2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

ペロとのプレイ






こんばんわっ
今日はてすっチな湿わたし事を懺悔しますっ。
、中2です。
このページ、けっこう中学の人がようだから、わたしも思い切綿て懺ます。
ろんす。
いっぱいの人に読んでもいた
あっ、申し遅した、「しょーいます。
胸囲は78です。
人たちおんなじで、わ親の仕事の都合でときどきとりでお守番はしきゃならないんですよね。
のとはどちらかがなんとか家れたすが、学にてからはどちらもいなた。
はじめはやっぱり淋しくて心細かけど、番犬にってぺロ(仮名つけた。んとは別の名前 ♂ 2才)を買ってくした。
は中型犬で、家中で飼ってい
でもはむいてないみた
っこすぎて、です
いときッドで一緒に寝りもしていまた。
2年りのことです
晩もベロ一緒にいたので、夜中に目をました。
ッチ見た
の中でわたしはじゃくて知らな男の人に裸でだっこされてる夢でした。
中でわたしはの人にからだのあちこちにキスさた。
目が覚めどきどきしいまし
とんではベロが丸くなて寝てした。
のと思ったんす。
ベロって、男の子なだよ


ときのわたしは頭の中がひりりするように痺しと思いす。
とのわたし動はほんと、無意識のです。
たしはパジャマも下着も全部裸になってしまいまし
してってたベロをぎゅっと抱きたんです。
ペロもを覚ましくりしていましでもたしだっこするよさそうにしました。
でペロをこするてでした
あったかいし、かの毛肌にささわとして気です
ロもわけからなかったようだけど、い舌でわをぺろぺた。
それでペロ(仮名)なんだけどね
目を閉じる、まるでさっ続きみたいで誰か人に顔をなめたいでした。
ロのからだざと使方におしこみました
胸やおなりです。


たしがふざけているたの、ペロはふの中くるくと回り始めました。
するとロのたしのはだかの胸やおなかをくするん
は、たまらずにかけていたふとん跳ね上ました。
ロもびっくりしちゃって、目をいまし
べったま下を見ると、かのわたしのだが見えた。
に、こわくてしまいました
やってん
しはすごいこ姿した気てしまって、足ぺろをベッドの下に突としまし
めんね、
びっしてたみたい
してあわててパジャマ着てんをったのですがきどきしてななか付けませんでした。
もいつのか眠ってしったらしおきるとペロは部屋の隅でくなて寝した
さっのこ夢みたいに思えました。


服に着替えしてジャマを脱いだとき、
おなりにペ毛があって、改めて夢じゃったって事を思い知まし
に行っい出すたどきどきしちゃっ業に集中できまんでし


れからしばらくは何事もなました
ロをるとときどき思いして心臓がまし


6月になってからで綿
夢をまし
度は誰はだかのを抱きしめて、おっぱいをうちゅう吸綿ていです。
のわ貿たしはそのを押のけようと死でし
とその人がひょいと顔をあげたんです。
の顔ペロでし
中のわならいいや」と押のけうとすとをやめてしたんで
で目が覚めまし
はまっかでした。
わたしの心臓音だけがきんどっきんと鳴ってました
その晩はペロはリビまし
どうしてペロないいなて思ってしまっだろう」
の中の自分いかけました
でもそのうとすると心のどきどきくなりました。
そのはととう寝付くこときまんで
て寝てしまうとだっから



次の日、校から帰っペロ散歩に出かけ西た。
の日はスカートをはいいました
きは夢ことなか忘れていような気がします。
ものように近くの公園に行きました。
誰もいなった、首をはしてあげました
するとペロはぴょんぴょんと大喜す。
誰かが来のでしでペロを呼びた。
はまっぐわたしけて戻ってきまた。
とき、勢いついていたペロはわたしのスカートにず簿っと頭を突っ込んだんです
て、そのとき、ペロの鼻先が着越しですが感なところに触れたんです
たしはびて立ち上りました。
するとが「どうたのといをしてわたしを下から見上げたんです
ときのペロ、しのスカ使からのぞかっこうでした。
、頭中に晩のかび上がたんです。
の敏感なところがんとなるような感したんです。
そのことが驚かせまた。
「相はペロなよ、仲良しといってなのよ
頭の中がぐらぐら地面がまわっていみたした
ペロはしっぽをふりらわたしカートの下から見上げていました。
囲をみまわしてみました
さっき見えた人影もていまし


