2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

細々と過去の出来事を晒す






1 名前ール変更論中VIP+[sage]稿:2009/09/08(火) 00:58:45。62 ID:PbyU8Ah60
なので、までの半生を振り返る、糞スレです。ろし
需要ろうなかろうが、00まではかくお。がんるお

ついたことその都度かいら、色々あれだ。


まずはスから
>>1
 27
フリーター


ックって何必要だ。よくわらん
ま、質問があったら答えよ
し。スタート





3 名前:ローカルルール変更議論中VIP+[sage] 投稿日:2009/09/08(火) 01:02:43。15 ID:PbyU8Ah60
学校編







心付いた頃から、両った。
小学校の頃、母親が病気になった。躁鬱病だった。
小学生からしてみたんのことらさっりわからんから、まり意識してなかった。

でも、今からと言動がおかかった。




5 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[sage] 投稿日:2009/09/08(火) 01:06:37。21 ID:PbyU8Ah60
母は、父をものすごく嫌っていた。
結婚当初、父がした仕打ちが許せないんだ、と語っていた。

そんなこんなで、いつも攻撃する母と、黙ってそれを受け入れる父の姿をみていた。
子供は小さい頃、本能的に母親に依存することが多いと思う。
小さい生命を守るのは、母親の役割だし、本能でそれをわかってるんだと思う。
だから、私も本能に従い、母に逆らえば生きていけないと思っていた。
したがって、母に倣って父を攻撃していた。

ある日、いつもと同じように父を攻撃する母。
傍にいる私に、こんな命令を下した。




6 名前:ーカル変更議@VIP+[sage]稿日:2009/09/08(火) 01:10:16。83 ID:PbyU8Ah60
にカッター出して、
「これでアイツを殺来い


は、らなんでも殺せないだろ、ったので
受け取ってしば


人の体どのくらいの切れるのかなんてわからなかたし、
どのくらいで致命傷にるのかもからなかった。

から、致傷にならないうに、でもが出るようにしない親に怒られる。
とか、わけのわかんない思いら、

洗い物をさせられている父親の右のふくらは切りつけた。


ょっと力をこめて、上からスッと刃を入ら、外と簡単に血が出きた




7 名前:ロー更議@VIP+[sage]稿日:2009/09/08(火) 01:12:27。83 ID:PbyU8Ah60
「こらっ
をしてい父はそれだけ言た作戻った。

どうしたらいいんなかった。
ごめんて思ったし、れでら嫌われないでむって思った。

に、母親か憶も無い。
ても怖いが。


9 名前:ーカルルール変更議論中@VIP+[sage]稿日:2009/09/08(火) 01:17:24。71 ID:PbyU8Ah60
この頃、家一番怖いのは母親
母親から嫌われ宿ようにるこだけをえていた

母親から忌み嫌わ父のようにはなりた、とっていた。

うや懸命努力しても、
テスト点数がかったり、母親の思い通にならないこてしま調うと
母親から捨てられるんゃないか、と怖くて仕方なった。




10 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[sage] 投稿日:2009/09/08(火) 01:19:45。81 ID:PbyU8Ah60
ある日、いつものように怒られてしょんぼりしていたら、
新聞の切れ端に母親が走り書きをしているのを見つけた。
見つけたと言うか、これ見よがしに書いて見せてきたのだが。

”1は、どうして生まれてきたのだろう”

私にとっては、この言葉は、本当にショックで、いまだにあの文字が忘れられない。

私は生まれてはいけない存在だったんだ。
私が生まれなければ、お母さんはこんな苦労をしないで済んだんだ。

そう思って、苦しくて辛かった。
いなければいい子だったのか、って思った。




12 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[sage] 投稿日:2009/09/08(火) 01:26:13。61 ID:PbyU8Ah60
この辺りで、母親が父親にされた、といつも話していた仕打ちを公開。


若かりし頃父親は実は別の女性を愛していた。
ところが、その女性に振られて、仕方なく母親と結婚した。
結婚前には「こいつがダメでも他にまだいるから」と話していたこともあるそうだ。

結婚後も、帰宅は殆ど午前様。
べろべろに酔っ払って帰ってきては、元カノの名前を呼んだらしい。

そんなことでは結婚生活もうまくいかず、母親自身も酒に溺れ、アル中寸前にまでなった。

母親の会社の同僚で、素敵な男性がいたらしく、その同僚に相談を聞いてもらっていたんだそうだ。


そんな中、不幸の種1が出来てしまった。
なんだかんだでやることやってんのなwww


同僚は母親を不憫に思い、子供がいてもいいから俺と再婚してくれ。とまで言ってくれたそうで。
「あの時同僚さんと再婚してれば、お母さんはこんなに不幸じゃなかった」
とよく語っていた。


