2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

俺と咲との思い出






456 :えっちな18禁さん:2009/02/08(日) 12:56:30 ID:xqI6QP120
NRTとは少し違うかもしれないけど、俺も書いてみてもいいかな?


彼女とは、俺が大学三年の時にサークルのコンパで知り合った。
名前を仮に咲とさせて下さい。
咲は新入の一回生でとにかく抜群に可愛くて、男性陣の猛アタックを受けていた。
俺は当時(つっても今もだけど)背が低いもやし君で自分に自信がなく、
まさか後に彼女と付き合う事になるなんて夢にも思ってなかった。
話が逸れるので馴れ初めは端折るけど、コンパから三ヶ月後正式に
俺と咲は付き合うことになったんだ。
それから三年間完全に咲一筋だった。
就活とか大変な時期も咲は俺の支えになってくれたし、俺も彼女に尽した。
今思い出しても夢のような三年間だったと思う。



さて、ここからが本文。


あの日、俺は上司の運転手役として酒の席に参加していた。
会も無事終わり、上司を送るとたまたまだが咲のマンションまで
車で15分ほどの場所だった。
(咲は、三年になった時に親の説得に成功して念願の一人暮らしをはじめていた。
親と同居の俺は、週末はほとんど咲の部屋に行っていた事もあり
家賃の半分以上だしてやっていた)


時間は十時半を少し回っていたと思う。
俺は、ほんのいたずら心で咲の部屋に突然の訪問をする事にしたんだ。
ドキドキワクワクしながら部屋のインターホンを押す、・・・反応なし。
もう一回、・・・・・・反応なし。



あれ?今日なんか予定あったかな?
なんて思いながら路駐してある車に戻り電話しようと携帯とると、咲からメールがはいった。
正確には覚えてないけど、
「まだお仕事中かな?いつもおつかれさまです☆今日は
なんたらかんたらで実家にいるよ、少し早いけどもう寝るね。
週末が待ちどうしいよ、おやすみ☆」
みたいな内容だった。
実家に帰ってるのか、残念。なんて思いながら
即電話、しかし出ない。


全く疑うことを知らない俺は消沈して車をだした。
でもすぐの信号待ちで信じられないものを見てしまう。



咲だ。男と歩いている。どう見ても部屋に帰る方向だ。
知らない男だ。誰だ?つーか実家で寝るんじゃないのか?
嘘をついたのか?何故?
少し混乱したが、信号が変わり車を出す。そして次の信号でUターン。
「見間違いだ!」自分に言い聞かせて戻る。
マンションの前は一通になっていて車だと回り込む必要がある。
途中、信号につかまってイライラする。
マンションに付いた時はもう人通りはなかった。
中に入ったのか?まだなのか?なんて考えながら
車の中にいると電話が鳴った。咲だ。
「電話くれたよね?ごめん充電してて聞こえなかった」
俺は、かなり動揺したが、それをなんとか隠した。
聞かなければならない事があった。
俺「今日、実家なの?」
咲「そうなんだよ、用事たのまれてねー」


そして、いつもの他愛もない会話。
俺は今から帰るところだと伝えた。
咲「遅くまでごくろうさまです。土曜日楽しみにしてるよ」
なんて言って電話を切った。
電話の周りの音は静かだった。
外を歩いている感じではなかった。
部屋にいる。どこの部屋だ?実家か?それとも此処か?
車から降りてマンションに入る。
エレベーターに乗り五階の咲に部屋に向かう。
さっきのドキドキとは全く違う鼓動がする。
部屋の前に立つがインターホンが押せない。
迷う必要などないはずなのに怖い。
部屋にいるかいないか確認するだけでいいんだ。
そう思いドアの郵便受けをそっと押し上げる。内側も受け口になって
いるから中の様子は見えない。が灯りがついている事はわかった。
いるじゃん・・・。いや、でも一人のはずだ・・・。
耳を押しあてて中の様子を伺う。



