2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg
 
 
 

ボーイッシュな彼女






323 :320:2005/06/24(金) 00:25:14 ID:QBYj6QNK0
じゃぁちょっと書いてみる


4年前、新入社員歓迎会の役員やってて、
そのときの歓迎される側にいたのがチナ。
チナは転職組だったので歳はオレと同じ26歳だった。
髪はショートで耳下位までの黒のストレート。
少しだけシャギ入れてた感じだった。
服装もこざっぱりとした服装で、ジーパンはいてた。
顔は颯爽として意思の強そうな感じで、
性格は明るそうだった。
受ける感じとしては、ボーイッシュ、
吹奏楽やってそうな高校生か中学生て感じ。
新入社員として紹介されたときに
趣味はバイクでツーリング、と自己紹介して、
IT業界でインドア派が多い内の
既存社員からは少し引かれてた・・・





324 :320:2005/06/24(金) 00:46:18 ID:QBYj6QNK0
チナは本社、支社勤務ではなくて、
客先常駐の社員として採用されていたので、
社内の人間関係が非常に薄かったようだ。
歓迎会では入社から2ヶ月ほどたっていたのに
しゃべる人も少なく、少しさびしそうだった。
役員ということもあり、チナの近くで話したり、
立食のため、料理を調達してきたりしてた。
そうこうするうち以外と話が弾んできた。
オレはバイク派ではなく車派だったけど、
エンジン音が好きだ、なんて話をした。


メカの話とか日々の生活の話、
愚痴を聞いたり遠距離の彼氏の話などなど、
盛り上がる集団から少し離れたポジションで
1時間ほど話し込んでいた。
思い出したように役員の仕事が回ってきたので、
そこで分かれたけど、
それ以降メールでいろいろ話をした。





327 :320:2005/06/24(金) 12:28:57 ID:5No4uSA70
当時はメールの検閲とかはなく、仕事の愚痴がメインだった。
時はたって その冬、今度は忘年会でチナと再会した。
年を通して役員をやらされていたので、
忘年会も仕切らされていた。
のんだらのるな、を実践させられるため(どうせ乗らないけど)、
役員は客先で、忘年会会場でもあるホテルで一泊が決まっていた。
少し離れたところからくるチナも
帰りの交通機関がないのでとまることになっていた。
忘年会でも、結構チナとの会話会話が盛り上がった。






328 :320:2005/06/24(金) 12:30:54 ID:5No4uSA70
突然チナが、
「ねぇシュウ(オレ)、あとでシュウSの部屋遊びにいっていい?」
と言い出した。チナが何を考えているかわからなかったけど、
オレも多少酔っ払っていたので、
「あぁいいよ、のみなおそうぜ!」て感じで承諾。
若い女の子が部屋に遊びに来る、
ってことをあまり考えずにOKした。


やっぱりチナが女の子、ってより友達に感じたからだと思う。
忘年会が終わり、11時ごろシャワーを浴びて、
ホテルの自販機で買ったチューハイ数本を用意してチナを待った。
少し酔いがさめてきて、多少マズイかな、っとおもったけど、
部屋割りの関係からオレだけ別フロアだったので、
まぁいっか、って感じでチナをまった。


330 :320:2005/06/25(土) 01:19:13 ID:9HmAoHR+0
23時を少し過ぎたあたりでチャイムが鳴り、チナがやってきた。
浴衣姿のオレをみて、
「お、シュウ結構しまった体してるじゃん」
といいながら脇をつついてきた。
「ばか、なにすんだ、ほれチューハイでいいよな」
「うん」
って感じでのみなおし。つまみはバイクと車の話。
チナのぬれた山道ででかい蛙を踏んでこけそうになった、とか、
オレの左カーブを責めすぎて、電柱でミラー割った話だった。






331 :320:2005/06/25(土) 01:22:15 ID:9HmAoHR+0
1時間くらいたったところで、チナのケータイがなった。
「うん、こっちでてきてるよ、今友達とのんでる。わかった、いくよ!」
などと話をするチナ、ケータイからは女の声がしてた。
「ごめんね、懐かしい友達からの電話で、
いまこっち東京からこっち(会社の所在地)にかえってきてるんだって、
のみにさそわれちゃった。いっていい?」
ときいてきた。
「行くってもういってたじゃん、行ってきなよ、久々なんだろ?
そうだ、明日は駅まで送るよ」
「ごめんねぇ(笑)」
っていいながら部屋を出て行った。
はたから見るともったいねぇ、って思われるかも知れないけど、
そのときは「友達」だったからなんとも思わなかった。


