2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

俺と咲との思い出






456 :えっちな18禁さ2009/02/08(日) 12:56:30 ID:xqI6QP120
NRTとし違うかもしれけどてみいいかな?


が大三年の時サークルのパで知り合
名前を仮に咲とさせ下さい。
咲は新入の一回生でとにかに可て、性陣の猛アタ受けていた。
は当時(つっもだけど)背いもし君に自信が
まさか後に付き合う事になるんて夢にも思っなかった。
逸れるの馴れ初めは端折るけど、コンから三ヶ月後正
咲はき合うことにたんだ
貿から三に咲一筋た。
就活とか大変な時期も咲は俺の支えになってくれたし、俺も彼女た。
も夢年間だったと



て、ここからが本文。


日、俺転手して参加
無事終わを送るとたまたまだが咲のマンションまで
15分ほどの場所だった
(咲は、三年になった時に親の得に成して願の一しをめてた。
と同俺は、週末はほとんど咲の部っていた事あり
賃の半分以上だしてっていた)


は十時半を少し回ていたとう。
ほん心で咲の突然問をす事にしたん
ドキドキクワクしながンターホ押す、・・・反応なし
う一、・・・・・・し。



あれ?なん定あったかな?
んて思いしようと携帯、咲メーがはいった。
正確には覚えいけど、
「まだお仕事中かな?いさまです☆今日は
なんたらかんたら家にいるよ、早いけどもう寝
週末が待ちどうしいよ、おやす
たいた。
に帰ってるの念。なんて思いなが
即電話、しかし出ない


く疑とを知らないは消沈して車をだした。
もすぐの信号待ちで信られないのを見てしまう



だ。男と歩いているどう見ても部に帰る方向だ。
知らい男だ。誰だ?つーか実家でるんいのか?
嘘をついたの?何
少し混乱したが、信号が変わを出す。そしての信号でUター
見間違い!」自分言い聞かせて戻る
ョン前はになっ車だとり込む要があ
途中、信号につかまってイライラす
マンンに付いた時人通りなかった。
入ったか?だなのか?なんて考なが
中にいるとが鳴った咲だ。
電話くれたよね?ごめんしててえなかった」
俺は、り動揺したが、それんとか隠した
聞かならない事があた。
俺「今日、実家なの?」
咲「うなんだ、用事たまれねー


そして、いつもの他愛もない話。
は今から帰るところと伝え
「遅くまでごくろうさまで。土曜日楽しみにしるよ」
言っ電話
話の周りは静かだった。
外を歩いている感じでなかった
部屋にいる。この部屋だ?実家?そとも此処か
車からりてョンに入る。
エレベーターに乗り五階の咲に部屋向かう。
っきドキドキとは全く違う鼓動がる。
部屋の前に立便ンターホせない。
う必要などないはずのに怖
るかいか確認する綿でいいん
う思いドアの便受けをっと押し上げる側も受けになって
いるから中の様子見えない。灯りついていはわかった
ゃん・・。いや、でも一人のはずだ・・・。
耳をあてて中様子を伺う。



463 :えっちな18禁さん:2009/02/08(日) 14:06:11 ID:xqI6QP120
すかに、音楽の音と男女の声が聞こえる会話までは聞き
ただ、間違いなく男にがする。
う完全にアウよ。恋人に嘘いて男入れていもん。
よ。学生なんだろうな。どんな奴だよ・。
なんてている簿バタバタと足音が聞こた。めっちゃった
思わレベーターの方まで逃げ
そしたボッーーッて給動き出んだ。
たけど台所でお湯使ほどじゃない。で風呂だっいた
部屋調入っぐ左手に小さなキッチがあってトイ
ニットバスになって
正面も扉がて、奥が8畳ほどのワンルー
ゆっくりとに戻りまた便けから中の様子を伺
ャワーの音結構はっきと声がこえる。



つーか、いっしょ入ってやが くそ狭い風呂
ってあんまりいしょ入っことなんないのに!
シャと共に聞こえるそう笑いして
、ちょ、だだめだってぇ、
もぅ、あっ!んっ!まぢで、あがっっ」
咲のたりまえだけど・・
呂ではじめやた・簿


