2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

童貞と共に人として大切な何かを亡くした話9【完結】







童貞と共に人として大切な何かを亡くした話1
童貞と共に人として大切な何かを亡くした話2(フローレン編)
童貞と共に人として大切な何かを亡くした話3(高校〜上京編)
童貞と共に人として大切な何かを亡くした話4(フリーディレクター編)
童貞と共に人として大切な何かを亡くした話5(ロケ編)
童貞と共に人として大切な何かを亡くした話6(事務所立ち上げ編)
童貞と共に人として大切な何かを亡くした話7(マネージャー編)
童貞と共に人として大切な何かを亡くした話8 (結衣編)

の続きです。



498 :ED ◆WayzE/RKE2 :2011/05/31(火) 21:56:52.53 ID:WsDM33uN0
じゃ投下です


こまで、結衣の話ばかりだたから
まるしか相手にないたいだ
結衣以外の達もマネージャーはしていた。
まあ、マネージャーというよお悩み相談ホットラインみた
なってたが

夏はレンに成りたいと漠然と思ってた所を
理矢理が引ずりこんだ

だから、あ意味結衣以に心
はヤ気は凄って張り屋だ。

でも夏には、まだ武が無かった。
少しばか愛い程度じゃにも棒もかからない。
人のいと
事務所も売しようがな

のレッスンや芝強。
るオーディションは全て受けさせた
、なか目に見る結果がいて来ない。

れっ子と寿う程でもない
れなりに順調入る
のビジョンが確にてブレない衣。
自分が目指す先まだ分からない夏。

ントの世は明確な正解は在しない。
どんだけ売れがあろうが正という訳でもないし、
に不安
自分のやってが正しいと認めれるのは
結局分自身だけだ。

確な成功体験夏は
自分い込かったんだ

っていたが、は凄っていたの伝わ
てきたそんな夏に何もしてれない自分の力量不足がは
かっ




499 :ED ◆WayzE/RKE2 :2011/05/31(火) 21:58:46.95 ID:WsDM33uN0
に引き換え仕事に対しての欲は相変わ
殿仕事はサボ文句も多い。

れでも恵まれたとスタイで黙っていても仕事はやっ
てく
咲は産まれながら負けい武器持っいる。
夏は器を見つけるのに死なの正直、不公だと思調た。

て殆ど気のい咲
普段、女の子を怒る事の俺も、にだけは怒る事が多かった

それで咲はに懐いてくれて
普段ら色んなを持ちた。
親子関係一人しをしたい。
あ、も殆ど仕事は関係な

その中で多かったのは姿携帯えないという相談。
は携帯依存常に誰かとメールや電話をしている。
月の携帯代が10万姿を超えはザラだ

定額通話のるキアにすれば良いのに…とは何度も言
かdocomoに拘る




500 :ED ◆WayzE/RKE2 :2011/05/31(火) 22:00:06.12 ID:WsDM33uN0
咲「帯代が払えなくなっちったEDさお金貸してく
い?」

俺「もういい加減にしろよつもじゃん

「だって
俺「今、俺裕なんだよなぁ…」

代を建てや位は出来
替えても根本的に解決にならと思った。
とは言も最のうちは度か建てやったある。
がいけなかかもしない

「どうしようぁ…
事取ってきてるから、働けよ」

咲「考えとく

少し真面目にやる気にってるだ稿
と思っいた日…

咲「EDさん、どう帯代ないから、私風働く
した…

……」稿
いうか今日きた。2万円貰てきた」




???


