2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

童貞からセックスフレンドができるまでの話を淡々と書く





1 :名無き被検体774号+:2011/11/13(日) 00:48:32.71 ID:Qdqvbmo90
ったかな?
々と
味がある方はどうぞ。




2 :1:2011/11/13(日) 00:50:43.06 ID:Qdqvbmo90
某男子高校に通っていた俺は素敵な出会いがあるはずもなく、
ふつーに高校生活を送っていた。

地元から都会の高校に出たため、中学の同級生は誰もおらず、
友達も少なかった。

スペック

身長:180cm 体重:60kg
ややイケメン童貞





3 :1:2011/11/13(日) 00:51:37.41 ID:Qdqvbmo90
高2になった時、クラス替えで同じ路線で帰る友達がクラ
スにできたぐらいで、

女の子とはまるで縁のない高校生活だった。




4 :名も無き被検体774号+:2011/11/13(日) 00:51:41.85 ID:IQV4r2PT0
きたい



6 :1:2011/11/13(日) 00:52:34.78 ID:Qdqvbmo90
しかし、高3の春に人生の転機が訪れる。
なんと、朝電車で終点についたら
女子高生5人グループに声を掛けられた!

スペック
女A:声をかけてきた本人(チビブス)
女B:ロリ系でかわいい(後にわかったが女Aの妹)
女3〜5:確かブス。あまり記憶に残っていない。




7 :2011/11/13(日) 00:53:33.00 ID:Qdqvbmo90
A「のー、ちっといいで?」
俺「?」

A「から同てたんですけど知ってます?簿

は地元で始発駅から乗ると終点まで爆睡で、
緒に校してた達もりにすぐ寝て

点に近ると結構人が乗っていたので、その女子高生
達には気づいてなかった。




8 ::2011/11/13(日) 00:54:04.73 ID:Qdqvbmo90
初めて状況になった挙句子高5人囲まれ
きだったので

や…ろ」
曖昧な返事をした。

女A「っとメアドとか交換寿らえせん




10 :1:2011/11/13(日) 00:54:50.27 ID:Qdqvbmo90
あら、ずいぶん直球なブスですこと。
嫌だとも言えず(女Bもいたし)、素直に交換に応じた。

その日は一緒に登校してる友達に冷やかされた。
こんな事今までないし、かなり俺は有頂天になっていた。

Aとはたわいもない話をメールやり取りするだけで、
Bをどうにか引き出す方法を考えていた。

が、童貞にそんなアイディアはなかった。




11 :1:2011/11/13(日) 00:55:33.65 ID:Qdqvbmo90
の日を境に俺にモテ期が到来。

電車で2度3度と声けられ、写真を撮られたり
祭で逆ナン海で逆ナンされた絶好調で、
数人の女の子とメアを交換し

結構色んな人メー楽しでたが、ある異変に気づ




13 :名も被検体774号+:2011/11/13(日) 00:55:45.42 ID:o8/71YBQO
りあえずパンツ脱ぐかねーか



14 :名もき被検体774号+:2011/11/13(日) 00:56:04.93 ID:J8kWV+ev0
あ聞こうじゃないか



15 :1:2011/11/13(日) 00:56:12.58 ID:Qdqvbmo90
「〜〜の紹介でメールしました!友達になって下さい。」とか
「テキトーにメールしてます!良かったら友(ry」
などと数々の女の子からメールが来るようになった。

