2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg
 
 

 
 
 
 

借金を妻の体で返済させられたのだが、、、
(2ページ目)  最初から読む >>




妻は時々「ビクンッ」と体が反応していましたが、声は出しません
でした。

男は「お前、ちょっとこっち来てみろ、嫁の乳首触ってみろ!」と
僕を呼び付けました。

僕はガクガクした膝で近寄って、妻の乳首を触りました。

今まで触った事の無い、パチンコ玉みたいに固くなった乳首でし
た・・・

妻は恥ずかしそうに眉間にシワを寄せて顔を横に向けています。

そして男が乳首を指で「ピンッ」と弾くたびに体を震わせていまし
た。

散々乳首とおっぱいを弄りまわした後に、「次はしゃぶれ」と男は
言って、妻の頭を掴んで自分のアソコに押し付けました。

妻は若干の抵抗を見せましたが、結局口にアレをねじ込まれていま
した。

最初は半立ちでしたので口に入っていましたが、男のモノが完全に
勃起してくると、口に入りません。

それでも先っちょだけ舐めさせられていました。

最初は妻が横に座っていた状態でフェラしていたんですが、男は目
の前に跪いて舐めるように言いました。

そして妻がソファーから下りて、男の股の間に跪きました。

すると男は「おい、ちょっと待て、旦那、こっちこい!」と僕を呼
びました。

そして男に呼ばれるまま行ってみると、男はソファーを指差しまし
た。

その指差した部分を見てみると、妻が座っていた場所に、大きなシ
ミが出来ていました。

僕はすぐにその意味が分り、呼吸出来ない感じのショックを受けま
した・・・妻が感じてるのか?

しかも、かなり大きめのシミでした・・・

男は「おい、マ○コ広げて旦那に見せてやれ」と妻に言いました。

妻は顔を伏せて、さっきの堂々とした態度はどこにもありませんで
した。

男は「言う事聞かねーなら金は無しだぞ?」と言うと、妻はゆっく
りM字に足を広げました・・・


大きく広げないので、途中で男が妻の足を掴んで、おもいっきり広
げました。

僕は あまり妻の体を明るい所で見た事が無かったので、はじめてハッ
キリ見ました・・・

衝撃でした・・・

妻のアソコは、泡立てた玉子の白身を塗り付けたようになっていて、
お尻の穴まで汁が垂れていました。

周りの毛まで濡れてしまって、肌にくっ付いていました。

そしてビラビラもたっぷりと濡れているので、変な形によれてくっ
付いていました。


僕はこんなに妻が濡れてる所を見た事がありませんでした・・・

今までは、どんなに僕が触っても穴の奥の方が濡れているだけで、
外に溢れ出すことなんか絶対にありませんでした。


男は「あーあ、こりゃどスケベな女の濡れ方だな、本気汁が出ちゃっ
てるよー、お前の嫁すげーな?まだ乳首しか弄ってねーのにな?」
と屈辱的な事を言われました。

でも男の言う通りです・・・
本当の妻はスケベなんでしょうか?

やはり僕では満足出来ないからアダルトビデオでオナニーをしてる
のでしょうか?

すごく苦しくなりました・・・

そして男は、妻の股を広げたまま色々と弄り出しました。

「あーあ、奥さん、すげーオナニーしてるでしょ?やりすぎだよ?
クリがこんなになっちゃってるよ!」と言いました。

僕も妻もドキッとしました。

そして男は手の平全体で、妻のアソコを撫で回しました。

溢れ出した汁で手の平がヌルヌルになって、すぐに「クチュクチュ」
と音がし出しました。

そして かなり激しくアソコ全体に強く擦りつけていました。

僕から見たら、『そんなに激しくしたら妻は痛がってしまう!』と
思いました。

だって僕の愛撫は、いつもソフトクリームを舐めるような優しい愛
撫で、妻もそれが一番気持ちイイって言ってくれていました。


でも、妻の表情を見てると分らなくなりました・・・

あんなに激しく強く擦られてるのに、下半身は「ビクンビクン」と
反応して、ドンドン「クチュクチュ」という音が大きくなってきま
した!

妻は自分の腕を噛んで、必死に声を殺しています。

太ももは「プルプル」と小刻みに痙攣して、つま先が「ギュー」っ
と力が入った状態で固定されていました。


僕は『なぜ痛いって言わないんだ?そうすれば止めてくれるかもし
れないだろ?』と思っていました。

でも、それは全然的外れでした・・・

しばらくすると、男が高速で手を振るような動きに変えて、クリト
○スの周りを重点的に擦りはじめると、思わず妻は「うぐ
あぁぁぁぁぁっ、うふうううあああああ」と声を出して、その後に

アソコから「ブチャブチャブチャアアア」と凄い音がしたと思った
ら、水しぶきの様な物がアソコから噴き出しました!


