2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg
 

おすすめ記事

1度は浮気を許していた汚嫁のクズさが露呈。娘が入院中に看病にもいかず、浮気相手と3P。
 
彼女がコピペになるほどのビッチだったことがわかった
 
不倫の制裁のための裁判中に相手の間男が半身不随になるという天罰が下った。
 
好きな子から預かったHDDの中から、とんでもないモノを発見してしまった
 
自分の彼女が他人からSEXまで持ち込まれてしまう過程
 
間男一族を徹底的に壊滅させた俺の両親
 
知りたくなかった嫁の過去知ってしまったんだが、、、
 
とうとう彼女との3Pが実現した
 
嫁が不倫デート中、サプライズの誕生日パーティーの準備が着々と進行していた
 
得意先の可愛い子にアドレス渡されてしまった
 
風俗嬢だった過去を持つ彼女が語った衝撃的な体験談
 
嫁の性癖が露見。ハプニングバー、ハメ撮り、複数プレイ... 人生を丸ごと破壊する究極のSMプレイ。
 
妹とSEXしてしまいました
 
長男の子を身ごもってしまった
 
中2から中3まで輪姦され続けた思い出を吐き出す
 
婚約者が他人の子を妊娠した事が発覚。その婚約者の計画が信じられないものだった。
 
婚約中の彼女の浮気。他の男とセ●ロスしている所をデジカメにおさめてから彼女が狂うまで
 
知らない女が妻になっていた件
 
両親が「兄妹」だったことを知った
 
とあるタレコミ(ハメ撮り等)で嫁の過去の不倫が発覚。次いで発見した告白日記から薬漬にされてた事実まで判明した。
 
 
 

童貞と共に人として大切な何かを亡くした話8(結衣編)






童貞と共に人として大切な何かを亡くした話1
童貞と共に人として大切な何かを亡くした話2(フローレン編)
童貞と共に人として大切な何かを亡くした話3(高校〜上京編)
童貞と共に人として大切な何かを亡くした話4(フリーディレクター編)
童貞と共に人として大切な何かを亡くした話5(ロケ編)
童貞と共に人として大切な何かを亡くした話6(事務所立ち上げ編)
童貞と共に人として大切な何かを亡くした話7(マネージャー編)
の続きです。




