2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

ペロとのプレイ






ばんわっ
気を出してすっごくエなわたしの事を懺っ。
中2で
のページ、けう中学生の多いだから、わも思寿切って懺悔します。
ちろん掲載、可です
ぱいの人に読んもら
あっ、申れました、「しょーこ」とい
胸囲は78です。
ちとおんなで、たしの仕事の都ときどきお留守番なきゃいんですよね。
のときはどちらかがなんとか家にてくたのでが、中学になっからはどちらもいいことになりました。
はじめはやぱりしくて心細かったど、番犬にってぺロ(仮ましたは別 ♂ 2才)を買ってくました。
は中型、家中で飼ています。
でも番にはいていみた
なつこすぎて、だめです。
淋しいッドで一緒寝たりもしていました。
2年生ばかりのこです。
の晩もベロと一緒にていたので、夜中に目をしました。
エッチな夢たんです。
夢の中でわたロじゃなくい男の人に裸でだっされてる夢で
西の中でわたしはその人にだのあちこにキいまた。
覚めてもど貿していした
ベロが丸くなていました。
き思った
ベロだ、男子なん


たしは中がひりひに麻痺していたと思います。
そのあとのわたしの行、無識だっです。
しはパジャマも下着も部脱い裸になってしまいまし
いたベロをぎっとめたんです。湿
ペロも目をしてびっくりしていましたが、でもわしがだすると気持ちさそうにしていま
はだかでペロをだっ婿こするのははでした。
たかいからだの毛素肌にさわさわとしてちいいん
ロもわがわらなったようだったけどい舌でわたし顔をぺろしてくれました
れでペロ(仮名)なんだけどね。
目をと、まるでさの続きみいで誰か知らない人に顔退をなめられているみた。
からをわと下の方におしこみました
やおなかのあたりす。


わたしがふざけているたのか、ペロはふとんの中ると回めまた。
の毛わたしのはの胸やおなかをくすぐんで
たしは、たまらかけていたとん跳ね上げました。
ペロもびっりしちゃっ、目をきょととさせました
そべたまだかわたしのからだがました
急に、こわくなってしま
ってんだ
わたしすごことしまって、足でぺろをッドの下に突き落しま
ごめんね、ペロ
びっりしい。
そしてわててパャマを着とんかぶったのが、どきどしてなかけませでした。
もいつのまにか眠ってしまったらおきるとペロは部屋の隅で丸くなって寝いまし
さっきのこが夢みたいに思えました


服に着替うとてパ脱いだ
あたりにペロの毛があって、改めてさっきのことがじゃなか貿たって事知りま婿た。
学校に行っも思い出すにどどきしちゃって授業に集中できんでした。


それらしばくは事もなく過ごしました。
ペロを見るととどき思い出して心臓が小さくりました


6月になってからです
また夢見また。
誰かがは私を抱きしめて、おっうちゅうっていたんです。
夢ののわしはを押のけよでした
するとその人ょい顔をあげたんです。
その顔ロでし
夢の中のわぺろならいい」と押しのけようとすることをやめてしまったんです
そこで目が覚めした
まっくらで静かでした
わたの音だけがどっきんどっんとていました
そのはペロはリビグにした。
「どうしてペロならいいな思ってしまったんう」
夢の中の自に問かけました。
でもそのえを知ろうとすると心臓のきが激しくなした
そのとうとう寝付くができませんでした
だって寝てまうとその答えを夢に見うだったか



