2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

年上の嫁の浮気と隠されてた性癖【後編】






寝入ったったたようで朝
時には目が覚めてまった。
とり会社れしく休む

基本的に出張中は 休みもほとんど無い上に残業も多で、一時帰
代休を取になり、特問題はなかっ
た。

俺が目覚めた時にはC子湿すでに起たようで寝室には居なかっ


さて・・・と何からやるべ考えを走

て 昨日あまり状況に現実味がどんどん無くってき
いるのは確かで, 怒りのままにき進たようなは出来
そうにかった。

がに相手をそのままにしおくわけにはいい。
これだけはいら呆気に取られたはい、忘ようはずも無かった。


き上がり居間に向かった。
C子はキッチンにおり、食事の支度をしてた。

俺が後ろかをかけC子はビクッと震えてこっちを振向い
た。血した赤いは昨日のまま、そ上にひどくなっている。
それなのに化粧しっかしなおしている。

とりあえず、はしく休たので今日はキミも休む
と会社に連絡を入れろ

「ハイ、すでに休みを連してあ・・
子は聞き取りにくい小声で答えた。

Oだっにも休んで家で待ってよう伝えろ、
には一緒に行くぞ

・・ハイ」

と、メはいとてじゃないがにはなれない」

「・
C子に涙が浮かび元がむ。

「昼まで部屋で出張の報告をまとめるかまでおとなしく
ろ」

「・・

に向いかけた俺にC子がしみついてくる

「・・待お願いう一話を良く聞いて 

俺は引に引っぺがした。ばたんとしてC子は壁に
ぶつた。

触るな。昼まなし待ってろ。
さすがに昨しにれるわけはい
いくらんでもそんとで今の件が済むと思ってもらっては
る」

「・・・・」

は打った背中をさすりながら ううーっと顔を抑えて泣き始めた
俺はそんなC子を尻目に部屋に篭った。


・・さて、どたものか

、C子にああいたもの、昨日C子に散ヌカれのは俺的に
かっただ。昨日の興奮がすっかり冷め、冷静になっている
自分が居る。

C子言うには相手の男は請負会社員と言って
なると本人はほんど金は持っろう、若い上に遊び
のよだし。
慰謝料求するしても人に請求するよりもヤツの家巻き
込んだほ良さそうだ。

が、そこで考えて重要なことにがつ

C子離婚するかかでたりをどかも変わってく
る。
・・離婚、しないか。
時点では、もう離婚することか考えて居かった。


できないせなると思ったからこそ
これは本音
C子に関しては女性的な魅力を感じ.
惚れたからたという退よりは、
結婚するな相手が由が大かった。

うひつは、俺は願望は頃から強かったものの
派遣会社の正社員とはいえ いわゆる非雇用変わらない。
基本給も少大卒で大手企業に勤めた同年齢と比べると待遇姿
に落ちる

際、俺は子と結婚したも貯金はほとど無かったが
は大卒で機メーカーに職し、そまま勤15年

かも、んどきり結婚費に貯ていたようで
結婚費用この家の頭C子持ちだった。
張手日出勤今は、俺のほが収入がなっ
が, 社的な待遇で言えば現在においてもC子のほうがいの
間違なかった。