じフの人にたらいなく通報されそうな格好
人の浮気SEX盗み聞俺・・分すげー汗かいてい
と思う。や眩暈するが分からなかった。
でもなオレの当然関係なく、風呂からは咲ぎ声が聞こえてきた・・
「あっっああぁ!ん!あっあっ!」って
は、結構を出す方。腰の動きにせるような喘ぎ方をする
俺はの声が好きだった。まさ風に聞なるなんて思ってなかったけど・・・。



分位そうして聞いてただろ? 
風呂は相変わらず咲の喘ぎ声聞こ
狭い風呂だきる体位なんてたかが知てる
なんて像しいたら、じられいことに勃起たんだビンに。
なんう、自分嫌になった、かった。どもよくなった。
下じゃなたらこでオナーをしていたかもしれない。


ラフラとを離れてエータ、到着を待つ間に
ようもない情に襲われて突発的に咲部屋に戻
もいっきドアをった


足の痛みで我に、慌ててレベーターに乗マン出た。
のルで帰ったかなんててい
夜だった。風て思いきり泣いた。
きな声を出すめに浴槽に頭ま潜って泣いた
とん一睡仕事



466 :えっちな18禁さん:2009/02/08(日) 14:42:57 ID:xqI6QP120
すまん。一旦止まります。
実はこの話まだ序盤なんで、暇なときにまた続きを書かせて下さい。
ちなみに実話です。



------------------------------------------------



475 :456:2009/02/09(月) 23:53:57 ID:XqRIhkdM0
ん。>>456です。
通勤の時にでも込もうと携帯に書きためたのに
どうやら俺の携帯からココへは書しい。
普段ム専だか、そんなとも知らなかった
書き蓄め反動でちょっと心折れまし
し訳ないです。
間があいけどちょっ書きます。





翌日から俺は咲のメとんど返信したしできなかた。
話の対応も我ながしかった思う。
週末土曜日には咲い物付きう約があったけど体調不良由にメールで断っ


ら、日曜に舞いに来るなんて言い出したか
日曜に会わざるを得くなってた。
の家にわざわざ来られるのはヤだったんで
いつも通り俺て外で飯だけ
じのデートをする事にな


俺は、咲とあっても至って普通に対応した、つりだ
にも病みりでちょっと疲すよみたいな演してい
実際数日んてまともにを通らなかったし少しせていた
なり迫真の演技だったと思う


かし咲はそんな俺の違和感を感じとっいて、
あらね誤俺に対し不を募らせていたよだった。
して、その感情二日後、俺に告白する。
退事が終わに電話で話しているだった。
咲 、もしかてあたし事ちょっけてりする?
俺 そ、わけないだろ
、動揺してしまい喋り方なったんと思


 「使ほらわかりやすいぁ」


なんて慌てり繕った。
も、あの事はうしてだせなかった。
して咲は信じられないセリフを言たんだ


そっか、浮でもんじゃないかってゃったよ」って
かでぎゅっと握潰されたな気持ちになった。
前がそれ言っちゃうかよって携帯持つ手震えたよ。


気なにしななよ、俺はが思っているりもと君の事が大好きだ」
言っ後、思わず”言えたんて自を褒たくなったよ。
みに最後のくさいセリフ「愛し西る」どうしてもうまく言えない俺の常套た、
ちょとした嘩をした時でも、咲はそのこを聞けばふにゃ照れ付いたした。
「そっか、そうだよね、めんね、疑て…。
俺「いいよ、俺んな仕事ばっかで構ってやれなく
そうだ、明日なとかめに終せるから夜少会わない?」


