2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

童貞と共に人として大切な何かを亡くした話9【完結】







童貞と共に人として大切な何かを亡くした話1
童貞と共に人として大切な何かを亡くした話2(フローレン編)
童貞と共に人として大切な何かを亡くした話3(高校〜上京編)
童貞と共に人として大切な何かを亡くした話4(フリーディレクター編)
童貞と共に人として大切な何かを亡くした話5(ロケ編)
童貞と共に人として大切な何かを亡くした話6(事務所立ち上げ編)
童貞と共に人として大切な何かを亡くした話7(マネージャー編)
童貞と共に人として大切な何かを亡くした話8 (結衣編)

の続きです。



498 :ED ◆WayzE/RKE2 :2011/05/31(火) 21:56:52.53 ID:WsDM33uN0
ゃあ続き投下で


ここまで、結衣の話ばだったか
結衣しか相手してないみたいだが
衣以外の子達マネーーはしていた。
マネージャーお悩談ホッンみたいに
ってたが

は、タレントに成り然と思ってた所を
理矢理俺が引きずりこんだ。

だから、る意味結衣以上心配していた。
夏はヤル気は凄い有て頑張り屋

も夏にはが無かった。
しばかり可愛い程度じゃ箸にも棒にもかからない。
の目指すが決ない
事務所も売りうがな

歌のレッスンや芝の勉強。
受けれるオーディションは全て受けさせた
、なかなか目に見え結果付いて来な

宿というでもない
それなりに順調に仕事る結衣
ジョンが明確に見えてブレな
分が目指すすらま分からない

レン世界には明確な解は存在しない。
どんだけ売れうが人気があうがう訳でもし、
常に不安にな
分のやが正しいと認めて
結局自分自便けだ

確な験の無は、
自分正しいと思い込めなかったんだと思う

舞っていたが、内心は凄いた
。だ、そんな夏に何もてやれないの力量不足
かった。




499 :ED ◆WayzE/RKE2 :2011/05/31(火) 21:58:46.95 ID:WsDM33uN0
それに引き換え咲は仕事に対しての意欲は相変わらず無かった。
やっぱり仕事はサボるし文句も多い。

それでも恵まれたルックスとスタイルで黙っていても仕事はやっ
てくる。
咲は産まれながら誰にも負けない武器を持っている。
夏は武器を見つけるのに必死なのに正直、不公平だと思った。

仕事に対して殆どやる気の無い咲。
普段、女の子を怒る事のない俺も、咲にだけは怒る事が多かった。

それでも咲は俺に懐いてくれて、
普段から色んな相談を持ち掛けてきた。
恋愛や親子関係。一人暮らしをしたい。
まあ、どれもこれも殆ど仕事は関係ない。

その中で、一番多かったのは携帯代が払えないという相談。
咲は携帯依存で常に誰かとメールや電話をしている。
毎月の携帯代が10万を超えるとかはザラだった。

定額通話のあるキャリアにすれば良いのに…とは何度も言ったんだ
が何故かdocomoに拘る結衣…




500 :ED ◆WayzE/RKE2 :2011/05/31(火) 22:00:06.12 ID:WsDM33uN0
咲「また携帯代が払えなくなっちゃった。EDさんお金貸してくれ
ない?」

俺「もういい加減にしろよ。いつもじゃん」

咲「だってぇ…」
俺「今、俺も余裕ないんだよなぁ…」

まあ、携帯代を建て替えてやる位は出来るが
俺が建て替えても根本的に解決にならないと思った。
とは言っても最初のうちは何度か建て替えてやった事もある。
それがいけなかったのかもしれない。

咲「どうしようかなぁ…」
俺「仕事取ってきてやるから、働けよ」

咲「考えとくよ」

これで少しは仕事を真面目にやる気になってくれるだろうか?
と思っていた次の日…

咲「EDさん、どうしても携帯代払えないから、私風俗で働く事に
した…」

俺「え……」
咲「というか今日働いてきた。2万円貰ってきた」

…………


????


