2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

年上の嫁の浮気と隠されてた性癖【後編】






あのまま寝入ったものの、思たよりも眠が浅かったうで朝
6時が覚めてまった。
とりあ、会に連絡をれし休む旨をえた。

的に張中は 休みもほとんど無い上に残業も多いので、一時
宅時はそ分の代休を取るのが通例にに問はな


俺が目覚めはCはすでに起きていたようで寝室には居なか


さて・・と何るべきか考えを走らせる。

直言って 昨日りの状況どん無なってき
確かで, 怒のままに突きといったようなこと姿は出
になかった

が、に相手のガキをそのまにしておくにはいない
だけはいく気に取られたとはいえ、忘れうは無かった。


俺は起き上がり居間に向った
はキッチンにおり、して

俺が後ろからをかけるとC子ビクッと震えてこっちを振り
た。充血た赤目は昨日のままか、それ以どくなってい
のになぜか化粧だけはしっとしおしいる

あえず、ばらみを取っので、日はミも休む
会社に連絡れろ」

「ハイ、すに休みを連絡してありま・・」
子は聞き取使小声でそうえた

「Oだった?相にも待ってるように伝えろ、
一緒に行く

・・ハイ

と、メシはいい。とてもじが食う気にはなれない

「・・・」
の目に涙が浮かび、口元が歪む。

「昼ま部屋で使出張の報告書をまとめるから昼までおと待っ
ろ」

宿・・

部屋に向かいかた俺C子がしくる

・待っ、お願。もう一度私の話を良く聞いて!」

はC子引に引っぺと音がしてC子壁に
ぶつけた

触るまでおとしく待ってろ。
すがに昨日たいなし崩しに流されない
くらなんでもそんなこと回の件が済むと思っは困
る」

「・・・・」

C子はった背中をさすりなが ううーて泣き始めた。
俺はそんなC目に部屋に篭った。


・・・さて、どうものか

子にああいったものの、日C散々カれたのは俺的
はよたよう日の興奮がっかり冷め、冷静になっ寿
が居る。

が言うに請負会社の社員と言ってた。
、なると本人はんど金は持ってないだろう上に遊
のようだし。
慰謝料を請求するにしても本人にるよりもヤツのを巻き
んだほうが良さそうだ。

、そまで考えて要なこに気が湿ついた

俺がC子と離婚か否かそのあうするかも
る。
・・離婚する、しないか
昨日の時点、もう離することしか考えて居なか


信用ない女と暮ない、信用できると思たかこそ結婚した。
これは音だ
実際、C子に関しては女性的な魅力感じた.
惚れたから結婚したというよ
結婚するな堅いがいい、という理きかった。

うひとつは、は結婚願望は若ら強かったものの、
派遣会正社員いえ いわ規雇用にはわらない
基本給も少な手企業にた同齢と比べると待遇
る。

実際、俺はC子と結婚したとも貯金はほとんかったが、C子
は大卒で大ーカ職し、そまま勤年数も15年近い。

しかも、らを ほとんどきっちり結婚費に貯金していたようで、
結婚費用もこの家のC子持ちだった。
出張手当業、休日出勤が多い今は、が収はなっ
たが, 社会的な待遇で言えば現在におてもC子のほが良いの
なかった

そこまで考てイヤなこ思いった。

・・・はあのガキに金を貢いいなかたのだろうか。
20そこそこ若い男が30代半ばぎたいった金
なメリトも無しするだろう婿か。

パソコを立ち上げて、インターネトで自分とC子
残高照会をしてみた。

「うーーん・・・」

の口座もCの口座も過去履歴を遡ってみたが特にが引
た形跡もく、C子の口座からは過去3ヶ月で15万程度引き
落とされてだけった

以前5万をC子は食費と要経て引きとしてる
けなので あ付きから金遣いがくなっ
跡はなかった。

のほ座は、口座引き落としの分が落ちているだけで、
C子が金を引きた形跡はかった

ずは、現時点は金銭うこは無かっ
うだ。俺は ますますどうしよか悩みはじめていた



気したに二度目がある。
は俺数少女性経験婿得た最大の教だった。

実際、最初の彼女も度となく浮気をし、二回目の彼女に至っ
、蓋を開けみれば、俺が浮気手だった。
そうえると 今回、若い男のと浮気をしたC子とは婚したほ
いいと思う。