の日、学校かってきてペロの散に出かた。
そのトをはいした。
きは夢のとなんか忘れいたよな気す。
つものように近くの公園に行した
誰もいなかので、首輪をはずしてあげした
るとロはぴょんぴょんです
遠くにかがのでゃがんでロを呼びま
ペロまっぐわたしめが戻ってきました。
そのとき、勢ついいたペわたにずっとを突
そして、そのとき、ペロの先が下着しですが、わたしの敏感ろにたんです。
わたしびっくがりました。
とペロが「どしたの」という顔をしたしら見げたんです。
のとペロ、わたしスカからのぞくようなかっでした
突然、頭のに前の晩の浮かび上がっす。
たしの敏感なところがきゅとなるうな感じがたんです。
とがわたしを驚かせした
手は、仲いっても犬なのよ」
中がぐらて地面がまわっいるいでした。
ペロはしっぽをながのスカトの下から見上げ
をみしてみまた。
っき見えた影もこかに消ました。


ときだっのでが、頭のかんだんで
「もう一回、になめさせてみか」
わたしはよろよろとましゃがみこました
拡げると、スカートが開きま
はきょとんとした顔わたしのようすを眺ています
ロの鼻たしスカかり、裾ひらと揺れまた。
「ペロ、っきみたいにを突っ込んでもいいのよ」
わた知らいうに鼻息が荒ってい
ロは依然してきょとんとしたまで
ほら、早く
わたはほんのしから婿に近づけまた。
そのとき、遠方に誰か人影が見えました。
わたしはあわて立ちがりペロを引ずるようにて家まで戻ったんです。


ころが、その晩も夢を見てしました。
はだかたしがペロにからだをなめられいま
たしはくをはのけようとするのすが動けす。
わた背中にて息をあさせてわたしのをぺろぺろしていした。
ペロはもう人間の姿を借りてはいなかった


目を覚ますと汗でっしでした
しは自分の欲望を殺すとができなくなってしまったのです。
たしを閉じて、さっのことを思出しがら、オナニーまいした
もオニーのとき、相手は人間でした。
顔はありませでした。
からだがあるの湿です。
うしてもペロかべてオナることはできませした
そのうち疲果てていの間にてしまし
するとさっの夢の続きを見たのです。
誰かがわたしに乗ていました。
からでした
れども振り向いたときす。


なって目覚ましは自の嫌悪感でいっした。
けれも学校に行ても頭の中で夢のこかり思い出してしまうんで
い出すたびに頭を夢を振まし
時間にトレに行って愕然としました。
着の濡れのです
自分淫らさを思い知らされて目の前が真っ暗になるた。


午後まった頭にせんでし
「ペよ」
自分にかせうとするのですのたび思いされのです。
して下着の側できゅんと反応してしまうはしたない分を思い知らされす。



 日はペ歩はおみしまし
いつもなら帰ってくるとを抱きしあげるのですが、そ日はどうしてもできませんで
夕飯を食べて、わたしは屋に閉じりました
つもていた見ません
机に向宿ただじっとので
気を紛らわそうと思ってCDをしてみたのすが、何を聴かさえ思い出せまでし
「わたんだろうか
がペとあんなことしって識のちにっていたなて。
えるたびにわしの下着内側は反応していたです
その感触は決して不快ものではありませんた。
たし分にとどってです。
その晩は前もあって、10時前に眠っしまいま


た夢ました。
前の晩とじで
はだかの男の人がはだかのわたし背中にのしした。
を振り向くめらした。
またペロったら。
夢の便中のわたしはでも振り向くまいとしてい
するといつのベッドけていその男の人の股間に顔を埋めていました
こと ないけど、にょっきりとたペニスが生えていまた。
わたしはそれを口んでゃぶした
チオです
まるでキンディーをしゃぶるみたいにわたしれをしぶっていまた。
そのの人がわたかんで私の顔をひようとしました
わたしは顔をあげまとして必死にそれをしゃぶり続けした。
げてにもしまたペロのがあったら
夢の中のわたしは死でした婿
でもとうぐいりあげられまい
簿しはの顔しまったのです。
それは男のではありませでし
ペロでもありせんでした。
なんとにあたのはわたしの顔だたの
しがにやっといました。
たしは悲をあげてまいました。



