも回った頃。私はおもむ
ろに、女房の素行調査に入った。


「佐藤さんタバコ吸う?」
「吸ってもいい?」
「かまわないよ、どうぞ。」
「奥さん旦那さんの前で吸わないから、遠慮してたんだ」


あっけなく妻の喫煙は裏づけが取れた。にわか探偵にしては上出来
であろう結果に、一瞬満足していたが。この後続く彼女の言葉に私
の心は更なる妻に対する疑惑が深まっていった。


「そういえば、女房はガラム吸ってるよね?」
「でもね、正直言って私は好きじゃないのよね、ガラム。」


「ごめん、最近まで俺もガラム吸ってた。」


「私こそごめんなさい、タバコって言うより、それを吸ってるある
人が嫌いって言ったほうが正解かな。」


「誰なの?」


「ご主人も知ってるから、いい難いな。」
「別に喋らないから。」


「○○商店の栗本専務さん」
「栗本専務なら私も知ってる。」


栗本専務言うのは、私たちの町では中堅の水産会社の専務で、私も
営業で何度か会社を訪問していて面識はあった。


「どうして嫌いなの?」


「栗本さん、自分の好みの女性を見ると見境が無いのよね。私もし
ばらく、しつこくされたけど、奥さんが復帰してからバトンタッチ。」


「そんなに凄いの?」


「凄いの、そのとき私もあのタバコ勧められたんだけど、それで嫌
いになったのかな、あのタバコ。」


「女房も彼に薦められて、吸うようになったのかな?」


「ご主人じゃないとすれば、多分そうでしょうね、奥さんもともと
吸わない人だったから。


会社復帰してからですもんね。ここの店も栗本さんに教えてもらっ
たらしいですよ。」


そんな会話をしている内に、夜も10時をとっくに過ぎ、どちらか
らとも無く今日はおひらきとなり、割り勘と主張する彼女を制止し、
会計を済ませた私は店の外で彼女の出て来るのを待つ間、一枚ガラ
スの向こう側に見えない何かを探しているようでした。


その後の私は、仕事も極力速めに切り上げるようにした。かといっ
て家に早く帰るわけでもなく、探偵の続きをしていたのです。


毎日はできませんが、できる限り妻の会社の出入り口を見張り、妻
の退社後の行動を掴もうと躍起でした。
この頃になると、喫煙の有無は問題ではなくなっていました。
妻が、もしや浮気をしているのではないか、私の気持ちは一気に飛躍
していました。だかそれが現実のものとなって自分に押し迫ってく
るのに、さほどの時間はかかりませんでした。


長男が生まれた頃から、私は妻に対して新婚当時ほどの興味を示さ
なかったのは事実でしょう。それは妻のほうにも言えることだと思
います。


ですが、あのタバコの一件以来、私は妻の言動の細部に渡って、観
察集中するようになっていました。今まで何気なく聞き流していた、
言葉が気になってしょうがありませんでした。妻の行動が気になり
始めて、1月程経った頃でしょうか。それは突然やってきました。



「あなた、今度の日曜休めない?」
「家の仕事か?」


「ん〜ん、私日帰りの添乗の仕事入ったから子供見ていてほしいの。
無理かな?」


「何とかしてみる。」


私はとっさに承諾に近い返事をしていました。私の仕事は、日曜が
かきいれどきのような仕事ですが、月に1度位は、土日の休みがシ
フトで回ってきます。


妻の日帰り添乗という日は、後輩にシフトを交代してもらい、休み
を取ることが出来た。そこで私は考え行動に出ました。家に帰った
私は、妻に予定の日休めない旨を伝えました。


「昨日の話だけど、日曜はやっぱり無理だ、ごめん。」
「そう、お母さんに頼んでみる。」


「すまないな。ところでどこに行くんだ。」
「山形の方よ!」


「誰と、何時から?」
いつもはしない私の質問に、妻は少し怪訝そうに答えました。


「取引先の役員さん達と、社員旅行の下見。」
これ以上の質問を回避するかのように、妻は続けた。


「9時頃会社を出て、夕方までには戻れると思うよ。」
私もこれ以上の質問は、墓穴を掘りかねないと判断し、気をつけて
行って来る様に言うと会話を止めた。


当日の朝私は、いつもの時間に家を出て、妻の会社の最寄り駅の駅の
公衆トイレの影から妻の到着を待った。
この時点では、また素行調査のいきは脱していないが、8時45分
頃着いた電車から妻が降りてきてからは、ただの挙動不審の男になっ
ていた。


日帰りの添乗とは行っても、妻は軽装で荷物も手提げのバック1つ
だけ。駅から真っ直ぐ南に歩き、2目の信号を渡って左に曲がって
200メートルほど行ったところに妻の会社がある。


時計を見て歩き出した妻は、会社の方向へ歩き出したが、1つ目の
信号を左に曲がり、目貫通りの一本手前の道路に入ったのでした。
その道路は一方通行で、角から私が除く50メートル程向こうでしょ
うか、一台のグレーの高級国産車がこちらを向いて止まっており、
妻はその車に乗りました。


その車はおそらく数秒後には、私の居るこの交差点を通過していく
だろう、そう思ったとき、重圧に押しつぶされそうになりながら、
車内の構成を瞬時に想像していました。得意先の役員が数名、それ
に妻が同行で車の大きさから多くても5名位、まさか二人だけとい
うことは無いようにと願う自分も居ました。


