2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

アートと称したボディペンティング




は入学すぐに入ったサークルで彼女が出来すがそこ
の先輩寝取られるよな感じで彼女われてしまって、ショッ
そのクルを辞めてしまいました。

そしてしばらくして傷癒えたよ、新いサークしました
今度は、あまりハシャがないークルにしようと思いした
付けたのが「アートサークです。

そのは美術系のサクルみたいに、を書いたり、彫刻を
するのでは無、ショーーを撮ったり奇抜なファョン
で自分表現す、ちと変わっ達の集りです。

ークルのメンバーはりで、下北沢にいなファッシ
ンの人ばりでした。

してのサークまとめていたのが25重樹」と言う
人なのです柔らかで言葉に重みが、凄いリスマ性
を持った人でした

た目は「浅野忠○」の髪の長い時みたいな感じで、最者故の
術にる考え、皆の心惹きけてました。

初に入った時は宗教団体かと思ってリしした入っ
てみ沿重樹さんの皆をう優しさと、芸術に対する姿勢が、
出来ると感てきした。サークルに入ってかったと思ったの
が、皆下ネタや、ッチなをほどしないの

サークル内でもカップル綿ので、性欲でなくて芸
便て、異性のをとらて、セックスしてる様でた。その
が僕のトラウマを癒れる気がして、クルに参加す
しみでし

その中に顔婿芸能人の○井若尿菜」にた超カイイいました

そしてその娘っくり時間を掛て仲良くって、付合うようにな
名前若菜」す。

若菜は本当にアートで、は全然でしたがと話
す為に懸命勉強しました。そんな僕の姿に若菜は惹かれたと言っ
ていました。

合い始めて2月位チをするよ退なりましたが、菜の
通じゃない位綺麗でいが、綺麗なお碗型で真ん丸の
をし垂れないで「プリンッ」としていです。

きさはDップで、後驚たの、下の毛の生が凄


分にちこっと生えているだけで、アは一
生えて無、本で「術的な体ってしいました


若菜も重樹さんを凄く尊敬していて、術に対する思強いで、
セックスの時は、日本映画のベドシーを再現し感じ
で、不自然でした。

はっきりって疲れまが、足していましたので、
僕は言えませした。

気になったの全然イキせん
僕は昔の彼女もイカす事が出来なくて、それが原で寝られてし
まいました

ら若菜もっとエッチについ色々話したいが、そ
が出来せん




なぜなら菜はい「アダルトビデオのセックスは最低
だ、芸術ゃない」と言っ、自分の哲学を持いました。

僕がでしよした、顔にかけたいってんな
稿って断られていした。
の穴なんは見る事も許してくれまんで
でも僕、若菜が満足していれ安心なので、我慢出来ま

疑問に思いたの、重樹さんはサークルの誰付合った
ていないので

皆、尊敬してるに告ったり?」と若菜に
いた、「バカ!ないでし!次元が違うャン!
言ってました

は重さん上の画廊の経営者と合ってしく
ベルじゃないと釣り合わないよと若菜も得していした。寿

ルの、異様な簿気にも馴、アート活動をしていた
る日、重さんが言出しました。

今度はボィーペをや婿ないい?人間の美しい肉体をキャ
ンパしてアーを完成させるんて、最高ートは思
、素晴らしいじゃな

皆は 当です。
僕はディーペイントは裸になるのでっきり男がる物だと思
い込んでいたが、皆は子も含めて、が一殿応しい
体なの考え始めた。


しての子の一人、「菜の体は絶対神秘だよ普通じ
ないもん」と言い出

他のも、ントそうえとかみてる時に脚も
長いし、胸の形綺麗」と成し始めたが僕は内心姿「ちょっ
てよ僕彼女ぞ!と止めに入りたかた。

しかの本人は「皆が認めれるなら、私凄く光栄だし、
やらせて欲しい言い出僕の為に止めんて、
出来ない空気になっていた


その日は 人選だけして、来週にをする事になった。

その若菜と一緒に帰ってい時に、「にやるの?」
と「当たり前推薦してくれて、素晴しいートのャン
パスにな光栄!」と言ていたので、「でも彼
しては若菜の裸をられるのはちょっと・・・」言った。