考えてイこといが走った

・・・ガキに金をではいなかったのだろうか
20そそこであろう若い男30代半ばを過ういっ
銭的メリットもしでするだか。

俺はパンを立ち上て、インターネットで自分とC子の口座
残高照みた

「うーー・」

俺の座もC口座の履歴をってたが便大金が引
形跡もなく、C子の口からは過去3ヶ月で綿15万程度引き
とされてい簿るだけだた。

以前らず月5万をC子は食費としき落としてる
ので あのキと付き合じめてから金遣いが荒くなった
形跡はなった。

のほ口座は口座引きとしの分落ちているだけで、
C子が金を引き出した形跡はなかった。

えずは、現時では金銭に貢いでるというは無かった
だ。俺は ますます寿うかはじめていた。



一度気したは絶対二度がある
それはの数少ない女から得た大の訓だった

実際最初の彼女も何とな浮気をしし、目の彼
西、蓋を開てみれば、俺が浮使相手だった。
そう考ると回、若い男のと浮気をし離婚うが
いと思う。

、前の彼女達とC子が違ていたのは、許してくC子が叫
でいることだ

以前の彼女達浮気含めて、で何をしていた込む
開き直ってきた。
束縛する男嫌い「イヤら別れもいい」
度と許し寛大な男の振りをしていたのあった
・・・

, そった連中承知の上で付き合ていたこともあ
女にさほど観念を求めるほうではない。
前の彼女たちもことを命とるのでば、るこ
ただろうと思う。
までープであったからこそ、それがイヤ別れた。

今のC子、俺とれたくない。
相手の男とは別れと言っている

を単純に信じるとは出来な貿いがなくとも俺と別たく
いといのは本音らい。

あと・
心情的なも考えあれ昨日C子とのセッかつ
したのは間違いなかった

までのC子とのセッスは義務に俺のほうが求め
セックスをしているだけだった。

ないと思いつつも、楽もうと簿する力をるまでの情熱も
ったし、正直言性的な魅力、あまり感じなかっ
たというの

イルもかったが、年を経るごとがぽ
としくるのは どうしうもかっ、それでいながら
セックスきは何も知ら若いのような態度を取るC子に辟
易していたのも確か

用できないキミに魅力なんかない言ったもの
日のCであれば、少なくとも性的な魅を感違い


とはいえ、離婚しないとな相手のガキ必要以上に責める
くなる。それは腹虫がまらないのも本音だ。

どうしものか

そんなことを考えたら屋をノックる音が聞こえ
昼か、と思って時計を見らまだ9時にもなっていかった

た。昼まで仕事する言ったじゃ寿いか、何のよだ」
鍵を開ずにごしにそうC子に叫ぶ。

「・・・ごめさいま、O君のおんが・」
は?

俺はドアの開け問いただした。
Oとその親うしたっ貿

「いま、見えられした
はぁ?!来てこ?」

・・
、ばたばた間へ向かった


そこには、昨日のキ・・O格の良い年配居た。
年配の男は俺を見るり、がち上がってづい

「こ息がでもないことをしでかしま・・
突然その場で床にをこすりつけた

然とているとOうも同じよう
「すいませした!!」土下

「と・・・とりず、上げてさい
そうないと話も出来ません

う完全に怒もなにもかも萎えてしまった。
溜息しか出な


えず、二人を座らせて話を聞いた。
のほうにりの緯や情を聞いたものの
昨日C子から聞いたのと概ねじだった。

相手父親の前で聞くのも躊した沿が、
避妊についてもんとしてたとい、
帰ったらをやめるつもだった
とも言った

・・まあバレかったら関係は続いてた、と俺はの中で
た。

本当鹿な息子でて、申し訳ありません
よりによって人様の様に手をなどと・・・
は横Oをにらつけながらそう唸った。

子がこんなとをしでかしておいて何の良われる
でしょうが、んとかで話をつけてもらえないしょうか
回、示談のほまいりま

・・
なんというか、展開に置き去されける状でもよく
なってき

そして、に勝願いです奥様の勤めなる○○に
内密にしだけ

「・・・貿

このOの父の顔をどこかで見たことがあと思っていたが
その言した。
子の努○の請けの○○社の社長だ。
俺も西れていたとき、何か見たことがあっ
はいえ、社員数百規模のけっこ大きな場をつ会社