別にしたわけじゃなく普通にれで咲を誘便ってまった。
でも、誘いはあっ調さり断られたんだ


咲「ごめんさい、○と約束がるの」
○子ってのは親友の一人で俺よくっているコ
最近恋人くいっいないらしく、の愚痴を聞いてやるんだそうだ。


咲「ウチるから、でも夜の電話はゃんね」
俺「っか、うんわかった
そのの電話は
でもと無く違感を感じたんだ。


あのれで俺の誘いを断る
なら俺だってく知てるし食べるまでなら俺たってくね?
そう考えると違和一気に惑に変わ
そう明日水だ。あの夜から度一週


この一週間咲俺への対応は本つもとまったく同じだった。
とて浮気るなんて信じれなった。
そう考え、あ男と関係は、こそこ長いないか思えた。


帳を眺める、平日は事しか書いていない。水曜なのか
週水曜してい
疑惑は俺を悩ませて、そして明日に行ってみようとめた。
の日、結構頑ったけど終たの8時回ってしまっ
前みたいに社用車は使いから電行く必要あっ
乗り換えもあ、軽く一時間半はかる。
当然アポなで行くつもりだっから守だったら? 
付いてて○子一緒った
んて考えると足が重くなった



も、電乗ってる時にらメールいった
内容は、○子とを作って食べた事
○子は彼氏ばれて結局帰るになった事。
飯が結構残っていら、し早目にわるら食べにこない事だた。


なんりゃ、っなったよ。
夜中まで悩んいたんだったんだて。
ど、まさら帰るのも馬鹿らしいし、
人にで送ってもらえ事にて「飛んで行くよ」信し
こうたら、あ夜のちゃんと話さなきゃ、と考えてた。


ど、いざ面と向かうととても出せかった。
飯はうまいしあんな事たせい咲は
いつよりなんかやしいしを感てしまっ
だか、俺少し計画を変更することにしたんだ。
稿が、どんなに咲を愛ている使か、俺りに伝え


仕事忙しい想いをさせてる事を詫びた。
の卒後、結剣に宿えている事を伝え
後の方は咲涙目でてくれた。
当然、咲の心に届いたおもった
で浮気めるら全てた事にしよう
そう思た。
 


合ってキスをした
囲気になった、電車で帰るには11時でに
屋を出なくゃなて、その日は何もせずることしたんだ。
マンション下まで咲は見りに来てれた。
綿末は久しぶりにどこか泊りをしよう
そんな約をして別た。
伝わたとていた稿



ンションを出た時、道の反対側の自販って
帯をいじっている風だったけど間違いなくこっちを見ていた。
一瞬目が合った。
見間違えたりなんてしい、あの男だ。
っているがした。
とき、よく俺はないふりがきたなと思う。
咲がマンションのていた筈だけど一振り返られった。
角を曲所で立ち止ま影から覗く。
咲の姿はない。男がマンシンに入っていところった





どう 
が会ってたのは子じゃなくてやぱりあの男だったの 
を呼のはあの男の指か? 
は、ずっと当は、俺じていた
の男こそ浮気と、ちょっとした遊び相思っいた。
だっあの男は咲俺とう男がいることを知っているはずだ
の日、咲は俺に部屋か電話をかけている、
そのあいは隣たはずだ。
なん?どうゆとだ
 


多分、のと俺はちっとたんだと
どうか少し悩んだホンの事からちゃよ。



咲の部屋にはかった
殿帰っまれ、最初最後の自傷ってやつをしたんだ。
机にあっカッ左腕の外側をュパッて
このないた
この日決めた事を忘れなめに
ったいっい血がでてビ
始め全然痛くなくて「れ?」なんっためちゃめちゃ痛て後悔
キモいよね。まんね





正直、ない事だらけだった。
いとり納得がいかなって方がいかも
でも色々勝に妄想するのめる事にしただ。
に角、最んだと思にした


唯一わかっているのは、俺が“知っている”事を
二人いていないだろうって事だだった


どうゆう理由があるのかさっぱ分かないけど、
の時婿では、 俺と咲はまだ恋人同士
通にSEXだってできるだろう。
それ仮に、あが咲に許可をいるからだけだとしても全然わない