その一瞬だったのですが、頭のに浮かんんです。
「もう一回、ペロになめさせみよう
わたしはよろよろとまたみこした
ひざを拡ると、スカートが開きます
ペロはょとんとした顔をわたしています。
ペロの鼻息がわたカートのかか、裾ひらひらと揺
「ペっきみたいに頭を突っ込もいいのよ」
しは知らないうに鼻息が荒くないました。
ペロ依然としたままでし
「ほら、早く」
たし少しからだをペロに近づけまた。
き、くの方に誰かの人が見えまた。
はあてて立ち上がり、ペロきずるようにして家まで戻たんで


ところ、その晩夢を見てた。
しがロにからをなめいました
たしはすぐったからをはけようとするですがいんです。
ロはわたし中に乗て息をはあはあさせてたしのろぺろしていました
ペロはもう人間姿をりてはいなったのす。


覚まと汗っしょりでし
わたしは自分の婿すことがなくってしまったのです
たしを閉じて、さっきの夢のとをい出しな、オナニーしてしした。
とき手は人間でした。
顔はあませんでした。
らだだけがあるのす。
うしもペロをい浮かべてナニーすとはできせんでした。
うち疲てていつのにか眠ってしまた。
さっの夢の続きを見たのです
誰かがの背中に乗っていました。
らだ人間でた。
けれども振り向いたとき、顔はペロだったんです


朝にって目を覚まわたしは自分への嫌感でいっぱいでした。
けれども頭のとばかり思いしてしまうん
思いすた頭を振って夢を振り払いました。
ところが休にトイレに行って愕然としました。
内側が濡れていたのです
の淫らさを思い知れて暗になるようした


の授業はまったく頭にでした。
「ペロは犬なのよ」
自分にい聞かようとるのですが、そのた朝方の夢がされるのです。
て下着の側できゅと反応して寿しまうは調自分を思い知らされるので



の日はロの散歩はお休ました。
もなら帰ってくるとペロを抱きしめてのですがはどうてもできませんで
べて、わたしは部に閉じこもりました
つも見ていたテビも見ませんでした
に向だじっとしてい
らわそうと思ってCDをかけたりもしてたのですが、何を聴いていたのかさえ思出せませた。
わたし変なんだろか」
自分がペロとあなことしたい意識のうちに思っていたなん
考えるたわたしの下着の内側で反応したので
その感は決て不快なものはありませんでた。
わたしは自分にとまどっていたのです。
晩は前の晩の疲れもあって、10時前に眠っしまいました


またを見ました
前の晩とじです。
はだかの男の人だかのわたの背しかいました
を振向くのをためらっていまた。
たペったら。
の中のわたしは意地でもくまいとしていました
するといの間にかたしはベッドに腰掛けてるそのの股に顔を貿めてました。
たことないけど、にょっりとしスが生えていました。
わたしは口に含んでしゃぶってた。
フェラ
ーをゃぶみたいにわたしはそれしゃぶていまし
わたしのをつかんで私の顔をひきとしまた。
わたいとして必死にそれをしゃ続けまし
げてそこにもしまペロのったら。
の中の必死でし
でもとううぐいとひっられてしまいした。
わたしその男の人の顔をてしまったのです。
それはの人でりませんでした。
でもりませでした
なんとそこにあったのたしの顔のです
便のわたがにやと笑まし
たしあげいまし寿