期待させてまだ前不利でスマソ
漏れにとってはプロセスが重要だったから・・・





333 :320:2005/06/25(土) 12:31:08 ID:We7XvYys0
あくる土曜の朝、飲み屋街で2次会3次会4次会した二日酔いおっさん連中を
送迎バスに詰め込み、送り出して役員の仕事終了。
ホテルのロビーで待つチナのところへいき、
「約束したろ、駅まで送るよ」
「サンキュー、例の車乗せてくれるんでしょ」
オレは夏に車を買い換えていた。
まぁオタに人気のスポーティタイプの車種。
そろそろ車買い換えないとなぁ、とおもっていたところ、
仕事の激務で残業代がたまり、
さらに当時の彼女に鬱憤もたまって浮気、発覚、
なきつかれながらも別れたため、ストレスも爆発寸前で、
フルモデルチェンジ2ヶ月後に一気に買い換えたやつだった。
エントランスに車を回してチナをのせて駅までのドライブ。
ほんの20分だけど軽く加速したりして遊びながらだった。





335 :320:2005/06/25(土) 12:35:21 ID:We7XvYys0
駅に着いたところちょうどチナの家方面の電車が出たところで、
暇になりそう、ってことだった。
「どうせなら家の近くまでおくってやるよ」
「いいの?、2時間かかるよ」
「いいよ、どうせ暇だしなぁ」
「はは、彼女なしのフリーだもんねシュウ」
「あぁ?別にきにしてねーよ」
「はぁ?メールであれだけへこんでたくせに」
「おぼえてねぇよ」
「うくくくっ、メール保存してあるよ」
なんて会話をしながら2時間のドライブにでた。






336 :320:2005/06/25(土) 12:44:41 ID:We7XvYys0
正直チナとの会話は楽しく、
オレのほうも いやされてすっきりした。
そんな時チナの家のある地域に差し掛かったところ、
急にチナの態度が変わった。
「ねぇシュウ、私の彼氏浮気してるかも」
いつも元気な感じのチナが突然さびしそうな表情を見せる。
前に新入社員歓迎会で見た、ちょっと戸惑った寂しさではない。
なんだか急にチナが小さくなったような感じだった。


「なんでよ、仲いいんだろ?
四国長期出張っていってもちょっと前にも 
ツーリングがてら逢いにいってたじゃん」


「なんとなくなんだよね、ちょっとコンビによって」






337 :320:2005/06/25(土) 12:46:15 ID:We7XvYys0
チナはいったん店内に消えるとコーヒー、ガム、アメ等いろいろ買ってきた。
車に戻ってきたときは笑顔で、先ほどのさびしそうな表情は消え、
いつもの元気なチナだった。


「昨日 結構回りに気を使ってて つかれたっしょ?送ってくれたお礼」
と眠気さましガムやらコーヒーをもらった。
相変わらずの激務続き、上司やら酔っ払いの世話やらで
正直なところちょっと眠いのは確かだったし、
チナを送った帰りにコンビにで仮眠を、
と考えていたので心遣いがうれしかった。
またチナの家へと走り出した。





339 :320:2005/06/25(土) 14:11:54 ID:ykrmAZ830
しかしあと少し、ってところであくびを連発したところをみられた。
「やっぱつかれてるっしょ、少し休んでいこうよ」


チナの家は山間部ってほどではないが山に近く、
年末は車の中でもエアコンなしでは寒い地域。


「でもチナの家はまずいだろ、
ご両親いるし・・車でひとねむりするよ」


「ばか、風邪引くじゃん、私の家はまずいけど、
いいところ知ってるよ、そこ左に」


チナのナビゲートにしたがって道を進む。
「ここ右にはいって」
「はいよ、ってラブホじゃんここ・・」
「そうだよ、休むだけ」
「っていっても・・・オレだって男だし、チナだって女だし・・・」
この時になって初めてチナが女であることを強く認識した気がする。


341 :320:2005/06/25(土) 14:57:16 ID:R698u77U0
「お、シュウ、期待してるなぁ?」
チナがにやりとわらう。
子供のころのいたずらする瞬間の友達の顔を思い出した。


「ばか、いくらなんでも誤解されるぞ、こんなところで休んだら!」


「誰もみてないよ、しかも田舎だし。これシュウの車でしょ、
知ってる人いないよ。誤解なんてされないよ」


「やっぱチナは度胸あるわ」


「ほれ、おりて。部屋いくよ」


部屋に入ると照明がブラックライトで白色がやたらと強調される。
天井のイルカの絵が怪しく浮かび上がっている。チナがジャケットを脱いだ。
下の白のセーターが浮かび上がって、なんだかエロい。


「シュウ、シャワーあびてきて一眠りしなよ」


生返事をしてシャワールールにはいった。
シャワーを浴びて体はすっきりしたが、
なぜかはわからないが逆に脳みそはボーとした感じになった。
あまりよくものを考えることができない感覚で、
なんとなくバスローブ着て部屋に戻った。





