2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

胸がスーッとする武勇伝を聞かせて下さい!(97)







7 :おさかなくわえた名無しさん:2011/06/04(土) 11:23:52.70 ID:N8e201An
武勇伝か疑問だし自分のことじゃなくて見たことなんだけど。

土曜日の夜に居酒屋に行ったら
40代くらいの怖そうなオッサン数人が
店員に詰め寄ったり 大声で話したりと、
とにかく空気が悪くて他の客もビクビクしてた。

そこに20代後半の夫婦が入店してきて、
その光景を見て固まって店を出ようとしたんだよね。

そしたらオッサンたちが
「あ?おれらのせいか?何か文句あんのか?」
と夫婦に絡みだした。

旦那も妻も「いえ、そんなことは、すいません」と
困り果てて他の客もハラハラして見てるだけ。
もちろん自分も小心者で申し訳ないが口を出せない。
奥さんはポロポロ泣き出してオッサンが
「なに泣いてんだ〜?』と奥さんに掴み掛かろうとしたら

奥さん「・・・ずっとずっと赤ちゃんができなくて夫婦で悩
んでいたけど妊娠したのが分かって旦那くんにそれを報告したく
て外食でお祝いしたかったのに・・・」と。

そしたら旦那が「ほ!本当に!?」と
嫁さん抱きしめて、周囲ポカーンな状況に。

するとオッサンたちがオロオロしだして
「・・・よかったじゃねーか」とか言って、
おとなしくなって会計して帰ってった。

その後、夫婦が自分の隣の席に案内されてきた。
奥さんが「生中2つ!」と注文したら旦那が
「おい!妊娠したんだろ?!ダメダメ!」と言うと

奥さん「あ〜、ごめんごめんアレ嘘うそ。第一、妊娠したらお祝
い外食で居酒屋には来ないしw」

旦那「まじかよ!お前の涙えげつないわ!つーか喜んだじゃねーかw」

奥さん「その件に関しましては申し訳ござーやせん!」

旦那「wwww。まぁ妊娠しなくて悩んでてってのが疑問だったけど、
結婚して2ヶ月だしね。」

と会話して仲良さそうに酒飲んでた。
奥さんの機転がすごかったということで。




16 :おさかなくわ名無しん:2011/06/04(土) 19:43:57.74 ID:cfeMeSfK
々に和ったw



17 :おさなくえた名2011/06/04(土) 20:20:11.22 ID:4k4KYYKU
頭の回転速い奥△
ッともするし二人のにも和む。






111 :おさかなくわえた名無しさん:2011/06/08(水) 20:39:15.49 ID:mUcTlIDU
交通事故にあった。見通しの良い田舎道の交差点で、原因は相手
の信号無視。俺の座る運転席に猛スピードで突っ込んできたのは、
趣味の悪いスーツを着た50代くらいのオッサンだった。

幸い右腕と右足を骨折した他は命に別状はなく、
額から流血したものの意識もハッキリしている。
ただパニックになった俺はアコーディオンのようになった
マイカーの中で何をするでもなくただ痙攣を繰り返していた。

オッサン「おいバカ危ねーだろが!ワシの車どうしてくれんじゃ!」

全損した車内でうずくまる俺に罵声を浴びせたオッサンは、
元気に車を降りると誰かに電話し始める。
会話の内容から警察ではなく、相手は知人か何かのようだ。

ようやく意識が正常に戻り、芋虫のように車を降りた俺にオッサ
ンが畳み掛ける。

オッサン「てめぇふざけんなよ。とっとと警察呼べ。大した怪我でもねえくせに」
オッサン「ワシの車なんぼする思うとるんじゃ。お前の軽バンが5台は買えるんぞ」
オッサン「弁償や。ワシ誰や思うとんねん。○○会の人間やぞ。おぉ?」