ひょたら本当に悲鳴をあげたのかも
はっと目が覚めま
心臓がばっくんばっくんしてい
今のは何?
たった今見夢にわた頭の中は混ていた。
またそうなくらでした
とパャマの下の中に手を差しれてみました
内側がぐっょり濡れていました
夢で。
ろしくなっ
な夢こんに濡しまうなんて


ちろん、オナニーをしあそこをいじれ感じ、濡れるということ知ってした
覚えたての1年生の頃晩したんすか
オカズはここのHPです。
今でもそうです。



のときわたしははっりと説明することできなすが、
そんな自分をでも殺してしまう必要なんてないだとました。
っきした由なんてありませでし
何か自分でふれたいうか、いつまでもな状態いられないと


、今なら自なりにのとき殿説明できま
もペロも、っきくはたしのいやらし望の仮の姿なのです。
たしの淫な欲化身だったのです
そのこと確実に思い知らされて便しまったのです。


その日は両親が寝ていましたのでかがた。
でも次の日はひとりでお留守番日でし
学校にいるら頭の中は帰ってかのこ調でいっぱいでし
終えとわたし帰ったんです
家にはペロしませんでした。
玄関まで来てしっぽをふってお出迎えしてくれま
しろめを感じてしまいました


ってこからろうとしていることはロを巻き添えにすることんだもの
「ペロ、で」
しゃがで両手を広げて呼ぶと、ペロはぽをふってわた抱きついてきまた。
ごめんね
中でそっとペロに謝りました
冷蔵庫からマーガリンをました。
たしはペロをかかえて階を登した
ペロは階段が苦なんす。


り、ロを下ろしてあ
をふ部屋中をくるくるび回りました。
そのよながわた脱いでいきした。調
がふるスのボタ婿ンがうまくはずせませでした
頭の中が退るぐまわみたいでした。
自分で心臓のどきどきっていくのがわかりました。


そしうとう全部脱でしまったんで
全裸です。
はまだ部中を飛び回っていまた。
ペロと目があいました。湿
思わず腕でからだを隠してしまいました
するとペロがたし元にすりよてきました。
心臓のあに血がどくんどくんと流沿込むうなじでた。
それなんと腰をがめて両腕を広げるとペロが喜んわたしの胸飛びできました。
ふささののわたし胸をちく刺激します。
目を閉じると、朝方の夢のるみたいでした。
たしのあこはんじんしていました。
っすらとれ始めているのが、触くてもました。
「やってみよ、今やらくちゃ、こんチャンス、もないもしない
誰の心にも悪魔って住んでいるんですね
わたも悪魔のささやきに逆らうことができなかたんす。


下におろして、持ってきーガリンのフ尿を開けま
も指ですくってペロになめさせたことがあります。
のときのペロ、大した。
ですのときもペマーガリンがもらると思ってでした。
ガリ指ですいまた。
その指ペロの鼻先ではく、わたしのにまわっいきした
そしてそお尻に塗りたくたんす。
らっとした感覚があまりいい気持ちではありませんした
も我できるだけんなお尻に広くたんす。
ためがでました
しようとしている自分へ哀れみため息だったもしん。
の上に尻を上にして寝そべました。
ロはきょとていましたが、お尻のマーガリン気に か、きませんた。
わたしよし便うのを待っていうでした
ょっあげペロに言いした

とはを上げるできませんで
両腕で、床にを押しつけいました
ペロの前足を私のふともにかかるのを感じま
一瞬、からだがびくんとはねあがりました
「いいよだ」
もそあとはじっとしていました。



ロのざざらした舌がわたしのおをなめ始めまし
ペロ調リズミカに、全身に快感が走るようでし
もじんと潤っていくのを感した
頭の中真っ白です
きどき朝方ののシーンがかび上がりた。
のたびに自今何をしてを思い調知らされ