ひょっとしたらに悲鳴をあしれせん
っと目覚めました。
心臓がっくんばっんしていました

た今夢にわたし頭の中は混乱し宿ていまし
また叫びそうな
パジャマの下の中に手を差し入れみまた。
内側がぐっょりと濡れした。
あんな夢
自分が恐ろしくなってしまいました。
あんな夢んなにてして。


もち沿ろん、オナニーをて胸やそこをいじば感も知っていした。
覚えたての1年生は毎んですから。
ズはここのHPです。
そうです



ときわたしははっきりと説明するとはできなかったのですが、
んな自をいつまでも殺してしまう必要なんいん思いした
っきりし理由なんりまんでた。
でも何か自分の中でふっきというか、いつまであんな状態でない考えたので


、今自分なりにこのときのことを説明でます
男の人もも、っきょくはたししい欲望仮の姿なのです。
たしの淫ら欲望の化身だったのです
そのことを確実にい知れてしまっのです。


その日は両下で寝ていました、なんとかした。
も次のはひとりお留守番の日でし
にいるときかは帰てからのいでし
えるとわ飛ぶように帰ったんです
はペロかいませんた。
玄関まで来てっぽをってお出迎えしてくした
ちょっうしめたさを感じました。


だってこれからやしていことロを巻き添することなんだも
ペロ、おいで」
ゃがんで両手を広げて呼ぶ、ペロはしっをふわたしに抱きつてき
ごめね。
中でそっとロに謝りした
庫からマーガリンしました
それか稿わたしはペロをかか階段を登りました
ペロは階段手なす。


り、ペロを下におろしてあけまし
しって部屋をくるくる飛びりました
のようすながめながらわたしは制服を脱いでいきした
がふるえてブラウスのボンがうまくせませんした。
の中がぐるるまわるたいでた。
分でも心臓のどきまっていくのがわかりました


そしとう部脱いでです。
です。
はまだ部屋の中を飛び回ていた。
ロとがあた。
わず腕でからだをしてしまいました。
るとペロわたにすよってきました。
臓のあたりに血がどくどくと流よう感じでした。
それでも簿腰をがめてを広げると、喜んでわの胸に飛び込んできまし
はだかのわたしのをちくちくと激します
閉じると、朝方の夢のにいたいでし
しのあそこはじんしてた。
うっすら濡れ始めているのが、触てもわかまし
みよやらなちゃんなチャンスもうなしれないよ」
の心にも悪魔て住んいる
わた悪魔ささきに逆らとができなかったんです。


ペロを、持てきたマガリのフ開けまし使
前に指ですくってペになめさせたことがありす。
ときのペロ、大喜び
ですからこのときもロはマーンがもえると大喜
ーガリン指ですくいました。
もその指はペロの鼻先でなくお尻にまわってきました
そしてそ指を尻に塗りたくです。
ぬらっした感覚がまりいい気持ちありませんでた。
でも我慢してきるけまんべんくお尻く延ばたんです。
ため息がでました沿
とんでもないことをしよている分へ哀れみのため息だったかもしれません
わたしは床の上お尻を上て寝そべりま 
ペロはきょとんとしいましたがーガリンが気るのか、ち着きませんで
しがよし」というのを待便ているよた。
たしはちっとあげてペロに殿ました。
よし
あとは上げることができませんでした。
で頭を隠し、床に顔をしつけてした
ロの前足を私ふとももにかか感じまし
一瞬、からがびくんとはねあがりました
よいよだ
のあじっとしていした。



ペロのざらざらした舌がわたし
ペロの舌がズミ動くびに、全身殿快感がでした。
あそこもじゅんゅん潤っいくのを感じ
は真っ白です
ときき朝方ののシンがに浮か上がりました。
そのたびに自分が今何をしているかを思知らされるんで


