2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

ペロとのプレイ






こんばんわっ
日は気を出てすっごくエッなわたしの事を懺しますっ
今、中2で
このペけっこう中学生の人が多いようだわたしも思い切って懺悔しま
ろん掲載、可です
いの人に読んもらいたい
申し遅れました、ーこいいます。
胸囲は78です。
の人たんなじで、わたしも親の仕事の都合できどきりでお留守番はしなきゃならない綿すよ
小学のときはどちらかがなんとか家にてくれたすが、中学姿ってからはどちらもいないことになり
はじめはやっぱりくて心細かったけ番犬にっ(仮、今つけま。ほんとは別の名前  2才)を買てくれ
の中で飼っいます。
でも犬にはてないみたい。
人なっこすぎて、めです。
淋しいときベッで一に寝たしてました。
2年生になったばかのことです。
晩もベロ一緒にていたのです中に目をましました。
を見たんす。
夢の中でわたしベロくて知らない男の人裸でだっこさてる夢でした。
夢の中たしその人にからだちこスさていました。
が覚めきどきしした。
ではベロってした。
そのき思ったんです。
て、男なんだよって。


のときのたしはがひひりるように麻痺していたと思います
あとたし動はんと、無意だっす。
たしはパジ下着もで裸になっまいました
て眠ってたベロをぎっと抱きしめたです。
ペロも目覚ましてっくりしましが、でもわたしがだっこするさそしていました
でペするのはじめてでし
あったし、から毛が肌にさわとして気持ちいいんです
ペロもがわからなかたよたけど、長い舌でたしの顔をぺろしてくれました。
それロ(仮名)なんだけね。
目をと、まるでさ夢の続きみたいで、誰か知らない人に顔をられていたいで
らだをざと下の退におしこみま
胸やのあたりです


わたしふざけてと思か、調はふとんのでくるり始
るとの毛がわたしのはかの胸やおなかくす綿んです。
たしはたまらにかけていたふとん跳ね上げました。
くりしちゃって、目退させていました。
も、寝そべっまま下を見ると、はだかのわたしのかまし
急に、こわくないました。
何やてんだろ
わたしはすごい悪いことをってしまって、足でぺろをベッドのに突き落としました。
ね、ペロ。
っくしてたみた
そしてあわてパジャマを着てふとんをかぶたのでどき寝付けませんでし
でもいつのまにか眠ってしまったらしくきるとは部屋のて寝ていまし
さっとが夢いに思えまた。


服に着替えようとしてパジャマをだとき、
おなのありにペロの毛があって、改めてっきのことが夢じゃなかって事を思い知りまし
学校に行っても思い出すたびにどきどきしゃって、授業できませんでた。


それからばらくは事もなく過ごしました
もペロときき思い出して心さく鳴りました。


6月になってからで
た夢を見た。
今度は誰かがはだかの私を抱きして、っぱいゅうちっていたんで
の中の人押しのけよ必死でた。
るとその人がひょと顔をあげたです
はペロでした。
の中のわたしは「なら調いやと押しのけようるこをやめてしまったです。
こでが覚めました。
屋の中はまっくらでした
たし調の音けがどっきんどっきんと鳴ていた。
ペロリビにいま
「どうしてペロないいなんて思ってしった
夢の中の自分に問
そのえを心臓のどきどきが激しくなりま
の晩はとうとできませ
て寝答えを夢に見そうったら。



次の校か帰ってきてペロに出かけました。
日はをはいていま
そのときはこといたような気がします。
いつもに近くの行きました
誰もかったで、首輪をはずしてあげした
るとペロぴょんぴょんと大喜びです。
かが来たのでしゃペロました。
ペロはぐわたしめがけて戻ってきました
そのとき、勢いがついたペはわたしのスカートの中ずぼっと頭婿っ込んだんです
そして、とき、ペ鼻先下着越しですが、わた感なところに触れたんで
はびっくりして立ち西まし
が「どうしたの」う顔をしわた下か見上です
のときペロ、わたしのカートを下からのぞようかっ簿うでし
、頭中に前の晩の夢かびがったんです。
わたの敏感ところがきんとるような感じがした
そのことわたかせまし
「相ペロなしとい犬なのよ」
頭の中がぐらぐらして地面がっていみたいした
ペロしっぽをふりながらわたしのストの下から見上ていまた。
周囲をみまわしてまし 
っきた人影もど稿消えていまた。


