2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

ペロとのプレイ






こんばんっ。
を出しすっごくエッチなわたしのを懺っ。
、中2です。
ージけっう中学生の人がいようだからわたも思い切って懺悔します。
掲載、可す。
ぱいに読んでもらいたい。
あっ、申した、「しょこ」稿
胸囲78です
他の人たちとおんじで、わたしも親の仕事の都合でときどひとりではしなきゃないんですよね。
学のとちらかとかにいてくですが、中になってどちらもいことにした。
じめはやっぱりしくて心ったけど、番犬てぺロ(仮名、けました。ほとは ♂ 2才)を買っれました。
ぺロは中型で、家の中で飼ています。
犬にはむいてないみたい。
なつこすぎて、だめです。
淋しときはベッドで一に寝たりていました。
2年生になっりのことです。
そのロと一緒に寝ていですが、中に目を覚ましました
ッチな夢をたんです
夢の中でわたはベロなく知らな男の人裸でだっこさてる夢した。
たし沿はその人にのあこちスされてまし
目がめてどきどしていました
ふとんの中ではベロが丸くなって寝まし
ときった
ベロだの子なんだよねって


そのときのわた頭の中がひりりすに麻痺していたいます
のあとわたし行動はほんと、無意識たのです。
わたしはパジャマも下脱い裸になってしました
そして眠簿ベロをぎゅっ抱きしめたんです。
も目をくりましたが、わたしがっこすると気持ちよさそうにしていました
だかでをだっこするてでした。
ったかいし、からだの肌にさわさわとして気持ちいです
ペロがわからなかだったけど、長いでわたぺろぺしてくれまし
それでペロ(仮名)なんどね
閉じる、まさっき夢の続きみた、誰か知らない人に顔をめられてるみたいで
ロのだをざと下の方におしみました
かのあたです。


わたがふ思った、ペロはふとんの中でくると回始めした。
するとの毛がたしのはだかのやおなかすぐるんです。
わたまらずにかていたふとんを跳ね上げました。
ペロもびっくりしちってきょとんとさせていました。
でも、寝そ下をるとだかのわたしのからだ見えました
急にこわくなっまいました。
ってだろ。
しはすごい悪いことをしたになしまって、でぺろをベッドのに突き落としました
ごめ、ペロ
びっくりしてた
してわてパジャマを着てふとんをかぶっですが、どきどきなかなか寝付けまんでし
でもいってしたらしくおきるとペロは部屋の隅でくなって寝ていました
っきの夢みに思ました


制服に着替えようとパジャを脱いだと
のあたペロの毛があて、改めてさっきことが夢じゃなかったて事を思い知りました。
学校にも思い出すたびきどきしちゃって、授業に集中できませでした


れかくは何事もごしした。
でもペロを見るととどき思い出して心さく鳴りまし


6月になってからです。
た夢を見また。
は誰かがだかの私抱きしめておっぱいちゅうちゅう吸ってんです。
中のわたしはの人を押しのうと必でした。
するとそ西がひょいたんです。
ペロでした。
夢の中のわたは「ぺろならいいや」と押しのようとすることをやめてしまったです。
そこで目が覚
屋の中まっらで静した
わたし臓の音がどっんどと鳴っていまし稿
その晩はペロはビングにいました。
「どうしてペロならいんてってしまんだ
中の自分いかけまし
もその答えを知ろう心臓のどきどが激しくりました
そのはと姿う寝付くことませんした。
だって寝てしまとその答に見うだら。