460 :ED ◆WayzE/RKE2 :2011/05/30(月) 23:50:18.48 ID:prB/dxTZ0
続き行きます。


美貴が家を出て行ったおよそ一月後。
長かった俺の地方ロケも遂に最終日になろうとしていた。

結衣「もうすぐ東京帰ってくるね」
俺「そうだな」

結衣「その前の日、私○○(東海地方の街)で営業なんだ」
俺「そういやそうだったな」

結衣「営業終わったら、そっち行こうかな…」
俺「???」

結衣の営業先から俺の居る場所までは新幹線で30分強。
確かに東京に戻るよりは近い。
が……

俺「いや、お前何しに来るんだよ?」
結衣「会いたいから…」

俺「いや、次の日には東京戻るぞ…」
結衣「ダメ?嫌なの?」


「ダメとか嫌とか以前に、お前こっち来てどこ泊まるつもりだ?
観光シーズンだからホテル空いてないぞ」

結衣「EDさんの部屋あるじゃん」
俺「イヤイヤイヤイヤイヤイヤ…」

結衣は俺の態度に不満な様子…
来たからって、間違いなんて起こらない自信はあるが
さすがに色々不味い…

俺「不味いって…」

結衣
「何が?もしかして変な事考えてる?馬鹿じゃないの?最低ーw」

俺「考えてないって。最低とか言うな」
結衣「じゃあ、また明日ね」

俺「ちょ…おま……」

結局、そのまま電話は切れてしまった。
もう完全に俺の意見は無視だった。




461 :ED ◆WayzE/RKE2 :2011/05/30(月) 23:51:54.11 ID:prB/dxTZ0
次の日、夕方過ぎに結衣から電話が有った。

結衣「今、営業終わった。今からそっち行くね」
俺「お前、本気で来るのか?」

結衣「行くよ。もう新幹線乗っちゃったし…」

逃げ道完全に塞ぎやがった…


「分かったよ。ホテルに連絡しとくから俺の部屋で待ってて」

結衣「うん」

俺「明け方までロケかかるから寝てろよ」
結衣「はーい」

ロケが終わると時間はもう朝の4時過ぎだった。
辺りはもうすでに少し白んで来ている。
ホテルのフロントで鍵を預かり自分の部屋へと入る。

すると結衣が俺のベッドで寝ていた。
結衣を起こさないように静かにロケの機材を片付け、一服してソ
ファへと腰掛ける。

さて、何処で寝るかな…
俺のベッドは結衣が寝ている。
仕方ない、このままソファで寝る事にした。

タバコの火を消し眠りにつこうとしたその時…




462 :ED ◆WayzE/RKE2 :2011/05/30(月) 23:53:30.16 ID:prB/dxTZ0
結衣「おかえり」
俺「あ、悪い。起こしちゃったか?」
結衣「ううん、大丈夫」

そう言って布団から出る結衣。

ちょっと待て…

何故Tシャツとパンツだけなんだ?


「良いよ、起きなくて良いから。布団から出るな。そのまま寝て
ろ…」

慌てる俺。

結衣「EDさん何処で寝るの?」
俺「ここで寝る」

結衣「何言ってんの?疲れてんだからベッドで寝なよ」
俺「大丈夫だから…気にすんな…」

結衣「うっさい!眠いんだから、つべこべ言わずに早く寝る!!」
俺「は…はい…」

相変わらず押しに弱い俺…
恐る恐るベッドの隅の方に着のみ着のまま寝る。

結衣
「そんな端っこじゃゆっくり寝られないから、もっとこっち!」

俺「大丈夫だから…」

結衣「うるさい!眠い!!」
俺「は…はい…」

結衣に触れないように細心の注意を払って、とりあえずほんの少
しだけ結衣の方へ移動。

結衣が何を考えてるのか分からず
滅茶苦茶緊張していたが
ロケの疲れもあって、すぐに眠りに落ちてしまった。




463 :ED ◆WayzE/RKE2 :2011/05/30(月) 23:55:05.63 ID:prB/dxTZ0
目が覚めると、時間はチェックアウトの30分前。
結衣はすでに起きて普通に服を着ていた。
安心したような、ちょっと勿体無いような…(待て

慌ててシャワーを浴びて東京に戻る荷造りをする。
一月以上もの長期ロケだと機材やテープの数も尋常じゃない。

その後、チェックアウトを済ませてホテルを後にする。
まずは近くのファミレスでブランチ。

俺「この後どうするつもりだ?」
結衣「せっかくだから観光しようよ」

急いで東京に帰る必要もないので、
とりあえず市内を観光をする事に…

結衣は観光を楽しんでいるようだ。
久しぶりに結衣の体調も悪くない。
結衣のワガママには正直困ったが、結衣が元気で居てくれるのは
素直に嬉しかった。




464 :ED ◆WayzE/RKE2 :2011/05/30(月) 23:57:11.68 ID:prB/dxTZ0
観光をしてる途中、突然結衣が話を切り出した。