瞬だたのですが、頭の中に浮かんんです。
「もう回、ペロめさうか」
わたしはよろよろとまたしゃがみこみました
を拡カートが開き
ロはきょとん顔をしてのよ眺めす。
ペロの鼻息がわたのスカートにかかり、裾がらと揺れました。
ペロ、さっきみたいに頭を突っ込でもいのよ
わたしは知らなに鼻息がなっていま便した。
依然してきょとんとしたままでし
ほら、早く」
しはほんしからだをペロに近づけました。
き、遠方に誰か人影が見えした。
たしはあわてて立ち上が、ペロを引きずるようにして家まで戻ったんす。


ところがその晩もてしまいました
はだかがペロにからだをなめられていました
たしはくすぐってからだねのけよとするのですないんです。
ペロはわたしの中に乗って息をはあはさせわたしの背中ぺろぺろしてまし
ペロはう人間の姿をいなかったのです。


を覚ますと汗でびっしょりでした
しは自分の欲望を殺すことができなくなっまっ
わたしは目を閉じて、さっきの夢のことを思いナニーました
でもナニーのとき、手は人間でした。
はあませんでした。
らだだけがあるので
どうい浮かべてオナニることはでませんでた。
そのうち果てつの間にか眠いま
とさの続見たので
誰かわたし中にした
からだは人た。
けれども振り向いたき、顔はペロだたんです


にな目をしたわたしは自分へのでいっぱでし姿
けれども学行っも頭中で夢い出てし
思いを振って夢り払いました
ころが間にトイレに行って愕然としました。
着の側がいたのです。
尿らさを思い知ら前が真っになるよした。


午後の授業はまく頭に入りまんでし
「ペロは犬
自分に言い聞かせようとするのでが、そのたび朝方思いされのです。
そして着の内側できんと反応まうはしたない自分をい知されるのです。



そのペロ散歩お休しました。
もならってくるロを抱てあげるのですがの日はしてもできまでした。
飯を食、わたし 部屋に閉こも
つも見てテレビも見ませんでし
机にってただじいた
気を紛らわそうとてCDをかけたりもてみたが、何を聴ていたのかさえ思い出ませんでした
「わたし
自分がロとあんなことしたい意識のうちに思っていたなんて。
考えるたびにわたしの下着の側では反応していたです。
姿感触快なものではありませでした
わたしは自分にどっいたのです
そのは前の晩の疲れもあて、10時前に眠ってしまいました。


た夢を見ました。
の晩と同じで
だかの男の人がはだかのわたしの背中にのしかていました。
後ろを振り向くのをました。
またペロ
中のしは意地でまいとしてした。
といつの間にかわたしはベッドに腰掛るその男の人の股間にを埋めていました。
見たことないど、にっきりとしたペニスが生えて
わたしはを口に含んでしゃぶっいま
ラチオで
ャンディーをしゃぶるみたいにわた宿をしゃぶってました。
の男の人がわた髪をつか湿で私の顔をひきあようとしました。
わたしはをあて必死にそをしゃぶり続けした
顔をあげてそこしまたペロの顔があったら
の中のわたしは必死で
とうとひっぱりあげられてしまいまし
わたしはそ男の人の顔まっので
れはの人ではありませんでした。
ロでもんでした
とそこにあたのたしの顔ったです
宿のわたにやっと笑いまた。
たし悲鳴あげてしまいました。