345 :320:2005/06/25(土) 21:58:53 ID:k7c8kZBQ0
チナはテレビ見ながら、ねっころがり、
コンビにで買ったおにぎりせんべいを食べていた。


「おはへり(おかえり)、ほへ(ほれ)、さっさとへろ(ねろ)」


口にせんべいを挟んでいるので発音が変だったが、
いわれたとおりに大きなベッドにもぐりこんだ。
ベットにもぐりこんだら、枕とベットと布団がフィットしたのか、
バリバリというチナのせんべい音も気にせず、
すぐに眠ってしまった。


チナがエロくみえることより、
月月火水木金金で2ヶ月働いていたためか、
睡眠欲が優先したみたいだった・・・






346 :320:2005/06/25(土) 22:06:18 ID:k7c8kZBQ0
2時間ほど眠ってしまったようだった。
おきてみると、隣にオレと同じバスローブを
羽織って寝ているチナがいる。
起こさないように、少しだけ湿ったチナの髪をなでた。
かるくリンスの香がした。
女であったことを認識しても、
エロくみえても、チナだよな、っとおもった。
そのときチナが目覚めた。


「おはよ、シュウ、おきた?」


「結構すっきりした、っておい、はだけてるぞ!!」
起き上がったチナのバスローブの前が開いて、
小ぶりな乳房とピンクの乳首が丸見えになっていた。


「きゃっ、見たなぁ!」


その瞬間になんだかオレの理性がとんだ気がした。






347 :320:2005/06/25(土) 22:09:07 ID:k7c8kZBQ0
ゆっくりとチナの髪をなで上げ、
「オレだって男だよ、こんなかっこして、
こんな状況で平静ではいられないよ」


「だったら、抱いてよ・・・」


少し伏せ目がちにチナがいった。
コンビに行く前のさびしそうな感じが漂う表情、
ブレーキは当然かからなかった。
無言で後髪を触っていた手をチナの首にずらし、
お互いの顔を近づける。
鼻が触れ合うくらいの距離で、お互い目を閉じ、軽くキスした。
唇をはなし、もう一度見つめあって、目を閉じキス。
今度はお互いに舌を絡ませあい、抱き合った。






348 :320:2005/06/25(土) 22:17:30 ID:k7c8kZBQ0
互いに舌と唇を吸いあい、
オレは手をチナの小ぶりな乳房に移動させた。
先ほどの乳房の観賞時間は短かったが、
小さいが形のととのった美乳であることは確認している。
右手で乳首をもみしだき、左手でチナを支えた。


そのまま倒れこみ、唇でチナの右乳首を吸い、
左手でもう片方の乳房と乳首を愛撫した。


「うぅ、うぅん、あ、あぁ」


とチナは軽くあえぎながなら
しがみつく腕にちからが入ってくるのが背中から感じられる。
そうしながらも オレは右手は少しずつ下に這わせ、
薄めの茂みをかき分けてチナのマ○コにふれた。
少し驚いたけど、その時点でチナのマ○コはかなりぬれていた。
すでに挿入しても大丈夫なくらいに・・・
はやる気持ちを抑えて、指で軽く愛液のぬめりをすくい、
その湿り気でチナのクリを軽く攻めた。
「あぁ、あぁ、あっ」
っと乳首のときとは違ったあえぎが入り、
欲情を誘った。






349 :320:2005/06/25(土) 22:28:54 ID:k7c8kZBQ0
しばらくすると、クリが充血したのか、少し大きくなった気がした。
軽く頭を除かせたクリ本体を、
人差し指の腹の部分でゆっくりとやさしく、
触れるか触れないか、のところでもてあそぶ。


「くぅ、くっ、あぁは、あ、あぁ」
チナから快楽を得ているが
こらえるかの様なあえぎが聞こえてきた。


「あはぁっ、あぅ、あぁ、シュウ、あぁ、シュウぅ」
あがなうかのようなちいさなあえぎから、
少しずつ声が大きくなっていく。
その姿勢でさらに先ほどより少し強めだが、
やさしくクリへの刺激を行うと、


「あぁ、シュウ、もう、もうだめだよ、
くうぅ、あは、あはぁ、くぅぅぅあぁ」


と大きな声をだして、果てた。
クリへの愛撫だけでチナがいったことにおどろいたが、
オレの興奮度はいやおうなしに増した。
オレは気づかなかったが、
いつのまにかチナの肌は充血して桜色になり、
マ○コからはとろみのついた液があふれ出ていた。


>>次のページへ続く


 

 

関連記事

 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:, ほのぼの,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:, ほのぼの,
 
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20100304231449