2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

童貞と共に人として大切な何かを亡くした話7(マネージャー編)







童貞と共に人として大切な何かを亡くした話1
童貞と共に人として大切な何かを亡くした話2(フローレン編)
童貞と共に人として大切な何かを亡くした話3(高校〜上京編)
童貞と共に人として大切な何かを亡くした話4(フリーディレクター編)
童貞と共に人として大切な何かを亡くした話5(ロケ編)
童貞と共に人として大切な何かを亡くした話6(事務所立ち上げ編)
の続きです。



410 :ED ◆WayzE/RKE2 :2011/05/30(月) 00:03:16.71 ID:jzLDVeP00
じゃあ、続きいきます。

一応、表現は気を付けたつもりだけど気分を害したらゴメンなさい


次の日からは、またいつもの生活。
自分の仕事とマネージャーの二足の草鞋。

その日も結衣の現場に行って、結衣を自宅まで車で送る最中だった。

結衣「前に芸能界辞めた理由話たよね?」
俺「まあ、簡単にね」

今の事務所を立ち上げる時に簡単に理由は聞いていた。

結衣は以前、中堅タレント事務所に所属していた。
まあそこそこ有名なアイドルも在籍している。

結衣がアイドルを辞めた理由。
それはグラビアDVDの撮影がきっかけだった。

事務所からグラビアDVDを出さないかと持ち掛けられ結衣は承諾。
だが実際は、現場に行くと着エロの撮影で
しかも、事前の衣装合わせとは全く違う衣装を用意してる徹底ぶり。

その場は我慢して撮影したらしいのだが
やはり納得がいかない結衣は
DVDを出さないでくれと事務所と交渉したが
結局交渉は決裂。撮影テープも返してもらえず
ギャラも支払われない状態。

実は、この話は以前から聞いていて
俺が、その事務所と直接交渉した事もある。




411 :ED ◆WayzE/RKE2 :2011/05/30(月) 00:07:55.34 ID:prB/dxTZ0
一応補足説明。

グラビア撮影の前には必ず衣装合わせという作業がある。
これは色んな意味があって
女の子の衣装のサイズ合わせ、監督や制作サイドと
事務所や女の子と、作品の方向性を確認する大事な作業。

通常、衣装合わせで用意した衣装以外を撮影で使う事はない。
衣装合わせと現場で違う衣装にしたりすると、トラブルの元になる。

だから、衣装合わせを無視して、撮影当日に別の衣装を持ち出すってのは
かなり信頼関係を損なう行為である。




412 :ED ◆WayzE/RKE2 :2011/05/30(月) 00:09:18.87 ID:prB/dxTZ0
そこの事務所は、結衣がウチの事務所に所属してからも
勝手に違う芸名を使って結衣のDVDを販売したりと好き勝手やっていた。

最初は辞めたマネージャーが勝手にやってると言い逃れしていたが
出るとこ出るか?って話になった途端
販売サイトから結衣のDVDは消えた。

とまあ、ここまでは俺も知っている話だった。

結衣「本当は言ってない話があるんだ…」
俺「どうした?結衣が話したければ聞くよ」

結衣「嫌いにならない?」
俺「ならないよ」




414 :ED ◆WayzE/RKE2 :2011/05/30(月) 00:10:28.90 ID:prB/dxTZ0
結衣は少し間をあけてから静かに話だした。

結衣「前の事務所を辞める直前、事務所に居たら突然マネージャーが…」

結衣「怖くて声も出せなかった。抵抗すら出来なかった…」

結衣「隣の部屋には、スカウトしてきた新人の女の子も居たのに…」

その後に結衣が続けた話は今思い出すのも嫌な程酷い話だった。
これ以上の事はここでは書けないが、まあ皆が想像する最悪の中
で、更に最悪な部類の話だと思って欲しい。

俺は怒りを抑えられなかった。気がついたら車のハンドルを力任
せに殴っていた。

何て言葉をかけてあげれば良いのか分からなかった。
俺は結衣の頭をそっと撫でてやる事しか出来なかった。
結衣は静かに涙を零していた。





418 :名も無き被検体774号+:2011/05/30(月) 00:13:38.69 ID:n8bfR3to0
>>414
>これ以上の事はここでは書けないが、
あえてそこをkwsk



420 :ED ◆WayzE/RKE2 :2011/05/30(月) 00:15:21.60 ID:prB/dxTZ0
>>418
流石にそこだけは、これ以上無理だ

まあ、想像の余地を残したとでも思ってくれ




415 :名も無き被検体774号+:2011/05/30(月) 00:10:48.01 ID:LyuRW4WD0
最近はどこに向かっているかわからんけどなw



417 :ED ◆WayzE/RKE2 :2011/05/30(月) 00:13:13.41 ID:prB/dxTZ0
>>415
スレタイとは全く関係ない話になっちゃったからな…
まあ、夢の中の出来事なんで脈絡なく色々起こるって事にしと
いてくれ




421 :名も無き被検体774号+:2011/05/30(月) 00:15:55.63 ID:n8bfR3to0
>>417
ピザとかフローレンが出てた頃が、遠い昔の気がする。
俺らでさえも・・