俺は痛みと悔しさで何も言えず、
唯一使える左手で携帯電話を取り出すので精いっぱい。
そんな時、遠くからよく知った声が聞こえた。しかも集団で。



112 :おさかなくわえた名無しさん:2011/06/08(水) 20:39:48.44 ID:mUcTlIDU
A「大丈夫ですか……って若やん!ちょ、どないしてんおい!?」
B「若!?おいお前ら!若が事故っとんぞ!」
C「若が!?ちょ、車はよ路肩に回せ!エンジンオイル漏れてんぞ!」
D「急げ急げ!交通整理こっちでやっとくから!若ー!大丈夫かー!?」

聞き覚えのある声にゆるゆる振り向くと、
草野球のユニフォームに身を包んだ
浅黒い肌と筋骨隆々とした肉体がトレードマークな
グラサン親父の群れがそこにいた。

父親の経営する居酒屋の常連客であり、
同時に父親が監督を務める草野球チームの
所属メンバー達である。

その日は日曜日。練習試合の為に我が家へ集合する途中、
ちょうど家から職場に向かう最中だった
俺の事故現場に鉢合わせしたとのこと。

『若』とは俺がいずれ父親の跡を継ぐ『若大将』だからなのだが、
どうも加害者の オッサンは『若頭』というヤーさん用語だと捉えたらしい。
明らかに動揺し始めた。

A「さっきの電話、警察と救急車ですよね?時間かかるようなこと言うてました?」

オッサン「あ……いやその……これから呼ぶんで……」

B「は?ほなさっき誰と電話しとってん」
オッサン「いや……その、会社に遅れるって伝えようと……」

C「阿呆か自分!先に救急車ちゃうんかい!見てみぃ重傷なん解るやろが!」

D「もしもし警察ですか?人身事故です。ええ、救急車も1台お願いします」

E「若、話せるか?ゆっくりで良いから深呼吸せぇ。吸ってー、吐いてー」

大工。農家。板前。漁師。自動車整備士に床屋、左官。
常連客たちは全員が腕一本でのし上がり、
会社や店舗を切り回すまでに至った歴戦の戦士たち。

世間からは底辺職と罵られる彼らだが、
俺の目には勇者のパーティにしか見えなかった。
対して強面の男たちに囲まれるオッサンは
あまりにも醜く、惨めだった。



113 :おさかなくわえた名無しさん:2011/06/08(水) 20:40:22.61 ID:mUcTlIDU
救急車が到着し、すぐさま俺が搬送されていく。
最後にちらりとオッサンを見ると、
煌びやかなスーツを失禁で濡らし、鼻水を垂らし
ながら座り込んでいるところだった。


後で解った事だが、オッサンはヤクザなどではなく、
ただの小さな土建屋の社長だったとのこと。

常連客らの強固な地域ネットワークによって会社ごと叩き潰され、
今では刑務所から俺の治療費と車の弁償代を月賦で払い続けている。

普段は仕事とエロ話と酒が大好きで
抜け毛と鬼嫁に悩まされる野球バカの集まりだが、
この時ばかりは人脈の有難さを痛感した。

あまりスーッとする武勇伝じゃないかな。それと長くてごめんよ。




115 :さかなわえた名しさん:2011/06/08(水) 20:59:45.58 ID:h744A0Yc
>>113

ッとした勇者たちにービなあ
お体事に





180 :おさかなくわえた名無しさん:2011/06/10(金) 20:12:53.18 ID:x5rnGQae
私が何かをしたとかの武勇伝ではなく、長文で携帯からなので
見にくいと思いますが書いてみます。

今年の1月くらいの話。
スーパーに息子と娘を連れて買い物に行った時のこと。
スーパーの食品売り場で茶髪に上下白いジャージを着てあきらか
に見た目DQNな20代中盤くらいの男がプリキュアのおもちゃ付きお菓子
みたいな物を持ってがに股で闊歩していた。

やっぱどこでも変な人がいるなと思いながらも私は買い物を続けた。

娘や息子にお菓子を買ってあげようとお菓子コーナーに行くと、
そこには高校生くらいの男の子が5人いてお菓子コーナーにスクリー
ンを掛けるかのように立ちはだかりおもちゃ付きのお菓子を物色
していた。

うちの息子が「(お菓子が)見えない…」と小声で言うもその子ら
には届かず。

「後でまた見に来よう」と子供達に行って他に買う物があったの
で買い物をしてもう買う物がなくなったのでお菓子コーナーに戻っ
てきたらまだその子らが物色してた。






181 :おさかなくわえた名無しさん:2011/06/10(金) 20:14:17.57 ID:x5rnGQae
続き

よく見るとその子らおもちゃを開封して中身を確認してるではな
いですか!