463 :えっちな18禁さん:2009/02/08(日) 14:06:11 ID:xqI6QP120
かすかに、音楽の音と男女の声が聞こえる。会話までは聞き取れない。
ただ、間違いなく男に声がする。
もう完全にアウトだよ。恋人に嘘ついて男を部屋に入れているんだもん。
ど平日だよ。学生なんだろうな。どんな奴だよ・・・。
なんて考えていると、バタバタと足音が聞こえた。めっちゃ焦った、
思わずエレベーターの方まで逃げてた。
そしたら、ボッゴーーッて給湯機が動き出したんだ。
秋だったけど台所でお湯使うほどじゃない。直感で風呂だって気付いた。
部屋は入ってすぐ左手に小さなキッチン、右手に扉があって洗面、トイレ、風呂
のユニットバスになっている。
正面にも扉があって、奥が8畳ほどのワンルームだ。
ゆっくりとドアの前に戻りまた郵便受けから中の様子を伺う。
シャワーの音と今度は結構はっきりと声が聞こえる。



つーか、いっしょに入ってやがる! あのくそ狭い風呂に!
俺だってあんまりいっしょに入ったことなんてないのに!
シャワーの音と共に聞こえる楽しそうな笑い声。そして
「あはは、ちょ、まだだめだってぇ、」
「もぅ、あっ!んっ!まぢで、あがってから、ねっ」
咲の声だ、あたりまえだけど・・・。
風呂ではじめやがった・・。


同じフロアの人に見つかったら間違いなく通報されそうな格好
で恋人の浮気SEX盗み聞きする俺・・・。多分すげー汗かいていた
と思う。吐き気や眩暈がする。訳が分からなかった。
でも、そんなオレの事なんて当然関係なく、風呂からは咲の喘ぎ声が聞こえてきた・・。
「あっあっあっあぁ!あぅん!あっあっ!」って
咲は、結構声を出す方だ。腰の動きに合わせるような喘ぎ方をする。
俺はこの声が好きだった。まさかこんな風に聞くことになるなんて思ってなかったけど・・・。



何分位そうして聞いていただろう? 
風呂からは相変わらず咲の喘ぎ声が聞こえている。
狭い風呂だ、できる体位なんてたかが知れてる。
なんて想像していたら、信じられないことに勃起したんだ。それもビンビンに。
なんかもう、自分が嫌になった、気持悪かった。どうでもよくなった。
廊下じゃなかったらここでオナニーをしていたかもしれない。


フラフラとドアを離れてエレベーターを呼ぶ、到着を待つ間に
どうしようもない感情に襲われて突発的に咲の部屋の前に戻り
おもいっきりドアを蹴った。


足の痛みで我に返り、慌ててエレベーターに乗り込みマンションを出た。
どのルートで帰ったかなんて覚えていない。
深夜だった。風呂に入って思いきり泣いた。
大きな声を出すために浴槽に頭まで潜って泣いた。
ほとんど一睡もせずに仕事に行った。



466 :えっちな18禁2009/02/08(日) 14:42:57 ID:xqI6QP120
ん。一旦止まります。
実はの話まだ序きにまた続きて下さい。
に実話で



------------------------------------------------



475 :456:2009/02/09(月) 23:53:57 ID:XqRIhkdM0
まん。>>456です
は、き込うと帯に書きたたのに、
どうやらの携帯からココき込めないらしい。
段ロだから、んな宿ことも知らなかった俺
き蓄めた動でちょっと心が折れてました。
です
間があいどちょっ書きます。





からは咲のメルにど返信しなかったしできなった。
話の対応も我なかしかったと思う。
土曜日には咲の買い物に付き合う束がたけど調不良由にメールで断た。


そした、日にお見舞い来るなんて言い出した
日曜には会わざるなくなてし
俺の家にわざわざられるのはヤだったんで
いつ通り俺えにいっ外で飯だけ食べ帰る、
て感じのートをなったんだ


俺は、咲とあっても至って普通に対した、もり
いかに病み上がでちっと疲れてますよみた演技をていた。
実際ここ数日飯なんまともに通らなかった少し疲れていたから
俺なりには迫真の演技だと思う。


しかし咲んな俺の感を感じとってて、
らね誤解で俺に対し不信感を募らせていたよった。
の感情を後、俺にする。
仕事が終りいように電話で話していだった
 「、もしてあたし事ちっとたりする?」
俺 そ、そんない
俺は、動揺してしり方が固くんだ


