2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

ペロとのプレイ






西
今日は勇気をてすっごくエッチなわたの事を懺悔しますっ
今、中2です
このペジ、けっこう中学生の人いようだから、わたしも思い切懺悔します
ろん掲載、です。
の人に読んでたい。
、申し遅れました、「しょーこといいます。
囲は78で
人たちとおじで、わたしも親の仕事の都合でとききひとりでお留守番はしなきゃならないんですよね
のときはかがなんとかにいたのが、中学ってからどちもいないことになりした
はじめっぱりしくて細かったど、犬にってぺロ(仮名今つました。ほは別の ♂ 2才)を買れました
ロは中型で、家ので飼ってます。
も番にはむいてないみたい
人なつっこすて、だめです。
ときベッドで一寝たもして
2年生になっかりのことです
もベロと一緒寝ていた、夜中に覚ました
チな夢を見たんす。
の中わたベロじゃなに裸れて殿夢でし
夢のでわたしはその人ちこちキスされていました
目が覚めてもどきどしていま
んの中ではベロが丸くなて寝ていまた。
そのとき思たんです。
ベロだって、男のなんだよねって


ときわたしは頭がひるように麻痺して思います
あとのわたしの行動んと、だったのです。
わたしはパジャマも下着も全脱いで裸なってた。
して眠ってベロをゅっと抱きしめたんです。
ペロも目を覚ましてっくりしていましたが、でもわたしがだこすると気ちよさそうしていまた。
はだかでをだっるのははじてでした。
ったかからだの毛素肌にさわとて気持ちいいんです
ロもわけからなかったよだっ姿長いでわしのぺろしてれました。
それでペロ(仮名)なんだけどね
を閉じると、まるできの夢の続きたいで、誰か知らないに顔なめられているたいでした
ペロのからだをわ方におしこみました
おなかのあた


わたしがざけているとったか、ふとんのでくと回始めました。
るとペロの毛わたしのはかの胸おなかをくすぐるんです。
わたしは、たまらずにかけてたふとんを跳上げまた。
ペロもびっくゃって目をきょいました。
も、寝そ退った見ると、はだかのしのかだがえま
、こくなってしました。
何やってんだろ
たしはすごい悪いとをしたなってして、足でぺろドの下に落としまし
ごめんペロ。
くりしたみたい。
してあわててャマてふとんをかぶたのですがどきてなかなか寝ませんでた。
でもいつのまに、朝おきると宿ペロ隅で丸くなってていました
きのことが夢みたした。


も制服に着替えようとしてパジを脱き、
あたりペロの毛があってさっきのこが夢じゃかったって事思い知りました
校に行思い出すたびきどきしちゃて、授業に集中できませんでした。


それ沿らしばら過ごしまた。
でもペロきどき思して心臓がさく鳴りました。


6月になってらです。
夢を見
今度は誰かかの私を抱いをちゅうちゅう吸っていんで
の中のしはの人を押しけようとした。
の人がひょいと顔をです。
の顔はペロでした。
夢ののわたしは「ぺろならいや」と押するをやめてしまっんです。
そこで目が覚めました。
部屋の中はまっくらで静かでした。
わたしの心音だんどきんとっていました。
その晩リビングにい
「どしてペならいいて思だろう」
夢の中の分に問いかけた。
でもその答えをろうとすと心きど激しくなりまた。
その晩はうとう寝付くことができまんでした。
って寝まうとそ答え夢に見そうだったら。



次の日、学てペロの散ました。
その日はスカートまし
そのときは夢のことなれていたような気ます。
いつものように近くの公園に行きました
もいなかったので首輪をはずしてあました。
するペロはぴょんぴょんと大喜びです。
くに誰かが来たのでしペロ呼びまた。
はまっすぐわしめがてきました
のと、勢いついていたペロはわたしのスートの中ぼっと頭を突っ込す。
して、そのときペロの着越ですが、わしの敏感なところに触れす。
わたしはびっく立ち上がりました。
ペロが「どうしたの」という顔をしてたしを下から見げたんです。
とき、わたしのスカトを下からのぞくようっこでした。
頭の中晩の夢が浮かびったんで
たしの敏感なとこがきゅんとなるような感じがしたんで
そのことがわたしを驚かせました。
「相手はペロな良しとっても犬なよ」
頭の中がぐらぐらして地面がまわってたいでした。
ペロはしぽをふりわたしのスカートの下から見上げていまし
周囲をみまわしてみた。
さった人どこかにえていま