でもやっぱり男の人5人もいると怖いし自分は何も出来なかったん
だけどそこへさっきの白ジャージDQN登場。

辺りをキョロキョロしながら何かを探している様子だった。
といきなりその白ジャージは群がる高校生(勝手に高校生と断定)らに

「おい兄ちゃんら後ろ見てみ?子供らがお菓子見えへんて待っと
るやんか、どいたらんかい」
と一喝!

しぶしぶ無言で引き下がる高校生達、またキョロキョロしながら
何かを探し歩き出す白ジャージ。

私は白ジャージに「すみません」と会釈し(完全に白ジャージは見
てなかったが)子供達も無事お菓子を選択。
子供達が離れるとまた群がる高校生達。

すると「パパー!」という大きな声と共に白ジャージの娘登場。
「どこ行ってたんや〜」と安堵の様子の白ジャージ。

ああプリキュアのおもちゃは娘の物だったのか、キョロキョロしてた
のは娘を探してたんだなと1人納得していると

近くにいた店員さんに白ジャージは
「あいつら箱開けたりしてるけどああいうの有りなん?」
と告げ口。

一瞬顔を見合わせる店員と高校生達。
ダッシュで逃げ出す高校生達。
「待てコラッ!」と品出しほっぽり出して追いかける店員。

白ジャージは何事も無かったように娘を抱っこして満面の笑みで
レジへ。
うちの旦那はヘタレだからあんなことできないよな…とか思いな
がら見た目はどうあれ白ジャージに惚れそうになった。

自分でもどいて下さいくらいは言えるようにならないとと思いました!

読みにくい長文失礼しましたm(__)m



191 :おさかなくわえた名無しさん:2011/06/10(金) 21:10:19.83 ID:d9qIQI69
夜九時過ぎにお風呂に入る前に泡のヘアカラーしてた。
あとは時間を置いてからお風呂で洗い流すだけって時にインター
ホンが鳴った。

無視してたんだけどうちのアパート壁薄いからか、
テレビの音丸聞こえだし
小さなすりガラスの小窓から光が漏れてるから居留守がバレバレ。

それでも今の格好で出られないから無視してたら、
しつこくドアガンガン叩いて

「こんばんはー!○○○でーす!!いますよねー?」
とか言ってくる。
こっちは女ひとりだし相手男だし
そういうことされるだけでもgkbrだった。
無視してればよかったんだけどテンパって、ドア閉めたままで

「すみませんけど今手が離せないんでお引取りください」みたい
なことを言った。

だけど奴は
「いやいやwww今相手できてるじゃないですかwww」みたい
な対応。

「髪染めてるから無理」って言うのが
なんだか恥ずかしくて「とにかく無理です」って
断り続けてたら、相手も段々口調が乱暴になってきた。
最終的に相手が

「いい加減にしてくださいよ!
支払い拒否は法律でなんちゃら〜」
って言ってきたことでこっちもブチ切れ。

「だから出られないっつってんだろうが!!
よく見ろやクソが!!」
と言ってドアを勢いよく開けた。

その時の私の格好は頭は紫に染まった泡で、
顔はメイク落としのオイルでギトギト&目はパンダ。
体は服を脱ぐときヘアカラーがついたら嫌だからと
思ってブライチで、ケープがなかったから
ゴミ袋に穴をあけてかぶって、
さらにそれを洗濯ばさみでとめていた。

