2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

年上の嫁の浮気と隠されてた性癖【後編】






あのまま寝入っの、ったよりもが浅ったようで朝の
6時には目が覚めまっ
りあえず、会に連絡をばらく休む旨を伝えた

基本的に出張中は 休みもほ無い業もので、一時
時はその分代休取るのが通おり、に問題はなか


覚めた時には子はすでにていたには居なか
た。

さてと何からやるべきかと考えを走らせ

言って日のあまりの状況に現実味がんどってきて
いるのは, 怒りのまま突き進むといようなこ
うになかった。

が、さすがにキをそのままにしてくわはいかない。
けはいくら気に取られとはいえ、忘れようずも無かっ


俺は起き上がり居間かった。
子はキッチンおり、をして

が後ろか声をかけるとはビと震えてっちを振向い
た。充赤い目は昨日のままかそれ以にひくなっている。
それなのにか化けはとしなおしている

とりあえ、俺はしば休みを取ったで、今はキミも休む
社に連絡を入れろ

「ハイ、すでに連絡してあります・・・」
C子は聞りにくい小声でそう答

Oだったか?相手の待っ伝え
は一に行

「・・

「あとシはいい。ともじゃないが食にはなれな

「・・
C子のに涙、口元が歪む

「昼まで出張の書をから昼まとなしく待


「・・・

部屋向かいた俺にがしがみついてくる。

・・・待っ姿い。一度私の話を良く聞いて!」

C子を引に。ばたんC子はに背中
をぶつけた

な。昼までおとなく待って
さすがに昨日みたいになされるわいかい。
いくことで今回のむとってらっては困
る」

「・・・」

C子は打った背中をさすりながら うう顔を抑えてき始めた。
俺はそんなC子を尻目に部屋に篭った


・・・さ、どうしたもの

今、子にああいったも日Cに散々ヌカれたの的に
たよ。昨日の興奮がすっかり冷め、冷になっいる
自分が居沿

が言うには相は請社の社員と言ってい
、なと本人ほとんど金は持ってだろう、に遊び人
のようだし。
慰謝料を求すにしてに請求するよもヤツの家族
うが良さそうだ。

、そこまで考えて重要なことに気がた。

がC子と婚す否かであたりする変わてく
る。
・・離婚するか、ないか。
昨日点では、もう離婚することか考え居なかっ


信用暮らない、信用ると思ったからこそ結婚した
は本
実際、Cに関は女的な魅力感じた.
たか婚したいうは、
するなら堅い相手がい理由大きかった

もうひとは、俺は結婚願望い頃か強かのの
遣会社の正社員とは いわ非正規雇には変わらない。
給もなく、大卒で大手企業に勤めた同年比べる
格段に落ち

実際、C子と結婚しも貯金はほんど無かっが、C子
卒で電機ーカに就職し、ま勤続年15年近い。

も、それらとんどきっり結貯金したよ
結婚費の頭金も子持ちだった。
張手や残業休日出多いは、俺のうが収入が多くはなっ
, 社会的な待遇でば現においても子のうが良いの
いなかった

こまで考えてことに思い走った。

・・・C子はあのガキにを貢いではいなっただろうか。
20そこそこであ、若い男30代を過ぎをそういった金
銭的ット無し相手するろうか

コンを立上げ、インーネットで自分C子口座の
高照会をしてみた

「うーー・・・

俺の口座子の口も過の履歴を遡たが、特に大金が
出さた形跡もな、Cの口座から過去3ヶ月15万引き
れているだっ

前か簿らず月5万をC子は食費経費として引き落してる
だけなので あのガキと合いはからいが荒くなった
いう形跡はなかった

俺の口座は落としの分ちているだで、
子が金を引た形跡はかった

は、現時点では金銭的に貢いいうこ無かった
ようだ。俺は ますどう西よう悩みめていた。



した女は対に二度目がある
それは俺数少ない女性経験か大の教訓だ

実際、初の彼女も度となく浮気をし、二回彼女至っ
ては蓋を開れば俺が浮気相手だっ
考えると 今、若い男のと浮気をした離婚したほうが
と思う。

が、前の彼女達と子が違っていたのれとCが叫ん
でいること

女達は浮気含めてどこで何をかを突っ
必ず開き直っ
「束する男はい」ヤなら別れても」と。
俺が何度く許し、寛大な男の振りをしていたのもあっんだ
・・。

もともと, そう上で付き合っていたこともあり、
にさ貞操念をるほうでい。
の彼女たも、のことを本命するのであれば、別
かったろうとう。
あくまでキープであったからこそヤで別れ

今のC子は、俺は別れたくない
手の男とは別れると いる

ることは来ない少なくとも俺とれたく
うのは本音らしい。

あと・・・
情的なもので考えるであれば昨日C子との婿かつ
寿いほど興奮したのは間違いなかった

前までのC子とのック、義務的にのほうが求め、淡白な
ックスをしていけだった

いといつつも、楽しもとする力をるまで情熱
無か直言て性的な魅力をC子にはあまり感じなか
たというのがる。

胸が大きくタイルも悪くかったが、年を経るご腹がぽっ
退としてくるのは どうしようもなかっれでいながら
セックスのは何も知らい若娘のような態を取るC子に辟
易していたのも確かだ

用できいキに魅力なんかい、と言ったものの
昨日あれば、婿なく性的な魅力をじることは間違い


とは、離婚しなとなると相手のガキを要以上に責めるのも
難しくなる。沿では収まいのも本音だ。

うしたものか・・

そんなこ考えをノッする音が聞こえた
もうか、を見らまだ9時もなっていった沿

どうした。昼で仕事言っか、何のようだ
鍵を開けずにドアごしにそうC子に叫ぶ

「・・ごめんい。いま、O君とそのんが・・」
「は?」

ドア鍵を開け、C子に問いたした。
Oとの親どうしたって?