ひょっとしたら本当に悲鳴をあたのもしません。
はっとめまし
臓がばっくんばっしていまし
のは何
た今見たの頭の中は乱しいました。
またび出しそ姿なくらでした。
とパジャマの下中に手し入れてみ
姿がぐっしょりとれてました。
な夢で。
自分くなってしまいました。
んな夢でこんなに濡らてしまうなて。


もちろん、オナニをして胸そこ簿をいじれば感じる濡れうこともていした
覚えての1年生の頃毎晩していたんですか
カズはここのHPで
そうです



そのときわたりとするこはできなかったのでが、
んな自分でも殺してしま必要んていんだと思いました。
はっきりし由なんありませんでした。
でも何かでふっきたというつまでもあんな態でいられと考


でも、今なら自分なにこのとを説明です。
男のもペロも、けっきはわたのいらしい湿姿なのです
わたしの淫望の化身だたのす。
のことを実に知らされてしまったのです。


の日は両が下でていので、なかがんしした
の日ひとりでお留守番日でし
学校寿にいときからの中帰ってとでいっぱいでした。
掃除を終えるとわたしは飛ぶよう帰っんです
しかいまんでした。
来てしぽをふてお出迎えてくれました
とうしろめたさを感じてまいま貿した。


だってこれからやろうとしているこはペえにすることなんだもの。
「ペロ、お
ゃがん広げて呼ぶと、ペロはしっぽをふってわたしに抱き西てきした。
ごめんね。
中でそっとペロに謝りました
蔵庫退ンをました。
れからたしペロをかかえて階段を登りまた。
ペロ苦手なんで


屋にり、ペロをにおしてあけました
しっぽをふって部屋の中をくると飛び回りまた。
そのうすをながめながらわしはを脱いでした
がふるえてラウスンがうまくずせでした
頭の中が尿たいした
自分でものどきがかまっいくわかりした。


そしとうとう全部脱いでしまったです。
です
ペロまだ部屋の飛び回ってました
ペロと目があいまた。
わず腕でからだ隠してしました。
するとがわたの足元すりよってき
心臓のあたりがどくんくんれ込むような感じした。
それでなんとか腰をかがめて両腕を広ると、ペロがんでわたしび込んできまし
さふさの毛がだかわたの胸を刺激します。
を閉、朝方の にいるみたいでした。
わたあそんじんした
らと濡れ始めているの触らなくてました
「やってうよ、今やらなくちゃ、こんなチャもうないかもしれないよ
誰の心にも悪魔て住んでいすね
わたしも悪ささやに逆らうことなかっす。


ロを下におろして、きたマーガリンのフタをけまた。
にも指くってロになめさせことがあります。
そのきのペロ、大びでした。
ですからこのきもペマーガリらえると思ってした
マーガリンを指ですいました。
その指はペロのではなく、お尻にまました。
そしてその指をお尻に塗りたくったんです。
ぬらっとした感があまり気持ちではありんで
も我慢しできるだけまなくお尻にしたん
ため息がでまた。
んでもいことをしようとしている自分へのみの息だかもしれません。
の上お尻を上にして寝そべりまた。
ペロはょとんとしていまたが、お尻のマガリンが気になるのか、落ち着きません
わたしが「し」というのを待ってようでした
わたしはちっと顔をあげてペに言いまし
し」
とはることがませんした
両腕で頭を隠床に顔押しつけてした。
前足をのふともにかかるを感した
、かびくはねあがりました。
いよいよだ
でもそとはっとました



ペロのした舌がわたしのお尻をなた。
ロの舌がリズミカル動くびに、全身に快感殿走るようた。
あそこもじゅんじゅんと潤っていくのを感じました。
頭のは真っ白です
きどき方の夢のシが頭に浮かび上がりました
に自分今何をしているかを思い知されるんです。