それを見た男あきらかにドン引き。小声で「うわ・・・」と言ってた。
すぐにドア閉めたけどそれから反応なかったから帰ったんだと思う。

ここまでするんだったら「髪染めてます」って言えばよかったと
後悔してる。やっぱテンパってたんだと思う。

こんな格好だけど一応下着姿だし、
あの男が変態とかストーカーとかする人だったらどうしよう・・・

って少し思ってたけどあれから1ヶ月、そんな気配はない。




202 :おさかくわえた無しさん:2011/06/11(土) 02:25:48.16 ID:0nOK/VIF
学校年くらいの時に塾をさ達と遊びに行ってしま
た時の話です

時遊んで友達と自転で二人乗りをしなの脇に
止めてあった辺りを普通に通り過ぎ
そしたらいきなり婿知ら代くらいのおっさんに
オイコラ待て!」と怒鳴られ、瞬誰事だろうと周りを見たが

んは実に自分たちていた。訳も分から止まって
?」言っ湿たら、そのおっさんはどうや
止め持ち主のよう、車のドの下の方にあを指差
してなり「こ傷付けたのらだろ怒鳴った。


たちは全く身にえが無かっ寿から訳が分からずポカンと
いたら、おっんは「どうしてれん」や修理費
ら「親べ」やとにかく怒鳴らしきた。

な傷くくい車ギリギリを自分たちはていないし、
反対車に近い方っていた

それそんな車かっなら付くはず。
死に「自分たじゃ」と言っ

さん どうしくれんだので、(友も)こう
いうのめてでくて泣いてしった

したらたまたまがかった二十代くらい女の人が
「どしたんですか?」といてくた。

「この子たちがに傷付けてれたんだよ!」
「本当?」

違います!そな車の通ってないです!の方(反側)通りました!
女「だうですが?」

お「子たありえろ!
この子たちはやってなてます。こんな言い掛
つけてずかしくないんですか?」

お「こちは呼んでも良いんだぞ
女「じゃあ呼びまうか

お「呼べ呼

しかこんなだった。続婿



203 :おさかなくわえた名無しさん:2011/06/11(土) 02:28:04.11 ID:0nOK/VIF
それで女の人が警察を呼んで三十代くらいの警官が来た。
警官はおっさんと女の人に何か色々と聞いてから

自分たちに
「君たちが何処をどう通ったのか教えてくれるかな?」
みたいなことを優しく聞いてきたので、泣いてる自分の代わりに
一通り説明する友達。

その時はもう夕方で暗いのと仕事やら学校やらの帰りの人がチラ
チラ見てきたり、立ち止まってまで見てたりするのが何だか凄い
恐かった。

警「自転車の何処がぶつかったと思っているんですか?」
お「ここ(前輪のカバーみたいなやつ)」

警「高さが合いませんね」
お「じゃあここは!?ここは!?」

警「この自転車でこの傷をつける事はほぼ不可能です」
お「…」

それっきり怒鳴り散らしていたのが嘘だったかのように
おっさんはずっと黙ったままだった

警「もう二人乗りなんかしちゃ駄目だよ?分かった?」
自「ごめんなさい」

警「よし、気をつけて帰るんだよ」

女の人と警官にお礼を言って、塾さぼったのと二人乗りの罰が当
たったんだと思いながら友達と トボトボ自転車押しながら帰りま
した。今思うとあのおっさんは修理費が欲しかったのか?未だに
よく分かりません。

というか急に思い出したから書いたけどこれ胸がスーッとすると
は違うかな?w



207 :蠍 ◆zc95jlWgos :2011/06/11(土) 08:35:59.03 ID:jCl1f3sa
>>203
その20代のお姉さんGJ
オッ宿対応したり
察来てからも立合ってくたり素晴らしい
に盛ったが無て現実





>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:武勇伝  |  タグ:, すっきりした話, 修羅場・人間関係,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:武勇伝  |  タグ:, すっきりした話, 修羅場・人間関係,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20110822141005