僕がビックリしてると、妻は「うはああああああああ」と絶叫する
ような声を出して、腰を大きく持ち上げて、頂上までいった所で
「ガクンガクン」と崩れて、その後は静かになって、だらしなく股
を広げたまま痙攣していました。


そして男は「何だよつまんねーな!簡単にイッてんじゃねーかよ!
しかもすぐ潮噴くしよー!」と言いました。

僕は現実が受け止められず呆然としていました・・・
まさか妻がこんな事をするなんて・・・
急に妻が遠くに行ってしまったように思えました・・・



妻は僕にも初めて見せるようなみっともない姿で 床に 寝転がって
いました。

ガニ股でだらしなく股を広げて、腰をグラインドさせるように痙攣
して、お尻の穴がヒクヒク動いていました。


そしてアソコの中からは真っ白な液体が、ドクドク溢れて出てきて
いました。

男はニヤニヤしながらこっちを見て、「お前の嫁は変態だな!最初
は地味なダセー女だと思ったらよー、巨乳だわ、潮噴くだわ、ど変
態だな?」と言ってきました。

僕は悔しかったんですが、その通りでした・・・

まさかあの真面目で大人しい妻がこんな姿になるなんて思ってもみ
ませんでした・・・


そして男は面白がって、妻のアソコを広げたりして観察していまし
た。

すると「お?奥さん大分アナルも使ってるじゃねーか!意外と旦那
もやってるじゃねーかよ!」と言いました。

僕は何の事か分りませんでした・・・

男は「なあ?アナルは気持ちイイか?」と聞いてきたので、僕は
「知りませんよそんなの、何ですかそれ?」と意味が分らなかった
ので聞き返しました。

男は「はぁ?知らねーの?じゃあ何だこれ?おい!奥さん!浮気で
もしてんのか?こんなユルユルアナルにしちゃってよー!」と聞い
ていました。


僕は色々な事が同時に起き過ぎて目眩がしました・・・

でも僕は気になってしまい、妻に「お前まさか・・・浮気してるの
か?どうなんだ!」と詰め寄ってしまいました。

妻はこっちを睨んで、「あなた・・・どうしてそんな・・・私が信
じられないの?・・・ひどい・・・」と言いました。

僕は「じゃあどうして・・・」と言うと、男が「はっはっはっ、奥
さんホントに真面目そうだから、浮気じゃねーとすると、自分でやっ
てんな?」と言いました。

妻の顔が明らかに真っ赤になりました・・・

妻が自分でアナルを?・・・・・

男は「旦那が満足させてくれねーのか?おい!自分でやってんだろ?
なぁ!」と聞きました。

妻は答えません・・・でも、それが答えだと思いました・・・だっ
て浮気の時はすぐに否定したのに・・・


男は「お前はもっと奥さんを満足させてやれよ!金はねーわセック
スは下手くそって、何もねーじゃねーか!あ?」と凄まれました。

まさしくその通りでした・・・

男は またさっきと同じように妻のアソコを手の平全体で擦りはじめ
ました。

妻は異常な反応を見せて、「あはああ、今はやめて、あああああ、
ダメ、やめてええ、くすぐったい、いやああああ」と言っていまし
た。

でも男が「我慢しろ!コレ乗り越えたらもっと良くなるぞ!」と言っ
て、無理矢理続けていました。


すると妻の様子が変わってきて、さっきみたいに気持ち良さそうな
声が出てきました。

すでに妻のアソコの周りはヌルヌルに泡立った液体で一杯です。

そして男が違う手で、アナルに指を入れた瞬間に妻が「うはあああ
ああああああ」と聞いた事の無いような大声を出しました。

そして その後すぐに、腰をガクガク震わせながら痙攣して、アソコ
から「ブシャブシャブシャ」と音を出しながら激しくイッてしまい
ました。

妻の周りの床はビッチョリ濡れています。

妻は またみっともない格好でヒクヒクしていると、男は間を開けず
にまた攻撃をはじめました!

クリ○リスの上を左手で引っ張るようにして、右手で集中的に擦って
いました。

妻はさっきと同じ様に「だめええ、くすぐったい、ああああ」と
ちょっと叫びましたが、今度はすぐにアエギ声に変わってしまい、
その後あっという間に体中がブルブル震えて、10秒もしないうち
にイッてしまいました。