423 :ED ◆WayzE/RKE2 :2011/05/30(月) 00:18:05.64 ID:prB/dxTZ0
>>421
あの頃は平和だったなぁ…

世の中は素晴らしい事だけで充ち満ちてると思ってたよ





419 :ED ◆WayzE/RKE2 :2011/05/30(月) 00:14:16.93 ID:prB/dxTZ0
この仕事をしていれば、いつかは嫌でも聞く話。
正直、結衣だけが特別という訳でもない。

しかし、結衣が傷つけられて今も苦しまされてる事が許せなかった。
それと同時に、こんな事が日常茶飯事に起きる業界の現状にも腹
が立った。

女の子達が、どんな思いで事務所やマネージャーに人生預けてい
るのか
それを踏みにじる奴らが、素人同然とはいえ、一応マネージャー
の端くれな俺には、どうしても許せなかった。

俺と結衣が出会うホンの数ヶ月前の出来事。
何故もっと早く結衣に出会って結衣を守ってやれなかったんだろ
うと思った。

そして、多分この話を聞いたのが俺の中の転機だったんだと思う。
結衣も咲も夏も、全員俺が守らなきゃいけない。
これ以上、この子達を傷つけちゃダメだって強く思った。

この日から俺は、マネージャーとしての仕事に更に没頭して行った。




422 :ED ◆WayzE/RKE2 :2011/05/30(月) 00:16:48.61 ID:prB/dxTZ0
マネージャーの仕事に没頭するだけ、その分、美貴と喧嘩する事
も増えて行った。

勿論、美貴も大事にしたかったが、美貴はいずれ分かってくれる
だろうと勝手に都合良く考えていた。

美貴との関係が冷え込むにつれて、結衣がより俺に甘えて来るよ
うになった。もはや、甘えるというより完全に俺に依存してる状
態だった。

大垣「結衣は完全にED君に依存してるね」
俺「俺もそう思う。不味いよね?」

大垣「さあ?それより、もうヤった?」
俺「やってないし、これからもやらない」

大垣「ヤってないの?早くヤって言う事きかせろよ」
俺「やらないって」

すでに何度か繰り返された話題だ。
結衣は可愛いと思うが、完全に妹とかに対する感情と一緒。
恋愛の対象では無かったし
仕事の為にそんな事をするのは許せなかった。

ただ俺も汚い大人で、結衣が俺に惚れてるなら
それならそれで結衣が俺の言う事を素直に聞く分

仕事がし易いなと思っていて結衣の気持ちを利用していたのも事
実だった。俺も大垣の事をとやかく言えた義理じゃなかった。




425 :ED ◆WayzE/RKE2 :2011/05/30(月) 00:19:07.04 ID:prB/dxTZ0
結衣
「EDさんは香ちゃんとか、美稚子ちゃんみたいな大人っぽい娘が
好きでしょ?」

俺「そうだねぇ…」
結衣「そうだよねぇ…私子供っぽいしなぁ…」

結衣は段々と、それっぽい事を言い出す事が増えてきた。

結衣「浮気とかしてもバレないと思うんだよね」
俺「バレるだろ」

結衣「そうかな?100%監視なんか不可能じゃない?」
俺「まあねえ…」

結衣
「だから私、仮に好きな人が浮気してても、他に彼女居ても気に
しないんだ」

こっち見んな…

まあ結衣の気持ちに気づきつつも、はぐらかし続ける俺。

この頃から結衣に変化が出始める。
結衣は頻繁に目眩や貧血、嘔吐などを繰り返すようになる。

仕事は絶対に休まない結衣は無理して仕事に出る。
現場で倒れる事もあった。
何度休めと言っても結衣は言う事をきかない。




426 :ED ◆WayzE/RKE2 :2011/05/30(月) 00:20:46.74 ID:prB/dxTZ0
その日は東海地方のとある街で結衣一人で営業。
やはり結衣は無理をして仕事に行った。

途中電話で様子を確認すると、かなり辛そうな結衣。
このまま一人で東京まで帰らせるのは難しいと判断し
俺は車で結衣を迎えに行った。

結衣「え?迎えに来てくれたの?」
俺「体調悪そうだったしな」

結衣「一人で帰れたのに…」
俺「じゃあ一人で帰る?」
結衣「嫌、一緒に帰る」

結衣を乗せて高速を走っていると
やはり結衣はかなり辛そうだ。
いつになく無口な結衣。

俺「大丈夫か?」
結衣「ちょっと辛い…」

俺「無理するから」
結衣「仕事は休みたくない」

そうこうして居ると、結衣の体調はどんどん悪くなる。
遂には過呼吸も始まった。

流石に不味いと思ってそのまま病院へ結衣を連れて行く。
病院では、その場で一通りの検査を行う。
検査の結果は特に問題は無い。
医師の話によれば、どうやら精神的なものらしい。

とりあえず点滴をして一晩泊まる事に。





427 :ED ◆WayzE/RKE2 :2011/05/30(月) 00:21:50.61 ID:prB/dxTZ0
結衣「迷惑かけてゴメンなさい」
俺「気にすんな。それより無理すんなよ」
結衣「無理なんてしてない」