「いま、られました
はぁ簿?!来たってこと?」

・・
俺はばた稿ばた居間た。


こには、昨日のガキ・・体格い年配男が居
の男は俺見るり、がばっとち上がいてき

「このたびは愚息がんでもなとをしでかしまして・・
と突然その場で床に頭をこすりつけ

然としてみてるとOのほう同じように横に座り、
「すいませんでた!土下座た。

「と・・とず、頭をげて座ってださい。
そうでないと話も出来ません

もうに怒りなにえてしまった
溜息


とり人を座らせて話を聞いた。
うに一通りの経事情をの、
 C子かたのと概ね同じだ

相手の居る前で聞くのも躊躇たが、
ついてもき退宿
出張かったら、関係をやめるつもりだった
ともた。

・・あ、バレかっいてだろと俺は心の中
毒づいた。

「本当に馬鹿な息子でして、申りません。
よって様の奥様を出すなどと・・・
Oの父はに居るOをにらけならそ唸っ

「息子がこことをしでかしてお何を都合のいと思
うが、んとか示で話をつけてもらえないでしうか
回、示談のほうも用意してまいりました

はぁ・・・
といに置きりにれつづける状況どうもよく
きた

してまことに勝手お願いですが奥様めに○○に
は内密にしていただけれ沿と・寿・」

・」

このOの父の顔をどこかでたこなと思ていたが
の言葉思い出し
C子の○○○社の社長だ。
俺も派遣されていたと、何度か見たこと
下請けといえ、社員数百人規模のけっこう大きな工場会社


く話を、最近は○○での構請負もやいるらしく、
次男のOも将来的に会を手伝わる為に、勉強の○○に派遣
ていたらしい

・・まあ、そりゃけのの息子がの会社既婚女性
社員と持ったとわかれば、いろいいわな

最近ではない構内請負(まあ、9割が偽負だが)が
機メカー主流だし、コに構請負に劣る下工場を
実としては十分だ。


示談金として持ってきた金額は200万。
よく調わけではが、こうい況での金銭としては決し
て少くなだと思う。


・・・ここらで打ちしほう賢いのな。
そう思いつも、どうしても なぁ済ますわけには
とがあった。

・・示談の件うひとつ条件あるのですが、を○
○から引上げたいのですが。さすがに妻と同じ職場のま
では私納得は出ません

それはもっともです。
もちろん、うこの馬鹿息子ら引き上げ
こんなことがには、私うもこをこっ置い
おけませんし、すつもりでおりす。」

・・、そか。ま請けじこと
謝料もいらあってたりいだう。

「わりまた。示うおけさせてだき。この件
ついてはこれれるとで

社長はその俺の言葉を聞くとの頭けなが謝っ
て帰っていった。二人った後、居C子らせ、こう切
した。

キミは結ころ、どうしたい?」

「別れないです。に居させください度とこん
しま。」

「そか、が二貿としうのは用できない。

・・ハイ」

「だけど、俺といと気持はわかった稿
ので、今から俺が出す条めるであはやう」

ハイ!」
C子れをぱっを輝かせ

C子に出した

こんなことがあたから今の仕けるこは出
で退職すと。

俺が退職して自宅範囲で再就まるまでは
C子がを支えること

帯電解約すること。

・俺の要求(性的なことも含む)には素直にこたえること。

・も浮気が発覚した場合は、ど由がって離婚す
こと

C子は ひつひつに頷き、その飲むと答えた。

を退職することつい難色を示すかとったが
そんなかた。

次のが安ても近辺でと言は、
ろ喜んだぐらいであった。

気されたことへの怒りが全に消えたわけではないが、
分の想像に反寿りに開が速かったこと
C子な面で俺好みなったは間いないこと
自身、俺に愛をつかして浮気 たというわけではな
を考えて、この辺協しとくのが便かと思い便至った。

「まあ、や。疲れたので風呂入る。一緒に入ってマ
してくれ

・・はい、わかりました」

を紅潮せ、笑顔でいそいそとC子は支度
きた声がかかったので風呂場へ向かった。
ふとの脱いをたたむC後ろスカートに手を入
てみた

「きゃっんっ・・」

突っ込だ手まとわつくぐらいにぐっしょ湿っていた
俺はそのまま、下着をずらして指を突っ込

んだこれなんで風呂入るってだになっての。キミ
ゅぐ指を出し入れしつつ、俺はう告げた

「・・・ご、ごんな

「まあ、稿いやはやくキミも
を引き抜くとのま呂にかっ

「・・・、他にはどんなことしたの?」
でにブの中での股の間に座
もたれかかる形にっていた。

子にOとやった行ついて事細かきながら、実際
いた。C子それを嫌がるく、うかいているだけ
無しで首をくし、コをていた

「・・んっ・こうやっ耳を噛んり、なめた
た」熱息ととも調の耳にねっと舌が這う

「うっ・・・で、手はどうしたの姿?」
手は・・こうやってアの先をました

子の右手は、のモノを握ってしごくのではなく亀頭掌で
すよに弄

手のはこっちに・」
C子はを浮かせ手を下込ませた。

「・・・?!待て、そっちはい・・・うがっ
ケツの指を突っ込まれて思わ変な声が出た。

「そ、それはしなくいい。しなくていいら・・」

「でも君にはさせられし、あなしないわけにはいか
しょ

C子は にやっと笑いながら楽しげかせ
なんか、だんだん行きが怪しなってきた
主導俺が握ってるはに・・・。

「言わされた言葉とかも、同じにしほうがいいよね。
れる・」



>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:, 浮気・不倫, 寝取られ,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:, 浮気・不倫, 寝取られ,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20110218212104