オジさんには若い子の言ってる事が分からないよ…


働けとは言ったが、風俗で働けなんて一言も言ってない…





501 :ED ◆WayzE/RKE2 :2011/05/31(火) 22:01:03.67 ID:WsDM33uN0
馬鹿
咲「だって…だって…」


「だ言ってる場合か!分を安売りんなよ
咲自身だぞ」

咲「だっ…じゃEDさ。私するからさ」

俺は、そ願する咲を都内のホテルの一室へと呼
咲の美し弾けるような身体を堪能した



んて訳はなく、急いで咲の仕事を探す。
は本人さえやる気にればす事が決まる。
調話をった後、垣へと電しそ場で
DVDを出す話を決めた

「何るって言ったな
咲「

ビア決から、そギャラで携帯代えよ」
咲「ギャ ぶ先になっじゃん 

俺「先払いするようにしてくか
「分かった」

俺「とりあ風俗はもなよ」
「え

俺「いいから今すぐ辞る!
咲「はい…」

りあず風俗は辞めると約してくれ咲。
アイドルしての仕事は嫌がるくせ
風俗には抵抗が無いとがよく分からない…
女の子は思議だ




502 :ED ◆WayzE/RKE2 :2011/05/31(火) 22:03:47.33 ID:WsDM33uN0
12月は年末進行や年末年始の特番のお陰で
普段からデスマーチな現場が、更に混乱する。
街はクリスマス一色だが俺には関係が無い。

あれから結衣とは特に進展は無く、
全く今まで通りだった。

ある日、大垣から事務所に呼び出された。
事務所に行くと大垣と高橋が待って居た。

大垣「忙しいのに悪いね」
俺「いや、大丈夫。どうしたの?」
大垣「ちょっと事務所の事で話があってさ…」

大垣の顔がいつになく神妙だった。

大垣
「いきなりで悪いんだけど、ED君はマネージャーから外れてくれ
ないか?」

何の話か理解出来なかった。

俺「なんで?…突然なんで?…どうして?」

俺は動揺しまくっていた。




503 :ED ◆WayzE/RKE2 :2011/05/31(火) 22:05:25.48 ID:WsDM33uN0

「ED君ネーャーて頑くれてのは理解して
でも、のせいで監督としての仕事に影出てるでしょ」

確か、こ頃の俺はキャパオーバー
締め切りを守れなくなて色ん人に迷惑をていた

大垣それと高さんがED君とはていけないって言うんだ」

面倒見ないと高橋が宣言してか
俺と橋のには完溝が出来ていた
俺と高は事の運営針も隔たりがあり
元々、神質な高橋と基本的雑把な俺とはソが合わい。

更に、俺の本業はディレクでマネーャーは素人。
に事務所の責任者は俺で、事務の稼ぎがしらの担
ネージャーのプロとし何年きた高橋のライド
年齢は高橋の方が一回り上もった湿りと
り複な人間関係だっ

俺「俺を外して高橋さが結衣たちるっ
大垣結衣なく、全部高橋さんが見る

俺「事務所か完全て事?」
大垣「うん」


「俺調は今更、高んを信用出来ツは一度衣達を見
捨てた奴だぞ!!」

俺はしまっ




504 :ED ◆WayzE/RKE2 :2011/05/31(火) 22:07:24.14 ID:WsDM33uN0
高橋「出来ますよ」

出来なかったから、俺がマネージャーやらなきゃならなくなった
んだろうが!!

俺「
俺が何の為に、どんな思いでマネージャーやってきたと思ってん
だよ…どれだけの物を犠牲にしたと思ってんだよ…」

美貴の顔を思い出した。
俺がマネージャーなんか始めなきゃ、今も美貴は俺の隣に居たん
だと思う…

美貴だけじゃなかった。
マネージャーをやる為にディレクターとしての仕事を減らし
事務所の赤字を補う為に自分のギャラを差し出し…

この事務所の為に出来るだけの事はやってきたつもりだった。

大垣
「マネージャーが本当にED君のやりたい事なのか?」

確かにマネージャーは自分が本当にやりたい事ではなかった。
最初は無理矢理押し付けられ、嫌々やってた仕事だった。

でも結衣や夏たちを守りたい。
事務所の人間全員が幸せになって欲しいと思うようになって
気付いたら、事務所は俺自身にとっても
凄く大事な物になっていた。

俺「もう決定なの?」
大垣「相談じゃない。決めた事だから…」

大垣に裏切られたと思った。




505 :ED ◆WayzE/RKE2 :2011/05/31(火) 22:09:17.51 ID:WsDM33uN0
事務所を後にした俺は結衣と話し合う事にした。

