2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

年上の嫁の浮気と隠されてた性癖【後編】






あのま調たものの思ったよりも眠りがったようで朝の
6時にはめてしまった
りあえず寿を入しば休む旨を伝えた。

基本的に出張は 休みもほ無いに残業いの、一時
時はその分休をてお特に問題はなかっ
た。

俺が目覚めた時にC子はすでにきていたよには居なかっ
た。

・と何るべきかとえを

正直言って 昨日のあまりの状況実味どんくなってき
いるは確か, 怒りままに突き進といったなことは出
そうになかった。

が、さに相キをそのまておくわけにはかな
これ便だけはいくら呆気に取られたとはいえ、忘れようはも無


俺は起がり居間に向か
子はキッチンにおり、食事の度をしていた。

俺が後ろをかるとクッと震えてこを振り向
た。血した赤い目は昨日まかそれ以上にひどくなっている。
それなのなぜか化粧だけはっかりとしなおしている。

「とりあえず俺はしばらを取たので、はキミも休綿
社に

ハイ、すでに してあります・・・」
C子は聞き取りにくい小声でそう答

「Oったか?相手の男も休で家で待ってるよえろ、
には一緒行くぞ」

「・・・ハイ

と、メシはい。とてもじゃないが食う気にはなれない」

「・・・」
子の目涙が浮かび口元が歪む。

「昼まで部屋で出張の報告書をまとから昼まとなしく待っ
てろ」

・・・」

部屋向かた俺にCしがみついてくる

待って、おい。もの話を良く聞い

C子をぺがしたばた音がしてC子は壁に背中
をぶつけた。西

「触るまでおとなしくってろ。
さすがに昨日みたいに崩し流されるわいかい。
らなんでもそんとで回の件が済むと思てもらっては


・・・・」

子はをさすりながらうーって泣た。
俺はそんな便を尻部屋に篭った


・・、どうしたものか

C子ああいったものの子に便カれのは俺的に
よか昨日の興奮がすっか冷め冷静になって
自分居る

子が言うには相手の男は請負会社の社と言っていた。
と、なると本人はほとんど金はってないろう、若い上に遊び
のよう
慰謝料を請るにしても本人に請求すを巻き
だほうが良うだ。

、そまでえてなことに気がつ

子と離婚るか否かでそりをどうも変てく

・・離婚するか、しないか。
昨日の時点では、もう離婚としか考えて居った


用できい女と暮らない、信用きるったからこそ結婚し
これは本音だ
実際、Cに関ては女性魅力を感じた.
から婚したうよりは、
結婚るなら堅いがいう理由が大きかった。

ひとつは、俺は結婚願望は若い頃から強かったも
会社の正社員とはえ い正規雇用には変わらない。
も少なく、大卒企業に勤同年齢と比べると待遇
便落ちる。

実際C子と婚しとき金はほとんどったが、
は大卒手電ーカーに就職し、そ勤続年数も15年近い

しかも、それとんどきっちり結婚費用してうで、
結婚用もこの家の頭金もC持ちだった
出張手日出い今はのほうがが多くはなっ
たが, 社会的な待遇で言えば現C子のほうが良いの
間違た。

考えてイなことに思いが走っ

C子はあガキに金貢いはいなかったのだろうか。
20そこであろう、若い男が30代半ばぎた女をそ殿た金
メリットも無るだろうか

はパソコン上げて、インネット自分とC子の
残高照会を

うーー・」

俺の口座もC子座も過去歴を遡っ、特に大金が
き出さ形跡もなく、Cの口らは過去3ヶ15万程度引き
落とされいるけだ

以前らずと月5万をC子は食費必要経費として引き落として
 ので あと付き合いめてか金遣が荒くなった
う形なかった

ほうは、口座引きしの分が稿ているだで、
C子を引た形はなかった

とりあは、時点は金銭的貢いいうは無
ようだ。俺は ますますどうしよか悩みはじめていた。



一度気した女は絶対二度目があ
俺の数少ない女ら得大の教訓だった

実際、最初の女もしたし、二回目の彼女に至
てはを開けてれば、俺が浮気
そう考え、若男の浮気をし
う。

が、前の彼女とC子が違っいたのは、許が叫
るこ

以前の彼女達は気を含めて、で何をしたかを突っ込むと
必ずってきた。
束縛る男は嫌い」「ならもいい」と
俺が何度なく許し、寛大な男の振をしていたのもあっただろ
が・・

もともと, そういった連承知の上で付き合たこともあ
にさほど貞操めるほうでい。
前の彼たちも、俺のことを命とするのであれば、別れる
かったろうと思う
キープであったからそ、で別れ

子は、俺とは別れたくない。
相手の男とと言っている

後者を単純に信とは出ないが、少俺と別れたく
いとうのは本音らしい

と・・・
情的考えるのであば、昨日のC子とのセックスは
ほど興奮は間違いなかった

前まのC子クスは、務的にうが求め、淡白な
ックスをしているだけだった。

つまらないと思いつつも楽しうとする努力をまでの情熱も
無かっし、正直言っ性的な魅力をC子にはり感じかっ
たというある。

胸がきくイルも悪くはかったが、年を経ごとに腹がぽっ
りとしてくるは どしようもなかったしそれでいなが
ックスのときは何も知らない娘の度を取る子に辟
していのも確かだ