いきなり訳もわからず振れるよりマシだ。
の関係まで続くのかも分い。
だったらギギリまで騙され
こっちが遊でやろう


の為に俺、咲を吹っ切る必要がた。
して情にされるよ事がなように。
心を揺らす事のないうに。
璧な芝居をす為に



まず俺は、あの男のが知りたかっ
っちも何も知らないんじゃ同じ俵には、立思った。
一介のサラリンの俺じゃどうにもならと思い、
躇なく興信所に頼んだ


内容は
婚約者浮気相手の身調査」
はこ、普調査よ高かっんだけど
そうのなの?、ボられた?まぁや。


取り敢え水曜日の夜にだけ狙いを付けて四回張りついてもらう事った
でも、バッチリ1日目でット
やっぱりっての決まってるみたいだ


ず中間報告って事で、わず週間ほどで報書が出来た
中間報告って事だったけど、最初に依頼部分は全部まっていた。
マジ興信えぇて思った



一番ックだっあの男は
咲と同い年だ一生なんて身分だった事だ。
は学生だど、こん識な事
際に奴なんだし、少なくと年上の豊富ななんだと思い込んでいた。


もこと同棲た。とか女の家に転がり込んる状態った。
くこんな状態名前やら実家の住所まで二週間で調べられたなぁ、な感心た。
興信所は、女の事とか調収入かも調すか? 
て聞きたけ、全部断りがその、最終報書ってにな
あと興信所をしてくれた
ど。



まぁ平綿言えこの調査報犯罪に使うなよ。て事た。
秘義務があど、裁判所とか警察なかから
示依頼がればウチは面的に協力るから


とか、例本当突発的なトラブルになったしても
うゆうコトした以上、な計画性があったなんて言われても文句言えないよ? 
とか、法的な階踏まずに金銭の要求をし犯罪だよ。
か、相手の不益になるうなを流す目だよ。
、そな感


よっぽど俺うい事をそうに見えるんだなぁじた。
しかしたら咲を見たときろ俺こそがストーカかなじゃないか
思われもしれない。
まぁ際“婚約者”ってのは、半分みたのだし、
方がないとは思ったどね



にかくこれで、 俺はあを知ることができ
意味もしい。


、あ少なか恐怖じていたんだ。
本的に俺ビのやし君だから
嘩になったまずボコにされるのは俺の方で間違いない


が年学生だてわっただけで
気分が楽になっ勝てるか”なんて、寝取られてる時点
もう完全にているんだけどえるになってた。





話は咲の方ます。 
あの「自傷」俺たちは、久しりにデに出かけた。


俺が案しコースだた。地で遊ん学生の頃に公園をいた
夜は ちゃとしたホテルをとって、とお高ディナーを食べ
二人で沢山話して沢山笑った
自分でもびっくりする位、 普通にた。
完全に吹っ切る事で完璧に楽しむでき
いけど、は本来こう貿事がる人間なんだた。


夜、然SEXをた。実は不安だったけど俺はいつもと決定に違う事をしただ。
大した事ではんだけど俺にとっ要な第った。





実は、俺は咲とゴムにした事なかった。ず使用した
うしいときは慢した。
大丈夫よ」と言ってなに拒否してきた
それが側の最低限と信じていな自分に少し酔ていた所もあ
も、あの夜はじめかっだ。


あの日のはホトよく覚える。
だっいれた時、咲は少し驚い「つけって
は「いいん退」と聞
そしたら咲はにっこり微笑で「い」って答た、
そして俺の首に体を引き寄せて「大好」って言ったんだ。


“萌え死ぬ”ってはこうゆう事言うんじゃないかっ位クラクラきた。
言い訳みいになど、俺自身、 五以上覚だっずだ。
それ多分一週間以上自己処理をしていなかった事
により、 はじめての咲の体温にちゃゃ興奮したんだと思う
目はホントすっちゃったん。十ももなかったう。
ヤバイなって慌て抜い出ちったいな
くして、「えう?」ってって爆笑し覚えている。



その夜は、まで何度した
、純粋に疑問なんだけど
ゴムをすない、 女性側方は違うもなのかな
男の方は全然違、その理屈も分かるんだけど… 
まぁ、とあの咲はり凄く乱れた
何度も俺にしがついて大好き」って
を押し付、全身震わせてイった
が求めれ何度でも応えてた。
方だけど、三間で一番熱い夜だたと思う