オジさんには若い子の言ってる事が分からいよ


働けとは言っ、風俗働けなんて一言も言っ





501 :ED ◆WayzE/RKE2 :2011/05/31(火) 22:01:03.67 ID:WsDM33uN0
鹿だろお前!」
って…


「だってとか言ってる場合分を売りすんなよ。傷つくの
は咲自身だぞ

咲「だって…ゃあEDさて。私何でするかさ」

そう懇願する咲を都内のホルの一室へと呼び
咲の弾けるよ堪能た…



て訳はなく、いで咲の仕事探す
本人さえになれば事がまる
咲の電話をった後、大垣へと電話しその場
DVDを出す話めた

俺「何でもするっ言ったな」
「う

ア決ら、そのギャラで携帯代払えよ
咲「だいぶ先になっちゃう

「先払るようにておくから
「分かった

俺「とりあえう行なよ」
咲「えー…

今すぐ辞める!!
咲「はい…」

りあえず風俗は辞めると束しくれた咲。
アイドルとての仕がるくせに
風俗には抵抗が無いというのがよく分からな
女の子思議ね…




502 :ED ◆WayzE/RKE2 :2011/05/31(火) 22:03:47.33 ID:WsDM33uN0
12月は年末進行や年末の特番のお
段からスマーな現が、更に混る。
はクリスマス一色だが俺には関係が無

から結衣とは特に進展は
全く今ま通りだった。

ある日、大垣から務所され
事務所に行湿くと大垣と姿橋が待って居た

大垣「忙しいのに悪いね
俺「いや大丈夫寿どうしの?」
大垣「ち事務所の事で話があって…」

顔がいになく神妙だった。


「いきなりで悪いんだけどED君ネージャーかられて
いか

何の話理解出来った。

なんで?然なんで…どて?」

は動揺ってい




503 :ED ◆WayzE/RKE2 :2011/05/31(火) 22:05:25.48 ID:WsDM33uN0
大垣
「ED君がマネージャーとして頑張ってくれてるのは理解してる。
でも、そのせいで監督としての仕事に影響出てるでしょ」

確かに、この頃の俺は完全にキャパオーバーで
締め切りを守れなくなって色んな人に迷惑をかけたりもしていた。

大垣「それと高橋さんがED君とはやっていけないって言うんだ」

結衣達の面倒は見ないと高橋が宣言してから
俺と高橋の間には完全に溝が出来ていた。
俺と高橋では事務所の運営方針も隔たりがあり
元々、神経質な高橋と基本的に大雑把な俺とはソリが合わない。

更に、俺の本業はディレクターでマネージャーは素人。
なのに事務所の責任者は俺で、事務所の稼ぎがしらは俺の担当。
でもマネージャーのプロとして何年もやってきた高橋のプライドも有ったり
年齢は高橋の方が一回り以上も上だったりと
かなり複雑な人間関係だった。

俺「俺を外して高橋さんが結衣たちを見るって事?」
大垣「結衣だけじゃなく、全部高橋さんが見る」

俺「事務所から完全に手を引けって事?」
大垣「うん」


「俺は今更、高橋さんを信用出来ない。コイツは一度結衣達を見
捨てた奴だぞ!!」

俺は完全に切れて声を荒げてしまった。




504 :ED ◆WayzE/RKE2 :2011/05/31(火) 22:07:24.14 ID:WsDM33uN0
高橋「出来ますよ」

出来なかったから、俺がマネージャーやらなきゃならなくなった
んだろうが!!