「とうとうやってしまった」
とんでもなてしまっといずっ夢にまでとが実現したう両方思いが混じってました。
でもりうれしさの方がはるかに大きかったようです。
理性れあった欲望っと底にし込れていました。
お尻ーガリン、全部なめつくしたのでしょうペロは離れっぽ尿ふってしをつめてい
がペなのにたし真っした
ペロしっを振ってい、「もっうだい」とい味です
口の中たまった唾ました。
「もっとほしいの?」
ペロしっぽの勢いが強くなったよ気がしした
よろろと立ちがり、机の上に置いてーガリの容器をにしした
して、た指で、今っきっぱいマガリンをすくとりました
今度は胸に塗りした。
を使っておっぱいにまんべんな塗りまし
ちろんにも
こには他より塗りまた。
ぬらぬらとた感変な感じで
でも乳首にマーガリンを塗るとき、からだがはねあほど感いました。
感になった。
上を向き、こしこっした
るとこれようとしているこい知らされたようがしまし
あそもじんじゅんとュースせていま


こんなことして感じているわたしは、ものごくッチだ」
う考えると胸どきどきしました。
いでう声がかかるのをいまかいまちわた。
そんなわたしの」
ペロりっきりということをいいことに、口にロに話しか



、ペかいないんです。
って
「ペおいで」
ベッドに仰向けで横た、いペロに話しかけるようにな声でまし
たしぱいは小さのでが、からだをこしていくらふくんでいま
テニスボふたくっついじです。
はいいのすが。
自賛です。(泣) けれども仰向けになるったになってしまいます
でも乳首がつんと自己主張してます
ってましとでもいうように、ロが飛ように駈ってきました
ペロはわたしのおかの上にめがちょっと痛かっす。


ペロずわ乳首からなめ始めまた。
ざらざリズミルにたしの乳首をなわしました
「あっ」
思わ声がれてしまいた。
ペロはお構いな簿しに舌を動かけました。
皮膚の下を電流が走ような快感で



りに固くた乳かい舌でろぺ寿されると
そのたびにのてっまで快感突き抜けていきま
ぱり自分でするとはます。
自分ですれば自分のリズムで指を動かすのが、手のリムに合わせなければならいのです。
の動きがときどまってじらさ、急に速くなってとたり。
その不規則のズムがわの快感をもより高めまた。


かのペロ重みがひとでしているのではないことを実てくれます。
ロのしっぽと、ちょうどこの毛のあたりなので、さわさわと刷毛でていたいでした。
きく拡げました。
するとぴょこんと木の芽のよう突き出リにもしっぽが触れてくんです。
乳首だけでもすごいの同時にクリまで刺激されてだがびくんびくんとはねあました。
のたびになか上のペロもょっと驚ていま
こかしっこをもたみいにジュースがあふれているのをました
なくてわかりました。
お尻の方までべたりと濡れてしまいた。


自分でも識のう指を口にくえて
男の人のちんちん見立てていたんだいます。
具体的湿男の人のイメージはなかったけど。
ペロはマーガリをな終わると、右の胸をなめ始めまし
いとても寝そべっているとぺったんこ。
けがぴょと突出ている感
からだをてみまし
とどっとっぱのふくらみわかるようにす。
上げて必にマーガンをなめていました
ちっちゃいっいったけ、立って裸でからだを上らかはぷるるんするんですよ。


は左っぱいをゆっくりみました。
右のおっぱいはだペロがなめてくいます。
目を閉じすっごくいい気ち。
まるで雲のゆらゆら風に揺られるみたい。
自然とめ息が出てしまう
また無意うちに右手のに入れてろぺいま
わたしっチ。


ペロ前足しのももょっ痛かっ
ぱいのマーガリンをあらかたくすロは今のおっぱいをほし沿がりました
たしも右手と左手をれ替えます。
ロのざらついた左の乳首をぺろろします。
とはた違った快です。
わたしするときはいも右のっぱいをもことが多いん
だかたことが
じないわけじんだけど、うしてだろう
ょっと疑問です。
ロの荒い鼻息が胸にかます。



>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:, 獣姦, 野外・露出,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:, 獣姦, 野外・露出,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20090916113107