 「ほ、わかりやすいなぁ


なんて言俺は慌てて取り繕った。
でもの夜の事はどうしてせなかった。
しては信じられないセリフをったんだ


「そか、浮気でもしたんじゃないかっよ」っ
胸の奧をなかでぎっと握り潰れたな気なった。
前がそれ言っちゃうのかって帯持つ手が震えたよ


浮気なんて絶対にしない。忘れんなよ、俺は咲が思るよりもずっの事が大好き
言った、思わず”えたぁ”なんて自分を褒めてやりなっ
ちなみ最後のくさいセリフ、「愛がどうもうまくい俺常套句
ょっとした喧嘩をしたでも、咲はのこ聞けばゃ〜照れて俺絡み付いたりした。
咲「そそうだよ、ごめんね、疑ったりて…
いいよ、俺もごめな仕っかで構ってれなくて
うだ、日なんか早めにわらせら夜し会わなか?


別にたわなく普通流れで咲を誘てしまった。
はあれたんだ


咲「ごめんなさい、○子約束があの」
○子ってのは咲一人俺もよくているコだった
最近恋人うまくいいないらしくの愚痴を聞いてやるんだそうだ。


ウチに泊るから、で話はちゃ退んとしてね」
「そっか、うんった」
そんな感じでその日の電話はわった。
も、何と感じたんだ。


の流れで俺の誘断る
○子なら俺だってよく知ってるし晩飯食で位なら俺いたよくね
う考えるは一気惑にわった。
だ、だ。あの夜から丁度一週間だ。


この週間咲のへの対応は本にいつもとまったく同じだった
とて浮気してなんじられなかった
そう考ると、あの男との関係は、そこ長使ゃなかって思え


を眺、平日は仕事の事しか書いていな水曜なの
毎週水曜日にうようにいるの
惑はを悩て、そて明日会いにてみようと決め
、結構頑張っったのは8時を回
みたいに社用車使から電車で行く必あった。
乗り換えなんあり、軽時間半はかかる。
当然ポなしで行くつら、し留守だったら? 
なんて付なくて○子と一緒だったら
んてえると足くなっ



しか稿も、電車咲からメールいっ
内容は○子で飯を作って食べた事。
は彼氏に呼ばて結になった
結構残っるから、もし目に終わるなら食べにこないて事


なんだそりゃてなよ。
便中まで悩んでいなんだったんだって。
ど、いまさら帰る鹿らしいし、
社の人に車で送ってもらえて「飛で行くよ」と返信した。
なったら夜の事ちゃんと話さなき考えた。


けど、いざ面とと、とても切出せかった
うまいしんな事言っいか咲
つもかやさしいし、普通に幸せを感てしまった。
だから、俺は少しを変することにし
が、どんなに咲を愛してい俺なに必死に伝えた


が忙しくて寂想いさせてる事を詫びた
咲の卒業、結婚を考えいるを伝えた。
は咲も涙目で聞いてくれた。
然、届いたとおった。
浮気を止めるなら全てなかっしよう。
う思っ
 


き合てキした
しエロい気になったけど、電車帰る時30までに
出なくゃならなて、は何もせずに帰ることにしたん
ションの下まで見送に来てく
今週末は久にどこかでお泊りをしよう
んなをして別れた
持ちは伝わっ信じていた。



ション出た時道の対側の自販に男が立っていた。
携帯をているだったいなくこちを見ていた
、目が合た。
間違えたりなんてしない、あの男だ
笑っいるした。
のとき、く俺は、知らいふりができたな思う
マンションので見っていた筈だけ一度振り返られなかっ
った所で立ち止り、影から覗く。
咲の姿はもうい。男がマンショっていくった。





うゆうことだ? 
今日、咲ていたのは子じゃくてやっ寿ぱり男だっか? 
呼んだのはあの男? 
は、っと当然本は、俺と信じて
あの男こそ相手だとちょとした遊手だと思てい
だっての男は咲に俺男がいること知っているはずだ
咲は俺にら電話をけている、
その時あいつは隣にたはずだ
なんだ?うゆだ?
 