結衣
「あのね、私EDさんに秘密にしてる事あるの…」

俺「何?」

結衣「実は付き合ってる人が居るんだ…」
俺「ああ、そう…」
結衣「それだけ?良いの?」

まあ、結衣に彼氏が居ても俺がとやかく言う問題じゃない。
仕事に支障が出なきゃ俺が口出す必要は無い。

何しろ彼氏が居ても結衣は仕事を疎かにしないのは俺が一番知っ
ていた。


「良いんじゃない?俺が口出す話じゃない。でも彼氏居るなら、
こんなとこ来ちゃ不味いんじゃね?」

結衣「そうなのかな?」

俺「そりゃそうだろ」

結衣「実は彼氏EDさんの知ってる人なんだ」

俺「もしかしてイケメソさん?」

結衣「違うってw」

完全に予想が外れた。そうなると全く見当が付かない。

結衣「○○(若手お笑い芸人)の吉崎君…」
俺「マジか…」




465 :ED ◆WayzE/RKE2 :2011/05/30(月) 23:58:35.33 ID:prB/dxTZ0
吉崎は、俺も仲が良い若手芸人だった。

イケメソPが彼氏なら、相手も大人だし、俺も色々結衣の事を相談
してたからこういう状況でもそれ程問題は無いと思った。

ただ吉崎と結衣が付き合ってるとは全く知らなかったから
吉崎に俺と結衣の話は全くしていなかった。

俺「それは不味いだろ…」
結衣「何で?」


「吉崎と俺は友達だ。流石に友達の彼女と一緒に泊まるとかあり
得ない」

結衣「大丈夫じゃない?」

俺「イヤイヤ駄目だって」

結衣「じゃあどうするの?」

俺「これからはマネージャーに徹する」

結衣「それは嫌」

俺「俺は友達が嫌がるような事したくない」

結衣も大事だが友達も同じように大事だ。
俺のせいで吉崎と結衣が険悪になられたら
吉崎に合わせる顔が無い。




466 :ED ◆WayzE/RKE2 :2011/05/31(火) 00:00:11.14 ID:prB/dxTZ0

「吉崎居るなら、俺じゃなく吉崎を頼るべきだって。頼る相手を
間違ってるよ」

結衣「でも嫌…」

結衣が言うには、吉崎と付き合って一年程になるが
最近は殆ど会ってすらいないという。

まあ実際殆ど俺と一緒だったから それは事実だろう。
なら尚の事ダメだ。
俺と会う時間あるなら吉崎と会えと説得した。

結衣「もう良い…」

納得のいかない結衣。
気まずい空気のまま東京へと戻った。

東京へ戻ってからはロケの編集が溜まっていて
吉崎の話が無かったとしても結衣とは会えるような状況じゃなかっ
た。

結衣から電話は有るが、その度に俺じゃなく
吉崎に電話しろと伝えた。

俺の編集が一息ついた頃、結衣に呼び出された。




467 :ED ◆WayzE/RKE2 :2011/05/31(火) 00:01:50.00 ID:WsDM33uN0
俺「何度言ったら…俺じゃなく吉崎と…」

結衣「別れた…」

俺「え?」
結衣「向こうも別れるって分かってたみたい…」

俺「そうか…」
結衣「うん」


「お前、本当に良いのか?俺達付き合ってる訳じゃないんだぞ?」

結衣「それでも私には吉崎君よりEDさんが必要なの…」

でも結局、俺が吉崎と顔合わせられない事は
全然解決してないじゃん…
というか、むしろ事態が悪化してる…

困ったというのが正直な気持ちだった。
だが、心の何処かでこの結果を予想していた
自分も居た。




468 :ED ◆WayzE/RKE2 :2011/05/31(火) 00:03:02.67 ID:WsDM33uN0
人生で、ここまで誰かに必要とされた事が有っただろうか?

ウチの親は今で言うネグレクトだった。
肉体的な虐待とかは殆ど無かったが
親は俺に対して常に無関心だった。
物心ついた頃には、自分は親に必要とされてないと気付いていた。

小学校からは、泣き虫だった事もあって常にイジメの標的だった。
その上、問題児だったから教師からも疎まれ続けた。

そして俺が中学生の時、母親は男を作って蒸発した。

だからなのか俺は人一倍劣等感が強い。
誰にも必要とされない事に常に怯え続ける。
誰かに頼られる事で自分の価値を見出そうとする。

だから俺は結衣に頼られる事が快感だった。
事故評価が極端に低い俺は

結衣や大垣達に頼られる事で、
ちっぽけでギリギリなアイデンティティをなんとか守り続けていた。

まあ、その後に出会った精神科医の受け売りだが…

俺は、俺に依存する結衣に依存していった。
まさに共依存ってヤツだった。

それに対して、美貴は凄く強い女だ。
俺が居なくても何も問題無い。
一人で生きて行けるし、仕事も出来る。
俺に助けを求めた事は今まで一度も無かった。

そんな美貴の手術の日が決まった。







>>次のページへ続く

 

 

関連記事

 
カテゴリー:読み物  |  タグ:, 青春, 結婚,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:読み物  |  タグ:, 青春, 結婚,
 


 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20110602200411