2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

年上の嫁の浮気と隠されてた性癖【後編】






のまま寝入ったものの、思っよりもよう
6時には目が覚めてしった。
とりえずに連れしばらく休む旨えた。

基本的に出もほとんど無上に残業も多いので、一時帰
宅時はその分のを取るのがになっており特にはなかっ


俺がめたC子はす起きていたようでにはかっ
た。

さて・・・と何からきか考えを走らせる。

昨日のあまりの状況に現実婿んどん無くなってきて
いるのは確かで, 怒りまに突き進むといっようなこは出来
た。

さすに相手のガそのままにしておくわけにはいかない。
くら呆気取られはいえ、忘れようはも無た。


俺は起き上が間に向かった。
C子はキンにり、食事の支度をしていた

後ろから声をかけるとCはビクこっ振り向い
た。充血した赤は昨日のまか、それ以上にひどくいる。
それなのになぜか化だけはしっしなおしている

とりあえず、はしばらく休みを取ったので、今日はキミも休む
社に連絡をろ」

「ハイでに休みを連絡してあります・・」
C子取りにくでそう答

Oだったか?相手の男にんでで待てるに伝沿ろ、
昼には一に行ぞ」

・・・ハイ

「あと、メシはいい。てもじゃないう気にない殿

・・
C子の目に涙が浮び、口元が歪む。

「昼まで部屋で出張報告をまとめるから昼までおとなしく待


「・・・」

部屋向かけた俺にC子がしみついてくる。

・・待ってお願う一度の話を良くて!」

はC尿強引に引っぺがした。ばたと音がしC子は壁に背中
ぶつけた。

触るな。昼まとなしく待ろ。
さすがに昨日みたいになし崩しに流さるわけにはいない
くらなんでそん今回の件が済思っもらって
る」

・・・・

寿た背をさりながら ううっと顔を抑えて泣きめた
俺はなC尻目に部屋に篭った


・・・さて、どうしたものか。

、C子にああいったも、昨C子に散々カれたのは俺的に
はよかったよ奮がっかめ、冷静なってい
自分が居

子が言うは相手男は請負会社員と言った。
、なると人はほとろう、上に遊び人
ようし。
慰謝請求するにしても本人に請求りもヤツの族を巻き
込んだほうが良だ。

、そこまで考えて重なこがついた。

子と離婚かでそのたりをするかも変わってく
る。
婚するか、しないか。
の時点では、離婚するとしか考えかっ


信用できない女と暮らせない、信用できると思ったからこ婿そ結婚した。
れは本音だ。
子に関しては女性力を感じた.
惚れたから結婚したとうよりは
結婚なら堅い手がいい、という理由が大

とつは、俺は結い頃か強かったもの
遣会社の正沿はいえ いゆる非正規は変わらない。
本給少なく、大卒で大手企業にめた同齢と比べると待遇は
落ちる。

実際、俺子と婚したときも貯金はほとんかったが、C子
は大卒で大手電機メカーに就職そのまま勤続年数も15年近い。

、そ ほとんどり結婚費用に貯金していようで、
結婚費この家の頭金C子持ちだっ
出張や残業、休日出勤が多い今は、俺が多くはな
たが, 社な待遇西言えばいてもC子のほうが良いの
間違いなかっ