詳し話を聞くと、最近は○での構内請負もやっているらしく
男のOも将来的に会社を為に勉強為○○派遣し
いたしい。

・・まあ、そりゃ下請社長の息子が元請けの会社の
社員関係を持ったとわればいろいろまずいわな

最近ではに出さい構内請負(まあ、9割が偽装請負だが)が
機メーカーの主し、コス的に内請負にる下請場を
実とては十


談金して持っきた金額は200万。
く調べたわけいが、ういた状の金銭としては決
少なくなだと思う。


・・ここらで手打ちしいのかな
そう思つつも、どうしてぁでますわけいかない
あった。

・・示談の件、うひとつ条件がるのですが、息子さんを○
から引き上げて頂きです。さすがに妻と同職場の
は私も納得は来ませ

「それはもっともです
ちろん、もうこの馬鹿息は○○か引きげます。
こんなことがあったは、もこいつっちへ置い
おけませ、県外出す使つもりでおり。」

・・まあうか。また元請け会社で同じことされた
謝料いくらあっもたないだろう。

わかした。示のほうお受けさせていただきす。
いては、お互いにこれ忘れ湿るということで。」

の俺の葉をとOの頭えつけながら何度も謝っ
った。二人が後、間にC子を座せ、こう切
た。

結局ろ、どうしたい?

「別たくないです。ばに居せてくだとこんな
とはしません。」

「そうかだが二度としないというのは、信用できな。」

ハイ

「だど、と別れたくないう気持ちはわかた。
ので、今俺が出す条件が飲れば離婚はや稿う」

「ハイ!」
子はそれを聞いてぱっと顔

がC子に出した条件

こんなことがあったからにはは今の仕事は続けることは出来な
ので退職するこ

が退職して自通える範囲で再就職がまで
C子こと

電話は解約するこ

・俺の要求(性的なことも含む)には素直こたえる

・もしに浮気が発覚した場合、どん由があって離婚す


C子 ひとつひとつに頷き、そを飲むと答えた

今の会社を退職すとについては、難かと思っが、
そんこともなかった

仕事 給料が安く辺で探ったときは、
むしろ喜んだぐらいであった。

浮気されことへの完全消えたわけではな
想像に反してあまりに展開が速かったこと、
C子が性的な面で好みったは間退ないこと、
子自身俺に愛想気をたとうわでは
えて、この妥協調とくのい至

まあ、いいや。れたので風呂る。一緒に入ってマッサー
してれ」

・・・はい、わかりした

頬を紅潮させ、笑顔でいそいそとC子は度に急いだ
できたかったので風呂場へ向た。
と俺脱いだ服をたたむC子のスカトの中に手を
た。

「きゃっんっ

込んまとつくぐいにぐっしょりと湿っていた。
俺はそのま、下着をらして指を突む。

んだこれで風呂入るってだでこんなっの。
ぐちゅゅと指をし入つつ、俺はそう

ご、ごめさい

「ま、いいや。はミも沿
俺は指を引きくとそまま、風呂向か

「・・・で、他にどんなこたの?」
でに湯を抜いスタブの中子の股の間にり、
れかかる形になっていた。

C子Oとやっいて事細かにながらにや使らせ
子もそれを嫌がることなく、といか聞いてけで
の愛撫も無しで乳首をし、ソコた。

・・ん・あふ・て耳を噛んだり、なめりし
た」熱い息ととも綿に俺耳にっととした舌が這う

「うっ・・・で、手はどしてた
うやってソコ先をました」

C子右手は、のモノを握っごくのなくの先を掌で
転がすうに弄んだ

左手の指こっちに・・」
C子は俺のケツ浮かせ、手をに滑り込ませた

「・・・?!待てっちは・う沿っ」
ツの穴込まれわず変な声た。

「それはしくていい。しなくていから・・

「でにはさせらあなたにしけにはいか
?」

C子は にやら楽げに指を蠢かせる。
、だんだん行きがなってき
は俺が握ってずなのに・・・。

わされた言葉とかも、同じようにしたほがいよね。
るっ



>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:, 浮気・不倫, 寝取られ,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:, 浮気・不倫, 寝取られ,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20110218212104