でも、そんな中でも左腕を意識すれ
あの日の感情すぐができた
胸のっと深い所、なにか黒くてドドロした部にあの日の俺もいて綿
ふざけるな」って睨み付けているじ。
感覚湧き出るたびに
「そよ。ふざんなよ、女」って心の中でさけんでい


このな関係は、ここから五か月弱続く
の年の三月の頭、は咲と別れるとになる。






この頃ら12月の頃まで、週て咲と会っている
そのに平日殆ど会ていない。これはしてそしていた。
ば必ずSEXをした。そして俺は、要求しずつエスカレさせてた。


エスカレート、なん書くと少し大袈裟だな。
、俺のする事な普通の恋人同なら
分、ってるようなけど、俺かば大冒険だっ


例えばおも”っットで購入し
勢い余って四つも買った。
目隠しや軽く縛っみたりSMっぽい事をしてそれを使した。
外のトレで口でさせたり、ドイブ中に手させりしりした。
と、生理でも強引に抱い


この時、生まれてはじめて中だ婿しを経験た。
咲は、こういった行為を一
はじ嫌が、最的にず同意
それは、俺に対するなに罪悪感のようなものが
そうわからかったど、って都合だった



あとは完全Mの人だった。普段咲は凄勝ち気性格で
こう面があるてまったく
思いもしていなかっから、はじ戸惑った。
けどあのの事がちらついて、
男にこんなふうにされちゃ便ゃねーの?
と勝手に妄想して逆に俺姿Sの部分を刺


やって書そこしんでいるように見えるしれ
ど、咲会わない、一人でいたりすには
込めた筈の情がかと一緒に次々き出てき
がおかしくじゃないかって宿んだ
特に水はきった。


、ホントにあのと会っいるどうかなんてわからないだけど、
認すな真似はくしなかった。



夜、どうしてしてしんだ咲とあの男のSEXを。
あの男しがみついて、より狂う咲の姿


は必ず俺の事を咲に聞はずだ
そして、 その話をして咲を責め立てるはずだ。
しかしたら、俺の名前を呼ばせていたかしれ
そうして悦に入って咲を玩具ように弄でいはずだ。
はその時どうゆう感情で俺のを想うのだろう?
そんな事を殿像してオナニーした


信じられないかもしど、
男にめられなが俺を想う咲を想像してす
それ見たなAVなんか興奮した。
時はそな行為を朝ま続けた
してず すごい自悪に落ちて死になっ
な時使にかくが仕事
集中する事でいた。





12月に入り、正月休に向て忙仕事をかたずいた
んでい報告が入った。
本社側のありないようスでラブルが起こり、
これの処使支店側にってきたんだ。


月休暇どころじゃななった
中頃から連続出勤を余儀くされた
終電に間に合わくて会社に寝泊まりす
と二日だけこれまた本社合で休みにはなった
三日からは下っぱ独身社員どは出社させられ


なんとか見通しが付いたのが本来出にはずの日で
次の、俺会社ら受その年最初の命令は
休暇を取ってくれ」だった。


要するに労働時間が長すぎ事で、
は強制に2月のりから十日間のを取らされる事にんだ
しよ?んて考えて思いのは咲しかく、
クリマスに一緒に過ごせなびにと、俺は旅提案し
の島で水着姿の咲といちゃ休暇もいって思ったんだ。



出した条件はの島ってだけで、
とは行き先もプラン全て咲に任せる事にした
ちろん費用は全だ。
の提案に咲は大喜でとびつい
週間位あーーだとでいりには
、 ハ泊六てベなものなった


咲はントにうれしそうにはしゃいでいて、
この旅行の話題の話かしったする。



2月最初水曜夜中、咲らメルが入って
が付いたのはった、 そのちゃんとっただとう。


件名なし本文なし、ファイル宿
見たに送ったのはかった。
付ファルは画像で身全裸で小さめのおっぱい丸出し
両手で頬っをつねり言う顔”っていた
なんでんな妙な真なんだよて思っよ。