と、まあ。
これは全部母親がソース。
父親からはいまだにその頃の話は聞けていないので、100%父親が悪い、とは思っていない。




14 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[sage] 投稿日:2009/09/08(火) 01:33:44。92 ID:PbyU8Ah60
さて、1の話に戻す。

過去の遺恨のせいで、両親の仲は最悪。

時には母親が包丁を振り回して殺す殺さないの大騒動を繰り広げたこともあった。
まあ、一方的に母親が振り回して、父親がそれを制していただけなんだが。


当然、家族の楽しい団欒タイムなんてものはない。
夕食が終われば、父親はさっさと自室に篭って出てきやしない。
いつまでもリビングにいたら、それこそ永遠罵倒され続けて、身も心も果てることがわかってるからだ。


ただ、たまに開くクリスマスパーティーや誕生日会には、
1を思ってか、ちゃんと参加してくれたのが嬉しかった。
パーティーっつても、家族3人のパーティーだ。
パーティーに呼べる程仲のいい友達なんていなかったしな。

しかも、最後まで母親がいてくれた記憶は無い。いつも途中放棄。
とは言え、一緒に歌を歌ったり、プレゼント交換をしたり、料理を作ってくれたり、
それなりに楽しい思いでも残っている。




15 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[sage] 投稿日:2009/09/08(火) 01:38:55。44 ID:PbyU8Ah60
母親の病気が悪化し始めた頃、母親は仕事をやめた。
それをきっかけに、地方都市へ引っ越すことになった。
1が、小学校中学年の頃だった。

のんびりしていて、病気を癒すには良さそうな土地だった。


土地柄のおかげか、母親の病状は徐々に回復していった。
この頃はまだ薬に頼らないと辛かったみたいだが、
それでも母親の様子は目に見えて良くなっていった。

変な言動もなくなったし、没頭できる趣味も見つけていた。
外の人たちとも接することが出来るようになっていたし、1に対してもそこまで・・いや・・・。うん。

とにかく、日に日に元気な母親に戻る姿は、1としてはとても嬉しかった。
やっと、母親が帰ってきた気分だった。




16 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[sage] 投稿日:2009/09/08(火) 01:41:43。78 ID:PbyU8Ah60
今にして思うと、この頃が一番幸せだったと思う。

学校から帰ってくると、手作りのおやつを作って待っててくれた。
一緒になってよく出かけていたし、とにかく優しかった。

まあ、父親との関係は相変わらず最悪なままだったが、
この頃には私も、母親の洗脳のお陰で父親を憎むようになっていたので、
二人で父親を排除して、楽しい世界を作っていた。




17 名前:ローカル変論中VIP+[sage] 投稿日2009/09/08(火) 01:46:21。90 ID:PbyU8Ah60
親と一緒いるときからまに嫌がる態を取り、会んてしたことがなった


唯一嫌だっ、夕食とき
親はずと言ど、しらのネタ父親を罵倒し続けた
最初はでもないんだ。
沿とか、単なる世間話なんだ。
ところくどスイッチがあるのかわからいが、
にかくとき突然キレる
で、そこからはお決まスで、怒りの矛先去のこってく。




18 名ロールルール変更議論中@殿VIP+[sage] 投稿日:2009/09/08(火) 01:51:15。25 ID:PbyU8Ah60
そうなと怒りは収まるとを知ない
ょったことでにもび火した。

一番良く怒られたのは、私食が細いことだった
当時ガリのチビだったの普通の量が食べれな
られい分残そうすると、怒りで我をれてい母親は火のごとく怒りを倍せた
「もうおなかいっぱいです・・うぇ」
母「いいらくえーー!」

おなかっぱいで気持悪いのに、ながを詰め込んで

いま父親ことがトウマになるらし
する前に「無ー。声を掛けてくる。
1を、かそうで見られなか、とよく言てる。
ょっと助けろよ、と、勿論無理だっのは明白だ


の頃印象に残来事がある。


19 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[sage] 投稿日:2009/09/08(火) 01:55:05。10 ID:PbyU8Ah60
毎日毎日罵倒され続けた父親は、遂に一度だけキレたのだ。
あの瞬間、人が殺される!と本気で思った。

勿論殺されるのは父親ね。


あーだこーだ罵倒する母親に、
「うるさい!お前こそどうなんだ!!」と声を上げた。

父親、その間も洗い物中。ついでに、明日の朝ごはんも作り中。

今まで一度だってはむかわなかった犬が自分に向かって牙むいてきたら、
そりゃ飼い主もびびるわな。

母親は「なんだぁ!?なんだぁ!?その口のきき方は!!」
と言ってみたものの、結構びびったらしく、その日は何事もなかったかのごとく風呂へ消えていった。

おまえがなんだ、そのくちのききかた。
と、思ったことは、今でも秘密。




20 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[sage] 投稿日:2009/09/08(火) 01:59:14。94 ID:PbyU8Ah60
相変わらず家庭崩壊な日々が続いていた小学校高学年。