そのと一瞬だったすが、頭のに浮かんだんです。
もう一回ペロなめさせよう
わたしはろよろとまたしゃがこみまた。
ざを拡るとスカートが開きま
ペロはきょとんとした顔してわしのうす眺めて
鼻息がわしのスカトのかかり、裾がひらひれました。
さっきみたい込んでもいいのよ」
しは知らなうちに鼻息が荒くていま
ロは依然としきょとんとしたままでした
ら、早
しはんのしかロに近づけました。
き、くの方に誰かの人影が見え
わたしはあわてて立ち上がり、ロを引きずるようにて家ま尿ったです


ところが、その晩も夢を見てしまいました
だかのしがペロにらだめられていました。
わたしはくすたくからだをはねようとすので、動けな
わたの背中て息をはあはあさせてたしぺろろしていました
ペロはもう人間の姿をてはいなかっので


覚ますと汗でびしょした
わたし自分のを殺すこができなくってたのです。
を閉じて、さっきの夢稿ことを思出しなが、オーしてしまいました
オナ、相手は人間した。
顔はありませんでした。
だけがあるのです。
うしペロを思い浮かべてオ ニーすることはできませんした
の間か眠ってしま
るとの夢の続きをす。
誰かがわたの背に乗っていました
からは人間でした。
けれ振り向いき、顔はペロだったんです。


なって目したわたは自分への嫌悪感いっぱいでした
けれども学に行っても頭の中で夢ことばかり思い出てしうんで
すたびを振って夢を振り払いました。
ところみ時間にトイレに行愕然としました
側が濡れていたのです。
淫らさを思知らされ前が真っ暗になるよした


午後の授業はまったく頭に入ませした。退
は犬よ」
自分に言いかせのですが、そのたびに朝方の夢が思出さのです。
そして下着のきゅんと反応しまはしないを思い知らされるの



その日はペロの散歩はお休みしました。
つもら帰ってくるとペロをきしめてあげるのですが、はどうしてもでませんでした。
を食べ、わた尿屋に閉じこ
つもいた見ませんでした
に向かってただじったのです。
を紛らわそうと思ってCDをかたりもしてみたすが、何を聴いていたのかさえ思出せまんでした。
たしは変なんうか
自分がペロあんなたい意識うちに思っていたなんて。
考えるたびにわたの下内側では反応ていたので
感触して不ものではありませでした。
たしは自分にとっていたのです。
の晩は前あって、10時前に眠っいました。


た夢を見ました
前の晩とじです。
はだ姿男の人はだかのわたしの背中にのていました。
ろを振りをたらっした
またロだった
夢の中のわ意地でも振り向くまいとし
るといつ間にかわたしはッドに腰掛けているその男の股間を埋めいました
見たことなけど、にょきりとたペニスがえていま
わたしはそゃぶっていまし
ェラチオです。
ンデしゃぶみたいにわたしをしゃぶっていました
男のがわつかの顔をひきあげよう
わたしは顔をあげとして必死それをしり続け
をあげてそたペロの顔があったら。 
の中わたしは死で
でもとうぐいとっぱりあれてしまいま
たしはそのの人の顔まったの
それは男のりませんでした
ロでもありませんでした。
なんとそこにわたしのだったのす。
そのわたしがにやと笑ました
たし西悲鳴をあげて婿ました