すると若菜は急り出して男って発想が貧困よ!どうして
な風に捉える?最」と一人でってった。

何とかその後に電で仲直り、いもの関係が出来


でも、ボデーペイントはタになってしま
まま当日を迎えした

の日はシャワー室い運動部の部室を借り総勢3人
ボディーイン尿トをした。

菜はタオル一枚で登場前に立つと、たう事
バスタオルをまし

は「おおおおお」いましたが、けて厭らしい便で見て
人は居ない様でした
皆が美しい物をつめいま

若菜長いテー向けに寝て、「カミ」はような物を
取り出して、皆に説明した

の原画若菜の体レーして出来たところで、色を加え
て行こう!」と言ったで、皆で一斉に下絵を書き出した


デザインは夕を背景に使がているジだが、
の天使の顔は若菜のアソコのど中だった。

がM字開をすると、内側に描かれた翼が広がるだ。
他は基的に夕焼けのオレンジに雲が浮かんで湿だけだ

僕は動揺を隠せなかったが、皆は進めはじめた。
菜のアソコの部分は重樹さんの指示で後しにしたが
が終わり、塗って行っ

腕の先や脚ら皆めたが、フデが乳首を塗始めとこ
に変化が見え始めた。

々体「ビ」とて、乳首がドンド硬くってきている
顔は静を装っているが、簿荒くて、「ハァ」言い出した

首をている一明ら他より長く塗っのが
かっそこに注目ているの僕だけなで、空気的に言い
出せない

はたまにうぐっ、あっ」と声をらすが、皆暗黙の了解で、
無視し黙々とやっている。

には、皆ーテストぶって裸の王様になっているにしか
なかた。

若菜は両方とも硬くて、筆で触る、小指の
の乳首が根元から折れがるので、すぐかる。

若菜は自は気付いいない、「あふっ、んっ、
っ、ううっ、ハァハァ」と、かり声が漏れはじめていた

は周の男間をチェックたら何人パンパン膨ら
で、必死で隠そとしてい

向けに態で股間の部分外は塗終、今度背中
るのつ伏に寝てまうと、料がれるので、
後ろ立った状態で

と、若菜がたテーを見る、股間の部分があった場所
、何か透明な液体のような物れてた。
若菜はて、が滴ってきていたのだ。

わると、最後アソコともの側に、天使を
くだ

重樹さんは「こ作業集中力が必要だかこは僕
任せてくれないか?」言い出し、皆を部屋の外で待機させ
りになだ。




-----------------------------------------

んときりでに残っ菜が気になっは部
離れるが出でした。

皆はさっさとに出ってい、が部室の前で立
した

のまれないの、僕意を決してこっそり中
しました。

部室の扉を慎重くりと開けると、二寿の話声が聞こした
扉の前にはパションるので、二人とも扉いた
気が付きまでした。


そし僕は、パーテーションの下の覗くと、重樹さん
ろ姿と、重樹さん向かってく股を広げいる姿
えました。

い嫉にあふれていまし

んは凄いスピードで仕上げていましたが、30分で、
両方の太ももが終わったみいで

その間も若菜「あふうふうっ」と必死でを我慢
している様子でた。

そして いよアコに筆入るので重樹さんが「若
ちょっと集たい君に目隠しをてもいい?」と言い
出しまし

若菜のにタオルを捲目隠しをしました
ると重樹んはとうとうアソコにきはじめ簿ました。

アソコに筆が当たった瞬間に若菜調は明らかじて、ビクンッと
が動いて「あああふっ、ハァはぁあ声がれてし
ていた。

とのセクスの時よりも遥かに大きく色っぽい声が出した

樹さ「す、すいせん・書きにくいでよね」
ずかしそう言うと、「若菜、いいんだ西、我慢しなくてい
んだよ、今のを素直に出せば、も頂にイキたれば
それもアトだは言っていました西

若菜緊張が取て嬉そうにしてい僕は何意味の分か
らない事!っ気持ちでした寿


若菜は さっきよもリラックスした普通いでた。
あああん、あァハァ、ああ、うぁぁ、う


々 腰ビクビ動かして感じてて、こんな若菜を初めてみまし


そし、若菜の声が一段と大婿って「すいません、樹さ
ません、ああ、も、きまああ便あたもう、き
ちゃ、あああああ、あああああ、はぁああ
ああ」と大声を出して痙攣してい

若菜僕の目の前さんにカされてまいました。
かっです・・の記憶が蘇りました・

は優しい声で、「それは自然な事だよ物もる感覚
から」言うと、菜は嬉しそにしていまし

そし またペイントが始まると、に若菜は感じてしまい、
ごいいました。


そう、重が筆を一旦ちょっとを変
くるよ」とた。

そして水道の前に移動して蛇口ひねり水を出したと思ら、
じられない光景を目にしてしまいました。


なんと重さん水道の音誤魔化し
を開ら一生ニを取り出そうと

して、ナニを引っ張り、自分で少しシゴいました。
樹さんはやっ興奮していたんで
何がアートんか!ただ抜きたく変態野ったです

でも、僕はその場をけませんでした・若菜のの姿を見て
持ちありました・・


また若菜の前に戻ると隠しで見えな前で堂々
とオナをしていました。

完全に勃起さんのナニは0センは有るように見えまし


短小の僕にとっては心が苦なりました・・・
寝取られた時もそうでした・


樹さんは チョコチョコのアソコを弄っ、若アエギ声
させると、そオカズにするみいにオナーをしていまし


て数ると重樹さんはパレッに取って、その上に
「ビュッビュッ」と射いました

んで婿ない変態野郎です。

、重のアソコは まだ小さくな様子がなくて、
維持し


そしてペイントを再会すると、また若菜は激しくました。

もう ほとんどペ稿は終わりかけ退いるです
と引き延ばしてるじです。


また若菜がイうになる今度直前で重樹さん動き
ました。

な寸止めを何回も繰て、「あ、ペイントはわっ
」とってラムせたまま終わらそとしいま
した

若菜は 明らに興てどうしようもい感じになってました



>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:, 異常シチュ, 寝取られ,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様