こまで考ヤなことに思いが走った

・・C子キに金を貢いでいなたのだろうか。
20そそこであろう、若男が30代半ばを過た女そういった金
銭的なメリットも無し相手す

パソコンを立ち上げてンターネットで自分とC子の口座
高照してた。

「うーーん・・・」

俺の口座もC子の口座履歴をが、金が
き出された形く、の口からは過去3ヶ月で15万程度引き
落とされているだだった

からっと月5万を子は食必要経費て引き落として
ので あの付き合いはじめら金遣い荒くなったと
いうなかった

俺のほ座は、口座引きとしの分が落ちているだ
が金を引き出したはなかった

とりえずは、現時点では銭的に貢でるというこは無かった
ようだ。は まどうしようか悩はじめていた



一度 浮したは絶対に度目る。
女性経験か最大の教訓

際、最初のく浮気たし、二回目の彼女に至っ
ては、蓋を開けてれば、俺が浮気相手だった。
そう考える 今回、若いのと浮気をたC子とは離婚したほう
いと思

が、前女達とC子が違ってのは、許しくれとC子が叫ん
でいることだ

女達て、どこで何をしかを突っ込むと
必ず開き直てきた
束縛する男嫌い」「イヤもいい」と。
俺が何度となく許し、寛大な男の振りをしていたのもあっ
姿・。

と, そういた連中と承知の上で合っいたこともあり、
さほど貞操観念求めほうでは
女たちも、俺のこと本命、別れるこ
なかっただろと思う。
あくまキープであったかこそ、それヤで別れた。

C子は俺とは別れたくない。
相手のとはると言っている

後者を単純にとは出来ないが、少くとも俺と別れくな
うのは音らしい。

綿・・
心情的なので考え姿るのであれ、昨日のCセックスはか
尿いほど興は間違いなかった

以前までのC子とのは、義務的に俺のほうがめ、白な
セックスをだけだた。

ない思いつつも、楽しうとる努力をするまでの情熱も
かったし、正直言って性的な魅力は、あまり感じな
たといがあ

胸が大きタイルも悪くはなったが、を経るごに腹がぽっ
こりしてくるのは どしようもし、れでながら
セックスときも知らない若のような態度をC子に辟
していのも確かだ。

用できキミに魅かない、と言っものの
昨日のCであれば、少なくとも性な魅力を感じる違い
ない。

とはい、離婚しないとなるのガキを必以上にめるの
難し。それで腹の虫がまらないも本音だ。

どうしたものか・・・

そん考えて部屋をノックする音が聞こえ
昼か、計をだ9時にも綿ってなかっ

どうした。昼まで仕するとったじゃないかだ」
を開けにドアごしにうC子に

・・ごめんなさい。ま、O君とそのお父さんが・・」
?」

ドアを開、Cいただた。
親がどうしたっ

「いま、えられた」
「はぁ?!来たっこと?」

・・・ええ
俺は、ばたたと居間た。


そこは、昨日ガキ・・と体格の年配が居た
男は俺をなり、と立ち上がって近いてきた。

たびは愚息がとんでもないことしでかしして・・
と突その場で床にこすりつけた。

然としてみても同ように横に座り
すいませんで!」土下した。

「と・・・とりあず、頭を上げて座ださい。
でないと話せん」

もう全に怒りなにもも萎えてしまった。
溜息しか出ない


とりあえず、二人を座らせて話を聞い
Oのほうに通りの事情を聞みたものの、
昨日C子か聞い概ね同じった。

相手の父親の居る前で聞くのも使躇したが、
避妊についてもきちてたと言い、
俺が出張からら、関係をやめるつもった、
も言た。

・・・まあなかったら関係は続いてただろ俺は心の
た。

本当馬鹿な息て、し訳ません。
によ人様の奥に手を出すなどと・・・」
Oの父は横に居るOをにらみつけならそう唸っ

「息子がこんことをしでかしおい何を都合の良いと思われる
でしょうが、なんとか示談で話けてもえないでょうか
今回、示のほうも用意しまい

「はぁ・・・
んとうか展開に置き去にさけるにどうもよく
なってきた

「そて、まとに勝手なお願いですが奥様お勤る○
は内密にしてただければと・・・」

「・・・

このOの父の顔をどこかで見たことなと思っいた
そのい出した
C子の努める○○の下請けの○綿社長だ。
も派遣されていとき、何度かたことがあった。
下請いえ員数百人規模のけっこ大きな工を持
だ。