ひょっした本当に悲鳴を調れま
っと目が覚めまし
心臓ばっんばくんしていした。
のは何?
たった今見たわたしの頭の中は混ていまし使
叫び出しそうなくらでした。
とパジ下の中にを差し入れてみまた。
の内側がぐしょ濡れていた。
あん夢で。
分が恐ろしなってしまいまた。
あんな夢 んならしてしうなん


ちろん、オナニーをし胸やあそこをじれば感じるし、れるということも知っていました
えたての1年生の晩していたんですか
オカズはここのHPです。
今でそうです



そのと殿わたははっきりと説明すことはできかったのでが、
な自分をつまで殺ししまう必要なんてなと思まし
きりした理由なんありませんでした。
でも何か自分の中ふっきれたというか、いつまでもあんな状態でられいと考えたのです


今なら自分りにこきのことを説明できます
男の人もペロも、けきょくはわいやらしい欲仮の姿なのです。
わたしの淫らな欲望の身だったのです。
確実に思い知らされてまったの


その親が下で寝ましたのでとかまんました
でもの日はひとりでお留守でした。
校にいると帰っ らのいっいでた。
湿を終えるとわぶよったんです。
家にはロしかいせん
来てしっぽをふってお出迎えしくれた。
ちょうしろめたを感じてまいました。


だっこれろうしていることペロを巻き添えにることなだもの。
ロ、おいで」
がんで両手を広げと、ペはしぽをふったしに抱きついてた。

心の中でそペロに謝りました
冷蔵庫からマガリとりだしまた。
からわたしペロをかかえて階段を登りした。
ペロ段が手なんです。


部屋り、ペロ下におろしてあ西
っぽをっての中をく寿くる飛びました。
そのうすをながめなが制服をいでいきまし
ふるえてブラウスがうまくはせんでし
頭のがぐるぐるまわるみたいでした
自分でも臓のがたかまくのがわかりした。


してとうとう全部脱いでしまったんす。
裸です。
まだ部屋の飛び回っていま
ペロと目があた。
思わず腕隠してしまいました。
するペロしの元にすりよてきした
心臓たりにがどんどような感でした。
それでんとかかがめてを広るとペロが喜んでわたしの胸に飛び込できました
さふさの毛がはだかたしの胸をちくちく刺激
目を閉じると、方の夢の中にいるみたいでした
たしのそこ寿はじんじいました。
らと濡れ始めのが、触らなくてもわかりました。
「やってみようよ、今なくち、こんなンス、もないかもし簿ないよ」
の心にも悪魔んでるん
たし悪魔のさやきに逆らことができなかたんです。


を下におろして、持ったマーガリンのを開した
にも指ですくってペになめさせたとがありま
ペロ、大喜でした。
からこのときマーリンがらえるとて大でした
を指ですくいま
その指ペロ鼻先ではなく、わたしのまわていきました。
してその尻に塗くっんです
ぬらっと覚があまりい気持ちではありませんした
でも我してできるだけまんべんくお尻に広く延ばしたんです
ため息がでました。
とんでもないことをしようとしている自分へのれみのため息だったかもません
わたしは床にお尻を上にして寝そべりまた。
ペロはとしていましたが、尻のマーガリン気になるのか、落ち着きませんで
わたが「よし」とのをているようでした
たしょっと顔をあげてペロにました。
「よ
のあは顔ることができまんで
腕で頭に顔を押しつけてた。
ペロ足を私ふともも感じました。
、からびくんはねあがりま
いよいよだ」
のあとはじっしていまし



ロのざらざらし舌がわお尻をなめ始した
ペロの舌がリズカルに動くたびに、全走るようで
あそこもじゅゅん潤っていくを感じした
中は真っ白で
きどき朝方の夢が頭に浮かび上がりました
退びに自分が今何をているかを思いらされるんです。