次のら帰てきてペロのに出かけました
の日はスカトをはていました。
は夢となん忘れていうな気がします。
つも近くの公園にした
もいかったで、首輪をはてあげました。
とペロはぴょんぴと大喜びです。
くに誰かがたのでしゃがんでペロを呼びま
ペロまっすぐわしめがました。
勢いがついていペロはわたしのずぼっを突っ込んだんす。
そしてそのとき、ペロの鼻が下が、わたしの敏なところ触れたんです。
わたはびっくりし立ちがりした。
するとペロが「どうした」という顔をしてたしを下から上げす。
そのときのペロわたしのスートらのようなかっこうした
突然頭の中に前の晩のが浮がったです
たしの敏感なところがきゅとなな感したです。
のことがわたしを驚かせました
手はペロ、仲といっても犬なのよ
中がぐらして地面まわているみたいでした。
ペロふりながらわたのスカートの下か見上げてました
周囲をみまわしみました。
さった人影どこかに消えていした


その瞬だっです、頭のんだんで
一回ロにめさてみうか
わたしはよろよしゃがみこみ
げる、スカートが開す。
ロはきょととしてわのようすを眺めいます。
ロの鼻息がわたしのスカートの中かか、裾がらひら揺れました
ペロ、さっきみたいに頭っ込んでもいいのよ
わたは知ない息が荒くいまた。
ロは依然としてきょとんしたまでた。
「ほら、早く」
はほんの少しからだをペロに近づけまし
そのとき、遠くの方人影見えました
たしはあわち上がり、ペを引きずして戻ったんです。


ところが、そ晩も夢てしいました
はだのわたしがペロにからだをなめられいました。
くすぐったくてからはねけようとすのですが、動けなです
はわしの背中に乗って息をはあさせてわたしの背中をろしていました。
う人間の姿を借りてはいなかったのです。


目を覚ますびっりでした
たしは自分の欲望をがでなくなってしまったのです。
わたを閉じて、さの夢のことを思い出しながら、オしまいました。
もオニーのとき、相は人た。
顔はありませ
からだだがあるのです。
どうしもペロをい浮べてオナニーすることはできませんた。
のう疲れ果てていの間ってしまいました
するとさっの夢の続きを見
かがわたしっていました。
らだは間でした
れども振り向いたき、顔はペだったん


朝になってましたたし自分への嫌悪感でいった。
けれども学校に行っても頭の中で夢のことばかり思してしまうん
い出たびに頭振って振り払いました
が休み時間にトイレにって愕した。
下着の内側が濡れていたのです。
の淫らさを思い知らされて目前が真っ暗になるようでた。


後の授業はまっ頭に入でした。
「ペロ犬なのよ」
かせうとするですがそのたびに朝方の夢がい出されです
着の内側でんと反応してしまうはしたない自思い知らされるのです



日はペロの散歩はお休みしました
なら帰ってくるとペロを抱きしめてあげるのですが、そのはどうてもできませ姿でし
飯を食て、わたしは屋に閉こもりまし
いつも見ていたテレビもんでした
向かってただじっとしいたのです
気を紛らわそうと思ってCDをかけしてみたですが、何を聴いいたのかえ思出せませした。
わたしは変なだろうか」
がペロとあんなことって無意識のに思っていたなんて。
えるたびにたしの下着の内側では反応しす。
その感触は決して不快なものではありませんでした。
わたは自にとまどいたです
その晩は疲れもあって、10時前に眠ってしまいまし


た夢を見ました。
前のす。
はだかの男の人がはだのわたしの背中のしかかっていま尿た。
後ろを振り向くをたらっていました。
たペだったら
夢の中わたしは意地振りくまていまし
するといつの間にかたしはベッドに掛けているその男の人の股間に顔をした
見たこといけど、にょっきが生ていした
しはそれを口に含でしゃぶっていた。
フェチオです。
ャンィーをしゃぶるみたわたしはそれをしゃぶていました。
わたの髪をつか私の顔をひきあげようとしまた。
わたしは顔いとして必死それゃぶり続けました
そこしまたペロ顔があったら。
夢の中のわたしはでし
もととうぐとひっぱりげらてしまいました
わたはその男人の顔見てしまったの
それは男のはありません
ロでもあませんでした。
なんとそこにあったしの顔ったの
たしやっ笑いた。
わたしは悲鳴をあげてした。