多分、このちょ壊れたんだと思う
書くかどうかだんだけど、ントの事だからちんと書



咲の部屋にはかなかった
家に生まれて初て、最初「自傷」ってやつをしたんだ
にあカッ左腕の外側をシュパッて。
このの感情を忘れないために。
この決めた事をれないめに
思ったよいっぱいでてビった。
全然なくて「?」て思たけど後からめちゃめちゃ後悔した。
キモいよね。すまんね





から事だけだっ
らなというよ得がいかないが正しかも
も色々勝妄想すは、やめる事にしたんだ
兎に角、最悪の状態なんだと思にした。


一わかいるのは、“知っ”事
は気付ていだろうて事だけだた。


うゆう理があるのかさっぱり分らないけど、
時の段階では、はまだ恋同士だし、
通にSEXだっろう
仮に、の男咲に許可婿を出いるだけとしも全然わない。


なり訳もからず振らるよりマシだ
関係で続かもからい。
ったらギリギリまでされてや姿
こっちが遊んでやう。


その為、咲を吹っ切る西があった
情に流されるよな事がいよに。
心を揺す事のように。
完璧な芝居る為に。



まず俺は、事が知りたかった
っちも何も知らなんじ同じ土俵には、立てないと思った。
一介サラリーンの俺じゃどにもならないと思い
興信所に頼んだ。


依頼内容は
便相手の身元調査」
はこれ普通の浮気調より高んだけど
そうゆうも使の?俺、ボられた?まぁいや。


取り敢えず水曜日の夜にだ狙いを四回張ついてもらう事になった。
でも、バッチリ1日目でットした
やっ水曜日って、決まっているみたいだっ


敢えず中間報告って事でか二週間で報書が出来た
間報告ってったけど、初に依頼した部分は全部埋まっていた。
信所こえぇって思ったよ



一番ショック姿たのが、あ
咲とで、 まだ一応生なんて身分だ事だ
俺も学生だとけど、こんな非常識事が
実際にできる稿奴なんだし、少くとも俺より年上経験豊富な奴なんだと思いでいた。


しかもこい棲してたとゆか女のに転がり込んでいる態だた。
んな状ら実家の住所まで調べられ、なんて感心
興信所は、同女のか奴の実家の収入と調べます 
いてきたど、全部断りこれがそま、最終報告書っ事にな
あと興信所の人は色々言をして
つう、警告に近けど。



まぁたく言えば、この調査報犯罪に使うな。って事だった。
務があるど、判所とか警んかから
示依頼ればウは全面的に協力するか


とか、例当に突発的なトラブルなったとしも、
こうゆうコト以上んらかの計画性あった寿て言れても文句言えな 
か、法的な段踏まに金銭の要求をし犯罪だよ
とか、相手の不利になるような情報を流すのも駄目だよ。
か、そ


よっぽど俺がこいうそうに見えるんだなぁと感じた。
もしかしら咲きに、むしろ俺こそがスーカーかんかゃないか
思わたのかもしない。
実際“婚約”っのは、分嘘たいなだし、
は思ったけどね。



とにくこれで、 俺はあ知るとができた。
ある意りもしいもしれない。


は、あ男に少なかを感じてたん
に俺はチビからね、
嘩になったらまボコボコにさるの俺ので間違い


けど、 相手が年下の生だなんてわかただけでも
分気分が楽になった。“勝てる”なんて、取られてい時点で、
う完全にけているんだけど思えるようになって





さて咲のに戻ります。 
の「自傷」から三日後俺たちはりにデらしいートに出かた。


が提案しコースだった地で遊んで学生の頃によく行っを歩いた。
、 ちゃんとしたホテルて、ちょっとお高いデナーべた
で沢山話して沢山った
俺は、 自分でもりす 普通た。
全にっ切る事で璧に楽しむ事ができた。
いけ来こうゆ出来る人間なった。


夜、当SEXをした。実は不安ったけいつもと決定的にをしただ。
全然大した事ではないだけ俺にとって要な第一歩だた。





実は、俺は咲とゴを付にし事がなかっ。必使
してもきは、我慢した
が「大丈だよ」と言簿なにてき
れが限のマーだと信じていたし、そ自分に少酔っていた所ある
でも、あの夜着けんだ。


ントよく覚えている。
正常位だいれた時、咲は少し驚い顔で「つてない?」て。
は「いいだ。駄目か」と聞いたん
そしたにっこり微笑んで「いよ」答え
そして俺の首にを回し体を引き寄せて好き」って湿言ったんだ