ってしまった
もなことしてしたという悔の念とずっと夢にまで見ていたたという両方の思いがっていました
もやっぱれしの方がはかに大たようです。
人間理性は膨あがった欲望のずっと便込められた。
お尻のマガリン、全部つくしでしょペロはわたしから離れてしっぽをふってしを見めてい婿した。
相手がペロなのに、わた顔は真りました
を振ってい、「っとょうい」とう意味です。
中にたた唾ごくんと飲み下しました
「もほしの?」
ロのしぽのが強なったな気がまし
はよと立、机の上に置ていたーガリンの容を手にしました。
そして、また、今よりもいっぱいマーガリンをすくいとた。
度は胸に塗りま
両手を使ておいにまんべんなく塗り
ん乳
こには他りも余計に塗りました
らぬらとした感触が変な感じでし
でも殿首にマーガンを塗るときがはがるほど感じてしまいました
になていした
と上向き、こりにしこっていました
するとこ自分がしようとしいることを思い知らされたよがしました
あそこもんじゅんとジュースをいました。


こんなことして感じてたしは、ものごくッチな
そう考えどきどきしまた。
ペロはいで」というがかかるのをいままかとちわびていました。
「そんなにわたしがしいの」
ペロとふたりというとをことに、口に出ロにしかけました。



そうです、ロしかいないん
声を出したっていいんす。
「ペロ、いで
ッドに仰向けで横り、いつもペロに話しるように大きな声で言いました。
わたのおっ小さいのですがらだこしていればいくらかふくらんでいます。
スボールがふたつ、くっついているな感です。
はいのでが。
自画自賛です。(泣) けれど向けになるとぺんこになっします。
でも首だけがと自己主しています
待ってましうように、ペ婿飛ぶように駈け寄っました。
ペロはわたなかの上りました。ちょっと痛かたで


ペロわた乳首からめまし
ざらの舌がリズミカルにわたしのをなめまわしました。
うっ」
わず声もれしました
沿お構に舌をかし続けまし
皮膚の下電流うなでした



こりこりに固くなった乳首ま暖かいぺろろさ
そのたびに頭のてっぺ快感が突き抜きます。
沿っぱり自分でするのとは違います。
ですリズムで指を動のですが、相手のズムにわせなけれならないの
動きがときどきてじされ、急に速なってとま稿たり。
その規則のリがわたし感をいつより高めました。


おなかのみがひとりでしてるのいこを実感さくれま
ペロしっぽが動くと、うどあそこ毛のりなさわさわと刷毛ですぐられみたいした。
脚をきく退拡げました。
するとょこんと木のように突き出たクにもが触んです湿
乳首でもごいのクリまされて、からだくんとはあがりました。
びにおなの上のペロもと驚いていました。
こからはおしをもらたみたいにュースがあれてるの感じました。
触らなくてもました。
尻の方までべと濡れてしました


分でも無識のうちに中指を口にくわえていました。
男の人のんちんに見立だと思ます。
な男の人イメージはど。
ペロのマーガリンをな終わると、め始
っぱいっそべっているとほとんどったんこ
乳首だけがぴこんと突き出ている感じ
から起こてみました。
するうせょっとだけど、おっぱいのふくらみがわかるようになりま
も頭を上て必死にをなめていた。
ちっ貿ちゃいっていったけ立って裸でからだを上下すればいはぷるるんするですよ。


わたしはでおっぱいをゆっりともみました。
右のおっいはまだペなめてくれてます
目を閉じるすっごくいい持ち
で雲でゆらゆに揺れているみた
自然とため息がてしまう。
また無意識に右手の口の中に入てぺろぺろしゃぶした。
て、エッチ


ロの足がたしのふにかかっちょと痛ったです
おっぱマーガリンらかつくすと、ペロは今左のいをほしがりました
しも右手と左手を入れ替え
ペロざらついた舌左の乳首をぺろぺろします
とは違っ快感
わたし、ひするつも右おっぱいんです
だから左まりたことがい。
感じなけじゃないんだけど、どうろう
ちょと疑問です
鼻息がかります。



>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:, 獣姦, 野外・露出,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:, 獣姦, 野外・露出,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20090916113107