とうとうやってしまっ
でもないことをしてしったという後の念とず夢にまで見ていたことが実現したとい尿う両が混っていました。
でもやっぱりうれしさがはきかったす。
人間とは膨れあがったのず底にめらました。
尻のマーガリ、全部なめしたのでしょう、はわしから離れてぽをってたしを見つました。
ペロたしの真っ赤になりました
ペロがぽを振っていは、「もっとうだい」という
たまた唾液をと飲下しまし
もっと、しい?」
ロのっぽ宿勢いが強くなったうな気がしました。
わたしはよろよろとち上がり、机のに置ーガリンの容器を手にしました。
て、また指で、今度はさっきよりもいっぱいマーガリすくいとりました。
今度は胸に塗りました。
手を使おっぱいにまんべんなく
もちん乳にも
こに他よりに塗ました
ぬらとした感変な感じでした。
首にマーガリンを塗る、からだがはねあがるほ感じてまいした。
敏感になっていました
んとを向き、りこりにしこていまた。
るとこようとしているい知られたような気ました。
あそこもじゅゅんとジュース滴らせいました。


こんなことして退感じているわたしは、ものすごくッチだ」
そう考えるがどきしました
ペロはで」う声がかかるのいまかいまかと待ちわび
「そんなたしがほしい
ペロとふたりっいうことをいことに、口に出して話しました。



そうです、ペいないです。
を出したっす。
いで」
ベッドに仰向けで横たわ、いつもペロにしかけうに大きな声で言いした
わたしのおっぱいは小さいのですが、こしてればらかふくらんでいま
ニスボールがふたつっついているような感す。
はいいが。
す。(泣) けれども仰向けにるとぺんこになってしまいます
も乳だけがつんと自己主張しいます。
待ってまたと綿いうようにが飛ぶように駈ってきまし
ペロはわたのおなの上にのっかりました。 つっと痛かっです


はまずわたしの乳始めました。
ざらざらの舌がリズミカルにわた乳首ました。
あうっ」
わず声がもれていました。
お構いしにかし続けした。
皮膚の電流が走るような快感た。



りこに固くなった乳貿ま暖かいでぺろろさ
そのたびに頭てっぺんまで快感突き抜ていきす。
やっ自分でるのは違い
れば自分のリズムでを動かすすが相手のリズムに合わせればならないのです
舌の動がとどきまっらされり、急に速ってとまったり。
その不規のリズムわたしの快り高めまた。


おなの上のペ重みがひりでしているのではないことをさせてくれま
ペロしっ動くと、ちょうどあそこのあたりなので、さわさわと刷毛でくすぐられているみたいした。
両脚大きく拡げました。
するとぴょこんと木ように突き出たクにもしっぽが触くるんです調
首だでもすごいのに、同時で刺激されて、からだがんびくんとねあがり
そのびになかののペょっいてした。
そここをもらたいにュースがあふれていを感
触らなくもわかりまし
尻のまでべった濡れいまた。


分でも無意のうちに中いました。
の人のおちんちん見立ていたんだと思す。
的な男のメージはなたけど
ロは乳首のーガリなめ終と、の胸をめ始めました。
といっも寝そべっているとほどぺんこ
首だけがぴょこんと突出ている感じ。
からだこしてみました。
すると西うせちょっとだけどぱいらみがわかるようなりす。
ロもを上げてにマーンをめていまし
っちゃいっど、立って裸でからだ下すればいくらはぷるんすですよ。


わたしは左手でおぱいゆっくりともみました
右のおっぱいはまだがなめてくています
を閉とすくい気持ち。
るで雲の上らゆ風にられているみた
然とため息てし
た無識のう手の口の中にれてぺろゃぶってした。
わた、エッチ。


ペロ前足がわたしももにかかってょっと痛す。
おっぱいマーガリンをらかたなつくすと、ペロっぱいほしがりました。
わたしも右手と左手を入れ替えます。
ペロのざらつ舌が左乳首ぺろぺろし
とはまた違った感で
わたひとりですると右のおぱいをもこと多いです。
だからはあまりこと
じないわいんだ、ど
ょっと疑問です。
ペロの息が胸にかかります。



>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:, 獣姦, 野外・露出,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:, 獣姦, 野外・露出,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20090916113107