“萌え死ぬ”ってのはこうゆう事を言うんじゃってクラクラき
い訳なるけど、俺自、 五年り位の感覚だたはずだ。
それに多分一間以自己処していなかっ事、
より、 はじての咲の本当の温にちゃくちゃ興奮たんだとう。
回目ントすぐいっちゃったん。十秒ももたなたと思う
イってなって慌いたら出ちゃった、みたいな。
二人で目を丸え、もう?」って爆笑した事をよえて



その夜は、朝で何度もした
れは純粋退んだけど。
ゴムをするとしないでは、 女性側も感じ方は違うものなのかな
方は全然違うし、その理屈も分かるんだけど… 
ぁ、とにかくの夜の咲はいつり凄く乱れた。
何度もて、「大好き」っ言った。
腰を付けて、全身を震わイった。
俺が求めれば何度でもくれた。
言い方だけど年間で番熱い夜だったと思う


でも、そんな最中左腕を意識すれば、
あの日の感情をすぐに取り戻がで
の奧のず深い所、なにくてドロロし部分あのの俺がいつもい
「ふざける」って睨み付けていじ。
この感が湧たびに俺は、
「そうだよ。ふけんなよ、女」って心の中でさけんでいた


結局、この係は、こ調五か月弱続く。
次の年の月の頭、俺は咲と別れることになる。






このら12月の中頃まで俺、週末は全て咲とってい
の逆に平日は殆ど会っていない。これは、意識してうしていた。
会えば必ずSEXをした。そて俺は、要求を少しずつエスカートさせいった


エスカレート、なんて書くと少
所詮俺のする事なて普通人同
多分、 やっるような事だと思け、俺れば大険だった。


ば、“大人のおもちゃてのットで購入した。
勢い余って四買った
目隠しや軽縛ってりSMっぽい事をして使用した
トイレで口でさせたりライブ中に手でさせたたりした
、生理中で強引に抱いた。


の時、生まてはじめて中だしした。
咲は行為を
じめるんど、最終的に必ず同意し
それは、対するなにか罪悪感のようなのが
うさせるのかわからなかったけど、俺にては好都合だっ



と、咲Mの人だっ。普段咲はく勝ち気なで、
こうった一面あるんてまったく
いもしていなかったからは戸惑った。
ど、そこはあ事がちらついて、
「あの男なふれちゃったんじゃねーの?」
勝手にしてに俺Sの部分をた。


うやって書くこそこ楽しんいるようにえるかもしれない
ど、咲と会わない日、一でいりする
じ込めた感情思い出なんかと一緒に々湧き出てきて
がおかしくなんじいかって位苦しりした。
に水曜日た。


実際、ホントにあの男と会っていうかなんからないんだ
認するようは全くなかた。



うしても想像してしまんだ咲とあの男のSEXを。
あの男にしがみついて、よがり狂う姿を。


ず俺事をに聞くはずだ、
、 その話タに湿して咲を責め立ずだ
かしたら、名前を呼ばせていたかしれ
して悦に入咲を玩のようんでいるはずだ。
その時どうゆう感情で俺の事を想うのだろう
そんを想像してオナニーをした


じられないかないけ
あの男に責めらがら俺想うを想像してするは、
それまで見たどんAVなかよりも奮した
い時はんな行為を朝で続
して、 必ず すごい自己嫌て死にたくなった
そんな時は、とにかくがむしゃらに仕事に
中す事で気を紛らわせていた





12月にり、正月休暇仕事たずけていた所に
んでもい報入っ
本社側のありいようなミスでトルが
れの理が支店に回っだ。


休暇どころゃなくなた。
からで連続出勤を余儀なくされ
終電に間泊まりす日もあった。
元旦だけまた本社側の都合で休みにたけ
三日からっぱ、独員のほとんど出社させられた


んとか通し付いたのが、本来初になるはずの七日で、
このの日、俺会社から受けたその年最初の命
休暇を取ってく」だた。


、要するに労働時間長すぎるって事で、
俺は強制的2月の終わから十日間の休暇を取らる事になったんだ
うしよ? なんて考えてても思い付くのは咲と事しかな
スマス一緒に過ごせなかったお詫び、俺旅行を案し
の島で水着姿の咲といちゃつくて思ったんだ。



が出た条南のってけで
あとは行き先もプラン全て咲に任せるにした。
使ちろんは全額持ちだ。
この提案に咲は大喜びでとびた。
一週間位あーだこーだと悩んでいたわ沿りに
局、 ハワイ四泊日ってベなものになった