母親から常々口をすっぱくして言われていた、父親の転勤が決まった。

「オマエのカオなんて見たくない。どっかに転勤でもしろ!」
「まだ転勤は決まらないの?」
なーんて言われて、いつまでも家にいたいなんて父親も思わないだろうな。
つーか、よくココまで耐えたよ父親、とすら思った。

私も口では「ほんとだよね。早くいなくならないのかな。」なんて言っていたが、
母親と二人きりになるのが怖かった。
だって、それまで父親に向かっていた母親の怒りが、全て自分に向くじゃないか・・・。




21 名ーカルルール変更議論中@VIP+[sage]稿:2009/09/08(火) 02:01:04。29 ID:PbyU8Ah60
し、ここで一旦休憩

序章コで終了です。

次は中学校編です。
やく本題の入り






25 名ローカルルール変更議論中@VIP+[sage] 投稿日:2009/09/08(火) 11:21:57。59 ID:PbyU8Ah60
今日はのでや、日も暇で、書き進めて
んか本編だだと100ま行かない
ところどろで小ネタを入るこにした。

取りあえ

中学校編 〜ママンが・・〜

学校高学年にさぼる。
この頃には、すっかり母気もなりを潜め、薬がなくても生きるようなって
味に没頭し、日の半を趣の時に費やしていた。
趣味をてたくさんの友達も綿来たみたいでいつ間にか人気者にまでなっていた。

相変わず家ではの形相ったりしたが母親だっ
お陰で1も、勉強が良く来る優等たいなポジシンに

この頃小学校「尊る人は誰でか」みたいな宿題がたんだが、
「母親」といて提出した記




26 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[sage] 投稿日:2009/09/08(火) 11:27:04。01 ID:PbyU8Ah60
そんなさなか、
母親が、うるさいくらいに父親に向かって「転勤しろ、転勤しろ」と言っていた理由が、徐々にわかり始めた。


ある日の夜、一本の電話がかかってきた。
いつも1が率先して出ていた電話だったので、その日もいつもどおりその電話に出た。

1「はい、1です。」
電話「あ、すいません。ヤマダですけど、お母さんいますか。」


電話の相手は、どっかの方言が強い男だった。
母親の趣味仲間だろうと思って、別に気にすることもなく、母親に伝えた。




27 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[sage] 投稿日:2009/09/08(火) 11:32:32。11 ID:PbyU8Ah60
この電話がきっかけだった。


それから幾度となく、夜の20時ごろ電話がかかってくるようになった。
母親は、今まで私に譲っていた電話番を、積極的に代わるようになった。

当時の1はノンキなもんで、「ラッキー電話に出なくてすむ〜♪」とか思ってた。
でも、のんきでいられたのは最初のうちだけだった。

そのうち、その電話がかかってくると、母親が豹変するようになった。
ほんとに、笑えるくらいの豹変振り。

プルルルル
母「はい、母です。」
・・・・・
母「ぁっ・・ぅん・・・・・そぉーか・・・うん・・・・そぉーだよね☆」

もうね、スイーツかと。




28 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[sage] 投稿日:2009/09/08(火) 11:34:37。29 ID:PbyU8Ah60
もうね、どこのスイーツかと。

今まで一度だって聞いたことのない猫なで声で、ニャンニャン話してるわけだ。

し か も 親 父 目 の 前 。


毎回この電話には吐き気がした。




29 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[sage] 投稿日:2009/09/08(火) 11:40:01。86 ID:PbyU8Ah60
にわかには信じられないことだったけど、どうやらままんは不倫をしてるらしい。
と、この頃悟った。

そりゃ、父親に早く転勤行けって追い出そうとするよな。
都合の悪い電話かかってきて、ニャンニャンしてりゃあさ。

なにしてんだ。って思ったけど、母親に洗脳されてたお陰で、
でも、母もツライ思いしたんだし、当然だよな。
とか、わけのわかんない正当化をしてた。

でも、勉強のことで怒られたりすると、不倫への怒りが湧いてきたりもした。
「出来損ない」「何をしてもだめだ」「父親そっくりだな」
と言われるたびに、
「そんなオマエは不倫していいのかよ!!」
って、心の中で叫んでた。


>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:いい話  |  タグ:, 純愛, 感動, 修羅場・人間関係, おすすめ,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:いい話  |  タグ:, 純愛, 感動, 修羅場・人間関係, おすすめ,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20091003182524