俺「大垣さんに事務所を辞めろって言われた」
結衣「なんで?嫌だよ」

俺「もう決定らしい。取りつく島も無かった」
結衣「そうなの?」

俺「俺が独立して事務所作ったらついてくるか?」
結衣「うん。でもディレクターは?」

俺「そしたらマネージャーに専念しないと無理だな…」
結衣「そっか…でも一緒に居られるならマネージャーじゃなくても
良いよ」

俺「それじゃ意味無い…何とかするからさ…」
結衣「分かった…」

クリスマスまで、もう一週間を切っていた。




506 :ED ◆WayzE/RKE2 :2011/05/31(火) 22:10:51.44 ID:WsDM33uN0
大垣からはマネージャーとしての仕事はするなと言われていたが
俺は無視して、以前と変わらずに仕事をしていた。

23日クリスマスイヴの前日。
イヴは結衣がクリスマスイベントに出る事になっていた。

この日は、翌日のイベント用の衣装の準備と打ち合わせの為に
結衣と合流。

この前の一件以来、結衣は心なしか元気が無い…

俺「どうした?体調悪いか?」
結衣「別に…大丈夫…」

俺「そっか…」

イベントは何組かのアイドルが集まって、
ファンの前で歌やトークをする。

結衣は歌手志望ではないので、持ち歌とかがある訳じゃない。
なので、クリスマスに因んだ曲を何曲か歌う事になっていた。

結衣は過去にボイストレーニングを受けていた事もあって
意外と歌が上手い。
歌にも自信があるし、何より大好きなファンと触れ合えるイベントを
結衣は心待ちにしていた。

俺「衣装どうすんの?」

結衣
「あんまりベタなクリスマスの格好したくないから、普通の可愛
いワンピースにしたい」

俺「それじゃつまらなくない?」

結衣「だから小さい天使の羽付けたい」

俺「分かった」




507 :ED ◆WayzE/RKE2 :2011/05/31(火) 22:12:26.79 ID:WsDM33uN0
とりあえず天使の羽を探しに行く事に…
まずはLOFTやハンズのコスプレコーナーを見て回る。

結衣「なんかどれも安っぽい…」

確かに売ってるのは、プラスチックやゴム製のチープなのばかり。

結衣「これは嫌。他も見る」

姫の仰せのままに…

都内の雑貨屋やおもちゃ屋、手芸屋なんかを片っ端から探して回る。

何軒か回って見つけた本物の羽毛で出来た翼。
サイズも丁度良い。
ただ問題はコスプレ用ではないので、そのままじゃ付けられない。

結衣「どうやって付けようか…」

俺「衣装に直接縫い付けるかね」

結衣「私、裁縫出来ないんだよね…」

俺「はいはい…姫の仰せのままに…」

ウチは子供の頃、母親が家を出て行ってから
家の中で裁縫や料理は俺の仕事だった。
弟の雑巾や体操着袋とかを作っていたりしたので
簡単な服位なら作れる程度には裁縫が出来る。




508 :ED ◆WayzE/RKE2 :2011/05/31(火) 22:14:13.19 ID:WsDM33uN0
とりあえず結衣の注文通りに翼を衣装に付ける。
横ではセットリストと言って、結衣が翌日の曲順や、
トーク内容などの進行を考えているが
あまり集中して出来ていない。

結衣「今日はもう帰っちゃダメ?」

まあ結衣のワガママは何時もの事だが
仕事に対しては、常に全力な結衣が仕事の事でワガママを言うの
は珍しい。


「とりあえず仮縫い終わるまで待てよ。お前が帰ったら微調整出
来ないだろ…」

結衣「えー」

俺「それよりセットリスト決まったのか?」

結衣「まだ…」

俺「何やってんだよ…間に合わなくても知らないぞ」

結衣「体調悪い…気持ち悪い…」

流石に俺も少しイライラしだす。

俺「分かったよ。じゃあ今日は帰れよ」
結衣「ゴメンね」

俺「その代わり必ず今晩中にセットリスト作れよ」
結衣「分かった」

結衣を自宅まで送り届けた後、俺は帰って衣装作りを続けた。
気付けば、日付けはすでにイヴになっていた…





>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:読み物  |  タグ:, 青春, 結婚,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:読み物  |  タグ:, 青春, 結婚,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20110603064556