写真を撮っいなくあのろうど、
の写メを咲いただした所で、
セルフタイー使っ」なんわれれ
いくらでも言い訳がでがした



えば、この時
だ咲き合いが続いてて完全に想定外だった
もっと早くの男らなんらかの、アクョンがあるのだ思った。
だから焦って信所まで使ったのに
で、やっとなんかしてきたと思っれだ。


どうせ、俺が咲に写メの事を話せば
咲はの男にその事を話すだろう、
で、れをネタにまた楽しむ姿。と


くっだらね!って思たね。
までこんな続けりなんだと。
とりあえずメールで返信はおいた
夜中情すかw朝からっくりしたよ」みたいな。


送った後男と一に寝かもしれないと気計にイライラし
そしてふと思ったん。咲は行に行く前にもあののかなって。
は金曜から翌の日曜の十日間
出発は初日の金曜日だた。
みの間は俺が咲と会わな理由なんてない
の男は十日間は咲とは会わない訳だ。
「絶対会うだろうな」
てみうかなた。





、こ頃には、 さすがに俺も
多分 咲は、 俺とれたい訳ではいんだろうな、
とは気付いて


咲の態度。何もしてこないあ
そして今途半な写メ。
もがその事語っていた。
でもし仮にそうだとしてもう手遅れだった。


が小さかも知れないけど
対に無かったにな来なかった。
寿と、うまでしの男と別れられな理由が知りたか
あのになにがあ俺に足りないのか。
納得寿えが欲しかった。
ういう意、ずっとわりを待ち望んでいたのかれない



当日は、用車をせるよにしておいた
ものうにに仕事、 咲電話をする。
駅までの道のりウダダと会話して、
りなば、俺が帰宅後、
た電するのがいパターン


は“の電で終わるがあった。
貿の定が駅付いたと伝えると咲は
物の準だあから」と帰宅後の電話を断
もちろん俺もそれ承し
駅になんていちいな
の部屋へばして



咲の屋の合鍵を持っていなかっ
単純なかったし、一の
咲の実家に置いてあそれれば十分だったかだ。


いつかみたいに郵便受から中様子を。電付いる。
イマイチ聞こくて あの男がいるは掴なかったけど、
屋にいなら、もうき返せないと思っ


の男なにか仕けてきて
それ切るような形で騙し、さらにSEXの最中にでも飛び込む。
なんてのがいぁと考えたりしていたんけど
際は鍵いし、ら会いし、
何時、 始るのからないSEX待つ余りいしで、
「もう、どうもなぁれ〜(AA略」的な感じで、
の日押ったインターホンを押したんだ


事はない。
けどドアの向こう側に感じる、
てるな、けど隠れたり簿はしなかっ
ってもう一度す、こうから咲声が
どうした沿の、なんで来たの
すぐに鍵を開けない時点ビンゴって思った



「話しがあってね、開けてよ」
咲 「違うの、今ちょっとね
て言いけたところで、埒があかんと思い


俺「もういいんだ、ってる。
の男に話があから、 とりあえずけて?」


しばらく言だっ、中やり取りしてのかも
んてたら、鍵が開いた。
咲と奥に鞄もってが立っていた
うわ、こいつ帰る気、ってちっとたよ。


「知ってなにたいな事を言ったけ
無視して玄関に入の名前をってやった
来るけ笑で、紳士的に、余裕あるたかた。
「○君だ
、男がピクッと応し事。
一瞬、咲が「は?」っった事。
気が付いてはいたけど、この時はのま続けた。


調べたから、今更逃げたりしても無駄だって事
咲と係で、弁に相談して
謝料する備をして


でい場所、本人名義ではないので
絡は実家にするからよくっ事。


今後や咲になたら謝料の額に影響するからんて
途中、「なんて知らい」とか「親はない」とか言ってきたけ
いかにも最もしい事を言って聞かせた
、大ハッタリった。


護士に相談なてしていないし、
詳し人なわかうけど
の時点では俺が男から法的に慰謝料 受ける事はかなり難
口約束でも約はすると際期間でなるか言ど、
に奴をビビらせる為だけのった