もう すでに声になっていませんでした。

男はその後もそれを繰り返して、2回連続で妻をイカせていました。

信じられない事に、不感症だと思っていた妻がこの短時間に5回も
イカされてしまいました・・・

男は僕を呼びつけると、「おらぁ、嫁さんの顔見てみろよ、これが
本物のこいつの顔だぞ!」と言いました。

妻は汗でビッチョリの顔で、髪の毛は頬にくっ付いて、口は半開き
でヨダレが垂れていました。

そして目はうっすら開いていましたが、僕の顔を見ないで遠くを見
つめていました・・・

この短時間に、妻が一気に遊び人の女になった気がしました・・・

現実に妻は僕に内緒でオナニーをして、自分でアナルまで弄ってい
たのですから・・・

それをこの男は今日会ったばかりなのに見抜いてしまいました・・・


今度男は妻を起こすと、ソファーに腰掛け、さっきの続きのフェラ
をさせました。

妻は力の入らない体で、両手で男のアソコにぶら下がるようにして
舐めていました。

男は「パイズリしろ」と言いました。

僕は妻にパイズリなんてさせた事はありませんし、妻もそんな行為
を知っているはずがありません。

でも妻は、小さく「はい・・・」と言うと自分の巨乳を持って、男
の巨大なアレを挟み込みました・・・


僕は妻が別人に見えました・・・

なぜあんな事を知っているんだ?・・・僕には一度もやった事がな
いのに・・・ひょっとして、AVをみて?・・・真由実は本当は色々
なエッチをしたかったのか?

僕は訳が分らなくなりました。

男は「ツバ垂らしてヌルヌルにしろ」と言うと、妻は唾液を谷間と
飛び出したナニに垂らしていました。

そして自分で激しく胸を動かしていました。
男も満足そう声を出していました。

時々、「お前もちゃんとパイズリ仕込んでんじゃねーか!いいぞ、
お前の嫁のパイズリ気持ちいいぞ!」と笑っていました。


そしてしばらく続けると、「じゃあそろそろ入れるか?」と男は言
い出しました。

僕は分かっていましたが、さらにショックを受けました・・・あん
な巨大な物を妻が入れられたらどうなってしまうんだ・・・

男は妻に上に乗るように言いました。

でも妻が「あの・・・コンドームを付けて下さい・・・」と言いま
した。

男は「ふざけんな!いいからさっさと入れろ!」と拒否します。

僕は妻に何とか説得してくれと祈りました!

妻は「主人とする時もちゃんと付けてるんです・・・お願いしま
す・・・」と言いました。

確かに、貯金が貯まったら子供つくる予定でしたので、結婚してか
らゴムを付けない事はありませんでした。

すると男は「じゃあ勝負するか?お前が勝ったら言う事を聞いてや
るよ」と言いました。

妻は「何ですか?」と聞き返すと「これからシックスナインをして、
先にイッた方が負けだ、いいな?」と男が言いました。

妻は「そんな・・・そうじゃなくて・・・ちゃんと着けて下さ
い・・・」と拒みますが
「あ?お前自分がスケベだから簡単にイッ
ちゃうから逃げてんだろ?旦那の為に勝負に勝てばいいんだよ!
それとも俺にあっさり負けるような淫乱な奥さんですか?え?」

と言われてしまい、渋々承諾してしまいました。


そして二人は床にシックスナインの形に寝転びました。
ちなみに僕は妻とこんな事すらした事がありませんでした・・・

そして妻は凄い勢いで男のナニを擦りはじめました。
まるで風俗の女の人みたいでした・・・
でも男は余裕の表情です・・・

男は指をアソコとお尻の穴に同時に突っ込みました。
その瞬間妻の動きがピタッと止まりました。

そしてグチュグチュと音を出しながらアソコを掻き回されると、妻
から情けない声が漏れはじめました。


「ひゃああああああ、ふぐううううううう、あふうう、あああ」

妻は必死でナニを擦っていますが、もう動かせないようで、頬ずり
するように巨根を抱き締めると、必死で我慢をしていました。

でもそんな我慢は長く続きません・・・

「ダメ、ダメ、あっ、あっ、ダメ、ああああ、ダメ、うはああああ」

と妻が叫ぶと、激しく痙攣してイッてしまいました・・・妻の負け
です・・・




妻は勝負に負けてしまい、今日何度目か分らない絶頂を迎えました。

男はフラフラになった妻を起こして、「じゃあ生挿入するぞ!こっ
ちこい!」と言いました。

すると男は妻を連れて僕の前にやってきました。
妻は僕と目を合わせようとしません・・・・・

男が妻の両手を僕の肩にのせました・・・

僕は正座をしていたので、妻が僕の肩につかまると立ちバックの体
勢になります・・・

つまり男に立ちバックで入られてる妻を、僕は真正面から妻の顔を
見ていなければなりません・・・

お互いに目をそらしてしまいました。

そして男はゆっくりとナニを挿入していきました・・・
妻の眉間にギューっとシワがよりました。

でも痛そうな表情ではありません・・・口が半開きになっていまし
た・・・


男は「奥さん、簡単にはいっちゃったよ、オナニーで大根でも使っ
てんの?」と言っていました。



>>次のページへ続く


 

 

関連記事

 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:, SM_調教, 寝取られ,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:, SM_調教, 寝取られ,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

お世話になっているサイト様



 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 
20101103124406