「ととうやった」
でもいこしてしまたという後の念とずっと夢にま見ていたこが実現したという両方思いが混じってました。
もやっぱりれしさの方がはるかたようす。
人間としての理は膨れあがった欲望のずっと底に押し込められていました。
尻のマーガリン、全部なめつくしたのでしょうペロたしら離れてしぽをふてわしをました。
相手がペなのに、わたしの顔になまし
ロがしっぽを振ってい、「もっとちょうだいという意味です。
口の中たまった唾液をごくんと飲みしま使した
と、ほしいの
のしっぽの勢いがたよな気がしまし
はよろ立ち上が置いていたマーガリンの容を手にしました
また指で、度はっきりもっぱいマーガリンをすくいとりまし
は胸に塗した
手を使っておんべんく塗ました。
もちん乳首に
こには他よりも余計に塗た。
ぬらとし感触が変な感じでした。
乳首にガリとき、からだがはねがるほど感しまいました。
感になっていまし
んと上を向き、こりこりこっていした
するとこれら自分がいるこい知らされような気がしまし
あそこもじゅんゅんとュース滴らせていました。


こんなこして感じているわしは、もの調ごくだ」
そう考えるとがどきどきした。
ペロ「おいで」というかかまかいまかとわびていまし
にわたしがほし貿の」
ロとふりっきりと宿ことをことに、口に出してペロに話しかけました。



そう、ペロしかいないんです姿
声を出したっていいです。
ロ、お
ドに仰向け、いつもペロに話しかけるようにな声言いまた。
しのお小さいのですが、を起していばいくらかふらんでい
テニボールがふたつ、くっいているような感じです。
形はいのですが。
自画。(泣) けれも仰向けになるとぺったんこいま
首だけがつんと自己主張しています
ってしたとでもいうように、ロがぶよう駈け寄まし
はわたしかの上にのっかりまめがちょっ痛かったで


ロはまずわたしの乳首からなめま
ざらざミカルわたしの乳首をなめま
あうっ
思わず声がもれてしました
お構いなしに舌を動か続けました。
皮膚の下を電流が走るうな快感で



こりこりった乳首をなま暖でぺろぺろされると
たびにのてんまで快が突き抜けていきます。
ぱり自分でするのと違います
自分ですば自分ズムでを動かすのですが、相手に合わせなければのです。
舌のきどき止まてじ便れたり急にてとどったり
ムがしの快感をいつもより高めました。


おなか上の重みているのではことを実感させてくす。
ロのしっぽがちょうあそこののあたりなの、さわさわ毛ですぐられているみたいでした
脚をきくげまし簿
とぴょこんの芽のように突き出たクリにもしっぽが触れるんです
けでもごいのに、同時にクリで刺激され、かがびんびくんとあがりました。
たびかのペロもちょっと驚いていました
あそらはおこをもらしたみいにジュがあているのを感じました
触らなくてもした。
お尻の方までべったりとてしまました。


分で識のうちを口にくえていました。
男の人のおちんちんに見立てていたんだと思
な男の人のイメージはなかったけど。
乳首のマーガリンをなめ終わると、右をなめ始めまし
いといっても寝そべってぺったんこ。
乳首だけがぴょこんと出て感じ。
からだ起こしてみまし
するとどうょっとだけど、ぱいのふくらみがわかるようになりま
も頭て必死にマーガリンをなめいました
ちっちゃいっていたけど、立って裸でからだを上下すくらかはぷるぷるるんです


しは手でおっぱいをりとみました
右のおっぱいはまだロがれています
を閉じるとすっ稿ごくいい稿ち。
るで雲でゆゆら風られているたい。
とため息てしまう。
また無意識のうちに手の中指口の中に入れてぺろぺろしゃぶていまし
たしって、エッチ


前足わたのふとももにかかってちっとかっです。
右のおっぱいのマーガンをあらかたなめつくすと、ロは今度は左のおっぱいほしりました
わたし右手と左手を入替えす。
ロのざらついた舌が乳首をぺろぺろします。
右とはまたった
するときはいつも右おっいをもむことが多 
から左はあまりしたこ宿ない。
感じないわけじないんだけど、して
と疑問です。
息がかかます。



>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:, 獣姦, 野外・露出,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:, 獣姦, 野外・露出,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20090916113107