ょっとしたら本当悲鳴あげたのかもしれまん。
っと目が覚めまた。
臓がばっくばっくんしていました。
今のは何?
たった今夢にわたしの頭のは混いま
またそうなくらた。
とパャマの下の中に手を差れてみました。
下着の内側と濡れていまた。
あんな夢で
分が恐ろしてしまいま
あんな夢でんな濡らしてしまうなんて


ちろん、ニーをしあそこをいじば感じるし、濡れるということも知っいま
えたての1年生の頃してたんですから。
カズはこのHPです
今です。



のときわたしははっすることきなったです
分をいつまでも殺してしま必要なんてないんだ稿いました。
はっきりしたなんてりませんした。
でも何か自分の中でふれたというか、いつでもあんな状態でいられないと考えたのす。


でも稿、今なら自分なりにを説明できま
男の人もペロも、けきょくわたしのいやらしの仮の姿のです。
の淫らな欲望の化身だったのです。
こと思いされしまったのです。


その日は両親が下寝ていまし殿たので、なんとかがまん
次のはひと留守の日でした
学校いるときら頭の中ってからのこといっぱいした
調除を終えるとは飛ぶように帰ったです。
家にしかんでた。
で来てしっぽ迎えくれまた。
ょっうしめた尿さを感じてしました。


だってこれらやうとているこはペロを巻き添えにするとなんだもの。
いで
しゃがん手を広げて呼ぶペロはしっぽをてわたしに抱きついてきました
めんね
心の中でそっとペロ謝りました。
冷蔵らマーガリンをとりました。
それからわたし貿えて階段を登りました
階段が苦手なん


屋に入り、ペロをおろけました。
しっぽをふって部屋のると飛び回りした
ようながめながら便わたは制服を脱いでい
指がふるえてブラウスのタンがうまくせませんでした
頭のぐるるみ
も心臓のどきがたかまっていくのがわかりました。


そしてとうとう全部脱いまっんで
全裸す。
ロはまだ部屋を飛回っ退
ペロと目があいました。
ず腕でからだを隠してしまました。
ペロたしの足元にました。
臓のあたりにがどくんくんとれ込むような感でした。
れでんとか腰をかめて両腕をげると、ペロがんでわたしのび込んした
はだかのたしの胸をちくちくと刺激し
目をると、方の夢の中にいるみでし
わたそこじんまし
うっすらと濡れ始めているのが、らなくてもわかりました
「やってうよ、今やらなくちゃ、こんなャンス、もうないかもしれないよ
心に悪魔って住んでいるんですね
たしも悪魔ささやきに逆らうことができったです。


ロを下に、持きたーガリフタを開け
も指ですくってペロに宿めさせたこがあります。
そのときロ、
らこのとロはマーガンがらえって大喜びでした
マーガリですいました
もその指はペロの鼻はなく、わたしのお尻まわっていき
そしてその指をお尻塗りたくったんで
ぬらっ感覚があまりいい気持ちではありまんでした
も我慢してできまんべん婿お尻延ばしたす。
め息がした。
とんでもないしようとているへのれみのた息だったしれません。
たしは床の上ににして寝ました。
ペロはきんとしていたが、お尻のマーガリ気になるか、落ち着きせんでした。
たしが「し」いうを待っていようで
はちペロに言した
し」
そのあとは顔をることがきました。
で頭を隠に顔を押しつけていま
ペロの前足を私のふとももにかじました。
瞬、びくんとはねりました
よいよだ」
そのあっとていました



ペロのした舌がわたしのお尻始めまし
リズミカに動くたびに全身快感が走るした
そこもじんじってくのした。
頭の中は白です。
どき方の夢のシーンが頭浮かび上が
びに今何をしているか思い知られるんです