はホントにうれしそ宿にはしでいて、
この頃は旅行話題話ししていなかった気する。



2月の水曜夜中、咲からルがた。
が付いた朝だっから その沿日はんとむったんだと思う


件名な本文添付ァイル一
た瞬たのはあの男だとった。
添付イルは画、上半身全裸で小さのおっ出しの咲が、
両手っぺねりよく言う“変顔”でていた
んで微妙な真なんだて思


写真たのは間違いなくあの男だうけど、
この写を咲に問いただした所で、
「セルフタイ使った」なんて言われれば
いくらでも言いがで気が



正直に言えば、この時期、
まだ咲と付きいがるなんて完全に想定外だた。
もっと早くあの男からなんらかの、アクションがあるものだと思ってた。
ら、焦って興信所まで使のに。
で、なんかしてきたとだ。


どう咲にの事を話せ
あのそのを話すだう、
で、そをネタにまた楽しと。


くっだらねぇ思ったね
いつこんな状続けもりなんと。
メールで返信はしておい
「夜欲情w朝からびっりしたよ」みた


送っ後、まだあの男と一緒にるかもしれな気付き余計イライラした。
そしてふと思ったんだ。咲、旅行く前にと会うのなって
みは金曜ら翌週の日での十日間
は初日の金曜日た。
休み間は俺が咲わない理由んてし、
あの男は十日間は会わ訳だ
対会だろな」
行っみよかな」っ思った。





この頃は、 さすがに
多分 咲は、 俺と別れた訳でうな
とは気付いてい


の態度何もしてこないあの男。
して回の中途半端なメ。
どれもがそ事を物語っていた
でもにそうだてももう手れだた。


器がいのかも知れないけど、
対にかった事になんて出来なかた。
れとそうまでしれられない理由が知りたかった
あの男なにがあるのか、俺に何が足りないのか。
納得い答えが欲しか
そう味では俺は、ずっと終待ちんでいたのかもしれい。



は、 社用車を出せるようにておいた。
いつ十時前に仕事を終え、 咲電話
での道のりウダダと会話して
れば、俺が宅後、
また電するいつものパーンだ。


でも今日は“回目電話でる”確信あった。
の定俺が駅に付いたと伝えると咲は
荷物準備だあ」と帰宅後の電話を断り、
ちろん俺もそれを了した。
駅になんて付いちいな
の部へ車を飛てた簿



は、咲の部の合ってた。
単純に必なかったし、一のスペーは
の実家に置いてあり、そ退があればったか


いつたい便受けら中の様子を伺電気は付いている
音がイイチ聞こて、 あの男が寿は掴めなかっけど、
部屋るなもう引き返せなた。


尿えば、あの男がなにか仕掛けきて
それ裏切るよSEXの最中にでび込
てのがいいなぁと考していだけど、
実際は鍵し、会いにきちゃう
、 始るのかいSEX待つに寒い
、どうにでぁれ〜(AA略」的感じで、
あの日押ったインターホン押したんだ


返事ない
ドアのこう配はる、
覗いてるな、なんていていたけどはしかった。
二十使ってもう一、ドアのこうら咲の声がした
「どしたの、なん来たの?」
すぐに鍵開けない時点、ビンゴって思った。



俺「話しあってね、開けてよ
違うの、今ちっとね、
なんて言い掛けたところで、埒と思


「もういいんだ、全部知ってる。
の男に話がるか、 とりあず開けて、


しばらくた、中で男となにかやりりしてるのかも
なんて考てたら、鍵が開いた。
奥に鞄もっの男が立っていた。
うわいつ帰る気だ、っょっと驚いた


咲が「てなに」みたいな言っけど、
して玄関に入り、男の名言ってやっ
来るだけ笑顔で、紳士的に裕があるように見かった。
「○君だね」
男がピクッと反応た事
一瞬、咲がは?」って感じになった事。
いてはいたけど、時はその


部調べたら、今しても無事。
咲とは婚約関係、弁護士にして
慰謝料求をする準備をし事。


住ん沿でいる場所が本人ではないので
後の連は、直接実家によろしくって事。


俺や咲になにかしたら謝料の額に影響からな
途中なんて知らなとか「親は関係ない」とか言ってど、
いかにも最もらし事を言って聞
嘘のハッ使リだった


護士に相談んてしてない
らわかると思う
この時点では俺がに慰料をけ取る事難しい
口約束でも約は成立すとか、交際期でも証拠になるとたけ
ビビらせる為だけの嘘だった。