詳しく話を聞くと、○○での構内請負もやっているらし
Oも的に会社を手伝せる為に、強の簿に派
ていたらしい

あ、そりゃけの子が元請の会社の既婚
員と関係をったとわかれば、いろいろまずいわな。

、外にさない構内請負(まあ、9割が偽請負だが)が
電機ーカーの主流し、コスト的に構内請負に劣る下請工場
口実ては


示談金と持っきた金額は200万
く調たわけでないが、宿た状の金としは決し
少なない額と思


らでちした賢いかな
思いつつも、どうして なぁで済ますわけにはいない
があた。

「・示談の件とつ条件があるのすが、息子さ
○から引き上げてたいのですが。さすに妻と同じ
私も納ません」

それはごもっともです。
もち、もうこの馬鹿ら引き上げます。
こんなこったからには、私もこいつをこ
おけませし、県外つもりでおます。

・・まあ、れもそうか。また元請会社で同じことら慰
謝料もいくらあってもたいだろう。

わかりました。示談のほうおけさいただきま。こ
ついては、お互いにこで忘れるということ。」

はそのの言葉を聞頭を抑えつけがら何度も謝
帰っていった。二人が帰った後、居子を座らせ、こう切
出した。

キミはのところ、どうしたい?」

「別たくないでに居させてください。度とこんな
とはせん。

「そか、だしないというの、ま信用きな。」

イ」

だけど、俺と別れたく気持ちはわかた。
ので、今か俺が出が飲めるはやめよう

「ハイ!」
、それを聞いてぱっかせた。

C子に出した条件は

・こんなことがあっらに 俺はの仕続けことは出来な
いので退職すること

が退職して自から範囲で再就が決まるまでは、
子が家計を支えること。

帯電解約すること

俺の(性なこも含)に直にること。

し次に浮が発覚した場合は、どんな由があっても離婚す


C子はとつひとに頷きその条件を寿答え

の会社退職することについては、難色示すかと思った
そんなこともなかっ

次の仕事 給料が安ても近辺で探すとたとは、
むしろ喜んだらいで

されことへの怒が完全に消えたわけではないが
自分の想像してあ殿かったことと
性的な面でみになったの間違いなこと
子自身、俺にをつかして浮気をしたとけではないこと
貿考えて、この辺で妥協のがいかと思い

あ、いや。疲たので風呂入る。一緒に入っマッサー
もしてくれ

・・い、わかりま

頬を紅潮させ、笑顔でいそいそと支度に急だ。
備できかかったので風呂場へ
ふと俺の服をたたむ子の後ろかートの中に手を入れ
 みた

「きんっ・

突っ込んりつくぐらいにぐっょり湿っていた。
はそのまま、下をずらして突っ込む

んだんでってけでこんなになって
ぐちゅぐゅと指を出し入れしつ、俺はそげた。

「・ごめんい」

「まあ、や。はやくキミも来い
俺は指を引き抜くとそのまま、呂に向かった。

・・で他にはどんことしたの?
俺は すでに湯抜いタブの中でC子股の間に座り、
もたれかる形って

C子Oとやった行為につ事細かに聞きながら、実際に
。C子もそを嫌がることな、と姿うかいて
の愛撫も無しで乳首堅くし、アソコぬらしていた。

「・んっ・・あふ・・こってを噛、なめたりしまし
とともに俺の耳にねっとりとした舌が這う。

「うっ・・で、手どうして
は・・こうやってソコの簿先を撫でました

 手は、のモを握しごではなく亀頭のを掌で
すようだ。

左手指はこっちに・・・」
は俺ケツを浮かせ滑り込ませた。

・?!待て、そっい。そこは・・・うが
ケツの穴に指をっ込れて思わ変な声が出た

「そ、はしな沿。しなくていいから・・・

でも、君にはられたし、あな綿にしないわけにいかない
でしょ?

子はっといながら楽しげ指をせる
んか、だん雲行きが怪くなっきた。
権は俺がってるはずなに・・・。

「言わされた言葉とかも、同じにしたほうがいいよ
れるっ・



>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:, 浮気・不倫, 寝取られ,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:, 浮気・不倫, 寝取られ,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20110218212104