とうやってしまった」
とんでもないことしまという後悔の念とずっにまで見てが実現したという両方の思いが混じっいま
やっぱりれしさのがはるかかったようで
人間としての理性は膨れあがっ欲望のずっと底押し込められていました。
尻のマーガリン、全部なめつくしのでしょう、ペロはわたしから離れっぽをふってしを見つめていました
ペロなのに、わたしの顔は真っ赤にました。
ロがしっぽを振ってるのは、「もっとちだい」という意味です。
にたまった液をごくんと飲み下ました。
「もと、ほしいの?
ペロしっぽの勢いが強ったようがしまし
わたはよと立ちがり、机の上置いたマーガリの容器を手に
で、度はさっきよりもいっぱいマーガをすくいとりました
今度は胸に塗ました。
両手を使おっぱいにまんべんなく塗りした。
もちろん乳首にも。
は他よりも計に塗りました。
らぬらとした感触がな感た。
でも乳首にマーガリンを塗るとき、からだがはね感じてしまいまた。
敏感になっていました。
と上をりこりにしいま
これ分がしようとしていること思い知れたようなしました。
あそゅんじスをた。


こんなことして感じてたしは、ものすごッチな
う考えると胸がどきました。
ロは「おいで」とい声がかかるのいまかかと待ちわびていまた。
「そんなにわほしの」
ロとふりっといことをいいことに、口ペロしかけました



です、ペロしかいいんです。
を出したっていいんで
で」
ベッドに仰けで横たもペロに話しかけるようにきないました
っぱいは小さいので、からだを起こていればふくらす。
テニスボールがたつくっついているような感じ
はいいのですが
自画自賛(泣) けれど仰向けになるとぺっんこになっいます
も乳首だけがつん自己主張しています
待っましたと稿でもいうに、うに駈け寄ってきました
はわのおなかにのました。 つめがょっと痛かった


ペロは乳首から始めました
ざらのがリズミカにわたしの乳首をなめわしました。
あうっ」
わず声がもれてしまいまし
はおなしに舌を動かし続けました。
膚の下電流が走るよな快感でし



こりりに固なった乳首をなま暖か舌でれると
のたに頭てっまで快感が突きいきます
分でするのとは違います。
ですれのリズムを動かすの、相手のリズムわせなけれらないの
動きがきどき止まってらされたり、急なっとまどっ
の不規則のリズしのをいもより高ました。


おなかの上のペロの重がひとしていではなこと感さてくす。
ロのしっぽが動くと、うどあそこの毛のたりなさわわと刷毛でくすぐているみたいでした。
両脚大きく拡げした
するとぴょこんと木の芽のようにき出リに触れてくるん
乳首だけですごいのに、同時まで刺激されて、だがびくんびくんとねあがり
そのたびにおなかの上のペロもちょっていまし
あそこからはおしたいにジュスがあふれているを感た。
なくてもわりました。
お尻の方までべったりいました


自分でも無意識のうち指を口にくえていま
のおちんに見立たんだとます。
的なの人のイメジはなかったけど。
ロはのマーガリンをなわるとめ始めまし
ぱいいっても寝そべっているととんどぺんこ。
だけ突き出る感じ。
からだを起こしてみま
とどょっと、おっぱいらみがわかるようになります。
ペロも頭を上げガリンをなてい
っちゃっていっけど、ってからだをすればいくらかはぷるんぷるんんですよ。


たしは左手でおっっくりとした
右のおっぱだペがなめてくれいます。
じるとすっごくいち。
で雲上でゆら風に揺られてみたい。
自然と出てう。
無意うちに右手の中指を中にぺろぺろしぶってまし
わたしっ、エチ。


ペロがわたしふとももにかちょっとかったです
おっぱいのリンをらかたなめつくすと、ペロは今度は左っぱいをしがました。
わたしも右手と左手を入れ替えます
のざらつい舌が寿ぺろぺろす。
とはまた違った快感
わた、ひとりでるときはいつも右のいをもむことが多いんです。
だから左はりし
感じないわけじゃないんだど、どうしてだ
ちょ疑問
ペロ荒いが胸にかりま便



>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:, 獣姦, 野外・露出,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:, 獣姦, 野外・露出,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20090916113107