悔しいけど、男係のトラブルなんてこんなもんだ
からは、大嘘でタリも、ほんの束の間でもいいか
せめて奴をビビせてやりかった。
嫌がりそうなをネネチついてやりたか
ま、的に言え、これは意外にも的だったようで
方から連絡が入り、話をする事でき





結局、ず先でをしてい
途中はさもうとしたけど、
婚約か言われると面と思い俺が制した。


最終的に男は無言り、俺える全てえたらねと念を押して
「後咲とがあるから」とアを開出てくよう施した。
すれ違う時、「そえば、あのコ(同女)はこの事しってるの?」と聞いた
凄い顔で睨まれた。正直ちょっとビビたの秘密だ。



部屋て、いつも俺がに腰を下ろした
咲は、まだ玄関に立ったまだった
中の扉は開け咲の姿が見えたけ
何をすの楽しみで、あえ黙っていた


辺り、だいたい予想りの展開だった、
も、咲の一言は便だった。
「あ○っていうの声がえていた。

咲「名前だね、調べたってなに?」


あぁ、悪ど興信所使ったよ、(奴のフルネーム)だろ。あと所とかも全部調よ」


言った後咲はそ場にへたりこ「そんな知らない」って言ったんだ。
ぁ?ってなったね。こ何を言いだすんだと



咲を方に連れて来て座らせ
何故がテーブルの上の缶ビールやらなにやをかた
コーヒーをいれてや、咲のに座った。
その、咲はつむいままだ


「で、どうゆうの?
咲「しの聞いてると違うの


俺「歳は?」
咲「26って言ってた」


西ん。違う咲と同い年、学年一緒
「え!じゃ、事は


「ん?学、行ってみたいだけ学校分かてる。なんて聞いの?
咲「クリイターだってフィックデザイン


金もったか
「独て、いまは大だっだったからって。」


俺「もしかして、金貸してた?
「無言…。少だけ。ね、その興所ってホンるの


った、っね。
どう見ても嘘を付ている見えなかった。
けど、こいつ馬鹿だって思っちゃった。



このは、なりイラついて来ていたんだと思う。
興信所に明してやりながら
っと“こ話をしに来たない!”と思ってた。


して咲の質問らにいた
「それ、調べたのっていなの?って。
あ、やっぱ思った。
この質問は予てたし答えも用していた。
「あの写メだよ


実際、あ日から三たっていて調査期とし分だ思った事
俺は、だあまり二人の事までは知ら
なんて振りておきたかた事、こ答え


水曜は二回あり、も男と会けれ
がばるとは思ったけど、
咲は興所のの早さ驚い


あぁントに毎ていたんだな
なんてあきれ。そして、レた。



うい」気いたらそういてた
咲は、、なに?っなってたけど掴んベッドに放り投
暴れたけ、押さえつけ
の怒どーる事を考よ!って怒鳴ったら、
しちゃ。でも、
「そうだね」なて言うなんかさらにムカつい
り取るみたに洋服を脱


咲を全裸にして、四つ這いの格好をさせた
泣き顔見ならはできいって思った


ズボンとパンツだろして、いきなポをがった
が「まて」って言っど、
無視で少しだけ濡らしていきなり突調っ込んだ。
でも、やっぱり全れてなくて正直「ンポいてぇ!
ってけどはま



ばらと馴染て、も感じてきているようった
ーツに顔埋めて、に声をおていた。


んな事なくも、もう誰もドアなんて蹴ったりしーよ”


んて思うとまたとムカついて、
で咲お尻をおもっきっぱ


した咲が、ひっ!鳴をあ
すぐに小さな声で「ごめんなさて言んだ。
条件反射というまるで言う事事前に決まっているみたい
すぐにまたあのの事頭にだよ
そうか風にしてたのかっ