俺「
俺が何の為に、どんな思いでマネージャーやってきたと思ってん
だよ…どれだけの物を犠牲にしたと思ってんだよ…」

美貴の顔を思い出した。
俺がマネージャーなんか始めなきゃ、今も美貴は俺の隣に居たん
だと思う…

美貴だけじゃなかった。
マネージャーをやる為にディレクターとしての仕事を減らし
事務所の赤字を補う為に自分のギャラを差し出し…

この事務所の為に出来るだけの事はやってきたつもりだった。

大垣
「マネージャーが本当にED君のやりたい事なのか?」

確かにマネージャーは自分が本当にやりたい事ではなかった。
最初は無理矢理押し付けられ、嫌々やってた仕事だった。

でも結衣や夏たちを守りたい。
事務所の人間全員が幸せになって欲しいと思うようになって
気付いたら、事務所は俺自身にとっても
凄く大事な物になっていた。

俺「もう決定なの?」
大垣「相談じゃない。決めた事だから…」

大垣に裏切られたと思った。




505 :ED ◆WayzE/RKE2 :2011/05/31(火) 22:09:17.51 ID:WsDM33uN0
後にした俺は結衣し合う事にした。

「大垣んに事務所辞めって言われた」
衣「なんで?嫌だよ」

「も決定らし。取つくも無婿
結衣「そうなの

俺「が独立して事務所作ったらついてくるか?」
衣「うんでもレクは?」

「そしたマネジャ専念しいと無理
衣「っか…でも一緒に居られるならマネージャーじても


俺「そ意味無…何するからさ
結衣「分かった…」

クリスマスまで、もう一週間切っていた。




506 :ED ◆WayzE/RKE2 :2011/05/31(火) 22:10:51.44 ID:WsDM33uN0
大垣からはマネージャーとしての仕事はするなと言われていたが
俺は無視して、以前と変わらずに仕事をしていた。

23日クリスマスイヴの前日。
イヴは結衣がクリスマスイベントに出る事になっていた。

この日は、翌日のイベント用の衣装の準備と打ち合わせの為に
結衣と合流。

この前の一件以来、結衣は心なしか元気が無い…

俺「どうした?体調悪いか?」
結衣「別に…大丈夫…」

俺「そっか…」

イベントは何組かのアイドルが集まって、
ファンの前で歌やトークをする。

結衣は歌手志望ではないので、持ち歌とかがある訳じゃない。
なので、クリスマスに因んだ曲を何曲か歌う事になっていた。

結衣は過去にボイストレーニングを受けていた事もあって
意外と歌が上手い。
歌にも自信があるし、何より大好きなファンと触れ合えるイベントを
結衣は心待ちにしていた。

俺「衣装どうすんの?」

結衣
「あんまりベタなクリスマスの格好したくないから、普通の可愛
いワンピースにしたい」

俺「それじゃつまらなくない?」

結衣「だから小さい天使の羽付けたい」

俺「分かった」




507 :ED ◆WayzE/RKE2 :2011/05/31(火) 22:12:26.79 ID:WsDM33uN0
とりあえず天使の羽を探しに行く事に…
まずはLOFTやハンズのコスプレコーナーを見て回る。

結衣「なんかどれも安っぽい…」

確かに売ってるのは、プラスチックやゴム製のチープなのばかり。

結衣「これは嫌。他も見る」

姫の仰せのままに…

都内の雑貨屋やおもちゃ屋、手芸屋なんかを片っ端から探して回る。

何軒か回って見つけた本物の羽毛で出来た翼。
サイズも丁度良い。
ただ問題はコスプレ用ではないので、そのままじゃ付けられない。

結衣「どうやって付けようか…」

俺「衣装に直接縫い付けるかね」

結衣「私、裁縫出来ないんだよね…」

俺「はいはい…姫の仰せのままに…」

ウチは子供の頃、母親が家を出て行ってから
家の中で裁縫や料理は俺の仕事だった。
弟の雑巾や体操着袋とかを作っていたりしたので
簡単な服位なら作れる程度には裁縫が出来る。




508 :ED ◆WayzE/RKE2 :2011/05/31(火) 22:14:13.19 ID:WsDM33uN0
とりあえず結衣の注文通りに翼を衣装に付ける。
横ではセットリストと言って、結衣が翌日の曲順や、
トーク内容などの進行を考えているが
あまり集中して出来ていない。

結衣「今日はもう帰っちゃダメ?」

まあ結衣のワガママは何時もの事だが
仕事に対しては、常に全力な結衣が仕事の事でワガママを言うの
は珍しい。


「とりあえず仮縫い終わるまで待てよ。お前が帰ったら微調整出
来ないだろ…」

結衣「えー」

俺「それよりセットリスト決まったのか?」

結衣「まだ…」

俺「何やってんだよ…間に合わなくても知らないぞ」

結衣「体調悪い…気持ち悪い…」

流石に俺も少しイライラしだす。

俺「分かったよ。じゃあ今日は帰れよ」
結衣「ゴメンね」

俺「その代わり必ず今晩中にセットリスト作れよ」
結衣「分かった」

結衣を自宅まで送り届けた後、俺は帰って衣装作りを続けた。
気付けば、日付けはすでにイヴになっていた…





>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:読み物  |  タグ:, 青春, 結婚,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:読み物  |  タグ:, 青春, 結婚,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20110603064556