できないキミに魅力なんかない、と言
日のCあれば少なくとも性的な魅力をことは間違い
ない

とは離婚しないとなると手のガキを責め
難しなる。それで虫がいのも本音

どう簿たもの・・

なことを考えてい屋をノクする音聞こえた。
もう昼思っ計を見た9時になっていなかった。

「どうし。昼事するじゃな何のよだ」
けずにドアしにそうC叫ぶ

「・・・ごい。、O君とのお父さんが・・・


はドア、C子に問いただし
「Oとその親がどうした

「い、見えられまた」
「はぁ?たってこ?」

「・・・え
俺は、ば使かった


そこには、昨日のガキ・と体格の配のが居
年配の男は俺見るり、がばっと立ち上てき

このたびは愚息がとんでもないことをしでかしまして・・」
と突然その床に頭をこすりつた。

てみいるとOのほじように横に座り、
「すんでし!!」土下座

と・・・とりあえず、げて座ってください
そうでないと話ません

う完全に怒もなにもかも萎えてしまった
溜息か出い。


とりえず、二を座らせて話を聞
一通りの経緯や事情を聞いものの
子からいたと概ね同った。

相手親の居る前で聞くのもしたが、
についてきちんとしてた
俺が出張から帰った、関係をやめつもりだっ
とも言っ

・まバレなから関西係は続ただ、と俺は心の中で
毒づ

「本当馬鹿な息子でて、申しりません
よりにって人様奥様に出すなどと・・・
父はに居るOをにらみつけながら使った。

「息子がこんなこしでかておいて何を都の良と思われ
うが、なんとか示談で話けてもらえいでしょう
今回、示談も用してまいました

ぁ・・・」
うか、展開に置き去りにされつづける状況にどもよく
なってきた

そして、まことに勝手なお願い様のお勤めになる
は内密ただ・・

「・・・

このOの父の顔をどこかで見ことがあるなといたが、
の言葉で思い殿
C子努める○○の下けの○○社の
派遣されていたとき、何度か見たことがあった。
請けはいえ、社員数百人規模のけっこう大きな工場を


詳しく聞く近は○○で内請やっいるらしく、
男のOも将来的手伝わせる為に、の為に派遣し
たらしい。

・・・ま、そりゃの社長子が元請けの会社の既婚
社員関係を持ったとわかれば、いろろまな。

近では綿ない構内請負(まあ9割が偽装請)が
ーカーの主流だし、コスト的に構内請負に劣る下請工場を切
口実しては十分


示談金とし持ってきた金200万
よく調べたわけはないがた状況での金銭しては決
て少い額だと思う


・こで手打ちしたほうが賢いのかな
う思いつつも、どうしも なぁなで済すわけにはいか
とがあった

・・談の件、もつ条件があるのすが、息子さんを○
から引き上げたいのですが。すがに妻と同職場
私も得は出来せん

「そごももです。
ろん、もうこの鹿息子ら引上げます。
こんなことがたからには、私のほうもこいつをこっちへ置い
けませんし、県すつもりりま。」

・・・あ、そもそうか。また元同じこされたら慰
謝料もいくらっていだろ

わかりまた。示談うお受けさせていただきす。この
いては、お互いにこれで忘れるうこ沿

はそ言葉稿を聞Oのを抑えつ、何
て帰っていった。二人がた後、居にCを座らせ、う切
出し

「キミは結局のころ、どうしたい

「別れたくなです居させてくださいう二んな
とはん。」

そうか二度としないというのは、だ信用できない

・・・ハイ

だけど、俺別れたくな持ちわかった
なので、今から俺が出す条件が飲めるのであれ婚はやめよう」

「ハ
C子は、それを聞いてぱっと顔せた。

がC子に出し条件は

・こんあったからに今の仕事ることは来な
で退職すると。

退職して自宅から通える範囲再就職がは、
が家計を支える

・携話は解約すること。

・俺の要便(性なこ も含む)には素こたえるこ

・もし次に浮した場合な理由があっても離
と。

は ひとひと条件むとえた。

今の会社を退職するは、難色を示すと思った
んなこともなかっ

仕事は 給料が安くても近辺で探す言ったきには、
むし喜んだぐらであっ

浮気されことへの怒完全にわけでないが
自分の想像あまりに展が速かっこと
C子が性的な俺好みにないないこ
身、俺に愛想をつかして浮気をしたというわけでないこ
を考えこの辺で妥協しがいいと思た。

「まあいい。疲れたの風呂入る。一緒入っマッサージで
してく

わかました

させ、笑顔でいそとC子は度に急い
備できたーと声かかったので場へ向かっ
ふとの脱たむC子後ろかカーの中に手
てみた

「きゃんっ・」

っ込だ手りつくぐらいにっしょりと湿っいた。
はそ、下着をずらして指突っ込

「なんだこれ、なんで風呂入るってだけでなにの。ミ」
ゅぐちゅとし入れしつつ、う告た。

・・ご、めんなさい」

まあ、いいや。はくキミも退来い
は指を引き抜のまま、呂に向かった

・・・で、他にどんなたの?」
は すでに湯を抜いスタブの中でC子の股の間
もたかかる形になっていた

C子Oとやた行につ細かに聞きにやらせ
。C子もそれがるとなく、いうか聞いているけで
の愛撫しで乳首ををぬらしていた

んっ・・・こうって耳を噛んだり、なりしまし
た」熱い吐息とともに俺の耳にねっとりしたが這う

婿・・ではどうしての?」
は・・こってアソコの先まし

の右モノを握ってではなく亀掌で
がすんだ。

手のっちに・・
は俺のツをかせ、手を下に滑り込せた

「・・・?待て、そっちはいい。そこは・・・うがっ」
ケツ穴に指を突っ込まれて思わず変な声が出た。

「そ、それはしなていいなくていいから・・

も、Oはさせられたしあなたにしないいか
しょ?」

C子は にやっといな楽しげに指かせる
なんか、だんだん雲行きが怪しくなった。
主導権は俺握ってるはずなのに・・・

言わさた言も、同じようにほうがいいよね
っ・



>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:, 浮気・不倫, 寝取られ,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:, 浮気・不倫, 寝取られ,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20110218212104