いけど、男係のトラなんてなもんだ。
俺は、大でもハッタリでも、ほんの束の間でもい
せめて奴ビビらてやた。
の嫌が所をネチネチついてやりたかった
に言えばこれは意外に効果的だっよう
後日、 男の方から連絡が入り、話をする事がで





結局、と玄関先で話していた
途中、咲が口をはさもうとしたけど、
の件か言われると面倒と思い俺が制


最終的に男無言えるは全て伝えたらねと念を押し
「後と話があるからドアを開けて出てに施た。
れ違う時、「そういえば、あのコ(同棲女)はこのしっ」と聞いたら、
で睨まれた。直、ちビビたの秘密だ



部屋に入って、いつも俺が座る場所に腰を下ろした
咲はまだ玄関に立ったま
中の扉は開の姿が見えていたけど、
何を言いだすの楽し、あえて黙ってい


この辺りまでは、だたい展開
、咲の最初言はなものだっ
あいつ、っての?」声が震ていた
「は
「名前だよ。ね、調べたてなに?


あぁ、悪いけど興信所使った、(奴のフルネーム)だろ。あと住かも調べたよ」


言った後、咲はその場にへたりみ「んな人知らない」ってんだ。
ぁ?ってなったね。こいつを言いだすんだと。



咲を方に連れて座らせ
何故沿ルの上の缶ビーやらにやらたずけ、
ーヒーやりの前に座っ
綿っとうつむだった


で、どうゆう事なの?」
咲「あたしの聞いて名前とうの


俺「歳は?
咲「26って言ってた


ん。宿。咲と同、学年も
「えじゃ仕事?」


俺「んだよ、行ってなたい、学校も分かってるなんて聞いてたの?
咲「クエイターだって、グラフィック便ザイン


もってたか?
「独立し、いまはて。夢だたからって。」


俺「も、金てた?」
咲「。少し。ね、その興信所ってホンに信用でるの稿


終わったぁ、ってった
嘘をるようには見えかっ
悪い、こつ馬鹿だっ思っちゃっ



の辺からは、かりイラ来ていと思う。
咲に信所について説明やりながら、
っと“こんな話しに来じゃない”と思ってた。


そして、咲の質問がらに続いた
それ調べたのってい?」って。
、やっ思った。
この質問は予してし答えも意していた
「あの写メだよ」


実際、あ日から三週たってい調査間とては十分と思った事
は、まだあまり二人の事までは知らないー、
んてりをしてきたかった事から、こう答えた。


間に水曜回あり、もしあの男と会っなけ
がばれるとは思ったけど、
綿興信所の仕を驚いた。


ントに週会ってたんだな。
なんてあきれ。そして、キレた。



うい、服脱げよ」気いたらてた。
咲は、え、なに?ってなたけど、腕を掴退でベッド放り投げた。
暴れたけど、押さえ
「今は俺の怒かす考えろよ!って怒ったら、
出しちゃた。でも、
そうだね」んて言からな退らにムカつ
みたい服を脱がた。


を全裸つ這いの格好をさせた。
き顔見ながらきないっ思っ


ズボンとパツだけおて、いきなりチンあて
咲がって言っけど
だけ濡らしていきり突っ込んだ。
でもっぱり全然濡れてなくて正「チポいてぇ!
てなっそこはまぁなとか我慢した。



らくすると馴染んできて、咲も感じてきようった
ツに顔を埋めて、必死に声をおさえ


“そ事しなくても、もう誰て蹴ったりしねーよ”