考えているうちに、耳に車のエンジン音が聞こえて、その車はスピー
ド落とし左折して行きました。そのとき車の中には、妻が助手席に
一人、後部座席には誰も居らず、運転席には私の心のどこかで、そ
うはあってほしくない人間の顔がありました。
そうです、やっぱり栗本です。左折しようと減速した車の助手席で
は、妻が前髪で顔を隠すような仕草して俯いていました。自分の顔
を他人に見られたくないという行動に他ならない。一瞬私は吐き気
を覚えました、何故かは分かりませんが次の瞬間、冷や汗と同時に
歩道の上にしゃがみ込んでいました。


その日曜を境に、私はより確信に迫ろうとするのではなく、逆に妻
を自分から遠ざけるになって行ったのです。



時折、通る人たちの冷たい視線を感じながらも、しばらくの間動け
ずにいた私は、体の自由が戻ると朝近くの駐車場に止めてあった車
まで着くと、鉛のような重さを感じる体を、投げ出すように運転席
に着いた。


しばらくそのままの状態が続き、その間に何本のタバコを吸ったの
であろうか、手にしていた箱にはもう一本も残っていなかった。
駐車場を出た私は、すぐ隣のタバコ屋の前に車を止めると、店先の
販売機には目もくれず、店の中に入りあのタバコを注文していた。
おつりを受け取るとき、手から毀れる小銭の感覚に気づきはしたが、
しゃがみ込んで拾い上げる気力もない私は其のまま車へ向かった。
後ろからタバコ屋の店員の呼び止める声がしたが、振り返ることも
なく車に乗り込み走らせていた。


タバコ屋を出てから何分経ったであろうか、私の車は港の防波堤の
所に移動していた。最初私は思考のないマネキンのように海の方を
身動きもしないで見つめているだけでしたが、時間が経つにつれて
数時間前のあの光景が脳裏に蘇りましたが、思考回路に命令を与え
ても、考えの整理がつきません。


そんな時、車の後ろのほうから子供の声が聞こえたような気がして、
ルームミラーでその声の主を探した。ミラーの端からその主は現れ
た、年のころは4才位だろうか、補助輪の付いた自転車を必死にこ
いでいた。 その子がミラーの反対側に消えるころ、その子の両親
らしき二人ずれが、満面の笑みを浮かべその子に視線を送っている
姿が、目に入って来た、次の瞬間私の目からは涙が溢れていた。
嗚咽することもなく、両頬に一本の線として流れているだけでした。


あたりは、日もかげり時間は6時をまわっていました、時間をつぶし
て夜遅い時間に家に帰る気にもなれず、ミラーで身支度を確認し家
へ帰りました。


玄関を開けると、何時もより早い私の帰宅に気づいたのは儀母でした。


「パパお帰りなさい、早かったんですね。」
「仕事の切も良かったので、早めに帰らせて貰いました。」
「麻美(妻)はお風呂ですか?」
「それがまだなのよ、日曜で帰りの道路が込んでいるらしくて、電話がありました。」


それを聞いた私は、初めて計り知れない怒りを覚えました。私の中
では、今日の妻は日帰りの添乗の仕事ではないという前提の基に、
遅れる理由を想像するのは容易い事でした。


「そうですか、お風呂先にいただきます。」
「パパご飯は?」
「済ませましたから。」


そういい残して、リビングにも寄らず脱衣所へ向かいました。
風呂場からは、子供たちのはしゃぐ声が聞こえます、服を急いで脱
いだ私は、勤めて明るい笑顔を作り浴室のドアを開けました。


「パパだ!」


子供たちは、不意の訪問者を諸手を上げて歓迎してくれました。
思えば、子供たちと風呂に入ることなど暫く無かった様な気がしました。
湯船に浸かった私の膝に子供たちが争うように腰掛けます、その時
私は昼間の涙の意味を知りました。 また涙が溢れ出て来ましたが、
今度は嗚咽を伴い抑えることが出来ません。 それを見た長女か私
を気遣い、一生懸命話しかけて来ます。


「パパ、私ね、今日ね、パパよりもっと悲しいことがあった
よ・・・・・・パパ泣かないで。」


私の耳にはそれ以上のことは聞こえませんでした、ただ二人の子供
を強く抱きしめる事しか出来ませんでした。 風呂場には暫くの間、
嗚咽を堪える私の声、父親の悲しみを自分の悲しみのように泣きじゃ
くる幼い娘、それに釣られるように指を咥えながらすすり泣く幼す
ぎる息子の声が響き渡っていました。






子供達を寝かしつけて、寝室に入ったのは20時ごろだったでしょう。
妻はまだ帰って来ませんでした、多少冷静さを取り戻した私は、昼
間買ったガラムを1本取り出し火をつけました。机の上の灰皿を持
ちベッドに腰掛けて、タバコを深く吸うと最近吸いなれないその味
にむせ返りすぐに消してしまいました。


独特の香りが立ち込める部屋に一人でいた私は、部屋の中を物色
(ぶっしょく)し始めていました。何のためにそうするのか、何を
探すのか解らないままその行動は続けられた。
しかし何時妻が帰ってくるか解らない、作業は慎重に行われてゆき
ました。


階段の物音に聞き耳をたて、物の移動は最小限にし、クローセット
やベッドの飾り棚、考えられる場所全てに作業は行き渡った。だが、
1時間程の苦労も実らず、私の猜疑心を満足させるものは何も見つか
らなかった。心臓の高鳴りと、悶々とする気持ちを落ち着かせる為、
ベッドに横になって暫くすると、誰か階段を上がってくる足音がし
ました。多分妻であろうその音は、子供部屋の方へ進んでいった。



>>次のページへ続く


 

 

関連記事

 
カテゴリー:復讐  |  タグ:, 浮気・不倫,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:復讐  |  タグ:, 浮気・不倫,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20090208234325