メアドを番号のままにしてるからかな?と思ったけど、
まぁ面白いからいいや的なノリで、色んな女の子と色んな
話をメールした。




16 :1:2011/11/13(日) 00:57:08.02 ID:Qdqvbmo90
中でもエリナという同い年の女の子とすごくよくメールし
た。

始まりは〜〜の紹介で〜的な感じでメールが入ってきて、
結構ズケズケ色々聞いてくるので答えに困ったりもした。




18 :1:2011/11/13(日) 00:58:01.76 ID:Qdqvbmo90
エリナ「メールして思ったんだけど、俺君モテるでしょ?」

俺「いや、そんなことないってw付き合ったこともないしw」

エリナ「え?嘘だぁー。なんか女の扱いに慣れてるって感
じがするんだけど」

俺「いやいやwまじだってw慣れてるってどのへんが?」

エリナ「メールの内容というか…じゃあ、もしかして童貞?w」

俺「!!!」




20 :1:2011/11/13(日) 00:59:05.02 ID:Qdqvbmo90
ぐぬぬ。返信に困る。

でもまぁ、仲良くメールしてる仲だし、正直に応えるか。

ココから神展開が待っていた。




21 :名も無き被検体774号+:2011/11/13(日) 00:59:46.30 ID:KJWnpdy20
おい…なんだこの…うらやまけしからん流れは…



24 :1:2011/11/13(日) 01:00:26.22 ID:Qdqvbmo90
俺「そうなるかな…ハハ。」

エリナ「H興味あるの?」
俺「!!!そりゃ男は誰だってあるでしょw」

エリナ「ふーん。エレーナってラブホ知ってる?」
俺「いや、知らないねー。童貞なのに知っててもさww」

エリナ「私、名前が一緒みたいなもんだからそこに行った
ことあるんだー。」

書いている名前(エリナ)とラブホの名前(エレーナ)は実際
は違いますが、本当の名前とラブホの名前も似てた。




26 :1:2011/11/13(日) 01:01:27.64 ID:Qdqvbmo90
名前似てるとか知らんわーって思いながら、そんな事ぶっ
ちゃけられてちょっとげんなりしてた。

俺「そ…そうなんだ。どんな感じなの?」

エリナ「いかにもラブホって感じだよw今度一緒に行って
みる?w」

俺「!!!」



29 :名無き被体774号+:2011/11/13(日) 01:02:34.92 ID:0tDpfhan0
はこ世と世の中のお話



30 :1:2011/11/13(日) 01:02:57.58 ID:Qdqvbmo90
サラっと言いやがった。
こんな展開思ってもみなかったが、こんなチャンスはない!
と思い、特攻してみた。

俺「うん!行ってみたい!エリナとは会ったこと無いけどw」
エリナ「それもそうだね!w俺君とはあいそうだから楽しみ!」




31 :1:2011/11/13(日) 01:04:23.65 ID:Qdqvbmo90
なんだこの流れは…
こんなタイミングで、ついに童貞を捨てる時が北。

しかし、こんな約束をしたものの、モンスターだったらど
うしよう…。

かなり不安を抱えてはいたが、
セクロスをやってみたい!
最悪でも女だったらいいだろ!
ヤバけりゃ走って逃げよう!

会う約束をした。




33 :名も無き被検体774号+:2011/11/13(日) 01:05:13.59 ID:fHkRYEYd0
リア充の世界を垣間見たぜ


想像以上にオレとは無縁の世界だな…



34 :2011/11/13(日) 01:05:37.82 ID:Qdqvbmo90
昼ぐらいか遊んで飯てラブホに行くのかなーなんて
想像をいたらエリ定しきた時間は8時

俺「早ない?wもしかして夜8時?w

エリナ「違う朝だよらだとフリーイムで安
いか!」

のがあかと思ながら言われるがままに朝8時
に指所に




36 :1:2011/11/13(日) 01:06:46.21 ID:Qdqvbmo90
どんなモンスターがくるのかと思ったら、結構普通(中の
中くらい)の女の子エリナがいた。

スペック
エリナ
160cmくらい ややぽっちゃり Cカップ
安めぐみのやや劣化って感じの子




37 :1:2011/11/13(日) 01:08:22.65 ID:Qdqvbmo90
エリナ「もしかして俺君?かっこいー!」
俺「こ…こんにちわ!初めましてw」

一日に30通以上メールしてたからすぐに打ち解けた。

エリナ「こんなかっこいーのに童貞なんてwww」
俺「うっせw男子高だから出会いがないんだよwww」
エリナ「早速行く?wコンビニで買い出ししよ!」
俺「マジw心の準備がw」

エリナは手馴れた感じでゴムとか飲み物買ってた。
心臓バクバクしながらラブホ街を歩くと
エレーナがあった。




38 :も無き被体774号+:2011/11/13(日) 01:09:25.12 ID:0tDpfhan0
んで世界じゃr



42 :名も無き被検体774号+:2011/11/13(日) 01:10:11.83 ID:yq7hNtjd0
>>38
同じくwwww



39 :1:2011/11/13(日) 01:09:45.84 ID:Qdqvbmo90
初めて見る光景にエリナが手を引いてくれて、部屋のボタ
押すと廊下にチカカ光るトで誘導され部屋に
入った

エリナ「ね?見事にラブホでしょw」

ほんw風呂場の衣室ら丸見えゃんw」

などと朝ぱらら会話しら、きなりエリナが俺
の腕を引っ張った。




41 :無き被検体774号+:2011/11/13(日) 01:09:53.15 ID:J8kWV+ev0
パンツ脱いだ、でも泣けてきた…何故だろう便



44 :1:2011/11/13(日) 01:10:48.92 ID:Qdqvbmo90
エリナ「チューして。」

理性が飛んだ俺はエリナをベットに押し倒し、キスをした。

舌を入れてみたり、唇を吸ってみたり…
どうすればいいのか分からないまま、エリナの胸を揉んで
上着を脱がせた。





>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:, 青春, その他,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様