が、前の彼女達と子がっていたのは、許てくれとC子が
いること

以前の女達気をて、どこで何してたかを突っ込むと
直ってきた。
「束縛する男は嫌」「イヤならもいい」と。
俺が何となく許し、の振りをしていたのもったん
・。

ともと, そういった連中と承知で付き合ってたこと
にさほど貞操観念を求めるほうない。
前の彼女たち、俺の本命とすであれば、別れることは
ただろうと
までキープであたからこそ、そがイヤで別れた。

のC子は、俺とは別れたい。
相手の男とはれると言いる。

後者をに信じるとは来なが、少なくとも俺別れたくな
というのは音らし

あと・・・
心情的ので考えるのであれ、昨日の子とのセ
ど興奮したの間違いなかった。

前までのC子とのセックスは、義務的のほが求め、白な
ックスをしているだけだった。

らないと思いつつしもうとする努力をるまの情熱
かったし、って魅力をC子に、あまり感じなか
というのがあ

タイも悪くなかったが、年を経るごとに腹がぽっ
こりのは どうしようもなかったし、それで
セックスのは何も知らない若ようなを取C子に辟
易していも確かだ。

信用きないキミ魅力かない言ったも調
昨日のC子であれ少なくな魅力を感じることは間違い


、離婚しないとなるとのガキを必以上に責めるの
しくな。そ虫が収まらないの本音だ。

どうたものか・・・

そんなとをえてら部屋をる音が聞こえた。
う昼か、と思見たらま9時にもっていかった。

「どた。昼まで仕事すると言ない何のようだ
鍵を開けずにドアごしそう子に叫ぶ

・ごめなさいま、O君とお父さんが・・・


俺はドア鍵を子にいただし
Oとその親どうしたて?

「いま見えらました」
「はぁ?!来てこ?」

「・・・
俺は、ばたばたとへ向かっ


そこに、昨日のガキ・・O体格の良い年の男が
の男はを見るなり、っと立ち上がってづいてきた

「このたびは愚息がとんでもなをしでかして
突然その場で床頭をこすりつけた。

としてみているとOのほうも同じうにに座
「すいませんでした!」土下した。

「と・・・えず、頭をて座ってくだ
そうでないと話も出来ません

もうに怒りもなにもかった。
息しない


とりあえず、二人を座らせて話を聞い
のほに一通り経緯や情を聞いてみた寿ものの、
昨日C子から聞いたね同た。

父親の居る前で聞くも躊が、
いてもきちんとしてたと言い、
から帰ったら関係をつもり
とも言た。

・・・まあ、バレなかった係は続ろ、俺は中で
毒づいた。

「本に馬鹿な息子でして訳あませ
りによって人様の奥様に手を出すなどと・・・
Oの父は横に居Oをらみつけながらそ唸った

息子がこんとをしでかて何を都良いと思われる
でしが、なんとか示で話をつけてもらえないで
、示のほうも用意してまいりま

「はぁ・・・」
なんといき去りづける状況にどうでもよく
なってきた

「そして、まこに勝手なお願すが奥様になる○○
内密にしいただばと・・・」

「・

このOの父の顔をどこかで見たことがあると思っが、
その言葉で思い出した。
C子の努める○○下請○○の社
俺も派遣れていたとき何度か見たこがあった。
下請けとはいえ社員百人模のけっこう大工場を持
だ。