なん思うとまたちょっとカついて
で咲のお尻をっきりひっぱたいていた。


そしら咲って鳴をあて、
に小さなで「ごめい」ってった
件反射いうか、まるでそう事が事前に決まているみたいに。
すぐにの事が頭に浮かんだよ
、こうゆ風にして稿かっ


ら俺は咲にの男をなんて呼んでいたのか聞いたんだ。
偽名でもいから、その名前を呼べ
うしと言続けろって命令した。


嫌がけど、も一度お尻をいたら簡た。
変態みたいだけど、俺時異に興奮しんだ。
度も奴の前を呼ばた、何度も咲の叩い
してなに言わかれったお尻にちまけた





のまパンン履いてコート持って部屋から出て


なん?ちょとまって」なんてってたけど
全裸だ尻汚れているし、うせ追って来れないってわかった。
 
今考えると、この時なて行っちゃったのか自分よくからない。
多分、の時はう一緒にいるのが嫌になっんだと思う
際、このは家ずにビデオボックスっ所に


かも眠れなAV観て二回も抜いた。
訳分かんないよね?自分そう思う。
朝、勤前に帯の電源れたら、咲から稿ら長文メールが届いた。
いて省と俺に対する謝罪が書いてあった。
の男ついて書かれてなた。





夜、休ってで少仕事をがらせてもらえて、
ものように咲にたん
稿コールで電話に出ていきな泣きた。
もう、電話してくないもしいっ思っよー」って。


は、どうてもいておきたいがあその電話だった
しばらく咲をなだ前日行為を詫びた、軽い感じで姿いてみたんだ。
あのとはつから会てたのて。


咲が言には、知り合ったのは去秋頃。
何度で誘わけど、ずっと断ていただ。
でも、12月に俺仕事きっきりに
しくて誘いまっ


酒の勢いとクリスマの雰囲気で過ちを犯してしった
の後、何度か会うになってしったが、
今はすごく後悔している。だそうだ。


咲が話使ている間俺は「うん、」っ答えいた。
たぶ五十回はじゃいかう。
に咲は、ちゃんとって話がしたいか
からでもいたってったけど、これ断った
だって、ま用意がちゃんと出来ていないかって


咲がいてる様だったからそま続
明日約束通り迎え行くらおまえ意しけよ言った


咲は、また泣き出しちゃ
「いいの…あた…なんて…」とかなんとか言ったけ


あんまりのかから思わず吹きした。
はもうずっとってかった、
の常句を使ったんだ。


忘れてたみたいだから一度ってお。咲が思ている
ずっと君が大んだよ」っ


咲はめんなさ、もうと忘れない。」
みたいな事何度すすがらてた。
俺はやっぱり「、そうか」って答えた。



の日よりく付いた咲はちゃんと用意待ってた。
空港までは車で二間程か
はじめばらく無言だったん


俺が「取り敢日かのスケジュールを教えてくれる?」な聞いたら、便
、涙目にっこり微笑んでなんて 元気に返事
スケュールをつ一つ丁寧明してくれた
帰国の休日の過ごし決め
その流れで将来にいて事も少しだけ話た。


たけど、手続では
裕があり俺達は予定、隣接のョッピ寄っ


で軽く後、
レに行ってくるからでもみ」なん、咲と離れた。
そのまま荷物の一時預カウンターけた荷物を受取り、駐車場かった
途中、咲から信がったけど
「おっき方ですか」なんて独り言言って取に切った
を出しすぐまた咲着信があ度は



「ね、今どこにいるの?」
の声は少湿ているようだった
もうバレちゃたかなんて思っ


トは旅行には行こうと思ってたんだ。
咲との最後の思出にでもすれいいって。
でも夜の電話咲がに嘘を言った時、


なん局あの男と何に変わらねぇんゃん
って思っちゃたん
のずっと奥の方にるあい「やっぱりな」って笑っ気がした


け、ほんのけ胸けど、ゆっくりを吸い込


「旅なんて行くわけねぇだろ!ばーーか綿
つって、電源ごと切った


ばらく走って我ながらガキのよ嫌がらせだ
うとしく、車ラゲラ笑った。
いすて涙がボロボロでた宿ど構わい続けた
の事なんなんも考えてなくて、取りずドいこっか
んて思いな、車走らせてた。





りです。
ちょっと悩ん話としはココわった方
いかなと思いこうまし
寿端な部分がある承知ています。
し訳あり
ただ、から先はントつないと思い


頂いた方の想像通りだとってもって間違いない
もし需要うな、あとは俺の感情とか入れずに
後日して書きたいと思います。
そのまた>>456に戻るお許しください









>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:復讐  |  タグ:, 寝取られ,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:復讐  |  タグ:, 寝取られ,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20090308134932