結衣はいつも強がる。

俺「俺居たら眠れないだろ?外に出てようか?」
結衣「ううん。居て」

結衣の手を握る俺。
結衣も少しだけ握り返してくる。
二人とも、それ以上は何も言わずに黙って朝を迎えた。

朝になり結衣を自宅まで送り届ける。

俺「後でちゃんともう一度病院行くんだぞ」
結衣「分かってるよ」

俺「何なら俺が連れて行こうか?」
結衣「大丈夫。お母さんに連れてってもらう」

俺「絶対だぞ」
結衣「しつこい!」

俺「こりゃ失敬」
結衣「でも…昨日は有難うね。嬉しかった」

俺「おう!気にすんな。ゆっくり休めよ」
結衣「うん」

結衣が家の中に入るのを確認して、俺は家へと帰った。




428 :ED ◆WayzE/RKE2 :2011/05/30(月) 00:22:50.03 ID:prB/dxTZ0
その日から結衣が精神的に安定しない日が増える。

突然結衣から電話が有ったと思えば、結衣が泣いていて何を言っ
てるのか分からない事があったり

目眩や貧血の頻度も日に日に増えていく。
そして、常に一緒に居たがるようになる。
大事な話があると呼び出されて行ってみるが
何を話す訳でもない。

それで結衣の心が落ち着くなら、それで良いと思った。

ただ結衣の体調がおかしいのや、精神が不安定になるのは
俺と二人きりの時か電話の時だけだった。

だから俺の中の結衣と、皆の中の結衣のイメージがどんどんかけ
離れていく。

いつも元気で明るい結衣。そんな皆のイメージだが、
俺と居る時は常に弱っている。
皆と俺の中の結衣のイメージがかけ離れればかけ離れる程
結衣を守らなきゃならないと強く思った。




429 :名も無き被検体774号+:2011/05/30(月) 00:24:10.24 ID:n8bfR3to0
しかし、EDは時系列でのまとめ方がホントに上手くて感心するわ。
ディレクターより放送作家とかのが向いてそうだ。



432 :ED ◆WayzE/RKE2 :2011/05/30(月) 00:28:35.88 ID:prB/dxTZ0
>>429
語彙が少ないからダメだな…

ナレーション書くの下手過ぎてどうにもならん…





430 :ED ◆WayzE/RKE2 :2011/05/30(月) 00:24:18.71 ID:prB/dxTZ0
夏のある日、大垣がロケハンを兼ねて旅行に行こうと言い出した。
撮影で使えそうな場所を探しに行くのだ。
行き先は伊豆の近く、レーベルの保養所があるらしい。

とりあえず、都合のあう人達で行く事になった。
参加者は俺、大垣、結衣、レーベルP2人。

撮影に使えそうな人けの少ないビーチや
洞窟、廃校舎を見て回る。
何箇所か雰囲気の良いポイントは見つかった。
国内ロケに使おうと話をした。

夜はレーベルの保養所。
まあ保養所と言っても小さな別荘。
夕飯は結衣が作った。

皆で夕飯を食べながら、酒を飲んでいると
TVでは夜のニュースをやっていた。
ニュースの内容は連続婦女暴行犯の判決の話題だった。
俺はその瞬間チャンネルを変えた。

結衣「死刑にすれば良いのに…」
小さく呟いた。
やっぱり俺は結衣の頭を撫でる事しか出来なかった。




431 :ED ◆WayzE/RKE2 :2011/05/30(月) 00:26:42.31 ID:prB/dxTZ0
この後、結衣は体調が悪くなり、また過呼吸が始まった。
目眩もキツく辛そうだ。

大垣「結衣、大丈夫か?」
結衣「うん」

大垣「結衣、東京帰るか?」
結衣「うん」

大垣「ED君お願いして良い?」
俺「分かった」

結衣を連れて東京へと戻る車の中…

俺「大丈夫か?」
結衣「うん…」

結衣は暗いのが怖いと少しだけ怯えている。

結衣「フラッシュバックするんだ…」
俺「そうか…」

結衣「思い出したくも無いのに感触もハッキリ覚えてるんだ…」
俺「いつか忘れられると良いな…」

結衣はその後も、色んな辛い思い出を俺に語った…

過去のイジメや昔の彼氏の事。
他にも結衣の数々の酷いトラウマ。
まあ、その彼氏に関しては現在進行形でストーカーっぽくなって
て 以前から相談は受けていた。
ただ、この時の話しは俺の知らない話しだった。

結衣の中の無数の傷口。
どれも20歳そこそこの女の子には辛い思い出だ。

なんで結衣がこんなにボロボロになるまで苦しめられなきゃなら
ないんだろう?

いつまで結衣は過去に囚われ続けなければならないんだろう?
どうしてやる事も出来ない自分に失望する事しか出来なかった。





>>次のページへ続く


 

 

関連記事

 
カテゴリー:読み物  |  タグ:, 青春, 結婚,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:読み物  |  タグ:, 青春, 結婚,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20110602123833