しく話を聞くと最近は○○内請負もやっているらく、
のO的に会に、勉強の派遣し
たら

・・まあ、そ請けの長の息子が元請けの会社の既婚女性
員と持っ婿とわかれば、いろろまいわ

最近、外に出さない構内請負(まあ、9割が偽装請だが)が大手
メーカー、コスト的に構内負に請工場を切
口実とし十分


示談金して持てきた額は200万
く調わけではこういった状での金銭しては決し
て少なくない額と思う。


・・ここらで手打ちしたほうがかな
いつつしてますわけにいかない
あった

「・・・示談の件、もうひとつ条件があるのすが息子貿んを○
ら引き上げきたいですがに妻と同じまま
では私も納得ません」

「それはっともで
、もうこの鹿○○から引げます。
こんなこがあった、私ほうこいつをこっちへ置いて
けま、県外出すつもりおりま

・・あ、そもそ。また元請けことされ
謝料もいくらあってもいだう。

わか談のほうお受けさせだきこの
ついては、おいに忘れるということで

長はその俺の言葉くとの頭を抑つけなが、何度も謝
て帰っいった二人が帰った居間にを座ら切り
した

キミは結局のところ、どうしたい?」

別れたくないです。そばに居させてください。もう二こんな
ことはしせん。」

「そうか、だがしないというのは、まだ信用できない

「・・・ハイ」

「だけど、俺と別たくないうちはわかっ
なので、今から俺が出す条件が飲めるのであれ婚はやめよ

「ハイ!」
、そを聞いてぱっと顔を輝かせた。

俺がC子に出した条件は

・ことがたかには 俺は今事は続けること
ので退職す

・俺が退職して自宅からる範囲で再就職が決ままでは、
が家計をること。

・携解約すること。

・俺綿要求使(性的なことも)には素直にと。

もし次浮気発覚した合は、どんな由があっても離婚す
と。

C子は ひとつひとつに、その件を答えた

退職すことについてはすかと思ったが
ともな

の仕事 給料が安辺で探す言ったときには、
むしろ喜んだぐらいでった。

浮気れたことの怒り完全に消えたではないが、
自分に反まりに展開が速かったこ
C子が性な面で俺好みなっ使は間違いこと、
自身、俺にをつかし気をしたといわけはな
て、で妥協しのがいいかと思い至っ

「まあ、いいや。疲れたで風に入ってサージで
もしてれ」

「・・・はい、かりました」

を紅笑顔でいそいそとC子度にだ。
備できーと声がかかっので呂場へ向かた。
ふと俺のだ服をたたむC子の後スカートに手を入れ
てみ

きゃっ・」

突っんだ手にまとわりつくぐらいにぐっしょと湿っいた
そのまま、らして指をっ込む

「なんだこれ、なんで風呂入だけになっての。キミ」
ぐちゅぐち出しれしつつ、俺はそう告げた。

・・ご、ごめんなさい」

、い。はやくキミもい」
は指を引き抜くのまま、風呂かった。

・・で、他にはどとしたの?」
稿でに抜いブのでC子の股の間に座
たれ稿形に綿ってい

C子にOとた行為にいて事聞きながら、実際に
ていた。子もれを嫌がこと、と聞いているだけ
の愛撫しで乳首を堅し、アソコをぬらしてた。

・・っ・・あ・・こうやて耳、なめたりしま
た」い吐息ともに俺の耳にねっとした舌が

「うっ・・ではどうしてたの?」
手は・・うやってアソコの先を撫た」

の右手は、俺のモノくのではなく亀頭掌で
がすように弄ん

左手の指はこっちに・・・」
は俺のケ浮かせ左手を下り込ませた

「・・・?!待、そっちはいい。そこは・・・っ」
ケツの穴に指を突っ込まれて思わず変な声が出た。

それはしなくていいなくていから・・・」

「でも、O君にはさせられたし、あなにしないわけはいかな
しょ?」

子は にやと笑ら楽しげにを蠢かせる
か、だん雲行が怪しくなきた。
権は俺がってずな・・・。

言葉とかも、ようしたほがいいね。
るっ・・



>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:, 浮気・不倫, 寝取られ,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:, 浮気・不倫, 寝取られ,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20110218212104