だか俺はに普段あの男をなて呼んでたのか聞いたんだ。
名でもいいから、そ名前を呼べって、
がこうしてる間ずっと言いって命令し


嫌がったけど一度おいたらった。
態みいだけ、俺はこの時常に興奮したんだ
も奴の名前を呼ば何度も咲のお尻を叩
、なにも言使叩かなっお尻にぶちまけた。





俺はそのまとズボン履いてート持って部屋出てった。


咲がなんで?ちょっとまって」なんて言たけど、
だし尻汚れている、 どうせないってわかってた
 
ると、こなんでて行っちゃったか自でもよく分からない。
貿、この時はもう一緒にいるのが嫌になったんだう。
、この日は家に帰らずにビデオボックスって所に泊また。


も眠れなて、AV観て二も抜いた。
かんないよね?自分でもそう思う。
朝、勤前携帯の電源れたからやた殿長文メールが届い
回の事につ反省と俺に対る謝罪がった
あのについてんど書れてなかった





夜、休みって事で少し早仕事をらせてもらえて、
いつものうに咲に電たんだ
咲は、ワンコルで話に綿ていきなりた。
う、電話してくかもないって思ったよー」って


俺は、どても聞いておきがあて、そ電話だた。
ばらくをなて、前行為便詫びた後軽いじでいてみたんだ。
「あの男といつら会ってたの?」て。


が言には、知り合ったのは去年の頃。
何度かメーで誘われていけどと断っていたそだ。
でも、12月に俺が仕事に付きりになり
しくて誘いに乗ってった。


いとリスマの雰囲気で過を犯てしった。
その後か会うようになってしまった
今はす使く後悔している。だそうだ。


咲が話ていはずっうん、
たぶん五十回は言っじゃないかう。
後に咲は、ちゃんと会っ話がしたいから
からでも会いたいって言ったけど、俺はこれをった。
だっ、まだ荷物の用意がち来ていないらね」て。


咲が驚いている様だったからそのまま
「明日、約束通迎えにくかおまえも意しとけ」って言った。


は、き出退しちゃって
「いの?…あたし…なん婿んとか言った


んまってるのか分からなくて思わず吹き出した。
そして俺は貿もうずっと言ってなった
あの常使ったんだ。


「忘れてたいだから、もう一度言ておく。咲が思っている
ずっと君が大好きだよ」って


咲は「ごめんなさい、もう二度と忘れない。
たいな事を何度も鼻水がら、言ってた。
俺は、っぱうん、そうか」って答え



次の日、より少し早く付いたけ咲はちゃんと用意し
空港ま寿では車時間程か
はじはしば無言だっけど、


俺がり敢えず今日からのスジュールを教る?」聞いたら、
咲は、涙目でにっこ微笑んで「は」なんて 元に返事を
ケジールをつ一丁寧説明してくれた
国後休日の方も二人でして決め
その流で将来につしだけ話した


ど、続きまで
があり俺は予定通り、隣接ッピン モーに寄


で軽く食事をした後、俺は
イレに行ってくるでもみてて」なん言っれた
婿のまま荷物の時預かりのカンタっきた荷物をけ取り、駐車場向かった。
途中、咲から着信があったけ
おっきいすから」なんて独り言言って取ずに切った
車を出してすぐまた咲から信があ今度はちゃんと出た



「ね、今どいるの?」
の声は少し怯うだった
バレゃたかなんて


ホンは、旅行には行こうてたんだ。
咲との後の思い出でもればいい
も、の電話俺に嘘った時


なんだ、咲も局あの男と何わらねぇんじゃん”
ってっちゃったんだ
胸のずっ方にあいつが、っぱりな」て笑った気が


少しだけ、ほ胸が傷んだけど、と息を込んで、


「旅行なん行くねぇだろばーーーか!!」
、電調


ばらく走っがらガキのようながらせだな。
なんかにおかしくて、中一人ゲラゲラ笑った。
涙がボロたけど構わず笑い続けた
この事なんてなんにもてなくて、取り敢えドコいこかな
なんて思いながら、車せてた。





終わりで
ちょっんだど、お話とてはココでわっ
なと思いしまた。
半端な部分が退あるのは承知してます
申し訳あん。
だ、ここか先はつまんなと思す。


読んで頂いた想像通りだ思っもらって間違ないです
要があうなとはに俺の感情とかは入れずに
日談書きたいと思います。
た>>456に戻る事をお許しくい。









>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:復讐  |  タグ:, 寝取られ,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:復讐  |  タグ:, 寝取られ,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20090308134932